後半にコービー爆発で勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

後半にコービー爆発で勝利

Game Score

1Q
前半は、ポートランドに、3ポイントを含むジャンプシュートを、よく決められました。ディフェンスが悪かったのではなく、前に立っていたのに、ステップバックトゥーバックやフェイダウェイの様な、難しいシュートを決められました。レイカーズは、ボールもプレーヤーもよく動き、ナッシュとドワイトのピック&ロールからのダンク、コービーがクラークを見つけてのダンクを決めたり、ナッシュが動いて、3ポイントラインの後ろのコービーやクラークを見つけて、3ポイントを決めていました。半ばまでは、お互い殆ど外さずに僅差で進みますが、半ばにコービーの1本を挟んでナッシュが2本と、3本連続でジャンプシュートを外すと、その間、引き続きポートランドにジャンプシュートを決められ、リードを許します。半ばには、お互い外した後、ベンチから登場したジェイミソンが、直後に3ポイントを決め逆転すると、その後、点の取り合いになり、毎回リードが変ります。今日は、ローテーションが少し違い、いつもはコービーがベンチの時だけプレーするミークスが、メタに代わって登場し、コービーがSFにスライドしてプレーしました。1分を切った所では、オルドリッジのオフェンシブ・リバウンドからのプットバックダンクとフリースローで、同点に追いつかれますが、終了間際にコービーがドライブしてレイアップを決め、30-28の2点リードで、コーターを終了します。

2Q
開始直後に、ジェイミソンがドライブしてレイアップを決めますが、その後、ブレイク、クラーク、メタ、ジェイミソンが、シュートを放っては外します。その間ディフェンスでは、出足にメタのスティールがあったり、ショットクロック違反を誘ったりと、まずまずでしたが、それでも序盤に同点に追いつかれます。直後にミークスがスティールして、ファーストブレイクでレイアップを決めリードを奪うと、メタの3ポイントで5点リードにしますが、リラードが外しているのに、レオナードにプットバックダンクを決められ、その後打ち合いになります。半ばまでは、常にリードを保っていましたが、半ばにドワイトがフリースローを1本決め、1本外すと、クラベアーに3ポイントを決められ、同点に追いつかれます。半ばには、ドワイトが、オフェンシブ・リバウンドから決めたり、シュートやフリースローを続けて決め、1人で8連続得点し、再びリードを奪います。ディフェンスでは、やはりまずまず守っているのに、オルドリッジやヒクソンに、フェイダウェイを決められました。終盤に入った所で、バトゥーンが外した3ポイントのリバウンドをメタが取ると、先行したジェイミソンに長いパスを出し、ジェイミソンがレイアップを決めますが、その後、ナッシュ、ドワイト、メタが続けて外すと、その間、バトゥーンとリラードに決められて、又もや同点に追いつかれます。その後、ドワイトがシュートを1本決めたものの、ナッシュからのアリーユープをファンブルしてダンクできなかっただけでなく、一旦着地した後にダンクに行き、右腕を叩かれて、又右肩を痛めます。この後のフリースローを2本共外すと、終了間際には、レイカーズは、クラークがジャンプシュートを外したのに対し、ポートランドには、ヒクソンがレイアップとジャンプシュートを続けて決められ、55-53の2点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、前半は1-6と当たらなかったナッシュが打って外します。序盤は、コービーがドライブしてレイアップ&1を決めただけで、その後は、又ナッシュが外したのを挟んで、コービー、クラーク、メタがターンオーバーし、全く得点できません。その間、引き続きジャンプシュートは決められるは、オルドリッジにアリーユープダンクは決められるはで、6点ビハインドにされます。この後、コービーがフリースローとシュートで、6連続得点し、点差を少し詰めます。半ばには、ドワイトがフリスローを2本共外しますが、このリバウンドを、コービーが取り、フェイダウェイを決めて、3点差に追い上げます。ところがこの後、オルドリッジにフリースローとシュートで得点されると、引き続き決まらないナッシュが外し、コービーのターンオーバーで、直ぐにに点差を7点に広げられます。ここから、ズルズル行きそうで心配だったのですが、まず、コービーがレイアップを決めると、ジェイミソンが3ポイントを外しますが、リバウンドを横取りして、レイアップを決めます。その間、ブレイクがリラードのジャンプシュートをブロックする好プレーもあり、しっかり守り、終盤に入った所で、何とか2点差に追い上げます。終盤、ドワイトがベンチに下った後は、リラードに、続けてドライブからのレイアップを決められますが、クラークがオープンのジャンプシュートを決めたり、フリースロー2本をきちんと決めたり、コービーがレイアップ&1を決めたりで、一旦1点リードにします。ところがここから、又もや、ディフェンスが悪い訳ではないのに、バトゥーンに、フェイダウェイやステップバックのジャンプシュートを決められると、終了間際には、3ポイントを決められ、4点ビハインドにされます。ここからコービーがジャンプシュートを決め、82-80の2点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、ドワイトがクラベアーにファウルをしますが、フリースローを2本共外してくれます。この直後に、ミークスが、ドワイトのスクリーンを上手く使って、正面から3ポイントを沈めます。ドワイトが、自分で得点したり、オープンのチームメイトを見つけてセカンドユニットを引っ張っていました。前半は、逆転を繰り返しますが、少し点差を広げ始めたと思うと、マシューズに3ポイントを決められ追い上げられました。それに対して、開始直後に3ポイントを決めたミークスは、カットしてレイアップは決めたものの、3ポイントを打つチャンスが全くなかったのが、チグハグでした。半ばに、ブレイクのジャンプシュートを挟んで、ドワイトが2本と、3連続で外すと、その間、毎回得点され、しかも、バトゥーンやヒクソンに、レイアップを決められ、一旦4点ビハインドにされます。ここから、ベンチから戻った直後のコービーが、フェイダウェイを決め2点差に追い上げると、リラードが外してくれますが、メタが1人でボールを持ち続けて、出来もしないのに、ドリブルで抜こうとした末、バスケットに背中を向けて、ひたすらドリブルし、5秒ルール違反を取られます。この直後のディフェンスで、メタがスティールし、いつもなら、体勢を崩してレイアップを外す所を、ファウルされながらも決めて、フリースローも決め、1点リードにします。ここから、リラードとコービーの対決になります。まず、リラードがジャンプシュートを決めると、コービーがレイアップ、リラードがレイアップを返すと、コービーがフローター&1を決め、終盤に入った所で、2点リードにします。この後、バトゥーンが3ポイントを外し、ドライブして来たマシューズから、ドワイトがスティールし、しっかり守りますが、オフェンスでは、ミークスとナッシュが、3ポイントを外すと、ナッシュは、テクニカルのフリースローも、リングの手前に当てて外します。残り2分で、リラードにレイアップを決められ、同点に追いつかれますが、ここから、ここまでシュートが1-10と絶不調のナッシュがボールを持つと、アナウサーが「打つのに躊躇するでしょうか?」と言った途端、ドライブして躊躇無くフローターを打って沈め、2点リードとします。その後は、バトゥームがボールを失ってターンオーバーしたのに、コービーが同じようにボールを失って返しますが、残り30秒ちょっとのポートランドのオフェンスでは、メタがオルドリッジに良いディフェンスをして、オルドリッジが苦し紛れにフェイダウェイを打ちますが、リングの手前に当てて外し、そのリバウンドを取ったコービーが、故意のファウルをされると、フリースロー2本を決め、4点リードとします。タイムアウト後のディフェンスでは、バトゥーンに上手くスクリーンを使われ、スイッチするべきだったのにしなかったため、ミークスが遅れ、コーナーから3ポイントを決められます。と思ったのですが、つま先がラインかかっていた様で、これが2点になります。スローで見ても、どちらとも言えなかったので、最初の判定は2点だったから2点のままだったので、3点の判定なら、スローでリビュー後も、3点だったと思います。ラッキーでした。この後も、コービーが故意のファウルからのフリースローを2本共決め、再度4点リードにすると、最後はリラードが3ポイントを外して、勝負が決まりました。




コービー:40得点(15-23、3PT=1-3)、4アシスト、7リバウンド、2スティール
ナッシュが決まらなかったこともありますが、特に後半攻撃に打ちました。前半は、9本しか打っていなくて、2Qには1本も打っていませんでした。3Qに18得点、4Qに11得点でした。フリースローは9-9です。ジャンプシュートよりも、ドライブすることが多かったです。相手のHCとしたら、メタがドタドタとドライブして来たら大歓迎ですが、コービーにドライブされたら嫌なはずです。23本はちょっと大目ですが、ナッシュが不調なことと、終盤ドワイトにボールを渡せないことを考えたら、この位は打って当然、むしろ、打つ責任があると思います。3ポイントが決まらないのは、肘のせいではなくて、あまり打たないからリズムに乗れないのが原因だそうです。今日は、3時前には、ステイプルズ・センターにやって来て、3時間ジャンプシュートの練習をしたそうです。

ドワイト:19得点(7-14)、16リバウンド、2ブロック、1スティール
引き続きスクリーンをしっかりセットしています。セカンドユニットとプレーしている時に、ポストプレーからターンオーバーもしないでよく決めて引っ張っていました。リバウンドは、この内5がオフェンスです。オルドリッジとヒクソンを合わせても、17リバウンドなので、圧倒しました。ブロックは2と平凡ですが、ドライブしてきてドワイトの前までやって来て、引き換えしたり、パスしたりすることがあったので、数字に表れない貢献度があります。2ブロックと1スティールは、ゲーム終盤の肝心な場面です。

クラーク:11得点(4-8、3PT=1-3)、5リバウンド
こんなことを言うのも何ですが、平均以下のできでした。サラリーから考えたら、この程度でも充分なのですが。

ナッシュ:4得点(2-11、3PT=0-1)、6アシスト
シュートが全く決まりませんでしたが、決まらなくても躊躇しないで、オープンは打っていました。私は、4-5なんていうのより、この方が良いと思います。確率が低い方が良いと言っているのではなく、積極的に打っている所が良いという意味です。メタの方がナッシュより本数が多いなんて、馬鹿げています。決まるかどうかは結果論です。リーグでトップクラスのシューターが、少々続けて外しているからと、打つのを止める理由がないです。外しまくっていても、肝心の終盤、同点から決める所が流石です。アシストも少なめですが、良くプレーしていなかったのではなく、ナッシュが散々苦労して動き回って、ディフェンスを崩してパスを出しているのに、ドワイトがダンクできるのをファンブルしたり、ジェイミソンがレイアップを外したりと、決めない方が悪いプレーが、いくつかありました。

メタ:11得点(4-9、3PT=2-4)、6リバウンド、2スティール
オルドリッジのディフェンスをしていました。ドライブされる危険がない、サイズはあるけれどスピードがないプレーヤーは、まだガードできます。但し、身長がないので、ジャンプシュートを決められたら、対処できないです。今日は、オルドリッジのジャンプシュートが決まらなかったので助かりました。ディフェンスでは、スティール以外にも、プレッシャーをかけてミスを誘っていました。オフェンスでは、珍しく1Qには、シュートを1本も打ちませんでした。ダントーニに、何か言われたのかもしれません。2Q終了間際、ドワイトが腕を叩かれて、フリースローの前に、レイカーズは、タイムアウトを取りましたが、その時に、ブレイクに代えられています。よくプレーした方ですが、3ポイントは、「打って下さい」と言わんばかりに下って守られて、相手がエルボー辺りから出てこなくて決めているものもあるので、決めて当たり前を決めただけです。相変わらずリバウンドを取ると、絶対にパスしないで自分で持って3ポイントを打って外したり、ナッシュが目の前にいるのにパスしないで自分でボールを運んで、ポストのコービーにボールを入れようとしてスティールされたりと、やるべきではないプレーをやってミスしているので頭に来ます。

ジェイミソン:16得点(5-12、3PT=1-3)、6リバウンド
外しているものの中には、時間切れ近くに打ったものもあるので、よくプレーしています。

ブレイク:無得点(0-3、3PT=0-1)、2アシスト
いよいよ本領発揮です。

ミークス:10得点(3-5、3PT=1-3)
3ポイントは、5本くらいは打ってもらいたいです。これは本人の責任ではないですが。


オフェンス
ナッシュがボールを持って、コービーがシュートを打つ、本来の姿に戻って来ました。ドワイトがスクリーンをしっかりセットするようになってから、他のプレーヤーも、スクリーンセットの意識が高まっていると思います。ナッシュとコービーのピック&ロールもありましたが、コービーだと、ロールもポップも出来るのと、ナッシュがボールを持っていたら、そのまま打っても良いし(今日は例外ですが)、コービーに注意が行ったら、オープンのプレーヤーを見つけても良いし、もっとやってみたら良いと思います。


ディフェンス
24-47の51.1%と、高確率で決められましたが、ディフェンスが悪かったというより、ドワイトがいるために、ジャンプシュートが多く、それをよく決められました。スクリーンに引っかかって、1歩遅いというものあったとは思います。フェイダウェイやステップバックが多く、3ポイントラインの1メートルくらい後ろからも決められました。フェイダウェイやステップバックを打たせて決められたら、仕方が無いです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/02/23 18:34  Lakers | コメント(18)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>sakanaさん

アメリカでは、ポケットに手を突っ込むのが、態度が悪いとは思われないですよ。日本人は、他人に危害が加わることでもないのに、何かとルールを作って、ああするな、こうするなと言いますが、アメリカ人は、そんなどうでも良いことに、目くじらを立てないです。大統領にインタビューする記者でも、ポケットに手を入れていたり、座っているなら足を組んだりしますよ。

このハワードが欲しかったんですよね。今までのハワードだったら、バイナムと大して変らないです。態度が悪くないだけ良いですが。

サラリーダンプをしたい球団があっても、引き取り手がいなかったのでしょう。それと、下位チームは、若手中心の既に再建中のチームで、元々サラリーが高いベテランが少なかったです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

オールスター前から、良くなって来ていましたからね。

私も、プレーオフには行ってもらいたいと思いますが、下手に何かの間違いで、1回戦に勝つよりも、負けた方が良いと思います。その方が、夏に改革し易いです。要らないのを、片っ端から片付けて欲しいです。


>>ひでさん

8位争いをしている相手に、とりあえず勝っておきたいですよね。

オールスター休みがあったし、オールスターゲームは、ミニッツも少ないし、真面目にプレーするのは、4Qだけだし、疲労から回復したと思います。

ミークスは、コービーかナッシュとプレーするミニッツを増やして欲しいです。ブレイクでは、モタモタとドリブルして動き回るだけで、チームメイトを助けていないで、チームメイトが動き回ってフリーになって、ブレイクを助けています。だから、カットしたらフリーになりますが、3ポイントラインの後ろでフリーにならないです。

仰る通り、ドワイトは、終盤ボールを渡せないし、集中してもらうためにも、前半に意識してボールを入れたいいですね。


>>ラッパさん

メタのオルドリッジに対するディフェンスは、良かったですよ。サイズがあって、スピードがなくて、ドリブルで抜けなくて、ジャンプシュートが決まらないタイプは、まだ守れます。オルドリッジは、ジャンプシュートは決まりますが、昨日はたまたま決まりませんでした。オフェンスでは、邪魔なだけです。オフェンスが上手く行っている時は、目立たないのに、目立たないということは、暫くボールを触っていないということだから、必ず、「次は自分の番」があって、ドタバタと不様なプレーをして、流れを止めます。

ブレイクは、オフェンスもですが、ディフェンスでは穴です。昨シーズンは、どのチームも、ブレイクがカバーしているプレーヤーにボールを集めました。どうして気がつかないのか不思議です。

コービーが打った方が、面白いのもありますが、一番得点能力がある人が、打たない理由がないです。しかも、その分を、メタなんかが打って、コービーと同じ様な本数を打っているなんて、馬鹿げています。


>>すすわたりさん

ナッシュは、悪い時だからこそ、終盤決められるのが凄いです。

ハワードは、オフェンスでもディフェンスでも、よく動いています。スクリーンは、小まめにセットしているし。

クラークは、これで悪い方というのが凄いです。スタッツを見たら、メタと似た様なものですよね。それが、メタは良くやった方で、クラークは悪かったとまでは言わなくても、平均以下です。サラリーは、クラークがメタの五分の一くらいなので、本来なら、反対でないといけないです。

メタのファーストブレイクは、いつもそうですよね。ナッシュが前を走っていてもパスしないです。


>>まどかさん

御連絡ありがとうございます。

怪我はどうもなっていないです。復帰は3月末だそうです。


>>dub mさん

ブレイクが無能だから、ミークスが活かせないです。3ポイントを打ってもらうために契約したのに、カットしてレイアップしています。いい加減に気がついて、ブレイクを使うのを止めてもらいたいです。

ガソルは、3月末だそうです。


>>G.R.さん

コービーは、難しいのを決めるから、見ていて面白いですよね。

ドワイトと同じ肩の怪我は、結構あるみたいです。ラマーは、3回もやって、3回ともそのままプレーしたそうです。

クラークの足は、全然話題になっていないです。


>>スノーマンさん

メタの基準から見たらマシですが、あのサラリー額なら、これでも給料泥棒です。それに、私がメタを見て気分が悪いのは、良くプレーしたとか悪かったとかではなくて、失敗するのが分かっていることを、繰り返して何度もやるからです。

コービーが20本以上打つ時は、チームメイトが決まっていない時が多いです。だから負けが多いのに、コービーが20本以上打っていることが原因みたいに言う輩がいます。逆に、20本以下の時は、リードが大きくて、コービーが4Qに全くプレーしていないか、数分しかプレーしていないゲームが多いです。ミニッツが少ないから、単にシュート本数が少ないだけで、打つ頻度が低いのではないです。

私も、ブレイクをナッシュと一緒に使うくらいなら、ミークスを使って欲しいです。

ナッシュは、フィニックス時代から、背中の怪我はあって、ベンチにいる時は、床に寝そべっていました。新しい怪我ではないので、プレーの仕方は分かっていると思います。


>>ゆ~すけさん

今シーズンは、怪我が多いですね。ナッシュは、元々背中に難があったので、だましだましプレーしないといけないのでしょうが。

メタみたいに運動能力がないのは、怪我もしないです。必要なのは怪我するのに、要らないのは元気です。


>>ぷーんさん

御連絡ありがとうございます。入れ替えました。


>>ローラさん

活躍したから良いという問題ではなくて、失敗するのが分かっていることを、毎回毎回懲りもしないでやるのが問題です。活躍していたら、自分の役割外のことをやって良いなんてことはないですよね。例えば、ドワイトが活躍していたら、3ポイントを2-3本打っても良いですか?メタがいくら活躍していても、ドライブなんか、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるくらいにしか決まらないので、するべきではないです。プロで、5秒ルール違反なんて、この前に見たのはいつか、記憶にないです。それ程低レベルのプレーヤーだということです。


>>管理人のみ閲覧できますさん

御連絡ありがとうございます。最近、アップロードしたと思ったのにできていなかったり、出来なかったと思ったらできていて、2回アップロードしたり、変なんです。


>>茶太郎さん

コービーは、左でのレイアップやフックショットも増えてきています。右肘の怪我を機に、左が上手くなって、益々手が付けられなくなります。

ブレイクについては、いくらなんでも、気がつくでしょう。PGだから、必ずボールを持つので、見ていてイライラします。


>>マルショウさん

決まっていなくても、終盤のプレッシャーがかかる場面で打てるのがスーパースターの条件ですよね。その点では、ナッシュがパオより上です。

ハワードは、特にオフェンシブ・ファウルに気をつけて欲しいです。毎回ありますよね。勿体無いです。


>>oct22さん

スタープレーヤーが得点しないと、面白くないですよね。

私も、デューハンの方がブレイクより、ゲームメイクが上手いと思います。どうしてブレイクが好かれているのか、理解できないです。ファンからは、あんなに嫌われているのに。


>>アレさん

シュートとフリースローの本数は、そのくらいが理想ですね。

遅いといっても、SFでは無理です。PFの遅いので、仰る通り、シュートタッチが良くないプレーヤーだけです。そんなの、どれだけいるかですよね。
[ 2013/02/24 18:10 ] [ 編集 ]
いつも御苦労さまです。

まずドクターバスには御冥福をお祈りいたします。
コービーのポケットに手を突っ込みながら話す独特のスタイルにもし並みの選手なら、何だあの態度!!ってなりそうですがコービーがやると絵になっちゃいますね。

AS明けはハワードの調子がいいですし(というよりも昔のようにハードにプレイしてますね)このまままずは五割復帰したいですね。

それとどこのチームのタックスが気になるのか今年は積極的に動かないですね。レイカーズはどこ吹く風かまったく気にしてなさそうですが、やっぱり新しいCBA?の協定がキツイのですかね?メタがいるからって記事を書くのやめないでくださいね笑。
[ 2013/02/24 16:33 ] [ 編集 ]
オールスター明けは良い立ち上がりですね。
ここ10試合くらいの調子がこのまま維持出来ればプレイオフに滑り込めそうです。7,8位だと思いますが。
現実的にはそうするとサンダーか、スパーズにファーストラウンドで一蹴されてチームの抜本的な改革は夏以降ですね。
[ 2013/02/24 12:15 ] [ 編集 ]
接戦でしたが、勝てて良かったです。
ブレイザーズはプレイオフ進出を争う相手ですし、なおさら勝ててうれしいです。

コービーは素晴らしかったですね。
最近はアシスト重視のプレースタイルだったので、久しぶりに爆発してくれた試合だったと思います。
試合の重要な場面でシュートやフリースローをしっかり決めてくれるところが本当に頼もしいです。
ドライブが多かったのは、オールスターブレイクの間に体を休めて、疲労が軽減したのも関係あるのかなと感じました。
オールスター明けの2試合、コービーの顔つきがまるでプレイオフかのような表情をしていて、すごく気合が入っているんだということが伝わってきます。

ハワードはやはりディフェンス面での活躍は大きいですね。
スクリーンもしっかりかけているみたいですし、今後も続けてほしいです。

ジェイミソンの安定した活躍は良いですね。
ベンチの得点源として頼もしいです。

ミークスはコービーと一緒にプレーさせるとシュートを打つ機会も増えて良いと思います。
ブレイクとプレーしているときなんかフリーになる機会もないですし、ボールもなかなか回ってこないのでミークスの良いところがなかなか出せないんですよね。
コービーと一緒だとディフェンスを引きつけてくれるのでフリーになりやすいですし、コービーはミークスを信頼しているようなのでパスも回ってきて良いのではと感じました。

オフェンスでは、前半はハワードのインサイドを中心に攻めて、後半、特に4クォーターはコービーを中心に攻めると形としては良いのかなと思いました。

次はアウェーですが、この調子で勝ってほしいです。
[ 2013/02/24 03:16 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

まずは勝てて良かったです。

WMPのAldridgeに対するMWPのディフェンスは悪くなかったと思います。もともとAldridgeにはけっこうやられてたイメージがあるので、身長差があれだけあって6/19に抑えてますから、良いと思います。
ただMayさんもおっしゃてる通り、あのボール運びと次は自分の番は止めてほしいです。5秒ヴァイオレーションとられたときは、どうしようかと思いました。。。とりあえずオフェンスの流れはよくなってきてるのに、MWPが絡むと流れが止まるので、
そこを直してくれれば、スピードのあるプレーヤーは無理ですが、
AldridgeとかZach相手には良いディフェンスをするので、どうにか使い道はあると思うんですがね。

あとは皆さんおっしゃってますが、BlakeよりDuhonを使ってほしいですね。彼のほうがMeeksをうまく使えてましたし、ディフェンスも確実にBlakeより良かったです。

やっぱりKobeはこっちのKobeのほうがいいですね。チームが勝つためなら何でもするでしょうが、4QはやっぱりKobeにクローズしてもらわないと。リピートした時も3Qまでは味方を上手く使って4Qは自分でやってましたから、その形が今も一番いいと思います。
それとKobeはシュートが決まらない理由を、肘が痛いから決まらないなんて本当に痛くても言わなそうですね。靭帯切ったときも剥離骨折した時も、プレーするって言い続けた選手ですし…
[ 2013/02/24 01:30 ] [ 編集 ]
リーグパス買ってないので、文字盤をリアルタイムで観てました。

4Q久しぶりにコービータイムになっていたので、テンション上がって観てました。
ナッシュが10-1だったので、調子悪いのかと思ってましたが、終盤にあのフェイダウェイを決めれるのです。あのシュート力と精神力から来る勝負強さは、流石と言うほかないです。
しかもマンバもいますから、相手チームからしたら、怖い存在ですよね。

ハワードはここ2戦、周囲からのバッシングやプレッシャーに負けない活躍をしてくれていますね。
観てないのでわかりませんが、数字だけ見たら、気合いが入っているようにとれます。
あれで体が万全であれば、すごい活躍しそうですね。
オールスター前の、nba選手らしからぬ醜態を観てましたので、バス博士の死と、休みが取れた分、気合いが入っているのだと思います。

クラークとジェイミソンは安定してますね。クラークは平均以下ですが、こういう日もあるでしょう。むしろ、あの活躍で安定していたら、mayさんの言う通り、あんなサラリーではないでしょう(笑)

メタとブレイクはいつも通りですが、メタは終盤にスリー決めてくれたので、良しとしてます(笑)
スティールからのand1は後ろを走っていたコービーにパスするべきです。ただでさえ、レイアップが決まらないのですから、リスクが高すぎます。まぁ、何にせよ結果論ですが。

これからの試合は、この調子であれば落とさないはずなので、変なミスで負けるなんてことにはならないでほしいですね。
圏外の状態で負けると、もう終わりだと思うので。
なんとかプレーオフに食い込んでほしいです。
[ 2013/02/23 23:54 ] [ 編集 ]
ブレイザーズじゃなくてセルティックスのロゴになってるよ

あとガソルって怪我どうなったの?
[ 2013/02/23 23:48 ] [ 編集 ]
お疲れ様です
勝ててよかったですこれからは1試合1試合が大事になるので内容はどうあれ勝ちが必要ですからね

mayさんのブレイクに対するコメントはいつも笑わせてくれますワラ
さすがブレイクですね^ ^

何故彼がミークスやデュホンより出場時間が多いのか理解できないです
ミークスは本当に可哀想ですよ。ただ腐らずに一生懸命やってる姿はいいですね。メッタも今日みたいのが続かないのは分かってるので次のアウェー2連戦はクラーク、ミークスには期待したいです。

コービー、ナッシュ、ハワードは怪我を抱えながらですが今日ぐらいのプレイをしてくれたらそう簡単には負けないはずです

あと、ガソルの復帰時期はいつ頃ですか⁇
[ 2013/02/23 21:30 ] [ 編集 ]
久しぶりにマンバの姿が見れました!
普段はパスを回しつつ得点して、たまにこういう試合があるとファンにはいいですね!

ドワイトの肩は心配ですね。
今シーズンはこの怪我と戦っていかないといけないですね。
ただ最近のドワイトはうまくスクリーンしたり、オフェンスリバウンドを取ったりで頼もしいです。

クラークの足の怪我は大丈夫ですかね?
たまに痛そうにしてるような気がするのですが…
頻繁にコービーにスクリーンをかけにいってるのでコービーはかなり楽なんじゃないでしょうか。
[ 2013/02/23 21:13 ] [ 編集 ]
ブレイクが本領発揮…自分もそう思いました笑
メタは今日はまだマシだったと思います。オフェンスのセレクションが悪すぎるのを差し引いても、スティールや試合終盤のオルドリッジに対してのディフェンスなど、まあ今日はまだマシだったでしょう。

コービーが点を取らないとつまらない、とよく聞きますが、自分はコービーが点を取りまくっても勝てないより、点を取れなくても何より勝てればそれ以上のことはないです。
もちろんコービーが点を取って勝つのが一番好きだし盛り上がりますが。笑
コービーが20本以上シュートを打った時の勝率がすごい低いみたいですね。(詳しいことは忘れましたが)

レイカーズとしてはやっとベンチのローテーションが確立されてきましたね!
個人的にはミークスをもう少し使ってあげてほしいですね、
出場時間もオフェンスも。

ナッシュは背中大丈夫なんでしょうか?
ドワイトも右肩との怪我と今シーズンは付き合っていくことになるとは思うんですが。

とりあえず勝ててよかったです!

GO!!Lakers!!
[ 2013/02/23 21:12 ] [ 編集 ]
しかしここに来てハワードもボロボロナッシュも背中痛いとか怖いですねぇ。

…なぜメタは体は強いんだよ(^-^;
[ 2013/02/23 20:48 ] [ 編集 ]
Mayさん、一番最初の画像(なんて言うんですかあれ)セルティックス戦のものになってますよ。

まあ何がともあれ勝ててよかったです。
[ 2013/02/23 20:45 ] [ 編集 ]
今日は
今日のメタは4Qの活躍あったからよかったんじゃないですか~??
決めてほしいとこできめてたし><
[ 2013/02/23 20:11 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/23 19:46 ] [ 編集 ]
ブログ更新、有難うございます!

久しぶりにコービーが爆発したようですね!文字盤しか見てないのですが大興奮でした!
ですが、得点を取った後、即、取られての繰り返しにはハラハラしました。

コービーの肘がずっと気になっていましたが、爆発したので気にしない事にします!

ブレイクはこのまま試合に出続けるのでしょうか?
デュホンも使ってほしいのですが…。それと、ミークスの3Pがもっと見られたらと願ってます!
[ 2013/02/23 19:43 ] [ 編集 ]
試合見てないんですけど、コービー久々に爆発しましたねぇ!さすが我らがMVP!!

ナッシュはハートツエ~んすね!外しまくっても大事なとこ決めるのはさすがですわ~。レイカーズの

MVPバックコートコンビは年齢いってますけどまだまだ相手からしたら怖い存在ですよ(笑)

ハワードはホントにこの調子キープして欲しいと思います。得点、リバウンドはもちろんですけど

ファールトラブルとターンオーバーは特に気をつけてできるだけ長くコート上でプレイできるように

して相手にゴール下で仕事させないようにしてほしいです。パオやヒルが居なくなってハワードに

かかる負担も増えてると思いますがコービーと同等、いや、それ以上に存在感発揮するプレーをして

レイカーズに勝利を!!
[ 2013/02/23 19:36 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

やっぱり主役が活躍して勝つと気持ちいいですね!もちろんアシストするコービーも素晴らしいですが、やっぱりコービーと言えばいい意味でバンバン点を取ってる姿が頭に浮かびますもんね!ハワードも怪我が心配だけど良い感じだし、ナッシュとも良くなってきているようなので安心しました。
セカンドユニットは最近このメンバーで固定されつつあるようですね。僕はブレイクよりデュホンの方がいいと思うんですが、デュホンを使う話はでてきてないのでしょうか?
それにしても、Mayさんのブレイクに対するコメントがさらっと書いていていつもめちゃくちゃ面白いです。笑
[ 2013/02/23 19:35 ] [ 編集 ]
久々に「コービーらしい」試合でしたね。
シュートを20本ぐらい打って、10本前後FT取るコービーのが好きですな。

メッタは遅い選手にしか付けませんね。
遅くてもシュートタッチが良い相手ならどうしようもなくなりますが。
[ 2013/02/23 19:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。