ロードで勝ち星無し

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ロードで勝ち星無し

Game Score

1Q
始まった途端、ナッシュが2連続ターンオーバーします。幸い、メンフィスの得点には繋がりませんでした。その後、出足がよく、クラーク、コービー、メタがレイアップを決め、6-0の発進となりました。序盤はディフェンスで、スティールをしたり、バッドパスを誘ったり、ドワイトのブロックがあり、メンフィスのバスケットを、ゲイの3ポイント1本に抑えます。半ば前から、シュートが決まらなくなり、追い上げられますが、半ばにメタのフリースローで一旦リードを広げます。ところが、そこから、ナッシュとメタが3ポイントを、ベンチから登場したパオがジャンプシュートを、続けて外し、半ば過ぎには、アーサーに連続で決められ、同点に追いつかれます。終盤に入ると、コービーが続けて決めますが、メンフィスもアーサー、ベイレスに、毎回に様に決められ、リードを奪えません。終了間際に、ゲイがフリースロ2本を決め、1点リードされると、ゴールの側でボールを貰ったクラークが、フェイクでディフェンスをかわしてダンクに行きますが、後ろからハダディにブロックされ得点できません。24-23の1点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
デューハン、モリス、ジェイミソン、パオ、ドワイトでスタートします。出足に、この所3ポイントが決まらなかったデューハンが、3ポイントを決め、逆転します。序盤は、パオが、積極的に打って決めますが、得意のバスケットの直ぐ側からダンクをしないでレイアップに行って、自分より背が低いアーサーに、後ろからブロックされるプレーがありました。序盤は、同点と僅差のリードを繰り返しますが、ルーキーのロテンに続けて決められリードを奪われると、点差を徐々に広げられます。レイカーズは、オフェンスでは、パオが無利なアリーユープンをドワイトに投げ、ドワイトがブロックされたり、モリスがサイドラインの側で、ボールを失ってターンオーバーにしたり、ドワイトはフリースローを取っても1本しか決められなかったりで、得点できません。半ばに入っても、メンフィスは順調に決め、リードを8点に広げられ、ここで1本返したいという所で、ナッシュがドライブして、コンリーに簡単にスティールされ、ファーストブレイクで、アレンにダンクを決められ、10点ビハインドにされます。ナッシュは、この少し後にも、ペイントにドライブして、スティールされています。その後、コービー、メタ、クラークが交代で決めますが、メンフィスも毎回決めるので、点差を詰められません。やっとディフェンスで止め始めると、付き合って得点出来なくなります。終盤、ディフェンスで、ドワイトがゲイと腕が絡んだ様になり、痛めていた右肩を、再度痛め、ベンチに下り、ロッカールームに戻ります。終了間際には、ゲイに3ポイントを決められ、残り6秒からのオフェンスでは、パオがファウルを取ったのに、フリースローを2本共外し、59-50の9ビハインド点で、ハーフへ。

3Q
開始直後、ファーストブレイクで、クラークが先を走り、ナッシュからパスを貰って、ダンクを決めます。序盤はしっかり守り、オフェンスでは、コービーが3連続で決め、一時は3点差に追い上げますが、アレンに続けて決められ、そぐに点差を広げられます。半ばには、コービーのウェイダウェイと、メタの3ポイントで追い上げますが、後が続きません。その間、ディフェンスでしっかり守って、メンフィスが外しても、オフェンシブ・リバウンドを取られて決められ、半ば過ぎには、10点ビハインドにされます。メタが、この直後に、又、3ポイントを決めすが、終盤に入った所で、既にファウルが3つあるのに、ディフェンスでボールを持っていないザックにファウルし、4つ目のファウルとなり、ベンチに下ります。3ポイントが決まっていただけに、残念でした。終盤は、フリースローでの得点はありましたが、バスケットが決まらず、点差を最大12点に広げられますが、終了間際にミークスが、3ポイントを決め、83-73の10点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
久しぶりに、コービーがベンチで、デューハン、ミークス、メタ、ジェイミソン、クラークでスタートします。開始直後に、メタが3ポイントを外し、リバウンドを自分で取って、再度3ポイントを放ちますが、決められません。ディフェンスでは、引き続き、メンフィスがはずしているのに、オフェンシブ・リバウンドを取られ、得点されます。序盤、レイカーズは、ジェイミソンのフリースローによる1点はありましたが、バスケットが全く決まらず、15点ビハインドにされます。9分半で、早くも、コービー、パオ、ナッシュが戻ると、直後にクラークが、このコーターのレイカーズの初めてのバスケットを決めます。半ば過ぎからは、ディフェンスで、毎回止めているのに、毎回オフェンシブ・リブアンドを取られ、得点されます。オフェンスでは、ファーストブレイクで、クラークがドリブルし、コービーにパスしますが、ダンクに行ったコービーが、空中で体当たりされているのに、ファウルなりません。その直後のオフェンスでも、コービーが、上腕か肘の辺りを叩かれているのに、ファウルになりません。半ばには、17点ビハインドにされ、その後、点差を詰めることはありませんでした。




コービー:29得点(11-23、3PT=0-1)、3アシスト
4Qの頭に少し休んだのと、点差が開いていて、最後までプレーしなかったので、38分半のプレーでした。それでも長すぎますが。

ドワイト:2得点(0-4)、2リバウンド
2Q終盤までのプレーでしたが、ディフェンスでよく動いていました。肩の怪我は、ロサンゼルスに戻って再検査を受けす。


クラーク:11得点(5-13、3PT=0-1)、9リバウンド
40分のプレーです。久しぶりに、コービー以外が最長のミニッツです。終盤、息切れしている様子も無かったです。プレー態度も良いですが、私は、ゲーム後のインタビューが、一番ありのままのことを言うので好きです。「ディフェンスが崩れた。ローテションが遅い。オフェンスでコービーがボールを持つと、みんな棒立ちで、カットもしない。」と言っていました。

ナッシュ:7得点(2-6、3PT=2-3)、8アシスト
レイカーズは、毎ゲーム、同じことを言われます。「ターンオーバーを減らせ」と、「ディフェンスのローテションをしろ」です。これだけ毎回言われているのに、開始直後に2連続ターンオーバーで、がっかりしました。ドライブしても、簡単にスティールされます。前半だけで、5ターンオーバーがありました。それが心配なのか、ドライブも殆どしないです。4日で3ゲーム目なので、動きが悪いのは仕方が無いですが。

メタ:15得点(4-9、3PT=3-8)、3リバウンド、3ブロック
ザックに対するディフェンスが良かったです。特に前半は、ザックは2-3と、確率は良いですが、本数を打たせませんでした。最終的には、6-13の12点でした。シュートも、3Qまでは4-5、3ポイントが3-4と、絶好調でしたが、4Qに全く決まりませんでした。

パオ:13得点(4-10)、8リバウンド、2ブロック
毎回、ターンオーバーは、多い方ではないですが、いつも両脚が止まった状態で出すパスをスティールされます。ド素人の私が、テレビで見ていても、どこにパスをだすか分かることがよくあります。当然相手のプレーヤーには、分かるはずです。30分のプレーですが、それでも後半はドワイトがいなかったので、もう少し積極的に打って欲しいです。ゲーム後の番組で、カート・ランビスが、「もっと積極的にオフェンスに絡まないと。ボールが欲しくないという様にプレーしている。」と言われていました。

ジェイミソン:1得点(0-2、3PT=0-1)、3リバウンド
14分弱のプレーです。

デューハン:3得点(1-1、3PT=1-1)、0アシスト
13分半のプレーです。

モリス:3得点(1-1)、1アシスト
7分弱のプレーです。ターンオーバーだけは2ありました。

ミークス:9得点(3-4、3PT=1-2)
8分のプレーです。

ヒル
今日、股関節の軟骨の、マイクロフラクチャー手術と、骨の破片を取り除く手術を受けました。復帰には、最低でも、6ヶ月かかるので、シーズン中の復帰はありません。

オフェンス
クラークの言う通り、コービーがボールを持つと、みんな見ているだけです。特に、ポストでボールを持って、頭を上げて見回しているのですが、誰も動きません。ポストで背中をゴールに向けていたら、5秒以内に、打つかパスかしないといけないので、誰も動かないで立っていると、打つしかないです。

レイカーズのプレーヤーは、コービー以外は、「プロなら決めて当たり前」というシュートしか決められません。ナッシュも決められますが、何せ打たないです。そこで、良いディフェンスをされたら、得点できないです。リングの上にも行かないで、ボードに直接当たったり、リングの手前に当てたりするので、オフェンシブ・リバウンドも取れません。パオやメタのサラリー額なら、少なくても1-2本は、良いディフェンスをされても決めないといけないですが、2人共、良いディフェンスをされたら、決まる気配さえしません。ジェイムス・ワージーが、「レイカーズは、自分でシュートを作れる人が、コービーしかいない。他は、助けてもらわないといけない人ばかりだ。」と言っていました。本来なら、1-3ポジションは、自分でシュートを打てないといけないですが。連携の問題もありますが、実力がある人が足り無いです。

ディフェンス
ローテションが遅いし、プレーヤーを見失うことがあります。トランジションでは、相変わらず遅いです。ダントーニが、「メンフィスが速過ぎた」と言っていましたが、ワージーが、「レイカーズは遅い」と言っていました。同じメンバーで、スピードは、これから速くならないです。


今日は、オフェンスだのディフェンスだの言う前に、リバウンドの一言に付きます。52-34の-18、オフェンシブ・リバウンドは、16-7の-9でした。そのため、シュートの本数が、メンフィスの96に対して、レイカーズは73本でした。フリスローが、レイカーズが32本でメンフィスが10本と、かなり差がありますが、それでもシュートの本数が、23本も違ったら、勝ち目がないです。ドワイトが、前半しかプレーしなかったのもありますが、ドワイトがプレーしていた時から、既に負けていました。SFのゲイにまで、11リバウンドも取られています。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/01/24 19:06  Lakers | コメント(21)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アレ2さん

ドワイトは、P&R自体をやりたがらないです。ナッシュも、仰る通り、最初からパスすることしか考えていないです。少々オープンでも打たないです。見ていて、「あの位オープンなら打てよ」と思います。

ポストプレーが得意な人が3人もいるのに、ポストプレーが必要ないシステムというのに、問題がありますよね。フィルが辞めてから、極端から極端に振れていると思いませんか?ブラウンを雇ったのは、ディフェンスを重視したかったからで、理解できる部分もありますが、ナッシュがいるのに、わざわざプリンストン・オフェンスをやって、ナッシュが全く活きないから、ダントーニ・オフェンスと。極端を修正しようとするから、逆の極端に動いています。それを再度修正して、真ん中で落ち着くまでに、時間がかかると思います。


>>nさん

ナッシュのディフェンスに批判が行くのは、このゲームだけでなくて、前からの印象と、評判があるからでしょうね。

P&Rについては、アレさんと同感です。それと、ドワイトが、始めから、P&Rをやりたがらないです。パオも、ポップしてがら空きだと打つけれど、ちょっと詰められたら、無理にでもパスして、スティールされるし。

ドワイトは、ボールを低く持ちすぎると言われています。トレードの話は、まずメディアが言い出しました。何か書かないといけないから。


>>古参者さん

お久しぶりです。

ナッシュ自身が、ラン&ガンや、毎回自分ボールを持ってP&Rをやりたくなくて、レイカーズだったら、コービーがボールハンドルの責任を分担してくれるから来たのに、フィニックスでやっていたのと同じオフェンスをやれというのが無利です。

守備は、ナッシュがあれだけ穴だと、4対5でやっている様なものだし、ナッシュを抜いてドライブされるなら、まだ後ろにドワイトがいるけれど、ドワイトがヘルプに出たら、そのヘルプがジェイミソンでは。それに、ペリメターで左右に動かれてフリーになって打たれたら、どうしようもないです。まさか、ハインリックレベルのPGをダブルチームする訳にもいかないです。

ハワードは、もっと打った方が良いと思います。少なくても、メタの方がハワードより多いのは、納得できません。メタが良い時はそれで良いですが、悪いのにハワードより多いのは、おかしいです。


>>akrさん

私も、たとえラン&ガンでも、ナッシュでは厳しいと思います。ナッシュでも、28分くらいなら行けると思いますが、他の20分をプレーできるPGがいないと無利です。

期限前のトレードで、良いプレーヤーを取れるのは、契約年数の残りが長い、サラリーの高いプレーヤーを処分したいからで、必然的に、ベテランになります。若いプレーヤーでトレードされるのは、使い物にならない人だけです。そこが問題です。ロスターの若返りは、言うのは簡単ですが、若いプレーヤーが、そこらじゅうに生えている訳では無いので、難しいです。でも、若返りができても、噂だと、ダントーニに残ったら、ドワイトは残りたくないということなので、それも考えないといけないです。


>>ひでさん

ドワイトがいないと、コービーだけという感じですね。パオもナッシュも、もう名前だけという感じです。

ディフェンスでは、毎回ナッシュがやられるから、ヘルプする方も、嫌になると思います。自分がカバーしているプレーヤーにも注意を払わないといけないし。仰る通り、今からナッシュがディフェンスが良くなるはずが無いので、改善しようがないです。

ミークスは、シューターなので、ある程度のミニッツを使わないと、結果がでないです。ミークスは、モリスと違って、コービーが居なくても決められるので、使うべきです。


>>コウさん

御察しの通り、いつも通りです。記事も、「以下同文」にしたかったです。グラミーロードは、いくらなんでも、全敗はないと思いますが、負け越しそうです。

ダントーニ・オフェンスをやれるメンバーに、ごっそり入れ替えるか、ダントーニを代えるか、どちらかしかないですよね。ダントーニで、ハーフコートオフェンスをやる意味がないです。でも、ハーフコートでやるにしても、スピードが無さ過ぎます。


>>茶太郎さん

リバウンドは、パオは五分五分なら負けるし、メタは少々有利でも負けるし、ドワイトがいないと、途端に弱くなります。ヒルがいたら違っていましたが。

私は、回復が早い方です。ありがとうございます。


>>masaさん

相手のビッグマンがファウルトラブルなのに、ドワイトの怪我が痛かったです。パオはもう、ビッグマンとは言えないです。ちょっとぶつかったら、外へはじき出されるし、リバウンドは、自分より低いのにも勝てないし。

ダントーニオフェンスをするロスターではないです。それでも、ナッシュがナッシュだったら、スロー・バージョンのダントーニ・オフェンスができるのでしょうが、ナッシュがもうナッシュではないです。元々、ミッチは、ナッシュには興味はなかったけれど、ジム・バスが、ドワイトを獲るための餌として、欲しかったという説があります。ドワイトは、PGのネルソンに不満だったので、ブレイクは勿論、セッションズでは釣れません。そういう点では、目的を達成しました。

ナンバー3とか、ナンバー1とかの問題もありますが、たとえナッシュがナンバー1でも、39歳のプレーヤーに合ったシステムでチームを造るという所に問題があります。


>>神戸くん

20P7Aと言ったら、オールスター級のPGですよね。それに、ナッシュがいない時は、「ナッシュさえ戻れば」と言っていたのに、ナッシュが戻ってからの方が、勝率が低いそうです。

ガソルのトレード要求なんて聞いていないですよ。トレード要求するタイプではないと思いませんか。バニャーニは怪我が多いです。トロント戦は、私は見ていないですが、見ていた人が、「ナッシュよりカルデロンの方が良い。ナッシュとカルデロンを入れ替えたら、レイカーズが勝っていた。」と言っていました。


>>いちごさん

初めまして。

勝てる気がしないというのは、よく分かります。精一杯で余裕がないからだと思います。強かった時は、少々ビハインドでも、負ける気がしませんでした。


>>ふちさん

いつもビハインドだったら、盛り上がれないです。

フィッシャーが良いリーダーだったのは、勿論人格がありますが、リングを持っているからというのもあったと思います。ファイナルに7回も行って、リングを5個も持っている人の言う事なら、みんな聞きますよね。ナッシュは1度もファイナルに行っていないから、そういう人にリーダーになれというのも、難しいと思います。だから、ダントーニにも、やり難いと思います。自分はリングを持っていないのに、プレーヤーはもっているんだから。


>>アレさん

ドワイトについては、仰る通りなのですが、契約するまでは、ある程度機嫌を取っておかないといけない所が難しいです。フィルだったら、何を言っても言う事を聞くと思いますが。

メタができることは、フィジカルだけど、動きは悪いプレーヤーのディフェンスだけです。後は、NBAではないです。

フィルの最後の年、POで負けた後、マジックがテレビで、「早く走れない奴、高くジャンプできない奴はいらない。」と言っていました。その通りです。その時に、球団が、そういう方向で動きべきでした。ロックアウトがあったら、FAやトレードができなかった不運もありましたが。


>>ラッパさん

謝って頂く程のことでもないですよ。間違って、コメント拒否にしなくて良かったです。

悪ければ悪いほど、フィルが戻って来る可能性が高いと考えてしまいます。フィルは、パオが気に入っていたので、フィルになったら、パオは残ると思います。

コービーは、シュートの確率が、毎月悪くなっているそうです。明からに、疲れが出ています。

ドワイトは、残る気が無かったら、怪我が完治していないのに、プレーしないと思います。今日は、病院の待合室で、他の患者に声をかけて、励ましていたそうです。


>>oct22さん

メンフィスは、オープンを確実に決めるのに、レイカーズは決められないです。パオがすぐに動かなかったプレーは、私も憶えています。いつも1歩目が遅いです。パオは、リバウンドでもルースボールでも、取って当たり前のものしか取れないですよね。取って当たり前のも取れない時もあります。


>>YOKOさん

1Qは良かったのですが、続かないのは、実力がないからだと思います。

バスケットボールは、フィジカルかスピードがあるか、どちらかでないと、厳しいですよね。パオとナッシュは、フィジカルでもなければ、スピードもないです。若い時は、それでもまだ動けたけれど、もう無利かなという感じがします。メタは、いくらフィジカルだといっても、あそこまで動けないと。

みんな突っ立っているのは、どうして良いのか分からないのでは?ナッシュも、チームメイトがどこにいるのか、どう動くのかが分からないから、ターンオーバーも多くなるのだと思います。

私も、改善できる状態ではないと思います。どう頑張っても、速く走れる様にはならないです。


>>32さん

ドラフトピックは、残念ながら、ナッシュとのトレードでフィニックスに行っています。UCLAの、シャバーズ・マハメドが、「次ぎのコービー・ブライアント」と言われていますよ。


>>すすわたりさん

カットできる人がいないのもあります。メタが、ドタドタとカットした所で、レイアップをブロックされるのが、関の山です。パオも、センターに近いPFだし。クラークを見ていると、3、4、ポジションは、ああいうタイプが良いと思います。

ディフェンスも、全ての根源は、スピードです。まず、戻るのが精一杯で、一見戻っている様に見えても、カバーするプレーヤーが違って、それをスイッチして戻す時にフリーにしたり、混乱していて、プレーヤーを見失ったり。

メタは、ザックみたいにサイズはあっても守れますが、スピードがあると駄目です。だから、PFをカバーする方が良いです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

私は、シャック離脱後の低迷期にも、応援しましたよ。POに行かれなかった2004-2005シーズンの最終戦も、テレビで見ていました。負けていたと思いますが、ゲーム終盤、テレビで、「この席には、去年はこの人が座っていたけれど、今年はこの人」というのをやりました。前の年の最終戦に来ていた芸能人映って、その同じ席に座っている一般人が映りました。いくら弱いからって、最終戦も見に来ないのかと思いました。2000年のポートランド相手のPOは、3Q終盤に、16点ビハインドになった所で、見るのを止めようかと思いましたが、シーズン最終戦になるから、最後まで見ようと思って、見ていました。そうしたら、あれよあれよという間に、逆転して勝ってしまいました。


>>マルショウさん

スピードが問題だと思います。ローテーションだって、最初の1歩が早くても、その後が遅かったら遅れますよね。オフェンスでも、計算できるのが、コービーしかいないです。


>>まかさん

学習はできても、速くはなれないですからね・・・・
[ 2013/01/26 09:47 ] [ 編集 ]
ナッシュのPNRが上手くいかないのは、ハワードがピックの後にロールしか出来ないからなのと、ナッシュがスクリーンの後にパスコース探してシュートが二の次ですからね
ハワードはハンズも良くないし、フィニッシュがゴール下しかないですから
ピックの後にポップできるガソルのがナッシュから見ればやり易いのは当然ですよ
まあナッシュとハワードの組み合わせで攻めると想像以上に選択肢が少ないのが現状ですね
残念ですけど、ポストプレーが得意な選手が3人もいるのに、ナッシュ主体で攻めるのは宝の持ち腐れだと思います。
ナッシュ主体のオフェンスが上手くいってるなら文句は無いですが、残念ながら今後の柱でなるであろうハワードのオフェンスバリエーションがあまりに少ないのが、ナッシュにとっての不幸だと自分は思います。
ハワードはダントーニシステムに合ってないですし、ナッシュとハワードも合ってない
まあレイカーズの不調はこれだけでは片付けられない問題点だらけですけど(笑

タレント性が10あっても、それを生かすシステムや選手の個々の相性次第で力が1も出せないのが今のレイカーズです。
[ 2013/01/26 02:39 ] [ 編集 ]
ちょっとお久ぶりです
ナッシュ叩かれてますね(笑)
ディフェンスに関しては皆様が叩いているほど悪いとは思わなく、過去3試合の相手スタメンPGの成功シュートとアシストを見返したら、1on1ではめちゃくちゃやられている分けではなく、大抵がピックで他がファストブレイクやローテーションからやられてるほうが多かったです。
カルデロンの得点に関しては、1Qはコービーが付いていて、8得点と1Q平均は一番です。
もちろん、コービーのディフェンスが素晴らしいのはわかっていて、相手が相当調子が良かったのを伝えたいのです。
この2点以外は調べていないので、総合的に見たらナッシュが徹底的にやられているかもしれません。ただ、直接数字が表れてるのは、そこまで悪いとは思わなかったです。
好きな選手なので甘くなっていたら、申し訳ないです。

オフェンスは皆様同様酷いと思います。
昨年とまでは違いボールハンドルが半分以下で昨季と同等かそれ以上のTOは問題外です。TOも変なものが多いですし、サイドで潰される事も多いですし。連携の問題でしょうか?
P&Rもほとんどみられないです。
そろそろトレード候補に上がってしまいそうで、残念です。

ハワードもあきらかに格下相手以外は攻めあぐねますし、あまりポストプレーはやめてほしいです。
それよりも、コービーとの連携高めてほしいです。

ネッツのオーナーが勝手に騒いでいるだけかもしれないですが、もうトレードの噂が出るとはおもいませんでした。
報道以上にハワードはチーム内で不満を露にしてるかもしれないです。

最後に同一人物です。スマホがいつもの表示と変わり、うまくいかなかったので、PCでコメントさせてもらいました。
[ 2013/01/25 21:47 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。

またレイカーズは酷い事になってますね。

ナッシュが入る事で別にツインタワーが良くなった訳じゃ無し、メタのシュート精度が上がった訳じゃ無し、コービーのオープンショットが増えるどころかむしろタフショットが増えた気すらする今日この頃です。

ダントーニ、ナッシュ中心での限界を感じます。コンディション不良のハワードも完全なオープンじゃないとゴール下ですらポロポロ落とすし、ファウルで止められるわで、安定して機能する2ndオプションが居ないのも厳しいですよね。

守備はもうリーグ最弱なんじゃないかってくらい簡単にオープン作るわ、レイアップ許すわ、セカンドチャンス拾われまくるわで得点を許してますし、もう見るに耐えないです。

そして巷じゃ勝てないのはコービーのせいだと声高々に叫ぶヘイターの往航。

ハワードもついに、もっと打たせろとか言いだしたみたいですし、個人的にもそろそろ我慢の限界です・・・。

このままじゃ絶対に良くならない。コービーも1月入ってガス欠気味だし。

[ 2013/01/25 18:17 ] [ 編集 ]
■ロスターを若手中心に切り替え可能ならダントーニでラン&ガン
■ベテラン中心ならフィルでトライアングル といったシステム導入

2月のトレード期限までに、バウやナッシュ、メタで若手が獲れればラン&ガンでも来年の青写真が見えてくるのですがね。
また、ラン&ガンでいくにはナッシュの衰えをみると新たなPGまで必要そうなのも事実。
トレードで指名権を得て、今年のポートランドのリラード(全体6位)のようなPGが獲れれば、来年のラン&ガンも楽しみになるんですが。。。

とはいえ、いまのロスターからどれだけ若手に切り替えられるかは疑問ですし。
やはり何かシステム導入せねば、ベテランチームは勝ち星を増やして行けない気がします。
トライアングルであれば、ナッシュもシューターとして十分活躍出来るし。

2月のトレードで動ければダントーニ続投もありですが、ロスター若返りが出来なければダントーニは諦めるしかないかと。

どうする!フロント!

[ 2013/01/25 16:27 ] [ 編集 ]
1クォーター早々に相手ビッグマンをファウルトラブルに追い込んだので、今日はインサイドで優位に立てるかと思ったのですが、結局はインサイドでもリバウンドでも歯が立ちませんでしたね。

コービーは今日は難しいシュートも決まっていましたし、安心しました。
疲れはまだあると思いますが、うまく適応してきているのでしょうね。
正直、今のチーム状況では、コービーしか武器がないようなものなので、コービーの復調は良かったです。
それにしても、コービーがダンクに行ったプレーはどう見てもファウルだと思いました。
コールされなかったのが本当に不思議でした。

ナッシュはハーフコートオフェンスでの球離れが悪いですね。
今日は少し持ちすぎでターンオーバーになっていると感じました。
ナッシュだけの責任ではなく、周りのプレーヤーたちがあまり動いていないからというのもあるかもしれないですね。

ディフェンスではまず、ナッシュの所から崩され、カバーなどのローテーションが遅かったですね。
おっしゃるとおり、プレーヤーを見失ったり、全然対応できていなかったと思いました。
相手を見失っているので、ボックスアウトができておらず、相手に簡単にオフェンスリバウンドを取られていたと思います。
まずナッシュのところからなので、ナッシュがもっと相手につけたら・・・というのは無理な相談ですね。
ディフェンスができるプレーヤーに替えるしかないのでしょうか。
具体的な解決策が見つからないところが辛いです。

最近はベンチプレイヤーの活躍もなかなか見られないですね。
ミークスやデュホンはもう少し使っても良いと思います。
1本、コービーのパスからミークスがスリーを決めたプレーがありましたが、あの形はすごく良かったです。
コービーはミークスを信頼しているようですし、あのようなプレーが増えると、オフェンスの流れも良くなると思います。

あと、コービーがボールを持った時は、他のメンバーは棒立ちで動かないのではなく、もっと動いてほしいです。

次からはホームなので、1試合でも多く勝ってほしいですし、良いところが見られたらと思います。
[ 2013/01/25 13:20 ] [ 編集 ]
このゲームは見ていないのですがいつも通りだったようですね。
コービーが復調してきたことは良いニュースですが,他はもうどうしようもないです。
この調子ではグラミーロードで全敗も有り得るかと思います。
流石にPHXとCHAには勝ってもらいたいですが…
ちょっと前まではオールスター前に-2ぐらいかなと思っていましたが,どうやらその頃にはシーズン終了のお知らせが聞けそうです。

まあそれでもゲームは見るつもりですが,もしそうなったら来シーズンに向けてチームとしてどうしたいかを明確にすべきでしょうね。
誰を軸にするのか,どういうチームにするのか,ミニッツ管理も含めサポートメンバーをどうするか,他にもまだまだありますが本当に問題は山積みだと思います。

最近どんどんネガティブになっているような気がしますが,まだPOを諦めたわけではないので今後もしっかり応援したいと思います。
[ 2013/01/25 10:50 ] [ 編集 ]
残念な結果がつづいてますね…。

ハワードの怪我もありましたが、リバウンドだけは、勝ってほしかったです!

今年は本当についてない事が多すぎる感じがしてますが、最後の最後まで諦めずに、ついてない事をプラスに変えて
自分達のやりたいバスケを何とか見つけて貰いたいです!

頑張れレイカーズ!
頑張れコービー!

体調が良くなられているようで何よりです!ブログ更新有難うございます!







[ 2013/01/25 08:15 ] [ 編集 ]
!更新ありがとうございます。
ひどいゲームでしたね。正直、今日みたいな、前半から相手ビッグマンがファールトラブルの時は勝ってもらいたかったです。

ドワイトの怪我は大丈夫でしょうか?大怪我でないことだけを祈るばかりです。

今のレイカーズは何一つできていないですね。オフェンスはコービーのアイソレーションとオンボールピックだけで何の工夫もないです。ダントーニがニューヨークでダメだった理由がよく分かります。ディフェンスもナッシュのことろは完全に狙われているし、ヘルプの寄りも遅いし、甘いし、ローテーションもできていないし、そもそも、プレーに気迫を感じないです。
そんな中、コービーは今日は前半からエンジン全開、スランプからも抜け出した感じです。
ミークスも3Qのラストプレーのディフェンスで取れはしなかったですが、懸命にボールを追っはつハッスルしていましたし、試合は決まっているけれど、最後まで自分のプレーを貫き通すプレー態度には感心させられます。こういうプレイヤーをもっと使っていかないといけないし、フロントはスターばかりではなく、こういうプレイヤーを取っていかないといけないです。

ナッシュとダントーニが揃ってもこれですから、もう、二人とも要らないです。ナッシュには悪いですが、彼はもうスタープレイヤーではないです。あれだけ不注意なパスをしていては、もはやナッシュではないです。というか、デューハンのほうがPGとしては良くプレーしていました。スクリーンもデューハンの方が上手く使えているし、不注意なプレーがないです。デューハンはトレードでもいいですが、若くて速いPGを取ってきて、タイプの違うPGが入れ替わりで出てくるというのも面白そうです。イメージとしては、デンバーのローソンとミラーという感じです。

ダントーニもお役御免です。ナッシュが機能しないなら、ダントーニの意味がないです。というか、今更ですが、何故ナンバー1やナンバー2を差し置いて、ナンバー3のナッシュ中心にしようとしたのでしょうか?普通ならナンバー1のコービーの1番信頼できるフィル、ナンバー2のドワイトの精神的な成長のためにもフィルではないのでしょうか?なぜダントーニにしたのか、フロントの責任も大きいです。と言うかここまでくると、ブラウンのままでプリンストンを続けていたらどうなっていたのかとすら思います。ブラウンもダントーニもコービーを酷使するという点では同じです。

We want Phil!

もう、来シーズンに向けてのチームを作り直した方がいいです。このディフェンスではどうにも良くなるはずがないです。

愚痴だけになってしまいました。すいません。
[ 2013/01/25 06:27 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

この試合を見て思ったのがもうナッシュはNBAのスターターが相手では歯が立たないんでしょうね。
マッチアップ相手に平均で20P7Aやられているそうです。
ゲームをコントロールするPGにこれだけやられたらそれはこっちにいい流れは来ませんよ。
相手がウエストブルックとかなら話は別ですけど。
これならまだモリスをスタメンにしてナッシュをバックアップにしたほうがいいです。
ハワードの怪我はしょうがないですがなんかなぁ。

ガソルが球団にトレードを希望したとききました。
スターターにこだわる気持ちはわかるんですがねぇ。
アトランタはまだ引き取ってくれるでしょうかね。
ジョッシュスミス+ハリスでガソルとジェイミソン+αだったかな前のオファーは。
トロントもバルニャーニの怪我の治り次第ではあるのではないでしょうか。
ミネソタもガソルを欲しがっていましたが、LAL側からするとラブ以外は興味ないでしょうし。
個人的にはナッシュを出して欲しいんですけどね。
ナッシュがFAになったときに3年36Mを提示してたといわれるトロントは引き取ってくれませんかね。
カルデロン出したがってるみたいですし。
まぁアントーニがいる間はナッシュはスタメン確定かぁ。

ここはミッチさんに期待するしかないですね。
最近はちょっと外れが多いですが。
[ 2013/01/25 02:57 ] [ 編集 ]
初めて投稿させていただきます。
数年前にコービーを見て惚れたものの、去年になってようやく観戦環境が整い、LALを応援し始めた次第です。

それにしても、あまりにも不甲斐ないなと。
かつてのアシスト王とリバウンド王兼ブロック王兼最優秀守備選手と最優秀守備選手がもう一人、シックスマンはどうしたものか

まだ観戦歴一年足らずの若輩者なので、細かい事は分かりません。
ただ、勝てる気がしないのは観ててひしひしと伝わります。

悲観する事が多過ぎて、初投稿ながら長文になってしまいました。

この苦しい時期でも変わらずの更新、感服するばかりです。
お体には気をつけて、共に耐え凌ぎましょう。
[ 2013/01/25 01:49 ] [ 編集 ]
最近はベンチもあまり盛り上がらないようになっている気がします。
暗いです。先が見えないので暗いのはわかりますが。
こういう時こそ、率先して盛り上げてくれる役が必要なんですよね、コービーはプレイで引っ張る役ですし、ドワイトはユニークですが、まわりを盛り上げるタイプではないですし。
若手が多いからこそ、ナッシュがその存在を担ってくれればいいのですが、まだチームになじめてないうえ、まわりに気を配るほど余裕もないのでしょうね。

ああフィッシュ、あなたの存在はとても大きかった・・・。
選手たちには、気持ちを切らさずに頑張ってほしい。頑張りが見えなくなってしまったら、もうチームとしては駄目になってしまう。頑張り続けてほしい、応援し続けるから。
[ 2013/01/25 00:01 ] [ 編集 ]
とりあえずTOとフリースローとディフェンスと遅くない選手で固めて欲しい
ドワイトはTO率がとんでもないし、パスもFTもボールハンドリングも下手なのにもっとシュートしたいとは自惚れすぎ
ナッシュやジェイミソンのディフェンスには我慢の限界だし、メッタは遅いしバスケIQ低いしカットプレー遅いからできない、ポジショニングや状況判断も悪い
周りの選手が遅いですから、遅いメッタはこのチームには不釣合いです
もうオフェンスもディフェンスも完全崩壊してますから、個人で崩そうにも、高年齢の選手ばかりのスタンドプレーじゃ良い効果も持続困難です。
今シーズンは諦めて、今からトレードと改革しなきゃ来シーズン以降も手遅れになんてことになりかねません。

ドワイトは身体能力に依存した選手ですし、怪我の具合や今現在を考えると30歳以後期待できません。
LALの未来託すにしても当て外れかもしれませんね。
ナッシュ獲得は失敗でしたし、とりあえず元のコービー・ガソルを軸に周りを速くてフレッシュマンで固めてほしいな。
遅い選手や年齢取りすぎたベテランは必要ないし、モリスみたいな才能ない選手はごめんですけどね。
[ 2013/01/24 23:44 ] [ 編集 ]
Mayさん更新お疲れ様です。
前回のコメントの時は2度連投して混乱させてしまいすみませんでした。

今は問題点が多すぎますね。何から解決していくべきなのか…
この状況なら前回おしゃってたようにPLAYOFFに出ない方がいいですね。
Leage Passの代金は我慢するんで、Kobe・Dwightを中心にチームを作り直してほしいです。
それにこのままいけばPhilの復帰はあるんじゃないかと
私も未練がましいですが期待しています。
Philが戻ってきてくれれば、
Phil・Kobe・Dwightそれに今のメンバーから残してほしいのは
Clark・Meeksぐらいですからあとはコマとして使って、
優勝できるチームを作ってほしいです。

今日の良かったことはKobeの調子が悪くなかったことですかね。
11-23で、それに明らかにファールなのに取られなかったのがいくつかありましたから、
スランプが続かなくてよかったです。
優勝した時はShannonやTrevor、LamarなんかはKobeがボールを持った際は、
必ずカットや3Pライン付近でフリーなポジションを見つけてましたよね。
Clarkが言っていたように今はほぼみんな棒立ちです。
確かにKobeは無理にでも個人技で行くところはありますが、
Kobeがもつとすべてがアイソレーションかのようにみんな離れて行って止まりますよね。
Kobeは無理にシュートに行くときにチーム状況がよくないことが多いのは
、こういうのが物語ってますね。

Dwightの再契約についてはMayさんの情報でちょっと安心しました。
LAKERSは
①他チームより1年30mil多く出せる
②ホームがLos Angeles
③親がすでにLos Angelesに住んでいる
他にも今の悪いチーム状況がDwightを出にくくしてくれるかもしれませんし、
なんとなくですが目立ちたがり屋で、
でも精神的に弱いDwigthなら大丈夫な気がしてきました(笑)
[ 2013/01/24 23:42 ] [ 編集 ]
3Qから見始めたときにすでに10点差ほどありとても見る気がしませんでしたが、何か1つでも復調の兆しがあればと思い最後まで見てしまいました。

コービーかなりいらいらしていましたね!ファールにならないことや、あっちはどんどんパス回して決まってるのにこっちは全然いいオフェンスできずに点が入らないので見てるこっちも腹立たしかったです。リバウンドが本当に取られすぎですね。それに一回だけですが、誰かがスティールして、弾いたボールがガソルの近くに行きルーズボールになってるのを相手が取りに来てからガソルが急いで飛びついて行って結局相手ボールになったのありましたよね。ああいうときに一歩でも速くボールに飛びつけれるだけで同じハッスルプレーでも違うのに残念でした。ガソルも好きな選手なので悪くは言いたくありませんが、今のレイカーズでコービーの次に在籍してる選手なのでもっとしっかりして欲しいです。
[ 2013/01/24 23:41 ] [ 編集 ]
観戦中です
更新ありがとうございます!こんなに負けがこんでいるのに丁寧なレビュー。本当に感心します。私はWowowの録画で第2クォーターを観ているだけでも胸が痛んで、前半で観るのやめようかな~なんてヘタっています。でも頑張って観ます。レイカーズはオフェンスもディフェンスも全く連携が出来ていません。明らかに体も重く、フィジカルでも運動量でもかなり分が悪いです。メンフィスの選手はフットワークが軽やかで、ボールも良く回り、リズムがよいので少し長めでもシュートが決まっています。Mayさんの記事にあるとおり、レイカーズはコービーさえおさえればよいので相手はディフェンスの的を絞りやすいと思います。ドライブできる選手がいないのでなかなかノーマークの選手が出来ずタフなショットを強いられています。コービーのときだけでなく、誰かがボールをもっていたら他は突っ立っているだけというシーンが多いです。ナッシュは少し自分に自信を失っているようにみえます。ドワイトはフラストレーションが溜まりながらもなんとかしようとする姿勢が見えましたが、今日は最後までプレイしても負けていたように思います。ケガが深刻でないといいのですが。ディフェンスはローテーションが遅いためヘルプも遅く、ナッシュのところが穴になっていてそこを付け込まれることが多いです。メタの個人的なディフェンスは良かったですが、チームとしては単発です。ペイント内でもチェックが甘いと思います。基本的なボックスアウトもおろそかになっている場面もあるし。。。今ハーフ終わりました。35点も取られたのですね。2クォーターの終わり方が良くなかったです。ガソルもせっかくのフリースローを2本とも外すし。選手は心が折れそうになるのを必死でこらえてなんとか勝つために頑張ろうとしているのが分かるので余計に胸が痛いです。前半でも7つリバウンドが少ないので、どうしてなのか後半じっくり観ようと思います。色々書きましたが今日のレイカーズの状態(まだ前半だけしかみてませんが)をみるかぎり、どこかを改善すればチームとして波に乗れるとか、負けを挽回できるようになるとかいう状態でないと思いました。とても残念ですが、客観的にそう思いました。絶対的にフィジカルが劣っています。戦略やHCがだれかなどというレベルではない気がします。でも、これからいくら負けようが勝とうがレイカーズを応援したいと思います。
[ 2013/01/24 23:39 ] [ 編集 ]
こうなったら上位のドラフト指名権を狙いましょう♪
だけどコービーのような選手はなかなか出て来ないと思いますが…
[ 2013/01/24 23:12 ] [ 編集 ]
クラークのコメントと全く同じ印象を受けました。
ダントーニのシステムは5秒か7秒以内に打つかパスしかないはずなので、棒立ちではパス出来ませんよね。
コービーがあれだけ打つのも分かります。

オフェンスのテンポにディフェンスがついて行けずに悪い流れになって、そのせいで、リバウンドが取れていない気がします。
セカンドチャンスで、メンフィスにことごとく決められていくのを見てると、悲しくなります。

しかし、今日のメタはタフショットを決められていたものの、いいディフェンスしてましたね!
負けが混んでいるので、ああいうプレーを見ると嬉しくなります。
はじめコービーが1Qで12点上げた時も、81点に影響されて50点くらい取るのかなぁ、と思ってしまいました笑
周りも見ていてフリーの選手にパスしていましたね。
低迷しているだけに、ああいう気を吐いたプレーをどんどんしてもらいたいものです。
[ 2013/01/24 23:05 ] [ 編集 ]
まだ観てないですが負けましたか。
ファンにとっても試練の時ですねー。


優勝の前年からリーグパスに入ったので
こんなに観戦に気が進まないのは初めてです。

シャック離脱後の低迷期に応援し続けたファンや、ドアマットチームのファンの凄さを実感します。

もうクラークの成長を楽しむしかない、という感じです。


[ 2013/01/24 22:32 ] [ 編集 ]
…ちょっと前まではアイツのこのプレイがワリー、コイツのあのプレイ良くないとか言いながらも

、なんだかんだでそのうち良くなってアイツもやればできんじゃん!!みたいなるかなぁとか思っ

てたんですけどねぇ(泣)…非常にヨクナイ感じなっちゃてますよね。どう改善したらいいんでし

ょ?どっから手つけたらいいのか正直見失ってるんじゃないかなって印象です。個々の実力は証明

済みなんで我慢してチームとしての完成待つべきなのか?大幅な改革を断行するべき時なのか?

ミッチも悩んでるんじゃないですかね?こんなはずじゃなかったんでしょうし…(苦笑)

とにかく色々機能してない現状ですけど、極端な話今シーズン全部使ってでも勝てる形見つけて

欲しいです。

[ 2013/01/24 22:02 ] [ 編集 ]
もう無理なのか(--;)
毎回負けるのは同じ展開プロなんだから学習しろよ、まだ可能性があるなら期待するが期待が持てない。
セッションズ戻ってこいやー
すいません愚痴でしたm(__)m
[ 2013/01/24 21:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。