I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レブロン移籍がホームレス救済に

「風が吹くと桶屋が儲かる」のような話ですが、事実です。

クリーブランドでは、「決断」のテレビ番組直後に、レブロンの「ジャージ焼き」が横行して、それをビデオに収めて、YouTubeに載せることが流行ったのですが、それも収まりました。とはいっても、まだ、レブロンのジャージ、名前りのTシャツ等が、クリーブランド住民のクローゼットに大量に残っています。

「焼くもの何だけれど、もう二度と着ないし」という人々のために、クリーブランドの慈善団体が、レブロングッズを回収し始めました。集まった衣類は、南フロリダのホームレスのためのシェルターに送られます。


br_decobanner_20100617115526.gif


スポンサーサイト
2010/07/22 09:04  Teams Cavaliers | コメント(2)

今度はマジックが

「俺たちは、そんなこと考えなかったよ。俺たちは、そんなんじゃなかったからね。大学時代から、ラリー・バードを倒す方法を、見つけようとしていたんだ。」

レブロンの移籍について、先日、マイケル・ジョーダンが、バードやマジックと一緒にプレーするなんてあり得なかったと発言したのを受けて、マジック・ジョンソンが、こう発言しました。

ちなにみ、毒舌で知られる、チャールズ・バークリーも、「マイアミに好きなだけ優勝するより、クリーブランドで1回だけ優勝する方が、価値があった。」「これで、ジョーダン、コービーと、同じ会話に、レブロンの名前が出ることはない。」と発言しています。

レブロンの移籍は、NBAのOBの間では、不評のようです。





2010/07/21 09:22  Teams Cavaliers | コメント(14)

ジョーダン、レブロンに苦言

レブロン騒動を見ていて、「マイケル・ジョーダンが、何て言うだろう?」と思った人も多いと思います。誰かが、インタビューで質問するのは、時間の問題でした。ジョーダンは、今日、有名人チャリティーゴルフに参加した後、質問に答えました。

『後で考えてみても、ラリー(バード)やマジック(ジョンソン)に電話を入れて、「ヘイ、一緒に同じチームでプレーしようよ。」なんて言うのは、ありえないね。でも、今は色々違うから。悪いとは言えないけれど。最近の子供達には、そういう機会があるね。俺は、他の連中を敗ろうとしたんだ』

アメリカで、「敗れないなら仲間になろう。」という言葉があります。これは、そうするのが懸命だと言っているのではなく、そういうことをする人は、要領が良いと言うか、強い相手を敗る努力をしないで、楽な道を選ぶ人を、嘲笑的に表現している言葉です。日本の「寄らば大樹の陰。」のような言葉です。レブロンは、まさにこの言葉にピッタリで、マイアミ入りを発表してから、よくこの言葉が使われています。「敗れないなら、敗るまで戦う」のが、ジョーダンでしたね。


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/19 15:55  Teams Cavaliers | コメント(16)

[速報] レブロン、マイアミへ

最初の10分で発表すると言っていたのに、又もや、ズルズル引きずらないと気が済まなかった様で、6:30頃に発表した様です。どうせ、そんなことになるだろうと思っていたので、ESPNは見ないで、いつもの様に、ローカルニュースを見ていたら、6:20には、「まだ発表していない」と言っていて、6:30ちょっと前に、「マイアミ行き」と言っていました。

クリーブランドでは、キャブスファンが集まって、レブロンのジャージーを燃やしています。スポーツメディアによると、レブロンは、もう二度と、クリーブランド地区には住めないだろうと言っています。マイアミに行くことそのものより、全国中継で発表するというやり方に、腹を立てている人が多いです。「エゴ病にかかっている」とも言われていました。マイアミ以外では、最も憎まれるNBAプレヤーになるのは間違いないです。ロサンゼルスでは、どうでもいいので、呆れるだけで、憎いとは思いませんが。これで、少しは静かになると思うと、清々します。


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/09 10:58  Teams Cavaliers | コメント(7)

レブロン、ESPNの特別番組で行き先発表へ

なかなか行き先を決められないレブロンですが、どうやら決心をする決心がついたようです。明日、木曜日の東海岸時間、午後9時(日本時間、金曜日、午前10時)から、ESPNで、1時間の特別番組をし、その最初の10分間で、行き先を発表します。昨日、レブロンの関係者から、ESPNに対し、ライブで行き先を発表したい旨、申し入れがあり、これが決定しました。

これに対しては、「なんでテレビ番組をしないと、発表できないのか?」という冷ややかな見方が多いです。「ファンやチームを引きずり回す、最高の方法」という発言もありました。批判を予想してか、この特別番組による収益は、子供の福祉団体である「ボーイズ&ガールズクラブ・オブ・アメリカ」に、全額寄付することが、レブロン側から、同時に申し入れられました。

クリーブランドや、他のレブロンを勧誘をしたチームに対し、事前に結果を知らせることはしないとのことです。こういうのを聞くと、「アメリカってそういうものか。」と思う人もいるかも知れませんが、アメリカでも、こういうのはマナー違反です。FAのアスリートに関わらす、通常は、何かを公にする前に、関係者に連絡をして、知らせるのが常識で、そういうことをするという意味の「heads up」という言葉もあるくらいです。特に、ニュージャージーの部分オーナーのジェイZとは、「友達」なのだそうですが、行くならともかく、行かないなら、先に一言いうのが、友達だと思いませんか?何でこんなに大げさにしないと、気が済まないんでしょうかね?


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/08 13:54  Teams Cavaliers | コメント(12)

レブロンは何処へ? #2

レブロンは、人気トーク番組「ラリー・キング・ライブ」の収録で、フリーエージェンシーについての心境を語りました。番組は、アメリカで6月4日(金)に放送されますが、インタビューの一部が公開されました。

まず、ホストのラリー・キングから、「クリーブランドが他より有力ですか?」と尋ねられ、「勿論だよ。この街やファンは、この7年間、良くしてくれた。ここにいるのが、心地良いよ。ここには、良い思い出が沢山あるし。一番可能性があるのは、クリーブランドだ。この夏は、面白くなるよ。楽しみだ。」

さらにレブロンは、7月1日が待ちきれないと言いながら、どのチームに行くかは、全く白紙の状態であることを語りました。

「全く決めていないよ。7月まで、まだ1ヶ月あるからね。考えてはいるけれど、戦略を練るまでは行っていないよ。」

又、先日解雇された元HCマイク・ブラウンについても述べました。

「彼は、素晴らしいコーチだった。5年間一緒にやって来て、何年も上手く行っていなかった球団を良い方向に持っていった。でも、結局、自分自身もマイク・ブラウンも、NBAチャンピオンになるという自分達がしたいことを達成できなかった。他の誰よりも、そうしたいと思っていたのに。だから、残念だけれど、彼の幸運を祈るよ。きっと、これからもコーチとして、良いキャリアを続けるよ。」

又、レブロンは、セルティックスがレイカーズを破って、18回目の優勝を飾るだろうと述べました。さらに、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュ、その他のフリーエージェントに会って、今後どうするかを決めたいようです。

ニューヨーク、シカゴ、ニュージャージー、クリッパーズが候補と見られていますが、ニューヨークは、マイケル・ブルーンバーグ市長が、シカゴはオバマ大統領が、共に勧誘に乗り出しています。ハイウッドの近くでプレーできるクリッパーズについても語っています。

「良いプレヤーが何人もいるね。フリーエージェントを1-2人加えたら、かなり良いチームになるよ。それに、凄く良い都市だし。でも、都市が問題なんじゃなくて、勝つことが問題なんだ。僕とボッシュ、僕とウェイドが同じチームに行ったら、そのチームはかなり良くなるよ。キャブスだって良くなるよ。」

尚、金銭的には、クリーブランドが一番高い年俸を払えるのですが、NBAチームの中で、唯一、ニューヨークが、年俸を株で支払うことが出来るようです。ニューヨークは、マディソン・スクエアー・ガーデンの株で年俸の一部を支払うことが出来、そうなると配当が出るだけでなく、レブロンが行くことで、株価が上がるのは間違いないので、結果的には、クリーブランドに残るより、収入が高くなる可能性が大きいです。この要素は注目です。レブロン、ウェイド、ボッシュが揃ってニューヨークに行くには、当然全員年俸が少なくなりますが、株で支払われれば、実際の収入は、額面より多くなります。他チームはそれが出来ないので、3人揃っては難しいですが、ニューヨークなら可能かも知れません。

ところで、「レブロンは何処へ?」の最初の記事中のアンケートで、「ニューヨーク・ニクス」と表記したら、コメントで「ニクスではなくニックスだと思います。」とご指摘を受けました。私は、チーム名やプレーヤー名の日本語表記が分かりません。日本のサイトを見て、気が付いたのは直していますが、全てチェックするのは、時間がかかるので、聞こえる通りに近い日本語表記をしています。ご了承ください。ちなみに「Knicks」は、日本語だと「ニクス」と「ニックス」の間くらいですね。いつも「ニックス」って言っているのに、「ニクス」と書かれたら、気持ち悪いのはよく分かります。私は逆に「ニックス」って聞いたら、気持ち悪いですが、今後は、「ニックス」と表記します。





2010/06/03 16:36  Teams Cavaliers | コメント(2)

レブロンは何処へ? =候補チームの一長一短=

クリーブランドが、東セミファイナルで敗退後、話題は「レブロンはどこへ?」で持ちきりです。専門家の話をまとめると、可能性のあるチームは、次の6チームのようですが、それぞれ一長一短があります。

<<本命>>
【クリーブランド】

*現在のチーム。
*出身地のアクロンに近く、家族や友人が多い地元のチーム。


*優勝できるチーム作りに又も失敗。
*小さい都市なので、グローバルスターを目指すには、ここに留まると不利。
*都市自体に魅力が無いので、フリーエージェントが来たがらない。


【シカゴ】

*デリク・ローズ、ジョアキン・ノアといった、才能のある若手がいる。
*キャップスペースがある。


*ローズとプレースタイルが重なる。
*チーム史上最高のプレーヤーにはなれない。


<<対抗>>
【ニューヨーク】

*ニューヨークだから!
*バスケットボールのメッカ、マジソン・スクエア・ガーデンがホーム。
*キャップスペースがある。


*現時点で、レブロンをサポートできる、才能のあるプレーヤーがいない。
*優勝できるチーム造りに失敗し続けている。(1973年を最後に優勝がない。)


【ニュージャージー】

*新オーナーが、大富豪で、お金を使える。
*ブルック・ロペス、デビン・ハリスといった、才能のある若手がいる。
*友人のジェイZが、部分オーナー。
*キャップスペースがある。


*優勝できるチーム造りに失敗し続けている。(1976年を最後に優勝がない。)

<<穴>>
【マイアミ】

*ドウェイン・ウェイドがいる。


*ドウェイン・ウェイドがいる。(マイアミはウェイドのチーム。人気ではウェイドを超えられない。)

<<大穴>>
【クリッパーズ】

*ハリウッドに近い。
*ブレイク・グリフィン、エリック・ゴードンといった、才能ある若手がいる上、トップクラスのセンター、クリス・ケイマンがいる。


*たとえNBA最高のプレヤーになれても、世界一のプレーヤーになれても、ロサンゼルスでは二番手にしかなれない。


こんなところが、今のところ、NBA解説者やスポーツ記者の間で、一致した意見です。但し、オリンピック・チームのチームメイトでもある、レブロンとウェイドは、同じチームに行く可能性について、話しているようです。二人そろって、ニューヨークかニュージャージーというのもあるかもしれません。

そこで、皆さんの予想はどうでしょうか?私は、ウェイドかボッシュのどちらかと、揃ってニューヨークなんて、結構有力だと思うのですが。クリッパーズは、絶対ないと思います。ロサンゼルスなんかに来たら、二番手所か、悪役になりかねないです。







2010/05/21 11:55  Teams Cavaliers | コメント(2)

レブロンがナンバー変更届け

クリーブランドのフォワード、レブロン・ジェムスが、ユニフォームのナンバー変更のための書類をNBAに提出しました。レブロンのナンバーは、現在23ですが、彼がオリンピック・チームでつけていた6に変更します。

レブロンは、昨年11月に、23を着けていたマイケル・ジョーダンに敬意を表すため、来シーズンからは別のナンバーにすることを発表していました。来シーズンに、ナンバーを変更するためには、今週中にNBAに書類を提出することが義務付けられています。

==>バスケットボール人気ランキングへ
2010/03/02 19:43  Teams Cavaliers | コメント(0)

LeBronがナンバー変更を宣言

Cleveland CavaliersのLeBron Jamesが、今シーズン終了後にナンバーを23から6に変えると、木曜日の対MIA後のインタビュー中に発表しました。23といえばマイケル・ジョーダンのナンバーで、Chicago Bullsでは永久欠番になっています。LeBronは今まで、ジョーダンに敬意を表するために23を着けてきたそうですが、今ではNBA全てのチームで、23を永久欠番にすることを支持しているそうです。6は、彼のオリンピク・チームでのナンバー。又、彼がジョーダンの次に尊敬するジュリアス・アービングのナンバーだったことで選んだとのこと。

LeBronは、今シーズン終了後にフリーエージェントとなり、メディアの間では、既に昨シーズン中から、Clevelandに残るか、他チームに移るかの話題で持ち切りです。その件について彼は、MIAとのゲーム前に、「シーズン終了まではフリーエージェントについて一切コメントしない。」と宣言。ジュリアス・アービングのナンバーは、Nets在籍時には32で、76ers移籍後6に変更したので、LeBronが32ではなくて6を選んだことで、「他チームに行くことを仄めかしているのでは?」との声も。それってちょっと考え過ぎではとも思うのですが.....
人気ブログランキングへ
2009/11/13 15:44  Teams Cavaliers | コメント(0)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。