オーナーに大きな誕生日プレゼント

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オーナーに大きな誕生日プレゼント

Game Score

1Q
開始直後に、メタが3ポイントを決めますが、その後、シュートを外したり、コービーのターンオーバーが2つあったり、ショットクロック違反があったりと、得点できません。その上、得点には繋がらなかったものの、ウェストブルックが外したフリースローのリバウンドをイバッカに取られたりと、良い所がありませんでした。デュラントに続けて決められて、あっさり逆転されますが、ドワイト、コービーが続けて決めて、再逆転します。半ばに入った所で、オフェンシブ・リバウンドを、ウェストブルックに続けて取られて、得点され、再度逆転されます。ここで、クラークが3ポイントを決めて、再々逆転と、逆転を繰り返すと、半ばは、お互い得点に苦労します。ディフェンスでは、ドワイトの存在が大きいのか、イバッカが3ポイントを打って外したり、ジャンプシュートが目立ちました。半ば過ぎに、一時、離し始めますが、ドワイトがベンチに下ると、直ぐに、イバッカにダンクを決められます。終盤は、コービーが引き続きPGをし、ナッシュがフェイダウェイを決め、立場が逆転していました。残り1分を切った所で、ウェストブルックからイバッカへのアリーユープ・ダンクを決められ、リードを奪われ、コーターの締めの甘さが心配でしたが、ここから、又、PGコービーがボールを持つと、オクラホマシティーのディフェンスが、コービーに集中してしまい、アウトサイドでがら空きになったナッシュが、パスを貰い、3ポイントを決め、リードを奪い返します。ここからのディフェンスが良く、プレッシャーをかけ、ショットクロック違反を誘います。残り3秒からのオフェンスでは、ジェイミソンが3ポイントラインの後ろでボールを貰い、イバッカがクローズして来ますが、ジェイミソンがフェイクを入れると、見事に引っかかり、ファウルを取ります。ジェイミソンは、3本のフリースローを全部決め、27-23の4点リードで、コーターを終了します。

2Q
序盤は、オフェンスでは、ジェイミソンショーでした。ボール、プレーヤー共に、良く動いて、ある程度オープンだったとは言え、ジャンプシュートを2本と、ファウルされながらもレイアップを決め、フリースローも決め、序盤だけで、7得点でした。パオも、どさくさに紛れて、1本決めます。ディフェンスでは、出足は良く守り、一時は9点リードにしますが、その後、毎回決められ追い上げられ、半ばには、同点に追いつかれ、リードを奪われます。その間、ドワイトのフリースローが0-6、ミークスが3ポイントをブロックされたり、デューハンが3ポイントを外したりと、散々でした。半ばにコービーとナッシュが戻ると、お互いにアシストし合い、同点からリードを奪います。その直後にも、メタの3ポイントで、一旦4点リードにしますが、その後、メタ続けて外し、ターンオーバーもあり、得点が止まると、ディフェンスでは、ディフェンスのプレーヤーのはずの、セフォローシャをアウトサイドでオープンにし、3ポイントを決められたり、ドライブされて、レイアップを決められ、逆転されます。終盤は、バスケットの交換で、何とか離されないで付いて行きますが、パオがファウルを取ったのに、ドワイトの物真似の様にフリースローを2本共外すと、こともあろうに、時間切れ近くに、ウェストブルックが、ペイントの外にいたパーキンスに、苦し紛れにパスをすると、パーキンスがジャンプシュートを決め、3点ビハインドにされます。この直後には、パオのターンオーバーがあり、ガタガタと行きそうで嫌な雰囲気でしたが、よく踏ん張ると、パオがファウルを取って、今度はフリースローを2本共決めます。終了間際には、コービーがドライブして、ディフェンダーを引きつけ、ドワイトにパスすると、ドワイトがスラムダンクを決め、1点リードを奪います。このままハーフに行きたかったのですが、ウェストブルックにジャンプシュートを決められると、残り9秒ちょっとからのオフェンスで、ナッシュがセフォローシャにスティールされ、シュートが打てません。決まるかどうかは別とし、9秒からのオフェンスなら、シュートを打ちたかったです。残り時間がなくて、セフォローシャに得点されなかっただけ、ましですが。53-52の1点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、パーキンスにレイアップを決められますが、その後はよく守ります。その後、バスケットを交換して、僅差で進みます。半ば前には、ドワイトのオフェンシブ・ファウルがあったり、シュートを外したりと、得点できませんが、しっかり守って、得点を与えませんでした。半ばに、デュラントのフリースロで、離され始めそうでしたが、直後にコービーが決めて、僅差で付いて行きます。直後には、メタが、リバウンドから、ファーストブレイクで、ドリブルして走りますが、前にナッシュがいるのにパスをしないで、ドリブルを続けてボールを失う定番プレーをして、ターンオーバーします。ナッシュにパスをしないで、自分でドリブルした方が良いと、どうして思えるのか不思議です。この後、デュラントがドライブして、ブロックに行ったコービーが、デュラントの頭を叩き、前で待ち構えたメタがブロッキングのファウルをした様に見えたのですが、ファウルにならず、ターンオーバーになるラッキーがあり、ここからパオが、オープンのミドルを決め、同点に追いつきます。半ばは、デュラントのフリースロー2本による得点こそありましたが、序盤から半ば過ぎの5分以上を、バスケット無しに押さえ間ました。終盤は、当たっていないウェストブルックをオープンにして、3ポイントを決められたり、オクラホマシティーのセミ・ファーストブレイクの様なプレーで、外しているのに、プットバックを決められたりと、ディフェンスが緩んで、4点ビハインドにされますが、ここからディフェンスで踏ん張り、コービーのフリースロー、ジェイミソンが、ファウルになってもおかしくなかった様な、体勢を崩したレイアップを決め、同点に追いつくと、パオがファウルを取りますが、又、2本共外します。ところが、このリバウンドを、ジェイミソンが取り、コービーがドライブしてパオにパス、パオが名誉挽回のレイアップを決め、2点リードにします。難を言うと、時間を9秒残してしまったため、終了間際にウェストブルックに決められ、75-75の同点で、コーターを終了します。

4Q
デューハン、ミークス、メタ、パオ、ドワイトでスタートします。出足に、マーティンにフリースローを与え、次は、マーティンにレイアップを決められ、3点ビハインドにされます。ここでミークスが3ポイントを決めて、すぐ同点に追いつきます。ミークスは、この直後にも、アウトサイドから少し内側に入って、ジャンプシュートを決めています。ディフェンスでは、続けて得点を許しますが、オフェンスでは、メタが、デュラントにカバーされながら、3ポイントを決めたり、パスを周すだけで、時間が経ってしまった末に、パオがドライブして、イバッカの頭越しに、山なりのフックショットを決めたりと、簡単ではないシュートを決めて、僅かながらリードを保ちます。この後、ドワイトがスティールしたり、ミークスが、よくウェストブルックの前に立って守り、ジャンプシュートを打たせて外させたり、良いディフェンスをします。この間、ここまでフリースローが1-8と、絶不調のドワイトが、フリースローを1本決め、観客から大声援が上がります。半ば前には、デューハンがドリブルしていて、ウェストブルックにスティールされ、ダンクを決められますが、スローで見ると、ウェストブルックに、腕を叩かれていたので、仕方が無かったです。半ばには、こともあろうに、デュラントをアウトサイドでオープンにし、3ポイントを決められ、逆転されますが、直後にメタが決めて、再逆転すると、コービーがドライブして、今度こそは自分でレイアップと思ったら、「コービーがボールを持つと、突っ立っているだけで、誰もカットしない」と不満を言っていたクラークがカットし、ボールを貰って、ダンクを決めます。ディフェンスでは、パオが、ドライブして来たウェストブルックの肩の辺りを叩いているのに、ファウルを取られなかったため、ウェストブルックが激怒して、テクニカルを取られ、ナッシュがフリースローを決めるラッキーもありました。この後、今度こそコービーが自分で打って、6点リードにします。終盤に入ると、毎回得点されますが、コービーからナッシュのコンビで、ナッシュが、まず、ドライブしてレイアップ、次は、左脚1本でジャンプしてのシュートと、決して簡単ではないシュートを2本決めて、リードを保ちます。残り3分、4点差に追い上げられた所で、メタが、ドライブしようとしてトラベリングを取られて、ターンオーバーします。コービーとナッシュがプレーしているのに、何故メタが、ドライブしないといけないのかが、理解できません。幸い、この後、デュラントとウェストブルックが、続けて外してくれ、追い上げられませんでした。それ所か、コービーがレイアップを決めて、点差を6点に広げます。この直後には、デュラントに対して、アウトサイドでは、嫌がらせディフェンスができるけれど、ドライブされたら簡単に抜かれるメタが、予想通り簡単に抜かれて、苦し紛れに後ろからファウルし、フリースローで得点を与えます。次のオフェンスでは、攻めあぐねて、残り時間が少なくなりますが、コービーがドライブし、パオがペイントにカットし、ボールを貰ってレイアップを決め、点差を6点に戻します。残り1分で、スローで見ると、ファウルではないのに、メタがウェストブルックに、ファウルをした事になり、フリースローを与えますが、1本外してくれます。今日は、ファウルでないのにファウルになったり、ファウルなのにファウルにならないプレーが、多々ありました。残り1分からの、ここで得点したらゲームは決まり、得点しなければ、まだ分からないというオフェンスで、コービーがドリブルして、クロスオーバーで、セフォローシャをかわし、右エルボー辺りからのジャンプシュートを決め、7点リードとし、ゲームを決めました。



コービー:21得点(8-12)、14アシスト、9リバウンド
レイカーズは、4Qの後半6分間に、7本シュートを決めています。その内3本は、コービーが決め、アシストは付いていません。他の4本は、ナッシュが2本、クラークがダンク1本、パオがレイアップ1本で、全部コービーがアシストです。ゲームを通してですが、特に終盤、オフェンスを仕切りました。


ドワイト:8得点(3-7)、10リバウンド、
ファウルトラブルで、29分半のプレーでした。フリースローは2-10です。いくらなんでも、もうちょっと決めてくれないでしょうか?ミニッツが少ないのと、ドワイトがいる為に、オクラホマシティーは、ペイントに入ってこないで、ジャンプシュートが多かったので、リバウンドは長めのものが多かったです。オクラホマシティーのリバウンドリーダーは、ウェストブルックで9でした。それにしては、よく取りました。ジャンプシュートが多いため、ブロックもありませんでした。逆に、それだけ存在感があったということだと思います。オフェンスでは、オーランド時代にも、ボストンにいたパーキンス相手だと、苦労したようです。

クラーク:11得点(5-9、3PT=1-1)、4リバウンド
デュラントに対するディフェンスが良かったです。ディフェンスに入る前に、ボールを入れさせない様にプレーしていました。無理にスティールに行って、デュラントにドライブされたり、ボールに注意が行って、アウトサイドでがら空きにしたりと、ミスもありましたが、1オン1でディフェンスしたときには、しっかり守っていました。無理に打たない所が良いです。夕食の後に、練習場に戻って、練習することがよくあるすです。警備員が居眠りをしていて、ゲートをなかなか開けてもらえないことが、よくあるそうです。

ナッシュ:17得点(6-11、3PT=2-4)、5アシスト
アウトサイドでスポットアップするだけでなく、ドライブして難しいシュートを決めたりと、積極的に打っています。ボールを運んだりはしますが、一旦オフェンスに入ると、コービーがPGで、ナッシュがSGと、完全に役割が入れ替わっています。ゲーム後のインタビューで、「コービーと話し合って決めたのか?」という質問に、「話していない。自然にそうなった。」と言っていました。お母さんからも、「もっとシュートを打つべき」と言われるそうなので、SGのつもりで、打ってくれると助かります。

メタ:15得点(6-14、3PT=3-8)、10リバウンド
3ポイントはよく決まるので、スポットアップだけしてくれれば良いのに、暫くオフェンスに絡まないと、「次は自分の番」のシュートがあります。ただでさえ、ブロックが売り物のイバッカがいる上、身長が8センチ近く高くて腕が長いデュラントにカバーされているのに、ポストプレーからレイアップに行って、ブロックされています。折角良くプレーしているのに、やる前から決まらないのが分かっているプレーをするので、印象が悪くなります。ディフェンスでは、ボールを持って静止している状態では、身体をくっつけて圧力をかけて、窮屈にさせていますが、ドライブされると、簡単に抜かれて、後ろからファウルするか、ヘルプに来たプレーヤーが、ファウルすることになります。

パオ:16得点(7-10)、4リバウンド、4アシスト
引き続き、やる気満々、積極的です。ベンチに周りましたが、ミニッツは36分弱と、ゲーム開始時にプレーしていないだけで、内要はスターターです。この2シーズンくらいは、コービーがドライブして、パオにパスすると、パオがボールを落したり、自分で打てるのに打たないで、更にパスして、予期していなかったチームメイトが、ボールを取れなかったりと、こんなプレーをしていたら、パスできないという不甲斐無いプレーが目立ちましたが、この2ゲームは、打つべきシュートを打っています。リバウンドは少ないですが、ドワイトの所でも述べたように、オクラホマシティーはジャンプシュートが多くて、長めのリバウンドが多かったので、仕方が無いです。それにしても、ちょっと少ないですが。

ジェイミソン:12得点(4-6)、2リバウンド
13分半のプレーです。決めた4本の内3本は、2Qの頭、コービーがベンチの時だったので、有り難かったです。カットが良いのと、バスケットの近くなら、少々体制が悪くても決められるのが強みです。

ミークス:5得点(2-3、3PT=1-2)
9分ちょっとのプレーです。平凡な数字ですが、コービーがベンチの4Q頭に2-2の5点だったのが、大きかったです。

デューハン:無得点(0-2、3PT=0-2)、1アシスト
一見悪いですが、シュート1本は、コーターの終了間際、残り1秒ちょっとからのオフェンスで、遥か後ろから打って外したもので、アシストも、動いてチームメイトをオープンにしてパスを出しているのに、チームメイトが外しているものがあるので、数字より良いです。


オフェンス
コービーがボールを持つと、全員の注意を引くので、3ポイントの確率が40%を越えるナッシュが、アウトサイドでがら空きになり、一番近くにいるオクラホマシティーのプレーヤーが、ペイントにいる状態になります。コービーが、ローポストでドリブルすると、アウトサイドで3人が、どオープンになります。逆に、コービーがパスを出すので、ダブルチームに来るのに躊躇していることがありました。相手としては、守りにくいはずです。数字を見ると、コービーだけが、よくオフェンスを仕切っている様に見えますが、ビッグマンが、こまめにスクリーンをセットして、コービーが動き易くしているし、ナッシュがいることで、いつでもパスを周せるのが大きいです。

ディフェンス
デュラント、ウェストブルックの前に立って、ペイントに入れることが少なかったのが良かったです。2人共、ジャンプシュートが目立ちました。デュラントは10-26の35点、ウェストブルックは6-22の17得点。ウェスブルックはよく抑えましたが、デュラントはシュートの確率は悪くても、フリースローを14本も与えて、13本決められました。所々、ローテションやヘルプが効かなかったり、ボールに気を取られて、プレーヤーを見失ったりしましたが、全般的には良かったです。高得点のオクラホマシティーを96点に抑えたら、合格と言って良いです。ゲーム前から、解説者が揃って、「デュラントとウェストブルックには、ジャンプシュートを打たせろ。」と言っていました。その通りにできました。


ところで、今日は、観客席に、フィッシャーがいました。ACで戻って来て欲しいです。

今日は、オーナー、ジェリー・バスの、79歳の誕生日です。トップのチームに勝って、良い誕生日プレゼントができました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/01/28 18:29  Lakers | コメント(30)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

ただでさえ、まず得点の性質なのに、ナッシュが来たから、自分はSGポジションに戻ると思って、そうやってプレーしていたから、アシストなんて、考えていなかったと思います。それが、ナッシュが一向にPGらしくないから、自分でやるしかないのでしょう。基本的に、チームメイトがシュートを決められないから、1人で打つというのと、同じだと思います。シュートを沢山打つとセルフィッシュで、アシストを沢山するとアンセルフィッシュと言われますが、どちらも、チーメイトが出来ないから、自分がやるという感覚だと思います。


>>ロンロン大好きさん

気を悪くしていないです。そういうつもりではなかったのですが。時々あるのですが、文字だけだと、感覚が通じないですね。読み直して、「・・・ます。」「・・・です。」の後ろに、「よ」とか「ね」とか「よね」とか付けたり、後ろに(笑)を追加することがあるのですが、読み直していないことが多いです。絵文字は、アメリカではやらないので、知らないし。「・・・していませんよ~(笑)」にすれば良かったです。そういう感覚だったんです。
[ 2013/01/31 06:21 ] [ 編集 ]
ドン ネルソンの発言は、若き日のジョーダンが得点王だがプレイオフ当落線上だったころだったと思います。
コービーと同じで、ドライブすればディフェンス全員引き付けられ、味方がノーマークだらけになりますからね。
ジョーダン一人がずば抜けてあとは並程度の場合、こうして楽に打たせてやるしか勝つ道がない。
自分が得点しても限界がある。
自分を犠牲にして周りに取らせる。
そちらを今回は選択したんでしょうね、熟慮の結果。
ナッシュが復帰して1ヶ月たったけど、調子が上がってこないし。

本当に、こんなはずじゃなかったんですが、現戦力で勝つ道を探しだして、自分がアシストに回ることを決断し簡単に方向転換し、実現してしまうところがスーパースターですよね。
コービーシステム、今年はこれで行くとこまで行くしかないですね。
オフは、PGの補強を忘れずに。
[ 2013/01/30 15:32 ] [ 編集 ]
復活宣言は個人的にはって事なので、あしからず。気を悪くされたなら申し訳ないです。
[ 2013/01/30 12:35 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>天使の街の湖軍団好きさん

トランジション・ディフェンスで、メタより下の人を探す方が大変です。どんなにディフェンスが上手くても、後ろを走っていたのでは、何の役にも立たないので。下手でも、まだ前にいる方がマシです。ゲイはジャンパーはよく決まりますが、アシストしてもらわないといけないというイメージがあります。だから、ゲームによって、差が激しいのでは?オフェンスはアリーザより良いですが、ディフェンスは、アリーザの方が良いです。値段を考えたら、半額のアリーザの方が良いです。契約の残りも、ゲイは後3年残っているし。3-5を、アリーザ、クラーク、ヒル、パオ、ドワイトで周せたら、最高です。

ゲイのサラリーだと、パオとのトレードしかないです。そうなると、バックアップセンターがいなくなります。例え、パオが良くプレーしていないくても、問題です。メタと良いSFのトレードは、PO絶望のチームが、複数年契約が残ったベテランを、サラリーダンプで出したい場合だけ、可能です。でも、複数年契約が残っているベテランを、付け焼刃的に、獲って欲しくないです。


>>KB24さん

アウトサイドが決まって、ディフェンスが良い、若いPGに代えられたら良いですが、そんな都合の良いトレードはないでしょう。


>>ローラさん

パオは、センターのバックアップがいなくなるので、トレードはないと思います。メタは、メタが欲しいという球団は無いから、サラリーダンプをしたい球団しか、トレードで引き取ってくれないです。でも、下位球団は、再建中のところばかりなので、契約が複数年残っているベテランがいないです。


>>LAXさん

勝てば何でも良いです。

クラークやジェイミソンは、前からカットしていましたが、パオの動きが、全然違います。ドワイトは、ポストプレーより、アリーユープ狙いの方が良いです。アリーユープなら、スティールされないし。


>>ロンロン大好きさん

復活宣言なんて、誰もしていませんよ。


>>akrさん

レブロンも、事実上PGですよね。ポイント・フォワードと言われるくらいなので。システムがどうのと言うのではなくて、偉大なプレーヤーは、PGをやっても、殆どのPGより上ということです。身長が高過ぎるPFやCなら無理ですが、SGやSFなら、充分できます。

話し合ったのではないと、ナッシュが言っていました。ダントーニが指示したのでもないです。「コービーシステムが上手く言っているから、口出ししない。」と言っていました。コービー、勝手にやっています。

ナッシュはこんなはずじゃなかったですね。メタのディフェンスにしても、ナッシュにしても、コービーの負担を軽くするためだったのに、デュラントやメロは、コービーがガードしたり、PGもコービーがやったり、逆にコービーから負担を軽くしてもらわないといけないです。


>>ひでさん

2試合連続14アシストは、ロンド以外なら、かなり良い方でしょうね。

役割交代は、みんな決まっている内は良いですが、決まらなくなったら、ナッシュに20本もシュートを打って、30得点しろというのは無利なので、やっぱりナッシュがPGとして、コービーが得点するのをヘルプできないと、厳しいです。仰る通り、レギュラーシーズンは、これでも勝てるけれど、POになったら、厳しいです。相手のレベルが高いのもありますが、毎回同じチームなので、しっかりスカウトされます。


>>ppidさん

リーチファウルもですが、オフェンスでのファウルを何とかしてくれないと。ポジション争いでファウルをしていたのでは、メタのレベルと変らないです。


>>G.R.さん

オフェンスで、比較的楽に得点しているから、ディフェンスに集中できるのだと思います。逆に、OKCとしては、オフェンスに苦労して、やっと得点しても、すぐに楽に得点されるから、きつかったと思います。


>>まめ2さん

次が楽しみになってきましたね。

OKCがジャンパーを外してくれたのもありますが、ドライブしたいのに出来ないから、仕方が無くてジャンパーを打っていた面もあると思います。仰る通り、メタは、PFに対するディフェンスは、スピードで負けないので良いです。身長があるからPFだけれど、タイプとしてはSFというのは駄目ですが。ランドルフやオルドリッジなら、まだまだ行けますが、ボッシュみたいなタイプだと、ついて行かれないです。

OKCは、ナッシュがセフォローシャをカバーしているから、ディフェンスで穴にならないです。ガードが2人共得点できるチームだと、厳しいです。でも、仰る通り、コービーと比べるから、SGとしては物足りないですが、17得点、5アシストなんてSGは、スターターの半分もいないのでは?


>>スノーマンさん

初めまして。

このオフェンスは、変形トライアングルだと思いませんか?ポストでボールを持つのが、ビッグマンでなくて、コービーですが。見慣れたオフェンスだという気がします。今は、意識して、パスが多いしですが、相手がスカウトしてきたら、アウトサイドでナッシュがオープンなんてことも、なくなるだろうし、カットのレーンもカバーされて来ると思います。そうなったら、コービーのアシストが減って、シュートの本数が増えて、20本近くになって、25得点くらいになると思います。フィルの時のオフェンスと、同じ様な感じになるのでは?

+/-は、一緒にプレーしているプレーヤーにもよるので、1ゲームだけでは、何とも言えないです。シーズン通してなら多少は貢献度が現れますが、それでも、ベンチとプレーしているミニッツが多いと、良くないし、逆に、ベンチが良いチームだと、ベンチとプレーするスターターは、良くなったり。必ずしも、純粋に個人の貢献度が現れないです。+/-のスタッツは、ESPNが思いついたのだと思いますが、勘違いかもしれません。


>>かぼちゃケーキさん

スーパースターがいないチームだと、全員が頑張るけれど、スーパースターがいると、きつくなった時に、みんなスタープレーヤーが何とかしてくれると思うそうです。オフェンスではコービー、ディフェンスではドワイトに対して、依存心が強いから、コービーがボールを持ったら、みんな見ていたし、ディフェンスでは、抜かれてもドワイトがいるからみたいに思っていたのでは?コービー1人が頑張っているのではなくて、全員の意識が変ったのだと思います。

最近は、負けが多いから、ゲームが終わっても、なかなか記事を書く気がしなくて、遅くなっています。それと、ロードで5時くらいから始まると、後半はライブで見ますが、前半は再放送で見るので、遅くなっています。録画をすれば良いのですが、中継するテレビ局が代わって、必ず再放送があるので、不精しています。お気遣いありがとうございます。


>>ふちさん

昼間のゲームだと、日本は大変ですね。

ジェイミソンの変則レイアップは、アンとワン・スペシャルと呼ばれています。


>>天使の街の湖軍団好きさん

コービーがベンチの時に、前半なジェイミソン、後半はミークスと、役割を果たしてくれました。

パオは、コービーがボールを持った時のカットも良いですが、積極的に打っています。3シーズン前に戻った様です。


>>ゾロリせんせさん

コービーだけでなくて、周りも違います。ロードの間に、コービーが、「もっとスクリーンをセットしろ」と言っていたし、クラークから、「コービーがボールを持つと、誰も動かない」と言われるくらいだったし。それが、スクリーンもこまめにセットするし、よくカットしています。今までは、コービーがドライブすると、誰も動かないから、コービーが打つしか無かったです。


>>nさん

速攻は、ナッシュが真ん中でドリブルして、コービー、クラークが、横を走ったら良いですね。それと、リバウンドやスティールから、コービーが先行した時に、ナッシュが出す長いパスが良いですね。あれを、パオやブレイクがやると、ターンオーバーになります。メタは意外と上手いですが。

ゲイは、トロントが欲しくて、交渉をしているそうです。


>>YOKOさん

今までは、僅差でも、相手は余裕があって、レイカーズは目一杯という感じがしましたが、この2ゲームは、僅差は勿論、ビハインドになっても、レイカーズは余裕があって、OKCが目一杯という感じがしました。

こちらでは、「コービー・ジョンソン」とか言っていますよ。マジック本人も、「マジック・ブライアント」と言っています。

フリースローは、手が大きい人は、苦手だそうです。でも、カリームは決まりました。ボストンのランドがフリースローが苦手なのも、手が大きいからと言われています。でも、シャノンは手が大きいのに、決まります。


>>コウさん

途中何回か、ズルズル行きそうな時がありましたが、その都度、特にディフェンスで踏ん張りました。

私も、コービーとナッシュの役割が入れ替わるのは、同じ理由で、長期的に良いとは思いません。コービーはナッシュより上手くPGをしますが、ナッシュにコービーの真似はできないです。それに、メタの3ポイントや、パオ、ジェイミソン、ミークスが、こんな高確率で毎回決まらないです。ナッシュにも、自分の仕事をして貰わないと困りますが、バックアップのPGが欲しいですね。


>>ラッパさん

KDを完璧に抑えるのは無理なので、得点が多かったら、確率を低く抑えるか、確率が良かったら、シュートを打たせないか、どちらかをすれば良いです。後は、ロールプレーヤーを、きちんと抑えないと。

ドワイトがファウルトラブルでベンチだったから、ハッカ・ハワードをやられなくて済んだとは、気が付きませんでした。

ナッシュが苦労しても、コービーががら空きになることは無いし、シューターとしては、ナッシュの方が上なので、コービーがボールを持って、ナッシュがスポットアップだと、一石二鳥です。

トレードの情報ありがとうございます。探そうと思っていたのですが、探さなくて済みました。新しいCBAでは、来シーズンから導入の新ルールもあるので、紛らわしいですね。キャップを空けようと思ったら、空けられないこともないです。ドワイトとは、すぐ契約しないで待ってもらって、メタをバイアウトして、ブレイクをアムネスティーにして、パオを、ドラフトピックとトレードしたら、タックスレベル+4milに収まります。そのドラフトピックと、ポールをトレードしたらできます。ポールが獲れるなら、是が非でも獲りに行くべきです。


>>かずさん

コービーがPGをやっても、ブレイクがPGができなからやるというのではなくて、いつでもスイッチできるから良いです。

ドワイトのファウルは、ディフェンスでは仕方が無いですが、仰る通り、オフェンスでの、しかもポジション取りでのファウルや、オフェンシブ・リバウンドの位置取りでやったり、無駄にファウルを使っています。

このオフェンスは、見たことあると思ったら、フィルの時と同じですよね。


>>アレさん

パオの方が、技術があるから、オフェンスがスムーズになります。パーキンスは、元緑なので、言いたくないですが、やっぱりディフェンスは上手いです。パオは、怪我もあるけれど、気持ちの問題もあると思います。去年は勿論、フィルの最後の年も、こんな調子でプレーしていませんでした。

ドワイトは、ターンオーバーが多いし、フリスローを続けてもらって、0-4なんていうのがあるから、―は理解できます。


>>マルショウさん

ゲーム終盤に、クラークがダンクを決めたプレーだったと思いますが、解説のバン・ガンディーが、「今度はレイアっプに行くだろう。」と言っていました。プロが見ても、打つ雰囲気があるのに、パスだから、ディフェンスが難しいです。


>>茶太郎さん

1023は、単なる間違いだったんですね。以前に絵文字が絵文字だと分からなくて、真剣に読もうとしたことがあるのですが、今回も、数字の語呂合わせだと思って、「イオニサ?」とか、考えましたよ。(笑)

毎年優勝なんて有り得ないし、私は、1回優勝したら、暫くはウダウダ言うなというタイプなのですが、コービーに優勝させて上げたいと思うから、イライラします。そういう人が多いと思います。みんな、「17個目を取りに行く」とは言わないで、「6個目を取りに行く」と言うので。


>>古参者さん

この2ゲームは、チームメイトが決まっているから上手く行きますが、この調子で決まり続けないです。ただ、ダンクやレイアップが多いので、ガッタッと落ちることはないと思いますが。

コービーがボールを持つと、ペリメターで棒立ちでドリブルしているだけなのに、ナッシュがオープンになったりします。


>>だいちさん

POは、2回戦のことを考えると、8位の方が良いと思います。1-3位のチームは、どこと当たってもきついので、2回戦で4位と5位の勝者と当たる8位の方が良いです。それか、クリッパーズと当たる順位です。全部ホームコートみたいなものです。
[ 2013/01/30 08:28 ] [ 編集 ]
補足
ガソル、ピアース、ゲイの三角トレードが報じられてたので、ゲイのOKC戦をチェックしましたが、
デフェンスはクラーク程ではないです。しつこさではメタより低いものの、
体格が良く、標準的なスピードなので、
ヘルプやトランジションディフェンスはメタより上です。
オフェンスはボールハンドルは平凡でドライブが少なく
ジャンパーが得意なようで、ターンアラウンドのフェイダウェイジャンパーを良く沈めていました
アンセルフィッシュで無茶なシュートが少なく、
アリーザよりあっさりしたディフェンスで、シュート精度が高く、
体格にかなり恵まれたバージョンというところでしょうか。

私的な意見ですが、メタより間違いなく上ですが、
サラリーを考えるとあまりコストパフォーマンスが良くないので、
OKCのセフォロージャのようなディフェンスと3Pに秀でた職人タイプのほうがよりフィットするのではないかなと思いました。ゲイですと確実にガソルを出すことになるのですが、ここ二試合のガソルの活躍を鑑みるとあまりお得ではないです。
メタと交換で良いSFを取るなんてそれこそ夢物語なんですけども…
ミッチがその奇跡を起こしてくれないでしょうか。

以上ちょっと酒の勢いで分析かましてみました。
[ 2013/01/30 02:02 ] [ 編集 ]
更新お疲れです
ナッシュいなくてもいいですね


[ 2013/01/29 18:58 ] [ 編集 ]
このまま勝ってできればパウとメタをトレードしないでほしい><


今日の試合が復活の1っ歩になってほしい…

[ 2013/01/29 14:47 ] [ 編集 ]
ようやく強豪相手に勝てました。素直にうれしいです。
後半などほとんどKobeのポストアップからスコアorパスでしたが、
いまは手段よりも結果が必要なので、効果的ならなんでもいいです。

今日よかったな、と感じたのはClarkやJamison,そしてPauのOff the ballの動きですね。
逆に、もう少し期待したいのは、Dwightのオフェンスでのケミストリーです。あとFTがんばれ。

今シーズンは連勝するたびに「これが今年の勝ちパターンか!」と期待を込めてたのですが、
「KobePG」が、今後どれだけ定着したパターンになるか気になるところです。
[ 2013/01/29 10:09 ] [ 編集 ]
これを継続できるか?ロードでも同じようにプレイできるか?まだ復活宣言は早い。
[ 2013/01/29 09:58 ] [ 編集 ]
私ならジョーダンをPGにする、とドン ネルソンが言ってました。
勿論、フィルとトライアングルやる前の話ですが。

コービーとナッシュの話し合いの結果だと思いますが、二人はとりあえず勝ちたい一心なんじゃないですかね。
オールスター前のこの時期にプレイオフを優勝を諦めるスーパースターはいないでしょうし。
プレイオフ出場権を獲得するまでは、このまま行くんじゃないでしょうか。
スターターも固まってきたし、ベンチも含めたローテイションもかたまってきたし。

ナッシュは1年ごとに、出来てたことが出来なくなる発見との戦いでしょうから、仕方ないです。
フロントもナッシュもこんなはずじゃ無かった、と思ってるでしょう。

ただ、万が一プレイオフ滑り込んだとすると、補強が中途半端になるのが恐いですね、Mayさんが指摘いてるように。
勝っては欲しいけど、ジレンマです。
来年はダントーニシステムに合ったプレーヤーで揃えて欲しいし。。。。





[ 2013/01/29 08:38 ] [ 編集 ]
サンダーのような強豪に勝てて、本当に良かったです。

コービーは本当に素晴らしいです。
2試合連続で14アシストなんて、1流のPGでもなかなかできないですよね。
この2試合は試合の最後まで味方を信頼してパスを出していると思います。
そして、試合終盤ではやはり最高のクローザーでした。
終盤まではパスを回して体力を温存しておき、最後は自分で点を取って突き放すという理想的な形でしたね。さすがとしか言いようがないです。

オフェンスではコービーがドライブしたときに、味方がカットなどをするようになったのが非常に良かったと思います。
クラークやガソルが良いカットをしていたと思います。
今後もコービーがボールを持った時は棒立ちになるのではなく、カットしてボールをもらいに行ってほしいと思います。

コービーとナッシュの役割が入れ替わってますが、コービーがPGをすることでオフェンスが上手くいっていますし、見ていて本当に楽しいです。
ナッシュもフリーになると積極的に打っていましたし、役割の交代は今のところプラスになっていると思います。

これは私の考えですが、年齢や疲労の面を考えて、コービーがPGをするのは良いことだと思います。
今まではコービーは1試合当たり20~25本ほどシュートを打っていましたが、体力面を考えると本当に負担が大きいと思います。
1対1からのタフショットもたくさんありましたし。
コービーがPGをすることでシュートの回数が少し減って、体力を温存することができれば、試合の終盤にガス欠にならずに済むのではと考えています。
ただ、今は良くても、プレイオフを勝ち抜くには厳しいのかもしれないので、難しいところですね。
コービーもナッシュが来て、楽に点が取れるようになると思っていたはずなのに。
今後、どうなっていくのか注目しています。

サンダーに勝てたことは今のチームにとってすごく自信になると思います。
この調子で次も勝って、ロード連戦に向けて弾みをつけてほしいです。
[ 2013/01/29 03:31 ] [ 編集 ]
うーん、ハワードはもう少し、FTも決めて貰いたいですが、リーチングをなくして欲しいですね。
現にウェストブルックは、ハワードのいる時間帯はドライブ出来ずに、リズムが作れて居ませんでしたし。
ちょっとつまらないファールが、多過ぎますよね。
もう少し、ディフェンシブアンカーとしての、自覚を持ってもらいたいところです。
[ 2013/01/29 02:28 ] [ 編集 ]
皆さんと同じで自分も1日中ルンルン気分でした!

ハーフコートオフェンスにしたことでディフェンスも大分よくなった気がします!!
コービーのPGは見ていて楽しいです!
コービーがこの調子ならナッシュもいるし、いままでよりもかなり注意を引けると思いますよ。
そこにクラークがカットしたりメタがフリーになったりハワードへのアリウープだったりかなり楽に得点できるかなと思いました。
パオもやる気充分ですし!!
ここで改めて気を引き締めて直してまずなんとか5割に復帰してほしいです!

噂があるメンフィスとボストンとの三角トレードは実現しないかなと個人的には思いました。レイカーズがボストンを強くするのを手助けすることはないと思うからです。ボストン側もレイカーズを強くしたくないでしょうが。
でもフロントがというよりファンがといった感じですかね?
まぁ色々噂があるのでわかりませんが
[ 2013/01/29 00:10 ] [ 編集 ]
他の方もおっしゃってましたが、今日のような勝利があるから、ファンをやめられないです。今日一日どころか、次の試合までずっとルンルンでしょ(笑)

OKCのジャンパーが入らなさ過ぎとも思いましたが、DFは確実に良くなってきてますね。特に、メタは相手PFを良く抑えてます。まぁもうPFしか抑えられなくなってますが(笑)。他チームがみんなレイカーズのツインタワーを嫌って、長身でポストプレイするPFが減った結果がメタには運良くプラス作用してますね。

あと、勝てる試合はほぼ全て、ナッシュでも守れるようなOF力皆無の選手がスタメンにいるチームですね。セフォローシャ、ルーク・バー・モーテ、アロンゾ・ジー、キッド、というように。アウトサイドがまんべんなくスコアリング出来るチームが相手だと、恐いですね。

とは言え、オレはそれでもナッシュが好きなので、30分は出して欲しいし、ナッシュのDFをみんなでヘルプする価値はあると思います。きちんとピックをかけてやったり、コービーが少しでもギャップを作ってボールを渡してやれば、あれほどスムーズに得点とアシストを両立る選手はいないですよ。ミークスやメタには絶対にできません。シュートの安定感も、ガードじゃリーグ有数
[ 2013/01/29 00:05 ] [ 編集 ]
初めまして。
サンダーに勝利とあまりに嬉しいのでコメントさせていただきます!

レイカーズはチームとして歯車がとうとう噛み合ってきた印象ですね!
コービーがボールを周りにシェアしてる時ってすごく良いゲームができるんですよね。それが今ASとして目に見える数字に現れてる気がしますね。
コービーのミニッツも38分としっかりミークスがバックアップ出来てきたのもプラスですね。
個人的にはコービーは平均得点が20〜25当たりが一番いいのかな~と思っています。今日はFG8/12とコービーにFG66%の確立で決められたら相手にとってはどうすることもできないですしね。

不思議なことにメタの+/-ってチームトップの+15なんですね笑
暴走しなければどれだけチームに+になるのかメタに考えてもらいたいですね。

[ 2013/01/28 23:52 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。最近は負けが込んでいて、だからといって私は皆さんのようにあーだこーだと建設的な意見が言える訳ではないので、あまりコメントしていませんでした。

今日のコービーは素晴らしかったですね。確かにゲームメイクする時間は長かったですが、それほど無理をしているようには見えませんでした。その分、シュートの確率も良かったし。またクラーク、ジェイミソン、おまけに最近はほとんどカットの見られなかったパウまでよくパスを受けて決めてくれました。ディフェンスも随所に締まる場面が見られました。

それにしてもアンチはコービーが良かった試合は黙りこくって、悪くなると急に現れるんですから都合のいい生き物ですね 笑 悪かった所だけ採り上げて批判するだけなら小学生でもできますよ。

最後になりますが、最近は更新の時間が夜遅くなることが多くて心配しています。もちろん催促してるわけではありませんが、決して無理はしないでくださいね。
[ 2013/01/28 23:21 ] [ 編集 ]
こちらでの試合開始時間は、朝の5時半でした。
朝早いですが、もしかしたら勝ってくれるかもしれないと思い、根性で早起きして観戦しました。
本当に見てよかったです。おかげで、今日一日るんるん気分でした。
これがあるから、ファンはやめられませんね。

何はどうあれ勝てたことが大きいです。
ここから巻き返してくれると信じています。

ただ、一つ危惧することがあるとすれば、この勝利に甘え、変な自信を持たないかということです。自分たちは強いんだと思うことは重要ですが、そう思うことで楽して勝とうなんて思わないでほしいです。
さすがにプロなので、自分たちの立場はわかっているとは思うし、コービー、ナッシュがいるのでその心配はないとは思いますが。

それにしても、ジェイミソンのゴール付近でのフィニッシュ力は素晴らしいですね。とんでもないクイックリリースで、ブロックが間に合わないといったこともしばしば。
パスの出し手もありがたいと思います。

さあ、次の試合も勝ってくれ!
レイカーズ!
[ 2013/01/28 22:36 ] [ 編集 ]
待ってました。
ジェイミソン、パオ始め、ベンチが食い下がってくれて、
コービーを10分休ませることが出来たのが効きましたね。
衰えが気になってましたが、
やはりフレッシュな状態で終盤を迎えたらこれほど頼りになる選手はいません。
化け物だと思いました。

コービーのパスも良かったですが、
クラーク、パオが棒立ちにならず良くカットしたからだと思います。
昔はラマーがこういうプレイを良くやってくれてましたよね。ちょっと思い出しました。
[ 2013/01/28 22:34 ] [ 編集 ]
これで良い。
コービー、前回に続き二桁アシスト、しかし内容はさらに良く感じられました。後半になっても味方を信じてボールをシェアする。ただ点をとるだけが能ではない。こういうコービーでいてほしい。・・・本人が意識改革してこうなったのか、ただの偶然なのか。前者であることに期待します。

最も、向こうもウエストブルックがかなり足を引っ張っていたので、手放しで喜びはできませんが。

さて、この連勝を忘れず、また一丸となってゲームに臨んでほしいですね。まだまだやれますよ!
[ 2013/01/28 22:14 ] [ 編集 ]
ハーフコートはコービーがPGやって、速攻をナッシュが仕切れると面白いですね。今回クラークに一本いいパスありましたし、前回もコービー、クラークとの3線速攻が何本か出たので、増えると破壊力が増すし、楽に点が取れていいです。

ボストンとグリズリーとの三角トレードで、ガソル出してゲイを迎えると噂を聞いたんですが、ほんとうですか?

せっかくまとまってきたのに止めてほしいです。
セカンドユニットで得点引っ張ってくれますし、コービー以外にポストプレイできる人がいなくなるのもきついです。
ハワードの控えも務まりますし、クラークが出てきた今、ガソル出してゲイ迎えるメリットがないと思います。

いつも通りの噂終わりになってほしいです。
ガソル出されそうで恐いです。
[ 2013/01/28 21:39 ] [ 編集 ]
Happyです!
更新ありがとうございます!今日の試合の結果は仕事前に分かっていたのでルンルン気分で過ごせました~。これが同じチームなのかっていうくらいみんな自信をもってプレイしていたのではないでしょうか。何よりエネルギッシュでいい感じに興奮して楽しそうでした。オフェンスはよくボールがスピーディに回ってみていて楽しかったです。ディフェンスももちろん改善点はあると思いますが、とてもよかったと思います。何よりコービー!!本当にそのオールラウンダーっぷりと支配力に感動しました。デュラントは33点獲っていますがその存在感が薄まるほど試合をコントロールしていたように思います。リックフォックスが以前コービーは「ビックゲームが大好きなんだ」といっていましたが、相手が強ければ強いほど燃えるのでしょうか。どこからでもいつでもシュートを決めてくるし、マジックジョンソンばり(言い過ぎですかね(笑))のパスは出せるしで、相手チームはさぞかし守りにくいだろうと思います。今日もオフェンスのリズムがよいからかみんなのシュートが良く決まっていました。ナッシュ、ガソル、ジェミソン、メタ、ミークスが良いタイミングで決めてくれたのもとても効果的でした。Mayさんがおっしゃるとおり、コービーがPGしているときにナッシュがいるといつでもパスを出せる相手がいることになるのでナッシュがPGでなくとも今日のようにシュートを打ってくれればよい形なのだろうと思いました。まだまだこれがレイカーズのカタチだ!というのは言えないと思いますがこれからどんどんいろいろ試してブラッシュアップできればさらに良くなると思いました。私もMAYさんと同じく、ハワードのフリースローはせめて半分は決めてほしいと思いました。シャックですらもう少し入っていた(笑)。せっかく良い攻めをしてフリースローをもらったのにあっさり外しては流れにのれないし、選手たちもそれが続くとやっぱり「いいかげんにしてくれ!」という気持ちになると思います。その点デュラントやレブロン等強豪チームのスター選手はきっちりと決めてくる。下手なのは初めから分かっていて獲っているはずなのですが、まだ本調子でないとはいえオフェンスで計算できないのはまだまだ改善されるべき点だと思います。オラジュワンからポストプレイの極意を教わったそうですが、彼くらいのサラリーならダブルチームされても40%くらいのFG成功率がほしいものです。あと、ボールハンドリングもムラがある?ように思います。ディフェンスの存在感は数字以上にすごいと思いますが。色々書きましたが今日はHAPPYです!もうすぐロード7連戦と厳しいと思いますが、これからどんどんチームケミストリーが醸成されてさらに良いチームになっていってほしいです。次戦も楽しみです。
[ 2013/01/28 21:28 ] [ 編集 ]
まさか勝ってしまうとは思わなかったので素直に驚きました。
内容自体は悪くないとは思いますが,これが実力なのかまぐれなのかはまだ判断出来ません。
PGコービー,SGナッシュのシステムはオプションのひとつとしてはいいですが,これをメインにするのは止めてほしいです。
確かにナッシュはシューターとしても十分な実力を持っているので上手くいくのは当然なのですが,これではナッシュを取った意味がないです。
ナッシュでは30点取れませんしディフェンスにも難があるので,結局コービーの負担が減りません。

現在のロスターではこれが最善なのかもしれないですがPOでは通用しないでしょうし,このシステムで行くならナッシュである必要がないので(それこそミークスの方がいいです)ナッシュがトレード要員になってしまいます。
少なくとも今のメンバー,最低でもナッシュ・コービー・ハワード(一応パオも)を軸にチーム作りをする気があるならPOまで見据えたシステムを構築すべきです。

正直私自身もナッシュはもう少し出来ると思っていましたが,実際そこまで期待は出来ないのでいっそベンチと組ませるなり,25~30分くらいのミニッツにして負担を減らすなり使い方を考えた方がいいかもしれません。
コービーと一緒ならベンチもそこそこ活躍しますし,ミークスにもう少しミニッツを分けてほしいので。
ナッシュ・ミークス・クラーク・ジェイミソン・パオあたりで組ませるのも面白いと思うんですけどね。

なんかナッシュの介護の仕方みたいになってしまいましたが,今後勝ち星を増やしていくには彼の活躍が必要不可欠だと思うのでもっと頑張ってもらいたいです。
[ 2013/01/28 21:28 ] [ 編集 ]
今日の勝ちは今シーズンで1番嬉しかったです。

今のKDを完璧に抑えるのは無理だと思うので35点とられてますが、
他に対するディフェンスは及第点だったと思います。
あとはディフェンスリバウンドですが、インサイドを良く守っていたので、
OKCはジャンプシュートが多く、ロングリバウンドが多かったので
しょうがないところも多かったです。

Pauもいつもの4リバウンドは取れたのに取らなかったリバウンドがあるので
少なく感じてましたが、今日はそれがなかったので4リバウンドでも見てて
少なくは感じませんでした。
29分のDwightが10とってるのは流石ですが。

今日のDwightのフリースローの調子なら、
Lakersが4Qリードしていると相手がハックアハワードしてくるところですが、
ちょうどDwightはファールトラブルでいなかったのでディフェンスは弱くなりますが
ラッキーでしたね。

Kobeを見てると今の形の方が楽そうに見えました。
シュートが少ないいていうのもありますが、
すべてNashにやらせるより、Kobe自信、DFの駆け引きなどを
考えるとやりやすいのかなと思いました。
それにNashはシュート上手いのでアウトサイドにマークを釣り出せるのでインサイドは助かりますし。

サイン&トレードについてですが、探したら原文があったので…
Sign-and-Trades
Except during the 2011-12 and 2012-13 seasons,
teams are prohibited from acquiring a free agent
in a sign-and-trade if their team salary post-transaction
would exceed the tax level by more than $4 million.
The maximum contract length for asign-and-trade is 4 years, and maximum
annual increases are 4.5%.

これだと次のオフはサイン&トレードできなそうですね…
ちなみに他はここで見れます。
https://docs.google.com/file/d/0B_JqVMjKAfLYNzU3YzVlNDAtMDBlOS00Y2UwLWE5ZTItM2RkZTdjN2FmMzI4/edit?hl=en_US&pli=1

Fisher、ACでぜひ戻ってきてほしいです。
PhilにもHCで戻ってきてもらってFisherが将来HCなれるように
見本を見せてくれないでしょうか…
[ 2013/01/28 21:18 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です!
手に汗を握る展開でしたが無事勝てて良かったです。

コービーのPGいいですね。
オプションとしてナッシュと入れ替わりでやれば
相手のディフェンスを絞らせない効果もあると思います。

ディフェンスではハワードがいるだけ存在感が違います。
無駄なオフェンスファールともう少しフリースローが入れば言うことないですが、
まだ怪我の影響があると思いますので。

オフェンスがダントーニ得意のラン&ガンではなく、ハーフコート主体ですね!
現メンバーでは正解だと思います。

どうにかロードで勝って欲しいです。
[ 2013/01/28 20:58 ] [ 編集 ]
正直ドワイトいないときのが、オフェンスに関しては全員がやりやすそうでしたね
パーキンスはバイナムも苦労してましたが、それでもドワイトよりは遥かにオフェンスはマシでした。
ドワイトは今のままのオフェンスじゃ話になりませんね
フリースローもまったく入りませんし、正直終盤のファールトラブルでいなくなった時は、試合終了まで出なくていいと思ったほどで
ガソルの怪我の具合が良くなったのか、以前ディフェンスはかなりよくなったのもありますがね。

ちなみにドワイトがフロアにいる時のチームのオフェンスは-らしいです。
http://www.d3coder.com/thecity/ezpm-player-ratings/

↑なんですが、メッタでさえ僅かに+なのに、ドワイトのオフェンスは大幅に-なんですよね。よっぽど他のチームメイトと合ってないのでは?
[ 2013/01/28 20:37 ] [ 編集 ]
スコアラーがパスさばけたらディフェンスは止めるの難しいですよ。そうじゃなくてもボール持っ

て動いただけで2人も3人も釣れる男なんすから(笑)PGコービー、SGナッシュ、6thパオ、レイカー

ズの新しい形見えてきたのかもわからないですね。サンダー倒したんだからホンモノですよきっ

と(笑)…チームとして機能するんであればどんな形、どんな役割でも受け入れて勝利に貢献して

欲しいと思います。僕はレイカーズ負けるの見るのがとにかく嫌なんすよ!!
[ 2013/01/28 20:25 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/28 19:47 ] [ 編集 ]
ブログ更新、有難うございます!
詳しい試合内容も有難うございました!

WOWOW放送があったら、息が出来ないぐらい見入って興奮していたと思います!
コービーはやっぱり凄いですね!出来る事ならリングをあと二つ取らせてあげたいです!1023
良いプレーがどんどん増えてレイカーズ恐るべし!!になるといいです!

フィッシャーが観戦してたようですね!一瞬、レイカーズに戻ってくるのかな?と思ってしまいました。
仰るとおり、ACで戻ってくれたらと、私も思いました!





[ 2013/01/28 19:43 ] [ 編集 ]
2試合連続でコービーPGが上手く行きましたね。

ボールハンドルする機会が増えても、得点が20点やそこらでも良いなら彼にとっては楽なのかもしれません。勿論、捌かれた側が決められなくなったら元のもくあみになりそうですが。

パオとかジェイミソンとか、少し前までは全然決まらなかったような難易度の高いシュートまで決まってたので、これが一時的な好調なのかどうか判断がつかないです。

いずれにせよ、ナッシュがPGしててもコービーは余程動き回らなきゃオープンになれませんけど、コービーがPGやってれば普通にナッシュがオープンになってるので、これはこれでアリなのかも・・・と思ってます。

それにしても、要所で締まってたから良いようなものの、結構KDにオープンショット打たれてたのが気になります。

まだまだこれからですね。ひとまず勝てて良かったです。
[ 2013/01/28 19:07 ] [ 編集 ]
これから徐々に上がって行ってくれるといいですね。
ローテーションも大体決まってきたようですし、あとは余剰戦力を放出して
調整を....

やはり下位でもいいのでプレイオフのlakersが見たくなりました。
7位で進出して
1stラウンドでサンアントニオとあたって
2ndラウンドでナゲッツ、ウォリアーズ、グリズリーズあたりとなんとか勝って
ファイナルに行けたらいいなと空想で思い描きました。
いかがでしょうか?笑
[ 2013/01/28 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。