もうアントーニとは言わせない

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

もうアントーニとは言わせない

Game Score

今日から、ダントーニが、ゲームのHCも始めました。

1Q
序盤に、パオとメタが交代に決め、ディフェンスでしっかり守り、10-0と飛び出します。半ば前に、コービーが続けてターンオーバーし、ディフェンスでは、毎回決められ、あっという間に、2点差まで追い上げられます。後半に、ロペスに、4連続jで決められますが、コービーが、3ポイント1本を含む5本を決め、リードを少し広げ、29-23の6点リードで、コーターを終了します。

2Q
開始直後から、ワトソンに2連続で3ポイントを決められ、次は外しているのに、エバンズにオフェンシブ・リバウンドを取られ、そこから、ジョンソンに2連続で決められ、簡単に、同点から、逆転されます。その後、ヒルがフットワークを上手く使ってドライブし、レイアップを決め、デューハンも、ドライブしてレイアップを決めますが、バスケットの交換で、リードを奪えません。半ば前に、4点リードにされた時点で、コービーとパオが戻ります。そこから、ディフェンスが良くなり、得点を許しませんでしたが、パオとメタが、フリースローを、1本ずつ外し、追いつけません。半ばに、メタの3ポイント、ドワイトのダンクとフックショットで得点しますが、バスケットをかえされ、同点に追いつくのが、やっとでした。終盤に入り、ドワイトとパオが決め、終了間際には、メタが3ポイントを決めますが、モリスが、デロンのディフェンスに苦労し、3ポイントを決められたのを挟んで、3回ファウルし、フリースローを与えます。デロンは、終盤に、10連続得点でした。57-56の1点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
出足に、お互い、得点に苦労しますが、モリスが3ポイントを決め、同点に追いつくと、バスケットの交換の、打ち合いになります。終盤まで、逆転を繰り返す、緊迫した動きになります。ディフェンスでは、よく守ったのに、オフェンシブ・リバウンドを取られますが、そこから、更に、よく守りました。オフェンスでは、1Qによく決めたコービーがマークされ、パスに周っていましたが、オープンのシュートが決まりませんでした。終了間際に、パオとコービーが、続けて決め、76-73の3点リードで、コーターを終了します。

4Q
序盤は、よく守りますが、メタ、ヒル、ミークス、モリスが外し、ドワイトは、フリースローが、なかなか決まりません。序盤に、ロペスのジャンプシュートで同点に追いつかれると、モリスの不注意なパスを、ウォレスにスティールされ、ファーストブレイクで、ダンクを決められ、2点リードを許します。半ば前は、お互い、バスケットが決められず、お互い、オフェンシブ・リバウンドを取りますが、それでも決められず、2点ビハインドのまま進みますが、半ばに、ワトソンにジャンプシュートを決められ、4点ビハインドにされます。その直後には、コービーが、ファウルを取りますが、フリースローを1本外します。その後、デロンのジャンプシュートと、ハンフリーズのフリースローで、6点ビハインドにされます。そこから、“ハッカ・ハワード”が始まります。2回されましたが、両方共、1本決め、1本外す、2-4でした。その間には、メタが3ポイントを決め追い上げ、その間、ディフェンスを締め、無得点に抑えます。終盤、コービーが、ファウルを取りますが、フリースローを、又、1本外し、1本決め、同点に追いつきます。この時点で、コービーは、フリースローが2-4でした。その直後に、ジョンソンに決められ、リードを許しますが、直後に、コービーとパオの、ピック&ロールから、パオが、ドワイトへのアリーユープで、“ピック&ロール&ダンク”が決まり、同点に追いつきます。その後、終盤には、ディフェンスが締まり、3分近くを無得点に抑え、コービーの、ランニングフックで、3点リードとすると、しっかり守り、残り36秒で、ジョンソンに決められ、1点差に追い上げられますが、その後の故意のファウルから、コービーがフリースローを決め、勝利に導きました。




コービー:25得点(8-15、3PT=1-4)、5アシスト
1Qに、11得点だったので、その後、しっかりマークされ、ボールを持っただけで、サイドラインで、ブルックリンのHCエイボリー・ジョンソンが、両手を振り回して、カバーするように、支持していました。2Q以降は、パスに周りました。コービーが、ペリメターでボールを持ったら、ネッツ全員が、コービーを見ていて、デューハンが、ゴール下で、がら空きになって、パスを貰って、決めたプレーがありました。デロンも、コービーに気を取られて、デューハンを、全く見ていませんでした。今日から、ゲーム前後と、ハーフの番組に、ロバート・オーリーが、加わりました。オーリーは、ゲーム後の番組で、「コービーは、ゲームを簡単にしてくれる。」と言っていました。アシストは、少ないですが、ピック&ロールから、パオにパスを出し、パオが更に、オープンのチームメイトに、パスをしたプレーが多かったです。3ポイントが、決まらないのが、気になります。

ドワイト:23得点(8-11)、15リバウンド、4ブロック
フリースローが、7-19でした。終盤の、ハッカ・ハワードでは、半分決めたので、良しとしないと仕方が無いです。ダントーニは、記者会見で、「1ポゼションで1点なら、悪くない。特に、ゲーム終盤なら。」と言っていました。フリースローを決めると、観客から、大歓声が起こり、ドワイトは、「観客の支援が嬉しかった。」と言っていました。パオから、パスを貰うことが、増えてきました。まだ、連携が良くないので、ターンオーバーになるプレーもありましたが、ケミストリーが良くなってきたら、武器になります。ちなみに、シャックが、NBAで#1のセンターと言った、ブルックリンの、ブルック・ロペスは、得点はドワイトと同じ23得点ですが、打ったシュートが18本で、7リバウンド、ブロック無しでした。

パオ:17得点(7-15)、11リバウンド、7アシスト
シュートは、そこそこですが、良いパスを出しています。今日は、気の抜けたプレーが、全くありませんでした。競っている場面で、ハンフリーズをブロックする、良いプレーがありました。

モリス:3得点(1-4、3PT=1-2)、3アシスト
ここまで、良いディフェンスを見せていましたが、デロン相手だと、役者が違うという感じです。3ポイントがあるので、距離を離して守るわけにも行かず、続けて、ファウルをする羽目になりました。モリスに、デロンを止めろというのが、無理な相談です。良い経験になったはずです。

メタ:17得点(6-13、3PT=4-9)、8リバウンド、2スティール
ダントーニから、「3ポイントを10本打て。」と言われているそうです。そのせいか、3ポイントラインの外に待機し、ボールを貰っても、返して、じっと立っていることが多いです。ドライブも、何回かありましたが、「次ぎは自分の番というのではなく、流れでやっているので、無理がないです。それにしても、ダントーニは、上手いことを言ったものです。「ボールを持ちすぎるな。」とか、「ドリブルするな」という、「やるな」という指示ではなく、「やれ」という指示で、結果的に、やって欲しくないことを、やらせないでいます。

デューハン:4得点(2-3、3PT=0-1)、3アシスト
ゲーム終盤、モリスに代わりプレーし、デロンをしっかりカバーしました。終盤、ブルックリンが、得点に苦労したのは、デューハンが、大きかったはずです。今日の、隠れたヒーローです。

ヒル:4得点(2-7)、2リバウンド
リバウンドの職人、エバンズとマッチアップして、力を発揮できませんでした。モリスと一緒で、良い経験です。

ミークス:無得点(0-2、3PT=0-2)
スポットアップして、ボールをもらえないので、ドリブルして打っています。これでは、決まりません。

ジェイミソン:2得点(1-3、3PT=0-2)、0リバウンド
決まらなかったので、ミニッツが9分ちょっとと、少なかったのもあります。ちょっと前から気が付いているのですが、いつも、3ポイントを打った直後に、すぐディフェンスに戻ります。基本を、きちんとやっています。


オフェンス
ダントーニによると、今日のオフェンスは、POで見るオフェンスとは違うそうです。少しずつ、新しいことを取り入れている様です。走るというより、リバウンドを取った後、ゆっくりしないで、縦の長めパスを、直ぐに出しています。かなりケミストリーが良くなって来て、プレーヤーも、パスも、自然に動いています。それに伴って、ターンオーバーも減り、今日は、11でした。コービーからパオにパスを出し、オープンなら打つ。そうでなければ、更にパスと、PGが、2人いる感じです。ナッシュが戻って来てら、ピック&ロール、ピック&ポップの他に、パオを真ん中にして、ドワイトに行く、ピック&ロール&ダンクが、武器になる様な、気がします。

苦戦の理由は、フリースローです。全体で、19-37の51.4%と、プロの確率とは、思えない悪さです。ドワイトの7-19が、脚を引っ張っているのもありますが、メタの1-2は、2本しか打っていないので兎も角、パオも3-6と、半分しか決まっていません。


ディフェンス
ダントーニは、「D(ディフェンス)がないから、アントーニだ。」と言って、からかわれます。今日は、ブルックリンのシュートを、41.5%に抑えました。特に、後半が良く、14-43、32.6%に抑えました。この調子だと、Dを返してもらえそうです。パオとドワイトの、ローテーションの連携が、良くなってきました。ブルックリンのスターターで、50%以上決めたのは、ロペスの11-18だけで、他は、50%を、遥かに下回りました。得点源の、ジョンソンは6-16、デロンは6-18でした。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/11/21 18:38  Lakers | コメント(16)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>nさん

ドワイトがいたら、パオが、ローポストに行く必要ないですが、ドワイトがいなくても、外で、ウロウロしているのが、目に付きます。

ロペス兄弟は、顔からいって、一卵性双生児ですよね?それなのに、なんで、あんなに違うのか、不思議です。


>>LAXさん

ありがとうございます。

私も、同じことを考えていました。メタは、精神年齢も、知能年齢も、子供並みなので、丁度良いのでは?


>>家鴨さん

ドワイトが、ダントーニのシステムについて、インタビューで、「今までにやったことが無いことを、練習でやった。」と言っていました。具体的にどういうことかは、行っていませんでした。オリンピックでも、やっていないことを、やっているということですよね。楽しみです。


>>バスケ部24さん

2-3日前に、ラジオで、「スーティーブ」と言ってから、「良い方ではなくて、あまり良くない方」と言っていました。

PGは補強しないと。モリスでは、物足りないです。トレードで獲得するなら、下位チームの、複数年契約が残っている人か、逆に、来オフにFAになる人しか、有り得ないですよね。後は、ベンチ暖めの予定だったルーキーが、期待以上に良くて、#2のPGが要らなくなったチームとか。


>>akrさん

パオが、ハイポストでボールを持つと、色々オプションがあって良いのですが、自分が打つべき時は、打って欲しいです。

ロペスは、結構、ジャンプシュートの距離がありますね。

今日の、バックトゥーバックは、ガタガタだったみたいですね。今、再放送で、3Q序盤ですが、競っています。4Qに、ガス欠だったのでしょう。


>>ひでさん

P&Rから、ドワイトに行くのは良いのですが、安易にアリーユープを投げて、ターンオーバーにするのが、心配です。パオは、打つべき時でも打たないで、無理をしてでも、パスすることが多いので。

ハワードは、コンディショニングができたら、毎回、こんな感じになるはずですよね。楽しみです。

コービーが、ボール無しで動けると、負担が軽くなるので、良いですが、ナッシュは、時間がかかりそうです。


>>魚さん

このゲームの前までは、ニックスに次いで、イーストの2位でした。10ゲーム済んだくらいで、上位にいるから、強豪というのも、何ですが、メンバーは、揃っていますよね。

ダントーニの起用法は、今日のゲームを見ても、臨機応変です。ミークスが良かったら、4Qに、PGを出さないで、ミークスを出していました。

ドワイトは、コンディショニングがまだで、バックトゥーバックは、きついみたいです。ナッシュは、長引きそうです。今、ニュースで聞いたばかりなので、よく分からないですが、後で、ESPNのサイトを見てみます。

コービーとウォレスのトラッシュトークは、話題になっていましたが、質問はしていなかったです。


>>けいさん

初めまして。

こちでも、話題になっていました。ゲーム後の番組でも、その場面をやっていました。2人共、ベテランで、よく知っているので、トラッシュトークでは?コービーは、最初の4本のフリースローが、2-4だったので、何か言われたのでしょう。私も、何を言っているのかと思って、コービーの口元を読もうとしたのですが、分かりませんでした。口元を読むのは、結構得意なのですが、続けて話していると、分かり難いです。


>>ゾロリせんせ

私は、あくまで、ファンの視線で見ているので、それ程、細かいとは、思いませんが。

デロンは勿論、エバンスは、リバウンドだけなら、リーグトップクラスです。モリスもヒルも、若いし、これからなので、スムーズに行くだけでなくて、こうやって、やられるのも、良いと思います。ウィングのマッチアップは、面白かったですね。コービーが、ジェラルドのことを、「1人破壊部隊」と言っていました。

ナッシュがいないのもありますが、まだ、始まったばかりだし、プリシーズンと違って、勝つことが優先なので、少しずつしか、新しいことをやれないです。


>>ppidさん

モリスは、経験を積んだら、良くなると思います。

エバンズは、リバウンドだけで、食べている様なものですよね。得点なんて、良くても、2点くらいなのに、それでも、行き先があるくらいなので、そう簡単に、リバウンドは、取らせてもらえないです。

ドワイトは、フリースローのフォームを変えたので、暫くは、我慢です。


>>コウさん

メタは、サンアントニオ以降、プレースタイルが、別人の様です。

パオは、フリースローが、決まっていなかったので、打ちたくなかったのでは?そういう消極的な性格なんです。自分がファウルされたくない気持ちで、焦って、タイムアウトなんて、思いつかなかったのだと思います。厳しくなると、自分で何とかというのが、全然なくて、周りを見回すだけですよね。


>>だいすけさん

ハワードのフリースローは、仕方がないですが、他がしっかりしないと。パオは、今日も駄目でした。

ダントーニは、プレーヤーから好かれるみたいです。

ナッシュは、復帰が、遅れそうです。


>>アレさん

デューハンが、玉離れが、良すぎますよね。もうちょっと、仕切ってくれないと。


>>かずさん

ドワイトが、よくブロックに行くので、他のビッグマンは勿論、全員でリバウンドを取りに行ってもらわないと。

競っている時のミニッツは、ある程度仕方ないです。ジョー・ジョンソンは、41分以上プレーしています。


>>だいちさん

ニックスのJRスミスは無理ですが、ニックスのスティーブ・ノバックに、ミークスがなってくれたらいいです。

ジェイミソンは、もう少し、何とかならないでしょうか。
[ 2012/11/22 17:23 ] [ 編集 ]
パオがもっとローポストで起点になれると、面白いですね。それと、外が決まらない、この試合を見ると、ハワードのピック&ロールが必要だと思いますね。ナッシュが戻って増えてほしいです。
ディフェンスはサンズ時代のダントーニが、ディフェンスできなかけれは、13連勝も出来ないと言っていました。意外とダントーニはディフェンスも良いかもしれないですね。サンズ時代よりも、ディフェンスできるメンバーが揃ってますし。
ロペスは何であんなにサンズに居たロペスと違うのでしょうか?オフェンスとディフェンスに役割が別れていたみたいですが、動きのスピードが違いますよね。
[ 2012/11/22 16:05 ] [ 編集 ]
Happy Thanksgiving!

MWPへのD'Antoniの指示を聞いて、育児法を思い出しました。
例えば「廊下を走るな!」と否定的に叱るのではなく
「廊下はゆっくり歩こう」と肯定的な提案をするほうが効果的だそうです。

次はDwightのFTがもっと決まるような魔法の指示を出してほしいですw
[ 2012/11/22 10:54 ] [ 編集 ]
MWPに3を10本打てと言える勇気のあるコーチがはたしてリーグに何人いるのか・・・
フィルじゃなくてガッカリしてましたがダントーニもユニークで面白くなりそうですね。
[ 2012/11/22 07:47 ] [ 編集 ]
デュホンなかなかいいですね。
得点力は物足りないですが、PGとして堅実にプレーしているので好印象です!
ナッシュじゃない方のスティーブとは大違いです(笑)

しかし、実際問題、ベンチで補強するとしたらやはりPGなのでしょうかね?
PGさえ変わればミークスやジェイミソンは機能しそうですし、ヒルに関しては言うことはないですし…

セッションズが思ったよりキャッツで活躍してしまってトレードできなそうなので、誰を狙うのでしょうか(汗)

MAYさんは誰だと思われますか?
[ 2012/11/22 06:30 ] [ 編集 ]
ピック&ロール&ダンク
ピック&ロール&ダンクは、このチームの十八番になりそうですね!
ミドルが打てるガソルがハイポストでプレーできるlからこそ成り立つプレーですよねー。
やっぱ、パスも上手いわ。

しかしロペスって覚醒したかのように好調でしたね。
ビックリ!

さて、このチームの課題の一つであるバックトゥバックですね。
しかも、今週は5ゲーム。
どう乗りきるか、ミニッツ管理も含めて、Dを返還されたダントーニのお手並み拝見です。
すtすたスタメンが楽できるように、ベンチがんばれー!
この一言につきますが(笑)
[ 2012/11/22 06:02 ] [ 編集 ]
今日のような競ったゲームで勝てたのは大きいと思います。

今日はディフェンス、特に4Qのディフェンスが良かったと思います。カバーもしっかりできていましたし、楽に決められた場面が少なかったと思います。

オフェンスではコービーとガソルのP&Rからローポストのハワードへという流れが多く見られましたね。
これからもこの形が多くなると私も思います。

コービーは接戦の場面でシュートやフリースローを確実に決めてくれるので本当に頼りになります。

ハワードもフリースローはもう少し決めてほしいですが、リバウンドやブロック、ゴール下での存在感は抜群ですね。

デュホンは頑張ったと思いますが、ベンチメンバーにもう少し得点を取ってほしいと思います。

ナッシュが復帰したら、コービーとナッシュがどのような役割としてプレーするのかが個人的に気になっています。
コービーとナッシュがどちらもコート上にいるときはナッシュがゲームメイクするかもしれませんが、コービーもパスが上手いですし、コービーがどのようにプレーするのかなと。
ナッシュが復帰して、コービーの負担が減って楽に得点ができるようになればいいと思います。
[ 2012/11/22 01:22 ] [ 編集 ]
他チームの状況をほとんど見ていないので、ネッツって強豪になっていたのですね。
しかし、勝ちはともかく、DUHONも最後の大事な時間を任されていたし、ダントーニ
もしかして結構選手の使い方がうまいかもって思って見てました。その点も満足です。

メタはこのブログで盛り上がって以降の急なV字回復ですが、ダントーニうまいこといいますね。

 ドワイトは徐々に調子を上げてきて、さらには来週くらいにはナッシュまで合流して来ると、いいことばかりですね。 コービーは最後疲れていたようなので、明日の試合はうまくミニッツをコントロールしてほしいです。
 ブラウンが、下手に五割位で乗り切っていたら、まだ首になってなかったと思うので、現在までの展開は気付いてみれば理想的なような気がしてきました。
 大事なフリースロー時にワレスが何かコービーにトークしてたみたいだけど、何か報道はありますか?
 一瞬ムッとしたコービーの表情が、セットに入って、集中したいい表情に変わって、やっぱり決めてくれましたね。
 圧勝だと結構4Q当たりはダラけてくるけど、今日は最後まで気が抜けないナイスゲームでした。 
[ 2012/11/21 23:21 ] [ 編集 ]
はじめまして!
小中高とサッカーしてきたのに、なぜかNBAが大好きなものです!
いつもはブログを楽しく拝見しているだけなのですが、今日は試合を
みていて気になったところがあったのでコメントしました!
試合終盤にコービーがフリースローをうつときに、ネッツのウォーレスとずっと
話している場面がありましたが、内容はなんだったのでしょうか?
なんか口喧嘩しているようにもみえましたが、、、
たいした内容じゃなかったらすいません( ;´Д`)
[ 2012/11/21 22:33 ] [ 編集 ]
ロペスってあんなにミドル決まるんですね。
お疲れ様です。いつもありがとうございます。今更ですが、本当に随分細かいところまで見られてます。もう、解説者になれるのでは(笑)。

モリスもPGとしては結構体格の良い方だと思いますが、デロンはいとも簡単にごり押ししてきますね。えげつない…。ヒルにしても、相手が悪いですね。エバンスは技術もあるんでしょうが、まず体の強さが半端ないですし。髭もあるし。仰る通り、こういう経験も大事でしょうね。ジェラルドとコービーのマッチアップ、JJに対するワールドピースのディフェンス、ガソルからハワードへのロブ、なかなか見応えのあるゲームになったと思います。

でもなんかあれですね、まだちょっとぐちゃぐちゃした感じになるときがありますが、今日みたいなゲームで、もしPGにナッシュがいるのを想像すると、だいぶしっくりきますね。ダントーニも、オフェンスの構築にはナッシュありきだと思っているでしょうし、彼が復帰してからが本当の意味でのスタートかな。ナッシュ、早く復活して。
[ 2012/11/21 21:28 ] [ 編集 ]
パオはいつになく気合が入っていましたね。
今日は片手間にチップする事も無く、毎回両手でシッカリ掴みにいってました。

クラッシュさんにスティールたくさんされてしまいましたが、
TOの内5本ぐらいはロブのミスコミュニケーションなので改善できそうです。

モリスを長く使ってるのは今のうちにナッシュやコービーとあわせて使うための準備と
捉えていいんでしょうか。ブレイクよりは全然マシなのでこのまま頑張って欲しいです。

ただ流石にオールスターのガード相手には成す術なしでした。
ヒルもまだフィジカルは強くないのでいいようにやられてしまいました。
良い勉強だったと割り切るしかないですね。(勿論成長して貰う前提ですが)

シーズン開始直後はどうなるかと思いましたが、徐々に良い方向に向かってきたようです。
ハック・ハワードはプレイオフでまたされそうなので、シーズン終盤までにFTは多少改善して欲しいですね。
[ 2012/11/21 20:58 ] [ 編集 ]
ようやくPOチームに勝てましたね。
内容も相当良かったと思います。

最近はディフェンスが良く全員意識が高いです。
今日のゲームでもカバーがスムーズでクローズも早かったですし,特に終盤をきちんと締めているところが良いですね。

しかしメタの件はよく考えられていますね。笑
サンアントニオ以降は余計なことをしていないのでいつ戻るのかなと思っていたのですが,裏でそんなことになっていたとは驚きです。
基本的にスポットだけならまともな数字になりますし,これを続けてほしいです。

あと最後の方のプレーで気になったのですが…
プレスをかけられていてバックコートのコービーがセンターラインを越えたところにいたパオにパスした時ですが,あのときパオはなんでタイムアウトを取らなかったのでしょうか。
確かタイムアウトは残っていたと思うのですが。
その後コービーに山なりのパスをしてTOになりかけて,結果的にはコービーがもぎ取ったので良かったですが,あそこでTOしていたら負けていたのではないかと思います。
私の勘違いならいいのですが,あのプレーで少しもやもやしています。

それでも今日は内容が良かったので満足しています。
ただ今週はゲームが多いのでミニッツ管理はきちんとしてほしいです。
[ 2012/11/21 20:10 ] [ 編集 ]
初観戦
更新お疲れ様です。

今日は仕事が休みだったので、今シーズン初めて1試合通して試合を見ました。

ダントーニになって、
ディフェンス、オフェンス両方の方針含めどうなのかな、、、
と就任当初は凄く不安だったのですが、今日は全体的に良かった印象を持ちました。

ネッツの状態がどうかわかりませんが、
FTでリズムを作れなかった以外は、(これはハワードを取ることになった時点で多少はしょうがないですが。。)
オフェンスの流れ、ディフェンスのローテーション、
mwpへのマイナスではなくプラスのマインドを引き出す指示、
どれを見てもマイクブラウンHCの時よりも前進しているな~と感じて
嬉しくなりました。

内容が接戦だったのでベテランのプレータイムは仕方がないですが、、

今後ナッシュが戻ってきた時、
また対ボストンなどディフェンシブでスローな試合になった時、
コービーが入らない、また更に怪我した時など、
どうアジャストして勝っていくか楽しみです。

頑張れレイカーズ!

[ 2012/11/21 19:20 ] [ 編集 ]
なんかいつもセカンドユニットで点差がなくなったり逆転されてます
ナッシュのシックスマンは本気でアリだと思うのですが!
[ 2012/11/21 19:14 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
今シーズンはじめて強豪チームに勝ちました。
素直にうれしいです。

個人的には、ディフェンスはそこまで悪くなかったと思いますが、
リバウンドを取られすぎです。
ハワードがブロックに飛んだ場合に、リバウンドを
取る選手がいませんでした。
そこはヒルとパオとジェイミソンあたりに頑張って欲しいです。

スターターのプレイ時間が気になりますが、
今日は強豪相手なのでしかたないですね。
ナッシュが戻ったら、是非ベンチメンバーを使いこなして欲しいです。

[ 2012/11/21 19:14 ] [ 編集 ]
ニックスのJRスミスやボブキャッツのセッションズ、
サンダーのマーティンのような
6thマンが欲しいですね。

ジェイミソンがそうなってくれるといいですけどね!
毎回同じような話で申し訳ないですが。

3ピリオドまで11得点だったkobeやはり流石としか言いようがないですね。
雑誌の選手ランキングなどではデュラントの方が上だったりしますが
そんなことないといつも思っています
[ 2012/11/21 19:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。