ベンチが爆発で楽勝

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


ベンチが爆発で楽勝

Game Score

1Q
出足に、パオ、ドワイトのビッグマンが決めますが、その後、ドワイトがフリースローを2本共外したり、メタが3ポイントを外したりで、得点できません。序盤で、僅差のリードを奪われますが、メタの3ポイントと、半ば前のドワイトのレイアップ&1で、同点に追いつきます。その後、モリスの3ポイントでリードを奪うと、一旦は、同点に追いつかれますが、ドワイトの連続ダンクと、終盤に入って、ジェイミソンの連続3ポイントで、リードを広げ始めます。ジェイミソンは、その直後にも、バスケットにカットし、コービーからボールを貰い、レイアップを決めます。この時点で、10点リードでした。その後、少し追い上げられますが、ドワイトのオフェンシブ・リバウンドからのプットバックダンクがあり、34-27の7点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足に、メタが外しますが、ジェイミソンが、得意のリバウンドから、ティップを決めます。その後、ミークスの3ポイントが爆発し、ジェイミソンのフリースローと、パオのジャンプシュートを挟んで、序盤だけで、3本を決めます。3ポイントが続いて、点差は徐々に広がりましたが、ディフェンスで止められないので、12点差に広げるのが、やっとでした。半ば前に、コービーが戻っても、ミークスは残り、2連続で3ポイントを決め、序盤と合わせて、5連続で決めました。半ばには、パオのフックショットで、14点リードにしますが、その後、ジェイミソンの連続ターンオーバーがあり、シュートも外し、その間、ガリナリの3ポイントと、ミラーのフックショットで、半ば過ぎには、点差を7点に縮められます。ここから、ジェイミソンが、レイアップを決めると、ここまで流していたコービーが、働き始めます。まず、ファウルを取って、フリースローを決めると、エルボーからのジャンプシュート、次ぎの3ポイントは外しますが、フリースローラインの少し後ろからのフェイダウェイと、フリースロー2本、そして、終了間際のフェイダウェイで、終盤だけで、10点を稼ぎます。71-57の14点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤に、ドワイト、コービーが決めますが、イゴダラ、ガリナリの3ポイントを含む、3本を決められ、点差を一桁に縮められます。一旦、パオからドワイトへのアリーユープで、二桁得点差に戻したものの、半ばに、2分ちょっと得点がなく、点差を7点に縮められます。その後も、オフェンスでは、多少もたつきますが、ディフェンスが良く、半ばから、3分近く、デンバーを無得点に押さえ、点差を徐々に広げます。ドワイトがリバウンドで踏ん張り、ジェイミソンが決めました。終盤に入った所で、ファリードのジャンプシュートで、又、点差を一桁に戻されますが、直後に、ジェイミソンとメタが、続けて3ポイントを決め、デューハンのレイアップで、点差をこのコーターで最大の、17点に広げます。その後、オフェンスでもたつき、少し追い上げられますが、コーターの締めは、コービーが、3ポイントラインの後ろで、立ち止まって、ドリブルしていただけなのに、デンバーのプレーヤーが、少しずつ、吸い寄せられて来てしまい、反対側の3ポイントラインの外にいた、デューハンが、がら空きになり、コービーからパスを貰って3ポイントを決めると、ジェイミソンが、終了間際に、2本続けて決め、97-82の15点リード で、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、メタがレイアップを決め、ミークスが、今日、6本目の3ポイントを決め、点差を20点に広げます。その後、2本返され、オフェンスでは、外し、追い上げられますが、パオが、カットしたジェイミソンに、絶妙のパスを出し、ジェイミソンが、楽にレイアップを決め、点差を維持します。半ば前からは、立て続けに決められますが、ここでも、ミークスが1本、ジェイミソンが2本3ポイントを決め、点差を詰められながらも、なんとか、踏ん張ります。半ばを過ぎても、デンバーの攻撃は止まらず、ハミルトン、ミラーに決められ、半ば過ぎには、点差を12点にまで、縮められます。ここで、メタが外したシュートを、ドワイトが、今日17本目になるリバウンドから、プットバックダンクを決めます。終盤に入り、シュートを外したり、ターンオーバーがあったりで、得点が止まりますが、ディフェンスが締まり、デンバーを、3分近く無得点に押さえ、ジェイミソンのレイアップで、16点差リードにすると、その後もしっかり守り、ドワイトが、着実にリバウンドを取り、終盤のデンバーの得点を、ロウソンのレイアップ1本に抑えます。終了間際には、デンバーが外した最後の2本のシュートのリバウンドを、ドワイトが取り、リバウンド数を20にすると、残り、9秒からは、ドワイトが、キャリア2本目になる、3ポイントを決める、お祭り騒ぎのおまけ付きでした。





コービー:14得点(5-15、3PT=0-3)、8アシスト
体調は、問題ないと言っていますが、ベンチに下った際には、床に寝そべっていました。リバウンドは2と、コービーの基準としては、少ないのと、ファウルが5あるので、脚が動いていないのだと思います。ミニッツは、37分と、少し大目ですが、ジェイミソンとミークスが決まっていて、4Qは、ボール渡し係になっていたので、ミニッツの割りには、きつくなかったはずです。

ドワイト:28得点(12-16)、20リバウンド、3ブロック
リバウンドのタイミングが、合って来ました。以前は、早くジャンプしすぎることが、目立ちましたが、それが、なくなってきました。ベンチにいる間は、応援団長で、ミークスが3ポイントを決める度に、決めた本数の指を立てて、盛り上げていました。終了間際に決めた3ポイントは、今日、チームで17本目で、これは、レイカーズの球団記録タイです。ドワイトのキャリア3ポイントは、これで、2-33だそうです。コート上でも、ベンチでも、一番はしゃぎまくっていますが、ゲーム後のインタビューでは、「このゲームは、もう過去のこと。次のゲームに焦点を合わせないと。」と、気を引き締めていました。次のゲームというのは、日曜日の、ホームでの、オーランド戦です。

パオ:6得点(3-7)、7リバウンド、8アシスト
数字だけ見ると、良くないですが、28分弱のプレーなので、得点も、リバウンドも、こんなものです。むしろ、アシスト数は、ミニッツから比べたら、多い方です。良いパスを出して、チームメイトが楽なバスケットを決める手助けをしていました。

モリス:3得点(1-3、3PT=1-1)、3アシスト
スターターですが、最初は30分以上あったミニッツが、20分代になり、ジリジリと減り、今日は、20分を切り、18分のプレーです。スターターと言っても、コービーと一緒にプレーさせないと使えないので、最初に出しているという感じです。ドライブして、トラベリングはあるし、レイアップは決められない、ジャンプシュートは、リングの手前に当てる。コーナで、ドリブルを止めてしまい、ダブルされて、行き場がなくなることが2回と、PGなら、絶対やってはいけないことをして、時間を使ってしまっています。この状態だと、バックアップでも、使えないです。ディフェンスでは、よくやっていて、ロウソンをまともにカバーしていました。

メタ:10得点(3-11、3PT=2-7)、2リバウンド、3スティール
こんなものでしょう。フリースローが2-2だったので、良しとしないと仕方が無いです。「次は自分の番」と決めてかかって、ドリブルしまくるプレーがなかっただけましです。

ジェイミソン:33得点(13-19、3PT=5-10)、12リバウンド
3ポイントもよく決まリましたが、だからと言って、アウトサイドに立っているだけでなく、バスケットに、良いタイミングでカットします。ゲーム後の、インタビューで、「ダントーニから、攻撃的に行く様にと言われている。」と言っていました。

デューハン:5得点(2-6、3PT=1-3)、8アシスト、3スティール
ベンチスタートですが、31分のプレーです。ナッシュの様な、芸術的なパスはないですが、気が付くと、オープンのチームメイトを見つけて、アシストを稼いでいます。反射神経が良いのが、スティールが多いです。ブレイクと違って、スティールから、ファーストブレイクで、レイアップを決められます。ブレイクが回復しても、デューハンをバックアップで、使ってもらいたいです。

ミークス:21得点(7-9、3PT=7-8)、2アシスト
3ポイント7本は、キュアリハイです。躊躇しないで打つ所が良いです。キャッチして、すぐ打てるのが、強みです。毎回、こんな調子では決まるはずがないですが、

ヒル:2得点(1-1)、0リバウンド
前半だけ、3分ちょっとのプレーです。ジェイミソンをPFで使っていて、絶好調だったの、ミニッツが削られてしまいます。必要なゲームが、必ずやってるので、腐らないで、その時のために、準備を整えてくれたら良いです。


オフェンス
決まりすぎの感はありますが、ジェイソンとミークスは、今までの実績から見たら、得点力は、ある程度期待できるはずです。インディアナ戦では、5点しかなかったベンチ得点が、61点、全体の丁度半分ありました。ジェイミソン、ミークスの、ベンチプレーヤー2人が、コービーより得点が多いです。こんなのは、ベンチモブや、キラービーズの時でも、記憶にないです。

ゲーム後のインタビューで、デューハンが、「インディアナ戦と、変わっていることはない。インディアナ戦でも、同じ様に機会はあったけれど、シュートが決められなかっただけ。」と言っていました。今日程決まることも、珍しいはずですが、インディアナ戦程決まらないことも、メタ以外は、珍しいはずなので、何とかなりそうです。

コービー、パオ、ドワイトの、ピック&ポップ&ダンクや、パオからドワイトへの、ハイ・ローから、ダンクがありました。ドワイトの調子が上がってくると、これが、増えてくるはずです。


ディフェンス
103点も取られていて、それ程良くなかった様に見えますが、両チーム共、よく走るため、ポゼションが多かったからで、デンバーのシュートの確率は、40-86の46.5%です。

昨POで、対戦した時は、デンバーによくリバウンドを取られた印象がありますが、46-38の+8、運動能力が高く、マニマル(マン+アニマル)のニックネームで知られる、ファリードは、23分弱プレーして、2リバウンドでした。バイナムがドワイトに代わったのもありますが、ジェイミソンの12リバウンドが大きいです。

又、デンバーと対戦すると、ロウソンに、好き放題に抜かれる印象がありますが、今日は、ロウソンがいるのを忘れるくらいでした。ロウソンは、3-11の9得点で、5アシストのみ、バックアップのミラーは、5-8の10点と、得点は与えましたが、アシストは4でした。モリスと、デューハンが、よく頑張りました。後ろに、ドワイトがいるのも、かなり影響があったはずです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/12/01 18:06  Lakers | コメント(20)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ミズドさん

ジェイミソンとミークスは、今までも、安定して得点しているので、ここまでは無理ですが、ある程度一定で出来るはずです。メタは、一定して悪いですが。去年、よく、「レイカーズは、一定に不安定だが、唯一安定しているのが、ワールドピース。」と、嫌味を言われていました。

モリスは、若いから、スピードがあるし、反射神経が良いし、サイズがあります。仰る通り、スピードのあるPGでも、ある程度カバーできます。

ヒルは、前半だけで、4ファウルでしたよね。そうでなくても、ジェイミソンがあれだけ避ければ、出る幕無いと思います。パオよりも、ジェイミソンの方が、ミニッツが多いくらいなので。


>>UWさん

ミスは、確かにありますが、ダンクのミスなんかは、早くしないと、ドワイトにブロックされるという意識があるからかもしれないです。ドワイトは、相手に精神的なプレッシャーを与えるので、スタッツに現れない貢献度があります。ブロックされまいとして、急いで打ったり、高めに投げて外したり。

モリスは、サーシャーの最後の頃のように、ディフェンス要員でなら、使えそうです。

あれだけ、よく当たっているのがいるのに、メタにオフェンスを使うのは、勿体無いでしょう。ジェイミソンの様に、良いタイミングでカットして、コービーからパスを貰ったのに、レイアップを外していました。マジックなんか、楽なのを外すと、「決めないなら、パスしない。」と言ったそうです。


>>ひでさん

知らない人が見たら、誰がスターターなのか、セカンドユニットなのか、分からなかったですよね。ベンチは、一緒にプレーして、お互い慣れてきたら、もっと良くなるはずです。大体、デューハン、ミークス、ジェイミソンと、3人が、新しい人なので、すぐ上手く行くはずが無いです。

コービーは、ゲームメイクもですが、かなり省エネだったと思います。アウトサイドで動いていたのが多かったです。1回、ペイントにドライブして、ゴールのすぐ側で、ジェイミソンにボールを渡したのがありましたが。周りが決まっているし、体調は良くないし、楽したのだと思います。


>>akrさん

二重人格とか言われていますよ。でも、インディアナは、今シーズン、もたついていますが、ヒバートは、ブロックでは、イバッカより上だし、ディフェンスが良いチームだと思います。

私も、ミークスは、前半悪くても、後半も使って欲しいです。シューターは、最初の3本を外しても、次の3本を決めることも、よくあるので。

ハワードもですが、チームメイトも、ハワードのために、勝たないとと思って、ちょっと意識過剰になるのでは?


>>へいさん

パオの脚がが動かないのは、今に始まったことではないです。集中力が続かないと思われるプレーもよくありますが、それだけでなくて、反射神経が悪い様な気がします。他のプレーヤーと比べて、1歩遅いです。

ハワードのポストプレーも良いですが、これだけフリースローが決まらないと、相手は、ファウルしても良いという厳しいディフェンスをするはずなので、あまり頻繁には、使えないですよね。せめて、安定して、50%ちょっと決まれば、ポストに入れても良いですが。


>>sakanaさん

ありがとうございます。調べないと分からないですよ。普通は、一々調べたりしないですが、嫌がらせコメントをされた時だけ、見てみます。名前は違うけれど、同一人物という、面倒なことをするのがいるので。それと、嫌がらせをするのは、勝った時は、コメントしないのに、負けた時だけしてきます。そういうのは、ただの嫌がらせなので、面倒くさいから、閲覧禁止にしています。嫌がらせが楽しみなんていう人の、娯楽に使われたら、叶わないので。

ナッシュがいなくても、ガード3人で、イーバンクを使っていないくらいなので、ナッシュが戻ってきたら、尚更、出番がない様な気がしますが。


>>ppidさん

ミークスは、クローズされても決められるのが、強みです。ジェイミソンは、今シーズンなら、ラマーより、ずっと良いです。ラマーは、太ってしまって、別人の様です。

ヒルは気の毒ですが、同じポジションに、多すぎて困るなんて、贅沢な悩みです。モリスは、ディフェンスは結構良いので、セカンドユニットより、得点する必要がない、スターターの方が良いです。デューハンは、大分、チームメイトの傾向が分かってきたのでは。


>>かぼちゃケーキさん

ジェイミソンは、結構難しいのを決めますよね。カットのタイミングも絶妙だし、逆に、カットしている人にも、良いタイミングでパスを出すし。

ヒルに対しては、ダントーニは、ニューヨークの時のイメージがあるのかもしれません。ヒューストンでも、全然駄目で、レイカーズに来てからも、PO直前あたりから、プレーしだしたので。だから、記者から、何かにつけて、ヒルのミニッツについて訊かれるのが、不思議なのでは。「なんで、ロサンゼルスの連中は、こんなにヒル、ヒルって騒ぐんだ?」という感じなのでは。

P.S.毎日何度でもいらして下さい。かぼちゃケーキさんのことは、調べていないので、何度いらしているのか、全然分からないですが。


>>魚さん

仰る通り、いつも、ベンチが出て行くと、点を取られるばかりだったので、こういうのは、気持良いです。ダントーニの話は、テレビかラジオで聞きました。私は、どういう事情で、ニューヨークに行ったのか、全く知らないので、分かりませんが。

パオは、ディフェンスする方からしたら、全然怖さがないですよね。7フッターがジャンプシュートばかり打っていたのでは、相手としては、大歓迎です。


>>nさん

そうなんですよ。反動が怖いです。

ジェイミソンは、カットのタイミングが素晴らしいのと、体勢が崩れても、レイアップが決められるのが強みです。

このゲームは、ESPNで中継があったので、ブロードバンドは、それが放送されたはずですが、私は、ローカルテレビで見ていたので、ナッシュのインタビューは、聞いていないです。


>>ゾロリせんせさん

ファリードも、ミニッツが少なかったし、ゴール近くで、バタバタしているだけでした。やっぱり、ドワイトは、格が違います。

オフェンスは兎も角、ディフェンスで、ナゲッツを、そこそこに抑えたのが良かったです。ダントーニによると、「うちは、ディフェンスが売り物」だそうなので。


>>G.R.さん

ミークスは、ケンタッキー出身ですよね。ケンタッキーのHC、ジョン・カリパリは、下手なNBAのフロントオフィスより、よっぽど、才能を見抜く能力があります。ケンタッキー出身のプレーヤーは、NBAでの成功率が高いです。当たり外れが多い、ビッグマンですらそうです。ケンタッキー出身ということは、才能はあるはずです。

ジェイミソンを、4で使うと、パオもいるので、4が、3人になりますよね。パオはある程度のミニッツを取るし、ジェイミソンは、リバウンドも取るので、シュートがこれだけ良かったら、ヒルが出る幕がないです。ジェイミソンを3で使えば別ですが、ただでさえ、ベテランなのに、デンバーの様に、スモールラインナップが得意なチーム相手だと、厳しいです。

オーランド戦は、ドワイトのためにも、頑張ってもらいたいです。


>>山肉さん

スパーズは、「こいつは、あれができない、これができない」と、できないことをゴチャゴチャ言わないで、できることだけやらせて、後は、他のチームメイトが、カバーしています。3が決まれば良いとか、リバウンド取るだけで良いとか。何でもできたら、ミニマムは勿論、ミッドレベルでも、契約できないです。プレーヤーの弱点を、カバーし合える、ローテーションの組み合わせや、システムを作るのが、HCの手腕です。クリッパーズのHC、ビニー・デルネグロは、現役時代に、サンアントニオでプレーしましたが、ディフェンスが下手だったので、デルネグロをディフェンスで隠す、「デルネグロ」という名前の、ディフェンスシフトがあったそうです。

ミニッツは、子供のチームではないので、平等に与える必要ないです。当たっているプレーヤーや、相手とのマッチアップで、良いのを使えば良いです。ジェイソンが良くなくて、リバウンドが必要な時には、ジェイミソンのミニッツが少なくて、ヒルのが多くなることだって、あるはずです。


>>K当さん

メタは3-11で、2リバウンドですよ。それも、レイアップを何本が外しています。1-8だ、2-9だに慣れていて、基準が低くなっているから、少々のことでは、酷いと感じなっています。逆に、ファーストブレークで、ダンクを決めたら、凄く良いプレーをした様に見えますよね。SFが走れて、ダンクを決めるなんて、当たり前なのに。±がトップだったのは、ベンチとプレーしている時間帯が多くて、ジェイミソン、ミークスが決めているからです。±は、数十ゲームの平均なら、当てになりますが、1ゲームだけだと、単に、一緒にプレーしているプレーヤーが良いだけのことがあるので、当てにならないことも多いです。


>>コウさん

そうなんですよ。良い時はみんな良くて、悪い時は、みんな悪くて。交代にしろというか、程ほどにてとっておけというか・・・・(笑)ジェミソンは、過去の経歴からいって、コンスタントに決められるはずです。ミークスも、スポットアップシュートの確率というスタッツがあるのでは、それで、昨シーズン、リーグ1位です。システムや、ローテーションが落ち着いて来て、チームメイトと馴染んできたら、コンスタントに決められるはずです。


>>匿名の方

ファリードが、全然目立たなかったです。マギーも、昨オフに高い契約を貰った程、POには大活躍だったのに、目立ったのは、ダンクを外す、得意のボーンヘッドだけで、他は、いるかいないか分かりませんでした。これは、ドワイトが大きいと思います。「偽オールスター」のバイナム相手だと、大活躍できるけれど、本物のオールスター相手だと、手も足もでないです。

コービーもパオも、良いパスは出していましたが、このゲームが取り立てて、他のゲームより良かった訳では無いのに、打てば決まるので、アシスト数が増えていきました。

私は、デューハンがドリブルしていた時から、ハワードが、3ポイントラインの後ろにいるのに、気が付いていました。でかいし、ヘッドバンドをしているので。ハワードが打ったら、面白いのにと思った途端、パスが来ました。


>>バスケ部24さん

ミドルや3が得意でも、フリースローは決まらないという人も結構いるので、全くジャンプしないで決めるのは、人によって、難しいのかも知れません。ラマーも3は決まるのに、フリースローは駄目でした。

ピースは40分でても、出しゃばらなければ良いです。怪我や疲労を心配する必要がないので。休養充分でも、疲れている様にしかプレーできないので。


>>かずさん

どっちが現れるか、分からないです。 仰る通り、打って外したら、オフェンシブリバウンドから決められる可能性が高いので、ポストプレーより、確率が高いです。ドワイトに、ポストでボールを渡したりしたら、相手の大男2人くらいから、抱きつかれて、フリースローを1本決めたら、良い方なので。

ハワードが飛んだ後のカバーは、パオは何度言われてもできないし、メタはやっても、相手のPFやSFとのリバウンド争いでは勝ち目がないです。


>>マルショウさん

はじめまして。

ベンチは、打てば決まるという感じでした。外れれば、ドワイトがいるし。こんな調子なら、ナッシュも安心して休めます。
[ 2012/12/03 11:06 ] [ 編集 ]
いやー快勝ですねえ。何だか良くわからないチームです。前回誰か一人でもスリー決めてればあんな論議までも巻き起こらなかったでしょうに笑。ここまで当たらなくても全然良いのでジェイミソン、ミークス、そしてメタももう少し安定して活躍して欲しい所ですね。
モリスはOFF能力はまだまだですがLALが苦手なスピード系のPGの相手には良いですね。ナッシュがDがダメなので余計に。パオは怪我もあれですがやっぱりアンセルフィッシュすぎますよね。楽なゲームや、通常は潤滑油でもいいけど(それでもサラリーは高すぎですが)いざという局面では”ブラックスワン”になって暴れてほしいです。

次戦はハワード因縁のORL。古巣相手に今日みたいな大暴れを期待します!

>>ボックス観戦の方々
皆さんヒルのミニッツを気にされてますが、この試合に限っては完全にファールトラブルでした。五分くらいで4ファールくらい取られてたような。。。まあ終盤はメタ下げて出してあげてもよかったとは思いますが。
[ 2012/12/03 01:06 ] [ 編集 ]
ようやく面白いゲームができました
ただ出来すぎの外と相手のミスが
大きかったですね

このゲームをきっかけにベンチの奮起してほしいです
モリスは第3のPGとしてDF頑張ってほしいです
ジェイミソンは自己1000試合目で大活躍で頼もしかったです!

メタにアシストさいコービーが躊躇するように見えたのは俺だけでしょうか?
お客さんがメタにボールが渡ったとき
魚を釣るジェスチャーをしたのがUPで流れたのですがなにか意味があるんですかね
[ 2012/12/02 20:16 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます。

なんといってもベンチメンバーの活躍ですね。
ジェイミソンはカットが本当にうまいですし、アウトサイドも絶好調でしたね。
ミークスは無駄にドライブをしなくなり、アウトサイドシュート一本に攻撃を絞ることで活躍でき始めましたね。
あと、デュホンも堅実に自分の仕事ができていたと思います。
ペイサーズ戦は良くなかったですが、ダラス戦や今回の試合を見ると、ベンチメンバーたちが自分の役割を見つけ、思い切りよくプレーすることで実力を発揮できるようになってきているんじゃないかと思います。
今日は当たりすぎかもしれませんが、コンスタントに活躍してほしいです。

コービーはシュートこそあまり入りませんでしたが、しっかりゲームメイクしてましたし、ジェイミソンたちが大当たりだったので試合を通してパスに専念していましたね。
コービーがボールを持つと相手ディフェンスが集まってくるので味方がよくフリーになりますし、いいアシストパスが何個もありました。
味方があれだけ活躍できるとコービーも楽ですね。
体調はあと少しで万全といったところでしょうか。

ハワードも本当に頼もしいです。

この流れで次も勝ってほしいです。
[ 2012/12/02 12:11 ] [ 編集 ]
ダラス戦、インディアナ戦、デンバー戦とアップダウンの激しいゲーム内容ですねー。
安定してベンチが30点稼いでくれるとコービーも余力を残してプレイオフに入っていけるんですが。
ジェイミソンは勿論ですが、ミークスが安定したプレイタイムが与えられるよう頑張って欲しいです。
オフェンスはともかくベテランチームにはディフェンスでの若手の活躍が必要なので。
ミークスがSG、コービーがSFの時間帯があってもいいと思いますし。

オーランド戦では、ハワードがナーバスにならなきゃいいですけどねー。
LAでのゲームだから大丈夫かな。
[ 2012/12/02 10:31 ] [ 編集 ]
爆発しましたね。
私も気になったのはガソルです。足が全く動きません。あと一歩でルーズボール リバウンド シュートチッェク カバーディフェンス出来るのにその一歩が無いです。膝がよっぽど悪いのでしょうか?
ハワードが元気になってきたので、目立っているだけかも知れませんが
ハワードは今日見たいに楽にポストアップ出来る相手なら走れるみたいですね笑
パワー系の相手なら楽にポストアップ出来る様にダウンスクリーンとかクロススクリーンを使えばいいと思うんですがどうなんでしょうか
[ 2012/12/02 08:37 ] [ 編集 ]
いつもご苦労様です。

私も暇さえあればこのブログを見に来てしまうんですよね。(汗)まさか管理人さん側からわかると。最近のインターネットは発展してますね。

ボックススコアを見て思わず叫んでしまいました。それぐらいベンチの活躍は嬉しいです。少しずつでいいから日々成長して、プレイオフになってから花が咲いて欲しいです。
それとこのまま9人で回すのでしょうか?イーバンクスなんかはナッシュが戻ってきたら、今の監督なら使えそうな気がしてしまうんですが、期待しすぎですかね?
[ 2012/12/02 07:56 ] [ 編集 ]
ミークスとジェイミソンのスパーク、イギーのワイドオープンダンクのミス、
そしてハワードの3Pと見所がたくさんあって面白い試合でした。

ミークスはクローズされててもお構い無しに放っていたので
今日は外す気しなかったんでしょうね。
ただこれが毎回続かないのがシューターなので次回以降がやはり気になりますが、
ナッシュが戻ってくれば少しは活躍の機会も増えそうです。

ジェイミソンもようやく本来のパフォーマンスを取り戻してきましたね。
本当にオドムのようで頼りがいがあるのにベテランミニマムというのに驚きです。

ヒルはミニッツ貰えなかったですが、パオがこの調子だしそう遠くないうちにチャンスが回ってくるはずです。
その時にまたハッスルでアピールして欲しいですね。
器用な上に成長してきたので、ここで干すのはちょっと勿体無いです。

モリスは完全にDF要員ですね。セフォローシャという単語が思い出されますw
そのモリスが外したのを同じシチュエーションでキッチリ決めつついつも地味に活躍する
デューハンはやはりいいですね。シューターはミークスが来たのでブレイクはもういいでしょう。

こんな調子は続かず、年内はまだギクシャクしそうですが開始直後よりは楽しく見れるようになりました。
これからはベンチ陣の奮起にも期待していきたいところですね。
[ 2012/12/02 02:11 ] [ 編集 ]
ベンチに少しずつメドが立つようになってきましたね。ジェイミソンはゴール周辺で合わせてのフィニッシュ力が素晴らしい。痒いところに手が届く。オドムを思い出します。
ミークスもここ数年課題だったシューターで活躍し出したので、ファン・フェイバリットになりそうな予感。
反面ヒルはちょっと心配ですね。最後ドワイトがスリーを決めてベンチが盛り上がってる中一人座ったままだったし。何とか活躍の場を取り戻して欲しいです;;

本日も更新ありがとうございました!

p.s. 毎日何度も見に来ててすいません 笑
[ 2012/12/02 01:06 ] [ 編集 ]
 更新お疲れ様です。
 どの試合か、忘れましたが、メタがコメントで大分叩かれた試合の後、急に覚醒したように
ペイサーズ戦でコービーセルフィッシュ論争の後に、チームバスケで大勝という訳のわからぬ展開に、ここのコメント欄をレイカーズの選手が見ているような錯覚に陥ります。(まあメタは元に戻りつつありますが)
 いつも相手のサブに爆発されて、追い付かれてコービー早め早めの再登場に慣れたレイカーファンにとっては、ジャミソン、ミークスの爆発っぷりは、胸のすくような感じで、超久々ではないでしょうか。
 急にジャミソン、ミークスが現れましたが、ダントーニがお膳立てしてこその彼らの活躍だと思います。もうMayさんはご覧になったと思いますが、SUNSを離れて、NYに行ったのは間違いだったとダントーニが認めてるという記事がありましたが、ナッシュとダントーニの再結成はやはりいいですね。 加えて今回はコービーもドワイトもいるのだから、優勝できてもおかしくないと思います。
 今日は本当にいい試合でしたが、最後にパオの劣化がやはり目についてしまって残念でした、4Q に20点くらいでスターター パオだけというシチュエーションがあってボールはよく回っていて、さらに離せる感じがある時にパオの力強さが全然感じられずに、自分の記憶では12-15位まで詰められて、結局最後にドワイトとコービーが戻って来たときに、パオだけではセカンドを引っ張れないのかと思いさびしかったです。
 両膝怪我してるようなので、一過性だったらとても嬉しいんですが
 
[ 2012/12/01 23:39 ] [ 編集 ]
今回こんだけシュートが決まると、次回が恐いですね。また、前回みたいに悲惨な試合だけは止めてほしいです。
ジェイミソンとミークスを始めとする3Pが、51.5%とインパクトが強かったですが、一番はジェイミソンのカットがすばらしかったですね。あれ程ボールのないところで、動けるのは、相手からしたら嫌でしょうね。
アシストでも、3選手が8で良くボールが動いていた、証拠ですね。
今日は、入りすぎですが、コンスタントにシュートを決められるようになれば、後はストッパーがほしいです。ピートラス取れなかったのは痛いです。

ナッシュは試合中のインタビューで何を、話していたのでしょうか?誰か訳してください。
ハワードのキャリア初3Pはオールスターのことですか?オールスターは関係ないですかね。
よろしくお願いします。
[ 2012/12/01 22:16 ] [ 編集 ]
ファリードとヒルのオフェンスリバウンドの奪い合いが見れるかな?と、密かにわくわくしていたんですが、・・・残念ながら、今日もヒルの出番は少なかったですね。いじけないと、良いのですが(笑)。

ナゲッツは、なかなかチームワークの良い、爆発力のあるチームというイメージがあって、それだけに怖さがあるんですが、しっかり叩けましたね。相手には疲れもあったでしょうし、仰る通りこちらが当たりすぎたということもありますが、手応えのある、大きな勝利だったのではないかと思います。
[ 2012/12/01 22:13 ] [ 編集 ]
今日はベンチが爆発しましたね。
昨シーズンからこんな日を待ち望んでいました!!
Mayさんの仰る通り、ミークスのキャッチした後すぐ打てるのは強みですよね。
躊躇しないで打つときはGロックを思い出します。

やっぱりヒルにとってはダントーニは越えなければならない壁なんですかね?
まだダントーニに認められてない感じがします。

ハワードの3は最高でした!
でもあれは決められた方にはショックでしょうね。
次はオーランド戦、爆発を期待しています!!
[ 2012/12/01 21:33 ] [ 編集 ]
圧勝でしたね!
ベンチは安定して、今日の半分くらい得点してほしいですよね。こういう試合をコンスタントにできるスパーズは敵ながらあっぱれだとあらためて思いました。

そして心配なのはジェイミソン33分、デューホン31分、ミークス17分でヒルが3分って…
これではヒルが可哀想すぎます。ダントーニになんとかしてもらいたいです。





[ 2012/12/01 20:39 ] [ 編集 ]
この試合は途中までしか見れなくて最後まで見てないんですがそんなにメタ酷かったんですかね?
見てた時点ではプラスマイナスがトップだったので。
毎試合これの3分の2くらいベンチが点取れたら大分楽なんですけどね
[ 2012/12/01 20:27 ] [ 編集 ]
今シーズンはみんなの波が揃い過ぎてますね。
適度に分散してもらえるとありがたいところですが,ベンチ組はムラがあり過ぎなので好調だったらラッキーぐらいに考えています。

ミークスが10点,ジェイミソンが15点あたりをコンスタントに記録できると楽になりますね。
ベンチで点が取れるようになるとスターターの負担がだいぶ減りますし。
今日のようにコービー以外の選手が日替わりで点を稼ぐようになると波に乗っていけると思うので奮起してもらいたいです。
[ 2012/12/01 20:25 ] [ 編集 ]
最近ガリナリの調子がよかったり、ファリードが大活躍しているようで、どうなることやらと思っていましたが、ジェイミソンがとうとうやってくれました!
ミニッツがあまりなかったのか3を期待されすぎていたのかな?
ともかく良かったです!お陰でコービーが躍起になってプレイする必要がありませんでした。
お陰でスタッツがPGみたいです(笑)
ハワードの3はびっくりしましたね。外でドフリーの人がいると思ったらハワードでしかも決めてしまいましたし。それと彼のようなムードメーカーがいるといいですね。チームが明るくなります。
[ 2012/12/01 19:44 ] [ 編集 ]
いやー、気持ちのイイ試合でしたね。
ハワードの体も戻ってきましたし、ベンチ陣にも明るい未来が見えてきました

まあ、ハワードが3を決めたときには「3じゃなくてフリースローを決めろよ!!」って心から思いましたが(笑)


ただ1つ気がかりなのは、ピースが40分も出場していることです。
調子の良い日ならまだしも、今日のようにイマイチな日に40分はちょっと……
一刻も早く控えのSFを獲得してほしいですね(できればブレイクで)
[ 2012/12/01 19:28 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
快勝です~!!!嫌な負け方した後に大勝して良くわからないチームです。

ハワードという絶対的なセンターがいるので、
どんどん3Pを打つのは良いですね。

ジェイミソンとミークスという新戦力が活躍してくれるのはうれしいです。
コービーとパオがいい具合にパスを回していて、前の試合が嘘みたいでしたね。

強いて気になったのが、ハワードがブロックに飛んだ後のゴール下です。
SFも合わせてしっかりスクリーンアウトをして欲しいですね。
[ 2012/12/01 18:54 ] [ 編集 ]
ベンチ陣スゲー
はじめまして、 いつも楽しく拝見させていただいてましたがついにコメント初参加です。

いや~今日はベンチ陣すごかった。こんなにレイカーズベンチ陣が頼もしいと思えたの初めてですね。

今日この2人にボール渡しとけばポンポンシュート決めてくれるモンだからアシストがみんなノビルノビ

ル。ハワードも今日リバウンドも得点もすごかったなぁ。今まで長距離砲が少ないチームだと思ってたけど

ミークス、ジェイミソンようこそレイカーズへ!!そしてナッシュ先生待ってるからねぇ!それと我らが

ハワード、あなたが3ポイント入れてんの初めて見ました。また楽勝な試合の時にみせてね(笑)

[ 2012/12/01 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション