コービーとドワイトの1-2パンチで勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

コービーとドワイトの1-2パンチで勝利

Game Score


コービーがジェニングス、クラークがエリスがカバーし、ナッシュはムバ・ア・ムーテをカバーしました。

1Q
開始直後に、コービーからドワイトへのアリーユープ・ダンクが、2連続で決まります。序盤は、コービーのレイアップを挟んで、メタが3ポイントを2本決め、リードを奪います。半ばには、コービー、ドワイトが続けて決めると、コービーのフリースローで、12点リードを奪います。序盤から、よくオフェンシブ・リバウンドを取られましたが、ここからも、オフェンシブ・リバウンドを取られ得点され、半ば過ぎには、ムバ・ア・ムーテのフリースローで、8点差に追い上げられます。直後に、コービーに助けてもらわないと決められないモリスが、やはりドライブしたコービーからパスを貰い、3ポイントを決め、リードを11点に戻します。この後、お互い外した後、残り3分半に、コービーとドワイトがベンチに下がり、その少し後に、ナッシュもベンチに戻り、モリス、クラーク、ジェイミソン、サクレのラインナップになった後で、おかしくなります。サクレは、レイアップをブロックされ、モリスは、ペイントにドライブしても、レイアップが決められません。この2人は、スターターに混ぜないと、使い物にならないです。終盤は、ジェイミソンが3ポイントを1本決めただけで、ディフェンスでは、エリスに続けて決められると、アウトサイド専門のダンリービーをがら空きにし、3ポイントを決められます。このコーターは、ディフェンスはよくやっていても、オフェンシブ・リバウンドをよく取られました。オフェンスでは、ボールがよく動き、決めた10バスケット全てにアシストがついていました。29-27の2点リードで、コーターを終了します。

2Q
開始直後に、ダンリービーが3ポイントを打って外しますが、長めのリバウンドをウードリーに取られジャンプシュートを決められ、同点に追いつかれます。直ぐに、ドワイトのダンクで、再びリードを奪いますが、その後、よく守っているものの、オフェンスでは、シュートが決まらなかったり、ドワイトがフリースローを2本共外したりで、同点に追いつかれると、又、オフェンシブ・リバウンドから決められ、初めてリードを奪われます。どの直後に、1Qに最初の3ポイントを決めているジェイミソンが、2連続で3ポイントを決め、逆転してリードを広げます。ジェミソンは、ここまで3ポイントが3-3でした。ところが、ここから、ヘンソンがフリースローを外しているのにリバウンドを取られたり、ダレンバーに、オフェンシブ・リバウンドからティップを決められたりで追い上げられ、半ばには、ダニエルズの3ポイントで逆転されます。そこからよく踏ん張って、メタの3ポイントミスを挟んで、ナッシュ、ドワイト、コービーが、交代で決めます。これで、終盤に入った所でリードを奪い、終盤には、コービーが3本続けて決めます。コーターの締めは、オフェンシブ・リバウンドは取られるは、エリスにファウルしてフリースローを与えるは、エリスがフリースローを外すと、又、オフェンシブ・リバウンドを取られるはで、リバウンド争いで、醜態をさらしましたが、その都度しっかり守り得点を与えませんでした。ディフェンスでは、引き続きオフェンシブ・リバウンドを取られ、前半だけで11も取られました。オフェンスでは、ボールがよく動き、前半決めた23バスケットの内、21にアシストがありました。57-50の7点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤は、バスケットの交換になります。一旦リードを二桁にしますが、直ぐに一桁に戻されます。その後、半ばにかけ、ナッシュが2回、コービーが1回ターンオーバーし、シュートも、コービーがブロックされたり、ナッシュが続けて3ポイントを打っては外し、得点できません。半ばには、5点差に追い上げられますが、メタが外した3ポイントから、クラークがプットバックレイアップを決め、点差を広げます。ところが、そこから、シュートが全く決まらなくなります。前半には3ポイントを決めた、ジェイミソンとモリスが続けて外し、ドワイトがチャージを取られたり、レイアップをリーグのブロックリーダーのサンダースにブロックされたりと、半ばから2分半近く、無得点でした。その間、又、オフェンシブ・リバウンドを与えますが、まずまず守ります。それでも、半ばには、オフェンシブ・リバウンドから、ムバ・ア・ムーテに決められ、2点差に追い上げられます。ここから、ドワイトが、お返しに、ナッシュが外したレイアップのオフェンシブ・リバウンドから決めます。終盤には、当たっているジェイミソン、コービーが外しますが、当たっていないナッシュが決め、点差を保ちます。終盤、ベンチが登場しますが、前半とは異なり、ドワイトとナッシュは戻りますが、コービーが残り、サクレ、デューハン、モリス、ジェイミソンとのラインナップになります。その後も、オフェンスのリズムが悪く、コービーがレイアップを外したり、エルボー後ろからのジャンプシュートをエアーボールにします。その間、依然としてオフェンシブ・リバウンドを取られますが、何とか守りました。終了間際には、コービーがファウルを取って、フリースロー2本を決めたのに、直後にムバ・ア・ムーテに返されますが、その後、残り、18秒からのオフェンスで、コービーが右エルボーの後ろからジャンプシュートを決め、79-73の6点リードで、コーターを終了します。

4Q
コービーはベンチでしたが、ドワイトが戻り、デューハン、モリス、メタ、ジェイミソンでスタートします。開始直後に、メタがディフェンダーをフェイクで上手くかわして、3ポイントラインの内側に入りジャンプシュートを決めると、デューハンが、得意の、3ポイントラインの遥か後ろからの3ポイント決め、点差を11点に広げます。序盤には、相変わらずオフェンシブ・リバウンドを取られ、1ポゼションで2回取られることもありました。オフェンスでは、ドワイトのダンクが2本あり、序盤で点差を13点に広げますが、モリスがクロックの残りが少ないのに気が付かないで、悠然とパスして時間切れになったり、メタがターンオーバーしたりで、得点できません。半ば前に、まず、ナッシュがデューハンに代わって戻り、直後に、コービーとクラークが、ジェイミソンとモリスに代わって戻ります。この後は、ドワイトのダンクとレイアップ、コービーの3ポイントと、トッププレー集に出てきそうなフェイダウェイのオンパレードで、半ばには15点リード、半ば過ぎには20点リードで、残り3分ちょっとで、コービーは、総立ちの観客の大喝采を受けながらベンチに戻り、ドワイトとナッシュも、1分半でベンチに戻りました。




コービー:31得点(12-19、3PT=3-5)、6アシスト
この所決まっていなかった3ポイントがよく決まりました。他にも2本、つま先がラインにかかったジャンプシュートが2本決まりました。ジェニングスをカバーし、12得点(4-14)、1アシストに抑えました。良いPGは、得点かアシストのどちらかを抑えろと言われますが、両方抑えました。

ドワイト:31得点(14-18)、16リバウンド、4ブロック
ポストプレーが殆どありませんでした。ポストでポジション争いをして、オフェンシブ・ファウルがよくありますが、今日は、争うふりをして、逆にバスケットに向かってパスを貰い、楽なダンクやレイアップが目立ちました。バイナムは、殆どのバスケットが、楽なダンクやレイアップでした。ドワイトも、連携が良くなってきたら、それが増えるはずです。体調が良くなって来て、元の状態に近づいて来ている感じがするそうです。

クラーク:6得点(3-7)、9リバウンド、4アシスト
ジェイミソンが出だしが良かったのでミニッツが多く、24分半のプレーでした。エリスをカバーし、6-16の17得点に抑えました。ミニッツの割りに、リバウンドが多いです。ヒルができることで、できないことは無いし、逆に、ヒルよりアウトサイドが良い上、ドリブルやドライブが上手いです。メタと比べても、メタの方が上なのは3ポイントくらいで、走れるのは勿論、ドライブする度にスティールされる不様なプレーもしません。ダントーニが冗談で「アールサニティー」と言ったのが、定着しつつありますが、本人は好きではないそうです。クリーブランド戦の後は、「永久欠番に」とか、「コービーの次の銅像」とか、ファンは大騒ぎでした。

ナッシュ:8得点(3-10、3PT=0-4)、11アシスト
シュートは決まっていないですが、そういうゲームもあるので、10本くらいは常に打って欲しいです。ハーフで9アシストありました。後半アシストが少なかったのは、ナッシュが悪いのではなくて、特に3Qに、チームメイトが決められなかったのが原因です。

:メタ12得点(5-10、3PT=2-6)、6リバウンド
この所、ドライブがすっかり影を潜めています。アウトサイドでスポットアップし、ボールが来たらすぐ打つか、打てないならパスが殆どです。メタがボールを長く持つと、ろくなことがないので、この調子でプレーしてもらいたいです。リバウンドを取った後、ナッシュに渡さないで、自分で持ち続けるプレーも、やろうとするのですが、この2-3ゲームは、ナッシュが側に行って、ボールを貰っています。メタがやらなくなったというより、ナッシュが意識している様です。

ジェイミソン:10得点(3-8、3PT=3-6)、8リバウンド
最初の3本を決めた後、全く決まりませんでした。29分のプレーで、これだけリブアンドを取ってくれたら充分ですが。

モリス:3得点(1-6、3PT=1-3)、3アシスト
PGが、レイアップが決められないのはきついですが、ディフェンス目的で出しているそうなので、オフェンスは目を瞑らないといけないです。クラークがベンチの時には、エリスもカバーをしました。

サクレ:無得点(0-1)、2リバウンド
これ程リブアンドが取れない7フッターも珍しいです。多くを望めないのは分かっていますが、並みのディフェンスをして、リバウンドだけは取ってもらわないと、バックアップでも使い辛いと思います。逆に、リバウンド以外は何も出来なくても、リバウンドなら負けないというセンターの方が、バックアップでは仕事があるのでは。

デューハン:3得点(1-5、3PT=1-5)、1アシスト
15分のプレーです。


オフェンス
よくボールが動きました。ドワイトの楽なバスケットが多く、楽にに得点できました。メタとジェイミソンの3ポイント5本は、全部前半だったので、それでフロアーが広がったこともあったはずです。コービーとドワイトが、31得点ですが、2人共、1Q終了時で8得点、ハーフで16得点、3Q終了時で23得点と、全く同じでした。この2人が、同じ位の本数で、全体の半分くらいの本数を打って、メタがボールを持たないと上手く行くはずです。

ディフェンス
ローテーションが良かったです。最初のディフェンスは良いのに、オフェンシブ・リブアンドを21本も取られたのが難点でした。シュートの本数は、レイカーズの84本に対して、ミルウォーキーは95本と、11本も多いです。ミルウォーキーはジャンプシュートが多く、長めのリバウンドが多かったのもありますが。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/01/16 18:35  Lakers | コメント(24)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>池上さん

初めまして。

6連敗ですよ。ナッシュのキャリア・フリースローの確率が、今の所歴代1位だそうです。


>>masaさん

マイアミ戦は、ベガスのオッズだと、レイカーズが2.5点有利だそうです。マイアミは、リバウンドがリーグ最低なので、サイズがあるレイカーズだと、不利になるそうです。

クラークは、ボールを触る機会が少ない割りに、アシストが多いです。身長があるから、周りが見えるのでは。冷静なのもあると思いますが。

パオは、ベンチスタートだそうです。

モリスは、PGはできないですが、SGならまずまずです。それに、オフェンスで必要なのではなくて、ディフェンスをしてもらいたくて使っています。


>>ザ・レイカーズさん

初めまして。

20連勝とは、大きく出ましたね。(笑)グラミーロードがあるので、それは厳しいですが、3勝1敗くらいの確率で勝って行きたいです。


>>レイカーヲタ☆シンさん

初めまして。ありがとうございます。


>>しんげんさん

そうなんですか。残念ですね。少々無利をしても、学生の内に旅行をした方が良いですよ。社会人になったら、せいぜい1週間が限度なので。それに、貧乏旅行も、後になってみると、良い思い出になります。

クラークは、PGもガードできるくらいなので、SFなら問題ないです。元々SFだし。私は、クラーク、ヒル、ドワイトのフロントコートを見てみたいと思っていたので、ヒルが怪我で残念です。ヒルがSFだったら、リバウンドかなり有利です。メタだと、位置がかなり良くないと取れません。空中戦では有利な位置でも負けるので。


>>ひでさん

ありがとうございます。

パスを周すことは、勿論大事なのですが、パスを周しても、オープンのプレーヤーが決められないのでは、意味がないです。負けている時は、いつも、オープンなのに、バタバタ外します。それで、コービーがパスしなくなります。確率が高いドワイトのインサイドを多用して、メタのアウトサイドを減らしたのが良かったです。

ハワードのポストプレーは、確率もそれ程良くないし、ターンオーバーが多いので、リングの側でパスを貰ってフィニッシュの方が良いです。

クラークは、メタがやる害があることを一切しないだけでも良いです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

仰る通り、マイアミ相手なら、ストレッチ4というだけでなく、パオよりも走れるクラークの方が良いです。クラークは、練習では、結構3を決めるみたいです。

ダントーニは、「アントワンとアールを一緒に使いたい」と言っていたので、パオが戻っても、出番があるかもしれません。


>>コウさん

私は、どんなに体調が悪くても、食欲がなくならないので、治りが早いです。

コービーがジェニングスを抑えたのが大きいですが、クラークとモリスの、エリスに対するディフェンスも、良かったです。#1、#2を抑えられたら、どのチームでも厳しいです。メタは、もうストッパーにはならいので、クラークの発見が大きいです。ジェニングスを抑えても、エリスに好き勝手されたら意味無いですから。

ナッシュは、長年、体調管理が良かったから、少々休んでも、すぐ元に戻ると思います。

レブロンは、クラークに頑張ってもらいたいです。クラークの方が、3インチ(7.5センチ)高い上、腕が長いので、結構やれるはずです。


>>LAXさん

大分調子は良くなりました。ありがとうございます。

セカンドユニットは、スターターに混ぜて使わないと。パオが戻ってきたら、それもやりやすくなります。私も、パオをトレードしてしまうと、バックアップセンターが問題だと思います。走れるSFが欲しかったですが、トレードで獲らなくても、ベンチに座っていたので、トレードの対象が、バックアップPGに絞れます。バックアップSFも欲しいですが。パオは、ラマーみたいな役割が良いという意見が多いです。スタートしなくても、ゲーム終盤やOTはパオを使えば良いです。


>>akrさん

レイカーズは、スターター5人が揃って出場したのが、6ゲームだそうです。それでは、上手く行くはずが無いです。メンバーが代わっていなくても、それでは戦力が下るのに、新しいのが2人もいて、全員揃ってプレーできないのでは。フィルによると、3ピートのチームは、いつもグラミー・トリップ中に、自分達を見つけたそうです。そうなると良いです。

マイアミは、ボッシュがリバウンドを取れなくて批判されているみたいですね。ウェイドもぱっとしないみたいだし。リバウンドで圧倒したいです。ヒルがいたら良かったのですが。


>>ふちさん

強いチームは、4Qの頭辺りまでは、それ程点差がなかったり、ビハインドだったりしても、4Qに勝ちますよね。

エリスには、ゴールデンステート時代、勝っていても、得点はされていた記憶があります。こんなにエリスが目立たなかったのは、記憶にないです。

OFリバウンドは、相手の丁度良い所に飛んだのが多かったです。サクレは、ビッグマンのファウルトラブルの時に使える程度です。

OKC戦をESPNで見ていた友人が言っていたのですが、メタがデュラント相手にドリブルしまくって、ボールを叩かれて、サイドにひっくり返っているのを見て、バン・ガンディーが、「役割外のことをしている」と言っていたそうです。本当に、自分の役割や、能力が分かっていないから困ります。コーチに何か言われたと思いますよ。シュートの本数が激減しているので。それか、不様なプレーのビデオを、みんなの前で見せられたか。パット・ライリーがHCだった時は、悪いプレーをすると、みんなの前で、そのビデオを流して、恥をかかされたそうです。


>>ミスドさん

ありがとうございます。こちらこそ、宜しくお願いします。

パオが復帰したら、いきなりスターターだそうです。レイカーズは、FAで安くて使えるのを見つけられないですが、サラリー合わせのおまけで付けられた人が、結構活躍します。1つは、コービーと一緒にプレーするので、相手はかまっていられないというのが大きいはずです。コービーと一緒にプレーしている時だけ活躍する、モリスを見ていたら、それが歴然としています。もう1つは、レイカーズに来たことで、張り切るのでは?クラークは、オフにかなり練習したそうです。それに、ちょっと良くプレーしたらすぐに、リポーターが二重三重になって囲まれて、スター扱いだし、スーパーに買い物に行っても、レストランに行っても、拍手で迎えられたりするから、気分が良いでしょう。

ESPNの記事のリンク、ありがとうございます。こういう記事があると聞いたので、探そうと思っていました。助かりました。


>>ppidさん

金土がきつかったです。日曜日も、だるかったですが、座っていられないという程ではなかったです。御心配をおかけしました。

仰る通り、ドワイトのカバーとリバウンドは、ヒルが良かったです。ドワイトとヒルは、始めのころから息が合っていたみたいで、ツイターでやり取りしていました。

仰る通り、TOを減らすだけでも、大分違います。走らなくて済むし。


>>ラッパさん

ありがとうございます。

PGがあそこまで抑えられると、厳しいでしょう。ジェニングスが、NBAに入ってから一番厳しいディフェンスだったと言っていたそうです。

OFリバウンドは、確かにFG%が悪いから、それだけ本数が多いし、ジャンプシュートが多くて、長いのが多かったから、仕方が無い面もあります。

1Qは、スターターを全部下げたのが悪かったです。クラークはでていましたが、本来のスターターでは無いし。ナッシュ、コービー、ドワイト、パオの中で、最低でも1人、できれば2人は出ていないと。後半は調節したから良かったですが。

サクレは、リバウンドさえやってくれたら、他は何もしなくても良いですが、その肝心のリバウンドができないのでは、話にならないです。

バイナムは、アリーユープが多かったし、ジャンプできないからアリーユープにならなくても、キャッチしてダンクやレイアップが多かったです。ドワイトなら、バイナム以上に出来るはずです。コンディションニングと連携の問題で、なかなか上手く行かなかったのだと思います。これから増えていくはずです。


>>nさん

仰る通りです。メタが出しゃばると、ろくなことはないですが、アウトサイドにスポットアップして、ボールが来てオープンな時だけ打てば、例え決まらなくても害はないです。

クラークは、アリーザの様な役割をしてくれています。まだその域にまでは行っていませんが。

パオは、明日プレーするかもしれないです。でも、ファンは、パオよりクラークにスタートして欲しいという意見が多いです。


>>sakanaさん

ありがとうございます。

ミークスよりモリスのディフェンスの方が良いからです。これから、オフェンスに苦労したら、ミークスの出番があると思います。

NFLは、ベガスのオッズだと、サンフランシスコとニューイングランド有利です。私は、サンフランシスコと、ボルチモアを応援です。ハーボー兄弟を応援している訳ではないですが。でも、サンフランシスコは、アトランタでのゲームになります。西のチームが東へ移動すると厳しいです。ボルチモアは、ホームなら兎も角、ボストンだと厳しいです。どちらもディフェンス次第でしょう。私も、エイドリアンとペイトンを応援していました。バイキングスは、シーズン最終戦も見ました。2週連続で、グリーンベイに勝つのは厳しかったです。ホームなら兎も角、グリーベイだったので。デンバーは、勝っているゲームを、ディフェンスのチョンボで落しました。でも、ペイトンは、POに弱いですよね。サンフランシスコは、ディフェンスが良いし、QBがキャパニックに代わってから、得点も増えたので、優勝するかもしれません。


>>G.R.さん

クラークは、サラリーから見たら、充分です。メタの5分の1ですが、メタよりディフェンスが良いです。

得点はしているのに、ディフェンスが悪くて負けていたので、オフェンスよりディフェンスが良いプレーヤーを優先して使うのは、当然だと思います。


>>ローラさん

モリスはコービーかナッシュと一緒使わないと、役に立ちません。



ドワイトは、少し休んだのが良かったかもしれないです。大分疲れが溜まっていたと思います。


>>バスケ部24さん

ミークスは怪我はしていませんが、モリスの方がディフェンスが良いから使っています。


>>マルショウさん

去年は今より悪いチームで、ホームでは勝ったので、チャンスはあると思います。

高額7フッターは、価値が暴落しているので、少しプレーさせて、価値を水増ししないと。

ジェイミソンとミークスの両立が難しいのではなくて、ディフェンスが良くないプレーヤーを使いたくないです。私の友達が、OKC戦をESPNで見ていたそうですが、解説のバン・ガンディーが、「ジェイミソンが、どうして使ってもらえないか分からないと言っているが、私には分かる。あんなディフェンスをしていたら、使えない。」と言っていたそうです。


>>だいちさん

鼻づまりと咳が残っていますが、熱はないので大丈夫です。ありがとうございます。

コービーは、自分でも楽だと言っています。得点もゲームメイクも両方では、ベテランには厳しいです。

クラークは身長があるので、PFでも使えます。マリオンは、契約の残りが長いので、レイカーズは嫌がるかもしれません。それに、これから獲るプレーヤーは、若いのが良いです。


>>アレさん

そうですよね。ジェニングスには、ディフェンスをする以前に、ボールを持たせなかったです。ミニッツは、理想は33分程度ですが、36分くらいなら何とかなると思います。

クラークは、センターでも、相手によってはカバーできます。特にバックアップで、7フットなかったら、なんとかやれます。
[ 2013/01/18 07:51 ] [ 編集 ]
祝☆勝利
はじめまして。普段コメントはしてませんが、いつも欠かさず見ています。
4連敗でどうなることかと思いましたが、立て直してきたみたいで安心してます。
個人的に、ナッシュに注目しています。故障などのゴタゴタはありましたが、実はキーパーソンだと思っています。地味に今シーズンのフリースロー成功率が20/20なのも注目していますw
[ 2013/01/18 05:50 ] [ 編集 ]
病み上がりの中、更新ありがとうございます。

今シーズン一番の出来ではないでしょうか。ディフェンスに関しても、ようやく噛み合ってきた感じで、良くなりつつある感じですね。しかし、これで満足してもらっては困るので、浮かれ過ぎずに続けてもらいたいです。ここ2試合は確実によくなる傾向にあるので、この流れを逃さないでもらいたいです。そのためにも、明日のマイアミ戦は勝ってもらいたいです。

クラークいいですね。ディフェンダーといしてもいいですが、パスの判断もいいので、オフェンスのリズムが良くなります。オフェンスリバウンドもただ取るだけでなく、プレッシャーがある中でも、フィニッシュできるのがいいですゆシュートのタッチも悪くないので、これから精度も上げていってもらいたいです。
ところで、胃腸炎という情報も入ってきたので、少し心配です。今のレイカーズには彼の存在が必要不可欠なので、無理はしてもらいたくないですが、明日のマイアミ戦で少しでも、レブロンを苦しめて嫌なイメージをつけたいところです。

パオもマイアミ戦から復帰の可能性があるみたいですが、正直、どう起用していいのか、ダントーニも悩むところだと思います。クラークはレブロン対策でスタートでプレーさせたいでしょうし、メタを下げて、クラークがSFというのは、3PTが不安な気がします。控えCとして使うのが、チームとしても、本人からしても一番いいパフォーマンスはできるのでしょうが、彼のサラリーから考えると、厳しいですし、せっかく馴染んできたジェイミソンがまた出れなくなるかもしれないです。パオの起用についても、興味深い物があります。

ドワイトも動きを見ていると、かなり本調子に戻ってきている感じがします。楽なバスケットが出来れば、そこからまた展開もできるので今の感じの方がいいかもしれません。特に本調子に戻るまでは。本調子に戻ってしまえば、ポストで止められないプレイヤーなので、また、チームとしてオプションも増えていいと思います。
次の相手の弱点は確実にインサイドだとドワイト本人も分かっていると思うので、彼のプレーに注目してみたいです。

ダントーニの中ではミークスよりモリスなのでしょうか?モリスは1番の割りに状況判断が善くないというか、という感じのプレーがよく見られます。それにと外のシュートも得意では上に、レイアップの精度も低い。ミークスの方が、外があるのはもちろん、レイアップの精度は高くはないですが、ファールをもらえば、まず外さないフリースローを持っています。ガッツあるプレーもミークスのほうが明らかにできます。ディフェンスもそこまで違わない印象です。それなら、ミークスのほうがいいですし、彼が年末のフィラデルフィア戦で見せた、オフェンスリバウンドからのルーズボール、すぐ立ち上がって、3PTは未だに印象に残っています。もっとこういうプレーが見たいです。また、彼が決めるとチームに勢いが出ます。モリスよりもミークスです。

ここ2試合で勝てているのは、確実にチームとして戦っているのがあると思います。やはり、スーパースターが何人いてもケミストリーができなければ、勝つのは難しいです。逆に言えば、スーパースター軍団がチームとして戦えれば怖いものはないです。そういうバスケットを目指してもらいたいです。
[ 2013/01/17 20:48 ] [ 編集 ]
初めましてやっとレイカーズらしくなってきましたね!明日も勝てるかもしれませんここから20連勝くらい一気にしたいですね
[ 2013/01/17 20:05 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめて拝見しましたが、
素晴らしい内容で感動しました!!
これからもぜひ更新して頂きたいです!
[ 2013/01/17 19:16 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
ロサンゼルスへの旅行の件ですが、一人暮らしを始めたりで出費が多く、今回は見送りになりそうです…
大学生のうちに、一度は行きたいので、そのときはまた情報頂けると嬉しいです。

試合についてですが、メタは大好きな選手ですが、これだけ痩せてこの動きなら、もうデュラントやレブロンのようなペネトレイトしてくる選手や素早い選手は守れないでしょうから、クラークを使って育てた方が良いですよね。
クラーク30m.メタ10m強 くらいで、たまに大当たりの日に、メタが多い感じで。クラークがSFで使い物になれば、メンツ的にはいけると思うのですが…
ダントーニのスタイルで優勝するには、ショータイム時代のようなチームにしないといけない気がします…常に110-120点取って、90-100点に抑える感じで…リバウンドさえ取れればいけるんじゃないでしょうか。
[ 2013/01/17 16:35 ] [ 編集 ]
体調が良くなられたみたいで良かったです。
体力が落ちていると思うので、あまり無理をなさらないようにしてくださいね。

ここ2試合は、ボールが良く回り、アシストからのフィニッシュが本当に多く、良いオフェンスができていると思います。
連敗中はそんなオフェンスがほとんどなかったので、別のチームになったかと思うくらい変わったところだと思います。

コービーはパスを良く回すオフェンスになってからシュートの確立が素晴らしいですし、負担がだいぶ減ったのでしょうね。
コービーが楽にシュートを打てている所を見ると、うれしいです。
意識してパスを回していますし、アシストも多いです。
あとはディフェンスもすごいですね。
クリーブランド戦はアービング、この試合はジェニングスと、相手のオフェンスの中心をしっかりと押さえています。
本当に素晴らしいです。

ハワードも自分でポストプレイをするのではなく、パスをもらってのフィニッシュが多いのでシュート確立が高いですし、いいですね。
ケガが気になりますが、試合に出ているということは大丈夫なのでしょうか。
やはりインサイドでの存在感は大きいですね。

クラークも、得点はあまり取っていなくても、リバウンドなどできることをやっているので良いです。
おっしゃる通り、ボールを長く持ちすぎるなどの余計なことをしないところも良いですね。

次はマイアミ戦ですが、この試合に勝てば、チームは乗ってくると思います。
ぜひとも頑張ってほしいです。
[ 2013/01/17 14:35 ] [ 編集 ]
マイアミ相手なら今のストレッチ4の方が効果的かもしれませんね。
レブロンにはクラークをぶつけることになりますよね。
まあ大変でしょうが可能性を見せて欲しいです。

パオが戻ってきてからのローテーションはどうなるのかが注目だと思ってます。
SFでクラークを使うなら、
せめてメタ並にアウトサイドを決めて欲しいですが、
何試合か実験する必要があるのかなと。

パオのバックアップとすると、
ジェイミソンはまたベンチに氷漬けになるし。

そもそもパオ復帰でインサイドにボールが集まるからミークスがより生きるかもしれませんし。
[ 2013/01/17 11:43 ] [ 編集 ]
病み上がりの中更新ありがとうございます。

出来過ぎな気もしますが今日は理想的な勝ち方が出来ましたね。
ようやくディフェンスがまともになってきました。
あれだけプレッシャーをかけられるなら上位チームにもそこそこ通用しそうです。
オフェンスの方もTOが少なく良くボールが回っていました。

ナッシュとドワイトが大分本調子に近づいてきましたね。
ナッシュはシュートタッチがまだイマイチですが,PNRやぺネトレイトからのパスがスムーズになっています。
TOも減っていますし今後も楽なバスケットを演出してくれるでしょう。
ドワイトの方もG.Rさんの仰る通り顔つきが違っていましたし,ペイント内での存在感が以前のものになってきました。
これでコービーの負担も軽減されそうです。

この調子で次のマイアミにも勝ってもらいたいですが,オクラホマの時のようにレブロンに好き勝手やられそうな気がします。
クラークがどこまでカバーできるかにかかっていますね。
後はメタがディフェンスと3Pだけに専念してくれるといいのですが。
[ 2013/01/17 11:19 ] [ 編集 ]
病み上がりのなか、更新ありがとうございます。

ほんとに、みなさんのコメントにもありますが、
「待ってました!」という勝ち方だったような気がします。

ただ、やはりスタメンでリードを広げる前提でないと、
やはり現状の2nd Unitだとスタメンの貯金を食いつぶすので
やみくもにトレードするくらいなら、僕はPauはCとして
2nd Unitをアンカーするような起用法が良いと思ってます。
(スタメンだけど、早々にClarkと変わってDwightと交代で戻るイメージです)

あとはMeeksをもう少し使えるローテーションにすればいいんじゃないかと。
[ 2013/01/17 09:48 ] [ 編集 ]
ドワイトの今日のようなプレーを今後も期待したいです。
ナッシュもリーダーシップ取ってきたし。
チーム力向上が伺えて嬉しいです。
オールスター明けでいいので、どこかで10連勝欲しいです。
ローテイションをしっかり作れれば、五割前後のチームには負けるわけないですから。

マイアミは今年、リバウンド力の無さが指摘されていて、落とすゲームが多いです。
レブロンの派手なフィニッシュはスルーして、コツコツとリバウンドを積み重ねていけば勝てる相手えす。
次ももらいましょう!
[ 2013/01/17 08:24 ] [ 編集 ]
通して見ていて、久々に強い勝ち方をしたな、と。
圧勝というほどではありませんが、4Qに強いゲームは見ていて楽しいですね。

向こうがオープンのシュートをはずしてくれたのが助かりました。
序盤、エリスがスパークしかけたように見えて、「今日はエリスの日か・・」と、内心ヒヤヒヤしたものですが(特に彼は爆発したときの力はすごいので)、そのあときっちり抑えてくれたので良かったです。

オフェンスリバウンドはまあ、仕方ないかもしれませんね。
長いリバウンドが多かったですし、以前のようにビッグマンがジャンプせずに後ろから飛びつかれてとられるといったようなことは、あまり目立たなかったので。
ハワードのリバウンドは本当に頼りになります。
サクレはNBAレベルではないというのは分かりましたが、彼の代わりに入れるといっても大した人材はいないので、このままベンチに置いておいていいのでは?雰囲気がよくなるような。
まだまだこれからの選手ですし、ハワードらと練習することで吸収することも多いですしね。バイナムのように、いつの間にかゴリラのような体型に成長するかもしれないです。
ゴール下のフィニッシュ力の無さは涙が出るほどないですが。

メタは最初3ptが決まったので、今日は打ちまくってしまうのかな、と(失礼、今日″も″)思いましたが、そこそこ遠慮してくれましたね。決めた直後に自分でドリブルして3ptを打ってはずすという、らしい行為も見受けられましたが、今日は良しとしましょう。その後は自分の役割に徹していたので。
よく動きますね、スクリーンをかけにいったり、一生懸命なのが伝わってきます。そのスクリーンが効果的なのかどうなのかは別として。Mayさんの言うとおり、誰かが何か言ったのかもしれません。それは次の試合で確かめましょう。笑

とにかく勝ってうれしいです。たかがレギュラーシーズンの一試合に歓喜しても仕方ないのかもしれませんが、勝つというのが嬉しいです。そのことを忘れていたような気がします。


次のMIA戦、過度な期待はするものではないのでしょうが、ここ最近MIAは調子が悪いようで。
レブロンの泣きそうな顔をよく見ます。ぜひとも勝ってほしいです。
レブロン、ウェイドはともかく、ボッシュをどう抑えるか、ですね。果たしてダントーニは誰をぶつけてくるのか・・・。
[ 2013/01/17 02:17 ] [ 編集 ]
体調が回復されて何よりです。無理をせず今年度も宜しくお願いします。

快勝のゲームでしたね。やはりボールがよく回るゲームは見てておもしろいです。

コービーもかなり積極的に回してましたね。Dも修正してくる当たりはお見事としか言いようがないです。
モリスはDが評価されてるという事はダント二監督の中でDならモリス>ミークス?でしょうか。
パオが復帰したらローテーションがまた変わると思いますが、最近ミークスがあぶれているので、AJみたく辛抱強くチャンスを待って頑張って欲しいです。

クラークにも今後期待大ですね。以前Mayさんがおっしゃってましたが”おまけ”で来たシャノンがブレイクして、チームに定着したみたいにクラークにもメタを蹴落とすぐらい頑張って欲しいです。

次戦はチャンプのヒートなので今日のようには行かないと思いますがぶっ倒して勢いに乗りたいですね!

Go!Lakers!!!

P.S.クラークについておもしろい記事を見つけましたので載せておきます。ニックネームは”Eazy"だとか。

http://espn.go.com/blog/los-angeles/lakers/post/_/id/35451/ten-things-to-know-about-earl-clark
[ 2013/01/17 02:14 ] [ 編集 ]
こちらでも風邪やインフルエンザが流行っています。
幸いすぐ治ったようで良かったです。お大事にして下さいね。

ドワイトがブロックにとんだ後の、ヘルプに誰も来ないので、OFRを取られる展開が目立ちます。
ジェイミソンでは遅いし、メタは飛べないし、クラーク以外はダメです。
ただクラークも前に走る事が多いので、やはり他にドワイトのヘルプに入れる人が、欲しいですね。
その辺りヒルは上手い方だったと思います。
ベンチでも隣に座って、よくドワイトと喋ってるのを見かけますが、仲が良いんでしょうか?

この前は、あまりにも酷過ぎるTOを連発してゲンナリしましたが、今日は良かったです。
当たり前ですがTOを減らし、トランジションDFをシッカリやるだけで違いますよね。

問題は次のヒート戦。ドワイト一人でどこまでインサイド支配出来るか、
コービーとナッシュ以外のメンバーが、どこまでダブルチームに対処できるのか、
この辺りが、まだちょっと不安なので、怖いところです。
[ 2013/01/16 21:54 ] [ 編集 ]
Mayさんお見舞い申し上げます。
まだ病み上がりかと思いますので無理はしないでください。

今日の試合と前回のCavs戦はディフェンスが格段によくなってますね。
KobeとClarkを相手のキープレーヤーに付けてという方法が功を奏してると思います。
Kobeにはオフェンスディフェンスでかなり頼りきりになるので、ミニッツ管理は重要になってきますが。
オフェンスリバウンドは確かに取られすぎてすが半分ぐらいはロングリバウンドですし、
そもそも相手のFG%が35.8%なので有る程度なら仕方ないですね。
もちろんしっかりとらなきゃいけない場面も数多くありましたが…

1Qにスターターを下げてあそこまで追い上げられるとキツいです。
Kobe、Nash、Dwightのミニッツを減らしてたくてもあそこまで崩れると
スターターを戻さざるを得ないのでもうちょっと頑張ってくれないと。
おそらくスターターを2Q頭に戻すのは計算外でしょうし。
それにSacreは限界かなとしてと思います。
あれだったらディフェンスは心配ですが
Meeksを使ってDuhon、Morris、Meeks、Jamison、Clarkの
超スモールラインナップの方がいい気がします。
1番いいのはPauに誰かつけて何人か引っ張ってきてくるのがいいんですが。

Dwightの簡単な合わせプレーはもっと増えていくといいですね。
その方がDwightもハッピーでしょうし、チームのオフェンスも上手くいきますし、
無駄なファールも減りますので良いことずくめです。

次はHEAT戦ですが、ベンチも今日以上に頑張ってくれれば
今なら充分勝てる戦力だと思います。
WadeはKobe、LeBronはClark、BoshはDwightがマークして、
ディフェンスリバウンドさえしっかりとれればディフェンスはほぼ問題ないかと。
それにHEATは明らかにインサイドが弱点なのでDwightの頑張りがそのまま勝ちにつながりますね。

Pauのトレードは見返りは何が一番ですかね。
それにClarkの台頭もありますがSFはどうするのか。
出来ればPauにMWPとBlake・Ebanksこの3人をいっぺんに放出できれば文句ないんですがね。
サラリーもこの4人で約31,3milなので、けっこう良い選手が取れると思うんですが。
[ 2013/01/16 20:58 ] [ 編集 ]
メタは一歩引いてくれると良いプレーヤーなんですけどね。このまま、おとなしくしてくれますかね。

クラークもコービー、ハワード、ナッシュを上手く立てられる、円滑的存在なのが良いです。

パオはいつ復帰ですか?
トレードなしでバックアップセンターが良さそうです。


[ 2013/01/16 20:22 ] [ 編集 ]
いつもご苦労様です。
具合が良くなったよりで何よりです。

質問なのですが、どうしてミークスは使われないのでしょうか?文字観戦しかしてないので彼が使われない具体的な理由がわかりません。
Mayさんは以前、ミークスがウエストブルックにいいDをしていたと仰っていたのでDもそれなりにいいと思っていtのですが。

ダントーにはまだローテーションを試行錯誤しているのですか?

それと全く関係ないことですが今年NFLどこが勝ちそうですか、にわかな私は怪我からカムバックしたというだけで応援していたAピータソンのバイキンズもマニングのブロンコスも負けてしまったのでどこか応援できるチームを探しています。
NBAと違い特定の応援してるチームがないので面白ければそれでいいのですが(笑)
[ 2013/01/16 20:13 ] [ 編集 ]
クラークは5番以外すべてのポジション守れるのが素晴らしいですね
今までだとガソル他ビッグマンがPnRでスイッチされて、スピードのミスマッチで崩されるなんて事はザラにありましたし。
それがクラークだとそういうスピードやペリメーターDで弱点になる事はないですよね。
後は広範囲に素早くカバーできるディフェンスもできてます。
トランジションでの戻りも問題にならなくなり、パスやハンドリングも上手くて、状況判断も悪くないです。
なんというかクラークが今のLALの潤滑油になってるんじゃないですかね。

ちなみにジェイミソンはやはり信用ならないでしょ。
RB取ってるのは簡単なリバウンドで、RB争いでポジション取れませんし、守備もとにかく一歩が遅いです。彼がアイソレーションやられたらほとんど決められてますよ。
スリーもこ好不調が激しい割にいい所で決めてくれないです。
[ 2013/01/16 20:08 ] [ 編集 ]
ドワイトの顔つきが大分変わりましたね。
笑ってるドワイトも好きですが、ああいう顔のドワイトもいいですね。

“アールサニティ”の幕開けですね!
色々ありますが、リバウンドを安定して取ってるのはかなりいいですね。
マジックに押し付けられた選手が活躍してますね。

ミークスではなくモリスを使ってることからタントーニが本気でディフェンスに力をいれてるのがわかりますね!
ミークスはすくなので出て欲しいですが。
[ 2013/01/16 19:53 ] [ 編集 ]
モリスコテンパンでしたね~
ドワイトにはこれくらいやってもらわないと~
メタとアントワンよかったですね!!
やっぱり必要ですね^^

クラークいいですね♪

[ 2013/01/16 19:30 ] [ 編集 ]
ともかく勝てて良かったです!

それより、ミークスのミニッツが気になります
怪我などしているのでしょうか?

モリスより全然良いと思うのですが…
[ 2013/01/16 19:23 ] [ 編集 ]
今ならヒート倒せるかも分かんないですね(笑)

サクレDリーグに戻しましょ。ハワード居ない時間帯はクラークに頑張ってもらいましょ。

んでもって、高額7フッターに何人かつけて走れるフォワード陣、リバウンド取れるインサイド獲

りましょ。…まぁ今日も試合見てはいないんですけど、僕が開幕前に思い描いていたレイカーズ

のBOXスコアがこんな感じでした。僕のイメージではもうちょいナッシュとジェイミーの得点上

なんすけどね(笑)冗談はさておきミークス最近出番少ないですよね。ちょっと前はジェイミー

のミニッツ少なかったしこの2人の両立ってダントーニシステムじゃ難しいんすかね?

ヒル全休も痛いですよね…。

[ 2013/01/16 19:22 ] [ 編集 ]
インフルエンザは大丈夫ですか??
更新ありがとうございます。

ナッシュが来てからコービーのアリウープをちょくちょく見るようになりました。
ここ2年はほとんどコービーがボールを支配していたので見れませんでしたが、最近は見れてうれしいですし、ナッシュがコントロールしているので、本当に楽なんだなと思います。

いろいろ妄想しているのですが、マリオンとガソルのトレードはどうでしょう(*^^)
ただ、クラークが結構いいプレイヤーなので、SFの補強は必要なくなってきているのかな?とも思いますが。
[ 2013/01/16 19:20 ] [ 編集 ]
コービーが攻守に素晴らしかったです
今日はボールだけじゃなくマークマンにも集中してましたし、ジェニングスに簡単にボールを触らせてなかったです。
この先この調子でお願いしたいです。
ただやっぱボールハンドラーを守ってると体力の消耗が激しいので、出場時間はコントロールしてほしいですね。
ドワイトは変にポストプレーせずに、今日みたいな合わせたプレー中心のが良いでしょうね。
[ 2013/01/16 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。