オフェンスが好調で勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オフェンスが好調で勝利

Game Score


ブレイクが引き続き欠場で、モリスがスタートしました。今日から、ゲームもコーチするはずだったダントーニは、トレイナーのゲイリー・ビティーから、止められ、ビッカースタッフが、コーチしました。 

1Q
序盤は、レイカーズは、ドワイトが続けて決め、ヒューストンは、パーソンズとハーデンが、3ポイントを続けて決め、バスケットの交換になります。半ば過ぎまで、僅差で、逆転、再逆転を繰り返します。レイカーズは、引き続き、コービーがPGになり、プレイメイクをしていました。終盤に入ると、ディフェンスが締まり、オフェンスでは、コービーが、アシストと得点の両方で踏ん張り、点差を少しずつ広げ、終了間際、残り2秒ちょっとからのプレーでは、メタがインバウンドパスで、ゴール前のパオに、完璧なパスを出し、パオが決めて、40-29の11点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足にもたついて、追い上げられますが、ドワイトが、続けて決めて、点差を維持します。シュートを外したり、決めたりした後の、ディフェンスへの戻りが遅く、簡単に決められることが、目立ちました。半ば前に、コービーが戻ると、早速、プレイメイクに取り掛かり、デューハンの3ポイント、パオのジャンプシュートを、アシストします。終盤には、パオもアシストに参加し、モリスの3ポイント、ドワイトとのアリーユープで、アシストを稼ぎます。モリスは、この後にも、ドワイトからのキックアウトで、3ポイントを決めています。順調に得点しますが、ディフェンスで止められないので、点差を広げられず、68-60の8点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、3連続で決められ、追い上げられますが、その後、ディフェンスが締まります。ディフェンスでは、序盤から、半ばまでの4分以上を、ハーデンの3ポイント1本に抑え、オフェンスでは、コービーが続けて決め、点差を広げ、半ばには、15点リードにします。半ば過ぎに、少し追い上げられますが、ヒルが、得意のオフェンシブ・リバウンドから決め、二桁リードを保ちます。終盤は、毎回の様にファウルされ、メタ、パオ、ヒルがフリースローを決めますが、終了間際に、ヒューストンのモリスに3ポイントを決められ、98-87の11点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に、ミークスが3ポイントを決めますが、それ以外は決まらずに、もたつきます。幸い、ディフェンスが良く、最初の3分半近く、ヒューストンを無得点に抑え、ヒルとドワイトが決めだし、点差を広げることができました。半ば前には、点差を19点に広げ、その後、多少追い上げられますが、危なげなく、半ば過ぎには、勝利をほぼ決めました。終盤には、コービーのファーストブレイクでのダンクと、コービーからドワイトへのアリーユープのおまけ付きでした。





コービー:22得点(9-18、3PT=1-3)、11アシスト、11リバウンド、3スティール
キャリア18回目のトリプルダブルです。つま先が、3ポイントラインにかかり、2点のバスケットになりましたが、ファウルをされているのに、バスケットを決め、観客を沸かせました。コービーがボールを持たないオフェンスは、ボールが単に動くだけで、形になりません。±は、リーグで1位だそうです。

ドワイト:28得点(11-18)、13リバウンド、3ブロック
チームメイトとのタイミングが良くなって来て、オープンのダンクが5本ありました。まだ充分ではないそうですが、ディフェンスでは、フェイクに引っかかって、ジャンプし、下りて来る途中でブロックし、オフェンスに走り、ボールを貰って、ダンクしたプレーがありました。ブロックにジャンプして、着地と同時に、ぐリバウンドにジャンプするし、リバウンド争いでは、続けてジャンプするし、コンディショニングが充分のビッグマンでも、できないことが、楽にできます。ゲーム終盤、コービーとのアリーユープは、ロブが高く、届かないのではと、一瞬心配しましたが、楽々でした。バイナムなら、万全でも届きません。

パオ:17得点(7-13)、5リバウンド
3Q序盤に、コービーのアシストでバスケットを決め、キャリア通算15,000得点を達成しました。外国出身のプレーヤーでは、10人目です。今シーズンは、シュートの確率が良くないですが、今日は、良く決めました。

モリス:12得点(5-8、3PT=2-3)、5アシスト、2スティール
まだまだ、NBAレベルのPGではないですが、ゲームの度に、進歩があります。落ち着きが出て来て、「勢い余って」というのが、なくなって来ました。チームメイトがよく見えるようになって来たのか、アシストが増えてきました。フットワークが良く、クロスオーバーをやって、オープンになるのですが、肝心なシュートが決まりません。ディフェンスは、よく動いて、リンについて行っています。良いPG相手の時は、「得点を許すなら、アシストを抑えろ。アシストを許すなら、得点を抑えろ。」と、言われます。リンは、10アシストでしたが、2-9の5得点に抑えました。

メタ:15得点(5-8、3PT=1-3)、3リバウンド
ファーストブレイクで、ドリブルして、コートのど真ん中を真っ直ぐに走っても、ヒューストンは、コービー、ドワイト、パオが気になるからか、誰もディフェンスに来ません。3ポイントラインの後ろでボールを貰っても、ヒューストンのプレーヤー全員が、ペイントの中にいて、誰も、近づいても来ません。これから先も、「打って下さい」というディフェンスをされるはずなので、それを高確率で決めてもらいたいです。今日は、シュートの本数が少ないです。ミニッツが、モリスよりも少なく、29分ちょっとだったのもありますが、いつもの「次ぎは自分の番」と、最初から決めてかかって、ボールを離さないプレーが、殆どありませんでした。

但し、判断が悪いのか、自分が得点したいというエゴなのか、ファーストブレイクで、パオがバスケットの目の前にいるのに、自分でシュートを打ちに行って、リンに故意のファウルされ、フリースローを、1本外しました。その上、ファウルされた際に、反射的に、腕を振って、リンの顔を叩いて、テクニカルを取られています。最初に見た時は、ファウルされて、バランスを崩して、腕が後ろに振れ、運悪く、リンの顔に当たっただけだと思いました。解説者も最初は、「故意ではない」と言っていましたが、リプレイで、別の角度から見ると、自然な動きではなく、腕を後ろに振って、リンの払いのける様にしています。解説者もそれを見て、「どうだろうか~?」という感じに変りました。顔の横に当たって良かったです。鼻にでも当たって、鼻血を出したり、鼻を骨折したなんてことになったら、又、大騒ぎになります。私は、メタは、殴ってやろうという悪気でやっているのではなく、気に入らないことがあると、反射的に、暴力で反応してしまうのだと思います。リンの顔を叩いた後、リンが転ばないように、すぐに腕を掴んでいました。「わざと叩いたのではないことをアピールするために、計算してやっている。」と言う人もいますが、そうではなくて、これも、反射的にやるのだと思います。気に入らないと、反射的に暴力振るうのも、転ばないように、反射的に掴むのも、メタの本性で、自分では、どうにもならないのでしょう。

デューハン:6得点(2-3、3PT=2-3)、2アシスト、2スティール
3ポイントがよく決まりました。外したのは、エアーボールでしたが。デューハンは、よくスティールする気がします。19分半のプレーで、2もありました。

ヒル:8得点(3-3)、5リバウンド
ヒルの基準としては、静かな方ですが、±がチームトップで+19でした。二番目のコービーが、+14なので、大したものです。それも、軒並みマイナスのセカンドユニットと一緒にプレーしていて、この数字です。

ミークス:3得点(1-6、3PT=1-3)
ドリブルして動いたり、ドライブがよくありました。それが、ミークスの強みではないです。

ジェイミソン:8得点(3-8、3PT=2-5)、1リバウンド
積極的に打ちました。8得点は、シーズンハイだそうです。このくらいで、シーズンハイでは困りますが。


オフェンス
ダントーニになってから、テンポが早くなり、シュートの本数が増えましたが、確率も良くなりました。逆に、ターンオーバーが減ってきました。今日は、13でした。ゲーム後のインタビューで、プレーヤーが、口々に、「考えないで、反応して、単にバスケットボールをプレーしている。」と言っていました。がら空きにされる、メタやモリスが、高確率で決めると、楽です。コービーが、パオをスクリーンに使って、ディフェンスを崩すことが多かったですが、コービーがベンチに下ると、上手く行きません。

ディフェンス
ディフェンス自体が悪いというより、戻りが遅いです。バスケットを決めた後に、あっという間に、決め返されるプレーが、目立ちました。戻っても、ディフェンスがセットしていないので、混乱している内に、バスケットの近くで、がら空きプレーヤーを作ってしまうことが、何回もありました。

オフェンシブ・リバウンドを、11も取られています。ヒューストンは、ジャンプシュートが多いチームなので、リバウンドが長めになり、やむを得ないオフェンシブ・リバウンドもありましたが、ボックスアウトを怠っていたり、五分五分で負けているのが、幾つかありました。

108点も取られているので、ディフェンスが悪そうですが、ポゼションが多いから、高得点なので、ヒューストンのシュートの確率は、48.9%でした。特に、肝心の4Qを、8-24の33.3%に抑えました。強いチームは、3Qまで流して、4Qに締めます。4Qのディフェンスが良ければ、それ程心配はないです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/11/19 18:38  Lakers | コメント(38)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>nさん

隣の芝生とは少し違いますが、いないプレーヤーは、良く見えます。


>>コウさん

ベテランになって、余裕がでてきましたね。全体がよく見えるようになったのでは。


>>ゆ~すけさん

コービーは、フィルが引き受けると思わなかったので、希望はダントーニと言って、ミッチとジムに、売り込んだみたいです。


>>akrさん

謝って頂く程のことでも・・・・


>>古参者さん

控え目ということは、ないと思いますけれど・・・・
[ 2012/11/21 14:36 ] [ 編集 ]
よくCDRが良かったとコメントがありますが、CDRはレイカーズを解雇された後マブスに入って試合に出ないまま、解雇されましたよ。Mayさんも言ってますが、今も、どこからも声がかからないぐらいなので、要らないのでは?
[ 2012/11/21 11:46 ] [ 編集 ]
まさにコービーショーでしたね。
涼しい顔してあれだけのプレーをするのですから流石ですね。
まあ今さら言うほどのことではないのですが…
それでも最近は特に余裕が感じられ、ますます洗練されているように思います。
これがあと2年で見られなくなるかもしれないのは淋しいです。
[ 2012/11/21 10:47 ] [ 編集 ]
まぁMAYさんがメタの人格否定した~となるとバイナムとかどうなるねんと思いますよほんとw

まぁ喧嘩っ早いのは否定できないし、昨年あんなエルボー事件あったら懲りてなんとかしようとするのがあってもいいのに、変わらんからなんやかんや言われても仕方ないですわね。

別にMAYさんは解説者でもないんだし聖人君子たらんとしなくてもいいんじゃないかな?
いや、むしろビシッ!!と言っちゃうから他の日本の『みんながんばってほしいですね~』みたいなほんわかしてるところとの差別があってよろしいと思います。

まぁたまに言い過ぎだなぁと思う時あるけどさw



ゲームテンポ>
今日のダントーニ合流からどうなるか…ですね。
危惧したらばあれやこれや…色々ありますけどダントーニに決まったんだしこれで行くってなったんだから期待しましょう。
試合見てえw
[ 2012/11/21 10:46 ] [ 編集 ]
Mayさん

そういえば、9人使うとか10人使うとかいう話は以前伺いましたね(((^^;)
8人が理想で多くて9人だと。
覚えてなくて、すいません。

さて、ダントーニのデビュー戦ですね。
相手もそこそこだし、どんな采配をふるうのか楽しみです。
[ 2012/11/21 10:14 ] [ 編集 ]
一歩タイミングが遅かったですね(汗)

失礼しました(__)
[ 2012/11/21 09:11 ] [ 編集 ]
メタの件について・・・
今更1つ気になったんですけど、今回は別にメタの人格が非難されてるようには感じませんでした。

むしろ、反射的とか身体が勝手に反応したみたいな感じで、悪意を持ってやった訳では無いんじゃないかと逆にフォローされてるくらいだと感じたんですが。

攻撃じゃ無くて、むしろ擁護です。

それと、別段毒が多いブログだとも思いません。

批判内容についても、事実を事実としてありのままを書かれてるだけですし、どこぞの掲示板等に代表される殆どルール無用の罵詈雑言が飛び交うネット社会において、むしろ控え目な部類に入るかと。
[ 2012/11/21 08:51 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>淳志さん

セッションズは、バックアップPGとしては、トップクラスです。スターターだと、多少?も付きますが。

レイカーズは、トップのプレーヤーは、全部獲得を目標にしているはずです。レイカーズでなくても、トップのFAの獲得を考えなかったら、GMは仕事をしていないです。


>>匿名の方

フランチャイズ・スポーツのプレーヤーは、コービーや、アレックス・ロドリゲスみたいに、トレードをしない条項が、契約に無い限り、誰でも、いつトレードされるか、分からないです。それに、トレードの噂になったのは、パオだけではないですよね?やる気がない訳では無いけれど、性格なんでしょう。解説者が、「パオは、腹の中に炎がない。」と言っていたことがありました。情熱を持って、プレーしていないです。


>>関西のNBAファンさん、天使の街の湖軍団好きさん、ロンロン大好きさん、まめさん、ゾロリせんせ

まず、メタは、興奮すると、自分をコントロールできないというのが、世間一般に共通する認識です。私個人の意見ではないです。メタは、時限爆弾だという人もいます。爆発するかどうかの問題ではなく、いつ爆発するかの問題だということです。そんなことはないと言う人は、いないです。

「メタは、反射的に暴力で反応する」というのは、人格を攻撃しているのではないです。むしろ、反対です。私が言いたいのは、記事にも書いたように、「悪気がでやっているのではない」ということです。

誰でも、「カッとなってつい」というのがありますよね。冷静な時なら、絶対にやったり、言ったりしないことを、腹が立って、つい、やってしまったり、言ってしまったことがない人は、いないはずです。それで、冷静になって、後悔しますよね。まめさんが、「見苦しくてすいません。」と仰っているのも、その口ですよね。投稿してしまったものの、読み直したら、ちょっと言い過ぎたかなという感じですよね。ダライラマでも無い限り、人間なら、誰でも、そういうことがあって、当然です。

メタは、平均的な人より、前頭葉から、シグナルを送る経路が、切れ易いです。10年くらい前の、携帯電話みたいです。生まれつきで、本人に非があるのではないです。勿論、大人なので、悪気は無かったでは済まないですが。

レイカーズに移籍して来た1年目に、相手はどこだが忘れましたが、ペイントで小競り合いになって、反射的に、拳を作って、殴るポーズをして、すぐに止めたことがありました。メタは、拳を作って、殴るぞと脅そうと思ってしているのでは、ないです。瞬間的に、そういう行為になってしまいます。悪意は全くないです。人柄の問題ではなくて、性質の問題です。人格は、悪い人ではないです。それ所か、極めて良い人です。ハーデンに対するエルボーにしても、「頭にエルボーしてやれ」と思ってしているのではなく、その時の激情でしています。POでの、バレアへのブレイグラントでも、ハーデンへのエルボーでも、リンへの平手打ちでも、やりたくないけれど、自分の意思に反して、気が付いたら、やっていたとう感じです。

それが、自分でも分かっているから、何年も、精神分析医にかかって、カウンセリングを受けています。「怒りを制御するのが苦手だし、プレッシャーに弱いから、カウンセリングを受けている。」と言っています。

そうではなくて、故意でやっていると言う人もいます。つまり、ハーデンの頭にエルボーしてやれと、計画してやっている、確信犯だという説です。だったら、カウンセリングなんか、受けないです。

「人格を攻撃」しているのではないですが、長いことリーグにいるプレーヤーで、繰り返し問題を起こしたり、インタビューをしょっちゅう聞いていたら、どういう人柄の人かは、分かりますよね?


>>ラッパさん

オフェンスは、システムがなくて、好き勝手にやっているので、複雑になりようがないです。ナッシュを獲得した時点で、プリンストンを、考え直したら良かったです。

コービーとナッシュを、ずらして使えば良いということですよね。でも、モリスとデューハンは、それ程、悪くないと思いませんか?二人合わせて、7アシストです。殆ど、コービーがボールハンドルをしていて、これなら、悪くないです。

トレバーは、私も、帰ってきて欲しいですが、球団がどう思っているかですよね。メタを処分できたら、ありえますが、SFポジションで、15milは、きついです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

モリスの5アシストは、かなり確率は良い方だと思います。事実上、コービーがPGをしていて、ボールをハンドルをしていることが少なくて、この数字です。第二PGは、シュートよりも、アシストです。パオかドワイトと、必ず、セカンドユニットとプレーしているので、この2人に、良いパスを出して決めてもらえば、他のプレーヤーは、そこそこ充分です。


>>古参者さん

確かに、ペースが速くなったら、当然、ポゼションが増えるので、同じミニッツでも、運動量が多くなります。調べていないですが、レイカーズのポゼションは、去年は、70本代後半が、殆どでした。相手が走るチームだと、80本を超えています。ショータイムの時は、平均88.3本だったそうです。ダントーニは、ショータイムとまでは行かないけれど、それに近くと言っています。そこで、恐らく、コンスタンとに、80本代前半くらいで、増えるポゼションは、せいぜい5-6本くらいのはずです。コービーは、全体の3分の2ちょっとプレーするので、3-4回、コートの往復が増えることになるはずです。3-4往復なら、1-1.5分、余計にプレーするのと、同じ感じです。つまり、同じ35分でも、昨年の36-37分プレーしたのと同じくらいということです。

但し、ペースが早くなれば、簡単なバスケットが増えます。コービーが、ボールを全くさわないオフェンスも、増えます。それに、単に、長い時間プレーしたり、長い距離を走った方が、疲れるということには、ならないですよね。例えば、100メートルを真っ直ぐ走るのと、50メートルだけれど、途中に動く障害物があって、それを避けながら走ったら、距離は半分でも、疲れます。ペースが速くなって、「打つかパスするか」のオフェンスになったら、コービーがボールを持って、動き回ったり、ドライブが減ります。人間の脚は、横に動く様にできていません。前に動く分には、膝や足首に負担はかかりませんが、横に動いたり、回転すると、負担がかかり、怪我の可能性が増えます。ボールを長く持たないのは、良いことだと思います。

ブラウンが解雇された日の、ゴールデンステート戦は、90ポゼションでした。相手が相手ですが、昨年でも、90本に達したゲームは、OTでなければ、なかったと思います。「シンプルに、好きな様にプレーしろ」と言われて、自然にプレーしたら、90本になりました。ペースが速ければ、疲れるというものでもないです。自分のペースが、一番楽です。それより遅かったら、かえって疲れます。

それに、他の方も仰っていますが、まだ本格的に、始まってもいないのに、ネガティブなことで、心配してもねぇ・・・・お気持ちは分かりますが。


>>ゾロリせんせさん

ウェイブしたら、当然、ロスターから外れますが、Dリーグに送っても、NBA所属なので、ロスターに残ります。そこで、新たなプレーヤーとは、契約できません。残念ですが。それに、私も、CDRと言っていましたが、それは、今レイカーズにいるSFが酷いから、CDRがよく見えるだけで、それ程でもないと思います。それ程でもあるなら、とっくに、NBA球団契約していますよね。


>>LAXさん

セカンドユニットは、全く違うチームというのも良いですね。相手は戸惑うし。ブレッツォは、ルーキーの去年も、結構良かったです。バックアップPGとしては、リーグで最高レベルでは?恐らく、スターターPGの、半分から3分の2よりは、良いと思います。

ナッシュは、早くでも、来週、遅ければ、再来週です。ブレイクは、誰も気にしないから、ゲーム当日に、出場か欠場が分かるだけですが、今日も休むみたいです。当分休んでいて良いです。


>>ひでさん

点が沢山入るのも面白いですが、意図的にゆっくりボールを運ぶオフェンスは、面白くないです。それで、得点すれば良いですが、ショットクロック違反や、ギリギリになって、無理なシュートを打っているのでは、意味ないです。

ナッシュを6thマンにというのは、セッションズの時にも、言われましたが、そうなると、スターターの力を、最大限に活かせないので、難しいと思います。ベンチがプレーするのは、15分前後ですよね。ハーフで7-8分です。その内の、3分の2くらいは、コービーかナッシュが、必ずいるようにしたら、良いと思います。今でも、1Qは、コービーとパオを最後までプレーさせたりして、工夫していますが。まともな、バックアップPGがいたら、それだけで、解決できるのですが。

去年までのセンターは、バックコートで、待機していましたよ。


>>UWさん

ブラウンの時は、オフェンスに流れがなかったです。パオの今の給料は、優勝の後に延長したので、御祝儀もあります。優勝で球団が儲けたから、その配当の様なものです。それにしても、ちょっと高すぎますが。

去年は、コービーが、パスしても決められませんでした。メタが打っている3ポイントは、コービーからパスを貰っているものが多いです。


>>ミスドさん

モリスは、シュートさえ決まる様になったら、バックアップで使えるのですが。

メタは、角度によっては、自然な動きに見えます。角度が違うリプレイが3回流れましたが、2回目までは、故意には見えなかったです。3回目に、横からのが映ったら、腕の動きが自然ではないのが、分かりました。解説者も、それまでは、「故意ではない。」と言っていたのに、そのリプレイを見たら、「オーー」と言って、「分からない」と言っていました。顔を叩くつもりはなかったと思います。というか、叩いてやろうと思ってやっているのではなく、反射的にそういう行為して、した直後に、とんでもないことをしたと、思うから、倒れない様に、掴んでいるんです。パレスもエルボーも、やってやろうと思ってやっているのではないです。反射的にやって、落ち着いたら、とんでもないことをしたと、気が付きます。悪意があってやっているのではなく、自分をコントロールできないです。

ドワイトがアップテンポに合わないというのが、理解できません。フィルが、バイナムとドワイトの違いにつていは、ドワイトは走れると言っていました。

ファウルは、どちらにも、甘かったです。両方同じなら良いです。


>>ppidさん

ハイライト向きのプレーが、増えてきましたよね。プロだから、勝てば良いという物ではないです。面白くないと。

モリスは、ディフェンスは、NBAレベルです。ウェストブルックをガードできる人は、NBAにはいません。ウェストブルックでも、ウェストブルックをガードできないです。

ドワイトは、本人も、ビッカースタッフも、まだだと言っています。あれで、まだなら、どうなるんだと思いますが。

トランジションの簡単なレイアップをなくすだけでも、大分違います。ついて行ないのではなくて、油断していて、あっという間にというのが、殆どなので、気持ちの持ち方です。

全国中継がない時は、ホームチームの、ローカルのものが、放送されているはずです。これは、ホームゲームなので、タイムワーナーのはずです。ロードだと、ロサンゼルスでは、タイムワーナーですが、NBA GAME TIMEは、ホームの中継のはずです。


>>nさん

現時点でのレベルは低くても、進歩があるのは、可能性があって良いです。

P&Rについては、アレさんも仰っていますが、ドワイトとやるには、良いですが、ドワイトがポストに構えているのに、コービーとパオでやると、相手のディフェンダーがいる所に、ロールすることになりますよね?それより、P&Pや、このゲームでもあった、P&Pをやる振りをして、又は、やろうとして、パオに注意が行った時に、ドワイトに、アリーユープの方が、確率が高いです。アリーユープでなくても良いですが。P&Rより、ダンクの方が、確率が高いです。それに、P&Rの練習は、殆どしていないはずです。ブラウンの時は、プリンストンを憶えるのに忙しかったし、ダントーニになって、日にちが浅いし。

パオは、両手で持っているボールをスティールされるのでも、ダンクできるのにしないで、レイアップに行って、ブロックされたり、外したりするのも、直後は、直すのですが、すぐ戻ります。ディフェンスのローテーションも、同じです。やられた直後は、多少良くなりますが、続かないです。

メタは、ダブルクラッチのリバース・レイアップですよね。楽にレイアップを決められるのに、格好つけて、できもしないリバースなんかするから、ああいうことになります。出足に2本決めたので、調子に乗ったのでしょう。これだから、イライラさせられます。ちょっと良いと、すぐ調子に乗ります。若いのがやるなら分かりますが、いい歳して、いい加減にしてもらいたいです。


>>まめさん

ドワイトは、パオもですが、メタも叱っています。ディフェンスでリーダーシップを取ってくれているので、助かります。パオとバイナムでは、手抜きの馴れ合いでした。

ブレイクは、3ポイントの確率だけは、40%以上と良いです。1-6なんて日があったと思うと、4-5なんて日があるので、帳尻はあっています。スタッツの見た目は悪くないので、引き取り手はないでしょうか?シュートの確率が、35%くらいしかないのが、問題ですが。


>>ロンロン大好きさん

ディフェンスの戻りの遅さは、前からです。フィルの頃でも、時々ありました。解説者から、「得点を祝っていないで、早くディフェンスに戻れ。喜ぶのは、ロッカールームに戻ってからしろ。」と言われていました。

スターターでも、コービーもナッシュもいなかったら、ヨレヨレになると思いませんか?ドワイト、パオ、メタ、ミークス、ブレイクだったら、だれも、ゲイムメイクができなくて、ボールが行ったり来たりするだけになるはずです。セカンドユニットも、まともなPGが入っただけで、かなりよくなると思います。モリスや、デューハンは、スターターとプレーしていると、3ポイントがよく決まりますが、セカンドユニットだと、決まりません。ドワイトとパオは、どちらかが、必ずセカンドユニットとプレーしているので、コービーとナッシュだって、できると思います。


>>バスケ部24さん

コービー依存度が高いのは、ナッシュが欠場なのと、PGの仕事ができる、バックアップPGがいないからです。その上、2,3ポジションも、ボールハンドルができる人がいないですよね。メタもミークスも、ドライブするたびに、スティールされるし。

P&Rディフェンスが、全然進歩がないですよね。これは、主にパオです。モリスがPGに付いて行っているのに、簡単にスイッチしようとします。一旦スイッチしたら、戻そうとしないし。

ACは、今の所、新しい人を雇う予定は、無い様です。


>>アレさん

ナッシュかコービーのどちらかが、セカンドユニットをプレーしている様にしたら良いと思います。去年も、セッションズとコービーのどちらかを、必ず出しておけと、ファンが騒いでいました。


>>akrさん

意識の問題です。コービーとモリスのファーストブレイクで得点した後、後の3人は、残っているのに、それでも、簡単に得点されました。得点して、安心するのだと思います。特に、ヒューストンは、走るチームだからということも、ありますが。

4,5ポジションは、3人で回しているので、9人ローテーションのままだと思います。ジェイミソンを4にまわすと、ジェイミソンとヒルのミニッツが、少なくなりすぎます。ヒルは、相手にもよりますが、センターではきついです。それに、ローテーションは、8-9人で回す方が良いそうです。去年、10人で回していた時がありましたよね?その時に、解説者が、言っていました。ミニッツが少ないと、リズムに乗れないそうです。その上、SFのバックアップが、誰もいません。イーバンクスを使うより、9人の方が、良いと思いませんか?又は、イーバンクスを使うなら、スターターの方が良いです。スターターなら、がら空きになるので、多少はできるはずです。


>>ふちさん

3ptが得意でなくても、プロなら、がら空きは、高確率で決めないと。このメンバーなら、必ず誰かががら空きになるので、それが決められなかったら、決められる人に代えるしかないです。仰る通り、3-4本程度で、充分です。調子が良ければ、もっと打ってもいいですが。

メタの確率が良いのは、無理に打たないからです。特に、ダントーニになってから、ドリブルが少なくなりました。

レイカーズは、ブレイクも、デューハンも、引き取り手を捜しているという噂です。両方共出したいのか、先に買い手がついた方だけ出すつもりなのかは、分かりませんが。いずれにしても、今のレイカーズには、バックアップPGポジションを任せられるのがいないので、期限前に何とかしてもらわないと、困ります。


>>だいちさん

ベンチが、もう少し、長くプレーさせられないと、厳しいです。もう少し混ぜて使ったら、良いと思うのですが。コービーは、デューハンとモリスの3ポイントをアシストしています。

この次期の、勝率や順位なんて、無意味ですが、それでも、5割になると、ホッとします。
[ 2012/11/21 08:29 ] [ 編集 ]
メタは今までの行い、印象で何かやるとすぐネタになってしまいますね。。
May さんはただ“反射的に暴力をしてしてしまっているんだと思う”という自分の見解を自分のブログで書いてるだけではないでしょうか??
それ以上でもそれ以下でもないと思いますし、そんなに気にすることでもないと思います。


ところでレイカーズもようやく5割ですがあのボブキャッツが勝ち越してるのに驚きです。。
それもセッションズが相当良い働きしてるみたいですね。
今のチームにセッションズがいたら、、とつい思ってしまいます。

それと時期尚早だとは思うのですが、レイカーズはポール獲得に動くんですかね??
本人はニックスが第一次希望の様ですが、獲得出来ればドワイトとのコンビでコービー引退後も安泰なので、是非とも動いてほしいです!
サイン&トレードにしてもコマは不足してますが。。笑

[ 2012/11/21 03:21 ] [ 編集 ]
下の匿名記事は、まめ、によるものです。見苦しくてすいません。
[ 2012/11/21 00:32 ] [ 編集 ]
> 関西のNBAファン さんへ

>議論等するつもりではありませんし
できれば議論して欲しいんですがね。少なくとも2回もコメントしてくるくらいなら、何かを変えたくて、Mayさんに何かを伝えたくて、そうしたわけですよね。ここで、あなたの合理的な理論が聞ければ、俺は参考にしたいですよ。

それにいくつか質問があるんですが。関西なんて、甲子園で恐ろしい程の人格非難が、直接選手に野次として行われたりしているわけですよね?そういうのは、全く気にならなくて、Mayさんのブログだとほんの少しの発言でも気になるわけですか?あと、さっきも書きましたが、人格非難でものすごい金儲けまでしている新聞社とかは、どう思いますか?今回のMayさんの記事程度で気になるくらいなら、もっと酷い人格攻撃で、しかもそれで金儲けまでしている輩には、発狂せずにはいられないでしょう。彼らには、どんな抗議活動をしてるんですか?

しかもいつも読んでいるのに、人格非難について、今更ですか?バイナムについては、もうだいぶ昔からですよ。メタにしても、先週くらいから、だいぶ酷かったし。

てかほんとに真面目な質問なんですが、Mayさんの今回の記事程度で気になってしまうような敏感な方なら、今の日本では一体どんなメディアに接してらっしゃるんでしょうか?また、周りの方も、絶対に誰の人格非難もしないような人たちばかりなら、そんな環境で俺も暮らしてみたいので、生き方を伝授してもらいたいものです。

長々全くNBAに関係ないことを書いてしまってすみません。削除してもらって構いません。みなさんもすいませんでした。まあ今回もあの人かあの人でしょう。
[ 2012/11/21 00:26 ] [ 編集 ]
関西のNBAファンさんへ
横からすみませんが、管理人さんは以前から、基本的にちょっぴり辛口です!別にワールドピースに限ったことではなくて。叩くべき時は叩くし、褒める時は褒める。そういうスタンスなのでしょう。また、他にも仰ってる方いますが、ワールドピースの場合、もうそういうキャラとして定着しているので、仕方ないでしょうね。言われてもね。いや、もちろん、本来その人の人格なんて、親友だとか兄弟だとか家族だとか以外の人間が、あれこれ言うべきことではないんですがね。ただワールドピースの場合は、そう判断されるような行動を、これまでに起こしてしまっているわけですから、彼の人間性が攻撃されるのも、無理はないということです。

今更、こちらのブログで、「3Q に、ワールドピースが、〇〇の顔に、またエルボーしました。わざとじゃないと思いますし、反省しているはずです。きちんと誤って、これからは、気をつけてほしいですね。」とかいうふうになったら、それもちょっと気持ち悪いですよ~。
[ 2012/11/20 23:49 ] [ 編集 ]
そうですね。私が気にしすぎなのだと思います。
ただ、見ず知らずの人に、人格を指摘されるということがどうしても気になってしまいました。
精神的な潔癖症や職場の問題は分かりませんが、ご指摘していただいた方々は私などに比べて、強い人間なのだと思います。
誰への攻撃もできなくなる、とありましたが、人格を攻撃する必要まではなかったのではと思ってしまいました。自分と違う考えや表現を受け入れられない、というつもりではなかったのですが、そう思われたなら私の言葉足らずですいません。
もっとも、私はインターネットやブログ上のルールのようなものも詳しくありませんし、そうなさっていることが普通なのかもしれません。
議論等するつもりではありませんし、みなさんに不快な思いをさせてしまったのならば大変申し訳ありませんでした。

これからも記事を楽しみにしております。大事な場に迷惑をかけてしまいすいませんでした。
[ 2012/11/20 23:20 ] [ 編集 ]
メタなんて、人格攻撃されるための材料の塊のような選手じゃないですか(笑)数々の暴力事件を起こしてるようなレベルなのに、こいつへの人格攻撃が許さないなら、パオのメンタルは女並だとか、とてもじゃないけど攻撃できなくなりますね。誰への攻撃も不可能になります。日本やアメリカのゴシップはそれで金儲けまでしてるのに。まぁそれが良いならそれで良いですけど、わざわざブログにコメントしに来るなんて、どんだけ精神的に潔癖症で、自分と違う考えや表現をする人を受け入れられないんですか(笑)そんなんじゃ、職場の陰口とかに、全く対処できないっしょ(笑)
[ 2012/11/20 22:29 ] [ 編集 ]
まぁね、これはメタみたいな悪童キャラの宿命みたいなもんですよ。要は結果が伴ってなきゃそれまで結果が出てるからよしとされてた所が許されなくなるだけの話。正直人格とかどうでもいいです。試合で結果出せれば
[ 2012/11/20 21:47 ] [ 編集 ]
関西のNBAファン
その通り、メタの人格が問題なのです。
ハーデンへの肘打ちを思い出しませんか?
オールスターでコービーの鼻を折ったウェイドしかり。

バスケIQが低い上に暴力的なのが問題なのです。
ハワードもアシックのオデコに怪我させてましたが問題にもなりません。
わざとじゃないのが明白なので。
[ 2012/11/20 20:36 ] [ 編集 ]
ガソルはトレードの駒にされていたので、やる気がないのでしょうか?フロントはわからないようにトレードの商談をして欲しいもんです
[ 2012/11/20 16:58 ] [ 編集 ]
初めまして
いつもブログ拝見させていただいております。今回初めて書き込みをします。
いつも、細かい試合内容やプレーに対する視点を、なるほどなぁと思いながら読んでおり、ブログ主様の、深い知識や、現地の解説などの様子についてなど、読ましてもらっているのを楽しみにしています。
けれど、今回1点だけ、どうしても気になってしまった点があり、書き込みいたしました。

MWPのプレーについては、自分も素人ながらに、あまり良いプレーをしているとは思いませんでした。
しかし、今回の記事において、MWPの行為について、「反射的に暴力を…」という部分が、人の人格的な部分を指摘しているような記事に思えてなりませんでした。
ブログは何を書いても自由な場でありますし、嫌ならばブログを見るなと言われればその通りであり、もしも気に障られるようでしたら書き込みを消してもらって結構です。
ですが、自分が気に入って拝見さしてもらえるブログで、このような書き方をされていることが残念でならず、書き込みをした次第であります。
そのような意思で書かれたのではないと思いますし、私などが指摘することではないかもしれませんが、1つの意見としてお聞きいれてくれればと思います。
突然、変な書き込みをしてしまい申し訳ありませんでした。
これからも主様の記事を楽しみにしています。
[ 2012/11/20 15:34 ] [ 編集 ]
オフェンスは、まだノープランでやってるんじゃないですか?
ノーマークなら迷わず打てと、部活レベルの指示だけで。
Mayさんの記事かコメントにもありましたが、ダントーニはこれまでハワードのような絶対的なビッグマンがいるチームをコーチしたことがないだけで、それなりのプランは持ってると思いますよ。
また、相手が格下だからこそノープランでも勝てると思ってたとも考えられます。
ダントーニにダメだしするのは、実際に指揮をしだしてから、また強豪相手にダントーニがどういうプランで望んだかを見てからでも良いのでは?

コービー、バウ、ナッシュ、ハワード それぞれのポジションの超一流がいるわけで、色んなプランが組めるわけですから。
1in4out 、P&R 、UCLA、モーションオフェンス、やりかけてたプリンストンやトライアングルだって、時々やるには効果ありありだし。

復帰してからのダントーニのお手並み拝見といきましょうよ。
[ 2012/11/20 14:43 ] [ 編集 ]
まずは勝率5割復帰、良かったです。

オフェンスはM.Brownがやめてシンプルになったらよくなりましたね。得点力のないベンチメンバーのために新しいシステムを導入するというやり方は間違ってはないと思いますが、今回は良くない方に進んでたみたいなので。Kobe、Pau、Howard(復帰すればNash)とといったディフェンスを集められる選手がいるので、プリストンに比べればD'Antoniのシンプルなオフェンスの方があってますね。

Nashはベンチスタートでないとしても、Nash、Kobe、Pau、Howardはスタート、3Qスタート、ラストを一緒にして、あとは2人ずつ2ndユニットと混ぜて使うのが1番いいと思います。Duhon、Meeks、Hill、Jamisonに15分ぐらいずつ頑張ってもらってD'Antoniがうまくミニッツ管理さえしっかりすれば、Nashのいない時間帯にKobeがPGの役割をしても毎試合無理なく運べると思います。
Duhonは明らかにBlakeよりいいですし、Meeksは今日は確率が良くありませんでしたがもっとシューターの役割に徹させればディフェンスは悪くないので今以上に使えると思います。Jamisonはまだ今シーズンイマイチなところがありますがそこは期待するとして、Hillは言わずもがなですし。
ただこの4人の2ndユニットまだいいとしてSFの控えがEbanksというのはつらいですね。Washington負けまくってまだ、未勝利ですからBlakeとEbanksでTrevor出してくれないかな…

古参者?さんへ
毎回古参者?さんの挙げる問題点はもっともでいつも感心させられるんですが、D'Antoniに決まった以上補強以外にどうしようもない気がするんですよね。自分も今のままでは優勝は無理だと思いますし、ディフェンスもディフェンスコーチも新しく雇うべきだと思いますが、それもそこで手詰まりですよね。D'Antoniを今辞めさせるのは不可能ですし、唯一の救いはまだD'Antoniがベンチに入ってないこと、Nashが復帰してないことぐらいですし、なんか補強以外に策はないですかね…
[ 2012/11/20 12:49 ] [ 編集 ]
ナッシュが復帰してコービーがスコアリングに集中できるようになったら、破壊的なオフェンスを期待してしまいます。
楽しみだ。

そして第二PG不在の不安を全然感じませんね…笑
[ 2012/11/20 11:57 ] [ 編集 ]
一見オフェンスは上手く行ってますけど、パオとメタとモリスやデュホンがオープンのシュートをいかに決め続けるかに懸かってますよね。

そうしないと、ペースが早くなってる分、尚更PG役まで務めるコービーの負担が増してるように感じてるのは私だけでしょうか?

終盤を迎えるまでに結構な差がついてるから良いようなものの、接戦でゲーム終盤を迎えたらコービー去年みたいにガス欠起こしてる気がしてならないです。

そしてナッシュが欠けてる現状、コービーありきなのは去年と大して変わらないですからね。

弱小相手なら何とかなるかもしれませんが、強豪相手だと終盤コービーへたってるのは命取りになるかと。

ディフェンスはコーチ招聘以外に良くなる気がしないし、全体的にシュートが決まらない試合なんかは結局コービーとハワードでゴリ押しして、終盤はフリースロー狙われるハワードも積極的に使えなくなりコービー単身特攻ってのが目に浮かびます。

アーリーオフェンスってディフェンスは更に穴が広がるだけだし、スタミナ消費も激しくなるだけで、多少得点しやすくなった所でレイカーズにとってはマイナスにしかならないんじゃないでしょうか?

ダントーニ本当にレイカーズに合わせた戦術なんて作れるんですかね?

オリンピックチームなんてレイカーズとは選手層が違いすぎるし、そもそもルールも違えば、対戦相手とのレベル差もあり過ぎて参考にならない気がするんですよ。

サンズはともかく、メロドラマ後のニックスでの駄目っぷりが彼の資質ではないでしょうか?

今の時点で分かってるのは、ナッシュ戻るまで引き続きコービーPG、アーリーオフェンスで早打ち、ハワードとパオが居るのにポストアップ減らす意向、平均110得点以上を目指す。

それだけですよね?

ナッシュが戻ったら尚の事、ただのランガンにしかならない気がするんですが。

ピック&ロールが増えるとか、そういう分かりきったマイナーチェンジは別として。

結局ナッシュかコービーに過度の負担を懸けるだけですよね?

ナッシュはスキルはあっても歳相応のガソリンしか残って無いし、コービーに至っては今も上手くやっちゃいますが、本来はハーフコートゲームでこそ真価を発揮するタイプなのに。

選手に合わせた戦術を敷こうとしてるようには到底見えませんし、優勝も全くイメージ出来ません。
[ 2012/11/20 11:48 ] [ 編集 ]
・・・今から、イーバンクスをDリーグに送るなりウェイブするなりして、代わりにダグラス-ロバーツを召喚して契約するのは無理ですかね??
[ 2012/11/20 10:59 ] [ 編集 ]
勝率5割復帰ですね。
Morrisには今後も期待したいですね。
2年前の「KillerBees」みたいに、やはりセカンドユニットには
流れを変える高いエネルギーレベルを期待したいです。
(別にその頃もBlakeというよりBrownとBarnesが走ってただけですが)
隣の芝はなんとやらですが、Bledsoeのポテンシャルはすごいですね...

Nashもしっかりと怪我を直して、復帰したあかつきには
スターターNash、セカンドユニットMorris、
Morrisが暴走したりNashがファールトラブルのときにDuhonのような
ローテーションを組まれていくといいですね。(
[ 2012/11/20 08:29 ] [ 編集 ]
勝って勝率5割にすることができて良かったです。

オフェンスはよくなってきていると思いますし、たくさん点が入るので見ていて楽しいです。
コービーがオフェンスを組み立てるとやっぱりスムーズですね。

コービーがベンチに下がっている時間帯はオフェンスがあまり良くないので、ナッシュが復帰したら6thマンにして、セカンドユニットのオフェンスを組み立ててもらうというのはすごくいいと思います。
その方が試合全体を通してオフェンスの流れが上手くいくのではないかと思います。
そのあたりはダントーニがどのように起用するのかが気になります。

ハワードはディフェンスで相手を抑えたあとしっかり走ってファストブレイクに参加するのはすごいと思います。
センターが走ってファストブレイクに参加するなんて去年まではほぼなかったですよね(笑)
コンディションもだんだん良くなってきているのがうかがえます。

この調子で勝ち星を増やしていってほしいです。
[ 2012/11/20 03:53 ] [ 編集 ]
ショータイムですね
一昨年、去年、マイクブラウン時に
あった重たい流れを払拭できたかもしれません^^;相手が相手なのでまだわかりませんが
ベンチも段々よくなってきてます
パウはいい選手ですが給料に見合わないですね^^;ヒルに3分の1くらいあげたい


相手がグリズリーズやジャズなど下が強いチームとやる時が楽しみです(^^)
コービーは周りが決めてさえしてくれれば華やかなパスをだしますね
彼は優れたパッサーであることを
ここ最近のシーズン忘れていた気がしました
[ 2012/11/20 03:15 ] [ 編集 ]
アレさん、こんばんは
確かにハワードが、ゴール下にいればパオのピック&ポップは有効だと思います。
ここのコメントか何かで見たのですが、去年のピック&ロールで、ユーザーはナッシュが一番アシストが多いか何かで、スクリナーはハワードが、一番得点が多いか何かだったそうです。よく覚えてないですが。(誤った情報?)そんなハワードをピック&ロールで使わないのは、もったいないのでは?と言いたいのです。ヒルとパオの時もほとんど無いですし、今季開幕から全試合見ていますが、これが増えれば、もっと効率良く得点とれると思うのですが。ハワードもオフェンスでは必ずしも圧倒している訳ではないですし。ただ、やらないのではなく、シューターがいないから、通すコースがないだけなのかもしれないですね。
ナッシュが戻ったら増えるとは思いますが。
[ 2012/11/20 02:47 ] [ 編集 ]
快勝ですね!アップテンポな分両チーム高得点ですが見てる分には良いですね。ただ高齢の選手が多いので若手をもう少し使って欲しいです。

モリスは本当に見るのが楽しみになってきました。ゲーム終盤のムーブは決まってたのですがシュートが入らない!モリスはあと一歩のシュートばかりですよね。これが決まってくれば俄然面白いのですが。

メタのあのファールは自分には故意には見えませんでしたが、パレスの事件やエルボー事件が審判含め皆の頭にも残っているのでしょうか。

ドワイトもアップテンポには合わないという意見を聞きましたが黙らせましたね。ナッシュが戻るのが楽しみになってきました。もう一人のスティーブさんはトレードでお願いしたいとこですが笑。

あとコービーのアシクにぶつかったのは完全に&1だと思います!まあ快勝なので良いですが笑!
[ 2012/11/20 01:40 ] [ 編集 ]
久々に見ていて楽しい試合でした。3Qはハイライトでしたね。思わず声が出ました。

モリスは落ち着きが出てきましたね。リン相手にあそこまで抜かれなかったのは素晴らしい。
まだ甘さは残りますが、1試合ごとに進化しているようですね。
流石にウェストブルックはきつそうですが、
リンとパーカー相手ならついていける事を実証しましたね。
落ち着きといえばリンの顔が昨年のフィーバー時から見てかなり引き締まっていた気がします。
去年のフィーバー時はまだあどけなさが残っていたように見えたんですが…。

ドワイトは圧巻でしたし、今日は以前よりヘルプが早い印象を受けました。
少しずつ戻ってきているのかな?すでに前のセンター二人分ぐらい動いてますね。

後はディフェンスですね。トランジションであまりにも簡単なレイアップを決められすぎです。
そこはこれからに期待します。

オフェンスは色々な方が仰っていますが、
ヘタに複雑なシステムを構築するより今のようなシンプルな方が結果が出そうです。

私はNBA GAME TIMEで見ているので、基本は全国放送のものが映ると思います。
詳しくはよく分かって居ませんが。今日はタイムワーナーのロゴが見えたので
ローカルのものが使われていたのかもしれません。
[ 2012/11/20 01:36 ] [ 編集 ]
ドワイトがゴール下にいますから、そりゃあ綺麗なP&Rなんて早々決まらんでしょ
今のレイカーズだと、P&RよりP&Pでフリーパオに打たせるのが効果的に見えますがな
SASもダンカンがP&RよりP&Pを有効に使ってますよ。
レイカーズが決してP&Rが下手なわけじゃないです。
[ 2012/11/20 01:07 ] [ 編集 ]
自分もMayさんの言う通りモリスは試合をこなす毎に良くなっていると思います。今一番応援していて、見ていて楽しいです。
オフェンスは、外の調子が良かったですが、今まで、ナッシュばかり見てたせいか、レイカーズはきれいなピック&ロールが決まりませんね。パオのピック&ポップは良く決まりますが、個人的には、ピック&ロールが一番良いコンビプレーだと思うので、もっと、うまく決まって、楽に得点を増やしてほしいです。他のチームはもっと上手くて、レイカーズは下手な様な気がします。
ディフェンスはパオがコートに出ていると、ローテーションが崩れて、簡単にゴールを許してますね。もう少しパオには、自分が悪いと自覚してほしいです。
ここ2試合程のメタは調子良いですね。ただ、今日は、ノーマークのレイアップをなぜか、ダブルクラッチではずしてましたが(笑)
[ 2012/11/20 00:29 ] [ 編集 ]
パオがドワイトに、DFのカバーやDR、オフェンスからの戻りに対して叱られまくってたので、本当にドワイトを獲得して良かったと思いました(笑)バイナムじゃ絶対に出来ないし、最優秀守備選手のドワイトになら言う資格があるし、言われてもパオも聞くでしょう。なんだかんだで結局、パオとバイナムじゃDFとリバウンドに関しては馴れ合いになってましたからね。まぁ、叱られてるばかりじゃなく、きちんとDFを完成させて欲しいですが。

モリスとメタは、どフリーで今日ほどじゃないにしろ、いつまで決め続けられるかですね。そしてブレイクはもう復帰する必要はなし。

メタもここで叩いた途端に安定したので、やはり叩くべきですね(笑)

最後に、サクレは給料貰いながら一番良い席でレイカーズの試合が見れて、さらにたまに試合も出れちゃうなんて、最高待遇のファンですね。まぁ応援という仕事はオールNBAレベルにこなしてまずが(笑)
[ 2012/11/19 22:40 ] [ 編集 ]
まだ指揮した訳でもないのにここまで変わるとは思いませんでした。ただMayさんのおっしゃっているディフェンスの戻りの悪さが、そのツケだったら心配ですね。それからセカンドユニットはやっぱり心配ですね。今年上位に位置しているチームはセカンドユニットに安心して任せる事ができてますよね。もしくはスターターが悪くても、サブのメンバーが流れをもってこれる。ナッシュとコビーをずらして使うのはいい考えだと思います。
[ 2012/11/19 21:59 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させて頂いてます
ダントーニのオフェンスは見ていて面白いですね!
コービー依存度は依然として高いですが、昨シーズンのようにアイソレーションでコービーに全部お任せというわけではないので安心して見ていられます(笑)

ディフェンスも戻りを早くするのと、ピック&ロールの対処をキッチリすればある程度改善できそうですしね。

現地ではACにマクミランをなどという話は出ていないのでしょうか?


何はともあれ、ダントーニのもとでナッシュがプレーするショータイムレイカーズが早く見たいです!
[ 2012/11/19 21:23 ] [ 編集 ]
やっぱセカンドユニットが問題あると思います。
ナッシュをシックスマンでセカンドユニットと多く一緒にプレーさせる方が良いかと思うのですが。
[ 2012/11/19 20:03 ] [ 編集 ]
戻りが遅いのは意識の問題と年齢の問題があるかなー。
意識の問題は改善されていくとして、年齢の問題はローテイションを工夫して改善していく ですかね。
いま、9人でやってるようですが、出来ればもう一人加えたいところです。
ミニッツを管理して、4Qにディフェンスを締めて突き放せるように。

ふと、マジック、ワージー、スコット、グリーンの頃を思い出しました。
これからが楽しみです。

[ 2012/11/19 19:44 ] [ 編集 ]
今日は本当によく3ptが決まっていたと思います。無理やり打ったショットがほとんどなく、キックアウトなどからオープンで打てていたのが好印象でした。モリスもそこまで3ptが得意というわけではなさそうですが、思い切りがあるのがいいですね、どこかの誰かさんとは違って。思い切りだけで7本8本もスリーを打たれたら困りますが、3本4本程度ならはずしたとしてもオフェンスの回りを良くするためには有効な手段だと思います。向こうのパーソンズもよかったですしね。
今日も何本かありましたが、インサイドにはドワイト、ヒル、ジェイミソン、パオ?といった優秀なオフェンシブリバウンダーがいますので、たとえはずれてもリバウンドを取ってくれると信じてこれからも打っていってほしいです。

どんな心境の変化があったのでしょうか、近頃のメタはいいですね。チームに必要な選手となっています。例のタッチダウンパスで調子に乗るかと思いきや、きっちり外で待機してスリーを決めるなど、どんな反動がまっているのか不安になるほど良いプレイをしていました。このまま続くといいんですけど・・・。笑

ナッシュ、ブレイクが復帰したらモリスやデュホンはどうなるんでしょうか・・・。ナッシュはともかく、二人ともブレイクよりははるかに役に立っていると思います。モリスはスピードあふれるプレイでチーム全体に躍動感を与え、ディフェンスでも相手ポイントガードを抑えるまではいかなくとも疲れさせるなど、デュホンは限られたプレイタイムの中でも自分の仕事をこなしています。リバウンド争いのあと、相手ビッグマンの手をはたきにいっていたのは良かったと思います。チームの問題もありますし、起用法がどうなるかはわかりませんが、できればもっと彼らの成長を見ていたいです。
[ 2012/11/19 19:38 ] [ 編集 ]
個人的にダントーニの速いオフェンス大好きです。
はやくナッシュが加わったプレイがみたいですね。

ですが、ベテラン揃いなのでスタミナが心配ですが。
ベンチは若くても経験不足なので主力は怪我にも気をつけてほしい!

とりあえず、勝率5割復帰ですね。
[ 2012/11/19 19:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。