オフェンスがちぐはく、ディフェンスがソフト

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オフェンスがちぐはく、ディフェンスがソフト

Game Score

コービーは、メンバー提出直前に、出場が決まりました。ダラスは、ノビツキーが膝の手術の為に、ケイマンが、ふくらはぎの肉離れのため、欠場しました。

1Q
レイカーズの、開幕最初のバスケットは、ナッシュの3ポイントでした。観客からは、まるで、ファイナル、ゲーム7の4Q終盤の様な、歓声が起こりました。よくボールが動きましたが、プリシーズンの時の様に、パスをするのが目的のパスがなく、着実にパスしていました。楽に決められるシュートが多く、メタ以外の全員が、高い確率で、決めていました。ディフェンスでは、コリソンに、よくレイアップを決められたのと、メイヨに、3ポイントを含む、ジャンパーを決められました。ジャンパーは、がら空きで打たれていないので、ディフェンスが、特に悪かった訳ではないです。

セカンドユニットへの交代は、まず、残り3分ちょっとで、ナッシュとコービーが、同時にベンチに下がり、ブレイクとミークスが登場し、その直後に、ドワイトとメタが下がり、ヒルとジェイミソンが登場し、パオがセンターにスライドして残りました。ミークスが、登場した直後に、不注意なパスで、ターンオーバーをしましたが、それ以外は、着実にプレーしていました。パオは、ベンチとのプレーなので、積極的に打ち、ミークスは、最初のシュートで、3ポイントで決めました。レイカーズが苦手なはずのファーストブレイクでの得点も、ジェイミソンがスティールしてドリブルで走り、ヒルのダンクに繋がりました。ブレイクは、ボールを持ちすぎることなく、まずまずのプレーをしていました。29-25の4点リードで、コーターを終了します。

2Q
パオがベンチで、ハワードがセカンドユニットとスタートしました。出足に続けて決めて、点差を離しましたが、その後、ドワイトが、フリスローを2本外したり、ヒルのオフェンシブ・ファウルでのターンオーバーがあったりと、得点が止まります。ディフェンスも、出足は良かったのですが、半ば前から、半ばにかけて、クラウダーに、3ポイントを含む、アウトサイドのジャンパーを、よく決められます。ドワイトが、序盤に、フリスローが、0-4だったのも、失速の原因の1つでした。半ば前に、同点に追いつかれると、戻った直後のナッシュが、スティールされ、逆転されます。後半は、一進一退で、ディフェンスはまずまずでしたが、オフェンスでは、ボールの動きが悪く、時間がギリギリになってから打つことが続きました。48-46の2点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
ドワイトの、3秒ルール違反による、ターンオーバーで開始します。この辺りが、ゲーム感が戻っていない所なのでしょう。序盤に、コービーが、3連続で決めますが、コービー以外が、決まりません。この間、ダラスに、ジャンプシュートばかりを、続けて決められます。がら空きにしてはいませんでしたが、クローズが甘かったです。半ばに、パオとドワイトが、続けて決め、追い上げムードになりますが、ディフェンスで止められないので、点差が縮まりません。半ば過ぎに、よくやく止めると、パオのフリースローと、コービーのジャンパーで、3点差に追い上げますが、ここからが、良くなかったです。オフェンスでは、メタとナッシュが、続けて、どちらも、時間ギリギリに打って外し、ディフェンスでは、カーリー、ブランドのビッグマンに、続けて、バスケットの近くで、決められます。ドワイトが、本調子なら、これだけ簡単には、決められなかったはずです。

終盤は、まず、ナッシュとヒルが同時にベンチに下がり、次に、ブレイクとヒルが登場し、コービーとメタが下がり、ミークスとジェイミソンが登場します。終盤は、よくオフェンシブ・リバウンドを取ったのですが、そこから、ファウルされても、フリースローを外したり、昼が、2度続けて、オフェンシブ・リバウンドを取っているのに、ブレイクとミークスが、続けて、3ポイントを外したりと、得点に結び付けられませんでした。74-66の8点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足に、又、時間ギリギリになって、ブレイクが、ジェイミソンにパスしますが、ジェイミソンが、体勢を崩しながらも決めた上、ファウルを取って、&1も決めます。ところが、そこから、ヒルが、又オフェンシブ・リバウンドを取って、ファウルされているのに、フリースローを2本共外します。ディフェンスでは、逆に、ファウルした上に、決められ、&1を与え、たり、続けてファウルをしたりと、ファウルをしないで、ディフェンスができなくなります。ダラスは、レイカーズと違い、フリスローを、きっちり決めました。序盤で早くも、二桁得点差にされると、差を広げられ始めます。半ば前に、スターターが戻りますが、オフェンスがちぐはぐで、決まらない上、オフェンシブ・リバウンドを取っても、そこから、決められません。点差は離れていく一方で、追い上げムードには、一度もならないまま、敗戦となりました。





コービー:22得点(11-14)、0アシスト、1リバウンド
ゲーム開始の1時間半前くらいに、出場が決まりました。80%の状態だそうです。アシストとリバウンドの少なさに、それが現れているのかもしれませんが、体調不十分で、これだけやれば、充分です。

ドワイト:19得点(8-12)、10リバウンド
まだ、リバウンドやディフェンスへの反応が、1歩遅いです。ジャンプも充分にできていないです。オフェンシブ・リバウンドを取っても、そこから、フィニッシュできないです。昨日のインタビューでは、「ヘルニア自体は問題ないけれど、手術を受けると、筋肉を切るので、それが元に戻るのに時間がかかる。筋肉の持久力が、元に戻っていない。家に例えたら、土台と壁は建てたけれど、まだ絨毯も暖房もない状態。」と言っていました。リバウンド争いでは、並みのセンターにしか、見えませんでした。復帰は、早くてもクリスマス前と言われていたのが、もうプレーしているので、不十分な状態なのは、分かりきっています。フリースローは、ACのチャック・パーソンズが専属でコーチし、打つ前のボールを持つ位置を高くしていますが、今日の所は、成果はなく、3-14でした。

パオ:23得点(8-19、3PT=1-1)、13リバウンド、6アシスト、3ブロック
やる気満々でした。シュートの確率は、あまり良くないですが、オフェンシブ・リバウンドからのプットバックが決まらなかったり、時間がギリギリになってからのシュートもあったので、内容は悪くないです。

ナッシュ:7得点(3-9、3PT=1-4)、4アシスト
新しいメンバーで、新しいシステムで、PGが一番大変だと思います。アシストは、少ないですが、良いパスを出しているのに、チームメイトが決められなかったものが、何本かありました。

メタ:3得点(1-8、3PT=0-3)、8リバウンド、4アシスト、3スティール
体重を減らしたので、走れる様になったし、ジャンプができる様になったので、リバウンド数が、昨年のPG並みに比べたら、かなりの進歩ですが、オフェンスは、全く改善が見られないです。スティールは多いのですが、ターンオーバーも、3あるので、差し引き0です。ボールを持つ機会が少ないのに、ターンオーバーが、多いです。

ヒル:9得点(4-6)、5リバウンド
よく走るし、5リバウンドの内、オフェンシブ・リバウンドが4もあって、エネルギー部門で貢献しています。今日に限っては、折角オフェンシブ・リバウンドを取っても、その後ファウルをされ、フリスローを外していますが、元々、フリースローは、それ程悪くないので、心配はないです。フリースローは1-6でした。


ブレイク:無得点(0-2、3PT=0-1)、6アシスト
ボールを長く持ちすぎないで、よく動いていました。アシストは評価できますが、シュートは、数字の問題だけでなく、オープンなのに、躊躇して、クローズされてから打ったりと、相変わらずです。

ミークス:3得点(1-3、3PT=1-3)

ジェイミソン:5得点(2-4、3PT=0-1)、5リバウンド、2アシスト
プリシーズンから比べて、動きが良かったです。特に、リバウンドに対する、反応が良いです。


オフェンス
1Qは良かったのですが、2Qから、おかしくなりました。ボールもプレーヤーも、止まっているのが目立ちました。ドワイトが、「正しい動きをしようと、考え過ぎている。」と言っていました。オフェンスは、暫くは、我慢です。但し、シュートは、全体で38-77の49.4%なので、それ程悪くはないです。それも、メタと、ブレイクが、合わせて1-10と脚を引っ張っていて、この確率です。新しいメンバーとシステムで、これなら、まずまずです。

良かった点もあります。昨年と比べて、スクリーンを、しっかりセットする様になってきました。スクリーンの使い方も、上手くなってきています。

フリスローが、12-31の38.7%と、シュートより酷いです。ハワードと、ヒルが合わせて、4-20です。この2人が、半分決めていたら、接戦でした。オフェンスは、悲観する必要なないです。


ディフェンス
ペリメターも、ペイントも、全般的に、甘かったです。ジャンプシュートは、一見カバーしている様に見えますが、クローズが甘いので、窮屈にさせていないです。ローテションは、ヘルプには出るのですが、ヘルプに出たプレーヤーのヘルプが、遅いか、無いかです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/10/31 17:20  Lakers | コメント(26)
まめさん、こんにちは。
NBAのサラリーは、上限があって、年功序列です。勿論、30歳過ぎての契約は、殆どの場合、変わらないか、下りますが。どんなに良いプレーヤーでも、上限があるから、そこで引っかかって、その下のレベルのプレーヤーと、同じサラリー額になります。レブロンやKDは、マックス以上の価値がありますが、上限があるので、それ以上貰えません。ウェイドは、恐らく、マックス通りの価値でしょう。アマレやジョー・ジョンソンは、需要に対して、供給が足り無いから、マックスの価値がないのに、買い手の競争で、マックスに上がります。テストの内容が易しいと、100点が増えるのと同じです。同じ100点でも、レベルが違います。
[ 2012/11/02 06:47 ] [ 編集 ]
Mayさんが仰るように、やはり需要と供給の均衡点が、一定以上のレベルを越えると一気に高まりますね。
今回の契約延長で、ローソンが1年1200万ドル、Sカリーが1100万ドル、ホリデーが1000万ドル、ギブソンが950万ドルですから、彼等よりは確実に実力が上(オフェンス・ディフェンス・ゲームメイク・怪我もしない)のハーデンは、競合になって一気にMaxまで上がると。

あと、ヒューストンはハーデンを少なくとも半年前からは狙っていたようです。


>LAXさん
確実にこんな調子は続かないでしょうが、ジェニングスほどの落差にはならないはず!ジェニングスはスカウティングが皆無だった状態での活躍でしたが、ハーデンはどこのチームにも知られていて、すでにそれなりの対策を練られている状況での活躍ですからね。それに味方の使い方も知ってるし、シューターとしも機能するので、1on1が止められても他の活躍のしようはありますし。
[ 2012/11/01 18:33 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>dub mさん

ロスターに15人いるので、トレードでなければ、誰も獲得できないです。要らないのが、何人もいるのが、問題です。


>>LAXさん&まめさん

ハーデンのサラリーは、ぱっと見て、1を見逃して、気が付きませんでした。英語だと、80milで、日本語だと、桁が変わるので、分かり難いです。5年で1800万ドルだと、ミッドレベルイクセプションより、低いですよね。

ハーデンは、マックス契約のプレーヤーかどうかは別として、どこかがマックスを出すはずなので、その点からは、マックスの価値があります。多少高くても、ある程度の仕事はする訳で、ハーデンにマックスを出さなければ、サラリーに見合った人でも、レベルが下がる人しか、獲れません。

マーチャンダイズ化はしやすいでしょうね。活躍したら、髭グッズが売れそうです。

ヒューストンについて、ふと思ったのですが、最初からハーデン狙いだった可能性もある得ますよね?ドワイトは、ヒューストンなら、残留しないと、最初から言っているし。スコラをアムネスティーにした時に、周りが勝手に、ドワイト狙いと決めていただけで、球団は、そうすると公言していたのではないし。ハーデン狙いではなくても、OKCが、イバッカとハーデンの両方をキープするのは無理と見られていたので、どちらかを獲りに行くつもりだったかもしれないです。
[ 2012/11/01 17:31 ] [ 編集 ]
お疲れ様です!
今日はポートランド戦ですね

確かに悩みはSFですね並の選手でもいいからほしいですね。
ピートラスなんかはまだ未契約だと思うのですが、また獲得する噂なんかはありますか⁇

今年ほレイカーズはスーパースターが集まってますが、個人の役割がハッキリしてるし、ベテランなので内輪揉めとかはなさそうですね

ガソルとナッシュのP&Rとベンチが鍵ですね

今日は勝ちますよ
Go lakers
[ 2012/11/01 11:51 ] [ 編集 ]
訂正:ハーデンは5年8000万ドルです。
[ 2012/11/01 11:43 ] [ 編集 ]
髭男爵、すさまじいデビューでしたね!
移籍した選手が新天地初戦で30Pt+, 12Ast+したのは史上初だそうです。

まめさん>Hardenの契約は5年1800万ドルではなく、5年8000万ドル(1800万ドル/年)ですね。
なのでPau(1900万ドル/年)や、MIAのBig3と同じくらいです。
(そう意図されていたのでしたらすいません)

確かにLebronやWadeよりも価値があるかと言われれば「?」ですが、
彼らも共存するための妥協をしていたりしていて
Hardenは前からMax契約に値する選手とずっと言われてきたので、
彼のポテンシャルとHOUのニーズを考えたら高くはない気もします。

髭は賛否両論ありますが、マーチャンダイズ化もしやすいですし、
球団としては副収益もいろいろと見込めますので。

今日のパフォーマンスがJennings効果ではなく安定的にあれば、
オールスターも確実でしょうし、HOUは紆余曲折して結果OKになった感じですね。
[ 2012/11/01 11:39 ] [ 編集 ]
ひでさん&まめさん、こんにちは。
>>まめさん

乱れ打ちオフェンスとは、よく言いましたね。(笑)

サラリーは、野菜の値段と一緒で、価値だけで決まらなくて、需要と供給のバランスで決まります。豊作だと美味しいけれど、供給が多いから、値段が下がって、不作だと、美味しくないけれど、需要が供給を上回るから、値段が上がります。ハーデンの場合は、実力がマックスなのではなくて、需要が、供給を下回っているから、競争になって、マックスになります。


>>ひでさん

プリンストンオフェンスが、上手く行くと、楽に決まるのですが、まだ、毎度毎度、上手く行かないです。それと、パオがボールを持つことが多いですが、習慣的に、行き詰ると、コービーを探します。ナッシュが、アウトサイドで、がら空きなのに、無理してでも、コービーにボールを渡したりします。システムもありますが、その辺りが、まだ、お互いに、慣れていない点なのだと思います。暫くは、辛抱ですよ。
[ 2012/11/01 11:33 ] [ 編集 ]
レイカーズに関係なくてすみません。

ハーデンはいきなり37P(14/25)6R12A4Sでしたね(笑)ヒューストンの乱れ打ちオフェンスが合っているようです。バスケIQと集中力が他と違い過ぎる。こんなにスコアリングとチャンスメイクを兼ね備えた奴はそうはいない。でも、5年1800万ドルの価値はないですね(笑)
[ 2012/11/01 11:22 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
今シーズンもよろしくお願いします。

ディフェンスも良くなかったですが、1クォーター以外のオフェンスも良くなかったと感じました。
なにか個々それぞれの“持ち味”が生かせていなかったような・・・
そのようなところがプリンストンオフェンスがチームにまだ浸透していないからなのかと思いました。

Mayさんもシーズンの最初は覚悟するべきとおっしゃってましたが、その通りですね。

開幕は勝利でスタートしてほしかったですが、まだ始まったばかりですし、チームとして良くなっていくことを期待したいです。

[ 2012/11/01 11:05 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>古参者さん

ブランクだけでも、プレー錆び付くのに、まだ体調が充分ではないので、仕方が無いです。殆どのプレーヤーなら、まだプレーしていないです。バイナムなら、練習もしていないです。

コービーは、1on1も減ったし、オフボールで動いているので、その負担も減ります。私も、P&Rを、もっと使っても良いと思います。やろうとして、上手く行かなかったのが、幾つかあったので、これから、増えていくとは思いますが。

私も、トライアングルが憶えられない人に、プリンストンが憶えられるとは思えないです。だから、アウトサイトにポストアップして、3ポイントを決めてくれれば、それで良いですが、相変わらず、それも出来ません。イーバンクがでた方が良いですよね。オフェンスでは、メタのドタバタが、本当に、目障りです。

仰る通り、最悪でも、去年よりは、マシですよ。


>>akrさん

プリンストンは、上手く行っている時は、楽に決めていますが、まだ慣れないから、考えていることが多いです。特に、上手く行かなくなった時に。パオは、仰る通り、プリンストンには、最適です。ナッシュは、自分自身で、フィニックスの時は、常に自分からオフェンスを始めないといけなかったし、チームメイトをオープンにするのが、大変だったと言っているので、同じことをやる様に、期待するファンが、見当違いです。もう少し、ボールを持った方が良いですが、常にボールを持って動いているのでは、ミニッツも限らないといけないです。それより、レイカーズは、アウトサイドが欲しいです。仰る通り、レイカーズには、ナッシュ以外にも、アシストできる人がいるので、アシストより、3ポイントです。

去年は、メンバーが代わっていなくても、5割ちょっとの出だしでしたよね。今年は、メンバーもですが、体調が充分ではない人が、2人いるし、その2人が、#1、#2なので、厳しくて当然です。マイアミは、9勝8敗の出だしだったそうです。

パオがいなくなると、困りますが、ドワイトでも、ある程度できると思います。


>>天使の街の湖軍団好きさん

決めているシュートは、楽なのが多かったですよね。慣れてきたら、それが増えてくるはずです。

ヘルプディフェンスは、最初のヘルプがあっても、そのヘルプがないです。ミドルが決まらないのは、本来なら、高確率で決めるポジションの、SFが、使い物にならないからです。

残り2-3分で、二桁得点差なのに、スターターを残しておくのが、疑問ですよね。まして、バックトゥーバックなのに。


>>ロンロン大好きさん

ブレイクは、前から、たまには良い時があります。それで、この調子でと期待すると、長続き所か、2ゲーム続かないです。去年までは、パスする相手もいなかったので、ブレイクだけの責任ではないですが。私も、イーバンクスを使わないのは、勿体無いと思いまが、それなら、ジェイミソンかヒルのどちらかを使わないか、ミニッツを減らすかになりますよね。その内、去年の様に、メタのミニッツが減っていくはずなので、そうなったら、イーバンクスの出番があるはずです。


>>かずさん

怪我人がいて、キャンプで、全員揃って、なかなか練習できなかったのが、痛いです。これからですよ。

レジー・ミラーが、「1ゲーム」と言っていましたよ。


>>PENNYさん

プリンストンは、トライアングルとは、親戚の様なものです。それに、トライアングルが良いなんて言っても、戻るわけではないです。


>>まめさん

フリースローは、余りにもあり得なかったですが、メタのシュートは、この2年間、こんなものですよ。フリースローも、ビッグマン並みだし。

仰る通り、メタが、オフェンスでは、使い物にならないです。今年は、3ポイントを期待したのに、それも、大したことないです。体重を落とした以外に、何もしていないと思います。7月までは、パーティーしまくって、食べまくっていたというくらいなので。ベンチが弱いから、スターターと混ぜた方が良いというだけでなくて、ミークスやジェイミソンなら、3があるので、ナッシュとドワイトを、ベンチと使う時間を作ったら良いと思います。合わせて、メタのミニッツを少なくして、ジェイミソンのミニッツを増やしたら良いです。でも、今は、まだそこまで行かないです。まず、同じメンバーで、ある程度やらないと、連携が上手く行かないです。


>>ラッパさん

コービーの怪我だと、プレーしても悪化しないそうです。

フリースローは、ドワイトなんですよね。ゴルファーや、野球でも、フォームを変えたら、良くなる前に、悪くなります。まして、ドワイトは、元々、フリースローが悪いので、更に悪くなります。暫くは、仕方が無いです。

ディフェンスのローテーションは、最初は行くのですが、その次が駄目でした。

私も、ミニッツは疑問です。ホーム・オープナーだったのも、あるかも知れませんが。


>>かぼちゃケーキさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

悪い時でも、去年の様な、重たさはないですよね。パオは、プリンストン向きなんでしょうね。それに、順応性が良いのと、憶えが早いです。トレードで来た直後も、何年も、トライアングルをやっていた様に、プレーしていました。

シーズンが始まったばかりなので、ちょっと悪いからすぐベンチという訳にも行かないでしょう。去年も、イーバンクスが、スターターからベンチ暖め、バーンズが、ベンチ暖めから、スターターになって、バックアップ、メタが、バックアップからスターターと、シーズンが進むにつれて、変わりました。それも、4Qは、メタが戻らないで、バーンズといこともありますひた。ミニッツの配分は、これからだと思います。


>>ppidさん

いつも、ありがとうございます。良いビデオですね。これも、タイムワーナーなので、その内、削除されると思いますが。閲覧数が少ないので、まだ気が付ていないのでしょうか。

仰る通り、相手は、スターがいないだけでなくて、新しいメンバーばかりなので、勝ちたかったです。でも、ダラスは、あのメンバーは、プリシーズンを、やってきたので、レイカーズよりは、お互い慣れているはずです。


>>コウさん

お久しぶりです。

ダラスがミドルをよく決めましたが、前に立っているだけで、プレッシャーをかけていないですよね。スターターが、5人揃ったゲームは、これが2ゲーム目なので、連携が上手く行かないのは、仕方が無いです。

セカンドユニットは、去年のとは、雲泥の差です。カポノやマーフィーは、今年は、NBAにすらいないです。

1人オクタゴン・オフェンスは、流石にプリシーズンよりは減りましたが、それでも、時々ありますよね。あの人が、ボールを持つと、流れが止まります。


>>nさん

ボールが動かないというのは、実際に、全くボールが動かないという意味ではなくて、スムーズに動かないというか、効果的に動かないということです。昨シーズン中、よく、ゾーンディフェンスをされて、ボールを3ポイントラインで、端から端まで、「動かして」、戻って来て、それを、2往復くらいすることがありましたよね?確かに、ボールは動いていますが、動かしたことにならないです。

コービーとナッシュが、同時に引っ込むのが、疑問ですが、今の内は、なるべく同じメンバーで、プレーさせたいというのは、あるかもしれません。

ディフェンスも、トレイニングキャンプ中、ドワイトは最初の1週間はコンタクトがある練習ができなかったし、コービーは、最後の1週間は、練習ができなかったし、結局、真ん中の2週間くらいして、全員揃って、練習をしていないです。練習不足だと思います。


>>oct22さん

1Qは、ボールがスムーズに動いたのに、それ以降は、ポツポツした感じでした。ドワイトのフリースローは、これからです。決まらなくても、我慢して、新しいフォームで打たないと。


>>アレさん

ドワイトのフリースローは、悪かったですが、オーランドの時と違って、打った瞬間外れるのが、減ったと思いませんか?どのスポーツでも、フォームを変えると、最初は、前より悪くなるけれど、長期的に良くなるはずなので、我慢するしかないです。練習では、よく決まるそうなので。

コービーは、ジャンプと、横の動きが上手くいかないそうです。


>>LAXさん

こういうのを、trap gameといいます。よく、スタープレーヤーが欠場しているチームに、強いチームが負けます。NBAだけでなくて、NFLでもあります。無意識で、油断するのだと思います。

仰る通り、メンバーが全員揃っただけでも、良かったです。全員が揃ったゲームは、これが、2ゲーム目ですよね。

ランドは、前からPunkですよ。
[ 2012/11/01 10:57 ] [ 編集 ]
ハワードがヤワでしたね。フリースローが極端に死んでる試合は幾度も見ましたが、あんな競り合いに弱いハワードは初めて見ました。

やっぱりブランクって怖いですね。当分は去年のバイナムより酷い事になるのを改めて覚悟しておきます。

収穫だったのは、他の方も仰ってるように昨季までよりコービーの1on1以外からの得点が極端に増えてた事。まあ怪我のせいとか新戦術の練度を優先してとかもあるのかも知れませんが、USGも年老いた今更2年連続で35越えなんていう異常な事になってたのが21くらいにまで減らしてますし、オフェンス面の負担は大分下がりそうです。

それと、もう少しピック&ロール使って良いんじゃないかなとも思いましたね。いくらプリンストンの練度高める方を重視するとは言っても、ポストばかり頼りすぎな気がしました。

それにメタってお馬鹿の典型ですよね?たまに守備では狡賢さを見せますが、バスケIQってよりは嗅覚って感じだし、彼がいるチームがプリンストン極められるとはどうしても思えないです。トライアングルと同じで、1人でも理解力不足の選手がいると機能不全に陥ると聞いた事があります。二連覇した時も、かつてのブルズ程の完成度の高さとはお世辞にも言えませんでしたよね?メタが来る前の09年はともかく10年は特に。

ハワードもバイナムと頭の方だけなら大差無いような気もしますし、あまり固執しすぎて取り返しがつかなくなる事態だけは避けて欲しいです。

何ならナッシュのピック&ロールとコービー頼みだけでも去年よりは全然マシになるはずですから。

[ 2012/11/01 09:45 ] [ 編集 ]
WOWWOW録画して見ました。

プリンストンオフェンスについて解説者がしきりに喋ってましたが、見た感じGOODだと思いますね。
ローポスト空けてそこにパス&ゴーでカットインしてイージーレイアップが何本かありました。
あれならオフェンス能力が高くなくとも確率よく決められるし。
オフボールのプレーヤーが動いてて、去年よりもスムーズなオフェンスに見えました。
そして、このオフェンスのキーマンはハイポストに入るバウで、得点、アシスト、リバウンド、全ての中心になる必要があります。
それを理解した上で、ものすごくやる気をだして頑張ってましたね。
ナッシュのアシストは減ると思いますが、ナッシュの負担を減らす意味でもGOODかと。
ナッシュには、アシストは減るけどスリーポイントのアテンプトを増やして欲しいです。
これといったシューターが居ないので。

ディフェンスはMayさんや皆さんと同意見です。

開幕戦なので今後の展望を少し。
スタメンが二人も変わり、しかもPGが変わり、新しいシステム導入なので、最初の1ヶ月は5割程度の勝率かと。
クリスマス当たりか年明けあたりから10連勝くらいして、オールスター前に貯金10。
こんなシナリオ思い描いています。

引き合いに出したくもないですが、マイアミのビッグスリー結成時も確か出足は5割程度の勝率で、コーチの首が危ないって騒がれてましたよね。
心配いりません。

むしろ心配なのは、このオフェンスの中心であるバウの怪我です。
バウが離脱したら、ハイポストにはいる器用なビッグマンが居ません。
そうなると、コービーのアイソやナッシュとハワードのピック&ロールに頼らざるを得なくなってしまいますから。

バウ、怪我しないでよー。
[ 2012/11/01 08:23 ] [ 編集 ]
後半はグズグズでした。
まあでも
良い点はイージーショットがたくさん作れていたこと。
コービーのアイソレーションが減りましたね。
パオのポイントPFは面白いオプションになりそう。
オフェンシブリバンドも負けなくなりました。

悪い点はヘルプデフェンスの遅れ。
ミドルジャンパーの不確実生。
相変わらずのベンチポイント不足。ジェイミソンを生かせてない。これはPGの問題かな…

そして何と言ってもスターターのミニッツ超過。
何で足が痛いコービーを35分使うのか…

ドックリバースとポポビッチの爪の垢を煎じてブラウンに呑ませたい。

ブレイクについてはトレード価値を上げるために使い続けているとしんじるほかありません。
出なきゃ納得できない。
[ 2012/11/01 02:51 ] [ 編集 ]
まぁコビーはしょうがないとして、もっとナッシュが見たかったな。なんかブレイクばかり出てた気がする。今日は無難にこなしてたけど、なんか見ていて落ち着かないんですよね。それからメタですが、あの絶対に入らないフェイダウェイを打つのは止めて欲しい。あとバックアップはジェイミソンで行くんですかね?イーバンクスがもっとみたいですね。今は我慢の時ですね。
[ 2012/11/01 00:01 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
ついに開幕しましたね、今シーズンもよろしくお願いします。

いや~、見事に負けました。修正箇所が沢山あって良いですね。
今にうちに悪い点を出せるだけ出しておいた方が良いです。
スターターのミニッツが気になります、ベテランが多いの
でもう少し減らして欲しいです。

すでに日本の掲示板では今シーズンのレイカーズは
もう終わった等の書き込みが出始めています。
プレシーズンから数えて9連敗しているからだそうです。
まだ始まったばかりなのにすごい結論ですね…。
しばらくは、今に見てろという気持ちで暖かく見守りたいと思います。


[ 2012/10/31 23:26 ] [ 編集 ]
コービーは昨シーズンから序盤にマイケルみたいに、アームバンドを着けないようになり、悲しいですね。

アームバンドを着けていると、マイケルみたいに見えるので、、、
[ 2012/10/31 23:09 ] [ 編集 ]
勝敗に関しては、フリースローとメタのシュートが余りにもあり得なかった結果なので、そこまで重要ではないと思います。
それにダラスは、ノビツキーがいない中ではこれしかない、という勝ち方をそのまま実行出来たかなりの集中力と運があったので、そこも誉めるべきかと。

さすがに両ウイングが機動力と3Pをある程度のレベルで兼ね備えていないと、ナッシュのピック&ロールは機能しませんね。DFはピックに合わせてただ中に収縮すれば良いだけですから。メタなんて完璧にフリーにされて、ロールした後のハワードに敵が群がるような状況では、ナッシュも厳しいですよ。

ナッシュとハワードは、3Pが得意な選手ばかりに囲まれて過ごしてきたので、シューターがほとんどいないレイカーズでは、その部分でアジャストが必要だと思います。レイカーズにはペイント内で強さを発揮する貴重な選手が多数いる代わりに、とにかく中が狭いですからね。
[ 2012/10/31 22:50 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

やっぱりKobe出場しましたね。予想はしてましたが…
怪我が悪化しなければいいですが、出場はチームドクターの許可が出ているということですよね!?

今日の負けはフリースローとディフェンスですね。
オフェンスはまだ合わないのはしょうがないですが、せっかくとったフリースローはもっとしっかり決めないと。
ただフリースローが得意なKobe・Nashは1本も打ってないですしPauは6/8なんでそこまで落としているわけではないんですよね。Howardは半分ぐらい決めてくれればとりあえずはいいですが、Hillにはもうちょっと決めてほしいですね。まぁここまでの不調はなかなかないかもしれませんが。
ディフェンスは後半足が止まることが多かったですね。それにローテーションが悪かったと思います。ジャンプシュートやゴール下で間に合わないのが多かったのでそこでけっこうやられてましたね。

まぁまだチームケミストリーができてるわけではないですし、それにHoward・Kobe・Hillは手負いですからこれからまだまだ良くなると思うんで楽しみです。

あとはスタメンのミニッツをもっとちゃんと管理してくれないと…
全員35分以下には抑えてほしいですね。Howardは怪我明けで37:59、Pauも40:19ですから流石に…
それにベンチのケミストリーもあるんですからMeeks・Jamison辺りをもうちょっと使ってもいいのではないかと。
[ 2012/10/31 21:52 ] [ 編集 ]
かぼちゃケーキ
更新お疲れ様です。今年もよろしくお願いします!
1Q~2Q始めに関しては、人もボールもよく動いて昨季のような重たいオフェンスの雰囲気はなく、新生レイカーズに期待せざるを得ませんでしたね~。パオが状況に応じてシュート、ドライブ、パスと潤滑油のような働きをしていたので、やっぱり周りの環境が変わればこれだけできる選手なんだと改めて感じました。

後はヒル、ジェイミソンが良かったです。2人ともよく安価で契約してくれたなと思う出来でした。ヒルはあれだけできたら十分オフェンスでも貢献してくれそうです。ジェイミソンもリバウンドには飛び込むし、オフェンスも○。それだけに2人とも出場15分程度なのはもったいない。メタなんか今日の出来で36分も出てるのに…。連携なんかはまだまだ仕方ないですが、マイク・ブラウンにはさっそく不満を覚えました。たった一試合で判断するのもどうかと思いますが、彼の起用法については何か感じられたこと等ありましたか?
[ 2012/10/31 20:34 ] [ 編集 ]
クリスマスぐらいまではこんな感じになってしまうのは仕方が無いと思っていたので
ある程度は覚悟していましたが、相手も飛車角落ちのMubsだっただけに今日は本調子じゃなくても
勝っていて欲しかったというのが本音です。

ちょっとスターターのミニッツもかさんでるので明日も少し心配です。

それと、質の高いNBA動画を投稿してくれるMeir21さんがLakersの動画を上げてくれてたので貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=tJnuPypzUds

まだまだ始まったばかりですが、Kobeが引退するまでの2年でまた2連覇をして欲しいものです。

今シーズンも宜しくお願いします。  Go Lakers!!
[ 2012/10/31 19:49 ] [ 編集 ]
昨シーズンの最終戦以来ですが、コメントさせていただきます。

今日は予想はしていましたが、それでも見ていてもどかしい展開でした。
全体的にディフェンスが甘かったですが、今日はダラスがミドルをよく決めていたので仕方ないかなと思います。
コービーもハワードも本調子でない上、連携もまだまだなのでしばらくは我慢が続きそうです…

ただ今季はセカンドユニットが絶望的ではないのでそこまでフラストレーションが溜まらないです。
ミークスとヒルはよくやっていましたし、ジェイミソンは流石の安定感でした。
ブレイクは今日のように球離れが良ければそこまで悪くないと思います。

あとは1人オクタゴンオフェンスをどうにかしてほしいです。
それが無ければ十分な活躍なのでなおさらそう思います…
[ 2012/10/31 19:48 ] [ 編集 ]
みなさん、お疲れさまです
自分が見た感じでは終始ボールは動いていたように感じました。
1Q終盤にナッシュとコービーが交代するまではボール以上に、人がものすごくよく動いていて、簡単なプレーが多くコービーのレイアップも1Qに3本ほどありましたが、他の2~4Qは合わせて、1.2本あるかないかぐらいでした。
二人が交代してから4Q残り3分頃までは、足が止まっていたので、ボールが動いてもノーマークができず、リズムが悪かったです。それ以上に、ハワードとヒルのフリースローが入らなすぎですね(笑)あと二人で5本決めたらまた違ったはずです。
最後の3分はドタバタしてましたが、ナッシュがボールを持つ時間が多くなり、らしさが出てきて、チームのリズムが変わり、4Q の初めからこうなれば、こちらもまた、違っていたと思います。今日のナッシュは球離れが良すぎでしたね。
ディフェンスはブラウンが専門なので、しっかりやってほしいです。
何はともあれ早く勝ち試合を見たいですね。
いつも、長々とすみません。
[ 2012/10/31 18:35 ] [ 編集 ]
レイカーズが負けて悔しいですが、我慢ですね…

トライアングル・オフェンスの方が、プリンストン・オフェンスより良いと思うのに。

ブラウンは駄目ですね!!
辞めてほしいです!!
[ 2012/10/31 18:22 ] [ 編集 ]
コメントさせていただきます
早速の更新お疲れ様です。
今日の開幕戦、1・3・4クォーターだけですが見れました。
最初がまだ良かっただけに、後半の失速が悔やまれる試合になりましたね。
ドワイトの試合勘は今後復活するはずなので大丈夫だと思いますが、フリースローは外れるたびに自分でテンションを下げていっているみたいで、いくら本調子でないにしても開幕戦の公式戦本拠地デビューだけにいいイメージで終えて欲しかったので少し不安になりますね。

ディフェンスはブラウンHCにはなんとかしてもらわないとまずいですね。
[ 2012/10/31 18:10 ] [ 編集 ]
今までのレイカーズの負け方ではないですね。
フリースローがあまりに酷すぎました。
正直せめてどんなに悪くても半分は決めないと話になりません。
FTで下手投げはカッコ悪いですが、下手投げの方が確立良く入るんじゃないかと(笑
コービーはまだ動きが鈍い感じが目につきました。明日の試合ではもっと動けてるといいですが。
[ 2012/10/31 18:10 ] [ 編集 ]
DirkもKamanも不在で、昨年からスタメンはMarion以外変わった、
Lakersよりも条件の悪いDALに、ホームで負けるとは思ってなかったので、
TransitionPeriodであることを踏まえても、ちょっと残念ですね。
(FG率よりFT率のほうが低いくらいでは勝てる試合も勝てなくて当然か)

でも、もともとはDwight,Hill,Kobeがプレイしない可能性もあったので、
もう初日から問題点を把握して修正していけることはポジティブ材料ですね。
あー、もっとケミストリーの高まった、フルスロットルのLakersが見れるのが待ち遠しいです


東海岸では、BOS-MIAライバリーがヒートアップしてましたね、
試合はMIAの快勝でしたが、WadeがRondoを"Punk Move"呼ばわりしたり今後も楽しみです...
[ 2012/10/31 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。