マンバ完全復活

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

マンバ完全復活

Game Score

1Q
ドワイトのスラムダンクで開始します。直後にコリソンに、ジャンプシュートを返されますが、その後は、ドワイトのスティールもあり良く守り、ドワイトがメイヨにファウルをしますが、フリースローを2本共外してくれるラッキーもあり、得点を許しません。オフェンスでは、ナッシュのレイアップやコービーの3ポイントがあり、7-2と飛び出しますが、その後シュートが決まらず、ノビツキーの3ポイントで追い上げられると、ブランドのフリースローで、同点に追いつかれます。ドワイトは、8分を切った所で、トランジションで、前を走っているブランドの腕を掴むつまらないファウルをして、2つ目のファウルとなり、ベンチに下り、ジェイミソンが登場します。その直後のオフェンスでは、ボールを周すだけで、残り4秒程で、3ポイントラインの遥かに後ろのコービーにボールが行きますが、コービーがそこから3ポイントを放って沈めます。次のオフェンスでは、コービーがドライブすると、クラークが良いカットをしボールを貰い、レイアップを決めます。半ばは、ドワイトがベンチに下ったのを良いことに、ノビツキー、マリオンにレイアップを決められます。半ば過ぎに、クラークがベンチに下ると、ミークスが登場します。一旦リードを許しますが、ジェイミソンの3ポイントで同点に追いつくと、打ち合いになります。レイカーズは、コービー、ナッシュ、ジェイミソンが決めていました。ダラスには、相変わらず、ドライブされて、レイアップを決められました。コリソンに、ドライブしてレイアップを決められると、ナッシュが、端から端まで走ってレイアップを返し、元気な所を見せます。30-27の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
出足に、カーターが、ジャンプシュートの際、右足を前に延ばして、クローズに来たミークスの足を蹴飛ばし、ファウルを取られます。スローで見ると、足の動きは小さい上、故意には見えないのですが、ミークスのクローズが攻撃的だったために、ファウルに見えたのだと思います。その直後のオフェンスでは、ミークスが3ポイントラインの後ろでファウルされ、フリースロー3本を沈めると、ディフェンスでは、クラウダーからスティールし、そこからのオフェンスでは、3ポイントを沈め逆転し、直後のディフェンスでは、今度はメイヨのパスをスティールすると、ファーストブレイクでファウルされ、フリースロー2本を決めリードを広げ、開始からの2分間で、レイカーズの全8得点を叩き出す、ミークスショーでした。その後は、最初の2本の3ポイントを、リングにも当てないでボードに直接当てたブレイクが3ポイントを決めると、直後にはジャンプシュートを決め、ドワイトもレイアップで続きます。ディフェンスでは、出足はよく抑えたものの、ブランドとノビツキーにジャンプシュートを決められます。半ば前には、お互い、メイヨとドワイトにファウルしますが、2人共1本外し、1本決めます。半ばには、4点リードにしますが、その直後にナッシュとドワイトが連続してパスをスティールされ、コリソンがレイアップを外しているのに、ケイマンにティップを決められ2点差に追い上げられると、ドワイトが、3つ目のファウルで、再びベンチに戻ります。このファウルから、カーターにフリスロー2本を決められて、同点に追いつかれますが、コービーとナッシュが、続けて3ポイントを決めて、一旦は引き離します。ところが、ドワイトがいない影響が出て、毎回の様にドライブされ、バスケットを近くから決められたり、ファウルをしてフリースローを与えます。終盤は、徐々に追い上げられ、3分を切った所で、ジェイミソンがレイアップを決めると、その後は、フリースローでの得点が1点あったのみで、最後までバスケットがありませんでした。終了間際に遂に追いつかれ、54-54の同点で、ハーフへ。

3Q
開始直後のディフェンスで、オフェンシブ・リバウンドを2回続けて取られて得点された上、ドワイトからナッシュへのインバウンドパスを、コリソンにスティールされ、コリソンに3ポイントを決められます。2回目のオフェンシブ・リバウンドは、ナッシュの方が近かったのに、漫然と取りに行って、後ろから来たコリソンに横取りされています。これで、開始早々5点ビハインドにされますが、その後、コービーとクラークが交代でまずジャンプシュート、次はレイアップを決めると、ナッシュがジャンプシュートと3ポイントを続けて決め、逆転します。半ば前には、ノビツキーの3ポイントとメイヨのフローターで追い上げられますが、半ばにナッシュが3ポイントを決め、一時は6点リードにします。ここからが悪かったです。まず、クラークの若さがでます。パスをファンブルした後、床に転がってボールを取ったまでは良かったのですが、7フットのノビツキーが目の前に立っているのに、床に仰向けになったまま、慌ててノビツキーの頭越しにパスを出そうとして、スティールされます。その直後には、ドライブして行って、メイヨにスティールされます。そして、コービーも付き合ってターンオーバーし、3連続ターンオーバーになります。この間、ディフェンスでは、ダラスが外しているのに、オフェンシブ・リバウンドから、ブランド、マリオンに決められ、2点差に追い上げられます。そして、終盤に入った所では、ジェイミソンが、がら空きの3ポイントを、ネットにかするエアーボールにすると、次のディフェンスでは、又もや、コリソンが外しているのに、マリオンにオフェンシブ・リバウンドを取られ、ノビツキーに3ポイントを決められ、逆転されます。ダラスには、この後にもブランドにオフェンシブ・リバウンドから決められ、4連続で、オフェンシブ・リバウンドからのバスケットを許し、9得点されました。ここから、コービーが、連続でドライブしてレイアップを決める再逆転すると、ジェイミソンが、正面からドライブしてフローターを決め、リードを広げます。この後ノビツキーに決められますが、直後のオフェンスで、ボールが端から端まで動くと、端のブレイクがミークスにボールを戻し、がら空きのミークスが、3ポイントを沈め、79-75の4点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足は、悪い意味でドワイトショーでした。まず、開始直後のオフェンスで、3秒ルール違反でターンオーバーにします。フリースローは、2回貰いますが1-4、バスケットのすぐ側からのフックショットは外し、更に、ムービング・スクリーンでターンオーバーと、良い所がありませんでした。ムービング・スクリーンは、スローで見ると、動いていない様にも見えるので、気の毒ですが。この間、徐々に追い上げられ、クラウダーの3ポイントで、逆転されます。直後に、クラーク、ミークス、ブレイクが下り、コービー、ナッシュ、メタが戻ります。ここからコービーが爆発します。まず、クラウダーが目の前に立っているのに、3ポイントを決めると、次は、ピッタリとくっ付かれてディフェンスされているのに、ジャンプシュートを続けて決め、1分しない内に、7得点します。ところが、その間、カーター、ジェイムスに、毎回ジャンプシュートを決められるので、毎回逆転になります。そして、3連続で決めているコービーに、ダラスがダブルチームをして来ると、クロスコートのパスを読まれて、カーターにスティールされ、ノビツキーにダンクを決められ、半ばで3点ビハインドにされます。ここで、メタがジャンプシュートを放ちますが、予想通り外すと、ジェイミソンがリバウンドを取り、いつもなら楽に決める、アントワン・スペシャル・フックを放ちますが、これが外れます。ここから、有利コールがありました。メタがノビツキーのジャンプシュートの際に、手首を完全に叩いているのですが、ファウルにならず、シュートが短く外れ、これにカッとなったノビツキーが、テクニカルを取られます。このフリースローを、ナッシュが沈めて2点差に追い上げると、ディフェンスが締まります。ドワイトの存在が大きいのか、ダラスは、ジャンプシュートを続けて打っては外します。この間、ドワイトが、ファウルを2回取り、フリースロー4本の内、3本共決め、同点に追いた後、1点リードにします。ここからのディフェンスが、更に良かったです。まず、メタがカーターに嫌がらせディフェンスをして、パスさせると、ブランドにナッシュがくっ付いて守り、ジャンプシュートを外させます。このリバウンドから、コービーがファーストブレイクで走り、レイアップを試みますが、メイヨにファウルされます。このコールに不満なメイヨが、審判に抗議し、テクニカルを取られます。このフリースローをナッシュが決めて、2点リードにします。つまり、ダラスの2つのテクニカルがなかったら、この時点で同点だった訳です。コービーは、この後のフリースローを2本共決めると、カーターがフローターで応酬、コービーが、ジャンプシュートを返すと、メイヨに3ポイントを返され、1点差に詰められます。この嫌な場面で、コービーにダブルチームが来ると、コービーがナッシュにパス、ナッシュが3ポイントを沈めて4点リードにします。この後しっかり守りますが、残り1分ちょっと、4点リードのままの場面で、ここまでシュートが0-5と、実力を目一杯発揮しているメタが、時計が10秒以上残っているのに、3ポイントを放って外します。ナッシュとコービーは、ここまで3ポイントが共に4-5、その上ミークスもプレーしているのに、どうしてメタなんかが3ポイントを打たないといけないのか、理解できません。それでも、1分ちょっとで4点リードで、ここからの3ポイントだけは避けたいディフェンスで、ドワイトがノビツキーにファウルしたのにレイアップを決められ、&1を与えます。1点差に迫られると思ったのですが、ここでフリースローの名手ノビツキーが、フリースローを外し、2点差のままでした。ラッキーでしたが、ドワイトの判断の悪いプレーでした。次のオフェンスでは、コービーが、フェイクを入れて、カーターが前を飛び越すのを待ってから、ジャンプシュートを決め4点リードにしますが、すぐノビツキーに返され、残り26秒ちょっとで、2点差にされます。この場面では、ダラスがまずスティールに来て、それが上手く行かなければ、ファウルをして来るのは分かっているはずです。レイカーズとしては、少しでも時間を使ってから、ナッシュがファウルをされたい所です。もしナッシュがパスするとしても、コービーかミークスで、ドワイトは勿論、フリースローの確率が低いメタにも、何があってもパスは避けるべきです。ところが、クロックの残りが15-16秒あるのに、何を思ったか、ナッシュが、べースラインをドライブし始めます。そして、ペイントに入った所で、こともあろうか、カットしてきたメタにパスし、メタがファウルされます。解説のバン・ガンディーが、「このプレーは気に入らない。どうしてワールドピースにパスするのか。キープしておくべきだった。」と言っていました。チーム1フリースローの確率が良いプレーヤーが、確率が低いメタにパスをする理由が無いです。魔が差したのでしょうか?案の定、メタは、1本外し、1本しか決められないので、3点リードにしかなりません。ここから、ダラスがボールを周して、コーナーでオープンのメイヨに行きますが、ミークスが、凄まじい勢いでクローズし、メイヨが外します。このリバウンドを、残り4秒でコービーが取り、故意のファウルをされ、事実上ゲームが決まりました。



コービー:38得点(13-21、3PT=4-5)、7アシスト、12リバウンド
ジャンプシュートの精度が良かったので、ジャンプシュートが多かったです。1Q終盤、クロスオーバーで、メイヨを吹っ飛ばして決めたジャンプシュートには、ベンチが総立ちで、右往左往していました。ミニッツ管理をしたら、ここまでとは言わなくても、高いレベルでプレーできるので、ダントーニには、しっかり考えてもらいたいです。4Qは5-5、レイカーズが4Qに決めたバスケットは6本で、他の1本はナッシュの3ポイントですが、そのアシストはコービーでした。ダラスは、メイヨでは止められないので、マリオン、クラウダー、カーターと、ディフェンダーを代えて来ましたが、誰が付いても、止められませんでした。下は、コービーハイライトです。



ところで、ダラスのオーナー、マーク・キューバンが、昨日、ラジオ番組に出演して、「レイカーズは、コービーをアムネスティーすることも考えるべき。」と発言し、話題になっています。レイカーズは、リーグに処分を求める予定はないそうですが、「不適切な発言」と声明を出しています。これに対してキューバンは、「CBAを説明するために、一番総サラリー額が高いレイカーズを例として使っただけで、レイカーズにコービーをアムネスティーする様に提案したのではない。」と言っています。

コービーは、この件は勿論知っていて、ゲーム後、下のツイートをしています。「あれをアムネスティーしてみろ。」です。




ドワイト:9得点(2-7)、13リバウンド
ファウルトラブルで、33分弱のプレーでした。リーチファウルや、トランジションで相手を掴んだりと、つまらないファイルが多くて、勿体無いです。ドワイトがベンチだと、突端にドライブされるので、つまらないファウルをしない様、気をつけてもらいたいです。ドワイトがフロアーにいると、相手はジャンプシュートが増えます。ディフェンスは引き続きよくやっているし、オフェンスでも、小まめにスクリーンをセットしています。解説のジェフ・バン・ガンディーが、「この3ゲーム、ハワードがセットしているスクリーンがとても良い。」と褒めていました。最近活躍して勝っても、ゲーム後のインタビューで笑顔がなく、今日も、無表情でインタビューを始めたのですが、4Qのコービーの話しになったら、急ににこやかになり、「見ていた楽しかった。」と言っていました。

クラーク:6得点(3-5)、6リバウンド
後半、ミスが続きました。最初は、「怪我人が多いからプレーしているベンチ暖め」で、「クラークが打ってくれたら儲け物」だったのが、活躍が続いて、スカウトされ始め、しっかりディフェンスされる様になったのだと思います。ディフェンスで、フェイクに引っかかってジャンプし、ファウルになることが、時々見られますが、今日も、ノビツキーのフェイクに引っかかっていました。ファウルにならなくても、引っかかってジャンプしていたこともありました。これは、反射的にやってしまうことなので、経験を積んでいかないと、頭では分かっていても、なかなか憶えられないと思います。そういう未熟な部分はありますが、ノビツキーに厳しいディフェンスをし、ノビツキーが片足での“ノビツキー”をエアボールにする場面もありました。

ナッシュ:20得点(7-12、3PT=4-5)、4アシスト
ポートランド戦の借りを返しました。この位積極的に打ってくれたら申し分ないです。

メタ:1得点(0-6、3PT=0-1)、2リバウンド
オールスター以降、メタのシュートの本数が減っていますが、メタにパス自体が行かない様な気がします。ボストン戦だったか、ポートランド戦で、ナッシュがパスしかけて止めたり、メタにボールが行って、ジャンプシュートを打つ体勢に入りかけたら、ナッシュが目の前に走っていて、ボールを貰っていたこともありました。決まらなくて良いので、本数はこの程度にして、出しゃばらないでもらいたいです。ゲーム終盤のノビツキーに対するディフェンスは良かったですが、カーターには簡単に抜かれていました。

ジェイミソン:13得点(5-10、3PT=2-5)、5リバウンド
よくディフェンスをやっていますが、触るだけで&1にするリーチファウルが目立ちます。今日も、ノビツキーにやっていました。オフェンスではよく動くので助かります。

ミークス:11得点(2-6、3PT=2-6)、2スティール
4Qにもう1本決めて欲しかったですが、3ポイントを半分決めろと言うのは、欲張りすぎですね。契約した当時は、ディフェンスが心配されましたが、ディフェンスでの貢献が大きいです。スティールすると、速いのでファーストブレイクで高確率でレイアップを決められるし、ファウルをされたら、やはり高確率でフリースローを決めるし、メタと違って、スティールをしても、自分のスタッツが上がるだけで、得点に結びついていないのではなく、高い確率で、チームに貢献しています。スティール以外にも、ダラスのパスに手を当てたために、ダラスのオフェンスのリズムが崩れたりと、良くプレーしています。ゲーム終盤は、クラーク、ジェイミソンはベンチで、ミークスがプレーしました。走れるので、アウトサイドをクローズするのが早いです。ディフェンスには目を瞑るはずだったのが、クラッチタイムに、ディフェンスを買われて使われています。

ブレイク:5得点(2-5、3PT=1-3)、2アシスト
ミークスよりミニッツが多いのに不満のコメントが結構ありましたが、逆転して、ミークスの26分半に対して、16分でした。2Qの頭に2本続けて決めたからか、ナッシュが戻った時にはクラークがベンチに下がり、2分弱ナッシュと一緒にプレーしましたが、その際にはミークスもプレーしていたし、後半は、完全にナッシュと交替で、ナッシュがベンチの間だけプレーしました。オフェンスもディフェンスも、ミークスの方が上なのが、ダントーニにも分かってきたはずです。


オフェンス
自然に動く様になって来ています。ドワイトがスクリーンをセットするだけでなく、ドワイトがポストで位置取りできる様に、コービーがスクリーンをセットしたり、お互い助け合っています。

ディフェンス
しっかり守っているのに、オフェンシブ・リバウンドを取られます。12も取られて、その内ブランドが5ありました。ビッグマンがいない上、ドワイトがファウルトラブルだと厳しいです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/02/25 17:47  Lakers | コメント(18)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>天使の街の湖軍団好きさん

私もそう感じます。コービーよりも、むしろナッシュの方が、あからさまな感じがします。側まで行って、ボールを貰いに行ったりは、コービーはしないですが、ナッシュは時々します。レイアップは兎も角、3ポイントは、横にあれだけホットなコービーがいたのに、パスしないで自分で打つなんて、メタでなくてもおかしいです。ディフェンスが良くても、その分オフェンスで脚を引っ張っているし、リバウンドが取れないです。リバウンドもディフェンスの内です。折角止めても、オフェンシブ・リバウンドを取られたら、止めたことにならないです。SFが2リバウンドなんて、話にならないです。


>>すすわたりさん

怪我は予想できないですが、ミニッツ管理はできるので、しっかりしてもらいたいです。昨シーズン良くなかったのは、ミニッツが原因です。

ナッシュには、ドワイトのスクリーンを使ってフリーになって、どんどん打ってもらいたいです。

この2ゲーム、ナッシュ、ミークス、コービーが一緒にプレーしていますよね。これでスタートでも良いですが、相手によっては、ミークスはサイズがないし、コービーも、毎回SFとマッチアップではきついと思います。


>>akrさん

私は、今年どうせ駄目なのに、下手に良い所まで行って、根本的な改革をしないで、来年も駄目になるのが心配です。来シーズンは、コービーとドワイト以外は、契約が残っている人は全員相手によってはトレード要員、ブレイクとメタは、トレードできなければ、バイアウトかアムネスティー、契約が切れるプレーヤーも、今までレイカーズにいたからという理由だけで、再契約して欲しくないです。ミークスとクラークは、残って欲しいですが。


>>ひでさん

仰る通り、今シーズンは、4Qにリードを失って逆転負けすることが多かったのに、ポートランド戦から、リードされたのにひっくり返して勝っています。

コービーは、怪我は完全に防ぐことはできないですが、ミニッツ管理はできるので、しっかりしてもらいたいです。

ビッグマンは1人しかいないので、ドワイトのファウルトラブルがなくても困っているくらいなので、注意してもらいたいです。

ナッシュは、オープンのチームメイトにパスするなら良いですが、無理にでもパスするのは止めて欲しいです。それに、オープンでもメタにパスするくらいなら、自分で打って欲しいです。

私もミークスは、スポットアップシューターで、それ以外は出来ないと思っていたのに、ディフェンスもよくやるし、カットしてレイアップを決めたりと、良い意味で予想外です。


>>匿名の方

「アレ」とは、コービーのツイートの翻訳中の「あれ」でしょうか?それなら、このゲームでのコービー自身のプレーのことです。分かり難くて済みません。


>>かぼちゃケーキさん

私も、いくらなんでも次は外すだろうと思っていたのに、最後まで外しませんでした。フリースローは外しましたが。リバウンドは、終わってから気が付きました。あのツイートは、ツイター史上最もリツイートされたそうです。

キューバンについては、私も同じことを考えていました。オーナーや球団関係者には、テクニカルはないのでしょうね。


>>ラッパさん

その上、デンバーはホームで強いです。5割は気持ちの問題ですが、上かなかなか負けないので、これ以上負けられないです。

メイヨは身長がないから、コービーをガードできないです。どうしてメイヨにさせたか不思議です。ビンスもですが、マリオンも付きました。

ドワイトは、自分がしっかりピックをしているから、自分が楽にボールをもらえます。オーランド時代から、オフェンシブ・ファウルは、1ゲームに1つはあったそうですが、ハード・スクリーンをセットしているからムービングスクリーンを取られるなら良いですが、ポジション取りのファウルとか、他のつまらないファウルをなくして欲しいです。

ブレイクは、スポットアップして、アシストしてもらってシュートを決める以外は、何もできないです。足が止まっていないと決まらないから、スクリーンを使って動いてフリーになっても、直ぐに打てないです。

ジェイミソンもミークスも、20分以上プレーしたら、二桁は当たり前になるはずです。PGとして他を活かすのも、ブレイクよりデューハンの方が良いですよね。


>>ロンロン大好きさん

よく、「A mad player is a bad player.」と言います。「怒っているプレーヤーは、悪いプレーヤー。」という意味です。カッカ来ていると、空回りする人が殆どです。それがコービーの場合は、怒ると更に凄いと言われます。

足の怪我なら、上半身のウェイトトレイニングをするとか、プールで歩くとか、いくらでもコンディショニングのやり方があると思いますが、バイナムがそんなことをしないです。練習しなくて済んで喜んでいる程度でしょう。大体、怪我をする前から、写真を見たら太っていました。夏の間に何もしないで、食べまくったのでしょう。ミッチは、マジックには、「48時間以内に成立させなかったら、今年はバイナムで行く。」と言ったと思います。本気だったかどうかは分からないですが。ドワイトは勿論ですが、クラークがいなかったら、大変なことになっていました。


>>ppidさん

まず、追悼セレモニーの記事へのコメントありがとうございます。見逃していました。すみません。怒られてしまって済みませんでした。(笑)ライリーは、最後の方、訳が分からなくなると思いませんか?大体長いし。

ミークスは、ナッシュやコービーとプレーするミニッツが増えてきたので、スポットアップして打つチャンスが増えてきました。ジョディーの価値の認識より、ブレイクの価値を認識して欲しいです。

クラークは、経験がないためのミスはありますが、そんなのは当たり前だし、メタの様に、最初からできないことをやろうとしないから良いです。

ドワイトがスクリーンをしなかったのは、背中の影響もあったと思います。それと、意識が相乗効果で、やらなかったのでしょう。

仰る通り、確かにジェイミソンは、ヘルプはまずまずですね。でもその時に、&1になる触るだけのファウルをします。あれを何とかして欲しいです。

コービーのハイライトは、私も、こういうのがあるだろうとは思ったのですが、探せませんでした。ありがとうございます。


>>LAXさん

まず、追悼セレモニーの記事へのコメントありがとうございます。見逃していました。すみません。LAXも翻訳できたと思いますよ。マジックも良かったですが、ジェリー・ウェストが、年齢も近いし、若い頃は、オーナーと社員というより、遊び仲間だったみたいなので、エピソードが面白かったです。

優勝が無理なら、せめてこういうコービーを見たいです。面白くて優勝できるのが一番良いですが、それが駄目なら、面白くなくても優勝、それが駄目なら、優勝できなくても面白いです。優勝できなくて面白くなかったら、見る価値がないです。

バン・ガンディーが途中で、コービーが2ポゼション続けて、オープンのメタを見逃したというようなことを言っていましたが、見逃したののではなくて、分かっていたけれどパスしなかったのだと思います。それを言った直前には、クラークにパスしていました。自分で打ちたいから、メタがオープンなのにパスしなかったのではないです。

少なくともSGでプレーするなら、ミークスの方が、ブレイクより良いことくらい、ファンでも分かっているので、コーチに分からない訳ないですよね。恐らく、dナントーには、ブレイクが、レイカーズに来る前のイメージが強烈だったから、ファンから見たら実力なのに、調子が悪いくらいにしか思っていなかったのでは?


>>スキップトゥマルーさん

コービーは、昨シーズンは疲労で、2シーズン前は、膝の怪我で、まともにプレーできなかったので、やっと元に戻って嬉しいです。

POは可能性はあると思いますが、優勝は難しいと思います。


>>マルショウさん

見られなかったんですか。残念ですね。コービーもノビツキーも、完璧なディフェンスをされても決める所が良いです。

オフェンスは誰でもムラがあるので、ドワイトは、ディフェンスさえしっかりやっていれば良いです。

ロケッツより、ジャズの方が落ちてくると思います。ロケッツは残りはホームが多くて、相手も楽なのに、ジャズはロードが多くて、相手もきついそうです。


>>さやかさん

同じ2点でも、難しいのを決めると、ベンチも観客も盛り上がるし、相手は完璧なディフェンスをしているのに得点されるから、がっかりしますよね。だから、同じ2点ではないです。

クラークは、正に怪我の功名ですね。


>>ローラさん

現実的に考えて、優勝所か、一回戦突破も難しいと思います。バックアップPGのレベルが低すぎるのと、ハーフコートオフェンスで、自分でボールを持ってシュートまで行かれるプレーヤーが、コービーとナッシュしかいないです。


>>スノーマンさん

夜遅くというより、日本は早朝でしたよね。お疲れ様です。

何でもやっているのが凄いです。アシストはまだしも、リバウンドがセンター並みです。

ジェイミソンがよくカットしてボールをもらっているから、伝染するのでしょう。1人、何かが得意な人がいると、伝染します。トレバーがいた時は、よくスティールするので、みんなスティールの意識が強くなって、ラマーまでやり出す様になりました。

ドワイトにポストでボールを入れるのは、意識もありますが、入れ方が上手くなって来たのもあると思います。アウトサイドでボールを動かしてから入れるとか。

SGでつかうなら、ミークスがブレイクより数段上です。ボールハンドル以外、ブレイクの方が上なものは、何もないです。

メタは、がっかりというより、ある意味期待通りです。遅いプレーヤーのカバーできても、SFでは遅くても無理なので、PFだけです。それも頭越しにジャンプシュートを打たれたら、何もできないし。

デンバーは、ホームで3敗しかしていないです。厳しいですね。


>>匿名の方

仰る通りです。ファンは、コービーが何をやっても、当たり前に成っていますが、34歳であんなのは、異常です。ミニッツも、一時が酷すぎたから少なくなった感じがしますが、まだ多いですよね。

ナッシュは、散々、もっと打てと言われていたけれど、今までの癖が抜け切らなかったのが、やっと切り替えられたのだと思います。


>>バスケットマンさん

ハワードは、オフェンスは良くなかったですが、ディフェンスで存在感がありました。オフェンスも、自分のシュートは良くなかったですが、スクリーンをセットしていました。

コービーの3ポイントは、カバーされているから、少し後ろからになったのでしょう。1本は、ドライブ仕掛けて、時間がないのに気が付いて、かなり後ろから打ちましたが。

私も、ミークスはまだ6本打っているし、フリースローに2回行っているから良いですが、クラークはもっちょと打っても良いと思います。
[ 2013/02/26 10:10 ] [ 編集 ]
「メタにパス自体が行かない様な気がします」っていうの、
コービーも出さないですし、ナッシュもピックに使わないようにしてるし、本当にパスしない方針でやってるんじゃないですか。

それでものこり一分ちょいで空気を読まない3PにレイアップミスからのFTミスでヒヤリとしました。
確かにディフェンスは良かったですが、結局オフェンスの穴になってるんでねえ…
[ 2013/02/26 09:23 ] [ 編集 ]
コービー凄いですね!やっぱり、マンバしてくれると試合の面白味も勢いも全然違います。
体力とけがの邪魔さえなければ、これくらい今でも決められるんですね(笑)

ナッシュは初めからしっかり決めてくれましたし、クラーク、ジェイミソンは毎回の通り安定していて、貢献してくれます。
ミークスにはもう少しスリーを打ってほしいですね。
PGがPGなので、仕方がないと思いますが。
いっそのこと、スタメンSFコービーでSGミークスにすると面白い気がしますが、どうなんでしょう?

DEN戦は苦手なBack to Backなので、頑張ってほしいです。
ハワードのファウルトラブルさえなければ負けることはないと思います!
[ 2013/02/26 08:50 ] [ 編集 ]
チームとして機能しだしたんで、オールスター明け夢の10連勝も実現するかも(笑)
OKCとは接戦になりそうですが。
10勝1敗でもOKです。
ファンとしては、下手にプレイオフ1回戦突破なんてして改革が中途半端になるより、と思うのですが、時間のないコービーからしたら優勝を諦める時期じゃないですしね。

難しいとこです。
[ 2013/02/26 06:29 ] [ 編集 ]
今日も接戦でしたが、勝てて良かったです。
前半戦は接戦に勝てなかった印象でしたが、最近は勝てるようになってきましたね。

コービーは本当にすごかったです。
難しいシュートも何本も決めてくれますし、思わず見とれるようなプレーぶりでした。
それに、4クォーターの活躍はさすがです。
12リバウンドも取っていますし、7アシストと、味方もしっかりと生かしていますし。
今日は何から何まですごかったです。
やはりオールスターブレイクで休養できたのが大きいのかもしれませんね。
それを考えると、コービーにとって敵は疲労とケガくらいじゃないかなと感じました。
疲労とケガさえなければ、かなりの高パフォーマンスを見せてくれそうですね。

ハワードはおっしゃる通り、ディフェンス面でいるのといないのでは全然違いますし、ファウルトラブルには気をつけてほしいですね。
ただでさえビッグマンが不足しているので、ハワードにはなるべくコートにいてもらいたいです。

ナッシュは積極的に打ってくれているので良いですね。
ナッシュには今の状況を考えると、ゲームメイクを期待するより、シューターとして活躍してもらう方がやはり合っているのかもしれないですね。

ミークスはオフェンスでも、ディフェンスでもエネルギッシュに動きますよね。
チームに来たときは、シューターというイメージが強く、スピードはあまりないのかなと勝手に思っていたのですが、見るとスピードもありますし、スティールしての速効で得点につなげたりしてくれるので、頼もしいです。
スピードのある選手が今のチームにはあまりいないので、貴重な存在ですね。

オフェンスでは、一時期のように、コービーがボールを持つと他は見ているだけということがなくなり、みんなが動いたりとスムーズなオフェンスになっているようなので良かったです。

次は苦手のバックトゥバックで、高地のデンバーですが、この調子で勝って、勝率を5割にしてほしいです。
[ 2013/02/26 01:53 ] [ 編集 ]
「アレ」とは誰のことですか?
無知ですいません
[ 2013/02/26 01:25 ] [ 編集 ]
後半、特に4Qのスーパーコービータイムは圧巻でしたね!流石にそろそろ落ち始めるか?と思ったのですが尽く沈めてくれました。それと、何気にリバウンドを12取ってるのがすごいですね。最後のメイヨのスリーが外れた後のリバウンドなんか、魂がこもってました。ツイートも日本語にはない言い回しでかっこいいです(>_<)

コートサイドでうるさいキューバンには、審判がテクニカル吹いてくれないかなと思って見てました 笑


[ 2013/02/26 01:09 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

AS明け3連勝ですね。次はB to Bで、しかも高地Denverですから、選手たちはきついと思いますが頑張ってもらいましょう。Denverの後は2日空いてホームでMinnesota戦ですから、勝って5割に戻しておくと大きですね。

今日はKobeの日でしたね。MayoがMemphisに居た頃から対MayoはKobe得意でしたが、今日はMayoだけでなく、Vinceも圧倒してましたね。
それに最近全然決まってなかった3Pも良く決まってましたし、オープンな選手はしっかり使って7アシストですから、本当に34歳とは思えないです。

DwightはAS明けはピックにしっかり行きますし、それから良いタイミングでボールを受ける機会も増えてます。あとはつまらないファールとTOさえ失くしてほしいです。ただシーズン始まってからずっと言われてるので直るかわかりませんが。

個人的にはMWPよりBlakeがう~ん。。。
MWPもマイナスなんですが、それ以上にBlakeのマイナスは大きい気がします。せっかくDwightがピックに来てディフェンスがつかまってるのに、何もPGが出来ないんじゃ意味ないです。結局毎回ドリブルして苦し紛れのパスをするだけなんで。たまにシュートが決まるPGなんていくらでもいますし、ディフェンスは誰にもついて行けないし…

そういう面でもNashはやっぱり流石です。シュートの上手さはもちろんですが、ピックの使い方が上手いですね。少しディフェンスがつかまれば、そこからチャンスは確実に作れますし、シュートも打てます。
それにクラッチに強いですね。前回のPortland戦でもあれだけ外していたのに、最後は決めてましたし、今日の3Pも大きかったです。

Meeks、Jamisonは良い働きをしてますね。最近Jamisonはミニッツの増加に伴って2ケタ得点が続いてますし、Meeksもディフェンスでの貢献もあります。Duhonの方がMeeksはうまく使えてたので、Blakeじゃなくしてもらえれば、もっと3Pで活躍できると思います。
[ 2013/02/26 00:23 ] [ 編集 ]
キューバンの発言については前日にもコメントしようかなぁと思ってたんですが次がダラス戦だったので様子見してたんですけど、正直痺れました。普通は空回りしかねない所でしょうが、やはりこなしてきた場数が違います。本当に凄い圧巻のパフォーマンスでした。それとバイナムがようやくチーム練習に復帰したそうですがあまりの出来の悪さにコリンズHCが今シーズンの終焉を宣言したようです。確かMayさんの記事にハワードのトレードで煮え切らないマジックにミッチが今年はバイナムで行くって脅しをかけたと書いてあったのを、ふと思いだしました。今思えばギリギリの売り時で最高の見返りを得た訳で現状のラインナップにハワードとクラークがいないと思うとゾッとします。本当によかった。
[ 2013/02/26 00:03 ] [ 編集 ]
最近はMagicをやっていたMambaが、久々にBlack Mambaしてくれました。
見ていて非常に面白かったです。3QのMamba vs Mavsや4Qの圧巻のパフォーマンス、思わず叫んでしまいました。

ミークスも2Qによくやってくれました。リバウンドをチップしたり、精一杯クローズしたり、
よく動いてくれるので、見ていて気持ちが良いです。
今日は、ワイドオープンで撃つ機会が、いつもより多かったですね。
やはり、楽にリズム良く撃たせてあげることが、シューターには大切だと再認識しました。
ミニッツも逆転したようですし、ダントーニには、もっとジョディの価値を認識して欲しいですね。


クラークはクローズされるとまだダメですが、メタのように無茶をしないので良いですね。
Kobeのアイソから他の3人が棒立ちの中、一人カットしてFTを貰いましたし、よく考えて動いているなと感じます。

ドワイトも、スクリーナーとして文句の無い体格なので、最初から、もっとシッカリピックして欲しかったですね。とはいえ、改善されてきたので、ここは良くなると信じています。

ジェイミソンは個人的に1on1ではDFがダメですが、ヘルプDFは中々良い感じだと思います。
ポジションも良いし、ウイングスパンが長いので、良くヘルプでのブロックや、スティールに絡んで来るのが、ジェイミソンである事が多い気がします。

何はともあれこれでAS明けから3連勝です。
不安材料はありますが、まずはPO圏内まで行って欲しいです。

追記:よくNBAのハイライトを上げてる人が今日のKobeを上げてたのでURLを貼っておきますね。
NBAの公式のヤツよりシッカリ全部映してるので少し長いです。
http://www.youtube.com/watch?v=ZUtZkzYrEmE
[ 2013/02/25 21:05 ] [ 編集 ]
Black Mamba が帰ってきましたね。というよりも、
こないだのDr.Bussのセレモニーのスピーチを聞いていても思いましたが、
また一皮むけたような気さえします。
過度な期待はしませんが、今日のKobeはUnstoppableでしたね。

Mayさんの記事にあるように、MWPへのパスの減少や、
Meeksのミニッツなど、ファンが思ってたことが
少しずつ調整されつつあることも良い兆しです。

8位まで2.5ゲーム差、7位まで3.5ゲーム差、
この勢いでまずはPO圏内までいきましょう!
[ 2013/02/25 20:42 ] [ 編集 ]
この2戦これが皆が見たかったKOBEという感じですね。
明日のDEN戦が楽しみですね。BOSやPORやMAVSと違ってプレイオフ確実のチームなのでどこまで出来るか良い指標になると思います。
KOBEが最近何かのインタビューで「プレイオフに行けるかどうかは問題じゃない。プレイオフには絶対に行く。プレイオフにさえ行けば何も恐れるものはない。相手がSASだろうがOKCだろうがDENだろうが」みたいな感じの事を言っていました。
Kobeは全く優勝を諦めてないと思います。最近の得点力も凄いですがそれよりも闘争心がとんでもないですね。

[ 2013/02/25 20:07 ] [ 編集 ]
この試合見たかったなぁ…ノビツキーとコービーなんて僕の中でどストライクの組み合わせですよ(笑)

今ならデュラント、レブロンとか人気なんでしょうけど(笑)

ノビツキーとコービーのシュートってホント芸術的ですよね。2人のフェイダウェイはホントしびれます

わ。

ハワードはやっぱりまだムラがあるようですね…良くやってるのかもしれないですけどまだ物足りない

感じしますね。もっとできる気するんですけどねぇ…。

とりあえず明日はホームに強いナゲッツが相手なんでこれに勝って勝率5割復帰しましょう。

ロケッツ、ジャズまではまだ勝ち越せる圏内にいると思うんで何とか5月くらいまではレイカーズの試合

見せてもらえるよう頑張って欲しいです(笑)



[ 2013/02/25 19:38 ] [ 編集 ]
これこそレイカーズが誇るコービー!
今日の試合は見ていて面白かったなぁ
ハワードがファウルトラブルで不安だったけど、そんなことよりもノビツキーとのエース対決が面白かった!

けが人が出てベンチ勢が成長してきて嬉しい
特にクラークが予想以上の成長してる
前は全然シュート決まらなかったのに……
[ 2013/02/25 18:56 ] [ 編集 ]
ちょっとまえに優勝は無理といってましたけどやっぱり無理ですか??
[ 2013/02/25 18:54 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

夜遅くまで起きて見たかいがありましたね!
コービー最高でした!!
38点も取ってるのに7アシストも素晴らしいですね。
コービーがボールを保持している時、ロールプレイヤーがしっかりバスケットにカットしたりと合わせているので、オフェンスは良くなってきた印象を受けました。
ドワイトにもローポストでボールをもらうオフェンスが増えましたね。
ダントーニはフィルの言ったことを聞いていたんですかね。
ドワイトが笑わなくなったのは、自分は意識が変わってきたのかな、と思っています。というかそれが願望です。
去年のレブロンみたいに優勝した時の笑顔に勝る笑顔はないですしね、優勝した時にいつも通りのドワイトの笑顔が見れれば良いかなと勝手に思っています笑

ディフェンスはミークスが良いですね
クローズが素晴らしいです!
若くてエネルギッシュな選手は今のレイカーズにとっては貴重だと思います!
今日のミニッツな感じでブレイクよりミークスを使ってほしいです。
スモールラインナップにするなら
ナッシュ-ブレイク-コービー よりも
ナッシュ-ミークス-コービー の方が絶対にいいです。

メタにはホントにがっかりします。
放出はもうないと思うので、オフェンスの考え方をダントーニは改善させるべきだと思います。
それさえ改善されればスピードがない選手に対してのディフェンスはまだ優秀だと思うので使えるはずです。

明日はアウェイでデンバーとの一戦ですね。
今のデンバーは強豪ですしアウェイなんでそう簡単に勝てるとは思いませんが、勝って、勝率5割に戻しレイカーズとしての勝ち方を確立してほしいですね!

[ 2013/02/25 18:47 ] [ 編集 ]
#24が38点・・・
#24やからそんなに驚くことじゃない??
いやいや冷静に考えたら34歳でミニッツがあれだけ多くて2試合連続で40点って!
ホンマに恐ろしい男ですよね!!?

年齢とともに身体能力は衰えてるけどそのぶん駆け引きが今も向上してるように思えます。

ナッシュも気を使ってる感がなくなってきたように思えます!!
3rdの活躍はすごかったしあれで#24もエネルギーを節約できたんじゃないかと思えました。

今は勝てれば何でもいいですが
やっぱり#24が40点とって試合に勝つのが一番楽しいです(^O^)


[ 2013/02/25 18:45 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

ハワードのスタッツを見たら元気が無いですが
コービーとナッシュのを見たら
流石という感じですね。

今日のコービーの印象は
スリーポイントラインから結構離れている位置から
決めていましたね。
クラッチタイムも止められないです。

ナッシュは
積極的にゴールを狙っていて良かったと思います。

メタは・・・
って感じです。

クラークとミークスのシュート本数を
増やしてもいいかなと思います。

個人的に
デューホンも使って欲しかったです。
[ 2013/02/25 18:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。