I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

交渉決裂。11月末までのゲームが中止

昨日は、早ければ今日にも合意に至るのではないかと言われていた交渉が、決裂しました。それに伴い、NBAは、11月末までの、全てのゲームを中止にしました。これで、シーズンが開始しても、全82ゲームを行うのは、事実上不可能になりました。

決裂の最大の原因は、収益の分配率の様です。オーナー側は、50%-50%での配分、プレーヤー側、当初の57%からは譲歩したものの、52.5%からは譲れないという状態です。

但し、他の点では、暫定的な合意がありました。オーナー側が、500万ドルの、ミッド・レベル・イクセプションの継続に合意しました。契約年数についても、残留の場合は最長5年、移籍の場合は4年と、前回のCBAより共に1年短くすることで、両側が合意しました。

利益の分配率以外にも、プレーヤー側は、ハード・キャップがなくても、ラクシャリー・タックスを重くすることで、それが、事実上のハード・キャップの役割を果たすのではないかという、危惧があるようです。

又、11月末までのゲームが中止になったことで、オーナー側の利益が失われるので、今後のオーナー側からの条件提示は、更に厳しくなる旨、スターンが脅し発言しています。一体どうなるのでしょうか。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


スポンサーサイト
2011/10/29 16:52  NBA | コメント(8)

ロックアウト解除間近か?

プレーヤー側と、オーナー側は、昨日から本日早朝に至る15時間の交渉に続き、本日も、7時間半に渡る交渉と続けました。

交渉終了後、コミッショナーのデイビッド・スターンは、記者会見で、「2-3日中に、合意に至らなかったら、失敗だ。」と話しています。こういう発言があったのは、かなり合意に近づいているからだというのが大方の見方です。

又、リーグのコミッショナーと言っても、事実上、オーナーから雇われている、デイビッド・スターンが、選手会の記者会見で、後ろに立って、笑顔を見せていたことも、交渉が、順調に進んでいる表れと見られています。

明日も、東時間10:30から交渉が予定されていて、早ければ、明日金曜日、遅くても、週末には解決するのではと見られています。今週末までに解決すれば、直ちにトレイニング・キャンプを開始し、12月1日には、開幕に漕ぎ着けられる見込みです。

今回の交渉は、少人数で行われていて、リーグ側からは、デイビッド・スターンと副コミッショナーのアダム・シルバー、オーナー側からは、労使関係委員会会長、ピーター・ホルト(サンアントニオ)、幹事会会長、グレン・テイラー(ミネソタ)、ジェイムス・ドーラン(ニューヨーク)、プレーヤー側からは、選手会代表、ビリー・ハンター、選手会長、デレク・フィッシャー、副会長、モー・エバンズ、ロジャー・メイソン、他に、オーナー、プレーヤー側両者の弁護士が参加しました。又、本日の交渉には、パリからダラスの自宅に戻る途中、ニューヨークに立ち寄った、マーク・キューバン(ダラスのオーナー)も参加しました。

昨日からの交渉では、利益の分配率については話し合われなかった様です。プレーヤー側は、当初要求していた57%から、52.5%まで下げていますが、その他の条件によっては、必ずしも52.5%にこだわらないという所まで、態度を軟化させています。明日の交渉では、この配分率が、最初に話し合われる様です。

但し、明日、又は、週末の交渉で、合意に至っても、オーナー側、プレーヤー側両者が、合意内容に同意する必要があるので、ロックアウトが、即時に解除にはなりません。最悪の場合は、同意内要が否決され、交渉が振り出しに戻る可能性もあります。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/10/28 14:19  NBA | コメント(2)

労使交渉進展か?

一昨日の記事で、3-4週目のゲームが中止になることが、昨日火曜日に発表される予定とお伝え致しましたが、本日水曜日になっても、まだ中止が発表されていません。又、一昨日の時点は、今後の交渉の予定は無かったはずが、本日、7時間に渡る交渉が行われました。オーナー側は、交渉再開の前提として、プレーヤー側が、収益を50%-50%に分配することに同意する要求をしていましたが、それを撤回したため、交渉が再開した様です。

更に、スタープレーヤーによる世界ツアーに参加を表明していた、カメロ・アンソニー、レブロン・ジェイムス、クリス・ポウルが、今日になって、参加取り止めを発表しました。取り止めの理由は、3人共、「ロックアウト中は、家族と共に過ごしたい。」とのことです。
これらのことから、ロックアウトが長引かないという予測が、リーグ側にもプレーヤー側にもあるのではないかと言われています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/10/27 12:57  NBA | コメント(7)

シーズン3-4週目も中止へ

皆様、ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか。

NBAは、既に、開幕からの2週間のゲームを中止にしましたが、その後の2週間、11月28日までのゲームも中止にすることを、明日発表する様です。

オーナー側とプレーヤー側の代表は、先週火曜日から木曜日の3日間、合計30時間の交渉をしましたが、収益の分配で、合意に至りませんでした。

オーナー側の要求は、まずプレーヤー側が、収益を50%-50%で分配することに同意しなければ、他の交渉に応じないという態度ですが、プレーヤー側は、他の条件で合意に至らないのに、収益の分配率だけ、先に合意できないという言い分の様です。

プレーヤー側の当初の要求は、57%でしたが、52%まで下がって来ていますが、次回の交渉は、まだ未定なので、11月29日以降のゲームも、ほぼ絶望というのが、大方の見方です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/10/25 16:07  NBA | コメント(11)

ボローニャのオーナーがコービー獲得でオバマ大統領に仲立ち依頼

ビエルトゥス・ボローニャとコービーは、先週末の登録期限を過ぎても、契約が成立しなかったようですが、そのボローニャのオーナー、クロウディオ・サバティーニ氏が、オバマ大統領に、コービー獲得の仲立ちをするよう、以来の手紙を出していたことが分かりました。

親愛なる大統領閣下

私共は、コービー・ブライアントが、世界にバスケットの町として知られている、ボローニャーの、ビエルトゥス・パラカネストロでプレーすることを、夢見ています。

閣下のご希望通り、私共も、NBAのロックアウトが、早急に終了することを、望んでおりますが、その間、せめて1ゲームでも、偉大なるコービー・ブライアントが、私共の黒と白のジャージーを着てプレーし、球団史の一部になる機会を持つことを、ご助力願います。

クロウディオ・サバティーニ



そのオバマ大統領は、昨日、フロリダのオーランドで、政治資金集めの為のイベントに、マジックのドワイト・ハワードと共に出席しました。その席で、大統領は、「ここに来たのは、NBAのロックアウトを解決するためです。」と冗談を言った後、「ドワイト・ハワードに会う機会があって、ドワイトはとても良い友人だが、私は、NBAシーズンの開始が延期になって、心を痛めていて、早く選手がコートに戻ることを望んでいると、彼に言った。」と言っています。

尚、オーナーと選手会は、それぞれ、連邦政府の、労働争議の調停をする機関(federal mediator)と、ミーティングを持つことになっています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/10/14 11:47  Kobe | コメント(7)

NBAシーズン最初の2週間のゲームが中止に

シーズン最初の2週間、11月1日から14日のゲームが、中止になりました。

コミッショナーのデイビッド・スターンは、「溝が広過ぎて、現時点では、橋を架けることができない。こんなことになることは願っていなかった。」と言っています。

選手会長のデレク・フィッシャーは、「こうなることを選んだ訳ではない。我々は、NBAと公平な条件で合意する位置にいない。」と言っています。

又、組合代表の、ビリー・ハンターは、「誰もが、プレヤー側が、妥協するのを待っている様だが、それは、間違った決断だ。」と言っています。

11月1日にシーズンが開始しないことは、ほぼ分かっていたのですが、最初の2週間に予定されていたゲームが、中止になるのか、延期になるのかが、注目されていました。最初の2週間に予定されていたゲーム数は、各チーム、6ゲーム程度です。3週目からシーズン開始が可能な見込みがあれば、中止ではなく延期して、シーズン開始後の、空いている日に入れることが予想されていました。延期ではなく中止になったのは、3週目からも、シーズンが開始できる見込みがないからだと見られいます。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/10/11 15:46  NBA | コメント(8)

コービーのイタリアでのプレーに障害が

コービーと、ビエルトゥス・ボローニャが、契約で口頭合意に至ったことを、昨日お伝えしたばかりですが、正式に契約するのに、一つ障害があることが分かりました。

まず、契約内容ですが、昨日より、少し詳細が、分かりました。開幕から、35-40日間に10ゲームをプレーし、300万ドルを超えるという内要の様です。

ビエルトゥスは、コービーがプレーしている間に、チケット収入を最大限にするため、収容人員が多いアリーナへの変更と、それに伴うスケジュールの変更に動いています。スケージュールの変更は、相手チームの同意が必要ですが、現在、2チームが応じない意向を示しています。このスケジュール変更が、上手く行かないと、コービーとの契約に漕ぎ着けられない様です。

又、ビエルトゥスがビジターとしてプレーする際にも、ホームの球団のチケット売り上げが増えるので、ビエルトゥスは、相手球団にも、コービーのサラリーの一部を負担するよう、交渉をしています。

他にも、テレビ局と、コービーが出場するゲームの、放映権料で、再交渉を進めています。スポンサーには、ボローニャが本拠の、食品会社が興味を示していて、サラリーの一部を支払う様です。

コービーがイタリアリーグでプレーするためには、来週中に登録する必要があります。そこで、それまでに、問題が解決しないと、コービーのイタリアでのプレーは、実現しない見込みです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2011/10/01 16:50  Kobe | コメント(5)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。