I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

!!祝!!ドワイト・ハワードのトレード成立!!!

「早ければ、明日にも成立」と言っていたのに、今日、成立してしまいました。内容は下記です。

レイカーズ
アンドリュー・バイナム=>フィラデルフィア
ドワイト・ハワード<=オーランド
ドラフト一巡目指名権=>オーランド

オーランド
ドワイト・ハワード=>レイカーズ
アル・ハリントン<=デンバー
アーロン・アフラロ<=デンバー
ニコラ・ビューセビッチ<=
モー・ハークレス<=フィラデルフィア
ドラフト一巡目指名権3件<=レイカーズ、フィラデルフィア、デンバー


フィラデルフィア
アンドレ・イゴダラ=>デンバー
モー・ハークレス=>オーランド
アンドリュー・バイナム<=レイカーズ
ジェイソン・リチャードソン<=オーランド
ドラフト一巡目指名権=>オーランド


デンバー
アーロン・アフラロ=>オーランド
アル・ハリントン=>オーランド
アンドレ・イゴダラ<=フィラデルフィア
ドラフト一巡目指名権=>オーランド


レイカーズとしては、事実上、バイナムとハワードの1対1のトレードなので、大成功です。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



スポンサーサイト

ドワイト・ハワードが遂にトレードへ?

今日になって、突然、ハワードのトレードの、全く新しい、噂が出てきています。しかも、早ければ、明日にも、成立するという説もあります。下記が、噂の内容です。

レイカーズ=>フィラデルフィア
アンドリュー・バイナム

レイカーズ=>オーランド
パオ・ガソル(パオは動かないという説もあります。)

オーランド=>レイカーズ
ドワイト・ハワード

フィラデルフィア=>デンバー
アンドレ・イゴダラ

デンバー=>オーランド
アーロン・アフラロ

デンバー=>レイカーズ
アル・ハリントン

フィラデルフィア=>オーランド
ドラフトピック

デンバー=>オーランド
ドラフトピック


この他にも、サラリー額合わせで、数名が含まれるのは、間違いないです。ドワイトメアーは、終わりを迎えるでしょうか?

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



レイカーズがデロンテ・ウェストに興味

==更新==

ウェストは、ダラスと、再契約で合意しました。明日にも、サインする予定です。

==更新==


レイカーズが、ダラスからフリーエージェントになった、ガードのデロンテ・ウェストに興味があると、報じられています。ウェストは、昨シーズンは、ダラスと1年/118万ドル(ミニマム)の契約でした。

レイカーズは、GMミッチ・カプチェクが、FAとの契約について、ミニ・ミッドレベルは使わずに、ミニマムだけの契約にする旨、明言していますが、昨シーズンもミニマムだったウェストなら、ミニマムでの契約も、充分可能です。

ウェストは、昨シーズン、44ゲームに出場し、平均、24.1分のプレーで、9.6得点、3.2アシスト、シュートの確率が46.1%、3ポイントが35.5%でした。身長は、6-3(約190センチ)で、コンボガードとして、PG、SGどちらでもプレーできます。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

ドワイト・ハワード新たな3チームドレードが浮上

クリーブランドが割り込んできました。新しい情報によると、大枠では、ハワードがレイカーズへ、バイナムがクリーブランドへ、クリーブランドからオーランドへ、将来のドラフト指名権と、若手プレーヤーが数名です。

オーランドにトレードの場合は、契約延長のサインを拒否する意思表示をしていたバイナムは、このトレードが成立した場合、クリーブランドとの契約延長にサイン意思がある様です。

オーランドは、引き続き、ヒューストンとも交渉中ですが、かなり隔たりがある様です。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

[速報] ヒューストンがルイス・スコラをアムネスティーへ

===更新==

オーランドのメディアによると、オーランドの第一希望はバイナムで、バックアッププランがヒューストンとのトレードで、不良債権を処分することです。ヒューストンのメディアによると、ヒューストンの第一希望は、ハワードですが、ハワードが残留する可能性がない場合のバックアッププランがバイナムです。

レイカーズの第一希望は、ハーワードなので、レイカーズとオーランドの第一希望が合うのですが、問題は、バイナムが、オーランドにトレードされた場合、契約延長にサインしないことです。

オーランドは、現在、HCがいませんが、候補の1人が、元レイカーズのACで、昨シーズンは、インディアナのACだった、ブライアン・ショーです。オーランドは、ショーをHCに採用した場合、バイナムが契約延長で合意する可能性があるかどうかを、考慮に入れている様です。

==更新==


ヒューストンが、スコラをアムネスティーにする予定のようです。但し、報道するメディアによって、決定という所と、未定という所があり、不確定な情報です。実際に、ヒューストンが、スコラスをアムネスティーにするとしても、手続きをするのは、明日になります。コラは、3年、約3000万ドルの契約が残っています。残りの契約年数は長め、サラリー額は大目ですが、それにしても、スコラは、アムネスティーにするには、良すぎるプレーヤーです。そこで、既に、大型トレードで合意していて、キャップスペースを空けるのが目的だと見られています。

スコラをアムネスティーにしてまで、キャップスペースを空ける大型トレードは、オーランドのドワイト・ハワード絡み以外では、考えられないので、ハワードの他に、オーランドが放出しようとしている、ジェイソン・リチャードソンと、ヒドー・ターコルーを含めたトレードで、既に合意に至っているはずです。

これで、ハワードのトレードに、ヒューストンが絡んでいるのは、ほぼ間違いないですが、レイカーズとの、3球団トレードか、ヒューストンとオーランドの2球団間のトレードで、ハワードが、ヒューストンに移籍するかどうかは、まだ分かりません。ヒューストンのローカルメディアは、ハワードがヒューストンに残留する可能性は、全く無いのに対して、レイカーズのバイナムは、残留の可能性が高いと予測しています。地元ファンのコメントを見ても、ハワードよりバイナムを希望する人が多いです。

バイナムが、ヒューストンに残留する可能性が高いと思われている根拠は、バイナムが来シーズンの契約終了後、ダラス又はヒューストンに移籍希望だと、噂になっていることと、Yahooスポーツの記者、エイドリアン・ウォジナロウスキーが、バイナムがFAで移籍するなら、キャップスペースがあるのは、ダラス、ヒューストン、クリーブランドしかないとツイートしたのを、バイナムの移籍希望先が、この3球団と勘違いされて、広く報道されたことです。但し、これは、あくまで、メディアとファンの予測なので、ヒューストン球団が、同じ見方をしているという保証はありません。

明日、スコラをアムネスティーにする手続きを、ヒューストンが行えば、その直後には、ハワードのトレードが実現すると見られています。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



ドワイト・ハワードのブルックリンへのトレードが白紙に / レイカーズが再浮上!

オーランド、ブルックリン、クリーブランド、クリッパーズによる、4チームトレードが、白紙に戻りました。まず、4チームトレードの中身からです。合計13名が動くはずでした。

オーランド=>ブルックリン
ドワイト・ハワード
ジェイソン・リチャードソン
クリス・デューホン
アール・クラーク

ブルックリン=>オーランド
ブルック・ロペス(サイン&トレード)
シェリデン・ウィリアムス(サイン&トレード)
ダミオン・ジェイムス(サイン&トレード)
アーモン・ジョンソン(サイン&トレード)
ドラフト一巡目指名権2件

クリーブランド=>オーランド
ルーク・ウォルトン

クリッパーズ=>オーランド
ドラフト一巡目指名権1件

オーランド=>クリーブランド
クエンティン・リチャードソン

ブルックリン=>クリーブランド
クリス・ハンフリーズ(サイン&トレード)
サンディアタ・ゲインズ(サイン&トレード)
ドラフト一巡目指名権
現金(300万ドル)

ブルックリン=>クリッパーズ
マーション・ブルックス

当初は、オーランド、ブルックリン、クリーブランドの3チームトレードでしたが、クリッパーズが加わり、シャーロットも加わるという話もあります。

通常、トレードの情報が、成立前に、これ程詳しく漏れることはないので、故意に漏らしているのが明らかでした。それも、トレード内容が、少し変るたびに、情報が漏れていました。故意も漏らす目的は、他球団に知らせて、より良いトレードを引き出す以外に、考えられません。そこで、ロサンゼルスのメディアでは、昨日から、このトレードは、成立しないと見られていました。

又、ご覧になって気がつかれるように、サイン&トレードのプレーヤーが、多いです。サイン&トレードは、本人の承認無しではできません。特に、ポイントは、クリス・ハンフリーズです。上記のトレード内容では、ハンフリーズは、1年契約になるはずでした。ハンフリーズが、こんな契約で納得するはずがないです。又、ハンフリーズのエージェントは、ハワードと同じです。スーパースター顧客のハワードの希望を実現するために、他の顧客のハンフリーズの契約を犠牲にしたとなると、ハンフリーズから訴えられることは、間違いないです。

更に、クリーブランドが、ハワードがブルックリンに移籍して、ブルックリンに「スーパーチーム」が誕生することを助けることに、他球団のオーナー、GMから、非難がありました。GMの1人が、匿名で、「自分のチームが敗れないチームを作るのを助ないことが、長期的な計画だと理解しないといけない。」と漏らしています。

クリーブランドファンの間でも、「同一コンファレンスのチームの補強を、どうして手伝う必要があるのか?」と疑問を投げかける声も多く、GMダン・ギルバートも、トレードに消極的だったといわれています。オーランドファンの間でも、「こんなゴミの山を貰は要らない。」と声がありました。

今日になって、予想通り、オーランドが、他球団との交渉を再開すると宣言したのと、クリーブランドが、トレードから手を引き、4チームトレードが、完全に白紙に戻りました。ブルックリンの内部関係者によると、明日水曜日までに、ハワードのトレードが成立しない場合は、ハワードを諦めるとのことです。

そこで浮上してきたのが、レイカーズです。但し、レイカーズも、オーランドとの1対1でのトレードは不可能なので、第3のチームが必要です。そこで、登場したのが、ヤオ・ミン引退後、スタープレーヤーを熱望していた、ヒューストンです。現在、レイカーズ、オーランド、ヒューストンで、下記のトレードで、交渉が進んでいます。

オーランド=>レイカーズ
ハワード

レイカーズ=>ヒューストン
バイナム

オーランド=>ヒューストン
ジェイソン・リチャードソン
1-2名

ヒューストン=>オーランド
ドラフトピック(トロントから、カイル・ローリーとのトレードで獲得する予定の2013年一巡目指名権)
低サラリー又は来シーズンで契約が切れるプレーヤー
*オーランドが希望すれば、ルイス・スコラとケビン・マーティン


ヒューストンは、カメロ・アンソニーのトレード騒動の時から、契約延長にサインをしなくても、一旦ヒューストンに移籍してくれば、再契約に漕ぎ着ける自信があると、契約延長無しでのトレードにも、積極的でした。バイナムは、契約延長の意思がありませんが、ヒューストンは、それでも問題ないそうです。

ハワードのトレードに興味があると言われていた、ゴールデンステートは、トレードの意思が無いことを明確にしています。他の有力候補と見られているアトランタも、興味が無い様です。この2-3日は、目が放せません。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

7/3 NBAフリーエジェント情報 追加

ドワイト・ハワードトレード情報

レイカーズとの交渉が進んでいます。レイカーズは、メタ・ワールドピースをトレードに含めるのは諦めた様ですが、オーランドが、将来のドラフト一巡目指名権を要求していて、それに難色を示している様です。レイカーズが、一巡目指名権に合意していないのは、交渉の手段で、最終的には応じると見られています。


エリック・ゴードン

ニューオリンズから、制限付きフリーエージェントになっていた、ゴードンに、フィニックスが、4年/5800万ドル(マックス)のオファーシートのサインをしました。

ニューオリンズが、3日以内に同額の契約提示をすると、ゴードンは、ニューオリンズ残留になりますが、同額の提示がないと、フィニックスとの契約が成立します。ニューオリンズ球団の内部関係者が、ESPNに話した所によると、ニューオリンズは、マッチする予定の様です。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



7/3 NBAフリーエージェント情報 ==日本時間 7/4午前8:40現在==

ドワイト・ハワードトレード情報

ブルックリンが、ブルック・ロペス、クリス・ハンフリーズ、将来の複数のドラフト一巡目指名権とのトレードを持ちかけていますが、オーランドは、興味がなく、レイカーズのバイナムとのトレードが、第一希望の様です。レイカーズは、バイナムを放出することに異論はないのですが、メタ・ワールドピースを付けようとしていて、オーランドは、ワールドピース拒否しています。

ハワードとバイナムのサラリー額は、ハワードの額が、300万ドル近く高く、両球団共、サラリーキャップを超えているので、サラリー額が同額でないと、トレードが成立しません。レイカーズは、ダラスとのラマーオドムのトレードで獲得して、約900万ドルのトレードイクセプションがありますが、トレードイクセプションは、2つ以上を合わせて使うことは可能ですが、1つを分けて使うことができません。そこで、バイナムとハワードのトレードに、レイカーズが、トレードイクセプションを使うと、900万ドルのイクセプションを、全て使うことになり、600万ドルのイクセプションが、無駄になります。そこで、レイカーズが、トレードイクセプションを使いたくない場合、サラリー額合わせが、難しく、手間がかかります。


デロン・ウィリアムスがブルックリン残留で合意

ブルックリンから、無制限のフリーエージェントになってた、ウィリアムスが、ブルックリンと、5年/1億ドル9800万ドルで、合意に至りました。

ジェイソン・テリーがボストンと契約合意

ダラスから、無制限のフリーエージェントになっていた、テリーが、ボストンと、フル・ミッドレベル、1年/500万ドル、3年契約で、合意に至りました。


レジー・エバンズがサイン&トレードでブルックリンへ

クリッパーズから、無制限のフリーエージェントになっていた、エバンズが、3年/500万ドルのサイン&トレードで、ブルックリンに移籍しました。ブルックリンからクリッパーズへは、将来のドラフト指名権二巡目と、300万ドルの、トレードイクセプションが移動します。


ジョージ・ヒルがインディアナ残留合意

インディアナから、制限付きフリーエージェントになっていた、ヒルが、残留で、合意に至りました。5年契約ですが、サラリー額は、公表されないので、不明です。


ランドリー・フィールズがトロントからのオファーシートに合意

ニューヨークから、制限付きフリーエージェントになっていた、フィールズに、トロントが、3年/2000万ドルのオファーシートのサインをしました。

ニューヨークが、3日以内に同額の契約提示をすると、フィールズは、ニューヨーク残留になりますが、同額の提示がないと、トロントとの契約が成立します。


オマー・アシック

昨日、シカゴから、制限付きフリーエージェントになっていた、アシックと、ヒューストンが、3年/2510万ドルののオファーシートのサインをしました。

シカゴが、3日以内に同額の契約提示をすると、アシックは、シカゴ残留になりますが、同額の提示がないと、ヒューストンとの契約が成立します。


レイ・アレン情報

アレンは、ボストンから、無制限のフリーエージェントになっています。

ボストンが、再契約の意思を示していますが、木曜日にマイアミ、金曜日にクリッパーズと、ミーティングを行う予定です。

マイアミは、キャップを越えているので、ミニ・ミッドレベル、1年/300万ドルまでしか、オファーできません。クリッパーズは、キャップ内なので、無制限のオファーが可能です。ボストンは、2年/1200万ドルのオファーをしています。

メンフィスも、既に、フル・ミッドレベル、1年/500万ドルを使って、2年契約のオファーをしています。

この他にも、ミネソタ、アトランタ、ダラスが、アレンに興味を示しています。


ジェレミー・リン情報

リンは、ニューヨークから、無制限のフリーエージェントになっています。

ヒューストンと、水曜日にミーティングを行う予定です。他にも、トロント、ダラス、ブルックリンが、興味を示しています。

リンは、CBAのルール上は、ニューヨークが、一番年数が長く、金額が高い契約をできるのですが、リンとマックス契約をしてしまうと、カメロ・アンソニー、アマレ・スタウダマイアー、タイソン・チャンドラーと合わせて、4名だけで、ラクシャリータックスのラインを超えてしまうので、事実上不可能です。


尚、契約合意に至っていても、正式契約が解禁になるのは、7月11日なので、全て、口頭での合意です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



ジョー・ジョンソンがブルックリンへトレード

アトランタの、ジョー・ジョンソンが、ブルックリンにトレードされました。ブルックリンからアトランタへ移籍するのは、来シーズンで、契約が切れる、ジョーダン・ファーマー、ヨハン・ペトロ、アンソニー・モロー、ジョーダン・ウィリアムスの4名と、デショウン・スティーブンソン(サイン&トレード)です。この他に、ヒューストンから獲得した、プロテクト付きの2013年ドラフト一巡目指名権が、ブルックリンからアトランタに移動します。

ブルックリンは、オーランドのドワイト・ハワードの、移籍希望先第一候補と言われていましたが、これで、ハワードのブルックリンへのトレードは、無くなった上、ブルックリンが、ハワード獲得を断念したことが、分かりました。ブルックリンの内部関係者が、ESPNに漏らした所によると、「オーランドは、ブルックリンとトレード交渉をする気がない。ドワイトは、3月に、(マジックとの契約にオプトインして)失敗した。」そうです。

ブルックリンのフロントは、自チームからフリー・エージェントになった、デロン・ウィリアムスが、再契約する可能性が高いと見ています。又、ジェラルド・ウォレスと、4年/4000万ドルで、契約合意に達しています。2013-2014シーズンの、ラクシャリー・タックス・キャップは、7000万ドル程度と推定されていて、ブルックリンが、ウィリアムスと再契約すると、ジョンソン、ウォレス、ウィリアムの3人で、5000万ドル近くのサラリーになり、マックス契約が間違いないハワードとの契約は、来シーズンオフ以降も、事実上不可能です。

アトランタは、このトレード後にも、マービン・ウィリアムスを、ユタにトレードし、ユタからデビン・ハリスを獲得しています。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

トレバー・アリーザがワシントンにトレード

ニューオリンズとワシントンが、下記トレードで合意しました。

ニューオリンズ==>ワシントン
トレバー・アリーザ
エメカ・オカフォー

ワシントン==>ニューオリンズ
ラシャード・ルイス
ドラフト46位ピック(今年)


ルイスは、来シーズンが契約最終年ですが、ニューオリンズ球団に近い筋によると、バイアウトする予定の様です。オカフォーとアリーザを放出することで、総サラリー額を下げると同時に、ドラフト1位指名権を獲得していて、アンソニー・デイビスを指名することが予想されるので、オカフォーを放出して、デイビスのミニッツを確保するのが目的と見られています。又、これによって、サラリーキャップに余裕ができ、制限付きフリーエージェントのエリック・ゴードンとの最契約することが可能になります。

ワシントンは、シーズン中に、ジャベール・マギーをデンバーにトレードし、ネネを獲得したので、オカフォーの獲得で、ベテランのフロントラインが揃い、PGのジョン・ウォールを中心にした、チーム作りに前進しました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。