コービー4得点でも勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


コービー4得点でも勝利

Game Score

クラークが、右足に痛みがあり、今朝の練習を休み、MRI検査を受けました。結果は問題なかったのですが、痛みが激しく、ゲーム直前になって出場を決めました。出場を決めた理由は、「フロアーに出るのに4年かかったから、引っ込みたくない。」だそうです。

1Q
出足から、ナッシュ、コービーが、インサイドのドワイトを見つけてパスを出し、ドワイトが続けて決めます。ナッシュは序盤から、積極的に打ち、足の怪我が心配されたクラークも、ドライブしてレイアップを決めます。フィニックスは、最初の2本を外したものの、タッカーが3ポイント、ゴタットが連続でダンクを決め、序盤は僅差で進みます。出足に2本続けた決めたドワイトが、半ば前には、2本外しますが、フィニックスも付き合って外してくれたので、リードを奪われませんでした。半ばに、メタが、3ポイントを含む3本を連続で決めると、その間よく守り、リードを広げ始めます。終盤にドワイトのレイアップとフリースローで、リードを12点に広げますが、その後、続けて決められ追い上げられます。残り1分半で、コービーがフリースローを取って決めますが、ここまでコービーは、シュートが1本もありませんでした。この後も、オニールに、ジャンプシュートを決められると、ディフェンスが崩れてモリスにダンクを決められますが、オフェンスでは、2連続で、コービーのドライブから、ジェイミソンのキックアウトで、ジェイミソンが、ジャンプシュートと3ポイントを決めます。ところが、残り4秒しかないのに、フィニックスのインバウンドパスに、全くプレッシャーをかけないで、全員がディフェンスに戻ってしまい、インバウンドパスを、床に転がされて、時計が動き出さなかったため、マーシャルが、ハーフコート当たりボールを掴んだ時には、4秒がそのまま残っていました。そこから、タッカーに3ポイントを決められ、30-22の8点リードで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、ミークス、メタ、ジェイミソン、クラークでスタートします。フィニックスは、センターがクラークなのに乗じて、センターのオニールに、ボールを入れ、オニールが出足から、2連続で決めます。出足に、クラークが、3ポイントを決めたものの、その後、メタ、クラーク、ジェイミソンが打っては外し、開始から3分程で、3点差に追い上げられます。ここで、メタに代わり、ドワイトが登場すると、すぐにブレイクからドワイトへのアリーユープ・ダンクが決まり、直後には、ブレイクの3ポイントが決まります。その間ディフェンスでは、クラークの2連続スティールがあり、リードを8点に戻します。半ばには、ブレイクが、ドワイトとジェイミソンのダブル・スクリーンを使い、ロールしたジェイミソンにパスを出し、ジェイミソンがレイアップを決めて、11点リードにします。この後、バスケットを交換した後、お互い決まらなくなります。終盤に入った所で、ナッシュがレイアップを決めると、両チーム共、今度は、毎回の様に決め始めます。レイカーズは、ジェイミソンが、引き続き好調で、ジャンプシュートや3ポイントを決めていました。コービーは、引き続きパス専門で、パスコースを読まれて、ターンオーバーがあり、解説者から「パスし過ぎで読まれている。シュートを打って混ぜないと。」と言われていました。残り1分ちょっとに、ドワイトがレイアップを決め、12点リードにしますが、その後決まらなくなり、フィニックスには、続けて決められて、点差を7点に縮められます。ところが、1終了間際は、1Q終了間際とは反対に、フィニックスが少し早く行き外し、残り2秒で、コービーがリバウンドを取って走ると、ジェイミソンが先行し、コービーからパスを貰って、ダンクを決め、56-47の9点リードで、ハーフへ。

3Q
出足にバスケットを交換した後、お互い外します。メタが、リバウンドを取って、いつもなら、ナッシュにパスできても、意地の様にパスしないで、自分でドリブルするのに、何故か慌ててパスを出し、スコラにスティールされ、スコラにファウルをします。スコラが、このフリースローを2本共外してくれて、助かりました。その後、ドラギッチにレイアップを決められますが、直後にメタが3ポイントを返して、点差の二桁10点に戻します。ところが、ここから、シュートが全く決まらなくなります。半ばにドワイト、終盤にジェイミソンのフリースローによる1点ずつ計2点があったものの、コーター終了まで、バスケットが、1本も決まらず、14本連続で外しました。前半は、1本もシュートを打たなかったコービーは、半ば前に最初のシュートになった3ポイントを打って外した後、終盤には、フリースローラインの後ろから、ジャンプシュートを打って外します。解説者が、「全くシュートを打たないと、リズムに乗れないから決まらない。」と言っていました。アナウサーも、「エンターテイメントの面からも、見に来ている人、テレビで見ている人は、コービーがシュートを打たなかったら、面白くない。」と言っていました。シュートが決まらないだけでなく、パスをすると読まれているので、スティールされることが多かったです。得点できない上、半ばには、同一ポゼションで、オフェンシブ・リブアンドを続けて与え得点されたほか、レイアップを次々と決められます。半ばには、3点差に追い上げられますが、その後ディフェンスが締まり、終盤までの3分間を、無得点に抑えますが、一向にシュートが決まらず、ビーズリーにジャンプシュート&1を決められて、1点差に追い上げられると、オーニールのフリースローで、同点から逆転されます。その直後のオフェンスでは、ベースラインでボールを貰ったコービーが、ぶつかられて外に倒れこんだのに、ファウルにもならないプレーがあります。終盤は、ビーズリーのトラベリングや、タッカーのブレイクでのチャージでのターンオーバーがあり、暫くは点差を広げられませんが、前半と同じく、ドワイトがベンチに戻ったため、フィニックスは、オニールにボールを入れ、オニールが、フリースローとジャンプシュートで、4得点し、71-65の6点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、ミークスが3ポイントを決め、9分間のバスケット干ばつに終止符を打ち、3点差に追い上げます。ところが、その直後に、2回オフェンシブ・リバウンドを取られて、得点されます。この後、メタがジャンプシュートを外しますが、自分でオフェンシブ・リバウンドを取り、その後も外しますが、しつこく自分でリバウンドを取り、3回目で遂に決めます。メタは、この直後には、ディフェンスでスティールし、ファーストブレイクからは、ファウルされ決められませんが、フリースローを2本共決め、同点に追いつきます。この後、レイカーズはミークス、フィニックスはモリスが、共に3ポイントを外すと、ミークスがレイアップを、オーニールにブロックされますが、ドワイトがそのリバウンドを取りレイアップに行き、それもオニールにブロックされますが、今度はミークスがリバウンドを取り、そこから決め、久しぶりにリードを奪います。この後、ビーズリーに決められ、同点に追いつかれますが、半ばには、ブレイクがドリブルして動き回った後、ドリブルを止めてしまい、動きが取れなくなり、「又か」と思ったのですが、振り向きざまに打って決めます。この直後のディフェンスでは、ジェイミソンが、ダドリーをブロックし、そのボールを、アウトオブバウンズにしてしまわないで、外に倒れこみながらも、ドワイトにパスします。その直後に、コービーとナッシュが、ブレイクとミークスに代わって登場すると、ナッシュは戻ると直ぐに、ジャンプシュートを決めます。その直後には、リズムに乗れないコービーが、バスケットに届かないエアーボールを放ちますが、ジェイミソンがリバウンドを掴みレイアップを決め、6点リードにします。直後に、スコラに決められると、ナッシュがレイアップを外しますが、ここでもジェイミソンがリバウンドを取りレイアップを決め、点差を直ぐに6点に戻します。終盤に入った所では、ナッシュとドワイトが、バスケットボールのテキストブックに出て来るお手本の様なピック&ロールで、ドワイトがダンクを決め、直後には、やはりナッシュとドワイトが、ピック&ロールをしますが、流石に2回続けて騙されないので、ボールを左右に振った後、ドワイトにボールを入れ、ドワイトが決めます。この間、フィニックスに返されますが、コービーが3ポイントを外すと、メタ、ドワイトがオフェンシブ・リバウンドから外し、最終的にコービーがリバウンドを取り、フローターを決め、残り2分ちょっとで、8点リードとします。コービーは、このゲームで、これが初めてで唯一のバスケットでした。この後、ディフェンスでは、コービーとドワイトの連続ブロックがあったものの、オフェンシブ・リバウンドをことごとく取られ、そこから得点されたり、メタがスティールしたのに、ファーストブレイクで、足元がおぼつかなくなり、ドラギッチに激突して、チャージを取られたり、締まらないプレーが続きましたが、それで時間を使ったために、残り1分ちょっとで、6点リードを保てました。残り29秒では、マイアミ戦の4Qに、1本もシュートを打たないで批判されたナッシュが、自分でドライブして、フローターを決め8点リードとし、事実上ゲームを決めました。




コービー:4得点(1-8、3PT=0-4)、9アシスト、5リバウンド
キャリア最低は、クリーブランド相手に2点というのがあるそうですが、それは、1Qに足首を捻って退場したゲームで、最後までプレーしたゲームでは、キャリア最低だそうです。前半に、シュートを1本も打たなかったのも、シアトル相手にあるそうですが、それも、ゲーム開始後1分しない内に、足首を捻って退場したゲームだそうです。

ゲーム中に、解説者からもパスし過ぎと言われていましたが、ゲーム後の番組でも、ワージーとランビスが、「シュートを打たないから、リズムに乗れない」と言っていました。ハイライトですが、「パスし過ぎ」と言われています。解説者は、「フィニックスが、シュートが打てないプレーヤーを守るように、守っている。」と言っていました。パスをするのが分かっているので、よくスティールされ、8ターンオーバーがありました。「ダントーニも、ゲーム後のインタビューで、「ちょっとやり過ぎ。も少し、元に戻さないと。」と言っていました。但し、「17年もやっていれば、こういう悪いゲームもあるから、見逃す。」と言っていました。シュートを沢山打つとセルフィッシュで、パスを沢山するとアンセルフィッシュというのは、見当違いです。シュートを打つのと、パスをするのでは、正反対の行為に見えますが、コービーの感覚だと、勝つために必要と思うことを、徹底的にやっている結果、程度を超えてしまうだけで、どちらをするにしても、考え方は同じです。程度を超えるのは問題ですが、それだけ勝利に対する執着心が強いから、そうなります。

ドワイト:19得点(8-15)、18リバウンド、2ブロック
ピック&ロールを、積極的にやっていました。スクリーンのセットは、今までは、空気をスクリーンする様なのが多かったですが、今日は、比較的しっかりしていました。それよりも、リバウンドをよくやってくれました。クラークが本調子でなかっただけに、助かりました。

クラーク:11得点(4-9、3PT=1-3)、4リバウンド
ゲーム終盤はベンチで、28分のプレーでした。ダントーニによると、足が悪化したのでも、本人の希望でもなく、ジェイミソンがよくプレーしていたから、休ませたそうです。動きは良かったですが、リバウンドが少なかったです。足も心配ですが、右膝にスリーブを付けていました。

ナッシュ:10得点(5-11、3PT=0-2)、8アシスト
シュートの本数もですが、今までは、スポットアップしてボールを貰わないと打たないことが多かったですが、今日は、自分で動いて打っていました。決めたシュート5本には、アシストが1つも付いていません。チームメイトに助けてもらわなくても決められる人が必要なので、助かります。

メタ:17得点(6-16、3PT=2-3)、8リバウンド
1Qが4-6で期待したのですが、調子に乗って打ちまくって、2Q以降は2-10でした。4Qの序盤に、シュートとフリースローで5得点と頑張ったので、今日は良しとしますが。

ジェイミソン:19得点(8-16、3PT=2-4)、10リバウンド
今日のヒーローです。3ポイント以外も、ジャンプシュートがよく決まりました。ファーストブレイクで走れて、バスケットでフィニッシュできるので、ありがたいです。

ブレイク:5得点(2-2)、3アシスト
2ゲーム連続で、シュートの確率が100%の偉業です。相変わらず、ドリブルするだけで時間を使うのですが、スクリーンの使い方は上手いので、ブレイクがプレーしている時には、毎回スクリーンをセットしたら良いと思います。

ミークス:6得点(2-6、3PT=1-4)


オフェンス
全く決まらない時でも、オフェンスが崩れて無理なシュートを打っていたのではなく、打つべきシュートを打って外していました。ドワイトが、頻繁に、しっかりスクリーンをセットする様になり、ピック&ロールや、ドワイトがカバーされても、他のプレーがオープンになりました。

ディフェンス
ファーストブレイクのディフェンスが、引き続き課題です。外したシュートや、ターンオーバーからだけでなく、決めた後に走られることもあります。ドワイトがブロックに出た後のカバーは、まずまずです。リバウンド数は、48-48と同数、オフェンシブ・リバウンド数も、12-12の同数でした。ただでさえ、ビッグマンがドワイトだけな上、クラークが本調子でないので、よくやった方です。


ところで、俳優でコメディアンのウィル・ファレルは、レイカーズ戦の常連ですが、今日は、レッド・コートと呼ばれる、レイカーズの警備担当者に扮していました。4Qには、コートサイドに座ってたシャックを、退場させていました。乗りの良いシャックは、付き合って、おとなしく退場していました。シャックは、ゲーム前に、コービーと談笑し、最後にコービーの耳元で何か言ったら、コービーが大笑いしていました。



↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/02/13 19:22  Lakers | コメント(30)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>天使の街の湖軍団好きさん

このくらいやってくれたら、良くやってくれていると思います。確かに、ディフェンスは良くなって来ました。ドワイトがブロックに出た後のカバーが良くなって来たのが、大きいと思います。


>>ガムさん

初めまして。

そういうファンのためにと思って、ブログを始めたので、楽しんでいただけて、嬉しいです。


>>nさん

実は、マイアミ戦の後、月曜日、火曜日に、スポーツラジオ局で「ドワイトがピックをしない」と、散々批判されていました。プレーヤーは、結構ラジオを聞いています。本人が聞いていなくても、取り巻きが聞いていたり。バイナムがいた時は、朝から晩まで、批判され続けた日がよくあって、関係者から電話がかかってきて、苦情を言われたこともあるそうです。それもラジオでばらされたのですが。ドワイトは、人からどう思われるかを気にする様なので、朝から晩まで批判され続けて、追い詰められたのでは?

スクリーンの位置は、そうかもしれませんね。オーランドにいた時は、そうでもなかったと思いますが。

メタは、良くも悪くも、手を出すのが早いです。(笑)


>>スキップトゥマルーさん&KB24さん

ラッパさんが、後で説明されていますが、私も、ここで「パスし過ぎ」とコメントしている人に喧嘩を売っているのではなくて、ゆ~すけさんが時々仰っている、2チャンとか知恵袋とかで、コービーが悪い時だけ出て来て、何だかんだ言う人のことだと理解しました。私も記事中で、パスし過ぎと言っているし。でも、喧嘩を売られたとは思いませんでした。書いた文章は、表情や語気が伝わらないから、誤解を招き易いですね。


>>ラッパさん

コービーは、終盤、ゲームメイクもしていなかったですよね。私も、コービーが打たなかったら、見ていて面白くないです。コービーがいなかったら、オフェンスは、並みのチームですよね。

ドワイトは、このくらいやってくれないと。仰る通り、100%でなくても、100%のバイナムよりずっと良いですが。バイナムは、5リバウンド所か、2リバウンドなんていうのもありました。

クラークは、若いから、回復が早いと思います。ベンチ暖めからミニッツリーダーになったので、足が驚いたのでしょう。

私も、デッドラインを過ぎて、まだメタがいたら、いなくなるまで、ブログ休止にしようかと思いますよ。


>>ロンロン大好きさん

最近、何かの間違いと思うスタッツシートがよくありますよね。ナッシュが2アシストとか。クラークは、良いですよね。これからは、ああいうプレーヤーを集めて欲しいです。


>>ミスドさん

ピック&ロールが、今までなかなか決まらなかったのは、ナッシュよりも、ピックする方の責任だったと思います。そもそも、ピックをしないことも多かったです。

ドワイトは、ゲーム直後のフロアーでのインタビューでは、笑っていませんでしたが、ロッカールームでは、笑っていましたよ。「オールスター前の1連戦」とか言って。ワージーやオーリーに、「笑うな」と言われるから、気にしているのでは?

私も、コービーの引用では、これが一番好きです。最後がカッコいいです。


>>まめさん

極端に成り過ぎて、それを戻して、丁度良い所に落ち着くと思います。

メタは、スティールもですが、オフェンシブ・リバウンドを取っても、その後に決められないから、自分のスタッツが上がるだけで、チームに貢献していないです。それに、スティールしても、得点できなかったら、相手のクロックの時間を戻した様な物です。

ジェイミソンは、チームメイトとの連携が良くなってきました。チームメイトが、ジェイミソンの特徴を憶えてきたのだと思います。ナッシュは、オールスターに選出されなくて良かったです。今更、行きたいとも思わないのでは?


>>masaさん

マイアミ戦からも分かる様に、コービー以外も決めないと勝てないので、ある程度は仕方が無いです。

クラークは、オールスター出場も、夢ではないと思います。西のフロントコートは、グリフィンが3位ですが、票数がガタッと落ちるし、去年より今年の方が、投票期間が長かったのに、票数が減っています。HC投票だと、難しいかも知れません。レイカーズは、コービーとドワイトの2人が、間違いなくファン投票で選出されるので。


>>匿名の方

メタは、相手のHCの思う通りにプレーしています。「又、あの馬鹿が打ちまくっている」とほくそ笑んでいると思いますよ。メタがヒューストンにいた時、フィルがそうだったんだから。メタが打つ分、コービー、ナッシュ、クラークの本数が少なくなるから、余計に頭に来ます。私も、メタについては文句ばかりなので、記事を書いていても楽しくないです。


>>G.R.さん

ハワードとクラークに対する、期待の基準が違って、クラークは基準を大きく超えているのに、ハワードは、基準を下回っているから、余計そう感じるのだと思います。クラークのゲーム後のインタビューを聞いていると、HCのインタビューみたいです。言っていることが的確だし、スムーズに話します。エルボーさんは、口を開いたら直ぐに、頭の程度が知れます。


>>ひでさん

本来は、コービーが楽に打てる様にしなといけないですよね。得点能力が一番ある人が、シュートの本数が一番少ないなんて、馬鹿げています。それに、コービーが打たないと、見ていて面白くないです。

ナッシュがこの程度なら、ナッシュでなくても、サラリーが低い人でも良いですよね。ディフェンスを考えたら、その方がむしろ良いです。最初の頃は、コービーがバスケットにカットして楽に決めたり、スクリーンから出て来てボールを貰って決めたり、結構上手く行っていたのに。


>>だいちさん

メタが、馬鹿みたいに打ちまくるより、その分ジェイミソンに打って欲しいです。体勢が悪くても決められるのが強みです。

来オフは、アムネスティーが使える最後のオフだし、必要なら使ってサラリーを削減して、クラークとは契約して欲しいです。


>>sakanaさん

なる程ね~。テックスが言うなら、そうなんでしょうね。

ウィル・ファレルは、かなり稼いでいるから、バイトの必要はないでしょう。


>>ゾロリせんせさん

私は、クラークがルーキーの時は、全然知りません。それ所か、レイカーズに来る前は、こういう人がいるのを知りませんでした。20/10が平均になったら、オールスターも夢ではないと思います。

ジェイミソンは、このくらいは一定してやれる実力があるはずです。膝は、故意ではないと思いますよ。


>>LAXさん

それもそうですが、フィニックスに続けて負ける訳には行かないです。

クラークは、新鮮で良いです。こういうプレーヤーが、もっと欲しいですね。

ナッシュも、シャックの所には行っていなかったです。訴訟沙汰になった仲なので、当然ですが。


>>ふちさん

ナッシュは自分でドリブルしてシュートを打てるので、最低これくらいは打ってくれないと。

私も、シュートを打つより、パスの方が、肘への負担が大きいと思います。大したこと無いと良いですが。

クラークは、ガーベッジタイムに出て行く時にも、すっ飛んで行きましたよ。ゲーム前に、自分の名前をアナウスされるのが、嬉しいそうですよ。そういうプレーヤーは、新鮮で良いです。


>>WTさん

コービーがボールを持っても、チームメイトが条件反射で動く様にしないといけないですからね。

ハワードは、バン・カンディーが、「ターンオーバーは多いし、フリースローの確率は低いから、得点が欲しい時に、ポストでボールを渡せない。」と言っていましたよ。

バトラーが欲しいです。ラマーはもう、SFでは無理でしょう。リバウンドが多いから、欲しいですが。


>>akrさん

クラークは、MRIが問題なかったので、後1ゲーム、頑張ってもらいましょう。5日間休みだし、若いので大丈夫でしょう。


>>ゆ~すけさん

確かに、ジャンプシュートは、リングの手前だったり、届かないのもあったし、1本は、コーター終了間際にバックコートからでしたが、それにしても、かなり短かったので、肘の影響はあるかもしれません。


>>asapmobさん

特に噂はないですが、ESPNに「レイカーズはドワイトをトレードするべき」なんて記事がちょっと前にありました。余計なお世話です。レイカーズのことを記事にしておけば、読む人が多いので、どうしても、レイカーズがネタになるのですが。

シャックは、2人で申し合わせていたのではないと思いますが、乗りが良いから上手くいったのでしょうね。乱闘の真似でもしてくれたら、もっと良かったのに。


>>すすわたりさん

クリッパーズは、バックトゥーバックです。でも、バックトゥーバックのボストンに負けたくらいなので、当てにできないですが。

コービーがマンバしないと、面白くないだけでなくて、強豪相手には勝てないです。


>>マルショウさん

クラークは、ルイビル時代に、右足を疲労骨折しているそうです。それで、心配だったので、痛みが激しかったのではないそうです。

ドワイトは、18リバウンドまでは言いませんが、15前後以上取ったら、ファンは誰も文句を言わないです。私もジェイミソンは、何も3ポイントでなくても、ミドルで充分だと思います。

マルショウさんのテレビは、クリッパーズ戦ばかり放送する特別なテレビなんでしょうか?それとも、日本のテレビ局が、クリッパーズ戦の中継が多いのでしょうか?(笑)日本のテレビ局は、恐らく上位チームを優先して中継しているのでは?こちらでは、レイカーズは、2年連続PO2回戦負けなのに、年間25ゲームも全国中継です。


>>神戸大学機械工学さん

シーズン中、数える程しかないですが、レイカーズとクリッパーズのダブルヘッダーや、キングスとレイカーズかクリッパーズというのがあります。その際、床を入れ替える作業を、最初から最後までビデオにとって、それを早送りにするのを、みたことがあります。床は、みんな、1枚ずつ置いていくので、時間がかかります。最初のゲームが、オーバータイムになると、担当者は心配だそうです。ホッケーは、結構オーバータイムが多いです。グラミーは、夜8時半頃に終わるので、ステージはその日の内に片付けると思います。

グラミー賞見ましたよ。ケリー・クラークソンとフランク・オーシャンの受賞が
以外でした。オーシャンが受賞した時、みんな立ち上がって拍手をしていたのに、同じカテゴリーでノミネートされていた、クリス・ブラウンが、立ち上がらなかったと話題になっています。特に、その前の週に、ウエスト・ハリウッドのスタジオの駐車場で、駐車場所が原因で揉めて、ブラウンがオーシャンを殴ったそうなので。


>>古参者さん

そう言われてみると、パオの物真似みたいですね。シャックが来ていたから、ドワイトに良くプレーさせようとしたのかもしれません。悪いと、又、トラッシュトークされるので。

ポールもですが、ビラップスも、いつの間にか戻ったみたいですね。


>>かずさん

コービーは、20本くらい打っても、問題ないというより、それが理想的だと思います。20本は、ちょっと大目ですが、16-17本くらいは打つべきです。メタが、あんなに打つのがおかしいです。スターターの中では、最低なのが、チームで一番多く打ったり、それに近く打っているなんて、馬鹿げています。

ドワイトは、ディフェンスとリバウンドをやってこそ価値があるので、ディフェンスがいい加減で、オフェンスがいくら良くても意味無いです。

ボストンは、バルボサがACL断裂ですよね。ブレイクを貰ってくれないでしょうか?でも、うちもバックアップPGがいるのですが。
[ 2013/02/15 09:02 ] [ 編集 ]
ハワードは痛みがあるんですよね。
良くやってくれてると思います。
最近は守り勝ち出来ているのがシーズン序盤と変わった所だと思います。
しかもロスターはスカスカの状態で。
[ 2013/02/14 19:28 ] [ 編集 ]
いつも見させてもらってます!

僕の家はNHKBSでしかNBAの試合を見れないのでこうやって詳しく試合内容を書いてくださってとても感謝してます!

こらからもブログ更新よろしくお願いします( ´∀`)
[ 2013/02/14 18:25 ] [ 編集 ]
勘違いさせてしまいすみません。
この場所でみなさんが議論されてることには言ってません。ちょっと言葉ら足らずでそこが伝わってないかもしれません。
私は某掲示板や某コメント欄にいる、明らかにスタッツしか見ないで負けた時に湧いて出る、一方的に叩いてるアンチの方を形容したつもりです。

気分をわるくさせてしまいすみません。
[ 2013/02/14 16:49 ] [ 編集 ]
すいません
検討中ではなく喧嘩でした連投すいません。
[ 2013/02/14 16:41 ] [ 編集 ]
更新お疲れっす
ラッパさん

暇人とか言わなくていいんじゃない
気分悪くなりました。

検討中吹っ掛けるのはやめましょう。
[ 2013/02/14 16:38 ] [ 編集 ]
急にスクリーンが増えましたね。
ハワード、クラーク、ジェイミソンの意識が上がったのか、オフボール間のスクリーンが多かった様に思います。

ハワードのピックのスクリーンがディフェンスに対して高すぎるから上手くひっかからないと思いました。
もう少しディフェンスに対して低い位置からかければ、スムーズになると思います。

メタはスティールはNBA レベルですね。
その後が酷いですが(笑)
[ 2013/02/14 16:03 ] [ 編集 ]
↓の人も十分暇人かと。
打ち過ぎたから打ち過ぎ、打たなさ過ぎだから打たなさ過ぎと言ってるだけなので別に何も可笑しくはないかと。
KOBE好きな僕でも正直そう思いますし。
みんなで批評するのは良いと思いますが、揚げ足の取り合いのファンVSアンチは見てて気分が悪いです。
そういうのは某掲示板に任せておけば良いと思います。
僕はコメントなどする事はほとんどありませんがMayさんのブログ記事も皆さんのコメントも読むのが日課で毎日楽しみにしてます。
ですのでアンチをあえて刺激したり小馬鹿にするコメントは辞めた方が良いのでは?

生意気な事言ってすみませんm(__)m
[ 2013/02/14 15:40 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
Kobe4得点ですか。チームは勝ってますからなんも問題無いんですが、どこかの暇人の方々は今がチャンスとばかりに叩いてますね。今まで「シュート打ち過ぎ」って言ってたのが4得点になった途端「もっとシュート打て」って言ってるんだから、そりゃこっちとしては可笑しくてしょうがないです(笑)

ただKobeがパスするって途中から読まれてディフェンスされましたからTOも多いですし、あそこまで徹底する必要なかったのかなと。
あとは肘も影響してたんですかね。OKC戦とかKobeがアシスト14稼いでいた試合でもクローズはKobeがやってたのに今日はすべてNashに任せてましたし。

見る方としてもやっぱりKobeにはシュート打ってもらいたいです。怪我で打てなかったなら仕方ないですが…何年もLakersファンをやってると、もう一つのLAのチームのフロッピング野郎のただ派手なだけのタンクとか(Griffin好きの人が居たらすみません。私大嫌いなんです)LeBronのプレー見てるよりも、Kobeのfadeawayが1番華があって好きなんですよね。あんだけ厳しいディフェンスされながら決められるのはまだまだNBAで彼だけですし、他の選手にはない魅力があるんですよね。

今日はDwightは比較的良かったと思います。比較対象が去年のBynumなので大分ラインは下がりますが、それでも怪我で100%のコンディションじゃくてこのスタッツなら及第点かと。Bynumなら5リバウンドとか当たり前ですし。それとヘアバンドしてませんでしたね。Orlandoの時はしてなかったので、この方が威圧感があって個人的には好きです。

Clarkのセリフいいですね。Jamisonが良かったおかげで4Q休めましたし、あと1試合でオールスターブレイクですからClippers戦だけ頑張ってもらってあとはゆっくり休んでオールスター明けに期待します。

トレードデッドラインがもうすぐですが、本当に今年こそMWPとBlakeの放出を願います。見返りは期待できないですが…
[ 2013/02/14 11:59 ] [ 編集 ]
最初にスタッツシート見た時は絶対何かの間違いだと思ってたんですが、まさかでした。まぁ次のゲームはLA対決ですし、確実に修正してくるでしょ。珍しいもんを見たって事でいいんじゃないですかね。私もクラークのコメントに嬉しくさせられました。ベンチを暖めてたころのクラークの印象は腐った魚みたいな目をしてて、今の現状を誰が想像できたか。この掴んだチャンスを逃さず、さらなる高みへ昇ってほしい。
[ 2013/02/14 07:09 ] [ 編集 ]
毎度更新お疲れさまです。快調な前半から一転悪夢の3Qでしたが無事何とか勝てて良かったです。

個人的にはAJよりもナッシュが印象的でした。要所要所で積極的に打ってた印象です。

ドワイトとの完璧なピックも久々?に決まりましたし。
これからももっとこういう効率良く点が取れれば良いのですが。

ただせっかくの勝利インタビューでもドワイトが全く笑顔がなかったのが気になります。
コービーはコービー、ドワイトはドワイトで違うリーダーシップの取り方があると思うし、違うべきだと思います。彼なりにチームを鼓舞して引っぱっていって欲しいと思います。

コービーは・・・肘の状態もあると思いますが最後は普通にスタミナが尽きてバテた様に見えました。らしくないTOも多かったですし。疲労が心配です。

肘の件もあるでしょうが、最近のパスでチーム全体を巻き込もうとする努力は本当に見事ですね。本来のナッシュの役割ですが勝つためには何でもするという所が自分は大好きです。


"I'll do whatever it takes to win games, whether it's sitting on a bench waving a towel, handing a cup of water to a teammate, or hitting the game-winning shot. "

Kobe Bryant


有名なコービーの引用ですが自分の一番好きなものです。

去年の最後の1試合までもつれた得点王争いの件もそうですが、最近のコービーを見ると個人成績なんかどうでも良くて本当に”勝ちたい”という気持ちが感じられます。

未だに”進化”し続けるコービーが引退までに一つでも多くのバナーを掲げるのを見たいですね!

自分もまだまだPOは諦めてないです!何よりコービーを始めとするレイカーズの面々が諦めてるとは1ミリも思わないからです!

Go!!Lakers!!!!!!!
[ 2013/02/14 01:32 ] [ 編集 ]
コービーは、実験として試した、みたいな感じでしょう。サンズはもはや西の最下位ですから、それくらい試しつつも勝つくらいじゃないと、チームとしてさすがにヤバいですからね。どの選手も笑顔の余裕のプレーが多かったので、そこだけは少しずつ地力がついてきたように思えます。次のLAC戦が、一つの試金石になりそうですね。

メタのファーストブレイクは、本当にNBA最低レベルですね。絶対に味方にパスしないし。自分でスティールして、オフェンスファールでTOじゃ、ご苦労なことですよ。てか、今日は良く見えたくせにそれでも確率は酷いし16本も打ってるし。確率以上にシュート本数が。。。。

コービーtoジェイミソンはホットラインと言えるし、ナッシュも良い1on1やピックが増えてきたので、楽しくはなってきましたね。オールスターに選ばれなかったことも、年寄りのナッシュにはプラスですね。コンディションを整えて、もう少しキレのある動きが見られるはず。
[ 2013/02/14 01:30 ] [ 編集 ]
コービーの今日のプレーはどうなんでしょう。意図的にシュートの本数を減らして、周りがもっと動くように仕向けさせたのか、それとも、余程肘の状態がよくないのか。
もし、周りがもっと動くように仕向けさせたのだったら、それはこれから後半戦、プレーオフに入っていく上で、チームが機能していくためには必要なのでいいと思います。そうなればコービーだけを止めればいいというわけにはいきませんから、コービーも楽に得点できると思います。

クラークの「フロアーに出るのに4年かかったから、引っ込みたくない」というのはグッときました。クラークからはハングリーなところも感じられるし、プレーもクレバーだし、ゲームごとにどんどん成長してきているのが分かりますし、本当にいいプレイヤーだし、人としても立派だと感じています。
このまま成長を続ければ、来シーズンは本当にオールスター出場あるかもしれないですね。少なくとも、私は投票します。

ドワイトはヘッドバンド外して、プレーがよくなりましたね。あまり、似合っていなかったので、外してよかったです。(笑)
ドワイトはディフェンスのプレイヤーなので、ボールを持って、リズムをつくるのではなく、リバウンドやブロックを量産してリズムをつくって得点してほしいです。それが今日のゲームでしたね。
P&Rでは、いつもより、しっかりスクリーンをかけれていましたが肩のケガはどうなのでしょう。正直、オフでしっかり肩のケガを治して、来シーズンからスーパーマンのドワイトが見れると思っていたのですが、今日のようなパフォーマンスをされるとこれからに期待してしまいます。もちろん、本調子ならエンド1というプレーがまだありますが、それでも、19点18リバウンドしてくれると十分です。問題は続けていけるかどうかです。

クラークもドワイトもコービーもあと1試合でオールスターブレイクなので、そこでしっかり休養をとってケガの状態を少しでもよくしてもらいたいです。コービーとドワイトにはその期間中にもお仕事がありますが・・・(笑)。来年はクラークにもそのお仕事が入るように、成長
していってもらいたいです。
[ 2013/02/14 00:18 ] [ 編集 ]
メタが前半ちょっと活躍したから「俺はまだまだやれる」とか勘違いしてたら最悪ですね?!

つか、メタは毎回シュート打ちすぎですよね!
#24とナッシュの打ち過ぎは納得できるけどメタは嫌です!!

楽しいブログに毎回メタの悪口書いてる自分もなんか嫌ですけど・・・

早くなんとかしてくれぇぇー
[ 2013/02/13 23:50 ] [ 編集 ]
記事を見て、もうハワード<クラークなんだなと思いました。普通なら“ハワードが本調子じゃないからクラークが助ける”のところを“クラークが本調子じゃないからハワードが助ける”ですもんね。
クラークは努力でここまで来ました。
ハワードもこの立場を逆転できるように頑張ってほしいです!
それにしてもクラークは若いのに落ち着いているし、言うことも的確でベテランみたいですね。
どっかのエルボーさんとは正反対です。
[ 2013/02/13 23:49 ] [ 編集 ]
久々のホームでの試合で勝てて良かったです。

コービーはチームが勝つには、自分がどのようにプレイすればいいのかということを考えていて、その結果が、自分がマークを引きつけてパスを出すというプレースタイルなんでしょうね。
ターンオーバーが多いですが、たまにはそんな日もありますし、コービーのことですから、そのあたりはうまく適応してくれると思っています。
シュートはリズムに乗るためにも、ある程度打つことは必要かなと思いました。
肘の調子はどうなんでしょうね。
肘の調子が悪く、だからシュートをあまり打たなかったとしたら心配です。

でも、ここまでコービーがパスを回さないといけない状況になるとは思いませんでした。
ナッシュがゲームメイクをもう少ししっかりできれば、こんなことにはならずに済んだと思うんですけどね…
今の状況では、コービーのゲームメイクというのも必要なんでしょうね。

そのナッシュは今日は良かったと思います。
シュートも良く打っていますし。
ジェイミソンの活躍も大きかったですね。

次がオールスター前最後の試合ですが、ぜひ勝って、前半戦を締めくくってもらいたいです。

[ 2013/02/13 23:46 ] [ 編集 ]
jamison好きなプレイヤーなので活躍が嬉しいです!
なんといっても笑顔が好きです。

ふと思ったのですが、レイカーズがずっと片思いしているアリーザは、クラークがアリーザ以上のプレイヤーに成長したのでオフはなんとしても、クラークを引き止めて欲しいですね!
[ 2013/02/13 23:01 ] [ 編集 ]
いつもご苦労さまです。

最近家を掃除してて古い日本の雑誌を見つけて読んでたのですが、そこにテックスウィンターのインタビューがあってジョーダンとコービーの違いについて「コービーは何をするにしても徹底してしまう。シュートすると決めたらシュートしすぎてパスするなら徹底してパスをしてしまう。頑固なんだ。」みたいな事が書いてあって、今日の試合はそれの典型だな~。と思ってしまいました。


それと記事の最後のあれはコメディアンがふざけてたんですね。
てっきり有名なコメディアンがお金を使いすぎて元マブスのDウエストみたいにバイトしてたのかと思っていました(笑)

[ 2013/02/13 22:57 ] [ 編集 ]
更新お疲れさまです。
「EASY」ですか。なんか意外と、・・・普通ですね(笑)。イヤ、教えていただいて、ありがとうございます。

――フロアーに出るのに4年かかったから、下がりたくない。

俺もこれ、ちょっとしんみりきました。まぁ、そりゃそうですよね。皆が皆、リーグで喝采浴びられるわけじゃないし。もう記憶が曖昧ですが、たしか彼、ルーキーの頃「俺は5年後にはオールスターに出れる」みたいなこと言ってませんでしたっけ。すでに4年経過したということで、残された時間は僅かではありますが、本気で目指すくらいの心意気で毎ゲーム臨んでほしいですね。


ゲームの方は、とにかくジェイミソンが頑張ってくれたな、という印象。しかし相手のあそこに膝入れるのは、いただけませんが!残念なのは、ジャズがサンダーを食べちゃったことですかね。いや~、どうにか追い付けると良いんですが。やはり難しいかなぁ・・・。
[ 2013/02/13 22:37 ] [ 編集 ]
Kobeの極端なプレー、怪我を押したClark、後半暴走のMWP、最悪の3Qなど、
負けたらいろいろ騒がしくなりそうな試合だっただけに勝ててよかったです。

Clarkの気迫はうれしいですね、無理はしてほしくないですが
こういうハングリー精神の高いプレーヤーは歓迎です。

Jamisonの本来の能力の高さが良く出た試合でもありました。

ShaqはKobeとは談笑してても、DwightはShaqとは話してませんでしたね。
[ 2013/02/13 22:31 ] [ 編集 ]
どんな形であれ、勝てたのでよかったです。
PGが点を取ってくれるのは本当に助かりますね。ナッシュの場合、自分でスペースをクリエイトできますからなおさら助かります。
コービーは心配ですが、まあ大丈夫でしょう。誰だってこんな日はあるでしょうし。
肘は痛いでしょうが、シュートを打つよりもシュートモーションからのパスのほうが負担は大きいような・・・。そのへんは本人にしかわからないのでしょうかね。

クラークが心配です。「フロアーに出るまで4年かかった」この言葉にグッときました。コートに出れない苦しみ、コートに出ている幸せを知っているのでしょうね。彼は本当に素晴らしい選手です。
[ 2013/02/13 22:25 ] [ 編集 ]
 コービーがオンボールのときのオフボールの選手の動きは試合を通して良かったので、コービーがパスに徹していたことによって周りが動かなければとならないという意識づけの意味合いとしてはこの試合は良かったですし、コービの今日のプレーについて意図的であったとすら個人的には思います。

 ナッシュはオフェンス面では多彩な選択肢があるので、コービーPG、ナッシュSGもオプションの1つとして遜色ないオフェンスが期待できそうです。

 ハワードはボールをポストでとめてからのオフェンスをする能力はない(右手のランニングフックくらいしか出来ない)ので、今日のようにP&Rやアリウーププレイなどを中心にすればオフェンスでの貢献も期待できますね。

 クリッパーズにはレイカーズを去っていったSFが3人いますね(オドム・バーンズ・バトラー)。一人でいいので欲しいですね・・・無理でしょうけど。



[ 2013/02/13 21:54 ] [ 編集 ]
あー、ゆーすけさん久しぶりやん!
体調、大丈夫ですか?

私も肘が余程痛いし、フェニックス相手なら自分がやらなくても大丈夫かって思ったのかと

クラークはだいじょうぶかなー。
気持ちは分かるけど、オールスター前はあと1ゲームなんで休んでも良いのではと思いますが。
[ 2013/02/13 21:51 ] [ 編集 ]
あれ?みんな『コービーが極端にパスばかりで打たなかった』評価なの?
試合見てないからあれなんですけど、個人的には『自分で打てないほど体(肘?)が痛かった』というところだったのですが…

前にも前半数本打っただけの試合ありましたが、そこでは後半あきらかにギア入れ替えたりしてましたから、この試合は打たなかったではなく打てなかったではないのかなと…
この数試合周りを使い続けてるから自分しんどいのもありそちらの比重を増やしだましだましやってるんだなぁと思ってました。
まぁ散々『神戸はシュート打ちすぎだ回りを使えカス!!』とか言ってた奴が掌返して打たなすぎだとか言ってるのは滑稽ですけどw
[ 2013/02/13 21:30 ] [ 編集 ]
ドワイトが本来の数字を残し初めてくれたらよいですね。もう少しリバウンド取って欲しいところです。
トレードの噂はどんなのがでてるんですか?噂が実現したためしがないとしても知りたいです。
シャック退場の余興はうけました。
チーム状況が最悪なだけにこういう笑いがあるといいですね。
[ 2013/02/13 21:24 ] [ 編集 ]
コービーが4点・・・調子の悪い時でさえ2桁に載せていたくらいですから、一桁なんて一回も見たことがないです。
9アシストで8TOなら、FG10/30と変わらないと思います。
すぐに修正してくるはずだと思うので特に心配はしてません。

クラークは選手の能力、人間性と素晴らしい人材ですね!
地道に努力を重ねれば、こうもなれるのかと、久しぶりに感動しました。
まだまだ伸びしろがたくさんある選手なので、コービーからいろんなことを吸収していってほしいです!

しかし、なんとか勝てたものの、3Qに9点しか取れない安定度の低さ。
15点も多く取られるようでは話にならないですよね!?しかもフェニックス相手に。
コービーが悪かったといえども、ちょっと怖いです。

クリッパーズ戦は怖いですね・・・勝てると思って終われば負けてる、なんてパターンを何度も観ているので、それだけはほんとやめてほしいです。
インサイドはクリッパーズの方が安定していますし、ポールをコービーがマークするはずなので、相当負担がかかるのは見えています。かなり厳しい戦いになりそうですね。
[ 2013/02/13 21:19 ] [ 編集 ]
まぁさすがのコービーでもたまにはこういう事もあるでしょうよ。試合勝ったし正直コービーが

ケガの影響とかでもない限り今日みたいな事が続くとは思えないんで…それよりクラークが無理し

てるのが気になる感じですかね。クラークが長期離脱するよりは2~3試合落としてでもケガ治し

て欲しいって言うのが正直なところですね。ハワードは毎試合このくらいの活躍してもらいたいで

す。ジェイミソンは3打つよりもラインの内側で合わせのプレーで得点稼いで欲しいです。

今週我が家のTVではクリッパーズの試合ばかり放送されます。なので今週はあさってのクリッパー

ズ戦しかレイカーズの試合見れないんですけど今週見れる唯一のレイカーズ戦を勝利で飾って

オールスターに突入して欲しいと思います。同じLAならレイカーズ戦放送しろよって感じです(笑)

[ 2013/02/13 20:49 ] [ 編集 ]
試合とは関係ない話になっちゃいますけど、ステイプルズセンターの会場整備ってやっぱ大変なんでしょうか?
昨日グラミー賞の授賞式があって、今日はレイカーズが試合で、その間にコートの張替えとかしなきゃいけないわけで、なんかすごいですね。
メイさんもグラミー見ましたか?
[ 2013/02/13 20:13 ] [ 編集 ]
流石に前半シュート0はやりすぎですね。

飛ばす必要性は全く無くても、各クォーター流れの中から2~3本くらいずつは打っとかないと、第3Qみたいにいざって時にリズムもタッチも判らないまま相手の流れの時間帯から急に攻めだすのは流石にリスクが高いです。

他の選手みたいにマーク引き付けて楽に点取らせて貰える訳でも無いんですから。

それにしても端からシュートする気が無くパスばっか狙ってTO連発なんて、まるでパオみたいです。

まあ、パオとの違いは外すのが怖いから打たないんじゃ無くて、極端に周りに気を使いすぎてるだけなんでしょうけど、仮にあのまま周りが決め続けてたら、打たないで良いやとでも思ってたんですかね・・・苦笑

コービーがハーフコートをメインで仕切るにしても、最低14~15本は打ってもらわないと困ります。

ホント・・・勝てて良かった。

明後日のクリッパーズ戦が不安です。

ポール居なけりゃ勝ち目もありましたが、戻って来ちゃいましたもんね・・・。
[ 2013/02/13 20:04 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
何はともあれ勝てて良かったです!

コービーは前半にあまりにもシュートを打たないので厳しいですね!
20本ぐらい打っても個人的には問題ありません。その分メタが減らせば良いと思います。

オフェンスはともかくディフェンスでのハワードの存在感が半端ありません。
いるだけで驚異というのはディフェンス版のコービーですよね。
ただゴーダットに押されていた場面があったのでやはり万全ではありませんね。

噂によるとボストンがPG不足で大変らしいですね。うちにいい選手いますけど。
[ 2013/02/13 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション