I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

コービーがシーズン終了を発表した後の記者会見ビデオ+和訳

お待たせしました。(バスケットマンさん、激励ありがとうございます。)

昨日、レイカーズが、コービーが今シーズン中に復帰しないと発表した後に行われた、コービーの記者会見です。ビデオは、YouTubeにいくつかアップされていますが、違反で削除される可能性もあるので、レイカーズのサイトのページのリンクを下に張ります。

=>コービーの記者会見

リポーターの質問は、音が小さくて聞き取りにくいのと、全部和訳する必要もないので、質問の内容が分かる程度に訳しています。

R=リポーター
K=コービー

K:良い感じだ。

R:がっかりしていますか?

K:出場してプレーして結果を出せなくて、がっかりしているが、同時に、現実的になって、そこから始めないといけない。

R:復帰できないと気がついたのは何時ですか?

K:たぶん昨日。

R:そう思った理由は?

K:スタッフ達と話して、可能な限り健康になって、復帰して又怪我をしない様に鍛え直すという面から、残った日にちを考えると、復帰する頃には、シーズンは1週間かその程度しか残っていないし、そこまでする価値がない。

R:12月17日から、膝はどう反応していますか?進歩はしていますか?まだ大分かかりますか?

K:膝は大丈夫だ。完治には程遠いが、前回の記者会見の時と比べたら、良くなっている。リハビリをちょっと厳しくしたばかりだ。バイクマシーンからエリプティカルマシーンに代えたし、あと1週間くらいで、トレッドミルマシーンに切り替える予定だ。そこから続ける。

R:シーズン中に復帰しないと決めたことが、今後のリハビリに影響しますか?

K:そんなことはない。今まで通りのスケジュールで、引き続き段階的に上げて行くだけ。今は、7ヶ月間のトレイニング・プログラムを、見ていると感じる。自分の身体が準備ができて、100%になるように、できることは何でもして、それをするのに7ヶ月ある。だから、楽観している

R:自分の現状と、来シーズンに向けて何をしないといけないかを確認するために、今シーズン中に数ゲームをプレーすることが重要だと思いましたか?

K:長いことやっているから、無理に数ゲームをプレーしなくても、何をしないといけないかは分かっている。キャリアの現時点で最大のことは、身体の管理をして、身体を強くして十分に健康にするために、できることは何でもやって、来シーズンは、小さな怪我でも気にならない様にすることだ。準備を整えるのに7ヶ月あるから、徐々にやって行かれるし、かなり身体を鍛えられるし、それに対して身体がどう反応するかを見て、調節すればいい。来シーズン中に直面する労力に近いこができる。通常夏の間の2-3ヶ月では、できないトレイニングができる。

R:自分を疑っている人達が間違っていることを、来シーズン証明したいと、最近言っていましたが、その人達とは誰ですか?

K:名前を挙げろと言うの?僕に対して挑戦したと取れること言った、テレビのキャスターや、スポーツキャスターや、NBAプレーヤーの名前を1人ずつ挙げることもできるけれど、リストは長い。しないといけないことは、それを受け入れて、どうしてそう言ったかを理解して、挑戦とみなすことだ。出て行って、自分がするべきことをする。

R:普通は怪我からの復帰が早いのに、アキレス腱の怪我からの復帰に比べて、今回の怪我からの復帰が早くなかったことについて、どう思いますか?

K:違う感じがする。でも現状に現実的になるのは、気分が良いし、単にどうしようもないことだし、対処するしかない。とても良い感じだと思う。アキレス腱の怪我からの回復と、今回の怪我からとを比べるのは、全く無意味だ。良い感じがする。物凄く大変だとは感じていない。

R:オフシーズンに向けて、チームが経済的な柔軟性があることをどう思うか?

K:チームの文化の面で、トップから始めないといけないと思う。どんな文化を持ちたいか?どんなシステムを持ちたいか?どうプレーしたいか?そこから始まって、それに従ってチームを造り始めることができる。

R:今シーズンは、6ゲームしかプレーしていないので、こういうシーズンから自分自身を切り離そうとしていますか?それとも、自分自身も、散々なシーズンの一部と考えていますか?

K:毎回アリーナに行くたびに、皆殺しをしたいと感じる。いつもピリピリしている。だから質問に答えると、たぶん、球団の誰よりも、僕がそう感じている。僕の方が、より感じていている。物凄く頭に来る。

R:トップから文化を確立するという点で、現状に満足していますか?

K:どうして満足できるのか?うちは借金100ゲームくらいだろう。それには、全く満足できない。こんなことになるために、プレーしているのではない。本当のレイカーファンでないと、僕が言っていることは理解できない。うちが、本質的に、当たり前としているのは、優勝するためにプレーしていて、優勝以外は完全な失敗だといことで、それは理解し難いかもしれない。でもそういうものだ。僕は、ジェリー(ウェスト)と、レイカーズでプレーした他の偉大なプレーヤー達から、そう説明されて、そう思って成長してきた。だから、そういうものだ。

R:トップから始めないといけないという発言を、もう少し明確に説明してください。

K:ジムから始めないといけない。ジムとジニーから始めないといけないし、2人の関係をどうするかだ。そこから始まって、方向性と権限がはっきりしないといけない。それから、それがコーチ陣も伝わって、マイク(ダントーニ)が何をするか、球団がマイクをどうするか、そこから始める。トップから始めないといけない。

R:どんな変化を期待していますか?

K:それについてはコメントできないけれど、誰かがトレードされる前に、電話をしてくれるだけで良い。まずそこから始めたい。そこから。(これは半分冗談)

R:7ヶ月トレイニングを積んで、膝が完治して、来シーズン、どの程度のプレーができると思いますか?

K:最高の状態で復帰するとは言うと、みんな僕が狂っているとか、諦められない年寄りのプレーヤーだとか、そういう様なことを考えるから、そうは言いたくない。でも、そうなるよ。

R:今年の夏は、特定のFAが来そうになく、来年の夏になりそうなら、来年まだ辛抱強く待てますか?

K:全く待てない。ただの少しも辛抱しない。そうだ、来年もプレーして、来年も又酷くなろう。それは駄目だ。絶対に駄目だ。絶対に駄目だ。コートに出て実行するのが、僕の仕事だ。言い訳はない。そうだろう。物事を成し遂げないといけない。フロントオフィスも同じだ。僕がコートでプレーする時に、フロントが僕に期待するのと同じことを、僕はフロントに期待する。どうしたらいいかを、見つけないといけない。

R:文化の確立をしないといけないという面から、フィル・ジャクソンが、ニューヨークにいくかもしれないというニュースを、どう受け止めますか?

K:僕がフィルを、どう思っているかは知っているだろう。僕はフィルを、物凄く賞賛しているし、尊敬しているし、フィルと僕とは凄く良い人間関係だ。個人的には、同じことが2回起こるのは、理解し難い。もしそうなったら辛い。全く理解できない。

R:クリッパーズ戦の後で話せませんでしたが、球団史上最悪の敗北を、クリッパーズに対してしたことをどう思いますか?

K:長年クリッパーファンだった人達の気持ちが、やっと分かった。(笑)それが僕の反応。(これも半分冗談)

R:身体が壊れ始めているのではと、自信を失うことはありますか?

K:勿論。それも挑戦の内だ。常にそういう疑問がある。大事なゲームが始まって、上手くボールを打てるかどうか分からなくて、良くプレーできるか分からない。そういう挑戦に直面して、その不安から、同じことが起こらないようにする。自信を失うことはある。いつでもある。自信を失った時にどうするかだ。自信を失ったままにするか、それに対面して取り組むかだ。

R:コートでの練習をしていますか?

K:まだコートには全く出ていない。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

FC2 Management
2014/03/14 16:20  Kobe | コメント(9)

☆☆要注意☆☆ 夏時間開始!!

アメリカでは、3月9日、日曜日の早朝から、夏時間に切り替わります。

リーグパスの中継時間は、東時間で表示されていて、それを日本時間に換算してご覧になっていると思います。アメリカ時間の3月9日、日本時間の3月10日のゲームより、日本時間に換算する場合は、今までより1時間早くなり+13時間となります。

レイカーズのサイトは、西時間で表示されています。レイカーズのサイトの時間から、日本時間を換算される場合は+16時間となります。

他球団のファンの皆様、下記をご参照下さい。


夏時間=3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時
*アリゾナ州は、夏時間を採用していないので、夏でも+16時間です。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/03/09 18:07  NBA | コメント(3)

コービー@ナイキのプロモーションイベント(ビデオ+和訳)

先日、少しツイートした、ナイキのコービー9のプロモーション・イベントからのビデオです。コービー9について話している部分が全くないのと、途中画面が飛んでいる部分があるので、全部ではないはずです。和訳は、英語のテストではないので、司会者が話している部分で、同じことを繰り返したり、観客に話しかけていたりしている部分は、省いています。



司=司会者
K=コービー

司会:コービー9について話しますが、同時に、コービーと楽しみましょう。みんなが楽しんでくれると良いです。ちょっと違うことから始めましょう。いつもはこんなことはしないのですが、事葉のゲームをしてみましょう。僕が何か言うので、その事葉で思いつく事葉を言って下さい。まず、「ロサンゼルス。」

コービー:ホーム。家庭だよ。暖かい家庭。

司会:「変革」(innovation)

コービー:えーーと、リーダーシップ。

司会:「ミューズ」

コービー:インスピレーション

司会:今言ったけれど、「インスピレーションを与える(inspire))はどう?

コービー:ミューズ

司会:「挑戦」(challenge)

コービー:受け入れる

司会:最後の答えが良いですね。どの事葉もみんな、あなたに関係がありますよ、ブラックマンバ。コービー9は最新のシューズで、これからその話をしますが、まず、レイカーズについて話しましょう。(歓声)レイカーズファンが、大勢いますね。2年契約をしたばかりですが、それは、自分にとってどういう意味があるのか、コービーの最後の2年間から、ファンは何を期待できるのかについて、話して下さい。

コービー:今年は、みんな知っている様に、うちにとって辛い年だよね。だから、みんな落ち着いて、今年を吸収欲しい。全部吸収する。落ち着いて、見て聞いて、アンチから投げつけられた事葉を全て聞いて、倒れている間に蹴飛ばした奴1人1人のことを憶えておく。来年は、こんな風にはならないから。(大歓声)

司会:みんな聞いたね。みんな同感みたいだね。

コービー:今はそれを受け入れる。今は、そのままにしておく。復習は甘くて、速くやって来るから。



司:ブラックマンバ・メンタリティーとは何ですか?この観客に説明して下さい。

コービー:何があっても、地獄に落とされても、洪水に見舞われても、切り抜ける道を見つけること。何があっても。何があっても。どんな障害に直面しても、どんな抵抗に遭遇しても、否定的なことでも、怪我でも、どんな場合でも、内に秘めた信念と自信を持って、それを乗り越える方法を見つけること。それが、マンバ・メンタリティーが表わしていることだと思う。絶対に死なないという姿勢だ。

司:そのマンバ・メンタリティーが、本当に現れていたと思った場面が、自分のキャリアでありましたか?ゲームや、場面、何でも、これがマンバ・メンタリティーだと呼べる場面が?

コービー:81得点ゲームが、それに見えるかも知れないけれど、正直な所、去年のオールスターの休みの時に、プレーオフ圏内から5-6ゲーム離れていて、これまでだと思えた。でも、オールスターの休みを利用して、集中し直して、鍛え直して、慈悲無くシーズン後半を迎えて、復活してチームをプレーオフに導いた。でも、どても大変だった。ウエスタン・コンファレンスでは、5ゲーム差は棺桶に釘だから。

司:僕にとって、一番大きなマンバ・メンタリティーの場面は、アキレス腱を断裂しているのに、歩いて行って、フリースローを打った場面です。みんな分っていて、出て行って、フリースローを打って、交代した。バスケットボールで、あんなに大きなハートを見たことがありません。みんな、同じ事をを思っているだろうけれど。

普通の人が、そのマンバメンタリティーを応用するには、どうしたいいです?

コービー:向上心を持つこと。やっていることは何であれ、最高になるように努めること。何をしているかは関係ない。何かをしているなら、それがとても上手くならない方が良い理由が無い。試験勉強をしたり、大工だったり、何であれ、先人の偉大な大工の仕事を全部学んで、自分が最高になる。偉大さに限界はない。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/03/05 13:36  Kobe | コメント(8)

ミッチ・カプチェクのトレード期限当日記者会見

ミッチが、トレード期限の午後に行った記者会見の記事が、レイカーズのサイトにあります。ビデオは長いの、見ていません。記事になっている部分だけ、和訳します。

=>http://www.nba.com/lakers/news/140220mitchkupchak


スティーブ・ブレイクをトレードして、マーション・ブルックスとケント・ベイズモアを獲得した経緯について
スティーブ・ブレイクは、4年近くうちにいて、人間としてもプレーヤーとしても愛されたが、1ヶ月程前に、ポイントガード不足のため、ケンドル・マーシャルを獲得した。ケンドルとジョーダン(ファーマー)と、そしてその上スティーブ・ナッシュとスティーブ・ブレイクがいるので、ジョーダンを見る時間と、ケンドルが獲得したプレータイムのために、バックコートのプレータイムを空け、2人をよく見て、どの程度できるかを見極める必要があった。他の理由は、成長過程の若いプレーを2人獲得したこと。1人はリーグに3年、もう1人は2年いて、実力や技術のレベルが変って行っている。そこで、このトレードの見方は、その2つの部分がある。

節約したことはトレードのボーナスかについて
この組織では、この程度の節約は、大きな数字ではない。以前に何回も言っているが、経済的な面を、全く考慮しないのではないが。

この時期には、かなりの時間がかけられるのに、それ程トレードが成立しなかったことに驚いたかについて
成立したトレードの数を見ると、殆どのトレードについて聞いたことがあるし、これから1-2時間以内に、新しいトレードが成立するとは思わない。それ程沢山なかった。どうしてなのかは分からないし、大型トレードは無かった。このリーグで、トレードをするとは難しい。オーナー達は、お互いの競争が激しいし、GMも競争している。20-25年前の様に、GM同士で話しているのではない。今は、全部がスピーカーフォンで、それぞれ8-10人が聞いていて、数字を出したり、意見を言い合っている。オーナーも、かなり関わっていて、30年前に比べて、色々なことがかかっている。大きなビジネスだ。誰もが、自分自身の利益を考えて、誰もが意見を持っているので、当然のことながら、トレードがし難くなっている。どんなトレードでも。

トレードでドラフト指名権を獲得する期待について
ドラフト指名権は資産だ。指名権は常に欲しい。チームを改善するには、3通りしかない。トレードを通して、ドラフトを通して、フリーエージェンシーを通してだ。ドラフトで10年かけてチームを改善できるとは思えないので、キャップスペースを空けるようにしてきた。キャップスペースとその使い方に積極的になるし、今後かなり柔軟になれる。今年は価値がある指名権があるし、現時点では、良いドラフトになりそうだ。これから5年後振り返ってみないと、本当に良いドラフトだったかは分からないが。そこで、うちはそういう複数のやり方ができるが、新しいCBAでは、キャップやサイン&トレード、それに関連するガイドラインに、色々な制限があるので、ドラフト指名権が、以前よりもかなり価値があるものになった。以前は、二巡目は簡単に獲得できた。今では、二巡目でも、一巡目と同じくらい、獲得が難しくなった。

来シーズン、レイカーズが、プレーオフに進出して優勝を争えるチームになると感じるかについて
来シーズンは、健康なコービーがいるし、良いドラフト指名権があるし、フリーエージェントに使うお金があるので、この夏に誰を獲得するかだ。来シーズンのためのチームを造るために、キャップのお金を使うつもりはない。ロサンゼルスに、良い物を届けようと思っている。チームを造るのに1年かかるかもしれないが、それは分からない。でも、この夏にお金が沢山あるからと言って、全部を使うとは限らない。賢明に使う。もし、良いチームを造れなければ、この夏には最善を尽くして、次の夏に備える。今は、どうなるかは分からない。誰が契約できる様になるかは分からないし、誰がオプトインするか、オプトアウトするかは、分からないので、不明なことが多い。でも、できることは、良い位置につけることで、機会に向けて、良い位置にいると思う。

パオ・ガソルとの再契約の可能性について
勿論、それは選択肢だ。勿論。

チームが良くないので、フリーエージェントをロサンゼルスに連れてくるのは難しくなっているかどうかについて
この組織とこの町からの支援があるので、うちはプレーヤーにとっての行き先であり続けると思う。フランチャイズ、オーナー、レガシーと町自体があるので、常に競争して行かれる。ロサンゼルス、ファン、支援がここにあり、それは常にうちにとっての利点だ。

コービーが今シーズン中に復帰することで、フリーエージェントが健康なプレーヤーを見て、ロサンゼルスに来ることを促進すると思うかについて
コービーに復帰を急がせるつもりはない。する理由がない。コービーとは、2年間の契約をしたので、急がせる理由がない。もしコービーが準備ができて、体調が整ったと感じて、医者の許可が出たなら、復帰しない理由がない。この数日、ゲイル・グッドリッチが来ているが、彼は30年前に同じ怪我(アキレス腱断裂)をして、それはニューオリンズでの最初の年だったと思うが、比較的早く9ヶ月後に復帰したし、それは30年前だ。だから、コービーが、来シーズン高いレベルに戻れるかどうかを、推測する理由が、1つもない。それよりも問題なのは、年齢だ。でも、彼は、長年、年齢に合わせて、プレーの仕方を調節できることを、見せてきた。彼は変って行く。レイカーズのチャンネルを見ると、8年、10年、12年前のゲームをやっていて、コービーが、プレーしていて、顎鬚があって、髪型が違って、それで、怪我の前のコービーを見ると、全く違うプレーヤーだ。コービーにとっての難題は、怪我よりも年齢だ。膝の怪我の前の1週間を見た限りでは、アキレス腱の怪我は、彼が効果的にプレーするのに、全く関係ないと、完全に確信が持てた。

ジェリー・バス博士の下では大成功だったので、フランチャイズにとって分岐点だと思うかについて
今年、このチームが経験したことは、シェキールをトレードした翌年と、全く違いはない。全く同じだ。バス博士は、25年間やってきたので、存命中は、今とは違うレベルの信頼があったと思う。ファンは、もっと我慢強かったと思う。あの様なオーナーを失うと、ファンが、「どうなっているんだ?」と言うのは、自然だと思う。でも、この組織を信頼して欲しい。みんな、1つにまとまっている。うちには計画があるし、その計画を、6ヶ月か、12ヶ月か、18ヵ月かで、実行できるとは保証できないが、良い位置にいる。この組織は、バス博士のレガシーに追従することを選んだ。そのレガシーとは、優勝すること。

ラクシャリータックスライン以下になる様にトレードをしなかった理由について
うちは、一定額を節約することが目的では動かない。タックスライン以下にならないと、リピータータックスの対象になるので、戦略的な理由で、節約が必要になることもある。でも、リピータータックスは、この先1-2年、大きな問題にはならないと思う。うちは、バスケットボールのトレードをするこを気にしている。1-2件のバスケットボールのトレードをして、というのは、気に入ったプレーヤーや指名権を獲得するという意味だが、それで、タックスライン以下になるなら、喜んでやった。正直言って、タックスライン以下になる機会があったが、バスケットボールのトレードではなかった。それは、うちの球団では、受け入れられないことだ。先に向かって、良いプレーヤーや指名権を獲得したと感じるトレードがあったら、やっていた。タックルライン以下になる機会はあったが、やらなかった。

今シーズンのスティーブ・ナッシュをどう見るかと、将来ナッシュがチームの計画に合うかについて
明らかに、面倒なことになる。適当な時期を見て、ナッシュと話をす予定だが、ナッシュが決めることだ。来年もプレーする契約になっている。ナッシュの様に、動く部品が沢山ある。話し合って、ナッシュがどうするかに影響を与えるのは、倫理的ではないし、ナッシュが決めることだ。ナッシュは骨折してから、次から次へと怪我をして、この1年は、彼にとって辛い年だった。でも、彼は、毎日ジムに来て、トレイナーの所へ行き来して、何とかしようとして、頑張っている。努力して、復帰したいと熱望している人を、恨むことはできない。だから、数週間したら、復帰してプレーできるかどうかを見て、それから、夏にどうするかを決めるつもりだ。

フリーエージェントにお金を使う決定について、今年の夏か来年か、何時その決断をするのかについて
絶対にやりたくないのは、間違った決断をすること。お金が沢山あるが、複数のプレーヤーと長期間契約をして、そのために、チームが真ん中辺りにいることになるのは避けたい。柔軟性を失って、シーズンが終わったら、41勝、46勝、43勝となる様なこと。そうなったら、真ん中辺りにいて、ロサンゼルスの人達が期待していることにはならないし、やろうとしていることを、やったことにならない。それは避けたい。お金を上手く使いたいし、高いレベルで勝つことを、助けてくれるプレーヤーと契約したい。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2014/02/24 17:37  Lakers | コメント(14)

NBA期限直前トレードまとめ

昨日から、今日のトレード期限までに成立したトレードの一覧です。サラリー額合わせが目的で付けられたプレーヤーが、抜けている可能性もあります。

レイカーズからは、ブレイクがゴールデンステートへ、トレードされました。昨日、ゲーム開始1時間程前、ブレイクが、ウォームアップ中に成立しました。ブレイクが、ロッカールームに戻って、私服に着替えたので、取材をしていた記者陣が気がつきました。レイカーズとゴールデンステートのファンのツイートを見ると、ゴールデンステートファンは、大して喜んでいないし、レイカーファンは、大して悲しんでいない、地味なトレードです。

元レイカーでは、ラマーン・セッションズが、シャーロットからミルウォーキーへ、アール・クラークが、クリーブランドからフィラデルフィアへ、それぞれトレードされています。

大型トレードと呼べるのは、インディアとフィラデルフィア間のトレードだけです。ダニー・グレインジャーがフィラデルフィアへ、エバン・ターナーがインディアナへ移籍しました。インディアナは、このトレード前でも、優勝候補に挙げられていましたが、これで更に優位になると見られています。グレインジャーは、ペーサーファンの間では、人気があったプレーヤーなので、ファンは感情的には辛い様ですが、ペーサーズ応援ブログのアンケートでは、70%程度がトレードに賛成しています。

レイカーズ⇔ゴールデンステート
⇒レイカーズ
マーション・ブルックス
ケント・ベイズモア

⇒ゴールデンステート
スティーブ・ブレイク


インディアナ⇔フィラデルフィア
⇒インディアナ
エバン・ターナー
レイボイ・アレン

⇒フィラデルフィア
ダニー・グレインジャー


クリッパーズ⇔フィラデルフィア
⇒フィラデルフィア
バイロン・ムレンズ

⇒クリッパーズ
セント・アコイルの権利(2005年ドラフト59位、トルコでプレー中)


クリッパーズ⇔アトランタ
⇒アトランタ
アントワン・ジェイミソン(バイアウトの可能性が高い)

⇒クリッパーズ
DPE(シーズン終了まで復帰できないプレーヤーのイクセプション)


サンアントニオ⇔トロント
⇒サンアントニオ
オースティン・デイ

⇒トロント
ナンド・デコロ


シャーロット⇔ミルウォーキー
⇒シャーロット
ルーク・リドナウアー
ゲイリー・ニール

⇒ミルウォーキー
ラマーン・セッションズ
ジェフ・エイドリエン


マイアミ⇔サクラメント
⇒マイアミ
ドラフト二巡目指名権(プロテクト付き)

⇒サクラメント
ロジャー・メイソン・ジュニア

ヒューストン⇔デンバー
⇒ヒューストン
ジョーダン・ハミルトン

⇒デンバー
アーロン・ブルックス


フィラデルフィア⇔クリーブランド
⇒フィラデルフィア
アール・クラーク
ヘンリー・シムズ
ドラフト二巡目指名権2件

⇒クリーブランド
スペンサー・ホウズ


デンバー⇔ワシントン⇔フィラデルフィア
デンバー⇒ワシントン
アンドレ・ミラー
ドラフト二巡目指名権

ワシントン⇒デンバー
ジャン・ビスリー

ワシントン⇒フィラデルフィア
エリック・メイナー

フィラデルフィア⇒ワシントン
ドラフト二巡目指名権

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。