追い上げが遅過ぎパート2

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

追い上げが遅過ぎパート2

Game Score

1Q
序盤は、シュートがなかなか決まらない上、ジェイミソンのバッドパスが2回と、ドワイトがリバウンドを取った後にスティールされ、最初の3分だけで、ターンオーバーが、3つもありました。ディフェンスでは、出足に2連続で決められた後も、連続でのストップがなく、8-0と、ユタが飛び出します。コービーの3ポイントで、初めて得点すると、メタも3ポイントを決めて追い上げます。半ばに、3連続で決められ、再び離され始めた時にも、メタがジャンプシュートを決め、離されないでついて行きます。半ばには、いつもは終盤に出てくるヒルが、ミークスと一緒に出て来ました。ヒルは、登場した直後から、フックショットやレイアップを決め、リバウンドよりも、得点で踏ん張ります。終盤に入った所で、コービー、デューハンが続けて決め追い上げると、ヒルのレイアップで逆転します。その後、バスケットを交換し、逆転を繰り返し、27-25の2点リードで、コーターを終了します。

2Q
開始直後にオフェンシブリバウンドを、続けて取られて得点を許し、同点に追いつかれますが、ミークスが直ぐに3ポイントを返して、再度リードを奪います。その直後にも、ユタに連続でオフェンシブ・リバウンドを取られて得点されると、今度は、レイカーズがオフェンシブ・リバウンドを、連続で取っているのに、得点できません。序盤で3点ビハインドにされますが、ここで、ジェイミソンが、今日決めた唯一のシュートの3ポイントを決め、同点に追いつきます。その後、ヒルに身長でも体格でも勝るカンターに、続けてレイアップを決められます。リバウンド争いでは、ヒルより身長が高いカンターが有利だし、ポストでぶつかり合いになると、ヒルより体格で二周りくらい大きいカンターには、押される一方です。半ば前に、離され始めますが、その都度、イーバンクスが、ジャンプシュートと3ポイントを決めて、付いて行きます。半ばまでは、バスケットを交換して、僅差で付いて行きますが、メタが、ドリブルでペイントにドライブして、ボールを蹴飛ばしターンオーバーした辺りから、おかしくなってきます。その後、ドワイトが、ドリブルしているボールをスティールされターンオーバー、コービーが、トップにいるデューハンにパスしようとし、パスのコースを読まれてスティールされターンオーバーと、メタのターンオーバーから、3連続でターンオーバーし、その度に、得点されます。半ば過ぎには、12点ビハインドにされていました。終盤に入ると、デューハンの3ポイントで追い上げを開始し、ヒルが3連続でバスケットを決めます。終了間際にはディフェンスが締まり、60-51の9点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
ジェイミソンはベンチで、ヒルがスタートしました。開始から、コービーとメタが、共に、ジャンプシュートと3ポイントを決め、4連続で得点します。これで、2点差にまで追い上げます。この後も、順調に得点するのですが、それ以上に得点されるので、徐々にリードを広げられます。ファーストブレイクはなかったのですが、パスを周されている内に、フリーのプレーヤーを作ってしまいました。決められたのは、3ポイントを含むジャンプシュートばかりだったので、ユタがよく決めた面もあります。半ばにはコービーとデューハン、終盤にはミークスが、それぞれ3ポイントを決め、終了間際には、コービーが2回ファウルを取り、フリスロー4本全部を沈め、88-85の3点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
開始直後は、ヒルとマッチアップしているカンターに、続けて決められて、離され始めます。ドワイトが早めに戻り、コービーとミークスが、連続で3ポイントを決めて、3点差に追い上げますが、ここからが悪かったです。すぐに、ヘイワードに3ポイントを返されると、フリスローでも得点を与え、ドワイトが、ゴール前でトラベリングでターンオーバーと、又、勝負所で、ターンオーバーをします。序盤に、ティンズリーのジャンプシュートで、10点ビハインドにされます。レイカーズは得点に苦労するのに、ユタは毎回の様に得点し、半ばには、15点ビハインドにされます。ディフェンスでは、最初はよくローテーションしていても、ボールを動かされている内に、誰かがオープンになりました。終盤には、ディフェンスが締まり、デューハンの3ポイントと、ミークスのジャンプシュートで追い上げ、ファーストブレイクで、ミークスがドリブルし、ヒルが走ってダンクを決め、8点差に追い上げます。この後、コービーが、2連続でファウルを取り、4本中3本のフリースローを決めます。これで、5点差に迫った後も、しっかり守り、コービーがドリブルで動いて、3ポイントラインの後ろのデューハンにパスし、デューハンは一旦は、3ポイントを打つ動きをしたのに、考え直して、コービーにボールを返し、コービーが3ポイントラインの後ろに走って、振り向きざまに3ポイントを放ちますが、バスケットに入りかけたボールが飛び出します。この時点で残り35秒ちょっとで、勝負が決まりました。又、追い上げが遅過ぎました。ゲーム終了時には、観客から、ブーが沸きあがりました。




コービー:34得点(9-24、3PT=4-9)、3アシスト
シュートが決まりませんでした。特に、前半が3-10と悪かったです。又、後半休み無しで、43分のプレーです。34歳で、レイカーズのミニッツリーダーです。

ドワイト:11得点(5-10)、16リバウンド、2ブロック
ポストプレーからのシュートが殆どで、なかなか楽に打たせてもらえないです。ボールハンドルをしないのに、4ターンオーバーがあります。ロバート・オーリーによると、ドリブルを身体から離し過ぎているそうです。

ジェイミソン:3得点(1-6、3PT=1-3)、3リバウンド、4アシスト
ミルサップのガードは、荷が重いです。いつもは決まる、体勢を崩したレイアップが決まりませんでした。3Q開始時には、ヒルがプレーしたので、16分のプレーでした。ボールハンドルをしない上、ミニッツが少ないのに、ターンオーバーが3つもあります。

デューハン:12得点(4-6、3PT=4-5)、11アシスト
コービーが、ゲーム後のインタビューで、デューハンの名前を挙げて、「良くプレーしている。」と言っていました。ゲーム終盤、3ポイントを打って欲しかったです。決まるかどうかは、問題ではないです。コービー以外にも、ゲーム終盤打つ度胸があるのがいないと、厳しいです。

メタ:12得点(5-7、3PT=2-3)
ミニッツが、徐々に減って、21分ちょっとのプレーでした。2Qの点差を離され始めた時に、イーバンクスと共にベンチに下げられ、ミークスとヒルが登場しました。4Q半ばにも、ベンチに下げられ、最後までプレーしませんでした。ベンチに座っている時に、アップになると、不服そうなので、又、つまらないことをしでかさないといいですが。

ヒル:17得点(8-11)、9リバウンド、4ブロック
徐々にダントーニの信頼を獲得して、ミニッツが増えてきて、31分近くのプレーでした。3Q序盤に、4つ目のファウルでベンチに下らなかった、40分近くプレーしていたはずです。9リバウンドの内6が、オフェンスです。メタの様に、オフェンシブ・リバウンドを取ったら、自分で打たないといけないというルールが有るかの様にプレーしないで、ミドルも結構決まるのに、後ろのコービーにパスするのと同時に、スクリーンをセットして、コービーがフリーで打てる様にしたりと、状況判断が良いです。カンターとのマッチアップは、身長も体重も、差があるので、厳しいかったですが、体格が大きいのに負けるのは、仕方が無いです。

モリス:無得点(0-4、3PT=0-1)、3アシスト
物言えば唇寒しです。ファーストブレイクで走って、ゴールのすぐそばまで行って、コービーからパスを貰っているのに、レイアップを外しました。あれが決められないのでは、パスもできないです。

ミークス:16得点(6-14、3PT=3-6)、2アシスト
オクラホマシティー戦の17得点に続き、2ゲーム連続の高得点です。3ポイント一本やりではなく、体勢が悪いのは、ドリブルして中に入ってミドルを打ったり、工夫があります。スポットアップシューターだとばかり思っていたら、ドリブルして動いても、3ポイントが決められます。更に期待が持てます。

イーバンクス:5得点(2-3、3PT=1-1)、2リバウンド
前半だけ、7分のプレーです。今日はジャンプシュートが決まりました。これで調子に乗って、出て来る度に打ちまくらないと良いですが。


オフェンス
ダントーニが記者会見で、「110点取って、47%決めていたら悪くない。問題はディフェンス。」と言っていましたが、全くその通りです。課題だったベンチ得点は、38点で、それも、デューハンとジェイミソンがスターターに周ってこれだけなので、悪くないです。ゲーム後の番組で、カート・ランビスが、「混乱している。プレーしにくそうだ。」と言っていました。コービーも、「お互いが何をするかが、はっきり分からない。」と言っていました。それでこれだけ得点すれば、悪くないです。

ディフェンス
問題はこちらです。117失点は、今シーズン最大です。ファーストブレイクからの得点が、多すぎます。ターンオーバーからの失点が、25点でした。ターンオーバー以外にも、レイカーズが外した後に走られての失点が、多かったです。コービーは、「オフェンスの時のスペーシングが悪い。ガードが2人共、ベースライン近くに居て、どちらも戻れない。」と言っていました。ローテーションは、以前よりは良くなった方ですが、パスを周されている内に、オープンのプレーヤーを作ってしまいます。ドワイトは、「今まで一緒にプレーしたことがない5人を一緒にして、プレーしろと言っても、上手く行かない。時間がかかる。」と言っていました。


ベンチの目途がついて来て、バックアップPGの補強が必要ないと分かり、課題はディフェンスと、はっきりしてきました。ディフェンスは、悪いなりにも、改善されて来ているので、ナッシュが戻るまでには、整っているといいです。

尚、パオは、明後日からのロード中に復帰の可能性がありますが、ナッシュは、少なくても後1週間は、欠場になる様です。

ところで、NBAのサイトの個人スタッツのページには、毎日、その日に行われたゲーム全ての中で、得点、リバウンド、アシストの、各リーダーの名前が、写真入りで表示されます。今日は、得点はコービー、リバウンドはドワイトと、ここまでは納得ですが、アシストもレイカーズのデューハンでした。3つのリーダーが全部レイカーズで、負けているのでは世話ないです。

1209.jpg


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/12/10 16:59  Lakers | コメント(17)
ひでさん、こんにちは。
戻りが遅いので、一見戻っている様でも、常にスクランブル状態です。

コービーのミニッツは多すぎますよね。オフェンスでは、一人二役で、このミニッツでは、ディフェンスで脚が動かないです。ディフェンスは、その影響もあるはずです。ドワイトがブロックに飛んだ時のカバーは、フロントコートの連中ですが。
[ 2012/12/12 07:04 ] [ 編集 ]
コメント出遅れてしまいました。

やはり、ディフェンスですね。
やはり相手のファストブレイクでの戻りが一つの課題ですね。

オフェンスでは課題だったベンチの得点もここ最近は良いですし、さほど問題はなさそうですね。
スペーシングなどの細かい部分では調整が必要なのかもしれませんが。

少し気になるのが、コービーのミニッツ管理です。
最近は4クォーターもはじめから出ている場面があって、多いですよね。
いくら追いつくためとは言っても、出ずっぱりは疲労がたまるでしょうし、そういうところがシュートなどに影響しているのかもしれませんね。
シーズン後半にエネルギー切れにならないためにも、もう少し短くしてほしいです。

なんとかまずは5割復帰まで頑張ってほしいです。
[ 2012/12/12 01:03 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>コウさん

オフェンスでの連携が上手く行かなくて、パスを周すとターンオーバーが多いし、得点にエネルギーを使っているので、つい戻りが遅くなるのだと思います。

連携ミスのバッドパスと、それが心配だから、良いパスが周らないです。相手の速攻は、ターンオーバーからだけでなく、外した後にも結構あるので、それを何とかしないと。


>>akrさん

フィルの時も、メタは4Qはベンチで、バーンズがプレーしたり、コービーが3にスライドして、シャノンがプレーしたりしていましたよね。ブラウンみたいに、メタが役に立っているふりをしているから、でしゃばります。

コービーのアイソの時もですが、ドワイトがポストでボールを持っても、みんなウィークサイドで、ドワイトはゴールを背にして、相手のディフェンダーは、当然背中側にいるので、ドワイトがパスを出しやすい位置に、チームメイトがいないです。オフェンスにも、ディフェンスに戻るにも、スーペーシングが悪いです。お互いが、どうやってプレーするかが、分かっていないから、こうなるというのもあるはずです。


>>アレさん

ディフェンス自体が悪いというより、ファーストブレイクで戻れないです。いなかったら、どんなに良いディフェンスシステムがあっても、できないです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

確かに、ジャズのシュートがよく決まりました。ファウルされたと思って投げ上げたのが入ったり。

戦犯がいないのは、戦犯になりそうな人のミニッツが少なかったのも、原因だと思います。メタや、よくプレーしなかったジェイミソンのミニッツが少なかったです。ヒルがカンターにやられたのは、サイズを見たら当たり前だし。

私も、パオもナッシュもいたら、少なくても、もう少しは勝っていたと思いますが、デューハン、ミークス、ヒルが使える目途がたっていなかったと思います。長期的には、良かったと思います。


>>ミスドさん

仰る通り、3ポイントは、あんな調子で毎回決まらないです。ジェファソンは、結構ジャンプシュートも決まるので、守り難いですよね。

私も、ミークスは気に行っています。ミークス、デューハン、、ジェイミソン、ヒルのセカンドユニットなら、結構行けるはずです。センターは、ドワイトかパオだし。問題はSFと、ジェイミソンとヒルをどう使い分けるかです。

ティンズリーは、ディフェンダーにいました。モリスみたいな使い物にならないのと契約して、ティンズリーは、逃しました。キャロルは、確かに、マニマルと雰囲気が似ていますね。


>>ふちさん

気が付きませんでしたが、そう言われてみると、離れた所からのフックショットが多いです。フリースローが嫌なのかもしれないです。オーランドにいたら、ハッカ・ドワイトをされて、フリースローを外しても、大きなニュースにならないですが、レイカーズだと、全国ニュースになる上、地元で持ちきりになるので。

仰る通り、3ポイントは決まらないこともあるので、それ以外からも安定して得点できないと厳しいです。


>>せいのさん

ショート気味になるのは、ジャンプができていないからで、脚に疲れがあるのが原因のはずです。


>>魚さん

ハーフコート・ディフェンスは、それ程悪くないです。ファーストブレイクで、ディフェンスがセットしていない内に、やられることが多いです。後は、ドワイトがブロックに出た後に、ヘルプをしないから、センターががら空きになって決められたり、外しているのに、オフェンシブ・リバウンドを取られたり。ダントーニの起用法は、臨機応変で、私も気に入っています。イーバンクスやクラークも使って、全員にチャンスを与えて、そのチャンスを活かした人を使っています。ミークスのミニッツも、増えてきたし。ジェイミソンのミニッツも増えましたが、マッチアップが悪いと思ったら、すぐに減らすし。

ドワイトは、最近、テレビコマーシャルにも復帰しているし、「ロサンゼルスでの生活は、1から10で、どのくらい気に入っているか?」と訊かれて、「12」と答えていました。レイカーズにいることで、付随してくることが、沢山ありますよね。それが、ダラスに行くと、みんな無くなる上、収入がかなり減るので、全体無いとは言えませんが、可能性は低いです。


>>nさん

ジェイミソンは、身長があるからPFですが、タイプはSFですよね。ビッグマンと当たり合えるパワーはないです。

レイカーズは、来シーズンで、全員契約が切れるようにしています。今年契約したナッシュは別ですが。来シーズン以降契約が残っているプレーヤーは、取らないと思います。金額が低くて若い、ルーキー契約のプレーヤーなら、可能性はありますが。ところで、トレードは、どちらが超えても、それが原因で、リーグが承認しないなんてことは、有り得ないです。リーグにそんな権限はないです。リーグが、クリス・ポールのレイカーズへのトレードを承認しなかったのは、内容が釣り合っていないからと、勘違いしている人が、日本人に多いのですが。球団で合意したら、リーグには、サラリー額や、他のトレードのルールに反していなければ、却下する権限はありません。ポールのトレードは、リーグがホーネッツのオーナーで、もっと良いトレードができると思ったので、却下しただけです。ホーネッツのオーナーとして却下したので、リーグとして却下したのではありません。


>>ppidさん

去年みたいに、ディフェンスは良いのに、点が取れなくて負けるよりは良いです。パオは、そろそろなので、多少は良くなるでしょう。


>>かずさん

殆どは、トランジションでやられていますよね。ローテーションは、前よりはマシになりました。解説者も、ジェイムス・ワージーも、進歩があると言っていました。


>>マルショウさん

去年は憶えていないですが、プリシーズンにも負けています。

ペイントの得点は、ハワードがブロックに出た後の、カバーがないからです。これでも良くなった方ですが。

ダントーニは、ブレイクを前から欲しかったと、入団記者会見で言っていました。ポートランドの時までは良かったので、それも分かります。ポートランドファンは、未だに、ブレイクに帰ってきて欲しいみたいです。ESPNのサイトの、ブレイクの怪我の記事に、レイカーファンはみんな、「帰ってこなくていい」とかコメントしているのに、ポートランドファンが、「戻って来て、3ポイントを決めてくれ。」とコメントしていました。


>>びよろんさん

メタは、今シーズン、ジャンプシュートは決まります。それだけやってくれれば問題ないのに。

仰る通り、ヒルは、ドワイトが外したティップを決めたり、よくやっていました。ミークスが計算できる様になったのは、大きいです。ジェイミソンは、若いチーム相手だと、厳しいのでしょうか。


>>だいちさん

ジェイミソンが良かったら、然程でもないですが、悪いとパオと穴が大きいです。それと、パオは、バックアップセンターでもあるので、相手バックアップセンターが、カンターの様に、サイズがあると、ヒルでは厳しいです。
[ 2012/12/11 12:25 ] [ 編集 ]
やはりディフェンスを改善しないとどうにもならないですね。
ダントーニになってからの負け試合はほとんど100点以上とられているんですよね。
攻撃回数が違うので(こちらの点も多くなっているので)一概に比較はできませんが,プレイオフを考えると相手を90~95点あたりには抑えられるようにしたいところです。
最近は短時間で一気に失点している気がするので,相手の時間帯にこそ流れを引っ張ってくるディフェンスを期待したいです。(終盤は特に)

あとはTOですが,ほとんどが連携ミスのバッドパスなので徐々に減ってくると思います。
昨日の放送で1ゲームあたりのTOがワースト2だと言われてました…笑
少し楽観的ですがTOが減れば速攻からの失点も減るでしょうし,このあたりは早めになんとかしてほしいです。
[ 2012/12/11 12:02 ] [ 編集 ]
ベンチが30点以上取って確かにオフェンスは申し分ないです。
メタのミニッツが減って、ミークスとヒルのミニッツが増えてるのも良い傾向ですよね。
問題はディフェンス。
確かにオフェンスの時に、コービーがボール持ってる時にアイソっぽくなるのは良いのですが、全員が逆サイドにより過ぎてますよね。
コービーが45度付近から攻めてるときは、トップにセーフティーで帰れるPGが居なきゃいかんですね。
ディフェンスのローテは徐々に出来ていると思うので、速攻を止めるセーフティーディフェンスの修正が出来れば100点以下に抑えられると思います。
でもそれは、コービーが1on1するときやPGとハワードが2on2するためのスペースとの絡みもあるので、オフボールプレーヤーの立ち位置はどこが良いのか、ビデオを繰り返し見て専任コーチが答えを出してくれるでしょう。

負けが込んできて、ちょっとブルーに成り気味でしたが、コメント書いてるうちに希望が持ててきて、少し明るくなりました(笑)
[ 2012/12/11 08:19 ] [ 編集 ]
ダントーニは無能HCの汚名返上できるのかな?
このままディフェンス修正できずに淡々と負けを繰り返すとかやめてほしい
[ 2012/12/11 05:36 ] [ 編集 ]
観ていて見応えのある面白い試合でした。
今シーズン一番かもしれません。

LAはリングに嫌われ、ジャズはリングに好かれましたね。

今日は各プレイヤーがそれぞれ出来る事を精一杯やったと思います。
久しぶりに、誰かを戦犯にする気が起きませんでした。
ジャズが良すぎたかなと。

スタメン2枚落ちはケミストリー醸成にはマイナスでしたが、
結果的に控え選手たちの奮起を促す効果が出ていると思います。
後々チームにとってプラスになりますよ、きっと。
今日の試合はレイカーズが強さを取り戻すための
生みの苦しみだったのではないでしょうか。
[ 2012/12/11 03:37 ] [ 編集 ]
うーんまだまだ我慢の日でしょうか。OFFに関してはスリーが決まりすぎてた感があったので実際にはもう少し力の差がある様に感じられました。何とかスリーで食らいついてた様な。またそんな時に限ってジャズが代わる代わる色んな選手が値千金のショットでまたジリジリ放されていくような・・・

ビッグアルとミルサップは見事でした。ドワイトに対するDや、ミドルやゴールに正対してのクラッチシュートも。将来的にはドワイトにもダンク、ポストやランニングフックだけじゃなく色んなOFFができる様な選手になって欲しいです。

ゲームの終盤に周りの選手があきらめかけて足が止まっていたのにミークスが食らいついていったのが印象的でした。ああいうガッツある選手は大好きなので今後も頑張って欲しいです。

敵方ですがベテランのティンズリーがいい活躍してましたね。正直ゲーム見るまでユタにいたの知らなかったんですがいぶし銀というか。ああいうベテランがベンチにいるのはうらやましいです。
あとどうでも良いですがキャロルは見た目とプレイのハッスルぶりがDENのアニマルさんとかぶります笑。

まだまだ5割復帰が遠いですが・・・Go!Lakers!!!
[ 2012/12/11 01:06 ] [ 編集 ]
う~ん・・・。
まだまだハワードがペイントを支配できていませんね、背中がまだ治ってないのか、遠慮をしているのかはわかりませんが。
オフェンスでもう少し攻め入ってもいいのではないかと素人ながら思います。初期のころはほとんどファウルで止められていましたが、最近はフリースローをうつのが嫌なのか、アテンプト自体が少なくなった気がします。相手はファウルでしか止められないわけですから、マッチアップ相手をファウルトラブルに陥らせることで、リズムを崩すこともできます。オラジュワンとも練習したわけですし、何より実戦で使わないことにはシュートのクオリティも上がらないでしょうし。プレイオフまでに、実戦の中でのオフェンスをもっと練習してもらいたいです。
まあ、ポストでもらっても、すぐにダブルチームされるし、仕方がないんですけどね。ダブルチームされた後のキックアウトはバイナムよりも上手ですが、キックアウトするのが見え見えなので、外の選手も完全にフリーにはなりきれていないです。もう少し攻める意思をもっていいのでは。
ディフェンスリーダーは間違いなく彼ですけど。オフェンスでも頑張って。
今日のように3ptが決まるとは限らないというかありえないので、インサイドでも安定した得点がほしいです。

負けるにしてもそこから学んでいってほしいです。成長しているのが実感できるようになればいいですね。
[ 2012/12/11 00:40 ] [ 編集 ]
コービーさえ良ければ勝てたかもでしたね。
シュートがショート気味に外れることが多くなってる気がするのが心配です。
今年もミニッツ多いので
[ 2012/12/11 00:38 ] [ 編集 ]
 ダントーニに選手起用は、納得がいくものが多いのですが、ここのところ負けが
混んでしまって、残念です。是非Dフェンスのコーチに頑張ってもらっていいケミストリー
を構築してもらいたいです。
 ブラウンのままだったら、モリススターターで、メタを30分以上使っていてもおかしくないですし、ヒルもニックス時代の先入観で、もしかして干されるのか と思いきや今日はしっかり使ってくれましたし、外側からですけど、フェアーにチャンスを与えてるコーチだと思います。
 一つ前の記事では、ドワイトの情報ありがとうございました。バンガンディー兄が気になることを言い出したので、Mayさんの情報で一安心ですが、最近いきいきした表情のハワードを見た印象がなくて、3Pを決めて盛り上がった試合が遠い昔のような気がします。
 来年以降も残ってくれることを願いつつ、スカッとするゲームみたいですね。しかし次から苦手ロード4連戦で、NYKもいますね。 リーグパスでNYKとマイアミの試合見ましたが、今年のNYKは手強いですよ。例年だったら3勝一敗でと言いたいですが、今年は五分五分でと、つい弱気になってしまいますが、頑張ってほしいです!!
[ 2012/12/10 22:56 ] [ 編集 ]
今日みたいな試合を見ていると、パオがしっかりと、ハワードと一緒にインサイドを支配してほしいと思います。ヒルだとまだ当たりが弱いですし、ジェイミソンもディフェンスは悪いし、当たりも強くないはで、今日はインサイドをやられすぎましたね。
試合を見てると、リバウンドも同様に圧倒されたかと思いきや、総本数で1負け、オフェンスリバウンドは1勝ちと、同等です。
scoreを見るとなぜ負けたのか?不思議に思う数字です。TOも5しか変わらなく、scoreに表れないところで負けた感じです。

SFはアリーザーでなく、マリオンはどうですか?コービーと同い年ですが、メタと違って、まだまだストッパーとしてスピードのある選手にもついていけますし、契約年数が3年残っていて、マブスも出したがっているので、獲得は用意だと思います。
メタを残して、ブレイク、クラーク、イバークスでトレードしてほしいですが、サラリーがつりあわないです。レイカーズが超えることを容認しても、トレード成立はリーグに容認されないのでしょうか?もしそれなら、メタを出してでも、取ってほしいです。
[ 2012/12/10 22:28 ] [ 編集 ]
良い感じになってきているだけに余計に歯痒いですね。
取り敢えず現行メンバーでナッシュとパオが復帰するまでにケミストリーを構築してもらい、
万全の態勢で二人に合流して貰って後半の追い上げに期待したいです。
[ 2012/12/10 21:09 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れさまです。
本当にディフェンスの悪いチームですね。

インサイトが強いジャズにしてもオフェンスリバウンド取られすぎなのとフリーのイージーシュートをやられ過ぎです。

ディフェンスのローテーションは徐々に良くなるはず何ですが、あまり進歩していない気がします。

まだしばらく我慢が必要ですね。
早く強いレイカーズが見たいです!
[ 2012/12/10 19:21 ] [ 編集 ]
気のせいだったらアレなんですけど、去年から何とな~くジャズに勝ててない気がします。

実際調べた訳じゃないんでなんとも言えないんですけども…

それでもペイント内の得点が大きく負けてるってのはハワードを要していながら頭が痛い。

そもそもハワードだけのせいじゃ無いと思いますけどハワードにはその辺しっかり活躍して勝利

につなげて欲しいと思います。なんてたってスーパーマンなんすから(笑)

それはさておき何かの番組(WOWOW?)でダントーニがニックス時代?にフロントに働きかけてま

でブレイクを獲得しようとした事があったって話が出てたんですけどホントなんですかね?

…ブレイクお気に入りなんすかね実は?ともかくもう片方のスティーブには早期復帰を…



[ 2012/12/10 18:55 ] [ 編集 ]
追い上げが遅すぎパート2
更新お疲れ様です。
やはりタイトル見て「またか」と改めて思いました。                                                                
今回はメタが12点取ってましたね!あれなら文句ありません。ほめませんけど(笑) 
ハワードのスコアが伸びませんでしたが、ヒルがなかなかよかったです。個人の見解ですが、ハワードが落とした(チャンス)のをヒルが拾っていた感じでした。
今回のデュホンの11アシストは個人的にうれしかったです。このブログに書いてましたが、コービーが「よくプレーしている」と言うのを見て「でしょ!」と思いました。
MAYさんが「ナッシュがもう少しで戻ってくる」と言ってましたが、これからはナッシュとデュホンの併用を考えてほしいです。
ミークスも勢いが良かったですね。3ptとかよく決めてましたと思います。
ただジェイミソンが伸びませんでしたね。廊下はあんまり影響しないタイプと思いますが……

長文失礼しました                                             
[ 2012/12/10 17:59 ] [ 編集 ]
ガソルのいない穴は大きいですね。
オフェンスパターンが極端に少なくなりますね。

トレードはしない方が賢明かなと思います。
トレードするにしてもパスの上手なPFがいいですね。
今思う限りガソル以上のプレイヤーはいないので
僕がGMなら残留させるでしょう
[ 2012/12/10 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。