貧打戦に打ち負ける

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

貧打戦に打ち負ける

Game Score

コービーが、インフルエンザの症状があり、今日の午前中の練習を休みました。出場は、ゲーム直前になって、決まりました。

1Q
出足から、毎回の様に決められ、リードを奪われます。ドワイトがブロックに行き、インディアナが外しているのに、パオやメタが、ヒバートをカバーしないので、ヒバートにオフェンシブ・リバウンドから決められたのが、2回ありました。半ばまでは、僅差で付いて行きますが、シュートが決まらなくなり、終盤に入った所で、12点ビハイインドにされます。ヒバートが、半ば前には、早くも2つ目のファウルで、ベンチに下っているのに、そこに、つけ込めませんでした。その後、ヒルが得意のオフェンシブ・リバウンドから決め、コービーが3ポイントと、ファウルをされながらジャンプシュートを決め、フリースローとで、6連続得点し追い上げ、終了間際のインディアナのオフェンスは、オウガスティンのシュートを、ドワイトがブロックし、25-21の4点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
出足にお互い外した後、オウガスティンとジェイミソンが、バスケットを交換し、その後、又、お互い、交代で外します。その後、3つ目のファウルをしたくないヒバートと1オン1になったドワイトが、レイアップを決め、2点差に追い上げますが、また、両方共、打てば外す状態になります。ドワイトは、半ば前に、3つ目のファウルでベンチへ、ヒバートは、終盤に、オフェンシブ・リバウンドを取りに行ったヒルにファウルし、3つ目のファウルでベンチに下ります。ヒバートがベンチに下ったため、ダントーニは、3つファウルがあるドワイトを出します。終盤、コービーがスティールからダンクを決め、1点差に追い上げますが、その後、インディアナに続けて決められ、オフェンスでは、外して、点差を広げられ、40-33の7点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
お互い、貧打が続いた上、ターンオーバー合戦になります。それでも、半ば前までは、両チーム共、バスケットを決め、点差が縮まりません。半ばからは、ドワイトは、フリースローを外し続け、メタとデューハンは、オープンの3ポイントを外します。幸い、その間、ディフェンスが良かったので、点差を広げられませんでした。半ば過ぎに、一時、13点ビハインドにされますが、そこから、パオがフリースロー2本をきちんと決め、コービーが、ドライブしてレイアップ、3ポイント、フリースローで、終盤だけで、13点を叩き出します。終盤のコービーの3ポイントで、2点差に詰めますが、その後少し離され、61-57の4点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足に、インディアナが外しているのに、2連続でオフェンシブ・リバウンドを取られた後、グリーンに3ポイントを決められます。その後、ディフェンスが締まりますが、モリス、ジェイミソンが、オープンのジャンプシュートを外し、追い上げられません。半ば前には、又、離され始めますが、コービーの3ポイントで、1点差に追い上げます。ここからが、悪かったです。まず、ドワイトが、5つ目のファウルでベンチに下ると、コービー以外は決まらないので、誰がボールを持っても、すぐコービーにボールを渡すだけで、一旦渡してしまうと、何もしようとしません。その間、インディアナに着々と得点され、挙句の果てには、インディアナが外したフリースローのリバウンドを取られ、そこから、ウエストに決められ、8点ビハインドにされます。そこから、ディフェンスで踏ん張り、パオが、4連続でフリースローを決め追い上げ、インディアナのヒルがフリースロー2本を外す運もあり、終盤には、コービーのリバース・レイアップで、2点差に詰め寄り、ドワイトのダンクで、同点に追いつきます。その後、しっかり守ったのに、そこから、又、パオの弱気癖が出ます。ペリメターで、コービーからボールを貰って、コービーがすぐ側にいるのに、ボールを持ちたくないないからか、すぐ返し、2人の距離が近すぎたのと、コービーは、パスされると思っていないので、ボールを取り損ねそうになり、何とか、取りますが、バランスを崩して、サイドラインを踏み出し、ターンオーバーします。そこから、ウエストにフリースローを与え、1本外して、1本決められ、1点ビハインドとされ、次のオフェンスでは、ドワイトがフリースローを取りますが、両方外し、リバウンド争いで、メタがファウルされますが、メタも、2本共外し、4連続のフリースロー全部を外し、逆転所か、同点にも追いつけません。その後のディフェンスでは、メタが、ヒルに簡単に抜かれ、フローターを決められ、3点ビハインドにされます。その直後には、コービーが、斜めにジャンプしながら、3ポイントを決め、同点に追いつきます。残り、24秒ちょっとからの、インディアナのオフェンスでは、トップでボールを持ったヒルを、メタがガードしますが、簡単に抜かれ、それも、右利きのヒルを、右に行かせる、判断の悪さでした。恐らく、左に行かせるはずだった様で、ドワイトは、左側にいて、慌てて、ブロックに来ましたが、間に合わず、0.1秒を残して、レイアップを決められ、これが、決勝点になりました。ゲーム後の番組では、このディフェンスが、「理解できない」と、話題になっていました。




コービー:40得点(12-28、3PT=5-11)、3アシスト、10リバウンド、10TO
ゲーム前に、チームメイトが、ウォームアップをしている時には、床に寝そべっていました。1Qから、トランジションで走っている時には、腰が落ちているし、インディアナのフリースロー時には、両手を膝についていました。ゲーム後のインタビューでは、常に咳払いをしながらの応答で、息をするのも、苦しそうでした。それなのに、後半は休み無しの、44分弱のプレーでした。ターンオーバーが多いのを、反省していました。確かに多すぎますが、他も誰も、ボールを持ちたがらない、シュートは打たないでは、1人でボールを持つしかないので、ターンオーバーも増えます。

ドワイト:17得点(7-10)、8リバウンド、4ブロック
ファウルトラブルで、出たり入ったりでした。5ファウルの内、2つは、ポストでヒバートをガードしていて、パスをスティールしようとして、ファウルしています。つまらない、ファウルをしない様にしてもらいたいです。

パオ:10得点(2-9)、9リバウンド、3アシスト
外したシュートの、半分くらいは、ブロックされています。ダンクも、ファウルすらされないで、ブロックされています。何回ブロックされても、フワフワと、ソフトに投げ上げるだけで、工夫がないです。前半が、1-6と悪かったので、後半は、ポストでボールを貰っても、ただドリブルするだけで、キックアウトしたりと、相変わらず、消極的です。こんな不甲斐無いプレー振りでは、トレードの噂が立って、当然です。

モリス:1得点(0-6、3PT=0-3)、0アシスト、3スティール
シュートは決まらないこともありますが、がら空きなのに、打った瞬間外すと分かったり、3ポイントをかろうじてリングの手前に当てる程度だったり、全くずれています。アシストが無いのは、コービーとドワイト以外が、殆ど決まらないので、モリスだけの問題ではないですが。

メタ:4得点(1-8、3PT=1-5)、12リバウンド、4アシスト
これが実力でしょう。ここ数ゲームが、良すぎました。3ポイントも決まらないですが、相変わらず、ファーストブレイクでは、走れないので、追いつかれ、ジャンプできないから、決められないで、それなら、パスをすれば良さそうなものを、決められもしないのに、ファーストブレイクで、パスをするのを見たことがないです。ごり押ししてペイントに入っても、レイアップが決まらないです。やる気は充分あって、シュートが上がるたびに、バスケットに走り、リバウンド取りに備え、長めのリバウンドを、よく取っていました。ゴール近くのリバウンドは、勝ち目がないのが分かっているので、いつもの通り、相手を押すか掴むかで、ファウルを取られます。せっかっくジェイミソンが、ティップを決めたのに、メタがファウルをしたため、バスケットにならなかったプレーがありました。ディフェンスでは、ポール・ジョージや、ジョージ・ヒルをカバーしていましたが、簡単に抜かれます。まだブレイクの方がマシだと思うほど、いるかいないか分からない、酷いディフェンスもありました。

ジェイミソン:3得点(1-7、3PT=0-2)、4リバウンド
シュートは決まらないことはありますが、フリスローが1-4は、酷いです。

デューハン:無得点(0-3、3PT=0-3)、3アシスト
これだけ、シュートが決まらない中、3アシストは、よくやった方です。2つがコービー、1つがドワイトですが。

ヒル:2得点(1-2)、7リバウンド
ジェイミソンの活躍で、この数ゲーム、ミニッツが少なくなっていましたが、今日は、14分ちょっとプレーしました。シュートは、2本共、オフェンシブ・リブアンドからのものです。

ミークス:無得点(0-3、3PT=0-3)
後半は、コービーが休み無くプレーしたので、前半だけのプレーでした。


オフェンス
3ポイントは、6-28と、これだけでも、充分悪いですが、コービーが5-11なので、その他は、1-17です。フリースローは、23-43と、20本外しています。ドワイトは、3-12と、ドワイトの基準としても、悪いですが、メタ、モリス、ジェイミソンが、それぞれ1-4と、ドワイトと同じ25%です。6-6とパーフェクトだったパオと、モリスが、ゲーム後のインタビューで、「精神的なもの」と言っていましたが、子供のチームではあるまいし、今更何を言っているかという感じです。ドワイトは、元々分かっていた上、フォームを改造中で、良くなる前に、以前以上に悪くなることは分かっているので、仕方が無いですが、メタ、モリス、ジェイミソンは、酷すぎます。

シュート全体でも、24-76と、やはりこれだけでも酷いですが、コービーとドワイト以外は、5-38です。決まらないので、オープンでも躊躇しだして、ボールを持っても、コービーを見るばかりで、コービー以外に、唯一決まっている、ドワイトが、ファウルトラブルで、出たり入ったりなので、コービーが1人で何とかしようとして、ドライブしては、スティールされる、悪循環でした。


ディフェンス
ゲーム最後のディフェンスが悪かったですが、インディアナのシュートの確率は、36.7%(29-79)、3ポイントは21.1%(4-19)と、よく抑えているので、敗因はディフェンスではないです。但し、ドワイトがブロックに行った後、PFやSFが、ローテーションして、インディアナのセンターを、カバーしないことが目立ち、オフェンシブ・リバウンドを、よく取られました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/11/28 17:50  Lakers | コメント(43)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>KB24さん

ラジャ・ベルは欲しいですが、期限前まで我慢です。


>>匿名の方

プロスポーツは、チケット収入だけでは、やっていかれません。テレビの放映権料がなかったら、ビジネスとして、成り立ちません。勿論、プレーヤーが、サラリー額の減額に応じるなら、別ですが。リーグからみたら、テレビ局は、お客さんです。誰でも、商品を買って、謳い文句と中身が違ったら、返金か、減額を求めますよね。どんなビジネスでも、客の要望を無視したら、成り立たないです。

ゲーム数を減らしたら、オーナーは収入が減るし、プレーヤーは、サラリー額が下るから、誰も賛成しないし、シーズンを長くしたら、それだけ、テレビ中継が増えるので、リーグの収入が増え、オーナーは利益が増えますが、選手会が反対します。シーズンの期間もゲーム数も、両者で投票で可決して、決めているので、文句を言うのが、おかしいです。
[ 2012/12/03 07:57 ] [ 編集 ]
あーーピートラスがラプターズに行ってしまったか…残念(..)

あとわラジャ・ベルか~欲しいな(>_<)
[ 2012/12/01 18:00 ] [ 編集 ]
ポポヴィッチは去年のOLDの件だったりとスケジュールに批判的ですよね。
ついに罰金を喰らいましたが会長さんはテレビ局にでもせっつかれてるのでしょうか。
でも10月から4月の大体6ヶ月に82試合+プレーオフは過密すぎるんじゃないかと思います。
けが人が多いのも日程が過密すぎるのとオフが長すぎるためじゃないかなんて思ってしまいます。
[ 2012/12/01 17:21 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>airさん

「お前らやれよ」は、よく見つけましたね。私は、録画していないので、分かりませんでした。

パスをさばく、さばかないは、バスして、チームメイトが決めて、勝ったゲームがありますよね。それも、この1つ前のダラス戦。その前にも、トリプルダブルがありました。そういうことは、一切言わないで、悪い時だけ、いつもそうプレーしているかのように言ってきて、それも、毎度毎度で、良い加減、面倒くさいです。それも、調べると、こういうのに限って、毎日、1日に、3回も4回も、見に来ています。


>>sakanaさん

一般ファンは、スターン批判が多いです。ジャーナリストは、半々くらいでは?賛成の人は、「ファンを無視している」とか、「ゲームに対してリスペクトがない」という意見で、反対の人は、「どうやってコーチするかは、HCの自由」という感じです。


>>淳志さん

モリスとデューハンのPGコンビは、見逃されていることが、多いです。バスケットボールは、一度に5人しかプレーしないので、1人の比重が大きいです。カバーするのにも、限界があります。


>>nさん

仰る通り、シュートが決まれば、誰が何本打っても問題ないです。ダラス戦がそうでした。そういうゲームではなかったことくらい、見ていなくても、ボックススコアーを見れば、分かりますよね。

私は、最後のシュートは、ナッシュが戻ってきたら、コービーでも、ナッシュでも、どちらでも良いです。コービーが、フランチャイズプレーヤーだから、打たないといけないということは無いです。


>>ひでさん

コービーのTOの、敗因の一つなのは、間違いないですが、それが、一番最初に挙げられることが、おかしいです。というよりも、最初から、コービーが嫌いだから、コービーがよくプレーしなかったゲームを待ち構えていて、コメントしてくる連中がいますよね。毎回毎回、同じことの繰り返しで、いい加減嫌になります。

全く決まらないチームメイトに、4Qになっても、懲りもしないでパスしていたら、その方がおかしいです。


>>匿名の方

>>何番目のオプションだから打ちすぎだとかは関係ないと思います。

それは、あなたが知らないから、勝手にそう思っているだけです。NBAは勿論、アメリカの大学や、高校でも一軍は、オープンなら、何本でも打って良いという許可を貰っているプレーヤーは、チームに1-2人程度いるだけです。その許可のことを、「グリーンライト」(青信号)という、事葉まであります。グリーンライトを貰っていないプレーヤーが、本数を多く打つと、がら空きでも、注意されます。当たっている場合は別ですが、このゲームでは、誰も当たっていません。


>>控えの選手でもチーム一番の得点を挙げたりする時があるのはどのチームもたまにあることです。

仰る通りです。「たまに」あることです。ダラス戦がそうでした。このゲームの3Qまで見たら、それに当たらないことくらい、ド素人でも分かります。


>>それは管理人さんの推測ですよね?それとも試合後のHCのコメントでしょうか?

どちらでもありません。常識です。


>>そんな印象は自分にはなかったですね。

見落としているだけです。画面に映っていました。


>>この点が優勝出来るか出来ないかの差だと思います。

昨シーズンから、NBAを見出したのでしょうか?レブロンは、パスしていた時は優勝できなくて、昨シーズンは、遂にパスしないで自分で打つ様になって、やっと優勝しました。フィルの時代でも、チームメイトが誰も決まらないと、コービーが1人で打つゲームが、いくつもありました。それで勝った事もあれば、負けたこともあります。ボストンとのファイナル、ゲーム4もそれで、負けました。逆に、ゲーム5は、コービーが決まらなくて、フィッシャーが決まっていたので、コービーは、これでもかというくらいフィッシャーにパスして、フィッシャーのために、スクリーンをセットしていました。


>>これは去年も聞いたコメントですね。

去年の話をしているのではなくて、このゲームの話しをしています。大体、「誰に打って欲しいのでしょうか?」という質問に、具体的に名前を挙げて、答えられないですよね。


ブリースローの確率が、極端に低い人に、ボールを渡せないなんて、初歩的なことすら分からなくて、屁理屈を長々と並べてくる質問に、時間を使って、返信するは、馬鹿馬鹿しいです。こういう低レベルのコメントは、Yahooスポーツにでも行って、やって下さい。


>>ゾロリせんせさん

「批判されても文句言えないでしょう」とあるので、「コービーがもっとパス回さないから負けた」というのが、ゾロリせんせさんの意見だと勘違いしました。済みませんでした。
[ 2012/12/01 11:50 ] [ 編集 ]
何番目でも入ればいいですが、この試合は入って無いので。

ドワイトは、この試合もFT確率が悪いので勝負所ではボールは渡せません

コービーが3ptsライン外で、お前らやれよは、2Q残り5:44と残り2:20あたりにあります。
3Q始まってすぐもありますが、あれは違うかも。

パスをさばく、さばかないは、プレイスタイルの違いは、フィルの時とメンバーが違います。
ラマーもシャノンもいない。
また、昨年から言われてますし、この試合もそうですが、シューターがいないから、さばく相手が居ない。
たよりのバウも、消極的だし。
シャックが抜けて、孤軍奮闘してた時期に近いかもですね。

結局、試合を見る先入観というか、前提が違うと、同じ映像も違って見えるので、感じ方は色々あると思います。
私は、コービーは試合前から病人の顔に見えたので、そういう目でみましたし。
もっとも、他プレーヤーの確率が悪いのは、数字的にも明らかですが。

さてさて、デンバー戦が始まりますね。
またWOWWOWで見れるので楽しみです。
[ 2012/12/01 10:43 ] [ 編集 ]
いつもご苦労さまです。

まったく関係ないことで申し上げないのですが、SASのボボビッチ監督が話題になってますね。
いちファンからするとせっかくの強豪同士に対決なのに意図的にベストのメンバーが見れないのは残念ですよね。現地ではどういう感じに報道されてますか?
mayさんのアメリカ人は~みたいなコメントがいつも好きなので聞いてみました。
本当は自分でNBA.COMでも見るのが一番なのでしょうがいかんせん私の英語力じゃ簡単なわかりやすい記事ぐらいしかよめないので...。

いろいろな意見がありそうですが、そういった意味ではLALは負け試合でもコービーの活躍が見れるのでファンも安心ですよね。ていうかコービーにはぶっちゃっけ休憩をあげたいですよね。
[ 2012/12/01 08:43 ] [ 編集 ]
シャックが去ってコービー主体のチームで優勝を勝ち取ってからこの手の議論は減ったかと思いましたが、、やはり負けが込むと再燃しちゃいますね。

しかし、、モリスとデューハンのPGコンビというのはNBAでも最弱ですから、チームとしてTOが増えるのは当然かと思います。
先日のIND戦ではチームメイトのシュートも決まってなかった訳ですし、スコアリングに加えコントロールもしなければいけないコービーの負担は相当なものだったんじゃないでしょうか。
もう若くもないですしね。。


自分はコービー入団の辺りからレイカーズが好きになったのですが、五輪であんなに気楽そうにプレーしているコービーを見て、本当に変わったなと思いました。

思い切りのいいGロックを気に入ったり、メタのシュートにいく姿勢を尊重したり、パオに“俺の眼を見ろ”というジェスチャーをしたり、、これらのアクションでコービーがどういうプレイヤーかは分かるはずです。

昨シーズンだって、フィルのシステムだからこそ生きたフィッシュ(大好きですが)とブレイクがPGだった訳で、セッションズが加入するまではPGというポジションが機能してませんでした。

レイカーズはコービー入団以降純粋なPGタイプはいませんでしたが、それと比べても今は最低レベル。
ナッシュもいなければHCも変わったばかり、これではどうしようもありません。

キャリアで初めて優秀なPGと初めてプレーする事になるコービーがとても楽しみです。
今シーズン終盤には今の議論の答えも出てると思います。

モリス、デューハンのPGではどんなチームだって機能しないし、致し方無い部分もあるのではないでしょうか。
[ 2012/12/01 03:28 ] [ 編集 ]
別に誰でもシュートが入れば、誰が何本打っても、もんだいないでしょう。入らなければ打っちゃまずいでしょうね。Mayさんの返信を全て読めば、コービーが打ちまくって当然の試合でした。と、試合を見なくても判りますよ。

試合終盤にフリースローが入らないプレーヤーに試合終盤ボールを渡せないのは、憶測というか、当たり前じゃないですか? バスケに限らずどんなスポーツにも当てはまる気がします。

コービーのプレイスタイルが変わるのはHCと戦術が変われば普通です。変わらなくていいのはロールプレーヤーだけだと思います。


自分はコービー以外ならナッシュに打ってほしいですね。もはや選手が、悪いというより、フロントが悪いのでは?何かとりあえず、良さそうな選手を集めたという感じで。合う合わないどんなチームを作りたいと、考えていない感じです。
誰も触れてないですが。コービー相当イラついてましたよね?シュート決められた後ボール叩きつけてましたから。勝ちたいと、思うのがコービーだけに見えて、可哀想に見えてしまいます。

ナッシュの復帰日は決まったのでしょうか、ナッシュとダントーニが組めば、面白いようにチームが変わると思います。とりあえず、コービー、ナッシュ、ハワードでジーンズはどうにかなると思います。
皆さん年齢を懸念してますが、去年を見てれば問題ないでしょう?怪我して急に老け込まないとは思いますし。
[ 2012/12/01 00:45 ] [ 編集 ]
今回の記事で、二度めのコメントになります。
敗因やコービーについていろいろな考え方があるみたいなので、私個人の考え方も書かせていただこうと思います。
あくまで私個人の考え方なので、他の方の考えと相反する部分があるかと思いますがご了承ください。

まずコービーのTOについてですが、多いとは思いますが、Mayさんもおっしゃっているように、ガソルのキャッチミスなど、コービーだけのせいとは言い難いものもいくつかありました。
あと、他のチームメイトがコービーがボールを持っているときにボールをもらいに動かないのでコービーにディフェンスが集中してしまい、TOになったものもありました。それらがコービーだけの責任とは言えないと思います。
まして彼は体調が悪かったのです。
他のチームメイトのシュートがあり得ないくらい入らず、コービーの活躍でペイサーズにくらい付いていたようなものなのに、TOが多いという理由でコービーを批判するのは少し酷ではないかと思います。

確かにTOが少なければ違うゲーム展開になった可能性はありますが、必ずしもコービーのTOが少ない=チームメイトの調子がいいとはならないですよね。
コービーのTOが多いことより、大事な場面でハワードやメタがフリースローを入れることができなかったことのほうが敗因としては大きかったんじゃないかと思います。

あと、コービーがボールを回さないという意見がありますが(私はそうは思いませんが)、そう感じるときというのはチームの調子が悪い時や、オフェンスがうまく機能していない時が多く、コービーの個人技でどうにかしないといけない場面ではないか思います。
前のダラス戦のようなチーム全体の調子がいいとき、オフェンスが好調な時はコービーはボールを回していますし、コービー一人がシュートを打ったりボールを保持しているということはないです。
何より、コービーがボールを回していないという批判なんて出ないですよね。
コービーがボールを回さないからオフェンスが上手くいかないのではなく、オフェンスが上手くいっていない時にコービーが一人でも何とかしようとしている場面がすごく目につくのでボールを回さないという意見が出るというのはあると思います。

以上が私個人の意見です。わかりにくい文を長々と失礼しました。
[ 2012/11/30 23:46 ] [ 編集 ]
何番目のオプションだから打ちすぎだとかは関係ないと思います。控えの選手でもチーム一番の得点を挙げたりする時があるのはどのチームもたまにあることです。

>>ドワイトは、ファウルトラブルで、出たり入ったりの上、フリースローが、普段以上に悪かったので、ポストでボールを渡すわけにも行きませんでした。
それは管理人さんの推測ですよね?それとも試合後のHCのコメントでしょうか?

>>コービーは、身体がきついから、「このオフェンスは、お前らでやってくれ」と言わんばかりに、3ポイントラインの外で、両手を膝についているのに、それでも、ボールを持っているモリスやデューハンが、コービーのことばかり見ています。
そんな印象は自分にはなかったですね。むしろコービーは前半からシュートを打ちに行ってましたよ。

>>1人のプレーヤーを、「パスする」と言って批判して、もう1人のプレーヤーを、「パスしない」と言って批判して、一体、何が基準なのでしょうか?
この点が優勝出来るか出来ないかの差だと思います。コービーがフィルの元でプレイした時と明らかに近年のプレイスタイルは違うと思います。

>>コービーにパスしろというなら、誰に打って欲しいのでしょうか?
これは去年も聞いたコメントですね。今年はHCも選手も変わっているのにこの問題が出てくるのはやはりコービー自身の問題だと思いますよ。
[ 2012/11/30 21:08 ] [ 編集 ]
>管理人さんへ

いえ、俺は、「コービーはもっとパスしろ」なんて、一言も書いてないです。事情がどうあれミスが多かったのは事実なのだから、責められるのも仕方ないのではないかと、そう書いただけです。どうかご理解下さい。

その、TOと得点の計算については、俺は知りませんでした。すみません。それなら、-どころか、+になるくらいですかね。

最後に、共感し合うことは難しいのでしょうが、改めて自分の意見を。

コービーのボール回しについては、以前から俺は、基本的に少ない方だと捉えています。「味方を使う、活かす」という点においては、それほど優れた選手ではないのかなと。昨季はことさらそう感じました。いや勿論、管理人さん含め、ここでは「そんなことない」という方も多いようですし、俺の見方が、皆様より少々狭いということなのでしょう。只そういうふうに感じている人間も1人いると、思ってもらえれば。俺は、彼のそういうスタイルが昔から好きで応援しているので、それを悪く言うつもりはないです。

これで、前のコメントと合わせて、うまく伝わってくれたなら幸いです。ややこしい言い回しだったかもしれませんが、何も悪意をもって書いたわけではないです。長々と、すみませんでした。
[ 2012/11/30 19:09 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>審判の笛

審判は、テクニカルを、簡単に出しすぎたのと、レイカーズには助かりましたが、インディアナの4-1くらいのファーストブレイクで、笛を吹いて、コービーのテクニカルを取ったり、インディアナにしても、納得行かなかったが、ありました。

デューハンのウエストに対するブロッキングは、チャージでもおかしくなかったですが、チャージとブロックは、後で、スローで見れば分かりますが、その場で判断するには、ゴールテンディングと共に、一番難しい判定なので、仕方が無いと思います。判定は兎も角、ジョーイ・クロフォードの、ダンスらしきものは、やめてもらいたいですが。ゲーム終盤に、地元チームに不利な判定を出して、ファンの気持ちを逆撫でする意図が分かりません。

でも、デューハンがブロッキングになったために、ドワイトが外したフリースロー後のファウルが、一旦、メタがファウルでコールされたのに、逆に、メタがファウルされたことに変わりました。これは、「make up call」と言って、審判が、判定を間違えたと思ったときに、お返しをすることを言います。だから、インディアナのHCボーゲルが、猛烈に抗議したのに、テクニカルを取らなかったですよね?本当は、メタが、又例によって、リバウンドで勝ち目が無いから、相手を掴んでいるはずです。それを、2本外した、メタが悪いです。

でも、ファンは、基本的に、判定は、自チームに不利なのは、憶えているけれど、有利なのは、憶えていないですよね。ちょっと自チームに不利と思うくらいが、五分五分なのだと思います。


>>LAXさん

フィッシャーも、ここまで待って、声がかからないのと、ダラスなら、家族がいるロサンゼルスにも、それ程遠くないので、サインしたのだと思います。


>>淳志さん

パオが遅れたのは、ある程度仕方が無いです。ヒルが、右利きなのもありますが、ドワイトが左にいたということは、明らかに、左に送る予定だったはずなので、びっくりした部分があります。大体、メタが、あんなに距離をあけてガードしていること自体が、おかしいです。ウエストのピックも関係あるのかもしれませんが、ゲーム後のインタビューで、最後のディフェンスについて訊かれ、パオとドワイは、憮然として対応しているのに、メタは、質問されている間、スマートフォンらしき物を操作しながら、リポーターの顔も見ないで、いかにもばつが悪そうだったので、メタがしくじったはずです。インタビューは、言っていること自体より、態度や表情からの方が、何を考えているかが分かることがあります。


>>テラさん

期待値が低いから、良く見えるだけというのは、大いにあります。メタだって、今までが酷すぎて、基準がさがっているから、NBAのSFが、ダンクができる様になったと、褒め称えています。

パオは、システムが合うの合わないのと言われますが、フィルの最後の年だって、酷かったですよね。フリースローの時に、よそ見をしていて、自分の目の前にリバウンドが落ちて来たのに、取れなかったり、POで、フィルに胸を叩かれたり。スターターか、ベンチかは、先にでていくかどうかの違いだけなので、ミニッツが少なかったら良いです。

仰る通り、故障者が多いのも、影響があります。どのチームでも、スターターのPGがいなかったら、かなり響きます。HCが変わって、システムが変わっているし。


>>akrさん

1つ前の、ダラス戦のことが、憶えていられない人が多いです。


>>32さん

マジックの様なPGが他にいたら、マジックがマジックでなくなります。


>>haluさん

敗因は、全員にあるのですが、誰のプレーが、大きいかです。シュートは決まらないこともありますが、NBAのガードやフォワードが、フリスローを4本打って、1本しか決められないなんて、酷すぎます。半分でも酷いです。

ラジャ・ベルは欲しいですが、誰かをウェイブしないと、空きがないです。


>>KB24さん

TOは、確かに多すぎです。でも、座っているのがしんどくて、床に寝そべっている人が、ボールハンドルも、得点も、両方一人でやらないといけなかったら、TOは当然増えます。


>>匿名の方

「まわりの選手はパスすら来ない」と仰っていますが、一体、誰のシュートの本数が少ないですか?メタは8本、スターターの#4オプションとしては、充分です。当たっているなら、探してでもパスして、もっと打たせた方が良いですが、1-8です。#4オプションの1-8のプレーヤーが、8本以上打つ必要があると思いますか?それに、ドワイト程ではなくても、フリースローが決められないので、終盤にボールを渡すのは、避けたいです。昨シーズン中は、「ハッカ・ワールドピース」をされた程です。実際、終盤に2本外しています。ジェイミソンだって、23分弱のプレーで、7本打っています。ミークスは、前半7分だけのプレーで、3本打っています。後半はでていないので、パスのしようがないです。モリスは、スターターですが、23分弱しかプレーしていなくて、6本打っています。本来ベンチ暖めの#5オプションなら、多すぎるくらいです。ドワイトは、ファウルトラブルで、出たり入ったりの上、フリースローが、普段以上に悪かったので、ポストでボールを渡すわけにも行きませんでした。パオは、パスを貰っていないのではなくて、貰っているのに、ファンブルはするは、慌てて、すぐを返すはだし。ヒルは、元々、リバウンドのためにプレーしていて、ボールを渡して打てというプレーヤーではないし。敢えて言えば、25分近くプレーしている、デューハンが、3本しか打っていないですが、0-3です。まわりの選手は、本数を打っていないのではなくて、打っているけれど、決まっていません。大体、前半から、コービーは、身体がきついから、「このオフェンスは、お前らでやってくれ」と言わんばかりに、3ポイントラインの外で、両手を膝についているのに、それでも、ボールを持っているモリスやデューハンが、コービーのことばかり見ています。

シュートの本数は、チームの#1オプションでも、28本は、確かに大目ですが、驚く程ではないです。どのチームも、接戦なら、#1オプションは、自分以外が、5-38程悪くなくても、20本以上打ちます。それに、28本打ったのは、他が誰も決められないからです。コービーは、ダラス戦の1Qには、フリスローが1回あっただけで、シュートは1本もありませんでした。チームメイトが、決めるか決めないかに、コービーが打つ本数が、左右されています。大体、レブロンは、接戦の終盤に、自分で打たないで、パスするから、責任を果たしていないと、批判されました。がら空きのチャーマースやハスレムにパスしているのに、批判されました。がら空きなんだから、パスして当然なんてコメントは、見たことがありません。それが、どうして、接戦の終盤に、コービーが、全く決まっていないチームメイトにパスしないで、自分で打ったことを批判されるのか、理解できません。1人のプレーヤーを、「パスする」と言って批判して、もう1人のプレーヤーを、「パスしない」と言って批判して、一体、何が基準なのでしょうか?


>>だいすけさん

仰る通り、コービーのTOも敗因の1つなのは、間違いないです。但し、10の内、最後は、記事にも書いた、パオが、貰ったボールを、コービーが、手が届く距離にいるのに、バウンスパスして、コービーは、慌てて取って、パオとサイドラインの狭い間を、バランスを崩しながら、足を踏み出したもので、コービーの責任ではないです。もう1つも、P&Rから、パオにパスを出しているのに、低いなら兎も角、胸の前辺りで、両手で当てて、ファンブルして、コービーのバッドパスになっています。それでも、8は多過ぎますが。他にも、コービーが、ドライブした時の、チームメイトの、位置にも問題があると、ゲーム後の番組でやっていました。コービーは、右利きなので、左にパスを出しやすいです。それなのに、他の4人が、右に偏って、一番左のモリスも、3ポイントラインのカーブが始まる辺りに立っていて、左のサイドラインに、誰もいないビデオを、番組で流していました。 レイカーズと対戦するチームは、コービー以外が打ってくれたら、儲け物というディフェンスをするので、インディアナは、コービーがドライブしたら、全員がペイントに入ってきます。ただでさえ、視界が悪いのに、片方に偏っていたら、視界の中に、チームメイトが、いないです。こんなスペーシングをしていたら、ナッシュがPGでも、パスが厳しいです。素人が、ゲームを見ているだけでは分からないですが、ビデオを止めて、プロに説明してもらったら、よく分かります。

パオは、当たる位置に行くことすらしないです。膝の腱鞘炎があるので、多少は差し引かないといけないですが。

仰る通り、PGが2人いないのは、忘れされがちですが、これは、結構きついですよ。


>>nさん

先週、シュート練習をした後で、痛みが戻ったので、それを控えているそうです。急ぐことはないです。年齢が年齢なので、大事に使わないと。


>>ラッパさん

謝って頂く必要ないですよ。

ナッシュは、まだ、痛みがあるので、いつ戻れるか分からないです。ブレイクは、後どのくらいかかるかなんて、ニュースにもならないです。


>>ゾロリせんせさん

コービーのTOも、敗因の一つですよ。でも、帳消しということは、無いです。TO1回での、平均失点は、1.25点だそうです。10回だと、12.5点、繰り上げて、13点です。コービーの得点が40点なので、差し引き+27点です。これは、私が気が付いたことではなくて、昨日ラジオで言っていたことなのですが。

それに、コービーにパスしろというなら、誰に打って欲しいのでしょうか?コービーとドワイト以外は、5-38ですよ。ドワイトは、フリースローが決まらないから、ゲーム終盤は、ボールを渡せないし。コービーのシュートの本数が、10本くらい少なくて、1-8のメタ、1-7のジェイミソン、2-9のパオ、0-3のデューハンが打った方が、得点の確率が、高かったと思いますか?それに、3Qまでは、パスしていましたよね?それを、どオープンで、次から次へと外して。一体、いつまで、パスし続ければいいのでしょうか?コービーと、ドワイト以外が、40%決めていたら、コービーのアシスト数は、2桁行ったか、それに近かったです。


>>ゆ~すけさん

いつも、ありがとうございます。

チーム半分もですが、パオとコービー以外は、25%ですよ。いくらなんでも。


>>ひでさん


フリースローを20本も外して、勝てるはずがないです。

フィルの事葉ですが、「役割は与えられるものではない。自分で作れ。」という様なのがあります。シャノンは、サラリー額合わせで付けられてやって来て、ベンチ暖めでシーズンを終わって、FAで放出のはずだったのに、ガーベッジタイムに出て来て、自分の役割をアピールしました。ロールプレーヤーなら、兎も角、パオ程のサラリーを貰っているなら、「僕の役割は何でしょう?」と言っている時点で、失格です。

私も、ミークスは、後半に出しても良かったと思います。3ポイントは、最初の3本を外しても、次は決めるということもあるので。まだ、そこまで信頼がないのかもしれないですが。


>>神戸くん

昨日の夜のニュースで知りました。今更、フィッシャーが戻って来ても、使えないです。まだ、これから登り坂のモリスを使った方が良いです。引退する時には、1日契約か何かで、レイカーとして、引退させて上げて欲しいですが。


>>yoriさん

パオは、最初は、自分が頑張らないとという気持ちで、やっていたのだと思います。ところが、シュートは、打てばブロックされるで、自信を失って、いつもの、弱気に戻りました。

ブレイクもメタも、来シーズンが、契約最後なので、今は無理ですが、期限前なら、サラリーダンプをしたいチームには、良い契約です。ルークをクリーブランドが引き取ったように、どこかが、引き取ってくれると良いですが。


>>akrさん

コービーが病気というのは、昼頃には分かっていて、出場は、ゲーム前に決定と言われていたのですが、欠場すると思っていた人は、いなかったと思います。

私も、パオは、この際、休んだ方が良いかとも思いますが、ナッシュもいないし、責任感が無い人ではないので、プレーしているのだと思います。それに、酷かったら、トレイナーから、ストップかかかりますよね。

メタのディフェンスなら、イーバンクスの方が良いですよね。思い切って、イーバンクスを使って、経験を積ませた方が良いと思います。


>>匿名の方

少なくても、ナッシュは、0-6なんてことは、無いでしょう。(笑)


>>ロンロン大好きさん

仰る通り、ナッシュが戻って来て、どうなるかを見てみないと。ブレイクもいないから、ベンチ暖めのPGが2人、プレーしているというのも、かなりマイナスなはずです。別に、ブレイクが良い訳では無いですが、夏に来たばかりのデューハンと、2年目で、ガーベッジタイムにしかプレーしたことしかないモリスでは、連携も上手く行かなくて、当然です。


>>天使の街の湖軍団好きさん

>>ペネトレイトされて、
ドワイトがブロックに飛んで、
走り込んだセンターとフォワードにチップイン。
ボックスアウトをしてない。

これが、多いです。ドワイトが、その度に、パオやメタを、しかりつけていますが。ヒルはないので、よくやっているのだと思います。メタは、カバーに行っても、リバウンドで勝ち目がないです。


>>ふちさん

メタは、気を抜くとか、サボるというのは、間違ってもないです。オフェンスが悪いと、ディフェンスに影響する人は、結構いますが、メタに限っては、それは、無いです。残念ながら、メタの全力は、この程度なんです。今年は、ディフェンスでは、最初から、ドワイトの方向に送ることばかりです。抜かれない様にプレーしても、抜かれるので、後ろから追いかけて行っていることが、目立ちます。それは、去年からですが。


>>らーはーさん

ダラス戦では、誰もコービーに遠慮していないですよね。どうして、このゲームだけ、遠慮するのでしょうか?決まらないから打ちたくなく、ボールを貰いたくないないから、コービーと目を合わせない、ボールを貰い易い位置に行かないのだと思います。

決まらないから打ちたくないというのは、誰もありますよね。ロールプレーヤーは、それでも良いです。でも、パオは、サラリー額から見ても、決まらないから打ちたくないでは、済まないです。ドワイトだって、フリースローが決まらないから、ファウルされるのは、嫌なはずです。それでも、ポストに行って、手を上げてボールを要求して、ボールを貰ったら、ファウルされる前に打とうと、すぐ打ったり、工夫して、何とかしようとしていました。

コービーとドワイトは、ベンチでよく隣に座っていますよ。プリシーズンは、片方が欠場していた時も、2人共プレーしていた時も、いつも隣同士でした。オリンピックチームでも、コービーは、メロ、デロン、ドワイトが、結構仲が良い方だったそうです。


>>nさん

ダントーニがやって来てから、すぐロードで連戦だったので、システムの考え方は教えていても、セットプレーの練習は、殆どしていないはずです。P&Rは、タイミングが合わないと、スティールしてくれと言っている様なものなので、なかなかやれないです。

パオは、気持ちの問題です。不甲斐無いゲームの後で、ファンやメディアから、叩かれまくると、次のゲームは、若返った様に、プレーします。でも、又元に戻ります。メタは、仰る通り、何とかしようという気はあるし、手を抜くなんてことは、やれと言われてもできないくらい、全力でプレーしますが、それでも、走れないし、ジャンプできないし、レイアップは決められないし、フリスローまで決められないでは、話にならないです。売りのはずのディフェンスも、ちょっとスピードがある相手だと、全く付いて行かれないし。最近では、抜かれない様に守るのではなく、最初から、斜めになって、行く方向がチームメイトに分かる様に、カバーしています。

ジョージ・ヒルは、右利きです。フリースローを、右で打っていました。ゲーム後の番組でも、「右利きのプレーヤーを、どうして右に行かせるのか。」と、散々言われていました。だから、ドワイトは、左側にいて、パオが右にいました。メタ自身が、ゲーム後のインタビューで、「どうしてあんなディフェンスになったのか?」と訊かれて、「済んだことは、話しても仕方ない」という様なことを言っていました。


>>アレさん

パオが、ゴール近くでボールがもらえないのは、ゴール近くに、殆ど行かないからです。それに、ポストでファウルをされて、フリースローを貰ったプレーでも、最初にボールを貰って、自分では打とうともしないで、キックアウトして、返されて、又、キックアウトして、それでも、返されて、仕方なく、打ちに行って、ファウルされました。ボールを貰っていないのではなくて、貰っているけれど、打とうとしないです。パオが、ゴールから遠いところにポジションを取っているのは、去年もですよね。決まりもしないのに、アウトサイドに立っていて、2-3ゲームに1本は、3ポイントを打ちます。

確かに、パオがシステムに合わないというのは、あります。でも、どのチームでも、全員は勿論、スターターの5人が、システムにピッタリなんて、有り得ないです。レイカーズは、#1がコービー、#2がドワイト、#3が、ナッシュで、#4がパオです。ナッシュとパオの順番は、異論もあるかと思いますが、ナッシュは、アシストでは、歴代トップ10に入りますが、パオは、歴代でトップ10というものは、何もないです。ダントーニのシステムに、ナッシュが合っているのは、言うまでもないですが、コービーは、ミッチとジムに、ダントーニを売り込んだくらいなので、ダントーニシステムでプレーしたいはずだし、ドワイトは、ビッグマンで、これ程走れる人はいないので、大歓迎でしょう。#4は、合うの何のと言っていないで、合わせないと。例えば、ダンカン、パーカー、ジノービリの3人に合ったシステムなのに、サンアントニオの#4が、自分に合うシステムにしてくれと言ったら、おかしいですよね。大体、サンアントニオが、昨シーズンやっている、走るシステムは、ベテランのダンカンには、合わないはずです。でも、文句を言わないで、システムに合わせて、走っています。


>>uw24さん

コービーの最後の3は、2010年のPOのフィニックスとのシリーズで、アルビン・ジェントリーの目の前で決めたのを、思い出しました。あの時も、ダブルチームされていました。アンチでなくても、コービーのTOは、多かったと思いますよ。

メタは、やる気はあるし、常に全力ですが、もう、NBAレベルではないです。SFポジションで、走れない、ジャンプできないでは、致命傷です。


>>コウさん

プレーヤーは誰でも、特にロールプレーヤーは、不調な日があって、当たり前ですが、全員揃ってというのは、珍しいです。

フリースロは、小学校低学年でも、半分近くは決めますよね。パオは、決まっていると、ガンガン行きますが、ちょっと決まらないと、すぐボールアレルギーが発症します。


>>かずさん

「俺が打つぜ」とばかりに、メタが打つのですが、その結果、いつも、1-8とか、2-12ですよね。

フリースローは、伝染します。「よく外しているから、決めないと。」と、固くなるから、外します。メタは、大口叩きますが、自分自身でプレッシャーに弱いと言う程、実は、気が弱いです。大口を叩く人は、気弱な人が多いです。終盤、フリースローラインに行った時、顔がアップになりましたが、少なくても、1本は外すと思いました。


>>ラッパさん

「Kobeがボールを持ったらパスすらもらいにいかない」というのは、ゲーム後の番組でも、言っていました。「ボールを貰い易い位置に移動しないで、スペーシングが悪い」と言っていました。

メタは、確かにハッスルして、リバウンドを頑張ったのですが、どうしてあんなにリバウンドが取れたのかと、再放送で見るときに注意していると、ゴール真正面のインサイドの良い位置取りをして、ボールが真上に落ちてきて、NBAのSFは勿論、DリーグのSFでも、プットバックダンクが当たり前の位置にいるのに、後ろにいる、明らかに不利な位置にいる、インディアナのプレーヤーと、五分五分になってしまって、ティップをしたボールを走って取りに行っているから、ハッスルに見えるだけだったりします。普通のSFなら、簡単にプットバックになっているはずです。ハッスルプレーになること自体が、おかしいです。メタは、ある意味、コービー以上に全力でプレーしますが、実力がないから、結果がでないです。プロだから、全力でプレーすれば良いというものでもないし。

パオは、現実の問題として、トレードはないと思います。色々理由はありますが、マイカル・トンプソン、「パオがいなくなったら、終盤、ボールを渡せるビッグマンがいなくなる。」と言っていました。ドワイトでは、ファウルされて、フリースローが決められないし、ジョーダンは、6-6なんて日があったと思ったら、0-4なんて日もあって、不安定だし。


>>淳志さん

メタやモリスは、「俺がなんとか」のタイプなのですが、悲しいかな、実力が伴わないです。コービーに萎縮するのではなく、決まらないと、考えすぎて、余計な所に力が入るから、益々決まらなくなって、それで不安だから、打ちたくなくなる、相乗効果です。

パオは、現実問題、No.4なので、それなりにプレーしてしまっているのでは?


>>ミスドさん

メタは、過去3シーズンから判断しても、これが実力のはずですが、ジェイミソンは、14だか15シーズン、毎年、20点近くを取っているので、もっとできるはずです。パオは、感情的には、残って、頑張ってもらいたいですが、トレードされても、仕方が無いです。でも、サラリーが高すぎて、欲しい球団が、無いですよね。
[ 2012/11/30 18:03 ] [ 編集 ]
完全に出遅れました...

まったく話題かわりますが、FisherがMavsとサインするんですね。
Collisonのメンターになってほしいだとか。
[ 2012/11/30 13:33 ] [ 編集 ]
この試合のラストプレーですが、テラさんが貼ってくれたリンク先の解説凄く分かりやすかったです。

ウエストが細かく指示をしていた様ですね。
ああいう職人気質のベテランの存在は心強いですね。

あの一連の細かな動きでパオの反応が遅れてしまったのは分かりました。
只いくら見返してもメタのディフェンスが理解出来ないです。。

ウエストはピックに行くと見せかけてスルーをしたのに、メタはピックの逆側のコースを切ってあっさりとパオとヒルの1ON1を許してしまっていますし、コースを切るにしても露骨過ぎな気がしました。

3ポイントライン付近のトップの位置で、しかもあんなにスペースを与えてしまったらガードとセンターの対峙では振り切られるに決まってますし、ディナイで付いていけばもっとプレッシャーの掛かったショットに出来たはず。。

只完全な結果論ですし、決めたヒルも素晴らしかったですけど。

これだけチーム解体してますし、ナッシュが戻ってある程度システムが馴染むまでは辛抱強く見守りたいと思います。

チームには切り替えて次戦頑張ってもらいたいです!!

[ 2012/11/30 12:51 ] [ 編集 ]
今年は特にLakersが負けると、ファンの方の不満がものすごく爆発しますね。もっとも今回のような惨敗では当たり前ですが。

まず、多くの方が敗因や戦犯でもめてますが、僕はこれらは当然1つではないと思ってます。強いて言えば、何人かの方が指摘する「試合を通して10TOするような選手」を後半休みなしで出し続けざるを得ないチーム状況が全てかなと。ましてや、インフルエンザのような症状の選手を試合に出さざるを得ないことが何よりも問題です。コービーのことだから、誰が説得しても試合に出場するというのは予想できますが、それでも試合が始まれば、周りの選手が奮起して、コービーに頼らなくても大丈夫な展開になればそれほど負担はかからないだろ~ましてや今季ここまで調子が上がらずエースが離脱してるIND相手だし~なんて楽観してましたが、まさか誰1人として頼りにならないとは…

記事にあるように、コービー以外の3ポイントが1/17、FGで見るとコービーとドワイト以外が5/38、FTに至ってはコービーとパオ以外は6/24って...これはNBAチームの数字じゃないですよ。今季はモリスやヒル等、期待よりは良くやってる選手もいますが、それはあくまで最初の期待値があまり高くないだけであって、対戦チームによってはマッチアップする選手と比較にもならない時もあるのが現実です。

日本ではパオのトレードの噂も耳にしますが、実際今季のパオなんて要らないと思われても仕方ないです。ディフェンスで穴になり、オフェンスはハイポストからの単純なジャンプシューターに成り下がり、消極的なプレーでTOや被ブロック…今のパオは正直言って並以下のPFではないかと。少なくともNBA30チームのスタメンPFでは平均以下ですよ。今のプレーぶりでは代わりを務めれる選手なんてゴロゴロいますね。パオの本来の長所も理解していますが、パオが力を発揮していない/発揮できる環境にないのも事実です。

あんな高額サラリーをもらってる選手をベンチ起用するのは世間的に難しいかもしれないですが、それなら試合の大半で4・5番の組み合わせを工夫(具体的にはドワイトとパオを別々で使い、それぞれジェイミソンやヒルと組ませる等)してもらいたいです。そうすると、パオの出場時間は極端に少なくなりそうですが、正直そーなっても良いです。むしろ、その方がチームにとっては良さそうです。その間に、悩まされているという故障も癒えるだろうし、少しの時間でも本人の望むローポストでプレーできるなら、自分の存在意義を示すこともできるだろうし。ダントーニには、勝つために柔軟な選手起用をしてもらいたいです!

まあ、今のチーム状況は故障者(パオ・ナッシュ・ブレイクw)もいるし、HCも替わったばっかりだし、ジェイミソンはよーやくコンディションが出来つつあるかなと言ったところ。そして、ドワイトは本来なら未だプレーしていない予定だったので、まだ全開ではないということと、FTはフォームを変えたために少し辛抱する必要があるということをきちんと踏まえる必要があると思います。

ここ最近のスケジュールはベテランチームには厳しかったのも事実ですし、次の試合まで少し空くのでコービー等も体調が良くなると思います。ナッシュが復帰してからが本番(コービーの負担も減るだろうし、チームとして平凡なシュート力も改善される、パウも、チームに残る=引き続きハイポ付近でのプレーが多くなるのなら、ナッシュとのP&Rで活きてくるかもしれません)なので、それまでは辛抱して応援しましょ!元々新加入の選手が多いだけでなく、これだけバタバタしてるチーム状況なので、シーズン前半ひいてはレギュラーシーズンはある程度の我慢は必要だと思います。シーズンが進めば、それぞれのチーム事情によって、ただの不良債権もトレードの価値が上がったりと、なにかと状況は変わるかもしれませんし。

個人的には、今はLakersは半分あきらめを持って応援し、DリーグでのDJOやサクレの活躍を楽しみにしてたりします。DJOはいきなり大活躍だったみたいですしね、しっかり経験を積んでもらいたいです。

長くなりましたが、最後にこの試合のラストプレー(ジョージヒルのビッグプレーですが笑)を分析してる日本のブログを見つけたので紹介しておきます。

http://blog.livedoor.jp/pdx_satroubadour/archives/20661081.html
[ 2012/11/30 11:28 ] [ 編集 ]
WOWWOWで見ました。

うーん、なぜ今さらコービー批判が出るのか分かりません。

なぜ10TO?
PGやってれば4,5は行くわけで、あの体調不良ぶりからすると仕方ないのでは?
1Q終わったら横になって咳き込んでましたし。
あと、主審のフエも、どうなんだろうと思いました。

なぜ打ちまくる?
ずっと追いかける展開だったからエースの仕事をしたまでじゃないですかね。
追い付くためには、FTを含め得点の確率が高い人が攻撃するのが合理的です。
まして、他チームメイトの確率は散々ですよね、ドワイト以外。

いつでも打ちまくってるわけじゃないことを理解して欲しいですね。
余裕の展開の時には、アテンプトは散らばってますよ、こないだのダラス戦みたく。
ビハインドで追いかける展開、まして他チームメイトの確率が悪い場合、私がコーチでもチームメイトでもエースに託すでしょう。
アマでもプロでも。
それは今までも変わらないし、これからも変わらないと思いますよ。

負けたときに戦犯探しをしてしまうのは分かりますが、目立つエースだけでなく脇役の散々な確率にも目をやって欲しいですね。
彼らが普通の調子ならリードした展開になり、コービーの出場時間も抑えられ、TOもアテンプトも減っていたはずです。

と、個人的には思います。
私の意見も様々な意見の一つです。
これが正しいと言ってるわけじゃありません。
[ 2012/11/30 08:26 ] [ 編集 ]
今のところは我慢して応援するしかないのではないですか…HCも現時点のメンバーでできるプランで戦っているでしょうし、いくらコービーがずば抜けた選手でもゲームメイクと得点を両立させるのは難しいと思いますし、こんな状況ではエゴが出てくるのは当たり前だと…体調が悪ければなおさら…
今は試合の流れとか重要な時間が読み取れる力のあるPGが必要。早くナッシュが戻って来るのを期待しましょう。
フルメンバーが揃った時のゲームプランは出来ているはずなので、それまではいるメンバーで耐えしのいでもらいましょう…
マジックジョンソンのようなPGいないかなぁ…
[ 2012/11/29 20:16 ] [ 編集 ]
うーん
この試合の敗因はチーム全体にあると思いますね。

私達自身10年来のコービーファンで彼を擁護したいと考えていますが、10TOは少し大過ぎますね。コービーが攻め続けなければいけなかった状況はわかりますが。

まぁ他のプレイヤーがフリースローをあれほど落とさなければ問題は無かったのですが。

ところで最近のコービーは精神的には充実してきていますね。
若い頃はイライラしてフレグラントをするなどありましたが、ここ数年は本当に大人になったなと感じます。

メタはここ数試合調子が良かったですが、この試合はダメでしたね。
オフェンスでの働きより、ディフェンスでの活躍を期待したいので、もう少し改善して欲しいですね。
ラジャベル取れたらチームとして改善できるので、ぜひ来て欲しいなぁ。
[ 2012/11/29 18:53 ] [ 編集 ]
コービーのTOが酷すぎるってゆうけど試合みたの?
ならだれがゲームメイクするんですか?

てか今のコービー以外に得点できる選手がいるとは思えないからコービーも無理して行くことによってTOが増えてるよね。

まだ1Qとか2Qまでは周りよく見てパスしてるんだけどね
[ 2012/11/29 18:06 ] [ 編集 ]
自分もゾロリせんせと同じ意見ですね。
試合をフルで見ればわかると思いますがコービーしか点を取ろうとしないでまわりが無気力みたいな感想が多いですが。そもそもほとんどコービーが1人でボール運んで1人で1on1を仕掛けての繰り返しなんで、まわりの選手はパスすら来ないので無気力とか以前の問題だと思いますよ。特に4Qの終盤はこういう場面が多いです。例えばコービーが相手選手を引き付けてパスアウトしても打たないとかならまわりの選手の問題かもしれませんが、引き付けてパスする気配すらないのでまわりは傍観状態になっいるのだと思います。
フィルの時はここがうまくバランス取れて重要な場面でもパスアウトしてまわりの選手を活かしていたと思います。要はコービーがまわりを信頼して、自分が行く時なのかパスする時なのかうまくバランス取れるかだと思います。
これはあくまで個人的な意見ですが気分を害された方は申し訳ありません。
[ 2012/11/29 16:48 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

うーん…

勿論僕もレイカーズのファンで、
コービーの大ファンである事を前提として話しますが、

先日の試合は体調が悪い事を差し引いても、
コービーが少なからず敗因の要因の一つであると思います。

負けという結果から最後のプレー(終盤のディフェンス、フリースローを外しすぎなど)が
よく挙げられてますが、
勿論それもそうですが、
TO10は多すぎです。

試合を通して見ていたわけではないので何とも言えないですが、
常にオールコートでダブルチームつかれていたとかでない限り、
(例えそうだとしても)それでも10は多すぎる。
それだと他のメンバーもなかなか流れを作れない。

あと、MWPはアデルマンHCの下でやっていた時のように
頼られると意気に感じるタイプなので、
とにかく自信をなくして不安定になったり、悪いスパイラルに入らないように
次の試合で挽回して欲しいと思いますね。
モチベーションをしっかりコントロールしてあげれば、
まだまだグッドディフェンダーですし。

ガソルは誰とマッチアップしてたのかわかりませんが、
結構ガシガシ当たられてたんでしょうか?

元々外からのシュートも得意なプレイヤーですし、
消極的という事は逆に言えば危険なプレーをしないという事だし、
インサイドのコントロールタワーとして長所を伸ばして
やる気を引き出してたフィルを懐かしく感じてしまいます。
メディア対策も含めて上手にいい空気を作ってましたし…
それはもうしょうがないですけどね(⌒-⌒; )

ま、もともとローテーション内のPGが2人いない時点で
厳しい状況なのは仕方ないですし、
切り替えて日本から応援していこうと思います。

GO LAKERS!

[ 2012/11/29 16:41 ] [ 編集 ]
ナッシュはランニングやスピードの練習も始めたみたいですよ。
骨にヒビが入っていて、1ヵ月しないで、走れてますから、順調だと思います。
逆にブレイクの方が長い気がします。別に居なくても困りませんが(笑)
ナッシュには焦らず、ブレイクにはゆっくり治してほしいです。
[ 2012/11/29 16:32 ] [ 編集 ]
何度も同じ記事にコメントすみません。

Nashは最低でもDenverとOrland戦は駄目みたいですね。
予想以上に長引いてますが、無理しないで完治してから出てきてほしいです。
Blakeも最低2週間はかかるようですね。
PG任務をまだしばらくKobeが兼任する試合が続きそうです。
これ以上、ミニッツの増加、負担増大になんてならなければいいですが…
[ 2012/11/29 16:11 ] [ 編集 ]
正直な感想を。
ぶっちゃけ、批判されても文句言えないでしょうコービーは。ここではコービー擁護派の意見の方が多いようですが。

いやまぁ、風邪を押しての強行出場、プロとしては尊敬します。けれど、例え何十点とろうが、TO10記録したら、帳消しどころか-でしょう。同点ショットなんかは彼らしくて良かったと思いますが、酷い時間帯もありましたし。俺は、コービーを批判する意見が出るのも、さほどおかしくないゲームだったと思いますよ。

「コービーがもっとパス回さないから負けた」
「コービーがパス出しても味方が攻めないのだから、コービーは悪くない」

結局、ここの見方でコービーの評価も変わりますからね(笑)。そしてここの評価が難しいこと難しいこと。今さら、コービーにチームプレイを期待するのも、馬鹿らしいというのが、本音ですが。凄まじい選手ではあるが、チームプレイヤーではない。昔からそこは変わらない。と、俺は思います。


いずれにせよ、今回の敗因はFTでしょう。いくらなんでも、もちっと決めないとね。勝てるものも勝てない。
[ 2012/11/29 15:50 ] [ 編集 ]
みなさんこの名無しのバカはいつものYahoo!知恵袋のやつでしょうから相手にしないようにw


しかしフリスロチームで半分しか決めらんないとかほんと情けねえ…
フリスロ六割以下は年俸減額とか無いですかねそうゆうの。
[ 2012/11/29 15:13 ] [ 編集 ]
コービーアムネスティしろよwww
乱発魔なんていらねえよww
[ 2012/11/29 15:07 ] [ 編集 ]
フリースローが入っていれば結果が違っていたと考えると残念な試合でした。

コービーの活躍は本当にすごいです。
みんながシュートが入らず、さらに自身の体調が悪い中でも圧倒的なプレーでチームを引っ張ってくれるのには本当に尊敬します。
コービーの活躍がなければもっと点を離されて負けていたと思います。

ガソルですが、ダントーニコーチになってから自分の役割が分からなくなっているように思えます。
それでも、せめてボールのキャッチくらいはしてほしいとも思いました。

シュートが入らなくて打ちたくないのはわかりますが、コービーは体調が悪いし、ハワードはファウルトラブルだったので、他のメンバーに奮起してもらいたかったです。
チームの立場的にはガソルに奮起してほしいところですが・・・
個人的には、後半にミークスを使ってみてもよかったのではと思いました。

あとはチームとしてフリースローをもっと入れてほしいです。

次の試合までにコービーの体調が良くなってほしいですし、他のメンバーがもっと積極的にシュートを打ってもらいたいです。
[ 2012/11/29 14:53 ] [ 編集 ]
フィッシャーがダラスで復帰みたいですね。
なぜダラスなのかわかりませんが。
コリソンが怪我してるけどそんなに重くなかったような気がします。
トレードならLAL復帰できますが、まぁないでしょうね。
[ 2012/11/29 13:07 ] [ 編集 ]
試合見れてませんが、酷い試合だったようですね。スコア見ただけで、想像がつきます‥。
コービー体調不良にも関わらず凄いですが、こんな時こそパオに頑張ってほしいです。(ため息)
メタは、色んな意味でまたメタメタ(メチャメチャ)になってますし。
メタもブレイクもいらないのでトレードしてくれないですかね~。

私的には、ヒルをもっと出してほしいです。
[ 2012/11/29 11:31 ] [ 編集 ]
コービーには改めて頭が下がります。
病気でも試合に出て活躍するってのは、ジョーダンやコービーにとって当たり前で、あまりニュースでも騒がれない事が少し不満です。

バウは膝の腱炎があるので、休んで治癒しないかぎりパフォーマンスは変わらないでしょうね。
それでも居ないより戦力になるし、現在のプレースタイルをガードが活かしてやるしかないかと。

メタはディフェンスに自信があるのかもしれませんが、もう若いトッププレーヤーにはついていけなくて当たり前です。
歳を取りすぎました。
コービーだってウェストブルックにはついていけないように。

それにしても、最後のフリースロー4本、残念ですね。
一本ずつでも決めていてくれたら。。。
[ 2012/11/29 10:06 ] [ 編集 ]
本当にバランスが悪いですね。楽観的ですがナッシュが戻ればシュートは入るんじゃないかな?と思ってますw
コービー→シュート打たなければいけない→打てない→なんとかパス→シュート難しい
ナッシュ→シュート打てたら打とう→あっコービー空いたし他も空いてる→スムーズにパスが通る→ディフェンス遅れ攻めやすい

こんな感じになるはず!!お願いします
[ 2012/11/29 10:01 ] [ 編集 ]
勝てる試合だっただけに悔しい敗戦ですね…まぁねガソルの弱気は今に始まった事じゃないんで驚きも何もないです。まぁナッシュが復帰してどうなるかじゃないですかね。にしても平均点がメタ以下って…
[ 2012/11/29 07:23 ] [ 編集 ]
時間がなかったためリーグパスの圧縮版のみ観ましたが、
同じ場面の繰り返しです。
ペネトレイトされて、
ドワイトがブロックに飛んで、
走り込んだセンターとフォワードにチップイン。
ボックスアウトをしてない。
ペネトレイトが容易なP&Rディフェンス。
INDはどうもチームとして意図的にパオの所を
狙っているような。
ファイナルでレイアレンをブロックしたパオの衰えに哀しみをおぼえます…。
[ 2012/11/29 03:29 ] [ 編集 ]
ひどい試合でした。なぜこんな僅差の試合になったのかがまだわかりません。まあINDも悪かったからなんですが。
ゲーム中のうんぬんはおいといて、最後のフリースロー四本をすべてはずしたときにはもうこのチームはだめなのかな・・・と思わせるくらいでした。打ったのがドワイト、メッタというのもありますが、あそこで決めなかったら勝てないという気持ちで臨んだんでしょうか、いつも通りのノリで打っていい場面ではなかったですよ。

コービのシュート本数が多いのはチームの調子が悪いとき。
まわりがサボりすぎてコービが不憫で仕方ありません。この状態では五割付近で終わりそうな雰囲気です。ナッシュが戻ってきてどう変わるか・・・。


ロンロンのディフェンスはもう並か並以下になっていますね・・。
昔の姿を取り戻してもらいたいですが、もう昔のように動けないのか、オフェンスのことを考えてディフェンスをサボっているのか。
シュートが入らないときは相手のキーマンを全力で抑えにいってほしいです。かつてメロにおこなったようなボールを持たせもしないディナイとかね。
ボールを持たれてからついていけないのならそれしかないです。ヘルプにはドワイトがいるのでそれを信じて。
[ 2012/11/29 00:42 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

わざわざ授業を時間を割いてまでみたのにこの結果は残念ですw

コービーは体の調子が悪いのにこの活躍はさすがですね、
周りの人はコービーに遠慮してるのでしょうか?

打ちもしない、攻めもしないって最悪ですね。
ハワードはまぁなんやかんややってくれますが、

ガソルは今日で失望しました。
これはトレードにあげらてもしかたありません。


試合を見て思ったのですが
コービーとハワードはさほど仲良くないのでしょうか?
なんかそう思ってしまいます。

あとナッシュは試合のだめだしとかしてるんでしょうか?
[ 2012/11/28 22:50 ] [ 編集 ]
酷い試合でしたね。ナッシュも映った場面で、少しうんざりしてました。
コービーは調子悪いと思ったら、体調不良だったんですね。それでも、40点は凄いですが、もう少しハワードとのピック&ロールが見たいですね。
ガソルはブラウン体制でも、全然ローポストでプレーしてませんよ。周りの問題ではなく、本人の問題でしょう。ここ、2試合は中でも少しやってますが、今日は全て当たり負けしてましたね。もう限界なのでしょうか?
メタは、実力は衰えてるかもしれませんが、最近の試合を見ているとメタは今のレイカーズに必要に思えてきました。彼が居ないと本当にコービー以外悪い状況を打破しようとする人がいなくなっちゃいますよ。
どうでもいいですが、ジョージ・ヒルは左利きじゃなかったですか?最後の場面でメタが右側なに送るみたいな、ジェスチャーをしてるように、見えるんですが。これがあってると、パオの方が問題ですよね?パオも簡単に抜かれすぎです。
[ 2012/11/28 21:15 ] [ 編集 ]
自分はあえてガソルを擁護したいです
彼を注目して観てますが、ちょっと可哀そうなぐらいな扱いでしたよ
ゴール近くでボールが貰えないです。
前ならポストで貰って消極的だという感じのはありましたが、ここ数ゲームは消極的以前に彼には合ってない役回りをやらされてる気がします
コービーもガソルにはやりやすい感じにしたいみたいに言ってましたが、ダントーニがそれを許してはないのではないでしょうか?
相変わらずガソルは自分でスクリーンかけるか、ゴールに遠いところにポジション取ってるのが目につきます。
ダントーニになってガソルとヒルの役回りが明らかに変わりました。
ダントーニは選手への得意不得意無視して、自分のやり方を選手に押し付けてるのではないでしょうか?
もうちょっと柔軟にプレーを指示できないものか?
ダントーニはP&RとPFにすら3点シュートが好きなのでしょう、あとはアップテンポなプレーですね。
ハーフコートでじっくりとは違いますよね。
[ 2012/11/28 20:22 ] [ 編集 ]
いまにわかったことじゃないですが
さすがコービー^^;最後のスリーは圧巻でした
体調不良のコービーが半分以上とらないといけないのはおかしいですね
アンチにはTDしたと言われますが

ピックアンドロールでのガソルのキャッチミス、モリス、デュホン、ジェイミソンのスリーが入らなすぎです
ハワードも12分の3のフリースロー

メタは頑張ってはいたものの
MAYさんのおっしゃるとおり速攻でファールをもらえないのに打つ
いいリバウンドをとっても打って外してましたね
最後のフリースローは美味しいものの
二本外す上に
最後ヒルにあっさり抜かれちゃいましたね
あそこはメタじゃなかったらOTだったかもしれないですね


G陣のバックコートのショボさもですが
課題が山積みです
ガソルはトレード反対でしたがこうも
不甲斐ないならトレードされますね
[ 2012/11/28 20:18 ] [ 編集 ]
今日はゲームが見れなかったのですが、試合後のボックススコアを見てなんだこれはと呆れを通り越して笑いが出てきました。
ボックススコアだけで試合展開が容易に想像できてしまい、結局こういうゲームはなくならないのだと悲しくなりました。
ただでさえ病気な上44分もプレーさせていたら、またコービーがガス欠になりそうで心配です。

オフェンスは波があるので仕方ないとはいえ、いくらなんでもこれは酷すぎますし、フリースローに至っては子供以下ですよ。
現状だと終盤にハワードをオプションにしにくいのが辛いです。
終盤だけでもパオを2ndとして使えればいいのですが、当の本人がやる気ないですからね。
ナッシュがいるとだいぶ違うと思うので早く戻ってきてほしいです。(ゆっくり治してもらいたいですが…)

なんか愚痴っぽくなって申し訳ないです…
[ 2012/11/28 19:52 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
中々順位が上がっていかないです...。

今日ほどナッシュがいてくれたらなと思う日はありませんでした。
コービーのかわりに俺が打つぜって選手が本当にいないですね。

フリースローの失敗って伝染するんでしょうか?
フリースローが入らな過ぎて負けたのはこれで2試合目な気がします。
(コービーには全く伝染していませんが...)
[ 2012/11/28 19:48 ] [ 編集 ]
今日の試合は両チームともひどかったですね。
両チームともディフェンスがよかったのもありますが、それ以上にオフェンスが酷かった…
ただ今日みたいにシュートが決まらない日というのはあるはずなんですが、シュートが決まらないからと言ってシュートを打たなくなるだけではなく、Kobeがボールを持ったらパスすらもらいにいかないのはいかがなものかと。

いつも見ていて思わないのですが今日は審判の笛も?なところ多くありませんでしたか!?
今日は笛に助けられたところもありましたが、笛に泣かされたことも多かったです。

MWPはシュートが元に戻りましたね。
今日はいいところでリバウンドもとったりルーズボールを取ったりしていたので、そこは良くやっていたのですが、無駄なファールとディフェンスに少し難がありましたね。ディフェンスが売りだったはずなのにあんだけやられるとさすがに文句の一つもいいたくなりますね。無駄なファールにしても今日はタイミングも悪かったですし、最近よかっただけに残念です。
Pauは好きな選手なので、トレードしてほしくないですが、今日のプレーじゃトレードされても文句言えませんね。最後少しだけ気合い入ってやってましたが、それを1ゲーム通してくれよと…Dwightがファールトラブル、Kobeが風邪なら一番奮起すべきはPauでしょうに。
ベンチメンバーはD'Antoniになってからは多少は良くなっていると思うのですが、今日は出番が少なかったですね。Jamisonは今日良くなかったですがもうちょとできるはずですし、シーズンもまだ序盤ですしもうちょっとベンチメンバー使って試してもいいと思います。

D'Antoniのシステム導入してまだ日が経ってない、それにNashも帰って来てないのでまだ進歩の余地はあるのでこれからは少しずつ良くなることを期待します。
まだチームもできてないのでしばらくは勝ったり負けたりが続きそうですね。
[ 2012/11/28 19:29 ] [ 編集 ]
早速の更新ありがとうございますm(_ _)m
普通にやれば勝てた試合だった様ですね。。

ナッシュがいないとはいえ相手もエースがいない状況ですし、負けに慣れてしまっているこの状況はよくないです…。
コービーの10TOや得点等を見ると、ふがいない時のレイカーズか、と察しが付きます。
レイカーズには“俺が何とかしてやろう”っていう気概のある選手が少ないのにいつも疑問を感じます。
レイカーズという超名門チーム、そしてコービーという大エースに萎縮してしまっているんでしょうか。

特にパオ。
五輪決勝戦でとても力強いプレーをしていたので、今年は期待出来ると思っていたのですが。。
潤滑油としてチームに貢献出来るとは思いますが、No.2の自覚を取り戻して欲しいです。
サポーティングキャストのレベルが低くても、3人がまともにやればそんなにばかすか負けないと思うので。

シーズン中盤ぐらいまでは一試合毎に一喜一憂させられそうですね。。

[ 2012/11/28 18:54 ] [ 編集 ]
こんな酷い試合まで詳細に記事にされて頭が下がります。見ててかなりイライラするゲームでしたね。審判の笛も不可解なものが多く感じました。

メタ、ジェイミソンはいつもの状態に戻りましたね。元々こんなものじゃないですか?確変が終わった様です。
そしてパオ、さよなら。もう完全にいらないです。自分で攻める気もなくただのスクリーナー兼ミドルシューターになってしまった彼はもはコービーの相棒とは呼べません。3年連続ファイナル進出は充分に貢献してくれましたし、人的にも好きですが、パオに価値がある内にトレードして欲しいです。

そしてこのチームはいつまでたってもコービーにおんぶ抱っこし続けるのか。試合が進むにつれてコービーがどんどん周りを信頼しなくなっていた様に見えます。

ナッシュ復活で流れが変わるのか。。。
[ 2012/11/28 18:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。