I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

NBA来季スケジュールの一部を来週火曜日に発表

NBAは、開幕から一週間のスケージュルと、クリスマス及び、マーティン・ルーサー・キングJRの祝日(来年は、1月17日)のスケージュールを、来週火曜日、東海岸時間午後7時(日本時間、水曜日午前8時)から、NBAテレビの一時間の特別番組で、発表します。

全スケジュールは、8月10日(日本時間8月11日)に発表されます。

スケージュールの一部だけを、事前に発表するのは、今回が初めてです。理由は明らかにされていませんが、昨年は、スケジュール発表前に、クリスマスに、レイカーズとクリーブランドのカードが組まれていることが洩れたことや、ファンのマイアミのスケジュールに対する興味が強いことから、このような決断に至ったのではとも言われています。

それにしても、一時間のスペシャル番組での発表って、何か聞いたことがありませんか?今回は、27分待たされることはないと思いますが。


                          


         
スポンサーサイト
2010/07/31 17:02  NBA | コメント(4)

感動のビデオ1本

先週、ファイナルのミックスと、コビーのミックスビデオをご紹介しましたが、そのビデオを探しているときに、もう1本、良いのを見つけました。前半は、NBAプレーヤーが話しているバックグラウンドに、ビデオが流れ、後半は、昨シーズンの名場面集という感じです。せっかく、プレーヤーの言葉があるので、何を言っているのか分かっている方がいいので、和訳しました。名言もあれば、ただの発言もあれば、何だかよく分からないのもあります。

声と画面のプレーヤーが、一致していない所もあります。誰の声か分かるのは、記載しましたが、分からないのもあります。又、分かるけれど、自信がないのもあります。もし、私が分からないプレヤーが分かったり、プレヤー名が間違っているのに気がついたら、コメントにてお知らせ頂けると、ありがたいです。

結構感動するビデオです。前半から、後半が予測できないです。後になればなる程良くなります。予想外なので、余計そうなのかもしれませんが。

それではお楽しみを・・・・



クリス・ボッシュ
プロ・アスリートとして、常に見られているんだ。

コービー・ブライアント
いつも、カメラを向けられて、インタビューされている。

ダーク・ノビツキー???
それが、俺の夢だ。

???
それが、全ての子供達の夢だ。

ドワイト・ハワード
それは分かっているよ。これが、俺達のチャンスだ。

カメロ・アンソニー
俺達の偉大な機会。俺にとって、これは、伝説的な瞬間。

ティム・ダンカン
痛みと栄光が、同じ様に。上りと下り。引き潮と満ち潮。

ダーク・ノビツキー
プレッシャーが解けて、感情が湧き上がる。

コービー・ブライアント
そういう感情を持つ。純粋な喜び。

クリス・ポール
今でも、プレーしている時に、思い出す。

シェキール・オニール
全て起こることには、理由がある。

[画面]ブランドン・ジェニングス [声]ジェニングス???
人の目的は、それぞれ違う。

[画面]ケビン・デュラント [声]コービー・ブライアント
人は、皆違う。誰もが、独自に偉大だ。

レブロン・ジェイムス
俺がしようとしているのは、MVPになり、全てチームで、最高のプレーヤーになること。

ティム・ダンカン
適当は場所に溶け込んで、自分が出来ることをする。

スティーブ・ナッシュ
可能な限り速く考え、可能な限り速く動く。

デロン・ウィリアムス
エネルギーを持って、そのエネルギーを全員に伝える。

チョンシー・ビラップス
自分は出来ると信じる。ショーを仕切れる。自分がなれると思っている自分になれるんだ。

レブロン・ジェイムス
出て行って、スタッツを圧倒できると知っている。

[画面]スティーブ・ナッシュ [声]???
数字が映し出すこと。

カメロ・アンソニー
責任は重いが、同時に楽しい。

クリス・ポール
やる気を起こさせることが、同時に続けていく力になる。

コービー・ブライアント
ゆったり座って、学んで、観察する。

[画面]スティーブン・ジャクソン??? [声]???
全員が、やり易いように、努める。

[画面]デリク・ローズ [声]ローズ???
ただコートの戻るだけで、誰よりも興奮していた。

ケビン・ガーネット
責任を軽視して、毎晩ジャージを着たりしない。

[画面]コービー・ブライアント [声]アレン・アイバソン???
毎日出て行って、まるでそれが最後のゲームかの様に戦う。

ドウェイン・ウェイド
自分が価値がある者だということを、もう一度証明するためにプレーした。

レイ・アレン
一年良かったからといって、次の年が保障される訳ではない。

ジェイソン・キッド
経験はあるから、変化に着いていくだけ。

ドウェイン・ウェイド
一番困難なことは、翌年タイトルを守ること。

[画面]ポール・ピアース [声]ピアース???
誰もが落ちることを経験している。

ダーク・ノビツキー
失望もした。辛い敗北もあった。

ドワイト・ハワード
涙を、誰にも見られたくない。

==ビデオのみ==

1:57
レブロン・ジェイムス
チームを助けるため、個人でできることをする。

[画面]アマレ・スタウダマイヤー&ビンス・カーター [声]???
でかい奴。非凡な奴。自分自身を、楽な場所から押し出す。

ドウェイン・ウェイド
自分が得ようとしたものを得る。

クリス・ポール
奴らが間違っていたと、証明しようとしているんだ。

クリス・ボッシュ
自分のチームが、プレーができる準備が出来ていると感じられる時がある。

ケビン・ガーネット
ケミストリーとは、集中力の様だ。固定した状態の様だ。簡単なことではない。

ポール・ピアース
エゴは、入り口に置いて来る。

チョンシー・ピラップス
全員の人格が混じって、エゴがない。誰が、ビッグショットを打つのか、誰も気にしない。

[画面]パオ・ガソル [声]コービー・ブライアント
誰が、最高だなんて言うのは、不可能だ。

[画面]ジョッシュ・スミス&マイク・ビビー [声]???
勝てば、全員の手柄。

コービー・ブライアント
自分にとって勝利とは、満足しないこと。

トニー・パーカー
シーズンの終わりに、ゲームが全部終わって、トロフィーを持ってコートに立っている。

シェキール・オニール
勝つこと。それ以外は、何も問題ではない。

ドワイト・ハワード
全ては勝つこと。

デロン・ウィリアムス
勝利は、痛みを癒す。

[画面]ティム・ダンカン [声]トニー・パーカー???
何度も何度も勝ちたい。

コービー・ブライアント
常に、勝ち続けていたい





2010/07/30 15:46  NBA | コメント(12)

ラマーが世界選手権へ

ラマー・オドムが、世界選手権の最終メンバー、15名の一人に選ばれました。パオが、スペイン代表を辞退しているので、レイカーズからは、ラマーのみの参加となります。

Odom0728.jpg

全メンバーは、下記の通りです。オクラホマシティーから、3名選ばれています。末恐ろしいチームです。PGがやけに多いような気もするのですが・・・・

チョンシー・ビラップス(G / デンバー)
タイソン・チャンドラー(C / ダラス)
ステファン・カーリー(G / ゴールデンステート)
デビン・デュラント(F / オクラホマ・シティー)
ルーディー・ゲイ(F / メンフィス)
エリック・ゴードン(G / クリッパーズ)
ダニー・グレインジャー(F / インディアナ)
ジェフ・グリーン(F / オクラホマシティー)
アントレ・イゴダラ(G / フィラデルフィア)
ブルック・ロペス(C / ニュージャージー)
ケビン・ラブ(F / ミネソタ)
ラマー・オドム(F / レイカーズ)
ラジャン・ランド(G / ボストン)
デリク・ローズ(G / シカゴ)
ラッセル・ウェストブルック(G / オクラホマシティー)


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/29 17:32  NBA | コメント(14)

レイカーズ、サーシャをトレードの動き

レイカーズは、サーシャ・ブエチッチのトレード先を探しているようです。

クリーブランドが、デロンテ・ウェストをミネソタにトレード後、ミネソタは、ウェストをウェイブ(解雇)しました。実は、レイカーズも、サーシャとウェストのトレードを、クリーブランドに持ちかけてましたが、クリーブランドが、サーシャを欲しくなかったので、成立しませんでした。

サーシャは、2年前に契約を更新してから、数字は下がる一方で、昨シーズンは、コービーのバックアップの座を、シャノン・ブラウンに奪われ、プレータイムが極端に減っていました。来シーズンが契約最終年で、サラリーは、550万ドルです。レイカーズは、引き続き、サーシャのトレード先を探しているようです。

確かに、ここ2年のサーシャの働きでは、550万ドルは高すぎますが、代わりは誰にするのでしょうか?ガードが4人では心細いです。08-09のシーズン中には、サーシャとジョーダンが同時に怪我で欠場して、数分間、フロアーにガードが一人もいない状態でプレーしたことがありました。サーシャは、元々PGだったので、PG、SGどちらでもプレーできるので重宝です。それに、オフェンスはダメでも、ディフェンスは良いし、フリースローが決まります。サーシャよりも、ルークを処分してもらいたいですが、ルークは、ヨーロッパのチームでも、欲しくないでしょうね。





ロンロン、ドッジボールに転向?

ツイターを通して、ファンとの交流に熱心なロンロンですが、今度は、ファンとのドッジボールに挑戦しました。

ビデオでは、始めに投げていますが、かすりもしなかった上、簡単にぶつけられています。ターゲットがでかいので、しょうがないですが。




br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/28 16:33  Lakers | コメント(4)

マット・バーンズ入団記者会見

本日、バーンズの入団記者会見が、球団事務所で行われました。まず、ナンバーは、9。特に意味はないそうです。 長い記者会見なので、面白いところだけをご紹介します。

Barnes0728.jpg

契約合意に至った後、「夢が叶った。」とツイートしたバーンズですが、記者会見を次ぎの声明で、開始しました。

「レイカーになることが今までの夢だった。1980年代にカリフォルニアで育ったから、レイカーズを好きになるしかなかった。マジック、ワーズィー、カリーム、バイロン・スコットのショータイム時代の、熱狂的なファンとして育った。一回りして戻ってきた。大変な道のりだったけれど、レーカーになれて、とてもハッピーだ。自分と家族にとって、2連覇をして、3連覇を狙っている、歴史的なフランチャイズに参加することが最高の状況だと思う。自分には、これが向いていると感じだ。」

さらにバーンズは、「俺の役割は、何でもいい。自分の出来ることは何でもする。」と話しました。又、「対戦相手を苛立たせようとしている訳ではない。必死にプレーしているだけ。苛立たせるかどうかは、問題ではない。勝つことが問題だ。相手を尊敬はするが、恐れはしない。」とも。そうですかね?ボールを顔にぶつける素振りをするのは、何なんでしょうか。

その件についても当然質問され、「コービーと俺は問題ないよ。お互い、競争心が強くて、勝ちたいから、少しカッカ来て、どっちも引かなかった。でも、これからは、一緒に戦うからね。レイカーファンは、俺が嫌いだと思うけれど、それは、チームを強くサポートしているからで、嫌いでも、俺のプレーには敬意を持っていたと思う。」と返答しました。確かにそうですね。

フィルについても訊かれ、「最高のコーチ。色々と学ぶのが楽しみ。フィルほど成功しているコーチは、リーグにいない。自分が歴史の一部になることが待ちきれない。」と興奮を語りました。

ところで、コービーとの仲、チームのケミストリーが心配なファンも多いと思います。ラマーの「バーンズは猿」発言から始まり、ロンロンの「バーンズは、ステロイドを打っているペンギンよりはタフ。」という、訳の分からないトラッシュトークまで。バーンズも、「オドムの口に、汚いおむつを詰め込んでやる。」と、まるで、小学生の口喧嘩の様でした。

ことの発端は、コービーとバーンズの、ゲーム中のいざこざですが、バーンズは、レイカーズと契約合意に至るまでの、コービーと連絡を取り合っていたことを、明かしました。

「コービーにテキストを送ったら、すぐ返事が返ってきて、びっくりしたよ。金は捨てても、レイカーズでプレーする意義を、説明された。」と、コービーの説得があったからこそ、2倍近いサラリーの提示をしたクリーブランドを蹴って、レイカーズ入りを決断した経緯を説明しました。

又、ちょっと面白いことも言っていました。『コービーのおかげで、こうなった。この2週間、コービーとは、まるで彼氏と彼女のように、電話やテキストで話し続けた。世界最高のプレーヤーが、自分の味方っているのは、良い物だ。コービーは、絶対に、俺の味方だよ。コービーは、クレイジーなメッセージを送ってきたよ。「俺にたてつく程クレイジーなら、俺と一緒にプレーするのに十分クレイジーだ。」って。良い響きだと思うよ。レイカーになる準備は出来ている。』

バーンズだ、ロンロンだといっても、一番図太いのは、コービーだと思いませんか? ラマーとロンロンも、最初に顔を合わせたら、苦笑いをして、仲直りとなるのでしょう。

ところで、「彼氏と彼女のように。」を額面通りに受けたか受けないか、Yahooが面白い写真を載せていました。シーズンが始まったら、敵地で野次のネタになりそうです。

BarnesKobe0728.jpg





クリス・ポール残留へ

クリス・ポールのシーズン開始前のトレードは、なくなったようです。

CP0728.jpg

本日、ポールはエージェントのリオン・ローズと共に、ホーネッツの社長ヒュー・ウェバー、GMデル・デンプス、HCモンティー・ウィリアムスらと、ニューオリンズ市内のホテルで、約90分のミーティングを行いました。

ミーティング後、デンプスは、「ポールは、ミーティング中に、トレードを要求しなかった。来シーズン、ポールがホーネッツでプレーすることに自信を持っている。」と、声明を発表しました。

ポールは、直接メディアとは話しませんでしたが、球団を通して、「ミーティングは有意義なものだった。コーチ・ウィリアムス、ウェバー社長、新GMデル・デンプスと会う機会があって良かった。自分の勝利に対する熱望を表明して、彼らが、これからチームが向かう方向について述べたことが、気に入った。私は、キャリアを通して、ホーネッツのメンバーだが、これからも長く、ニューオリンズとルイジアナ州を代表るすことを希望する。」と、声明を発表しました。

ポールは、今月始めに、「優勝できるチーム造りをしないなら、トレードを希望する。」と発言し、その直後に、それまでのエージェントを解雇し、レブロン・ジェイムスのエージェント、リオン・ローズと、やはりレブロンのマーケティング会社LRMRと契約しました。レブロンが一連の騒動で、ファンやメディアから総叩きに遭っていることから、ホーネッツがトレードをする意思がないのに、ポールがこのままトレードを要求すると、マーケティング上、好ましくないことから、今回の「残留希望発言」に至ったという見方もあります。トレード期限が迫って、ホーネッツが勝率50%を切るようだと、再びトレード要求が再燃する可能性もありそうです。尚、ポールは、ホーネッツと、後2年契約が残っています。


br_decobanner_20100617115526.gif


ジョッシュ・パウェル、アトランタと契約

ジョッシュは、本日、アトランタと、1年/110万ドルで、契約しました。

ジョッシュは、レイカーズでは、殆ど出番は無かったですが、ゲームの3時間前には、ステープルセンターにやって来て、ウェイト・トレイニングやウォームアップをする練習熱心さで知られていました。チームメイトからも好かれていて、テレビには映らないですが、ゲーム前のスターター紹介の際、ベンチプレーヤーが両側に立って、スターターを迎える一番後ろに一人で立っていて、最後にスターターを迎えるのが、彼の役割でした。ロンロンによると、練習中一番トラッシュトークが激しいのが、ジョッシュだったそうです。やることをやっているし、みんなから好かれているからこそ、それが出来たんでしょうね。

JP0728.jpg


アトランタでは、アル・ホーフォードとジョッジュ・スミスのバックアップとして、プレータイムが期待出来ます。アトランタ出身のジョッシュは、ホークス入りについて、「勿論だけれど、子供のころは、ホークスを応援していた。ドミニク(ウィルキンス)の時代の興奮は、見るのが楽しかった。チームを引き続き改善して、出来れば、レイカーズで学んだことを、チームに生かしたい。」と述べています。

ジョッシュの契約のニュースは、ESPNのサイトやNBAのサイトは勿論、ロサンゼルスのローカルメディアのサイトにもなくて、アトランタの新聞のサイトで見つけました。ちょと寂しいですね。一年契約のようなので、来シーズンは、是非頑張って、来年FAの際には、大きなニュースになって欲しいです。2年間ありがとう、ジョッシュ!





レイカーズ、D.イーバンクス&D.キャラクターと契約交渉開始

ロサンゼルスタイムスによると、レイカーズは、先週、ドラフトで指名した、デビン・イーバンクスとデリク・キャラクターとの、契約に向けて、交渉を開始したようです。

二人は、サマーリーグで良い結果を出しました。ディフェンスには定評のあったイーバンクスですが、得点力もあることを、見せました。多少時間はかかっても将来は、ローテーション入りが間違いないというのが、大方の見方です。

ebanks_game41.jpg


デリク・キャラクターは、サマーリーグのルーキーランキングで、ドラフト1位のジョン・ウォール、5位のデマーカス・カズンズに次ぎ、3位に入る、期待以上の大活躍でした。すぐにでも、バックアップとしてプレーできそうです。

caracter_game5.jpg

現在レイカーズのロスターは、11名です。昨シーズンは、13名のロスターでしたが、GMミッチ・カプチェクは、「来シーズンは、14名ロスターで」と言っているので、ルーキー2名を加えると13名です。これに、現在交渉中のシャノンで、14名になります。そろそろ来シーズンが見えてきました。


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/26 08:58  Lakers | コメント(6)

コービー右膝を手術

プレーオフの、対オクラホマシティーとのシリーズ中に、右膝の水を抜く治療をして、生き返ったコービーですが、先週、その膝の手術をしたことを、レイカーズが発表しました。コービーは、右膝の手術は、2003年、2006年に続き、3度目です。トレイニングキャンプ前には、完治する予定です。

右人差し指の手術の予定は、未定か、少なくとも公表されていません。右膝の手術についても、誰も知らなかったので、指も手術後に公表になるかもしれません。

尚、アンドリュー・バイナムの右膝の手術は、7月28日に予定されています。


br_decobanner_20100617115526.gif


2010/07/24 14:57  Kobe | コメント(6)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。