I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ケビン・デュラントのMVP受賞スピーチ和訳

今日行われた、ケビン・デュラントの、MVP受賞のスピーチです。ツイーターで凄く良いと話題になっているので、ビデオを探して見てみたら、本当に良かったです。長いので見直していません。多少、単語や短い文が、飛んでいるかも知れません。一番最後にお母さんに感謝をしていますが、その部分まで入っているビデオがないので、それだけ別のビデオを見つけました。



ありがとうございます。いつもは話すのは得意なのですが、今日はちょっと緊張しています。まず、僕の人生を変えて下さったことを、神に感謝します。人生が何かを教えられました。バスケットボールは、人にインスピレーションを与えるための演壇だということです。

僕は、ワシントンD.C.の近くの、ピージー郡という小さな郡の出身です。子供の頃、僕と母と兄は、何回も引越しをしました。閉じ込められて、外に出られない感じがしました。僕の夢は、子供のリーグのコーチになることでした。故郷に残って、コーチになって、子供達を助けたいと思っていました。

僕はバスケットボールが大好きです。プレーするのが大好きで、大学に行って、NBA入りして、NBAのMVPとして、今日皆さんの前に立っているなんて、思っていませんでした。現実とは思えません。多くの人に助けられました。僕自身が自分を信じられない時に、信じてくれる人が沢山いました。多くの人が、僕に疑念を持って、自分自身であろうとする意欲を起こさせてくれました。何回も倒れましたが、立ち上がりました。家族と共に、とても辛い時期を過ごしました。でも、未だに立っています。

バスケットボールをプレーするは、まず大好きだからです。楽しむのが大好きで、コートを走り回るのが大好きです。グラント・ヒルがあそこにいますが、小学校2年生の時に、初めて相手と対戦してプレーした時に、ピストンズのグラント・ヒルのジャージを着ていたと、ヒルに話しました。それが、初めて体育館でプレーした時でした。そうやって、バスケットボールが大好きになりました。母は、僕と兄に、数時間家からいなくなって欲しかっただけだと思いますが。体育館に脚を踏み入れた時に、バスケットボールが大好きになりました。大好きになったのは、単に自分がプレーするのが好きだったからではなく、(チームメイトを指差して)こういう連中の様な人達がいたからです。

毎日欠かさず、僕が可能な限り最高のプレーヤーになる様に、チームメイトにプッシュされます。特に、チームのベテランについて、話したいです。フィッシュ(フィッシャー)、ニック(コリソン)、パーク(パーキンス)、タボ(セフォローシャ)、カラン(バトラー)、サージ(イバッカ)、ハシーム(タビート)。ありがとうと言いたいです。皆は、僕にとって、とても大切な人達です。

散々な日でも、ハシームが笑っていて、身長が221センチもあるのに、小さいパンツを履いているのを見ると、気分が変わります。

フィッシュ。きちんとした服装をして、市長か社長の様ですが、このチームにとって、とても大切な人です。沢山の偉大なプレーヤーと一緒にプレーした経験があるのに、誰にでも敬意を払います。38歳で、証明しないといけないことが、何も残っていないのに、僕が「一緒にシュートを打とう」と言うと、すぐ「やろう」と言ってくれて、常に何かを学ぼうとしています。リーグで多くのことを成し遂げて来て、多くの偉大なプレーとプレーして来ているのに、常に学ぼうとします。それを見て、向上するのを止める時なんてないと、やる気が起きます。彼のお陰で、それに気がつきました。

パーク。移籍して来る前は、大嫌いでした。でも、やって来て直ぐに、印象が変わりました。今までのチームメイトの中でも、最高の1人です。酷いゲームの後に、夜遅く電話をしてくれたり、テキストで僕がMVPだと言ってくれたり。それがとても嬉しかった。ありがとう。

ニック。初めてシアトルに行った時、18歳の僕を受け入れてくれました。最初から、僕を信じてくれました。僕に将来性があると、分かってくれました。毎日、会うと、それが分かりました。僕を、男として、プレーヤーとして、尊敬してくれました。ありがとう。

タボ。チームに来た時は、英語を話すかどうか分からなかったので、どうやって近づいて良いか分かりませんでした。いつもとても静かで。でも、チームを最優先する人だと、分かりました。初日から練習して。僕を信じてくれ、そのお陰で、自信が持てました。僕がよくプレーしていない時はいつも、やって来て胸を叩いてくれ、レッツゴーと言ってくれます。それがどういう意味か、分かっています。とても感謝しています。ここで一緒に旅を共にしてくれることが、とても嬉しいです。ありがとう。

カラン。数ヶ月前に、チームに来たばかりですが、この数週間、とても親しくなりました。来たばかりの時、紙に書いて、僕のロッカーに貼ってくれたのを、憶えています。どうしてこんなに泣けてくるのだろう。2-3連敗した時に、紙に「KD MVP」と書いて、ロッカーに貼ってくれました。僕は、その時は何も言いませんでしたが、憶えています。家に帰って、そのことを思いました。自分の味方をしてくれる人達がいたら、何でもできます。ありがとう。感謝しています。

サージ。元隣人。まで英語が話せないけれど、それでも何を言っているか分かります。僕達の人間関係は、間違いなく兄弟関係です。練習では、正面きって対決しても、ロッカールームに戻ったら直ぐに、ハグしています。僕達は、次のゲームで、どうやったら良くなるかを話していて、ラッセル(ウェストブルック)が欠場していた時に、僕とチームのために、ステップアップしてくれて、僕を実際よりも良く見せてくれました。僕達が沢山ミスをしていのに、後始末をしてくれました。それを感謝しています。僕が自信を失っている時に、自信を持てるようにしてくれて、ありがとう。話したい時は、いつも相手になってくれました。いつも議論をして、そのお陰で、僕は向上して、僕が常に正しのではないと、気がつきました。ありがとう。感謝しています。

若手のことを、忘れるわけには行きません。ゲーム5の後に、グループ・テキストメッセージを送ったのに、若手を入れるのを忘れていました。ジェレミー(ラム)、ペリー(ジョーンズ)、アンドレ(ロバーソン)、スティーブン(アダムス)、レジー(ジャクソン)、グラント(ジェレット)。皆は気がついていないけれど、お陰で、僕はずっとよくプレーできます。皆に、お手本を見せないといけないと、分かっているからです。上手くいかなくて機嫌が悪い日には、言ってはいけないことを言うこともあります。余計にプッシュされないといけない時に、皆がいます。それを感謝します。僕は、常に最高のリーダーではないし、最高のプレーヤーではないし、最高にシュートが決められるのではないですが、ゲーム前にする握手のお陰で、やって行かれます。

アンドレ。今までのチームメイトの中で、一番気に入っているチームメイトです。ありがとう。明るい性格のお陰で、笑うことができます。

ペリー。ジェレミー。僕を尊敬してくれているのが分かるので、助けたいと思います。個別に呼んで、指導をしたくなります。お陰で、僕も向上します。

レジー。最初に会った時は、誰だか知りませんでしたが、直ぐに意気投合して、親友の1人になりました。

(約10秒、音が飛ぶので、その間何を言っているのか分かりませんが、ウェストブルックが映ります。)

僕と同じことをしたいのが、分かっています。愛しています。プレーヤーとして、大勢の人から、不当な批判をされますが、僕が真っ先に弁護します。自分自身でいてください。このチームで、みんなに愛されています。僕も愛しています。




最後に、お母さん。自分が何をしたか、気がついていないと思います。18歳の時に兄を生んで、3年後に僕が生まれました。僕達が生き残れる見込みは少なかったです。2人の息子持ちの、21歳の片親でした。どこに行っても、誰からも、ここにはいるなと言われて、僕達だけで、アパートを転々としました。一番良い思い出の1つは、最初のアパートに引っ越した時に、ベッドも家具もなくて、リビングルームで一緒に座って、抱き合ったことです。僕達は、生き残れたと思ったからです。良い事が起こりました。お母さん達は、どう思っているか分かりませんが、僕はそのお陰で今があると思います。夏に、夜中に僕を起こして、丘を走らせたり、腕立て伏せをさせたり、8歳か9歳の時に、ゲーム中に、サイドラインから叫んだり。こんなはずではないと、お母さんのお陰で信じました。僕達が悪い道に走らない様にして、服を着せて、食べさせて、自分が食べなくても、僕達に食べさせて、お腹が空いたまま寝て、僕達のために、犠牲を払ってくれました。お母さんが、本当のMVPです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

スポンサーサイト
2014/05/07 17:18  Teams Thunder | CM(-)

[祝] 旧「ホーネッツと共に」が一新して復活!!

私のブログのリンクにもあった、ニューオリンズ・ホーネッツの応援ブログ、「ホーネッツと共に」が、削除されてしまっていて、残念に思っていらした方も多いと思いますが、数日前に、名前を 「ニューオリンズと共に」と変えて、新たなブログを、再開されました。

私は、時間がないのと、他チームのことには、興味がないので、人様のブログを殆ど見ません。そこで、「ホーネッツと共に」が、何時頃削除されてしまったのか、全く見当もつかないのですが、2週間程前、ふとアンソニー・デイビスが気になって、リンクをクリックしたら、「指定したページまたはファイルは存在しません。」というメッセージが出てしまいました。最初は、インターネットの接続の問題だと思っていたのですが、何度クリックしても、同じ画面がでてきてしまいました。そこで、ブログの会社を変えて、所謂「引越し」をされたのかと思い、ブログランキングを探しましたが、見付かりませんでした。

ブログの更新を止められる方はいらしても、ブログを削除してしまうことは、あまりないと思うので、何かあったのかと、心配していました。突然の御病気や御怪我、最悪亡くなられたなんてことがあったのなら、逆に、削除できないので、そこまで重大なことがあったとは、思いませんでしたが。

前述した通り、私は、人様のブログは、殆ど見ないのですが、「ホーネッツと共に」は、「永遠レイカー」と言われる、トレーバー・アリーザが、移籍した直後から、頻繁に、拝見していました。長くされていて、いつも丁寧に記事を書かれているのに、なくなってしまって、とても残念でした。それが、昨日、ブログランキングの、新着記事の一覧を見ていたら、一番上に、「ニューオリンズと共に」とうブログの記事がありました。同じチームのブログを、似た様なブログ名で始めるなんてと思って、少しむっとしたのと同時に、ひょとして、復活ではと、期待を込めて、クリックしてみたら、御本人でした。

お名前も、iris_hornetさんから、crescent5さんに、改名されています。ニューオリンズの町のニックネームが、「Crescent City」(三日月の町)なので、そこから、取られたのだと思います。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/10/24 08:19  Teams Hornets | コメント(7)

ダーク・ノビツキーが6週間欠場へ

ダラスの、ノビツキーが、本日、右膝の関節鏡手術を受け、6週間、欠場することになりました。復帰は、早くても、12月上旬になり、レイカーズとの、開幕戦は、間違いなく、欠場になります。

ノビツキーは、キャンプに入り、右膝に水が溜まり、水を抜く治療を、2回受けていました。プリシーズンゲームは、この3ゲームを欠場していて、手術をしないで、直す方向で進めていましたが、水を抜いても、数日後には、戻ってしまうので、手術に踏み切りました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/10/20 07:40  Teams Mavericks | コメント(3)

ケビン・ラブが6-8週間欠場へ

ミネソタのPF、ケビン・ラブが、本日、練習中に、右手を骨折しました。復帰には、6-8週間かかる予定です。ラブは、本日のチーム練習前の個人トレイニング中に、右手を2箇所骨折しました。

ミネソタは、昨シーズン中に、前十字靭帯を断裂した、スターティングPG、リッキー・ルビオも、、開幕から、少なくても6週間は、欠場の見込みです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/10/18 07:53  Teams Timberwolves | コメント(4)

[速報] デリク・ローズ前十字帯断裂でシーズン終了

ローズは、本日、対フィラデルフィアとのプレーオフ一回戦、ゲーム1、終盤残り1:22、ペイントにドライブして、ジャンプをした際、左膝が内側に入り、床に倒れこみました。ゲーム後直ちに、MRI検査を受けた結果、ACL(前十字帯)の断裂であることが分かりました。



ローズが怪我をした、ゲーム終盤残り1:22の時点で、シカゴが12点リードしていて、既に勝利が決まっていたのに、HCティバドーが、何故、ローズをプレーさせ続けていたのかと、シカゴのファンやメディアから、批判されています。

シカゴのゲームの後に行われた、ニューヨーク対マイアミのテレビ中継の、ハーフタイムの番組を担当している、マジック・ジョンソンは、批判について、「ローズは、今シーズ、怪我が続いていたのが、今回の怪我の原因だ。今日怪我をしなくても、いつか怪我をしたはずだ。」と言っていました。

ローズは、今シーズン序盤に、背中の痛めて欠場し、復帰後直ぐに、太ももの内側を痛めて欠場し、復帰戦で、足首を捻って又欠場と、欠場を繰り返し、39ゲームの出場に留まっていました。シーズン終盤、一度は復帰しましたが、最後の6ゲーム中、最終戦を含む4ゲームに、大事をとって欠場し、ポストシーズンに、備えていました。

これで、今シーズンのプレーオフ出場は絶望の上、オリンピックの出場も不可能となりました。前十字帯の断裂は、通常、復帰までに、10ヶ月前後かかるため、来シーズンの開幕にも、間に合いません。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/29 08:16  Teams Bulls | コメント(20)

[速報] ドワイト・ハワード、シーズン後FAの権利を放棄、オーランドに残留

オーランドのドワイト・ハワードの契約は、来シーズンが、プレーヤー・オプションですが、シーズン後に、フリー・エージェント(FA)になる権利を放棄する書類にサインをし、来シーズンは、オーランドに残留することが、決定しました。

ハワードは、一昨日、火曜日のマイアミ戦勝利後、シーズン終了まで、オーランドに残留し、シーズン後にフリーエージェントになりたい旨、自身の希望を、発表しました。それに対し、オーランド球団は、契約延長にサインをするか、シーズン後にFAになる権利を放棄し、来シーズンのプレーヤー・オプションを行使し、残留するか、どちらかをハワードがしない場合、期限前にトレードする旨、発表していました。

ハワードは、今シーズン前から、トレードを希望していて、第一希望は、ニュージャージーと言われていました。他の、希望球団は、当初、ダラスとレイカーズだったのが、シカゴとクリッパーズも加わり、残留はないものと、思われていました。

ハワードが、残留する決心をした理由については、本人が、権利放棄の書類にサイン後、まだ、公に発言していませんが、オーランドが、現在、イースタンの3位に付けていて、今シーズンの優勝の可能性もあるのに対し、移籍先第一希望のニュージャージーは、昨日のゲーム終了時で、15勝29敗で、イースタンの12位につけていて、今シーズンは、ハワードがこれから移籍しても、優勝の可能性は皆無に等しいのは勿論、プレーオフ進出も危ないからだからではと言われています。

又、ハワードが、オーランド残留が決定したことにより、ハワードの移籍先第一希望と見られていたニュージャージーから、シーズン後にFAになる、デロン・ウィリアムの移籍の可能性が、高くなったと見られています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/03/16 01:54  Teams Magic | コメント(15)

ジェフ・グリーン今シーズン絶望

ジェフ・グリーンは、ボストンと、1年/9万ドルで契約合意に至った後、健康診断で、大動脈瘤があることが分かりました。グリーンは、来月、クリーブランド・クリニックで手術を受ける予定で、今シーズン中の復帰は、絶望となりました。

「大動脈瘤」と言われても、特に、若い方には、何のことだか分からないと思うので、日本語のウィキピヂアを見てみましたが、「大動脈の血管が拡張ないし血管壁が解離する疾患」としかありませんでした。

これは、飲酒、、喫煙、高血圧、高コレステロール等で、症状が加速することはありますが、元々は、先天性のことが原因です。日本でも、くも膜下出血は、ある程度知られていますが、同じ様に、大動脈の一部が、生まれつき薄く、その部分が、徐々に膨らんで、小さい風船の様になります。それが更に膨らんで行くと、圧力に耐えられなくなり、破裂し、体内で、大量出血し、外科的処置がないと、数十分以内に、死亡します。又、症状が起こった時に、心臓発作と誤解されて、相応な措置が遅れることもあり、非常に危険です。

大動脈瘤の手術は、長時間かかり、術後、回復に時間がかかるのと、合併症の危険性があります。但し、グリーンは、25歳と若いのと、これ以外は、健康なので、順調な回復が見込まれます。

ロックアウト突入と終結が、グリーンの命を救った可能性があります。グリーンは、昨シーズン中に、オクラホマシティーから、ボストンにトレードされ、その際に、健康診断を受けています。その時点では、症状が、発見できる程度には、進んでいなかったことが明らかです。ロックアウトがなければ、夏の間に健康診断を受けていたはずで、その時点で発見されていた可能性もありますが、まだ発見できる程度まで、症状が進んでいなかった可能性もあります。又、もしロックアウトが終了していなければ、発見されないまま、自身で激しいトレーニングを行って、突然死の可能性もありました。

手術を行えば、同じ箇所からの再発の確率は、極めて低いです。合併症がなく、順調に回復すれば、来シーズンには、復帰できる見込みです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/12/18 08:23  Teams Celtics | コメント(3)

ドワイトが日本に!

私より先に、皆さんご存知だと思いますが、ドワイトが日本に行っている様ですね。夜のニュースを見ていたら、ダンクをするビデオが出てきたので、ビデオを探してみました。子供達と楽しそうに、プレーしているビデオと、ダンクのビデオです。





プレーヤーとして凄いのは勿論ですが、エンターテイナーとして、ファンの楽しませ方も知っていて、その面では、シャック引退後のNBAに、右に出る人がいないのでは?やっぱり、こういう人にレイカーズに来てもらって、コービー後のフランチャイズ・プレーヤーになって欲しいです。

ところで、ニュースで見た後、当然日本のサイトにも記事があるだろうと思って、Yahooスポーツを見ていたら、ありました。その中で、「ハイタッチ」という気持ちの悪い言葉が出てきました。最近、ロックアウトのお陰で、NBA関連のニュースもなく、暇なので、日本の英語に関するブログを見て周って、気に入ったブログのコメント欄荒らしをしているのですが、そういったブログの一つで、この言葉を学んだばかりです。知ってはいたものの、実際に使われているのを見て、たまげました。

英語に関するブログは沢山あるのですが、役に立ちそうなブログは、なかなかみつかりません。それ所か、間違った表現を載せているブログもあります。そんな中で、この私がコメント欄荒らしをしているブログの一つ「You Too Can Write Diaries in English!」は、単に表現を教えてくれるだけでなく、用法や、文法の説明もあって、生きた英語を身につけたいという方にお勧めです。

「ハイタッチ」についても、このブログの記事「日本人が使うとカッコいいかもしれない言葉」で知りました。私は、逆に、最近の日本語が分からないので、このブログで学んでいます。

英会話を勉強されている方、されたい方には、必見です。質問があれば、コメントで尋ねたら、丁寧に教えてくれます。是非一度、お立ち寄り下さい。尚、ブログランキングに参加している様なので、お立ち寄りの際には、「英語の日記」のバナーをクリックして上げてください。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/09/01 16:47  Teams Magic | コメント(8)

ケビン・デュラント映画界に進出

オクラホマシティーのケビン・デュラントが、ロックアウト中のお小遣い稼ぎに、映画に出演すると噂になっています。

デュラントが出演予定の映画は、ワーナー・ブラザース製作で、バスケットボールの映画ではないですが、バスケットボールが、脇筋になっていて、オクラホマシティー又はバトン・ルージュ(ルイジアナ州)で撮影される予定です。映画の題名や、主演俳優の名前等の情報は、一切明らかになっていません。撮影は、9月中旬に始まるとのことです。

デュラントは、先日、海外でプレーするかどうかについて、又、プレーするならどこでプレーするかについては、10月1日以降に決めると発言しています。それには、この映画出演が関係しているのかもしれません。

プロ・チーム・スポーツにフランチャイズ制度が徹底していて、ファンの圧倒的多数が地元住民のアメリカでは、オクラホマシティーの様な、小都市のチームのプレーヤーが、例え成績はトップクラスでも、芸能界進出をするのは、極めて稀です。

デュラントは、昨シーズンのオールスター・ファン投票で、ウェストでは、トップのコービーに告ぐ得票数でした。このことから見て、全国的な人気があるのは明らかです。又、プロ・アスリートの中には、暴力事件、武器の所持、飲酒やドラッグ絡みの不祥事を起こす人も多いですが、間違ったことを言ったりやったりすることができない「優等生」として知られているデュラントなら、その心配もないことから、芸能界側も、申し出がしやすいです。

小都市のチームから、大都市のチームへの、スタープレーヤーの流出は、以前からありましたが、昨オフの、レブロン(クリーブランド→マイアミ)、ボッシュ(トロント→マイアミ)、アマレ(フィニックス→ニューヨーク)、ブーザー(ユタ→シカゴ)の移籍や、昨シーズン中のメロ(デンバー→ニューヨーク)のトレードに見られるよう、ここ数年、更に、その傾向が強まっています。大都市に移籍するプレーヤーは、「優勝する可能性があるチームに移籍したい。」というのが、表向きの理由で、事実それもあるのですが、大都市のチームに移籍すると、テレビ出演やコマーシャル契約が増えて、副収入が増えるというのも、大きな理由の一つです。

NBAは、現在ロックアウト中ですが、オーナー側の要求で、一番大きなものが、ハードキャップ制度の導入です。これは、小都市のチームのオーナーが強く押しているもので、サラリーの総額を下げて、利益を上げるのも目的ですが、同時に、1チームが、複数のスター・プレーヤーと契約することを不可能とし、スターの小都市チームからの流出を防ぐのも目的です。

デュラントの様に、小都市の中でも、更に小都市のオクラホマシティーでプレーしていても、成績が良く、私生活でトラブルを起こさなかったら、全国的なスターになり、副収入も増えるという前例ができることで、現在小都市チームに在籍しているスター・プレーヤーが、移籍より残留を選ぶ、原動力になる可能性もあります。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/08/22 16:32  Teams Thunder | コメント(0)

K.デュラントもトルコへ!?

オクラホマシティーの、ケビン・デュラントが、デロン・ウィリアムと契約し、コービーと交渉中の、トルコのプロリーグチーム、ベシクタスと、契約に向けて、交渉中です。

交渉は、まだ初期の段階で、デュラントは、同時に、スペインとロシアのチームも、検討中です。中国のチームは、希望外だそうです。

デュラントのエージェント、アーロン・グッドウィンは、ESPNとのインタビューに応え、「トルコは、とても興味がある。同時に、他の国も、探している。一番よく合う所を探している。」と言っています。

ベシクタスは、現在もコービーと交渉中で、コービーから断られた時点で、全面的にデュラントに切り替える予定の様です。

尚、シカゴのカルロス・ブーザーも、海外の球団と契約する意思があることを表明しました。希望の国や、既に交渉を開始しているかについては、明言を避けています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/08/11 17:18  Teams Thunder | コメント(2)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。