I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

NBAルーキーへのアンケート結果

NBAが毎年行っている、ルーキーへのアンケートの結果です。今年は、ルーキーの写真撮影に参加した、36名のルーキーが、アンケートに答えています。

2015-2016の新人賞は?
1.ジャリル・オカフォー フィラデルフィア 41.9%
2.スタンリー・ジョンソン デトロイト 19.4%
3.カール-アンソニー・タウンズ ミネソタ 12.9%
4.エマニュエル・ムディエイ デンバー 9.7%
4.ディアンジェロ・ラッセル レイカーズ 9.7%

去年:ジャバリ・パーカー 52.8%

どのルーキーのキャリアが最高になるか?
1.ジャリル・オカフォー フィラデルフィア 24.1%
2.カール-アンソニー・タウンズ ミネソタ 17.2%
3.ジャスティン・アンダーソン ダラス 13.8%
3.エマニュエル・ムディエイ デンバー 13.8%
5.スタンリー・ジョンソン デトロイト 8.0%
6.サム・デッカー ヒューストン 6.9%

去年:ジャバリ・パーカー 45.9%

どのルーキーがドラフト順位に比べて当たりになるか?
1.ジョセフ・ヤング(43位) インディアナ 12.1%
2.R.J.ハンター(28位) ボストン 9.1%
2.タイラス・ジョーンズ ミネソタ 9.1%
2.ボビー・ポーティス シカゴ 9.1%
2.ジャスティス・ウィンズロウ 9.1%
6.テリー・ロジアー ボストン 6.1%
6.マイルス・ターナー インディアナ 6.1%

去年:カイル・アンダーソン 11.1%

どのルーキーが一番運動能力があるか?
1.ジャスティン・アンダーソン ダラス 27.8%
2.パット・コナウトン ポートランド 13.9%
3.ウィリー・コーリー-スタイン サクラメント 11.1%
4.ジャスティス・ウィンズロウ マイアミ 8.3%
5.マリオ・ヘゾーニャ オーランド 5.6%
5.ロンデー・ホリス-ジェファーソン ブルックリン 5.6%
5.J.P.トコト フィラデルフィア 5.6%
8.ケリー・ウーブレ ワシントン 4.2%

去年:ザク・ラビーン 56.6%

どのルーキーが最高のシューターか?
1.デビン・ブッカー フィニックス 58.8%
2.パット・コナウトン ポートランド 8.8%
2.R.J.ハンター ボストン 8.8%
4.アンソニー・ブラウン レイカーズ 5.9%
4.マリオ・ヘゾーニャ オーランド 5.9%

去年:ダグ・マクダーモット 39.5%

どのルーキーが最高のディフェンダーか?
1.ロンデー・ホリス-ジェファーソン ブルックリン 23.5%
2.スタンリー・ジョンソン デトロイト 20.6%
3.ジャスティス・ウィンズロウ マイアミ 17.6%
4.ウィリー・コーリー-スタイン サクラメント 5.9%
4.デロン・ライト トロント 5.9%

去年:K.J.マクダニエルズ、マーカス・スマート 13.5%

どのルーキーが最高のプレーメーカーか?
1.ディアンジェロ・ラッセル レイカーズ 40.0%
2.タイラス・ジョーンズ ミネソタ 17.1%
3.エマニュエル・ムディエイ デンバー 14.3%
4.デロン・ライト トロント 8.6%
5.キャメロン・ペイン オクラホマシティー 5.7%
5.ジョセフ・ヤング インディアナ 5.7%

去年:タイラー・エニス 24.3%

どのルーキーが一番面白いか?
1.ロンデー・ホリス-ジェファーソン ブルックリン 44.3%
2.フランク・カミンスキー シャーロット 25.7%
3.ディアンジェロ・ラッセル レイカーズ 5.7%

去年:ジョエル・エンビード 20.0%

何が一番NBAでプレーするのに調節しないといけなくなるか?
1.スピードやゲームのペース 38.6%
2.シーズンの長さ 18.6%
3.フィジカル(相手のサイズの強さ) 17.1%
4.ライフスタイルと時間の管理 11.4%
5.コンディショニングと身体の管理 4.3%

去年:スピードやゲームのペース 26.4%

誰が好きなプレーヤーか?
1.ケビン・デュラント オクラホマシティー 21.2%
2.コービー・ブライアント レイカーズ 18.2%
3.レブロン・ジェイムス クリーブランド 15.2%
4.ステフン・カーリー ゴールデンステート 9.1%
4.ドウェイン・ウェイド マイアミ 9.1%
6.ジェイムス・ハーデン ヒューストン 6.1%

去年:ケビン・デュラント オクラホマシティー 25.5%


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

スポンサーサイト
2015/08/20 10:45  NBA | CM(-)

NBA2015年ドラフト結果

本日行われた、NBAドラフトの結果です。

 1位:ミネソタ      カール・アンソニー-タウンズ(C / ケンタッキー)

 2位:レイカーズ     ディアンジェロ・ラッセル(PG / オハイオ州立)

 3位:フィラデルフィア  ジャリル・オカフォー(C / デューク)

 4位:ニューヨーク    クルスタプス・ポーズィンギス(PF / ラトビア)

 5位:オーランド     マリオ・ヘゾーニャ(SF / クロエイシャ)

 6位:サクラメント    ウィリー・コウリー・スタイン(C / ケンタッキー)

 7位:デンバー      エマニュエル・ムディエー(PG / ダラス出身/中国)

 8位:デトロイト     スタンリー・ジョンソン(SF / アリゾナ)

 9位:シャーロット    フランク・カミンスキー(C / ウィスコンシン)

10位:マイアミ      ジャスティス・ウィンズロウ(SF / デューク)

11位:インディアナ    マイルス・ターナー(C / テキサス)

12位:ユタ        トレイ・ライルズ(PF / ケンタッキー)

13位:フィニックス    デビン・ブッカー(SG / ケンタッキー)

14位:オクラホマシティー キャメロン・ペイン(PG / マーレイ州立)

15位:アトランタ     ケリー・ウーブレ(SF / キャンザス)
               =>ワシントン

             [WAS=>ATL:19位指名権、将来の二巡目指名権2]

16位:ボストン      テリー・ロジアー(PG / ルイビル)

17位:ミルウォーキー   ラシャード・ボーン(ネバダ大ラスベガス校)

18位:ヒューストン    サム・デッカー(SF / ウィスコンシン)

19位:ワシントン     ジェリアン・グラント(PG / ノートルデイム)
               =>ニューヨーク

             [NYK=>ATL:ティム・ハーダウェイ]

20位:トロント      デロン・ライト(PG / ユタ)

21位:ダラス       ジャスティン・アンダーソン(SF / バージニア)

22位:シカゴ       ボビー・ポーティス(SF / アーカンソー)

23位:ポートランド    ロンデイ・ホリス-ジェファーソン(SF / アリゾナ)
               =>ブルックリン

             [POR=>BKN:スティーブ・ブレイク]

             [BKN=>POR:メイソン・プラムリー]

24位:クリーブランド   タイアス・ジョーンズ(PG / デューク)
               =>ミネソタ

             [MIN=>CLE31位指名権と36位指名権]

25位:メンフィス     ジャレル・マーティン(PF / ルイジアナ州立)

26位:サンアントニオ   ニコラ・ミルティノフ(C / セルビア)

27位:レイカーズ     ラリー・ナンスJr.PF / ワイオミング)

28位:ボストン      R.J.ハンター(SG / ジョージア州立)

29位:ブルックリン    クリス・マカーラ(PF / シラキュース)

30位:ゴールデンステート ケボン・ルーニー(PF / UCLA

 

31位:ミネソタ      セディー・オスマン(SG / トルコ)
               =>クリーブランド

32位:ヒューストン    モントレズル・ハレル(PF / ルイビル)

33位:ボストン      ジョーダン・ミッキー(PF / ルイジアナ州立)

34位:レイカーズ     アンソニー・ブラウン(SF / スタンフォード)

35位:フィラデルフィア  ギアモ・ヘルナンゴメス(C / スペイン)
               =>ニューヨーク

36位:ミネソタ      ラキーム・クリスマス(C / シラキュース)
               =>クリーブランド

37位:フィラデルフィア  リショーン・ホームズ(PF / BGSU

38位:デトロイト     ダーラム・ヒラード(SG / ビラノーバ)

39位:シャーロット    ホアン・ボウレ(SF / アルゼンチン)

40位:マイアミ      ジョッシュ・リチャードソン(SG / テネシー)

41位:ブルックリン    パット・コナウトン(SG / ノートルデイム)

42位:ユタ        オリビエ・ハンラン(PG / ボストンカレッジ)

43位:インディアナ    ジョセフ・ヤング(SG / オレゴン)

44位:フィニックス    アンドルー・ハリソン(PG / ケンタッキー)

45位:ボストン      マーカス・ソーントン(SG / ウィリアム& メアリー)

46位:ミルウォーキー   ノーマン・パウウェル(SG / UCLA

47位:フィラデルフィア  アートゥラス・グダイティス(C / リトアニア)

48位:オクラホマシティー ダカリ・ジョンソン(C / ケンタッキー)

49位:ワシントン     アーロン・ホワイト(PF / アイオワ)

50位:ヒューストン    マーカス・エリクソン(SG / スペイン)

51位:オーランド     タイラー・ハービー(SG / イースタン・ワシントン)

52位:ダラス       サトナム・シング・バマラ(C / IMGアカデミー)

53位:クリーブランド   サードミニク・ポインター(SF / セント・ジョンズ)

54位:ユタ        ダニエル・ディエス(SF / スペイン)

55位:サンアントニオ   キャディー・ラレイン(PF / マサチューセッツ)

56位:ニューオーリンズ  ブランドン・ドウソン(SF / ミシガン州立)

57位:デンバー      ニコラ・ラディチェビッチ(PG / セルビア)

58位:フィラデルフィア  J.P.トコト(SF / ノースキャロライナ)

59位:アトランタ     ディミトリオス・アグラバニス(PF / ギリシャ)

60位:フィラデルフィア  ルカ・ミトロビッチ(PF / セルビア)

 

 



↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2015/06/26 15:44  NBA | コメント(7)

NBA2015年ドラフトロタリー結果

1位:ミネソタ
2位:レイカーズ
3位:フィラデルフィア
4位:ニューオーリンズ
5位:オーランド
6位:サクラメント
7位:デンバー
8位:デトロイト
9位:シャーロット
10位:マイアミ
11位:インディアナ
12位:ユタ
13位:フィニックス
14位:オクラホマシティー


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2015/05/20 16:57  NBA | コメント(9)

NBAドラフト2014指名者リスト

本日、ドラフトで指名されたプレーヤーのリストです。トレードは、現在チームに在籍しているプレーヤーが絡んだものだけ、下に明記しています。将来の指名権が動いているものは、明記していません。

1.CLE アンドリュー・ウィギンズ(SG、キャンザス)
2.MIL ジャバリ・パーカー(SF、デューク)
3.PHL ジョエル・エンビード(C、キャンザス)
4.ORL アーロン・ゴードン(PF、アリゾナ)
5.UTA ダンテ・エクサム(PG、オーストラリア)
6.BOS マーカス・スマート(PG、オクラホマ・ステート)
7.LAL ジュリアス・ランドル (PF、ケンタッキー)
8.SAC ニック・スタウスカス(SG、ミシガン)
9.CHA ノア・ボンレイ(PF、インディアナ)
10.PHL エルフリッド・ペイトン(PG、ルイジアナ・ラファイエット)=>オーランドへ
11.DEN ダグ・マクダーモット(SF、クレイトン)=>シカゴへ
12.ORL ダリオ・サリッチ(PF、クロアチア)=>フィラデルフィアへ
13.MIN ザック・ラビーン(PG、UCLA)
14.PHX T.J.ウォーレン(SF、ノースカロライナ・ステート)
15.ATL エイドリアン・ペイン(PF、ミシガン・ステート)
16.CHI ユーサフ・ナーキッチ(C、ボスニア・ヘルツェゴビナ)=>デンバーへ
17.BOS ジェイムス・ヤング(SG、ケンタッキー)
18.PHX タイラー・エニス(PG、シラキュース)
19.CHI ゲイリー・ハリス(SG、ミシガン・ステート)
20.TOR ブルーノ・カボクロ(SF、ブラジル)
21.OKC ミッチ・マクゲリー(PF、ミシガン)
22.MEM ジョーダン・アダムス(SG、UCLA)
23.UTA ロドニー・フード(SF、デユーク)
24.CHA シャバス・ネピアー(PG、コネティカット)=>マイアミへ
25.HOU クリント・カペラ(PF、スイス)
26.MIA P.J.ヘアストン(Dリーグ)=>シャーロットへ
27.PHX ボグダン・ボグダノビッチ(SG、セルビア)
28.LAC C.J.ウィルコックス(SG、ワシントン)
29.OKC ジョッシュ・ヒュースティス(SF、スタンフォード)
30.SAS カイル・アンダーソン(SF、UCLA)


31.MIL ダミエン・イングリス(SF、フランス) 
32.PHI K.J.マクダニエルズ(SF、クレムゾン)
33.CLE ジョー・ハリス(SG、バージニア)
34.NYK クリンソニー・アーリー(SF、ウイチタ・ステート)*1
35.UTA ジャーネル・ストークス(PF、テネシー)=>メンフィスへ
36.MIL ジョニー・オブライアント(PF、ルイジアナ・ステート)
37.TOR ディアンドレ・ダニエルズ(SF、コネティカット)
38.DET スペンサー・ディンウィディー(PG、コロラド)
39.PHI ジェラミ・グラント(SF、シラキュース)
40.MIN グレン・ロビンソン三世
41.DEN ニコラ・ジョキッチ(C、セルビア)
42.HOU ニック・ジョンソン(SG、アリゾナ)
43.ATL ウォルター・タバレス(C、スペイン)
44.MIN マーケル・ブラウン(SG、オクラホマ・ステート)
45.CHA ドワイト・パウウェル(PF、スタンフォード)
46.WAS ジョーダン・クラークソン(PG、ミズーリ)=>レイカーズへ
47.PHI ラス・スミス(PG、ルイビル)
48.MIL ラマー・パターソン(SG、ピッツバーグ)=>アトランタへ
49.CHI キャメロン・ベアストウ(C、ニューメキシコ)
50.PHX アレック・ブラウン(C、グリーンベイ)
51.NYK サナシス・アンテトコウンポ(SF、Dリーグ)*1
52.PHI バシリエ・ミチッチ(PG、セルビア)
53.MIN アレサンドロ・ジェンティレ(SF、イタリア)
54.PHI ネマンジャ・ダングビッチ(SG、セルビア)=>フィラデルフィア
55.MIA セマジ・クリストン(PG、ゼイビアー)
56.DEN ロイ・デビン・マーブル(SF、アイオア)=>オーランドへ *2
57.IND ルイス・ラベイリー(PF、フランス)=>ニューヨーク
58.SAS ジョーダン・マクレイ(SG、テネシー)=>フィラデルフィア
59.TOR ゼイビアー・セイムス(PG、サンディエゴ・ステート)
60.SAS コーリー・ジェファーソン(PF、ベイラー)=>フィラデルフィアへ

*1
ニューヨークとダラスの間でトレード
NYK=>DAL
タイソン・チャンドラー
レイモンド・フェルトン

DAL=>NYK
ホセ・カルデロン
ウェイン・エリントン
シェーン・ラーキン
サミュエル・ダレンバー
No.34ピック
No.51ピック

*2
デンバーとオーランドの間でトレード
DEN=>ORL
エバン・フォーニア
No.56ピック

ORL=>DEN
アーロン・アフラロ


指名されたプレーヤーの写真が、下記ESPNのNBAのツイター・アカウントにあります。

https://twitter.com/ESPNNBA

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/06/27 16:04  NBA | CM(-)

NBAコミッショナー、アダム・シルバーからファン宛のレター

本日、アダム・シルバーが、クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリングへの罰則を発表した後に、ファンに宛てたレターが、NBAのサイトにあります。

=>http://www.nba.com/official/statement-april-2014.html?cid=nba_12_twitter_L

このレターを和訳しました。

「ファンの皆様

今日の午後、私は、TMZが入手した録音の調査を完了し、ドナルド・スターリングが、クリッパーズ及びNBAと関わることを、即刻生涯禁止するとを発表しました。スターリング氏が、NBAのゲーム観戦、練習、クリッパーズのオフィスや施設に行くこと、チームのビジネスやプレーヤーに関する決定に関わることを禁止します。更に、NBA規約で許される最高額の250万ドルの罰金を、スターリング氏に科しました。罰金の全額を、NBAと選手会が共同で選んだ、反差別と寛容に努める慈善団体に寄付します。

スターリング氏が発言した見解は、大変不快で有害です。私は、この偉大なリーグの多様で、尊厳があり、包括的な文化を、大変誇りに思っていて、一個人の偏狭は見解に定義されることを許しません。はっきりと言います。スターリング氏の見解は、NBAには居場所がありません。

NBAファミリーのメンバー全員にとって、これは辛いエピソードでした。ファンの皆様が、この一連の手続きを理解して下さったことを、大変感謝しております。更に、ドク・リバースコーチ、クリス・ポール、クリッパーズ球団全体が、この件を通してプロフェッショナルであったことと、クリスとケビン・ジョンソン市長が、選手会を代表して、リーダーシップとパートナーシップを発揮して下さったことに、感謝と称賛を表します。

そして、スポットライトを、本来の場所に戻すことを熱望します。我々全てが愛するゲームと、スリルあるプレーオフに。このプレーオフでは、私がリーグに在籍している22年間に見てきた中でも、最もエキサイティングなゲームが見られます。皆様が、残りのプレーオフとファイナルを楽しんでくださることを望んでいます。」



レイカーズの球団社長ジニー・バスが、この件について声明を出しています。


In my statement yesterday, I said I had full confidence in Adam Silver and how he and the NBA would handle this situation. In today’s announcement Adam was decisive, firm and compelling and showed great leadership in his condemnation of the horrible and offensive comments that have led to this action.
「昨日の私の声明中で、アダム・シルバーとNBAの、この状況への対応の仕方を信頼していると述べました。本日の発表では、アダムは決定的で、断固としていて、説得力があり、大なるリーダーシップを発揮して、この決定に繋がった酷くて不快コメントを非難しました。」

「昨日の私の声明」とあるのは下記です。

The comments and sentiments expressed on the tape are reprehensible and disturbing, and certainly are the opposite of how the Lakers feel about the league’s players and fans. I have full confidence that Adam Silver and the NBA will handle this situation appropriately.
「テープに録音されたコメントと感情は、非難されて当然かつ不快で、リーグのプレーヤーとファンに対しての、レイカーズの感情とは全く反対です。私は、アダム・シルバーとNBAが、この状況に適切に対処すると信頼しています。」


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/04/30 16:33  NBA | CM(-)

☆☆要注意☆☆ 夏時間開始!!

アメリカでは、3月9日、日曜日の早朝から、夏時間に切り替わります。

リーグパスの中継時間は、東時間で表示されていて、それを日本時間に換算してご覧になっていると思います。アメリカ時間の3月9日、日本時間の3月10日のゲームより、日本時間に換算する場合は、今までより1時間早くなり+13時間となります。

レイカーズのサイトは、西時間で表示されています。レイカーズのサイトの時間から、日本時間を換算される場合は+16時間となります。

他球団のファンの皆様、下記をご参照下さい。


夏時間=3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時
*アリゾナ州は、夏時間を採用していないので、夏でも+16時間です。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/03/09 18:07  NBA | コメント(3)

☆☆要注意☆☆ 夏時間終了!!

アメリカでは、現地時間、明日、11月3日、日曜日の早朝に、夏時間が終了します

リーグパスの中継時間は、東時間で表示されています。アメリカ時間の11月3日、日本時間の11月4日のゲームより、日本時間に換算する場合は、今までより1時間遅くなり、東時間+14時間となります。

レイカーズのサイトは、西時間で表示されています。レイカーズのサイトの時間から、日本時間を換算される場合は、+17時間となります。

他球団のファンの皆様、下記をご参照下さい。


夏時間=3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時
*アリゾナ州は、夏時間を採用していないので、夏でも+16時間です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/11/03 15:45  NBA | コメント(3)

NBAファイナルが2-2-1-1-1に

NBAのオーナーが、ファイナルのフォーマットを、2-2-1-1-1に変更することを可決しました。シードが上のチームが、ゲーム1、2、5、7をホームで、シードが低いチームが、ゲーム3、4、6をホームでプレーします。2014年、今シーズンのファイナルから、このフォーマットが採用されます。移動回数が増えるので、その負担を軽くするため、ゲーム6と7の間を、1日多くとります。

昨シーズンまでの2-3-2フォーマットは、1985年から採用されました。1984年までは、2-2-1-1-1フォーマットでした。1980年代前半は、毎年の様に、レイカーズとセルティックスが、ファイナルに進出していました。ロサンゼルスとボストン間は、飛行機で約5時間かかり、時差が3時間あります。チームの移動が大変なのと、リーグ関係者も一緒に移動し、どちらかのチームが3勝すると、トロフィーも移動します。そこで、移動回数が少ない2-3-2フォーマットに変更になりました。

2-3-2フォーマットは、採用された当時から、ゲーム5をシードが低いチームのホームでプレーし、ゲーム5が終わった時点で、シードが低いチームのホーム・ゲーム数が多くなるので、シードの高いチームに不利という意見と、逆に、例えホームでも、3連勝するのは困難なので、シードが低いチームに極端に不利という意見と、両方の立場からの反論がありました。

その当時は、チームは商業便で移動していましたが、現在ではチャーター便で移動しているので、待ち時間が無く、移動時間が短縮され、移動の負担が軽くなっています。そこで、リーグ内で、フォーマットを2-2-1-1-1に戻すべきだという議論が、この数年高まっていました。

ところで、2-3-2フォーマットが取り入れられた1985年は、1984年途中に就任し、来年2月1日で引退する現コミッショーナー、デイビッド・スターンが、シーズン開幕からコミッショナーを務めた、最初の年です。そして、2-2-1-1-1フォーマットに戻る今シーズンが、スターンの最後になります。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/10/24 07:02  NBA | コメント(4)

オールNBAチームが発表

オールNBAチームが、本日発表されました。コービーがファーストチーム、ドワイトがサードチームに選ばれています。ポイントでは、レブロンがトップ、デュラントが2位、ポールが3位、コービーは4位です。

コービーは、これで8シーズン連続、合計11回目のファーストチーム選出で、カール・マローンと並んで、史上最高です。今回の選出前までは、10回選出で、カリーム・アブドゥール・ジャバー、エルジン・ベイラー、ボブ・コウジー、マイケル・ジョーダン、ボブ・ベティット、ジェリー・ウェストと並んでいました。

ダンカンは、これが10回目の選出で、2006-2007年シーズン以来のファーストチーム選出になります。


ファースト・チーム
F:レブロン・ジェイムス(マイアミ)
F:ケビン・デュラント(オクラホマシティー)
C:ティム・ダンカン(サンアントニオ)
G:コービー・ブライアント(レイカーズ)
G:クリス・ポール(クリッパーズ)

セカンド・チーム
F:カメロ・アンソニー(ニューヨーク)
F:ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
C:マーク・ガソル(メンフィス)
G:トニー・パーカー(サンアントニオ)
G:ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティー)

サードチーム
F:デイビッド・リー(ゴールデンステート)
F:ポール・ジョージ(インディアナ)
C:ドワイト・ハワード(レイカーズ)
G:ドウェイン・ウェイド(マイアミ)
G:ジェイムス・ハーデン(ヒューストン)

オールNBAチームは、スポーツ記者の投票によって選出されます。投票は、ファースト、セカンド、サードにそれぞれされ、ファーストが5ポイント、セカンドが3ポイント、サードが1ポイントで、合計のポイントによって選出されます。

各プレーヤーの得票数と、他に得票があったプレーヤーの情報については、NBAのサイトの記事を御参照下さい。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/05/24 08:34  NBA | コメント(49)

NBAオール・ディフェンシブ・チームが発表

NBAオール・ディフェンシブ・チームが、本日発表されました。メンフィスのトニー・アレンが、トップで当選です。レイカーズからは、誰も選ばれていません。

ファースト・チーム
F:レブロン・ジェイムス(マイアミ)
F:サージ・イバッカ(オクラホマシティー)
C:タイソン・チャンドラー(ニューヨーク)
C:ジョアキム・ノア(シカゴ)
G:トニー・アレン(メンフィス)
G:クリス・ポール(クリッパーズ)
*チャンドラーとノアは24票でタイ

セカンド・チーム
F:ティム・ダンカン(サンアントニオ)
F:ポール・ジョージ(インディアナ)
C:マーク・ガソル(メンフィス)
G:エイバリー・ブラッドリー(ボストン)
G:マイク・コンリー(メンフィス)

コービーは、ファースト・チーム票が1票、セカンド・チーム票が4票、ドワイトは、ファースト・チーム票が3票、セカンド・チーム票が3票でした。

ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーには、マーク・ガソルが選ばれていますが、マークはセカンド・チームです。昨年も、ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーは、タイソン・チャンドラーだったのに、チャンドラーはセカンド・チームで、ファースト・チームはドワイトが選ばれました。これは、ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーと、オール・ディフェンシブ・チームでは、投票する人が違うからです。ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーが、スポーツ記者が投票しているのに対し、オール・ディフェンシブ・チームは、各チームのHCが投票しています。

各プレーヤーの得票数と、他に得票があったプレーヤーの情報については、NBAのサイトの記事「 Grizzlies' Allen, Heat's James headline 2012-13 NBA All-Defensive First Team」を御参照下さい。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/05/14 05:11  NBA | コメント(6)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。