I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


ESPN LAニック・ヤングのインタビュー記事和訳

日曜日に行われた、インタビュー記事です。

=>「'Drew' legend Young looks forward to season」

[[和訳]]
ニック・ヤングのNBAでの人気は、自分でつけたニックネーム「スワギーP」のお陰もあって、上昇中だ。しかし、そのハンドル・ネームが、得点が多くて陽気な定評と同義語になるかなり前から、ロサンゼルスの夏のプロ・アマ・バスケットボール・リーグ、ドリュー・リーグで、彼は「アイ・アム・レジェンド」(ウィル・スミス主演の映画名)として知られていた。

「僕は、ドリュー・リーグに出場し始めた時から、ワンマンショーだった。」ヤングは、土曜日に、他のあだ名を説明しながら言った。「ドリュー・リーグでは、かなり長くプレーしているけれど、自分のチームにNBAプレーヤーがいたことは、一度もなかった。だからだ。」

今では、大勢のNBAプレーヤーが、単に「ザ・ドリュー」として知られるリーグでプレーするために、列をなしている。日曜日にヤングのチームが、ヤングの26得点(21本のシュート)のお陰で勝った後で、そのゲームの後、現役と元NBAプレーヤー6人、バロン・デイビス、メタ・ワールドピース、テレンス・ロス、ジョナス・バランシアナス、アミアー・ジョンソン、ラシャード・マッキャンツが、プレーしていた。

「間違いなく、毎年拡大している。」ヤングは、6-7年プレーしているリーグについて語った。「あちこちから、プレーヤーがやって来るし、大きな体育館になった。ナイキが今では、後ろ盾になっていて、今では、ナイキが無料で貰える。昔は、自分のシューズを持って来ないといけなかった。」

ナイキは、2013年からリーグをスポンサーし始め、より多くのファンを入れるため、会場を、チャールズ・ドリュー中学校から、キング・ドリュー医科学専門高校へ移した。

ヤングは、かつて「ザ・ドリュー」で、兄(弟?)と一緒にプレーした。その当時、彼のチーム、M.H.P.(Most Hated Players=最も憎まれるプレーヤー達)は、彼の父、チャールズ・ヤングJr.がコーチをし、従兄弟のエイドリアン“ビッグ・ミート”(でかい肉)・パスカシオが、ロスターにいて、どのゲームも、彼の母メエが、必ずスタンドから声援を送った。

「僕はLAの出身だ。」ヤングは、日曜日に、20人ちょっとの人達に分かれを告げた後、体育館を出る前に言った。「ここが故郷だ。これが家族の様だ。」

ヤングは、ロサンゼルス・レイカーズの一員でいることが、同じ様に感じられることを期待している。レイカーズは、このオフシーズンに、ヤングと4年21.5Mの再契約をした。

「勿論、レイカーズは、僕に4年契約をくれることで、僕を優先してくれたし、僕は、本当に複数年契約が欲しかった。単にチームの一員でいることが。」と、キャリア最高の、ゲーム平均17.9得点を記録したシーズン後のヤングは言った。

昨シーズンの好成績にも関わらず、LAに戻る可能性は、レイカーズがカメロ・アンソニーを獲得するかどうかに、かかっていることは分かっていたと、ヤングは言った。

「僕には確信はなかった。」とヤングは言った。「他にも2-3のオファーがあったけれど、待っていた。みんなが本当に、メロがどうするかを待っていて、メロがどうするかにかかっていた。知っての通り、メロは故郷に戻って、僕は、その次だったと思うけれど、でも、ヘイ、ここにいるだろう。」

同じLA出身で、ロサンゼルス・クリッパーズでプレーする前に、UCLAに行った(バロン)デイビスは、地元出身の才能あるプレーヤーが、ロサンゼルスのマーケットでNBAプレーヤーになることは、地域社会へのインパクトがあると言った。

「ニックは遂に正当に評価され始めて、レイカーズが真剣に取り組んで、彼にここにいて欲しいという、意思表示をしたのが良かった。」とデイビスは言った。「彼は、成長過程にあるブランドで、色々なことができる若手だと思う。レイカーズに地元出身のプレーヤーがいるのは、地域社会にとって、とても大切なことだ。ドリューにとっても、良いことだし、バスケットボールをしたいと思っていたり、バスケットボール・プレーヤーになりたいと思っている、地元で育っている小さい子供達にとっても、意義があることだ。LA出身のプレーヤーが、ホームチームにいることで、影響を与えることができる。」

ヤングは、コービー・ブライアントと一緒にプレーすることで、彼個人が大きく変わったと言った。

「彼は、とても良くしてくれている。本当に。」とヤングは言った。「彼は、僕にとって、メンターの様、本当に。丁度今は。彼は、電話をくれたり、テキストを送ってくれたり、話しかけてくれたり、やる気を起こさせてくれている。それは大きいと思う。子供の頃、僕にそういうことを全部してくれることになるのが、コービーだなんて誰も思わなかった。コービーと一緒に練習したり、コービーと話したりするなんて、思いもしなかった。」

ヤングのアシスタントとして働いているパスカシオは、従兄弟のヤングがレイカーズに入団してから、変わって行くのに気がついたと言った。

「彼は、かなり成長した。」とパスカシオは言った。「彼は、去年、コービーから学んで、大きく成熟した。単にシュートを決めること以上のことを学んだ。他のこともやった。それが良かった。そして、戻ることを楽しみにしている。」

レイカーズの他のオフシーズンの補強は、ヤングにとって、期待が膨らむ一方だった。

「まずまずだったと思う。」とヤングは言った。「ジェレミー・リンや、カルロス・ブーザーがやって来るなんて、誰も予測しなかったと思うし、バイロン・スコットが就任したばかりだし。」

スコットは、ご存知の通り、レイカーズ専門のテレビ局、タイム・ワーナー・ケーブル・スポーツ・ネットで、昨シーズン、解説者を務め、番組中でのヤングの物真似のビデオが、複数YouTubeに投稿されている。

↓↓バイロンとワージーのヤングの物真似↓↓


「バイロンが、色々やるのを聞いた。」と、ヤングは微笑みながら言った。「スワギーPの、ちょっとした物真似をしていたのを憶えている。そのことを話そうと思っている。これから毎日、トラッシュトークをするチャンスがあるから。」

ヤングは、層が厚いウエスタン・コンファレンスで、レイカーズが既に、来シーズン、プレーオフ脱落を見込まれていることは、構わないと思っている。

「何も心配することはない。」とヤングは言った。「うちは、ただ出て行って、やることをやるだけだ。劣勢と見られるのは好きだ。」

そして彼には、ブライアントの助手としての、来シーズンの役割を反映した、自分で名づけた新しいニックネームがある。

「バットマンにはロビンが必要。」とヤングは言った。「僕がいるよ。奇跡の少年。奇跡の少年がここにる。そのために、僕はここにいるんだ。」

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/07/31 15:04  Lakers | コメント(1)

バイロンの祝福に駆けつけたマジック、カリーム、ウィルクス

今日行われた、バイロン・スコットのヘッドコーチ就任に伴う記者会見に、ショータイム時代のチームメイト、マジック・ジョンソン、カリーム・アブドゥール・ジャバー、ジャマール・ウィルクスが駆けつけました。バイロン本人には秘密にしてあった様です。記者会見が始まる前に、3人が登場して、1人ずつ祝辞を述べました。その部分ビデオです。

=>http://www.twcsportsnet.com/videos/2014/07/29/magic-kareem-welcome-byron-scott

ミッチ:バイロンを紹介する前に、バイロンにサポートを表すためにやって来た、バイロンの友人達を紹介したいと思います。

マジック:ベイビーB。お帰りなさい。(バイロンにハグしながら)

ミッチ:最後にもう一言言わせてください。マイクを一旦アービンに渡すと、再び見ることはないので。バイロンを3回目に紹介する前に、アービン・マジック・ジョンソンにマイクを託します。

マジック:私達の兄弟、元チームメイト、そしてチャンピオンのバイロン・スコットをサポートするために、私達は、今日ここにやってきました。そして、私達は、レイカーズ球団をサーポートするために、ここにいます。全ての元レイカーにとって、世界中のレイカーズファンにとって、素晴らしい日です。バイロン・スコットが貢献して、再びレイカーズのバスケットボールをプレーする様に戻すことに、私達は、只々興奮しています。ジム、ジニー、ミッチが、バイロンをコーチに選んで、とても幸せです。マイカル・トンプソンも、ここに来たかったのですが、息子のサポートをしているので、来られませんでした。クープ(マイケル・クーパー)も、もう少しで飛び出して来る所でしたが、手術をしたばかりなので、「愛している。もし手術をしていなかったら、来ていた。」と伝えてくれと言われました。ジェイムス・ワージーは、ヨーロッパにいます。私達は興奮しています。ユニフォームを着て、助けられると良いのですが・・・サポートするためにここにいて、これからもサポートし続けます。再度、レイカーズ球団に対し、お祝いを贈ります。適任者を選びました。

カリーム:私に関しては、私の良き友人であり、ランニングのパートナーの、スコット氏が、いるべき所に戻って来ました。レイカーズは、身内の面倒をみます。バイロンが戻ってきたのを見るのは、素晴らしいです。彼の自信、リーダーシップ、ゲームの知識は、間違いなく、このチームにとっての利益になります。この時点から、物事が良い方向に向かうことを、期待しています。お帰りなさい、B。私達は、毎晩出かけて行って、うるさがらせます。

ウィルクス:バイロンは、過去とのつながりもありますが、もっと重要なのは、未来への橋だということを、付け加えたいです。アービンとカリームが、適切に述べた様に、私も彼が適任者だと思います。ショータイムのチームメイト達が、ここに来たかったのは、高く評価しているからです。最善を願っています。カリームが言った通り、私達は、うるさがられることになります。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/07/30 15:22  Lakers | コメント(0)

ESPN LAバイロン・スコットの電話インタビュー和訳

日曜日の夜行われた、ラジオ局ESPN LAとの電話インタビューの記事です。

「Byron Scott: Lakers' legacy is key」

[[和訳]]

バイロン·スコットは、ロサンゼルス·レイカーズが、彼を次期ヘッドコーチに選んだことを知るまでに、3ヶ月近く待たないといけなかった。

それからチームが公式に、彼がヘッドコーチだと発表するまでも、土曜日の夜に、4年17Mで大筋で合意した後、「細かい点を調整する」間、もう少し待たないといけなかった。

それでも、プレーヤーとして、NBAのタイトルを3回勝ち取ったチームを、コーチするチャンスのためには、待つ価値があったと彼は言った。

「今夜は、少し疲れている。」と、スコットは、日曜日の夜遅く、カリブ海への旅行から戻った後に、ESPN.comに語った。「でも、仕事について、とても興奮しているし、パープル&ゴールドを、優勝候補のバスケットボールに戻す機会に恵まれて、とても興奮している。」

スコットは、夏に入ってから、レイカーズのスター、コービー·ブライアントと、テキストメッセージを送り合って、今シーズンのチームについて、話し合って来た。ブライアントは、この週末に、スコットがHC職を受け入れたというニュースが流れた後、スコットにテキストを送った。

「彼は、ウェスリー(ジョンソン)と、ニック(ヤング)と一緒に、練習をしていると言った。私は、それはとても良いことだけれど、ディフェンスをする準備をして来ないといけないと、彼らに言った。」とスコットは言った。

スコットは笑ったが、そのメッセージにつていは、真剣だった。ショータイム時代のレイカーズは、オフェンスで知られたが、ディフェンスで優勝を勝ち取った。スコットは、それを取り入れて、今年のチームを鍛えたいと言った。

「コーチにとって、普通は、お互いを取り締まるプレーヤーが何人かいる。このチームでは、コービーしかいない。スティーブ・ナッシュ、彼のことは大好きだし、恐らく自分が知っている人達の中で、最も良い人の1人だろう。でも、彼は、ケツを蹴飛ばすタイプではない。ケツを蹴飛ばすタイプのプレーヤーが、必ず必要だ。

レイカーであることが何を意味するかを、本当に理解しているのが、コービーと私しかいない状況で、別の見地を持った2人が、同じメッセージを伝える。それが重要だ。パープル&ゴールドを着ることが、何を意味するかを理解する必要がある、スワギーP、ウェスリー・ジョンソン、ランアン・ケリーにとって、それが重要なことだ。

コービーは、それを理解している。あのユニフォームを着ることは特別だ。そういった特別のプライドを持って、プレーしないといけない。過去のレイカーズのプレーヤーの多くが、今のプレーヤーを見ていて、レイカーのブランドと名前を高く掲げて欲しいと望んでいて、それを達成するには、勝つことしかない。ゲームに勝つことではなく、優勝を勝ち取ること。それをこれから再びやる。」

優勝を争える状態に戻るまで、どのくらいかかるかは、現時点では不明だ。レイカーズには、最初の投票で殿堂入りする、ブライアントとナッシュがいるが、2人共、過去2シーズンに渡る重大な怪我明けだ。

それ以外には、ベテランのフォワード、カルロス・ブーザー、ポイント・ガード、ジェレミー・リン、リンはニューヨークでは、良いシーズンを送ったが、ヒューストンでは平凡だった。そして、NBAでの地位を確立しようとしている若手達。

「私は常に劣勢だった。高校から大学へ、大学からプロへ、偉大なプレーヤー達と一緒にプレーして優勝して、その劣勢な役割をある程度楽しんだ。

自分達が優勢な時の立場も楽しんだ。優勢だったので、毎晩集中した。気を抜くことはできないと、分かっていたからだ。乗り込んでいって、優勢な相手を倒そうとする役割。暫くは、その役割を楽しむつもりだが、又、追いかけられる立場に戻る。」とスコットは言った。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/07/30 13:25  Lakers | コメント(1)

チーム別合意及び契約済みFA&トレード

1.7月1日のフリーエージェンシー解禁後に行われたトレードのみ、明記されています。
2.トレードで動いた、指名権、金銭、NBAチームと契約下にないプレーヤーのドラフト権は、明記していません。
3.無名のプレーヤーは、含まれていません。
4.ルーキーは、含まれていません。
5.オファーシートに合意は、マッチ後、又は、マッチしないことが分かったプレーヤーのみ含まれます。

黒=残留
青=他チームから移籍
赤=他チームへ移籍

ボストン
エイバリー・ブラッドリー 4年32M

マーカス・ソーントン <=BKN(トレード)
タイター・ゼラー <=CLE(トレード)


クリス・ハンフリーズ(サイン&トレード ) =>WAS
ジェリード・ベイレス =>MIL



ブルックリン
ジャレット・ジャック <=CLE(トレード)
セルゲイ・カラセフ <=CLE(トレード)


マーカス・ソーントン =>BOS(トレード)
ショーン・リビングストーン =>GSW
ポール・ピアース =>WAS



ニューヨーク
カメロ・アンソニー 5年124M+
コール・オルドリッチ

フィラデルフィア


トロント
カイル・ラウリー 4年48M
パトリック・パターソン 3年18M
グリービス・バスケス 2年13M

ジェイムス・ジョンソン 2年5M <=MEM
ディアンテ・ギャレット <=UTA(トレード)


スティーブ・ノバック =>UTA(トレード)


シカゴ
カーク・ハインリック 2年5.6M

パオ・ガソル 3年22M+<=LAL

DJオーガスティン =>DET
ジマー・フレデット =>NOP
カルロス・ブーザー =>LAL(アムネスティー)



クリーブランド
レブロン・ジェイムス 2年42.1M <=MIA
マイク・ミラー 2年5.5M <=MEM
ジェイムス・ジョーンズ 1年


CJマイルズ =>IND
スペンサー・ホウズ =>LAC
ルオル・デン =>MIA
ジャレット・ジャック =>BKN(トレード)
セルゲイ・カラセフ =>BKN(トレード)
タイラー・ゼラー =>BOS(トレード)
アロンゾ・ジー =>NOP(トレード)



デトロイト
ジョディー・ミークス 3年16M+ <=レイカーズ
カーティア・マーティン 1年 <=ATL
アーロン・グレイ <=SAC
DJオーガスティン 2年6M <=CHI
カラン・バトラー 2年9M  <=OKC


ロドニー・スタッキー =>IND



インディアナ
ラボイ・アレン

CJマイルズ 4年18M <=CLE
ロドニー・スタッキー 1年ベテラン・ミニマム <=DET


ランス・スティーブンソン =>CHA


ミルウォーキー
ジェリード・ベイレス <=BOS


ジェフ・エイドリエン =>HOU

アトランタ
タボ・セフォローシャ 3年12M <=OKC
ケント・ベイズモア 2年4M <=LAL


ジョン・サーモンズ =>NOP


シャーロット
ジェネロ・パーゴ 1年1.5M

マービン・ウィリアムス 2年14M <=UTA
ブライアン・ロバーツ 2年5.5M <=NOP
ランス・スティーブンソン 3年27.5M <=IND


ベン・ゴードン =>ORL
ジョッシュ・マクロバーツ =>MIA
アンソニー・トリバー =>PHX



マイアミ
クリス・ボッシュ 5年118M
ドウェイン・ウェイド
ユドニス・ハスレム 2年5.6M
マリオ・チャーマース 2年8M+
クリス・アンダーセン 2年10M

ダニー・グレンジャー 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション) <=LAC
ジョッシュ・マクロバーツ 4年23M(フル・ミッドレベル) <=CHA
ルオル・デン 2年20M(2年目はプレーヤー・オプション) <=CLE


レブロン・ジェイムス =>CLE
ラシャード・ルイス =>DAL
ジェイムス・ジョーンズ =>CLE



オーランド
ベン・ゴードン 2年9M <=CHA 
チャニング・フライ 4年32M <=PHX



ワシントン
マーチン・ゴタット 5年60M
ケビン・セラフィン 1年3.8M

ポール・ピアース 2年11M <=BKN
クリス・ハンフリーズ 3年13M(サイン&トレード) <=BOS
デュワン・ブレア 3年6M  <=DAL


トレバー・アリーザ =>HOU
トレバー・ブッカー =>UTA



ゴールデンステート
ショーン・リビングストーン 3年16M(13Mギャランティー)<=BKN
ブランドン・ラッシュ 2年2.5M  <=UTA


スティーブ・ブレイク =>POR


クリッパーズ
スペンサー・ホウズ 4年23M <=CLE
ジョーダン・ファーマー 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション、2年目はプレーヤーオプション) <=LAL


ダレン・コリソン =>SAC
ダニー・グレンジャー =>MIA



レイカーズ
ニック・ヤング 4年21.5M
ジョーダン・ヒル 2年18M(2年目9Mはチーム・オプション)
ゼビエー・ヘンリー 1年1M(ベテラン・ミニマム)
ウェスリー・ジョンソン 1年1M(ベテラン・ミニマム)
ライアン・ケリー 2年

エド・デイビス 2年2M <=MEM
カルロス・ブーザー 1年3.25M <=CHI(アムネスティー)
ジェレミー・リン <=HOU(トレード)


ジョディー・ミークス =>DET
クリス・ケイマン =>POR
ジョーダン・ファーマー =>LAC
ケント・ベイズモア =>ATL
パオ・ガソル =>CHI



フィニックス
P.J.タッカー 3年16.5M

アイゼア・トーマス 4年27M <=SAC(サイン&トレード)
アンソニー・トリバー 2年6M  <=CHA


チャニング・フライ =>ORL
イッシュ・スミス =>HOU



サクラメント
ダレン・コリソン 3年16M <=LAC

アイゼア・トーマス =>PHX(サイン&トレード)


ダラス
ダーク・ノビツキー 3年25M
デビン・ハリス 3年9M
ジェイ・クラウダー

チャンドラー・パーソンズ 3年46M(オファーシート) <=HOU
ラシャード・ルイス 1年ミニマム <=MIA
リチャード・ジェファーソン 1年ベテラン・ミニマム <=UTA


ビンス・カーター =>MEM
デュワン・ブレア =>WAS



ヒューストン

トレバー・アリーザ 4年32M(サイン&トレード) <=WAS
ジェフ・エイドリエン 1年 <=MIL
イッシュ・スミス 1年ベテラン・ミニマム <=PHX


ジェレミー・リン =>LAL(トレード)
チャンドラー・パーソンズ =>DAL
オマー・アシーク =>NOP



メンフィス
ビンス・カーター 3年12.2M(3年目は一部のみギャランティー) <=DAL

マイク・ミラー =>CLE
エド・デイビス =>LAL



ニューオリンズ
ダリアス・ミラー

ジョン・サーモンズ 1年2M <=ATL
ジマー・フレデット 1年ベテラン・ミニマム<=CHI
アロンゾ・ジー <=CLE(トレード)
オマー・アシーク <=HOU(トレード)


アンソニー・モロー =>OKC
ブライアン・ロバーツ =>CHA



サンアントニオ
パティー・ミルズ 3年12M
ボリス・ディアウ 3年22M+
マット・ボナー 1年ミニマム


デンバー


ミネソタ


オクラホマシティー
セバスチャン・テルフェア 1年 <=中国
アンソニー・モロー 3年10M+ <=NOP


タボ・セフォローシャ =>ATL
カラン・バトラー =>DET



ポートランド
クリス・ケイマン 2年9.8M(1年目4.8M、2年目1Mのみギャランティー) <=LAL 
スティーブ・ブレイク 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション) <=GSW



ユタ
ゴードン・ヘイワード 4年63M(シャーロットのオファーシートにマッチ)

スティーブ・ノバック <=TOR(トレード)
トレバー・ブッカー 2年10M <=WAS


ディアンテ・ギャレット =>TOR(トレード)
マービン・ウィリアムス =>シャーロット
リチャード・ジェファーソン =>DAL
ブランドン・ラッシュ =>GSW



↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/07/16 16:57  All Star 2014 All Star | CM(-)

チーム別合意及び契約済みFA、トレード

本日の合意及び契約済みFA
CLE<=MIA レブロン・ジェイムス 
LAL(残留) ニック・ヤング 4年21.5M
MIA(残留) クリス・ボッシュ 5年118M
LAL ジョーダン・ヒル 2年18M(2年目9Mはチーム・オプション)
PHX<=SAC アイゼア・トーマス 4年27M(トレード・イクセプションとサイン&トレード)
ATL<=LAL ケント・ベイズモア 2年4M
MEM<=DAL ビンス・カーター 3年12.2M(3年目は一部のみギャランティー)

トレード
レイカーズ<=>ヒューストン
HOU=>LAL
ジェレミー・リン
将来のドラフト一巡目指名権
他のドラフト指名権(内容は不明)
LAL=>HOU
外国人プレーヤーの指名権
金銭

クリーブランド<=>ニューオリンズ
CLE=>NOP
アロンゾ・ジー
NOP=>CLE
将来のドラフト二巡目指名権

チーム別リスト
1.7月1日のフリーエージェンシー解禁後に行われたトレードのみ、明記されています。
2.トレードで動いた、指名権、金銭、NBAチームと契約下にないプレーヤーのドラフト権は、明記していません。
3.無名のプレーヤーは、含まれていません。
4.オファーシートに合意は、マッチ後、又は、マッチしないことが分かったプレーヤーのみ含まれます。(11日現在、1人もいません。)

黒=残留
青=他チームから移籍
赤=他チームへ移籍

ボストン
エイバリー・ブラッドリー 4年32M

マーカス・ソーントン <=BKN(トレード)
タイター・ゼラー <=CLE(トレード)



ブルックリン
ジャレット・ジャック <=CLE(トレード)
セルゲイ・カラセフ <=CLE(トレード)


マーカス・ソーントン =>BOS(トレード)
ショーン・リビングストーン =>GSW


ニューヨーク


フィラデルフィア


トロント
カイル・ラウリー 4年48M
パトリック・パターソン 3年18M
グリービス・バスケス 2年13M

ジェイムス・ジョンソン 2年5M <=MEM
ディアンテ・ギャレット <=UTA(トレード)


スティーブ・ノバック =>UTA(トレード)


シカゴ


クリーブランド
レブロン・ジェイムス <=MIA

CJマイルズ =>IND
スペンサー・ホウズ =>LAC
ジャレット・ジャック =>BKN(トレード)
セルゲイ・カラセフ =>BKN(トレード)
タイラー・ゼラー =>BOS(トレード)
アロンゾ・ジー =>NOP(トレード)



デトロイト
ジョディー・ミークス 3年16M+ <=レイカーズ
カーティア・マーティン 1年 <=ATL
アーロン・グレイ <=SAC



インディアナ
ラボイ・アレン

CJマイルズ 4年18M <=CLE


ミルウォーキー


アトランタ
タボ・セフォローシャ 3年12M <=OKC
ケント・ベイズモア 2年4M <=LAL



シャーロット
ベン・ゴードン =>ORL
ジョッシュ・マクロバーツ =>MIA



マイアミ
クリス・ボッシュ 5年118M

ダニー・グレンジャー 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション) <=LAC
ジョッシュ・マクロバーツ 4年23M(フル・ミッドレベル) <=CHA


レブロン・ジェイムス =>CLE


オーランド
ベン・ゴードン 2年9M <=CHA 
チャニング・フライ 4年32M <=PHX



ワシントン
マーチン・ゴタット 5年60M


ゴールデンステート
ショーン・リビングストーン 3年16M(13Mギャランティー)<=BKN

スティーブ・ブレイク =>POR


クリッパーズ
スペンサー・ホウズ 4年23M <=CLE
ジョーダン・ファーマー 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション、2年目はプレーヤーオプション) <=LAL


ダレン・コリソン =>SAC
ダニー・グレンジャー =>MIA



レイカーズ
ニック・ヤング 4年21.5M
ジョーダン・ヒル 2年18M(2年目9Mはチーム・オプション)

ジェレミー・リン <=HOU(トレード)

ジョディー・ミークス =>DET
クリス・ケイマン =>POR
ジョーダン・ファーマー =>LAC
ケント・ベイズモア =>ATL



フィニックス
P.J.タッカー 3年16.5M

アイゼア・トーマス 4年27M <=SAC(サイン&トレード)

チャニング・フライ =>ORL


サクラメント
ダレン・コリソン 3年16M <=LAC

アイゼア・トーマス =>PHX(サイン&トレード)


ダラス
ダーク・ノビツキー 3年30M
デビン・ハリス 3年9M

ビンス・カーター =>MEM


ヒューストン
ジェレミー・リン =>LAL(トレード)


メンフィス
ビンス・カーター 3年12.2M(3年目は一部のみギャランティー) <=DAL



ニューオリンズ
アロンゾ・ジー <=CLE(トレード)


サンアントニオ
パティー・ミルズ 3年12M
ボリス・ディアウ 3年22M+


デンバー


ミネソタ


オクラホマシティー
セバスチャン・テルフェア 1年 <=中国

タボ・セフォローシャ =>ATL


ポートランド
クリス・ケイマン 2年9.8M(1年目4.8M、2年目1Mのみギャランティー) <=LAL 
スティーブ・ブレイク 2年4.2M(バイ・アニュアル・イクセプション) <=GSW



ユタ
スティーブ・ノバック <=TOR(トレード)

ディアンテ・ギャレット =>TOR(トレード)

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション