I Love Lakers! NBA BasketBlog.

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オールNBAチームが発表

オールNBAチームが、本日発表されました。コービーがファーストチーム、ドワイトがサードチームに選ばれています。ポイントでは、レブロンがトップ、デュラントが2位、ポールが3位、コービーは4位です。

コービーは、これで8シーズン連続、合計11回目のファーストチーム選出で、カール・マローンと並んで、史上最高です。今回の選出前までは、10回選出で、カリーム・アブドゥール・ジャバー、エルジン・ベイラー、ボブ・コウジー、マイケル・ジョーダン、ボブ・ベティット、ジェリー・ウェストと並んでいました。

ダンカンは、これが10回目の選出で、2006-2007年シーズン以来のファーストチーム選出になります。


ファースト・チーム
F:レブロン・ジェイムス(マイアミ)
F:ケビン・デュラント(オクラホマシティー)
C:ティム・ダンカン(サンアントニオ)
G:コービー・ブライアント(レイカーズ)
G:クリス・ポール(クリッパーズ)

セカンド・チーム
F:カメロ・アンソニー(ニューヨーク)
F:ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
C:マーク・ガソル(メンフィス)
G:トニー・パーカー(サンアントニオ)
G:ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティー)

サードチーム
F:デイビッド・リー(ゴールデンステート)
F:ポール・ジョージ(インディアナ)
C:ドワイト・ハワード(レイカーズ)
G:ドウェイン・ウェイド(マイアミ)
G:ジェイムス・ハーデン(ヒューストン)

オールNBAチームは、スポーツ記者の投票によって選出されます。投票は、ファースト、セカンド、サードにそれぞれされ、ファーストが5ポイント、セカンドが3ポイント、サードが1ポイントで、合計のポイントによって選出されます。

各プレーヤーの得票数と、他に得票があったプレーヤーの情報については、NBAのサイトの記事を御参照下さい。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

スポンサーサイト
2013/05/24 08:34  NBA | コメント(49)

マックルモアがサンダーに憤慨

オクラホマシティー・サンダーは、プレーオフ2回戦シリーズを、メンフィス・グリズリーと対戦していて、1勝3敗と苦戦しています。そのサンダーが、プレーオフに入ってから、ホームでのゲーム中に、観客を盛り上げるために、マックルモアとライアン・ルイスの「Can’t Hold Us」をアリーナで流しています。この曲は、現在ビルボードで1位になっているヒット曲で、アップテンポでビートが効いているので、スポーツ・イベントで、観客を盛り上げるのには最適です。



NBAのプレーオフ中に、自分の曲をアリーナで流してくれたら、喜ぶかと思ったら、気に入らない様です。マックルモアは、シアトルの出身で、シアトルからNBAチームを取り上げたオクラホマシティーが、自分の曲を使っているからです。気に入らないのはマックルモアだけでなく、シアトル市民も不満の様です。不満を表しているツイートを、マックルモアはリツイートして、自分のコメントを付け加えています。「<-」以降が、マックルモアのコメントです。



「“@Dschrempf: @KING5Seattle @macklemore あれは俺達の曲でOKCのじゃない!<-今日の最高のツイート」




「RT @coug123: 明らかに、OKCブランダーは、マックルモアの’Can’t Hold Us’を、観客を盛り上げるために、アリーナで使っているらしい。<-え~、冗談じゃねぇーよ!」

「ブランダー」は「失敗、へま」という意味ですが、「サンダー」と引っ掛けています。恐らくシアトルでは、こう呼ばれているのでしょう。アメリカでは、スポーツファン同士がトラッシュトークをする際に、相手チームのニックネームを、韻を踏んだ別の事葉に代えて罵ることがよくあります。クリッパーズは、ポールとグリフィンが、罰金制度がなかった昨シーズンまで、よくフロップしたので、「フロッパーズ」と呼ばれて馬鹿にされました。ポートランドは、2シーズン前に、怪我人が多かったので、「フレイル(弱弱しい)ブレイザース」と言われました。レイカーズは、負けると「フェイカーズ」(偽物たち)と呼ばれます。トラッシュトークをするにも、ユーモアのセンスを忘れないです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/05/15 16:37  番外編 その他 | コメント(20)

NBAオール・ディフェンシブ・チームが発表

NBAオール・ディフェンシブ・チームが、本日発表されました。メンフィスのトニー・アレンが、トップで当選です。レイカーズからは、誰も選ばれていません。

ファースト・チーム
F:レブロン・ジェイムス(マイアミ)
F:サージ・イバッカ(オクラホマシティー)
C:タイソン・チャンドラー(ニューヨーク)
C:ジョアキム・ノア(シカゴ)
G:トニー・アレン(メンフィス)
G:クリス・ポール(クリッパーズ)
*チャンドラーとノアは24票でタイ

セカンド・チーム
F:ティム・ダンカン(サンアントニオ)
F:ポール・ジョージ(インディアナ)
C:マーク・ガソル(メンフィス)
G:エイバリー・ブラッドリー(ボストン)
G:マイク・コンリー(メンフィス)

コービーは、ファースト・チーム票が1票、セカンド・チーム票が4票、ドワイトは、ファースト・チーム票が3票、セカンド・チーム票が3票でした。

ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーには、マーク・ガソルが選ばれていますが、マークはセカンド・チームです。昨年も、ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーは、タイソン・チャンドラーだったのに、チャンドラーはセカンド・チームで、ファースト・チームはドワイトが選ばれました。これは、ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーと、オール・ディフェンシブ・チームでは、投票する人が違うからです。ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーが、スポーツ記者が投票しているのに対し、オール・ディフェンシブ・チームは、各チームのHCが投票しています。

各プレーヤーの得票数と、他に得票があったプレーヤーの情報については、NBAのサイトの記事「 Grizzlies' Allen, Heat's James headline 2012-13 NBA All-Defensive First Team」を御参照下さい。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/05/14 05:11  NBA | コメント(6)
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。