I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ケビン・ウェアが脚が折れた瞬間に思ったことトップ10

アメリカでは、大学のバスケットボールのトーナメント中で、今週末には準決勝と決勝が行われます。準決勝に進出するのは、各地区の優勝チームですが、その地区優勝戦のルイビル対デューク戦で、ルイビルのプレーヤー、ケビン・ウェアが、ディフェンスでブロックに行って、着地した際に、右の脛を骨折しました。折れた骨が、脛の皮膚を破って飛び出す、酷い骨折でした。

チームメイトの中には、泣いている人もいて、HCのリック・ピティーノも泣いていました。その中で、怪我をした本人は、「僕は大丈夫だから、ゲームに勝て。」と何回も繰り返したそうです。ルイビルは、そのゲームに勝って、準決勝に進出しました。ウェアは手術を受けて、既退院して松葉杖を使って歩いています。

本人の話しだと、ジャンプした瞬間おかしかったそうです。お母さんはインタビューに応えて、「同じ骨折するにも、派手にしないとけない。ケビンらしい。」と言っていました。

そのウェアが、昨夜の「Late Night Show」というトークショーに出演しました。この番組は、デイビッド・レターマンというコメディアンが司会をしていて、月曜日から金曜日の午後11時35分から放送されています。最初の約20分がコメディー、その後はゲストが出演する、トークショーの部分になります。このコメディーの部分で、毎晩「トップ10リスト」というのがあります。何かについてのトップ10で、昨夜は、「ケビン・ウェアが骨折した瞬間に思ったことトップ10」でした。ニューヨークで収録されてる番組なので、ウェアは、スタジオ出演はしませんでしたが、アトランタから衛星中継で出演し、そのトップ10リストを読み上げました。その前に、短いインタビューもあります。




D=デイビッド・レターマン
K=ケビン・ウェア

D:カテゴリーは、「ケビン・ウェアがこの瞬間思ったこと」です。(ウェアが床に倒れているビデオに行って)憶えていますか?あ~、酷い。脛骨が折れた。始めます。今夜は、「ケビン・ウェアがこの瞬間思ったこと」のリストです。皆さん、ファイナル4の対戦が行われる、ジョージア州アトランタから、ルイビル大学カージナルス、ケビン・ウェアです。ケビン、聞こえますか?こんにちは。

K:こんにちは。

D:今回のことは、酷い悲劇から、ちょっとした奇跡になりましたね。

K:そんな感じです。

D:コートから運び出されて、ゲーム中で、みんなが見ていて、カージナルスは、ブルー・デビルズ(デューク)に勝ちましたが、インディアナポリスの、メソジスト病院に運ばれて、それからどうなりました。

K:病院に着いて、最初に思ったことは、お母さんに連絡を取らないといけないということでした。僕のお母さんは、全然大したことでなくても、凄く心配します。僕の足の爪が割れたというだけでも、真っ先にやって来ます。脚を骨折したら、お母さんは凄く心配していると思いました。だから、電話をして、お母さんが大丈夫かどうかを確認しました。憶えている、お母さんが言った最後のことは、チームメイトが頑張っているから、怪我のことだけ心配しろということでした。

D:お母さんは、小さいことでも凄く心配するとのことですが・・・・脛の骨が折れて、皮膚から飛び出していましたよね。

K:そうです。僕が知っている限りでは。ビデオは見ていないし、これからも見る気は無いですが。

D:手術は何時間かかりましたか?

K:2時間くらいだったと思います。目が覚めて、僕の彼女に「手術を受けないと」と言ったら、彼女が「もう手術は済んだでしょう。何言っているの。」と言われました。

D:彼女を手術室に入れてくれるなんて、良いですね。

K:そうですね。

D:今は、どんな感じですか?又、長期的な回復の見込みはどうですか?

K:順調です。これ以上良いということは無いくらい良いと言われました。骨は治り始めていて、8週間から12週間かかるそうです。来シーズンには間に合うと良いです。

D:とういうととは、来シーズンはプレーできると思いますか?

K:はい、プレーしようと思ったら、今でもできます。次の日に目が覚めてから、松葉杖を使って、歩き回っています。僕は、自分のことは自分でやるタイプです。みんな、僕を着替えさせたり、洗ったり、色々したがるので、いらいらします。

D:今の最後の部分は、聞かなかったことにします。これは、訊く奴が訊く奴なので、馬鹿な質問ですが、痛みは、クレイジーで、信じられない程でしたか?

K:そうでは無かったです。正直言って、痛みよりも、見た時がショックでした。映画「テキサス・チェーンソー」に出てくるシーンみたいでした。コーチの表情で、酷いのが分かりました。

D:お母さんは、些細なことで心配するというのに、「テキサス・デェーンソー」ですか。それでは、ケビン。神の御加護がありますように。出演してくれて嬉しいです。来シーズンプレーできそうで、良かったです。色々とありがとうございます。さて、カテゴリーは、「ケビン・ウェアが脚が折れた瞬間に思ったこと」です。さあ、始めます。ナンバー10。

K:何かが折れる大きい音がしたけれど、何だ?

D:ナンバー9

K:あざにならないと良いけれど。

D:ナンバー8

K:おい、見ろ。脛の骨だ。

D:ナンバー7

K:痛てえ

D:ナンバー6

K:中に戻った?

D:ナンバー5

K:あぁ、嫌だな。病院の食事か。

D:ナンバー4

K:テーピングして下さい、コーチ。プレーします。

D:ナンバー3

K:レノがクビになったって?(注1)

D:ナンバー2

K:暖めてから冷やすのか、冷やしてから暖めるのか?

D:そして「ケビン・ウェアが脚が折れた瞬間に思ったこと」ナンバー1は

K:少なくても、僕のブラケットは壊れていない。(注2)


注1:レノは、この番組と同じ時間に、他のチャンネルで、同じ様なトークショーをやっている、ジェイ・レノのことです。説明すると長くなるので、簡単に済ませますが、レターマンとは、以前に同じ番組の前任者が辞めた後、どちらが引き継ぐかで揉めたり、仲が悪いです。レノは、最近、来年の初めに番組を止めて、今はその後の番組を担当してる若いコメディアンが、その番組を引き継ぐと発表されたばかりです。この「ナンバー3」のジョークの面白さは、説明させても、知らないと面白くないと思います。

注2:ブラケットは、トーナメント表の、一角のことを言います。アメリカのスポーツファンは勿論、普段はスポーツに興味がない人の間でも、自分の出身校が出場していると、トーナメントが始まる前に、どこが勝ち進むか、予想をすることが人気です。「ブラケトロジー」(ブラケット学)という、造語まであります。職場の仲間や友人同士で集まってやって、一定の金額を出して、一番当たった人が、その金額を貰う賭けまであります。各ブラケットのトップに進むと予想した大学が、始めの方で負けてしまうと、他の予想がどれ程合っていても、そのブラケットから勝ち上がる大学が間違っているので、「ブラケットが壊れた」という言い方をします。

0405.jpg

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



スポンサーサイト
2013/04/06 09:33  番外編 NCAA | コメント(3)

[NCAA] NBAの家族プレーヤー

引き続き、NCAAの話題を。

今年は、例年になく、NBA関係者の息子又は弟プレヤーが、多い様な気がします。結果のニュースを見ていると、「○○の息子(弟)のXXが・・・」と、NBAファンなら誰でも知っている、名前が聞かれることが、頻繁にありました。そこで、有名NBA関係者の家族を、まとめてみました。

まずは、父子から。

オウスティン・ホリンズ(左/ミネソタ/1年/ガード)は、メンフィスのヘッドコーチ、ライオネル・ホリンズ(右/アリゾナ・ステート出身)の息子です。ミネソタは、トーナメントに出場できませんでした。ミネソタのチームメイト、ラルフ・サンプソン三世も、元NBAプレーヤー、ラルフ・サンプソンの息子です。

Hollins FS


ジェレマイア・リバース(左/インディアナ/4年/ガード)は、ボストンのヘッドコーチ、ドク・リバース(右/マーケット出身)の息子です。インディアナは、トーナメントに出場できませんでした。

Rivers FS


デイビッド・ストックトン(左/ゴンザガ/1年/ガード)と、ユタでプレーした殿堂入り名PGジョン・ストックトン(右/ゴンザガ出身)の息子です。ここは、父子で同じ大学です。

Stockton FS


共にセントラル・フロリダの、ジェフ(左/4年/ガード)とマーカス(右/2年/ガード)のジョーダン兄弟。父親は、明記の必要がない神様です。

J.M. Jordan


父子と兄弟が混じりますが、

ミシガンの、ジョン・ホーフォード(左/1年/フォワード)、ティム・ハーダウェイ・Jr.(中央/1年/ガード)、ジョーダン・デュマス(右/2年/ガード)は、それぞれ、

Horford, Hardaway, Dumas


アトランタのアル・ホーフォード(左/フロリダ出身)の弟、主にゴールデンステートとマイアミでプレーした元NBAプレーヤー、ティム・ハーダウェイ(中央/テキサス大エルパソ校出身)の息子、デトロイトのGMジョー・デュマス(右/マクニィーズ・ステート出身)の息子です。

Horford, Hardaway, Dumas Sr.


そして兄弟です。

セス・カーリー(左/デューク/2年/ガード)は、ゴールデンステートのステファン・カーリー(右/デイビッドソン出身)の弟です。2人の父親も、元NBAでシューターとして知られた、デル・カーリーです。

Curry Bros


ベン・ハンズブロウ(左/ノートルデイム/4年/ガード)は、インディアナのタイラー・ハンズブロウ(右/ノースカロライナ出身)の弟です。

Hansbrough Bros


クリス・スミス(左/ルイビル/3年/ガード)は、デンバーのJ.R.スミス(右/高卒)の弟です。

Smith Bros


番外編

アイゼア・トーマス(ワシントン/2年/ガード)



「この」アイゼア・トーマスは、「あの」アイゼア・トーマスとは、血縁関係にありません。但し、両親が命名した由来は、「あの」アイゼア・トーマスだそうです。


Ranking 1

2011/03/18 16:26  番外編 NCAA | コメント(6)

[NCAA] 3月の狂気

3日間、レイカーズのゲームがないので、専門外ですが、NCAAのバスケットボールの話題を。同じバスケットボールでも、NBAとカレッジでは、全く違うので、私がNCAAの記事を書くのは、八百屋が魚を売っている様なものです。そこで、大まかな内容で、詳細な記事ではないので、予めご了承下さい。

明日、3月17日から、64チームが出揃っての、トーナメントが開始します。トーナメントは、3月に行われるので、March Madness(3月の狂気)と呼ばれています。

トーナメントが進み、16チームに絞られると「スウィート16」、それに勝った8チームは「エリート8」、次の4チームは「ファイナル4」と呼ばれ、最後の2チームがファイナルに進出します。

トーナメント表は、ブラケットと呼ばれます。ブラケット(bracket)というのは、枠で囲われた一定の部分とでも言うのでしょうか。bracketology(ブラケトロジー=ブラケット学)とか、bracketologist(ブラケトロジスト=ブラケット学者)といった造語もあります。アメリカ人でも、大学バスケに興味がなければ、こんな言葉は知りません。ブラケトロジーとは、ブラケット予想、つまり組み合わせごとに、勝敗の予想をすることですことで、ブラケトロジストは、その予想をする専門家、つまりスポーツ記者や評論家のことです。

一般のファンも、このブラケトロジーに精通している人が大勢います。当たる率を競って、賭けをする人たちもいます。

オバマ大統領は、バスケットボールファンで知られていますが、大統領に就任してからの過去2年、この予想をしていて、多くのプロ・ブラケトロジストより、良い確率で当てています。今年は、デューク、カンザス、オハイオ・ステート、ピッツバーグをファイナル4に、カンザス、オハイオ・ステートをファイナル進出選んでいて、優勝はカンザスを選んでいます。

今年は、際立ったスタープレーヤーが少なく、近年では最低とも言われていますが、それでも何人か、注目プレーヤーがるので、ご紹介します。

ジャレッド・サリンジャー(オハイオ・ステート)
Jared Sullinger

学年:1年
ポジション:フォワード
身長:6-9(206センチ)

今シーズン成績
得点:17.2
リバウンド:10.1
FG%:53.6%
3P%:25.0%

シーズン終盤は、少し息切れしましたが、前半は、サリンジャーがスターでした。ビッグ゙10トーナメントMVPと新人賞を獲得しました。


ジマー・フレデット(ブリガムヤング)
Jimmer F.

学年:4年
ポジション:ガード
身長:6-2(188センチ)

今シーズン成績
得点:28.5
アシスト:4.2
FG%:45.6%
3P%:40.4%

今シーズン、NCAAディビジョン1の、得点リーダーです。シーズン後半は、ジマー一色でした。普通はアマチュアが良くプレーすると、プロのプレーヤーにたとえられることがありますが、デリク・ローズが、高得点だった時に、「ローズがジマーした。」と、スポーツニュースで言う程でした。


ノーラン・スミス(デューク)
Nolan Smith

学年:4年
ポジション:ガード
身長:6-2(188センチ)

今シーズン成績
得点:21.3
アシスト:5.2
FG%:46。1%
3P%:35.1%

父親は、80年代にジャーニーマンとして9シーズンNBAでプレーした、故デレク・スミス。スターティングPGのカイリー・アービングが、足の指の怪我で戦列を離れた後、チームを引っ張りました。


ジャジュアン・ジョンソン(パデュー)
JaJuan Johnson

学年:4年
ポジション:フォワードーセンター
身長:6-10(208センチ)

今シーズン成績
得点:20.5
リバウンド:8.2
ブロック:2.3
FG%:49.6%

ビッグ10最優秀選手賞と、最優秀ディフェンシブ選手賞を獲得。昨シーズン後に、NBAドラフトにエントリーすることを発表したが、2巡目になることが予想されたため、撤回しました。歴代通算記録で、1,800得点、800リバウンド、250ブロック以上を記録している、唯一のプレーヤーです。


デリク・ウィリアムス(アリゾナ)
Derrick Williams

学年:2年
ポジション:フォワード
身長:6-8(203センチ)

今シーズン成績
得点:19.1
リバウンド:8.1
FG%:61.5%
3P%:60.3%

1年生だった昨シーズンは、パック10の新人賞を獲得しました。今年、ドラフトにエントリーしたら、1巡目は間違いないと言われています。


Ranking 1

2011/03/17 14:09  番外編 NCAA | コメント(6)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。