5連敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

5連敗

Game Score

1Q
序盤は、メタが、センターのスプリターにガードされているのにつけ込んで、3ポイントを決めたり、ドライブしてレイアップを決めますが、他が決まりません。ディフェンスは、まずまずで、半ばまでは僅差で進みます。半ば過ぎに、ナッシュのターンオーバーと、サクレがブロックされた後、続けてファーストブレイクで、ジャクソンに3ポイントをダンクを決められ、8点ビハインドにされます。終盤に入ると、ディフェンスで踏ん張り、レイカーズには珍しいファーストブレイク・ポイントを、ミークスがダンクで決め、クラークも、ジャンプシュートを決め、4点差に追い上げますが、その後、しっかり守っているのに、時間切れギリギリにニールに3ポイントを決められ、スプリターにも、クラークとの身長差を活かされ、フックショットを決められ、24-17の7点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
デューハン、ミークス、メタ、ジェイミソン、クラークでスタートします。開始直後に、2ポゼション続けて、スプリターに、オフェンシブ・リバウンドを取られ、得点されます。センターが、本来SFのクラークでは、勝負になりませんでした。開始早々、11点ビハインドにされます。コーター開始1分ちょっとで、ミークスに代わり、ナッシュが戻りると、直ぐに、ドライブして、レイアップを決めます。その後、デューハンが、オフェンスでターンオーバーしますが、直ぐにディフェンスに戻り、チャージを取る良いプレーがありました。半ば前には、ナッシュと、クラークが続けて決め、一旦6点差にしますが、その後続けて決められ、すぐに点差を10点に広げられます。ここで、ナッシュがドリブルをスティールされそうになり、クロックの時間切れギリギリにデューハンにパスしますが、デューハンが3ポイントを沈めると、ナッシュのジャンプシュート、ファーストブレイクで、クラークが走り、チームメイトの誰かとは違い、レイアップを楽に決め、サクレがフリースローラインの1メートルくらい後ろからジャンプシュートを決め、半ばで5点差に詰めます。このまま少なくても、この点差を保ちたかったのですが、直後にサンアントニオがタイムアウトを取ると、ダンカンとジノービリが戻り、ナッシュが、パーカーからスティールしたものの、慌ててコービーに縦のパスを出し、スティールし返され、ジノービリに3ポイント決められます。

54-45の9点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
序盤は、モリスが時間切れギリギリに、苦し紛れに打ったジャンプシュートを決めたり、3ポイントが引き続き好調なメタが3ポイントを決めたりと、順調に得点しますが、サンアントニオも順調に決めるので、点差が縮まりません。半ばには、前半は不調だったコービーが、続けて3ポイントを決めますが、サンアントニオも、レオナードやグリーンが3ポイント決めます。半ば過ぎには、レイカーズは、シュートが決まらなくなりまずが、サンアントニオは順調に決めるので、終盤には、17点ビハインドにされます。その後、ディフェンスが締まり、今日はシュートが好調のクラークのジャンプシュートを鋏んで、コービーが2本決め、85-75の10点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
珍しく、コービーがベンチで、ナッシュ、デューハン、ジェイミソン、クラーク、サクレでスタートしました。開始直後は、ナッシュがドライブして、苦し紛れに、一番近くにいるサクレにパスしますが、サクレがレイアップや、ジャンプシュートを外します。それでも、クラークが、レイアップを決めたり、ファウルを取って、フリースロー2本を決めて得点します。序盤に一旦、8点差にしますが、その後、まずニールにジャンプシュートを決められた後、ジャクソンに3本、ニールに1本、3ポイントを続けて決められ、半ば前には、点差を16点に戻されます。その間、クラークが、オフェンシブ・リバウンドからティップを決めたり、レイアップを決めたりと、踏ん張ってくれました。ここからよく守ると、半ばには、まずメタがドライブしてレイアップを決め、ジェイミソンが続けて決め、12点差に追い上げると、サンアントニオが、ダンカン、パーカー、ジノービリを戻します。そこから、よく踏ん張りました。半ば過ぎから終盤にかけて、メタがレイアップを決めると、コービーが、難しいジャンプシュートと3ポイントを決め、その間、サンアントニオのジャクソンが、2回のテクニカルで退場になると、そのフリースローをナッシュが決め、6点差に迫ります。その後、ディフェンスでは、メタが2連続でスティールします。2つ目のスティールは、メタにたまたまボールが行っただけで、ナッシュのパーカーに対するディフェンスが良かったために、パーカーが苦し紛れにパスを出し、バッドパスとなりました。オフェンスでは、バスケットにカットしたジェイミソンが決め、3分を切った所で、3点差に追い上げます。ここからも、ナッシュのパーカーに対するディフェンスが良く、パーカーが苦し紛れにフローターを打っては外します。ところが、オフェンスで、メタが得意のドライブしてレイアップを外すプレーをし、リバウンドを取って再度レイアップに行きますが、今度はブロックされ、メタ、ジェイミソン、コービーが、続けて3ポイントを外し、得点できません。逆に、残り1分を切った所で、ジノービリに3ポイントを決められ、6点ビハインドにされます。ここまでと思ったのですが、この直後に、こともあろうに、クラークが3ポイントを決め、3点差に詰めると、ナッシュが、又もやパーカーに厳しいディフェンスをした上、ペイントに入ってきたパーカーの前に、クラークが立ちはだかって、パーカーが苦し紛れに、誰もいない所に、キックアウトして、ターンオーバーします。残り10秒からのオフェンスでは、メタがインバウンドパスをナッシュに、ナッシュが動いてくれるかと思ったのですが、3ポイントラインの後ろでカバーされているコービーに、単にパス。コービーが無利に3ポイントを打ちますが外れ、リバウンドが、アウトサイドのクラークに行き、クラークが、3ポイントラインの遥か後ろから体勢を崩して打ちますが、大きく外れました。




コービー:27得点(10-24、3PT=3-8)、5アシスト、4リバウンド
4Qの頭に少し休んだので、40分は越えませんでしたが、それでも39分弱のプレーです。シュートも良くないですが、フリースローも4-7とドワイト並みです。フリースローは、2週間くらい前から、よく外します。終盤打って外した3ポイントは、2本共短かったです。ジャンプシュートが短く外れるのは、脚に疲れがでているからだそうです。もう少しミニッツを少なくしてもらわないと、逆効果です。

サクレ:4得点(2-9)、2リバウンド
ディフェンスは、よく動いてやっています。リバウンドは、スプリターには勝ち目がないです。勝ち目があったら、ドラフト60位にはならないので、仕方が無いです。

モリス:2得点(1-2)
スタートしましたが、10分ちょっとのプレーです。

ナッシュ:14得点(6-12)、9アシスト、2スティール
ペイントにドライブして、行き所がないから、一番近くのサクレにパスが目立ちます。レイアップやダンクを打てる状態なら、それでも良いですが、フリースローライン辺りや、ペイントの外から、サクレがジャンプシュートを打っては外していました。それも、追い上げている時、競っている時によくあります。サクレは、25分のプレーで、9本もシュートを打っています。そんなにシュートを打つプレーヤーではないです。サクレが更に、オープンのチームメイトにキックアウトすれば良いですが、そこまで求められないです。

3ポイントを1本も打っていません。2本は、つま先がラインにかかって2点になっていますが、それでも少ないです。それは、ナッシュだけの責任ではなくて、他のプレーヤーや、コーチが、ナッシュに3ポイントを打たせるようにするべきなのですが、PGなので、自分でシュートのチャンスを作れるはずです。チームメイトにチャンスを作ってもらわないと打てないプレーヤーはいくらでもいるので、PGなら自分で作って欲しいです。

メタ:23得点(10-22、3PT=3-8)、8リバウンド、7スティール
ジャンプしないでレイアップを打ちに行くので、ブロックされるプレーが目立ちます。シュートは悪くないのですが、折角良いカットしているのに、レイアップを外したり、スティールしてファウルされても、フリースローを2本共外したりと、並みのSFならできるプレーが決まらないので、見ていてイライライします。

ジェイミソン:8得点(4-9、3PT=0-5)、8リバウンド、3アシスト
3ポイントは、みんなオープンですが、打った瞬間外れると分かります。オープンで、正面から打った3も、リングの手前に当てました。良いカットをして、楽なバスケットを稼ぐのですが、がら空きの3ポイントを5本も打って、1本も決められないのでは、使ってももらえなくても仕方が無いです。

ミークス:2得点(1-3、3PT=0-1)
前半だけ、6分半のプレーで、後半は全くプレーしませんでした。怪我した様子もなく、特別悪いプレーをした訳でもないです。レイカーズのサイトにも、何も情報がありません。中継では、ミークスが後半プレーしなかったことに、気が付いていない様でした。

デューハン:3得点(1-2、3PT=1-2)、1アシスト
ナッシュと一緒にプレーした時間帯が多く、ボールハンドルをしていないので、アシストは少ないです。

クラーク:22得点(9-12、3PT=1-3)、13リバウンド、3アシスト
得点もリバウンドもキャリアハイです。SFですが、身長はヒルと同じ6-10あるので、PFでも充分使えます。シュートは、毎回、こんな調子で決まるはずがないですが、リバウンドは、一定して取れるはずです。13リバウンドだけでも立派ですが、27分半のプレーです。同じSFのイーバンクスと比べて、運動能力があるし、闇雲にペイントに突進して、チャージを繰り返すボーンヘッドもないし、ディフェンダーの位置を見て、落ち着いてシュートを打ちます。メタと違って、リングの近くでフィニッシュできます。解説者が、「身体のコントロールが良い」と言っていました。ディフェンスでは、パーカーからダンカンまで付き、ダンカンが、打ちにくそうにしていました。ストッパーとして充分使えます。終盤3ポイントを決めましたが、まぐれではなく、解説者によると、ゲーム前に早く来て、3ポイントの練習をしているそうです。ナッシュは、クラークについて、「早く来て練習するし、練習態度が良い」と言っていました。コービーとは、飛行機で、いつも隣に座るそうです。今年のジョーダン・ヒルになってくれたら良いです。ダントーニは、ローテーションに入れたいと言っています。ディフェンスが良くて、リバウンドが取れて、走れるので、スターターに周して欲しいです。

オフェンス
シュートは、46.3%(44-95)ですが、サクレが1人で脚を引っ張っているだけで、まずまず決まっています。3ポイントも、ジェイミソン以外は、決めています。コービーのジャンプシュートが、リングの内側を2周位して、外に飛び出したり、サクレが外したレイアップが、リングに当たれば自分でリバウンドを取れたのに、リングとボードの間に挟まってジャンプボールになり、サクレがスプリターに負けたりと、運が悪かった部分もあります。

ディフェンス
ウィークサイドに、ボールをスウィングされると、弱いです。3ポイントを12-25と高確率で決められました。昨日のゲームのペイントによく入られたため、ゲーム後口々に「ペイントを守らないといけない」と言っていたので、その気持ちが強すぎて、アウトサイドが疎かになった面もあるかもしれません。但し、3ポイントは前に立ってカバーしていても決められたものもあったし、逆に、レイカーズは、がら空きを外しているので、レイカーズのアウトサイドのディフェンスが、サンアントニオと比べて特別悪かったとは思えません。ビッグマンが3人いないのに、ダンカンは、4-13の8得点で、フリースロー無しと散々だったし、ジノービリは6-14の19得点と、抑えたとは言えないですが、特に良かった方でもないです。スプリターには、5-7の14得点と、高確率で決められましたが、本数が少ないのと、いくらなんでも、クラークがカバーしていれば、身長差があるので仕方が無いです。問題は、予想通り、パーカーです。10-16の24得点とやられました。アシストは、6に抑えましたが。ジャクソンに3ポイントを4-6と決められたのが痛かったですが、長いのに、ボードに当たって入った不運もありました。サンアントニオとの差は、ディフェンスの実力の差ではなくて、決められる人材がいるかどうかの違いだと思います。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/01/10 18:28  Lakers | コメント(21)
ディフェンスでのポジショニング
はじめまして。
ブログは昨シーズンから見させて頂いてます。毎回の更新、感服します。


コービーのディフェンスでのポジショニングについての意見です。

“ミニッツ”や“チームメイトのディフェンスに対する信頼”などのご意見がありますが、それ以前のレベルでちょっと酷すぎると思いました。

各チームのスカウティングで、『コービーのところを狙うとイージーバスケットに繋がる』と踏まれているような気さえしています。


例えばナッシュが崩されそうになったとしたら、ショウアップしてすぐマークマンに戻ったりすればいいと思いますし、一番ひどいウィークサイドのポジショニングについては、コービー自身がもっと集中すべき部分だと思います。

あのままだと、ドワイトとの信頼関係を築くことはできないような気がします。
僕は現地の情報には疎いですが、ドワイトが不満に思っている気がしてなりません。(←もちろんドワイトにも至らぬ点は多々ありますけど)


他にも、昔から治らない“スクリーナーに完全に引っ掛かる”とこや、前途したウィークサイドでの甘さ、など、コービーのボールマンに対して以外のディフェンス各分野は(リバウンド時のボックスアウト含め)、正直言って並以下だと思います。
運動量/身体能力でカバーできていた時期にはバレていなかった部分が露呈されているように見えます。



ルーキーのときから見ていて、シャック抜きで優勝してからは一番好きなプレイヤーになりました。
歩んできたストーリーやフランチャイズプレイヤーであること、天才肌ではなく実は努力肌な部分など、レブロンやKDには無い、エッジの利いた魅力がある選手です。

しかし、彼が常にパーフェクトを維持しなければ、レイカーズというチームの完成しないんだろうな、と思ってます。

ちょっと曲がった考え方かもしれませんが、Mayさんの意見を聞かせてください。


ショットが外れることはありますので、そこは仕方ないんですが、試合の勝敗を分けるのは、最後は“ディフェンス”だと思います。


コービーには、もう少しそこに集中して、オフェンスでは要所を抑えるような働きを望みます。


長文すいません。
PO進出願って応援していきたいです。
[ 2013/01/12 05:06 ] [ 編集 ]
イーバンクスが期待出来ない以上、
デュラント対策はクラークに託すしかない…
というこの状況が、
クラークの真価を計るに丁度良いことになってるじゃないですか。
とりあえずディフェンスで漢を見せてくれることを期待します。

流石にあのクラッチ3Pはマグレじゃないかと半信半疑です。
[ 2013/01/11 20:57 ] [ 編集 ]
いろいろ年末年始バタバタしてて出遅れました。
本年もよろしくお願いします。

Nash復活で少し上昇気流に乗るかと思ったらまさかの連敗地獄。
Hill/Howard欠場決定のOKCを落とすと想定して、
今年の6-8シードあたりの勝率が.580だとすると
15勝21敗(43%)から、残りを33勝13敗(72%)で行かないとPO進出できません。
この数字だけ見ると、かなり状況は厳しいですね...
(ちなみにEast1位のHeatでさえ67%ですから)

Clarkが一気に開花するか、トレードなども期待したいところですが、
なによりも...いい加減、4人全員健康体で揃ってくれよ...と切に願います。

いままで他のチームの結果とかはあまり気にもとめてませんでしたが、
こんなにも、HOU/POR/DEN/UTA当たりの敗戦を毎日期待してるのも久しぶりです...
Go Lakers!!!!
[ 2013/01/11 17:31 ] [ 編集 ]
いつもご苦労様です。

六連敗は免れないでしょうし、どんどんネガティブな要素が増えていきますね。
ベンチはジェイミソン、ミークスのように活躍して数試合経つとミニッツが減ったり何か原因があるのでしょうか?
ミークスなんかは見ていて好感を持てるのしそんなに実力不足ではないのに。

ゲイはサラリーなどほぼ関係のないレイカーズなら取れる可能性はありそうですか?せめてPOは見たいです泣
[ 2013/01/11 11:29 ] [ 編集 ]
やはり負けましたね。
最後は惜しかったですが僅差になったのは相手の自滅もあるのでいい勝負が出来たとは思いません。
ただ,クラークが予想外にいい働きをしてくれました。
まだマークされていないこともありますが,少なくとも調子がいいときはあれくらい出来るという証明になりました。
練習熱心なようですし今後に期待出来ますね。
これで完全にイーバンクスはいらなくなりました。

コービーのディフェンスについて議論されているようですが,これについては個人的にはある程度仕方ないかなと思います。
コービーファンなので多少贔屓する部分もありますが,平均39分で,ゲームメイクしてスコアラーになってエースストッパーも兼任し最後はクローザーになる34歳にこれ以上求めるのはいくらなんでも厳しいでしょう。
時間帯によって確かに集中力を欠いている場面もありますが,そもそも今のレイカーズのチームディフェンスはお世辞にもいいとは言えないですし,カバーの意識は高い方だと思います。
コービーの力を考えたらもっと出来るのは明白ですが,ディフェンスに力を入れ過ぎてオフェンスにも影響するようならむしろ逆効果だと思います。
ただでさえ安定して得点出来る人が少ないのに今のチームでこれ以上得点が減ったらまず勝てないです。

後は今後のチームについてですが,私はナッシュ・コービー・メタ(クラーク)・パオ(ヒル)・ドワイトでいいかと思います。
パオはトレードが出来るようならして構わないですが,出来ないようならスタートの方がいいと思います。
どうせベンチと一緒にやっても自分からいかないので,それならハッスルできるヒルをベンチに回したいです。
メタはベンチに回したいところですが,使うならナッシュ・コービーと一緒じゃないと3すら決めれない気がするので,スタートで使って25分程度のミニッツでいいかと思います。
ベストはメタとパオ(ついでにブレイクとイーバンクス)を駒にして動けるSFとディフェンスのいいPGを取ることですが,そう上手くはいかないでしょうね。
[ 2013/01/11 11:08 ] [ 編集 ]
akrさんのおっしゃる通り、スターターはNash,Kobe,Clark,Hill,Dwightが現在のベストな布陣のような気がします。高給取りのガソルがベンチ?って話がありますが。

ベンチからの起爆剤として、シャノンのようにミークスが頑張ってくれるでしょう。
ただ、こうなるとメタ君の舵取り役が必要になるんですよね。メタ君のフィジカルなディフェンスがプレーオフで必要な場面があるかなと最近思ったりもします。無茶なドライブがなくて、役割が理解できるなら、必要かと。
レイカーズには、波のある選手が多いので、難しいですね。

あと、ダントーニにはミニッツ管理をきちんとして欲しいです。フィルやポポヴィッチほどじゃなくてして欲しいです。

もう少し、うまくローテーションしていれば勝てた試合が数試合あるはずです。後半ガス欠が目立ちすぎます。
どうにかして欲しいです。
[ 2013/01/11 10:11 ] [ 編集 ]
前半終えた時点では、今日は20点差かと覚悟しましたが、よく盛り返しましたね。
しかも、コービーが本調子じゃないなか。
そしてクラークという先発SF候補が現れて。
収穫ある敗戦ですよ。
スターターは、ナッシュ、コービー、クラーク、ヒル、ハワード で十分 120-100くらいなゲームはできますよ。
ベテランおバウとメタは、ベンチから短い時間で仕事してもらって。
ベテランから若手へ思いきって切り替えないと、ダントーニシステムは完成しないです。
いや、システムの問題じゃなくて、メタとバウはレイカーズのスターターは無理ですが。

オールスター明けから、クラークがスターターで10連勝といきたいですね!
プレイオフもまだ諦めてないですよ、私は。
[ 2013/01/11 08:26 ] [ 編集 ]
ディアウが芽を出したのはサンズにきてSGからPFにコンバートしてからでしたが、その時アマレが怪我でシーズンほとんど休んでいました。今もインサイドが居ない状況でクラークがブレイクしてくれたら嬉しいです。
ディアウとタイプ似ていそうですし、ダントーニの手でブレイクの期待大です。

メタは試合を通しては良かったですが、最後の速攻はコービーに振れば簡単に決まっていたのに、自分で行く意味がわかないです。コービーより、自分が上だと思ってるのですかね?
相変わらずナッシュにボール渡さないで自分で運びます。PG のモリスやデュハンもナッシュと出ればボール渡すのに不思議です。

コービーのディフェンスはプレシーズンがら気になってましたが、あれだけプレイタイム長ければ仕方ないと思います。

ハワードが戻って来て、何か1つキッカケがあれば、連勝街道にはまれると思います。
[ 2013/01/11 00:41 ] [ 編集 ]
負けてしまいましたが、終盤はいい追い上げを見せ、もしかしたら勝てたかもと思いました。

コービーのディフェンスについてですが、確かにボールを持っていない相手のディフェンスで空けてしまうようなプレーは最近あります。
ですが、正直今のチームにそんなミスは、他のプレイヤーでも見ていれば結構あります。
コービーに限って言えば、オフェンスでは活躍しないと勝てないから負担が多くなっているし、ミニッツは多すぎるし、正直疲れが溜まっているのだと思います。昨日も試合がありましたし。
コービーは本当にすごいプレイヤーですが、試合に出ている40分間、オフェンスでもディフェンスでも常に気を張り、集中してプレイし続けるのはいくらなんでも無理です。
あまり認めたくないですが、年齢による影響もあるし。
昨日はしていなかったサポーターを今日は両足に着けて試合に出ていたので、疲れは絶対にあると思います。
今までディフェンスが良かったコービーだからこそ、最近のミスがすごく目につくのかもしれないですね。

確かにコービーのミニッツのことを考えないと、逆効果になってしまいますね。
ナッシュが復帰してすぐのころ、コービーの負担が減って、楽にボールをもらいシュートを決めていて、すごく省エネで得点していたのが印象的でした。
最近はそのようなオフェンスがあまり見られないので、またそのようなオフェンスができるようになればいいと思っています。

クラークは走れてよし、ディフェンスで良しと、良いところが見つかったので、スタメンで使ってほしいです。
SFでもPFでも使えるところが魅力的ですね。
チームのシステムにも合っていると思います。
クラークをスタメンにするなら、ガソルは完全にトレード要員になりますね。

4クォーター終盤の場面、追いつくために3ポイントが必要だったので、ミークスを使ってほしかったです。
あの時出ていたメンバーだと、コービーにマークが集まってしまうので、どうしてもタフショットになってしまいます。
ミークスがいることで、また違ったオフェンスになったのでは・・・と思います。

スパーズは役割分担がしっかりできていて、チームとして非常にいいですね。

次も厳しいと思いますが、今日のクラークのようにいい部分が見つかれば良いなと思います。
疲労が溜まっていると思いますが、ファンとして、コービーに頑張ってほしいです。
[ 2013/01/11 00:11 ] [ 編集 ]
クラークは今日は調子よすぎましたね。でもこの調子でメタ、ガソルなどのミニッツを奪うほどの活躍を期待しています(そしてこの2人はトレードへ笑) まぁ、ダントーニもこういうタイプの人は気に入ってくれると思うので使ってくれるでしょう。   
 コービーのディフェンスはまぁ手を抜いてるところもあると思いますがミニッツが多すぎです、たまに38,9分はいいかもしれないですが40分以上はやりすぎです。  いつも追い返す展開なので難しいところですがそこはダントーニが抑えてほしいです    個人的には中盤は抑えて終盤に出してほしいと思います     やっぱりもう年も年なので長い時間キープしてディフェンスするのも無理だと思います。   LAC戦ではCP3を後半結構押さえていたのでまだまだフットワーク的には行けると思うので頑張ってほしいです ただ毎日平均30分~34分の出場時間で手を抜いていたら不満を言っても仕方がないです(自分も少し不満に思うと思います)
またグリズリーズはゲイを放出したいと違う人のコメントを見ると書いていたのでもし獲得できたらラッキーですね、       
   ミッチに期待する
[ 2013/01/10 23:34 ] [ 編集 ]
 追い上げつつも、多分こうなるのかなと思ってましたが、奇跡はやはり起きずに、やっぱり残念な負けでした。
 メタはネタでしょうか、常に全力プレーでいいプレーもたくさんありましたが、追い上げのときのここで決めればというときにいつも外したり、ターンオーバーするのは

 でも今日はあまりメタを責める気にはなれませんでした。20点差位で負けてもおかしくない感じでしたが、クラークの活躍やいい意味でのメタのマイペース、ジャクソンの自爆等で最後は接戦で面白かったですが、コービーのコンディションが良ければ最悪でもオーバータイムには行っていけてたと思います。

 4Qの頭には、申し訳程度には休ませましたが、勝とうとするならば、コービーはコートに置いておきたいし、ここのところの連敗もあり、コービーのミニッツを上手に管理するのはフィルとかポポくらい名監督じゃないと厳しいのではないでしょうか。
 Dのコーチとしてネイトマクミランの噂もありましたが、後はやはりパオに新天地を求めてもらうしかないんでしょうかね? ここはやはりミッチの出番でしょう。SF体たらくやベンチの薄々の責任をとって逆転ホームラン級トレードをまたしてもらいましょう!
[ 2013/01/10 23:30 ] [ 編集 ]
ついこないだ、カールおじさんから屈辱のFT指名を受けた、クラーク君による 
'phenomenal' showing とは面白いものです。

シュートレンジも広いだけでなく、肝心の3Pも撃てるようですね。
レイアップは上手だと思うので、この先ミニッツが増えて、カットするようになれば、
得点面でも、結構な貢献が出来るんじゃないかな? と思っています。

DFはあんなに凄いと思いませんでした。ジノビリに抜かれず、ダンカンにもつけるとは。。。
レイカーズは、安易にスイッチする事が多いですが、クラークなら、それもアリかもしれません。
今日ジノビリが、あまり目立たなかったのは、
彼がついている事が多かったのも、間違いなくあると思ってます。
リバウンドも良いし、練習熱心という事で、期待が持てますね。

後は身辺整理とカムバックですね。
負けはしましたが、いい収穫でした。
[ 2013/01/10 23:03 ] [ 編集 ]
今シーズンはもう厳しいかもね。KB24さんもコメントしてましたが、残りの試合2勝1敗ペースで少なくともいかないと8位すら滑りこめそうもないですし、インサイド陣はまだ復帰のメドも立ってない状況では、このチームの調子がV字回復するのを期待する事は難しいでしょ。まぁしかし血を入れ替える為にはどん底まで落ちたほうがやりやすいでしょ。ダントーニのバスケしようにも駒が足りなすぎるのは明白だし、彼が好みそうな速いトランジションに対応出来る選手を集めて再建し直すほうが、もう一度チャンピオンになるには実は一番の近道な気がする。まぁフロントが我慢出来るかだけど…

[ 2013/01/10 22:11 ] [ 編集 ]
今日も案の定負けましたね。
これで15勝20敗。次も負ける予想して15勝21敗。
プレーオフのラインは毎年45勝から48勝ぐらいなので、
残り46試合で30勝から32勝しなくちゃダメですね。
勝率にして約6割7分なので、途中10連勝ぐらいしないとキツいですね。
まぁまで不可能な数字ではないですが厳しいことは確かです。

今日の試合、Clark良すぎましたね。
長めのジャンプシュートも悪くないし、それに身長もありますし、
ディフェンスも良いので、ミニッツは短くてもスターターで使ってあげてほしいです。
真面目に練習をしたり、Kobeの横に座って先輩から良いところを盗んだりと、
努力してるみたいですから、試合に出れるようになればもっと成長できると思います。
SFでClarkが使えるようになればKobeのミニッツも多少は減ると思いますし、
Pauをトレードに出してもHillとClarkとJamisonでPF回すこともできるんで、
Clarkの成長はかなりチーム的に楽になりそうです。

Kobeのディフェンスに関しては確かにオフザボール時は悪いですよね。
ただ集中力というより、意識していても足がついてついて行ってないように見えます。
実際、オフザボールでフリーにするのが多いのは、
2Qの中盤過ぎ、4Qと足が疲れてくるとこに多いと思いますし、
無意識に体が動いてないのではないかと思うんですよね。
それに監督がBrownになってKobeを長く使い始めたころから
この傾向が表れてますし。
ミニッツの問題・年齢など色々問題もあると思うのである程度は仕方ないですが、
少々目につくとことが多くなってきたのは確かです。
この問題はKobeがより意識して、
さらにBrown時から続いているKobeのミニッツ問題など
解決しなきゃならない問題が重なって出てきたように感じます。

ここまで負けると最近Dwightの契約延長が心配になってきました。
確かに他のチームよりLakersは1年3000万$多く出せますし、
さらに場所もLAですからDwightにとってかなりの好条件なのですが
やっぱり心配です。
プレーオフ出れなかったなんてことになったらと思うと…
長期的に見れば今年は結果よりもDwightの再契約の方が
チーム的には大事なはずなんで、
そこら辺はフロントがしっかりしてるかもしれませんが。

TorontoがPauに興味示してるですか!?
おそらくBargnaniを放出したいんだと思うんですが、
Bargnaniはいらないし
他にあんまりめぼしい選手もいないんですよね。
Torontoは契約が長く残ってる選手も多いですら、
あまり贅沢は言えないですが出来れば他のチームがいいです。

長文失礼しました。
[ 2013/01/10 21:34 ] [ 編集 ]
レイカーズ今はなにやってもうまくいかない時ですね・・・
現地のニュースではどういうふうに言われてますか?
[ 2013/01/10 21:20 ] [ 編集 ]
今日の立役者、アール・クラークですが、僕と誕生日が1日違いということで非常に親近感を感じています(笑)

アール・クラークは、確かダントーニとは入れ違いですが、ナッシュとはサンズ時代にもチームメイトだったんですよね(ディアウタイプとしてドラフトされたみたいです)。加えて、オーランド時代には、ドワイト欠場時にセンターの代役をこなしたことがあったり、デュラントを抑えたこともあるみたいで、あるマジックブログではドワイトのトレードの掘り出し物かもしれないと言われていて、ほんの少しだけ期待していました。でも、故障もあってシーズン序盤はほとんど出番がなかったので、結局デュラントが勝手に絶不調だったのかななんて疑ってました。それで、ここに来てインサイドの人手不足で出番が回ってきて、少し注目して見てたら、全然良い選手でした!笑

個人的にはサイズから判断して、動けるPFかななんていう印象があったんですが、ナチュラルポジションはSFなんですね。いや、メタやガソルよりも良い可能性も十分ありますね。まだ、たったの1試合ですが、今日の動きを見る限り、マグレからくる活躍じゃないのなら十分使えます!今日もディフェンスでダンカンを苦しめてたのはもちろん、スイッチしてジノビリを完璧に止めてました。あれだけサイズある上に平面もあれだけ動けるフォワード、無駄なことはせず、チームに求められた動きをする意識、リバウンドの反応も速い、速攻でも前を走れる、ここまででも十分メタやガソルより優れてる部分があるのに、その上スリーまで打てるとなると、複数ポジションで起用できるんで、ローテーションに幅が出ますね。実際、クラークに目処がたったこの試合では、4Q頭にコービーを休めることができました(いつもならSFの控えもコービーが務めてるのにです)。ナッシュとも息が合ってるし、正にダントーニが好むタイプの選手でしょうね!これまでも、ベンチでコービーと親しそうに話してるのは見たことあるんですが、実際仲良いとはなんか嬉しいですね。

そして、数試合ほど様子を見る必要はありますが、クラークが計算できるとなると、いよいよガソル(&メタ)は立場が危ういですね。正直、今のスピーディなNBAでは必ずしもものすごく速く動く必要はないかもしれませんが、最低限相手選手のスピードについていくことが大前提な気がします。実際、ガソル(あと今はハワードも)のいない今のチームは躍動感がある時が増えました。試合を見ていても、メタやガソルは、クラークやヒル、ジェイミソンと比べて、リバウンドやルーズボールへの反応が圧倒的に遅いです(というか、NBAの誰と比べてもですが)。ガソルはやる気ないだけかもですが。

正直、この2人は来年も今のレベルを維持はできても、それ以上は期待できないでしょう。下手すると更にレベルが落ちる可能性だって低くはないと思います。欲しいなんて物好きなチームがあるなら、相当条件が悪くない限り出した方が賢明だと思います。もちろん、ガソルやメタのストロングポイントも十分理解してるつもりですが。トロントやミネソタはガソルが欲しいみたいですが←

少なくとも今のLakersはマイク・ブラウン体制のロスターなんで、普通に考えてこれでダントーニのシステムを使っても上手くいくはずがないです(せめてドワイトが全盛期くらいのコンディションなら別ですが)。もっとダントーニのシステムに合ったロスターに入れ替えるべきですね。ガソル(出来ればメタもブレイクも)を出して、まともなSFやディフェンスのできるPGの控えを獲ることができれば、層も厚くなって、特定の選手に頼ることなく試合を通して集中したディフェンスができるはずです。これからトレードの動きも過熱してくると思うんで、密かに期待しながらLakersを応援していこうと思います。
[ 2013/01/10 21:16 ] [ 編集 ]
諸事情で、試合を見れたのは4Q中盤からでした。
見始める時に、「もしかしたら勝っていたりして・・・」と、淡い期待を抱いていましたが、残念ながらというか予想通りというか、15点差ほどありました。
しかし、そこからあれよあれよと点差を詰めて、サンアントニオのスターターが戻った後も詰め続け、追いつけるかというところまで来ました。
しかし、そこで例のうんこレイアップが炸裂し、そこから得点が停滞してしまったのが残念です。メタはその前に一人で難しいレイアップを決めていましたし、試合全体を見ても責められるような出来ではありませんでしたが、あの時は前にコービーがいました。一人でいくような場面ではありませんでした。きっとリングしか見えていなかったのでしょう。目線のフェイクを一つでも入れたのなら、もっと楽なシュートになったでしょうに。そのあたりが、彼がまだ子どもだということでしょうか。


試合が終わってからスタッツを見たのですが、クラークのとんでもないスタッツに驚きました。得点は水ものですが、リバウンドが取れる人材は喉から手が出るほど欲しかったので、嬉しい出来事です。

最近コービーの疲労感が目立ちます。連戦なのでなおさらです。終盤に使いたいのなら、試合の中盤にもっと休ませておけばいいのに、と。当たり前のことですが。

さあ、次の試合は、今戦えるメンバーを見ると諦めてしまうような相手ですが、逆に自分たちが下の立場だとはっきりとわかって臨めます。力を出し切るつもりで思いっきりぶつかってほしいです。
[ 2013/01/10 21:13 ] [ 編集 ]
5連敗~
ただパウがいるよりも全然いい気がします
メタはベンチに必要だからパウをトレードでSFとってヒルをスタメン、クラーク サクレが交代要員になってほしいです
[ 2013/01/10 21:07 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れさまです。
いや〜惜しかったです。
クラークはかなり使えますね!これで安心して、パオをトレードに出せます。

コービーのディフェンスは確かに悪いですね。でもあのミニッツを考えたらしょうがないと思いますよ。せめて35分ぐらいにして欲しいです!

[ 2013/01/10 20:59 ] [ 編集 ]
やっぱコービーのディフェンスが今シーズン悪いですわ
ていうかここ2年ばかり良くないです。
基本的なディフェンス能力についてはまったく悪くは無いです。むしろ凄いとも思います。
オンボールのディフェンスも悪くないですけど・・・
ただオフボールディフェンスになると致命的なミスが多すぎますね。
オフボールDでも集中してるときなら良いですけど、大半集中していないのでチームディフェンスを無意味にしてしまうプレーが多々あると。
まず集中力がないです。ディフェンスでの努力が感じられない
今日もまたQの最後の1プレーで、ボールばっか見てマークしていたジノビリへの警戒は0というぐらい酷く、カットしたジノビリに簡単に決められてしまいました。
これはディフェンス能力以前に、集中力の散漫ではないのでしょうか?
何度も言いますが、コービーの基本的なディフェンス能力は問題ではないのですよ。
メッタが嫌いな俺でも、メッタの半分もディフェンスに力入れてるように見えません。
メッタのディフェンスがいいとは思えませんし、所々手を抜くのも見ますが、そのメッタよりもディフェンス意識が酷いです。
なのでどうにかコービーにはディフェンスでの意識を持ってほしい。ただそれだけです。
ナッシュは下手なりに頑張ってますから。ディフェンスできるコービーがディフェンスしないでは話にならないでしょうね。
[ 2013/01/10 20:24 ] [ 編集 ]
試合見てないですけどクラーク数字だけ見たらいいんじゃないですか?

ロケッツ戦は見たんですけど走れてるしディフェンスもまずまずだった気がします。

今のレイカーズならスタメン張れますよ!…ドワイトのおまけで来た人達が今のレイカーズを

助けてますよね。トロントがパオ欲しがってるんすか?ローリーとフィールズあたり欲しいですね

バルニャーニ、カルデロンあたりトロント出したいでしょうけど個人的にいらねっす。

…只パオ出すなら気持ち的にスター的存在欲しいっすよね。僕欲しいキャラはパオじゃもったいな

いっすね(笑)



[ 2013/01/10 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。