25点ビハインドをひっくり返して勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

25点ビハインドをひっくり返して勝利

Game Score

1Q
開始直後に、メタが3ポイントを決めますが、その後、コービー、ドワイト、クラークが外して、ナッシュがターンオーバーし、得点できません。ニューオリンズに先行されますが、ナッシュがジャンプシュート、クラークがドライブしてドワイトにパスし、ドワイトがダンクを決めて、序盤で逆転します。ニューオリンズのゴードンが、序盤にコービーに続けてファウルし、早々とベンチに下ったのも助かりました。クラークは、出足にジャンプシュートを外しましたが、リバウンドを取ったり、ドライブしてファウルを取ったりと、よく動いていました。半ば前には、オフェンシブ・リバウンドを取ったのに、コービーが、ピボットの足を動かしてトラベリングでターンノーバーにしたり、ドワイトが、見るからに短そうなバスケスのフローターを、ブロックに行ってゴールテンディングしたりで、同点に追いつかれます。ここからも、クラークがドライブしてファウルを貰い、フリースローを2本共決めると、次はコービーがドライブしてドワイドににパスし、ドワイトがダンクを決めます。ところが、半ばには、ジャンプシュートしかないメイソンJR.を、オープンにして、3ポイントを含む、ペリメターのジャンプシュートを、次々と決めれて逆転されます。終盤に入ると、始めはナッシュ、ナッシュがベンチに下るとブレイクを相手に、バスケットが、毎回ドライブして、レイアップを決めたり、ディフェンスを崩して、アンダーソンのダンクをアシストしたりします。バスケスは、このコーターは4-5の9得点、4アシストでした。残り2分では、スクリーンを使ってブレイクを振り切りドライブしたバスケスに、ブレイクが追いつきますが、触るだけのファウルをして、レイアップ&1を与え、6点ビハインドにされます。ここから又クラークが、ファウルを取りフリースローを決めると、コービーが2連続で3ポイントを決め、2点リードにします。その直後は、ロバーツが3ポイントを外しますが、ドワイトがベンチの為、リバウンド争いでは不利で、アミヌにオフェンシブ・リバウンドを取られ、そこから得点され、28-28の同点で、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、ミークス、メタ、ジェイミソン、ドワイトでスタートします。序盤は、ニューオリンズがほぼ毎回決めます。レイカーズは、開始直後にミークスが3ポイントを外し、ドワイトがフックショットを外し、メタは、又できもしないポストプレーからペイントに押し込んで、殆どジャンプもしないで放ったレイアップを、アミヌにブロックされ、開始直後に、7点ビハインドにされます。幸い、このブロックがアウトオブバウンズになり、その後のプレーでファウルを取ったミークスがフリースローを決めますが、序盤に続けてファウルをしたドワイトが、3つ目のファウルで、早々とベンチに下ります。ドワイトがベンチに下ると、ディフェンスで全く止められなくなります。いつもの、ブレイクがカバーしているプレーヤーに爆発されるパターンで、リバースに次から次ぎえと決められました。序盤で早くも10点ビハインドにされると、ジェイミソンのオフェンシブ・リバウンドから、メタがジャンプシュートを決め、半ば前には、又ジェイミソンがオフェンシブ・リバウンドを取り、今度は自分で決め、何とか付いていきます。ところが、ここから全く得点できなくなります。たまにしかないファーストブレイクでは、ナッシュがレイアップをアミヌにブロックされ、コービーもジャンプシュートをアンダーソンにブロックされ、クラークのターンオーバーや、コービーのドリブルを、アミヌが叩いた様に見えたのに、ダブルドリブルになってのターンオーバー等、半ばからの約2分半に無得点でした。その間、ディフェンスでは、ニューオリンズが、外しているのに、4ポゼション連続でオフェンシブ・リバウンドを取られ、そこから得点されます。腕の長いデイビスに1本取られた他は、飛んだ位置が悪く、リバース、ゴードン、バスケスのガードに取られています。これで、終盤に入った所で、20点ビハインドにされます。ここでナッシュが決めて、久しぶりに得点しますが、次は、ドワイトのファウルトラブルのためにプレーしているサクレとナッシュのピック&ロールで、ナッシュがサクレにパスを出し、サクレがフックショットを外します。こんな場面で、どうしてサクレに打たせるのか分からないです。その後も、身長もあり腕の長いデイビスが、目の前にいるメタをものともしないで、楽々長いジャンプシュートを決めると、ゴードンの3ポイント、アミヌのフリースローで、残り2分で25点ビハインドにされます。ここから、コービー爆発の予告編が始まります。まず、続けてドライブして、ファウルを取り、フリースロー4本を決めると、次はファウルされずにレイアップを決め、30秒程で、6得点します。終了間際にも、ドライブしてレイアップ&1を決めましたが、その間には、フリースローを2本共外す、ドワイトの物真似もありました。ディフェンスでは、フリースローは与えましたが、他は、ブレイクのスティールもありしっかり守り、点差を少し縮めて。67-48の19点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、ドワイトがレイアップを決めると、メタが連続で3ポイントを決めます。コービーからドワイトへのアリーユープダンクもあり、序盤で点差を15点に縮めます。メタは、流石に3連続では決められませんでしたが、ドワイトが、プットバックダンクを決めると、又、コービーからのパスで、ドワイトがダンクを決めます。今日は、コービーからドワイトへのラインが、冴えてました。ディフェンスは、まずまずでしたが、ファウルでフリースローを与えたのと、デイビスをガードしていたメタが、全く付いて行かれなくて、アリーユープダンクを決められたしました。15点までは詰めましたが、そこからが、なかなか詰りません。半ばには、ドワイトがジャンプシュートを、デイビスにブロックされると、次はターンオーバー、クラーク、ミークスが、続けて3ポイントを外し、2分以上を無得点に抑えられます。この間、まずまず守りましたが、ゴードンのレイアップと、バスケスの3ポイントで、点差を21点に広げられます。ここから、コービー爆発第二段が始まります。半ば過ぎから、自分で決めたシュートは2本だけでしたが、ドワイトへのアリーユープ、ジェイミソンとミークスのレイアップをアシストし、レイカーズが後半決めたバスケットの全てを自分で決めたか、アシストしたかで、全得点に絡みます。終了間際には、フリースローも3-4で追い上げます。ディフェンスでは、バスケスに動かれて、ロペスにダンクを決められたり、ゴードン、バスケスの連続3ポイントもありましたが、それ以外は、ドワイトのスティールが2つありよく守り、93-75の18点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
久しぶりに、コービーが休み無しで頭からプレーし、ブレイク、ミークス、ジェイミソン、ドワイトとスタートします。コービーは、開始直後から、積極的に打って得点します。ディフェンスでは、出足にアンダーソンに3ポイントを決められましたが、ロペスを、こともあろうか、コービーがブロックし、リバウンドがロペスに行きますが、今度はドワイトがブロックする良いプレーがありました。この直後には、コービーがドライブすると、ここまで3ポイントが1-5のミークスにキックアウトし、ミークスが3ポイントを沈めます。これで、13点ビハインドに詰めますが、直後のオフェンスでは、ブレイクが3ポイントを外し、ドワイトはロペスにブロックされ、、その間、バスケスが3ポイントを外しているのに、アンターソンにプットバックダンクを決められ、ドワイトがブロックされた直後には、ファーストブレイクで走られて、アミヌにアリーユープダンクを決められ、直ぐに点差を17点に戻されます。この直後には、バスケスが外したシュートを、アミヌがティップしようとしますが、ドワイトの存在が気になったのか外します。そして、ミークスが又3ポイントを決め、コービーがドライブして、ドワイトにボールを手渡すと、ドワイトがダンクを決め、半ばで12点差に迫りますが、直後にロペスにダンクを決められ、14点差に広げられます。この直後には、ドワイトがフリースローを1本外し1本決め、13点差になりますが、ロペスが外しているのに、コービーが、ベースラインをドライブして、足を踏み出してターンオーバーにします。この時点で、6分を切っていたので、逆転は無理と思われました。ところが、ディフェンスでプレッシャーをかけて、バスケスからターンオーバーを誘うと、コービーが又ミークスを見つけて、ミークスがこのコーター3本目の3ポイントを沈め、次はコービーが自分で3ポイントを沈めます。終盤に入った所では、コービーがダンクを決め、5点差に追い上げると、ドワイトが、ロペスのダンクをブロックしただけでなく、ボールをコントロールして、リバウンドを取ります。そして、コービーが、又々ミークスを見つけると、ミークスが4連続で3ポイントを沈め、残り3分ちょっとで、2点差に追い上げます。ここからのディフェンスでは、バスケスが外してくれたのに、リバウンド争いで、ドワイトがファウルし、5つ目のファウルとなるピンチになりますが、ダントーニは、ドワイトをそのまま残します。幸い、ゴードンが3ポイントを外してくれて、オフェンスに入りますが、コービーがドライブして、メタにキックアウトすると、その隣で、4連続で3ポイントを決めているミークスが、オープンで手を上げているのに、メタがパスしないで、ドリブルで少し中に入ってジャンプシュートを打っては外します。ここで得点されたら厳しかったのですが、しっかり守り、ショットクロック違反を誘います。そして、次は、コービーがドライブしてレイアップを決めて、遂に同点に追いつきます。ドワイトが良いスクリーンをセットして、コービーがバスケットに行くレーンを確保しました。ここからもしっかり守り、時間切れ近くに、ゴードンがジャンプシュートを放って外します。ここで、リードと行きたかったのですが、コービーがドライブして、コーナーのナッシュにキックアウトすると、ナッシュが隣のメタにパス、又もやメタがミークスにパスしないで、自分で3ポイントを打って外します。これで負けたら、メタがいる内は、ブログは止めようと思いました。1分を切ったここからのディフェンスでは、ミークスがステップアップしました。ミークスは、サイドラインをドリブルしているゴードンにプレッシャーをかけ、ゴードンが足を踏み出して、ターンオーバーにします。こういうプレーは、ボックスシートには、何も残らないですが、スティールに等しいです。ここからのオフェンスでは、毎回厳しいスクリーンをセットしているドワイトが、又ハイ・スクリーンをセットし、相手をスイッチさせ、コービーにビッグマンのロペスが付いてしまいます。コービーは、ペイントの少し外側まで行って、そこからフェイダウェイを放ち沈めます。これで、1Q終盤以来、初めてのリードを奪います。この時点で、残り36秒、次のディフェンスで止めれば、かなり有利になる所です。ここで、5ファウルでプレーしていたドワイトが、ゴール前で一旦ヘルプに出かけて、ボールがロペスに行くと、すぐに戻って、ロペスのダンクをブロックし、リバウンドを取った上、ファウルをさせる間もなく、ナッシュにパスを出します。この後、タイムアウトを取りますが、インバウンドパスをバックコートからして、何故か、ニューオリンズが、こともあろうか、コービーを見失って、バスケットに向かったコービーにパスが行くと、コービーがダンクを決めて、4点リードにします。この時点で、まだ23秒残っていたので、まだまだ不安だったのですが、次のディフェンスでは、メタがメイソンJRからスティールし、ファウルされます。これで決まったと思ったのですが、メタは、フリースローを2本共外します。最後の最後まで、脚をを引っ張ってくれました。この後、3ポイントでも決められたら、嫌だったのですが、ゴードンが外してくれ、故意のファウルからコービーがフリースロー2本を沈め、勝利を確実にしました。




コービー:42得点(14-21、3PT=3-7)、12アシスト、7リバウンド
3ポイントの本数も多いですが、3ポイント以外は、殆どドライブしています。ターンオーバーが6と多いですが、足を踏み出したのが2回、ピボットの足が動いたのが1回、ダブルドリブルが1回で、バッドパスは2回でした。バックトゥーバックの2日目で、後半休み無し、42分のプレーでしたが、終盤も、全く疲れが見えませんでした。一体どうなっているのでしょうか?40得点以上、12アシスト以上は、NBAでは3年ぶり、レイカーズでは、1986年以来だそうです。3年前はレブロン、1986年はマジックです。

ドワイト:20得点(9-16)、15リバウンド、4ブロック、3スティール
決めた9本のシュートの内8本がダンク、1本はレイアップです。ポストプレーや、ペイントでボールを貰っての、フックショットやジャンプシュートは、殆ど決まらないです。ポストでボールを渡すより、上手くディフェンスを交わして、フリーになってもらった方が良いです。4Qのディフェンスが良かったですが、オフェンスでも、自分では得点していませんが、毎回良いスクリーンをセットしていました。

クラーク:5得点(0-4、3PT=0-2)、2リバウンド、3アシスト
よくドライブして、ファウルを取っていましたが、シュートは、空回りという感じでした。ドライブして自分で打つだけでなく、チームメイトにパスも出しています。

ナッシュ:5得点(2-7、3PT=0-1)、1アシスト
ドリブルして動き回るのですが、自分で打つ気配がないので、相手を引き付けられないです。アシストは極端に少ないですが、オープンのチームメイトが外しているので、必ずしも、ナッシュが良くプレーしなかったから、アシストが少なかったのではないです。オフェンスでこんな状態だと、ディフェンスでは穴なので、使う意味がないです。4Qは、まずまずのディフェンスをしていましたが。

メタ:11得点(4-9、3PT=3-5)、0リバウンド
アウトサイドにスポットアップして、オープンで打ったら、かなり良い確率で決まるのに、余計なことをするから、確率が下ります。3Q途中に5つ目のファウルでベンチに下がり、4Q序盤まで戻らなかったので助かりました。4Qは、みんな良くプレーし、貢献しなくても脚を引っ張った人はいないのに、メタだけが、1人で脚を引っ張りました。コービーでさえ、次から次へとミークスにパスしているのに、メタがパスしないのはおかしいです。シュートは3Qまでは、良く決めていましたが、リバウンドがありません。

ジェイミソン:6得点(3-6、3PT=0-2)、3リバウンド
オープンの3ポイントは外すし、レイアップは外すし、あまり良くなかったですが、ディフェンスでは、走って戻っていました。

ミークス:19得点(6-11、3PT=5-9)
3ポイントは、1-5でスタートし、次の4本を全部4Qに決めました。4Qに決めた内の1本は、しっかりクローズされましたが、それでも決めました。ドライブしてレイアップも決めているし、ドリブルで動いて、カットしたコービーにパスを出したり、オフェンスの幅が広がって来ています。ゴードンには、厳しいディフェンスをしていて、ルースボールを追って、床に転がる場面もあり、全力でプレーしているので、見ていて気持ちが良いです。ミークス無しでは、勝てなかったです。

ブレイク:無得点(0-3、3PT=0-2)、7アシスト、4リバウンド、2スティール
無得点なので、いつもならボロクソに言う所ですが、良くプレーしました。外した3ポイント1本は、コーター終了間際に、バックコートから放ったものです。ペリメターで、むやみやたらにドリブルしなかったです。レイカーズは、五分五分のルースボールで負けることが多いですが、ブレイクは、反射神経が良いのか、1歩目が早いです。4Q序盤に、コービーが、ジャンプシュートを、アミヌにブロックされましたが、そのルースボールを追う1本目が早く、アミヌに取られませんでした。アミヌに取られていたら、そのままダンクだった可能性が高いので、ボックスシートに残らないプレーですが、良いプレーでした。


オフェンス
今シーズン良くありますが、オフェンスが問題ではないです。コービーがドワイトをよく見つけています。ピック&ロールとは少し違いますが、ドワイトがスクリーンをセットして、スイッチさせたり、そのままドワイトがロールしてパスよりも、コービーがドライブして、ディフェンスを引きつけて、ドワイトにパスや、アウトサイドにキックアウトが、上手く行きました。

ディフェンス
ファーストブレイクでは、殆どやられませんでしたが、ピック&ロールのディフェンスが悪かったり、いつものことですが、ドワイトがヘルプに出た後の、カバーがなかったり、遅かったりしました。リバウンドが、52-36のー16、オフェンシブ・リバウンドが、15-6のー9でした。これは、ビッグマンがドワイトしかいない上、そのドワイトがファウルトラブルだったので、ある程度仕方が無いですが、それにしても、酷すぎます。よく勝てたと思います。


「プレーヤーの本当の価値は、4Qにどうプレーするかで決まる。」と言われます。今日、4Qにプレーに人の、4Qのスタッツです。コービー、ドワイト、ミークスの3人で勝った感じです。スタッツでは、オフェンスは、コービーとミークス、ディフェンスはドワイトですが、何度も言う様ですが、ドワイトは、オフェンスでも良いスクリーンをセットして、コービーがバスケットにドライブするのを、助けていました。ミークスは、逆に、ディフェンスで、バスケスやゴードンをよく守っていました。ドワイトのオフェンスと、ミークスのディフェンスがなかったら、勝てなかったです。

コービー:18得点(7-8、3PT=1-1、FT=3-3)、4アシスト、2リバウンド

ドワイト:3得点(1-3、FT=1-2)、8リバウンド、3ブロック

ミークス:12得点(4-5、3PT=4-4)

ブレイク:無得点(0-1、3PT=0-1)、3アシスト、2リバウンド

ナッシュ:無得点(0-0)、0アシスト、

メタ:無得点(0-2、3PT=0-1、FT=0-2)、0リバウンド

ジェイミソン:無得点(0-0)、0リバウンド


ところで、今日は、ヒューストとユタが、共に僅差のゲームを落としています。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/03/07 18:00  Lakers | コメント(29)
☆さん、こんにちは。
コメント返信が、入れ違いになってしまいました。☆があるので、気がつきました。

ありがとうございます。今シーズンは、後19ゲームなので、最後まで頑張ります。
[ 2013/03/09 12:14 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>motaさん

「負ける方法を見つける」と言いますよね。(笑)

タクシーが楽で良いと思います。前の返信でも言いましたが、終わって直ぐだと、フリーウェイの入り口が混んで時間がかかって勿体無いので、ちょっと待った方が良いですよ。それに、金曜日だし、真っ直ぐホテルに戻るのは勿体無いから、LAライブで遊んで行ったら良いのでは?クラブがあります。セレブが数人でオーナーになっていて、その1人がジェニファー・ロペスです。お土産話にも良いのでは?ゲーム帰りの芸能人でも、立ち寄る人がいるみたいです。下がサイトです。お酒を出すので、21歳以上でないと入れないです。もし行かれるなら、パスポートを持参されて下さい。

http://www.congaroom.com

サンタモニカから、各地に行くバスの乗り方が載っているサイトがあるので貼ります。地図が出ているので、分かり易いです。サンタモニカ・ビッグ・ブルー・バスは、サンタモニカプレースの近くに、案内所があったと思います。そこで路線地図や時刻表が手に入ります。もしいらっしゃりたかったら、場所を調べますよ。調べるという程のことでもなくて、「恐らくあそこだろう」とは分かっているのですが、確信がないので、通りがかりにみてくるだけですが。

http://latravelinfo.blog92.fc2.com/blog-entry-10.html


>>だいちさん

ソーントンの契約は、今シーズンを含めて、3年残っています。来年は8mil
以上、再来年は8.6milです。良いプレーヤーですが、サラリーに見合っているかは微妙です。


>>ゾロリせんせさん

そうですが、プロアスリートの失言なんて、日常茶飯事です。あの程度のは、大したことないです。まして、LAには関係ないです。オーランドでは、きっと怒っていると思いますが。


>>さげしまさん

ゲーム後のインタビューで、よく笑っていますよ。


>>LAXさん

Vinoを記事に書こうと思っていたのに、忘れました。いつも、1つか2つ、書こうと思っていたことを忘れます。(苦笑)

ロペスへのブロックは、番組のplay of the gameでしたよ。

トリックプレーは、翌日見て気が付いたのですが、全員があんなに簡単に騙されることがあるのでしょうか?コーチが気が付いて、タイムアウトを取らなかったのも不思議です。ポイントは、気が付く前に、すぐインバウンドパスをすることだったと思いますが。インバウンドパスをしたのが、ブレイクでしたよね。それで変だと思いました。いつもはメタなのに。トリックプレーだから、判断能力が無いのに、インバウンドさせたくなかったのでしょう。

ナッシュは、「ドリブルしてもほったらかし」は、正にそうでした。ドライブしてレイアップするのかと思ったら、通り越してパスとか。


>>akrさん

ひやひやというか、早々に諦めました。前半の時点で、レイカー・ヘイターのトラッシュトークのツイートが、結構あったそうです。私も、MVPはミークスだと思います。コービーとドワイトは、毎回こういう訳にはいかないですが、それでも、やるべきことをやったという感じです。

オフェンスで同じことばかりやっていると、相手が慣れてくるし、コービーやナッシュが毎回動き回るのもしんどいから、たまにはドワイトのポストプレーも入れたら良いですが、それを主体だと、ターンオーバーと、フルースローミスの連発になります。

コービーは、気合も違うし、単に、オールスター休みで、疲労がとれたのもあると思います。


>>UWさん

ドラフトのために負けるチームがあるのは、毎年のことですが、それは、フロントとHCがすることで、プレーヤーは、故意に負けることはしないそうです。

ミークスが活躍すると、ブレイクのミニッツが減って良いですよね。オフェンスは勿論、ディフェンスもミークスの方が良いし。


>>ひでさん

終盤、毎回ドライブでしたよね。でも、去年と比べて、ナッシュがボールハンドルをしてくれる時間帯があるから、かなり楽だと思います。それでも、40分以上は異常ですが。食べ物に気をつけていて、ハンバーガーは止めたみたいです。ゲーム後は、氷水のお風呂だそうです。フットボールプレーヤーは、みんなそうですが、バスケットボールプレーヤーは、あまり聞かないですね。

ドワイトは、トレード期限前に、全国メディアの連中が、トレードと勝手に騒いでいた時に、ミッチが「こんな才能をトレードする訳がない。将来は銅像が建つ。」と言ってから、変った様な気がします。その直後から、よくスクリーンをセットする様になりました。

ドワイトが、ピック&ポップもできたら、ナッシュとやっても良いですが、ロールしかできないし、ナッシュも殆どがパスだから、この2人でやったら、「これからピック&ロールをして、ドワイトがペイントにロールして、ナッシュがバウンスパスしますよ」と言っている様なものですよね。コービーとだと、スイッチさせてドライブもあるし、単純なピック&ロールで、ドワイトがロールしても、相手がコービーに集中して、ドワイトみたいな大男がバスケットに走っているのに、見向きもしていない時があります。

私は、そこそこにというのが、できないので困ります。やるなら徹底的にやる。それができないなら一切やらない。中途半端は気持ち悪いんです。でも最近は、インフルエンザの時は休んだし、無理はしない様にしています。


>>sandmanさん

初めまして。

バランスが良いというと、20点、8アシストとかいう感じで、42得点という感じがしないですよね。アシスト数だって、PGならまだしも、SGで12もあります。リバウンドも、下手なPFより多いです。少なくても、うちの下手なSFより多いです。バランスとうより、何から何までやったという感じです。(笑)

3年ぶりというのは、テレビで言っていたのですが、得点とアシストの他にも、何かあったのかも知れません。


>>ラッパさん

そうだったんですか。了解です。謝っていただかなくても良いですが。(苦笑)

インターネットなのに、「巻き戻し」ですか?そう言えば、車の窓を開けることを、アメリカでは「roll down」(巻き下げる)と言います。昔はレバーをグルグル回して開けていて、ボタンになっても事葉だけが残っています。私の友達のアメリカ人は、レバーの時代は知らなくて、小さい時は、ガラス窓が、ドアの中で巻かれていると思っていたそうです。

コービーは、日ごろからの摂生と、精神力でしょうね。今シーズン前には、体重を減らしたし。

私は、何でも、自分で大変にしてしまう所があります。友達の留守中に、植物に水を上げに行って、それだけにすれば良いのに、落ち葉が気になって掃除して、お礼を言われたものだから、次からもしないといけないような気になったり。コメント返信も、以前は翌日にしないと失礼だと思っていたから、夜遅くに帰ってきても、夜中過ぎにやっていました。でもそれをやると、楽しいはずのことが、義務の様になって、楽しくなくなってしまったので、今は、無理翌日返信していないです。


>>匿名の方

ありがとうございます。


>>山肉さん

ラジオでも、見ていた人達の体験談みたいなのが多かったです。負けると思って隣の部屋に行っていたら、見ていたお祖母ちゃんが叫んで、発作でも起こしたのかと思って見に行ったら、6点差だったとか。教会に行くのを止めて見たとか。確かにあれは神がかっていましてね。

バックコートから、インバウンドパスをする時は、普通はフロントコートにもプレーヤーが行きますよね。それが、フロントコートでインバウンドパスする時の様に、バックコートでフリースローラインに並んだから、ニューオーリンズのプレーヤーが、条件反射で騙されたのでは?ガードするバスケットを間違えて、逆に立っていました。でもそんなに簡単にだまされるのでしょうか?1Qや3Qの頭なら兎も角、24分近く、同じ方向でプレーして来て、どっちのバスケットをガードしないか分からなくなるなんて、信じられないです。


>>ppidさん

ナッシュとミークスで、両方のウィングにスポットアップしていたら、相手は嫌でしょう。ナッシュは、ジャンパーを決めてくれれば良いです。それに、毎回コービーがボールを持つのもしんどいから、3Qまでは、ナッシュが基点になってオフェンスして、勝負所でコービーに交代で良いのでは?

もうちょと、ナッシュとコービーのプレーする時間帯をずらしたらいいですよね。コービーがベンチでも、ナッシュがでていたら何とかなります。

4Qのナッシュは、いただけでも違ったはずです。シュートは決まっていなかったですが、それでもナッシュをオープンにしておくわけには行かないでしょう。それだけ、インサイドに集まれないし、ミークスもオープンに成り易かったです。

セットプレーは、昨日になって気がつきました。ライブのときは、一瞬だったので、コービーがあんなに簡単にオープンになったのでビックリしましたが、逆に並んでいたのは気がつきませんでした。

「見られないから細かく書いてくれて助かる」という様なコメントを時々頂くのですが、そのたびに、ドンドン細かくなっていってしまいます。(笑)


>>まなぱるさん

あのフェイダウェイは、コービーにとっては、レイアップみたいなものでしょう。ユタもですが、ゴールデンステートも下ってきそうです。

助けられて嬉しいです。(笑)


>>さやかさん

ミークスは、3ポイントしかないと思われていましたが、それ以外のプレーも良いですよね。全力でプレーするから見ていて気持ち良いし、インタビューの受け応えも良いです。

メロは良く知りませんが、膝の怪我だったと思います。最近忙しいので、ESPNのサイトを見ても、見出しを見るだけで、記事を読んでいないの、よく分かりません。


>>匿名の方

ドライブすると、20代のプレーヤーが、付いて来られないですからね。コービーは、シュートの種類が豊富ですよね。

ミークスは、コービーと一緒にプレーしている時が良いです。ミークスだけでなくて、ロールプレーヤーはみんなそうですが。


>>茶太郎さん

34歳で、こんなレベルの人は、他にいないですよね。食べ物に、凄く注意しているみたいです。「つまらない」と言っていました。


>>かずさん

ミークスは不調の時には、コービーから「打ち続けろ」と言われるそうです。だから気楽に打てるのでは?

私も、ドワイトは、ポストプレーよりも、スクリーンからのプレーの方が、良いと思います。その方がハイライトに出てくる様なダンクが多くて、本人も気分が良いと思うのですが。

コービーのミニッツは心配ですね。ズルズルと、又元に戻らなければ良いですが。


>>ふちさん

ドワイトは、大分調子が戻って来ているのでは。

私も、最後のプレーは、ライブの時は一瞬だったので、気が付かなかったのですが、昨日見て変だと思いました。プロがあんなに簡単に騙されるものなのでしょうか?


>>TAさん

初めまして。

コメントされる方は、ご自身でプレーされている方が多い様です。私は、解説者の言う事を聞いているだけです。


>>マルショウさん

4Qのドワイトの真似は、アシックやアルでは無理でしょう。ドワイトの4Qのスタッツが、他のセンターのゲームスタッツという感じですよね。


>>神戸大学機械工学科さん

トリックプレーは、相手が騙されないとトリックにならないですよね。どうしてあんなことになったのか、不思議です。


>>レイカーヲタ☆シンさん

最後はたぶんセットプレーだと思うのですが、どうしてニューオリンズのプレーヤーが、全員揃って騙されたのか不思議です。どっちが自分のバスケットか分からなくなることがあるのでしょうか?


>>higuさん

良い所だけ見ましたね。3Qまでは、見る価値ないです。

シーズン序盤は、4Qに追い上げても、負いきれないゲームが多かったですよね。


>>古参者さん

この上、クラークが出ていたら、カットもあって良かったのですが。ナッシュ、ミークス、コービー、クラーク、ドワイトだと、かなり守り難いと思いませんか?

前半戦は、コービーが暴れても、他の人は見ているだけでしたが、今は皆、何時ボールを貰っても良い様にプレーしています。


>>しゅうさん

お久しぶりです。憶えていますよ。

ニューオリンズが決められたなったのもありますが、ロペスのダンクを、ドワイトが2つブロックしているし、ミークスの良いプレーもあったし、ニューオリンズが悪かったのと、レイカーズが良かったのの組み合わせでしょう。

ヒューストンは落ちてこないと思いますが、ユタは落ちてくるはずです。ユタは、毎年PO当確ギリギリで、一回戦負けだから、下に落ちて、ドラフト上位ピックが欲しいと噂されています。

クラークは、スカウトされたというより、「打って下さい」というディフェンスをされなくなったからだと思います。相手は、コービーをダブルチームする時も、クラークを離れないで、メタを離れていることが多いです。
[ 2013/03/09 06:40 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます!わたしは高校でバスケをやっています!このブログみながらレイカーズ応援しています!

助かります。大変なら簡単なかたちでもいいので続けてほしいです。いつも楽しみにしています、だからやめないでください!おねがいします!みんなでコービー応援しましょう。
[ 2013/03/09 05:25 ] [ 編集 ]
こんばんは。
最新記事にコメントさせていただきます。

誰かが、弱いチームは負け方を知っていると言っていましたが、ホーネッツはまさにそれでしたね(苦笑)




試合観戦の帰りはタクシーにしようと思います。
グランドキャニオンのツアーは予算の関係で安めのツアーにしました。

これでひと通り、気になるところは質問し終えました。
わざわざ質問返信ありがとうございました。
本当に助かりました。

これからもブログの更新、楽しみにしています。
ありがとうございました。

[ 2013/03/08 20:38 ] [ 編集 ]
この前のボブキャッツ戦もこんな感じでしたよね。
なんというかチームに安定感がないというか...
ちょうど全体がまとまってきたときに離脱するhillやpauの影響もありますが...笑
sacのマーカスソーントンを見ていてこの選手欲しいなと思ってしまいました。
(ベンチから爆発力のあるプレイヤーが欲しいだけかも)
彼のサラリーや契約年数のついてはよく知りませんが、ベンチから爆発力のあるプレイヤー
一人欲しいですねー。

[ 2013/03/08 16:53 ] [ 編集 ]
いくらなんでも、ハワードはもう少し言葉を選んだ方が良いですね。
[ 2013/03/08 11:48 ] [ 編集 ]
最近、ぜんぜんハワードが笑わないような気がするんですが。ハワードは、勝ってうれしいのでしょうか?
[ 2013/03/08 11:46 ] [ 編集 ]
Mamba Warrior すさまじいですね。(最近はVinoとも呼ばれてますが)
このカムバックは大きいです。最後の6分、20-0 Runですよ。漫画や映画の世界です。

Mayさんの記事のとおり、DwightとMeeksの活躍が大きかったですね。
終盤のLopezへのブロックは、Block of the year ですね。
(Clippers戦では、Oop of the yearが出た気もしますが)

あとはブロック直後のトリックプレー、NOHはよくひっかかりましたね、
あれは完全に向かうバスケットを勘違いしてないとひっかからないはずなのですが...

Clarkは控えセンターもしながら、スカウトされはじめてるので、ふんばりどころですね。
Nashはもう少しシュート打ってこそな気がしますね。(ドリブルしてもほったらかしになると意味ないので)
[ 2013/03/08 09:37 ] [ 編集 ]
ずっとひやひやでしたが、勝てて良かったー!
このゲームのMVPは、個人的にはミークスにあげたい!
3Qまで確率悪くとも、普段のハードワークを自信に変えて4Qに決めまくった彼は、チームメイトからもコーチからもファンからも認められるでしょう!

ドワイトは、Mayさんがいうように、ローポストでは渡せないですね。
オフには、もっとドリブルやハンドリングの練習をして欲しいです。
1in4outでゴール近辺がら空きにしてやって、ポジション取りさせるしかないですね。
ディフェンスでの貢献は充分なので、私的にはセンターはそれでOKですが。

最後にコービー。
やっぱり、優勝諦めてないですよね。
オールスター明けから気合が違う。
ドライブもダンクも前半より増えた気がします、最近。
とても34歳には見えない。
俺も頑張ろうっと(笑)
[ 2013/03/08 08:23 ] [ 編集 ]
更新お疲れさまです
また追いつけず負けるのかと思いましたが勝ってびっくりです
4Qを9点に抑えたのが
すごいですΣ(゚д゚lll)ホーネッツはドラフトの為にワザと負けてるんじゃないかと思うぐらいチグハグしてました

ミークスいいですね
昨日もウェストブルックについてましたし、今日はこの活躍
Wスティーブが減るのでよかったです



ブログの更新はムリせずにお願いいたします。MAYさんの私生活に影響があるのでしたら不定期でもいいかと思います。
今日はゆっくりお休みください。

[ 2013/03/08 03:42 ] [ 編集 ]
大差をひっくり返しての勝利、本当に良かったです。

コービーはどう形容したらいいかわからないくらい、本当に素晴らしいです。
昨日腕をケガしたのは夢だったのかなと思ってしまうほどでした。
あんなにドライブが多いにも関わらず、最後まで動きにキレがありましたし、どのようなトレーニングや生活をしたらそこまで動けるのか、不思議でたまらないです。
最近は得点の取り方やパスなど、まだまだ進化し続けているんじゃないかと思っています。
今日は何から何まで、本当にすごかったです。

ハワードはファウルは多かったですが、最後のブロックは良かったです。
ディフェンス面で重要ですし、できるだけコートに長くいてほしいです。
昨日とはうってかわってスクリーンもしっかりかけていて、コービーがドライブしやすそうでした。
続けてほしいです。

ミークスは彼の武器であるスリーポイントで大活躍してくれましたね。
オフェンスだけでなく、ディフェンスも頑張っていますし、今日は本当に良かったです。
本人の自信になったんじゃないかと思います。

オフェンスは、私もコービーとハワードでピック&ロールをした方がいいと思いました。
コービーはドライブができ、パスも出せるので、ナッシュとハワードでやるよりもディフェンスを崩しやすいです。
ディフェンスが崩れると、ハワードがフィニッシュしやすい位置でボールも渡せますし、今日みたいにほとんどダンクで得点ということも増えてくるのではないかと思います。
コービーがハワードをよく見ていますし、コービーからハワードのラインは良いオフェンスだと思います。

次からホームなので、勝ち越し数を増やしてほしいです。

ブログの更新、無理なさらないでくださいね。
私たち読者は非常に楽しみにしてますが、作業も大変でしょうし、ストレスも溜まると体によくないですし、何より楽しくないですよね。
情報だけでも良いですし、簡単に書いてくださってもいいですし、負担のかからない方法で書いてくださると私たちも安心します。
コメント欄でバスケット談議させてもらっているだけでもありがたいくらいです。
本当に、無理なさらないでください。
[ 2013/03/08 01:50 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせていただきます。更新お疲れ様です。

最近のコービーは確率もかなりよくて素晴らしいですね。シュートの本数も良い感じですし、パスも十分すぎるほど出していて、バランス良すぎですよ。トリックプレイもお見事でした。このままPOに向けてチームも調子を上げていって欲しいです。

ちなみに、あまり他のチームのことは興味ないみたいですが、2月26日のSAC戦でレブロンが40得点16アシストしてますよ。
[ 2013/03/08 00:42 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

前回の記事のMWPについての私のコメントは、最後の文の頭数は足りないけどMWPなら足引っ張るプレー多いし結果的にはいてもいなくてプラスマイナス0で何もかわらない…ということを言いたかったわけです。読みなおしたら伝わりにくいですね。すみません。

BtoBの2試合目に勝てたのは大きいですね。たとえ相手がNew Orleansだとしても。
私は3Qのラスト40秒で21点差になった時に諦めたので、Leage Passつけっぱなしにはしてましたが、違うことをやり始めて気づいたら残り3分で2点差になってビックリして慌てて巻き戻して4Q頭から見始めました。

Kobeは年齢表記ミスじゃないですかね(笑)2試合で80分出て肘を怪我をしてる34歳のプレーではないです。もうKobeが今さら何をやっても驚かないと決めてましたが、やっぱり無理です。

Mayさん更新無理なさらないでください。MWPとかBlake云々ではなく。
ppidさんもおっしゃてますが、試合展開の詳細は夜遅くなってしまったり、気分がのらなかったりする時は無理せずに簡略化して良いと思います。まだ試合見てないときや、見れない方には大変助かるんですが、負担が大きいようでしたらPlay by Playのリンク張るっていうのもありだと思います(Mayさんの説明の方がわかりやすいのは勿論なんですが)。今まで通り選手とオフェンスディフェンスの感想を書いていただくだけでもものすごくありがたいです。
個人的にはMWPやBlakeに対する表現の仕方(?)は好きなので!Lakesファンにとっては超貴重なブログなので、これからも無理せず続けてください。

長文失礼しました。
[ 2013/03/08 00:24 ] [ 編集 ]
いっつも記事見させてもらってます!
面白いですね笑
これからもレイカーズのファンとして
チームもこのサイトも応援したいです
[ 2013/03/07 23:09 ] [ 編集 ]
大逆転勝利ですね!
僕はクラブ始まる直前に見てみるとハーフで19点差だったのでクラブ終わったあとにどうだろうなーと思って見てみたらまさかの結果で友達と一緒に発狂してしまいました(笑)
ハイライトしか見てないので僕はわかりませんがリアルタイムで見ている人達のコメントに「久々にコートに神がいる」などのコメントが結構あったのでほんとに見たかった…

あと、皆さん言っていますがあのセットはあまり見ないのでどうなっていたんでしょうか?
[ 2013/03/07 22:57 ] [ 編集 ]
ナッシュではなく、コービーがドワイトとハイPNRをして、ミークスかナッシュが、
外でスポットアップする方が、確かにオフェンスは機能しますね。
ドワイトへのハンドオフは、シャックとの時代を思い出しました。
しかしそれでは、ナッシュをとった意味が無いですよね…。ちょっと心配です。
とはいえ、4QのDFは気合が入ってましたね。オープンのゴードンにクローズしに行って、
ゴードンがリムの奥に当てたので、ナッシュの指先に当たったかは分かりませんが、
確実にナッシュの功績だと思っています。あれは大きかったです。

そして以前と違い、イキイキと動いてるコービーを見ると、膝の心配は確かに無いのですが、
流石に毎試合、このミニッツは厳しいですよね。何とかして欲しい。何とか出来る人が欲しい。

ドワイトはほぼ左手1本でこの数字です、クラッチでロペスのツーハンドダンクを、
まさかオフハンド1本で、ブロックしてくれるとは…。

ミークスはもう一人のMVPですね。OFは入れるべきシュートをキッチリ決めてくれ、
DFはゴードンをよくカバー出来ていました。ゴードンはサイズが無い分、ミークスのDFが効いていましたね。

4Qで、コート上に居る4人全員が(といってもナッシュはちょっと微妙でしたが)
見事な展開を見せてくれました。20-0ランはお見事です。本当に素晴らしかった。

タイムアウト明けのセットプレーは、ホーネッツの守りが、おかしかったのもありますが、
事前にミークスとコービーが、何か合図をしていたようにも見えました。
セットかどうかは分かりませんが、あれは度肝を抜かれました。

試合展開はゲームを見れない時や、見れない方には、非常に助かりますが、Mayさんの負担が、
大きいようでしたら、内容を少し簡略化して、ボリュームを減らしたり、負担の無いようになさって下さい。
Mayさんのマイペースで、続けていただけるのが、我々にとっても一番です。
[ 2013/03/07 22:32 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます!
逆転勝ちなんて久々じゃないですか??コービーの最終クォーターのプレイはホントにすごいですね!(*^^*)ロペスの上からフェイダウェイ決めたところなんてホントにすごかったです!
ユタが8位に落ちてきてレイカーズと1.5ゲーム差ですね!プレイオフは大丈夫そうですね(*´∀`*)

このブログホントに助かってます!

身体にはお気をつけてください(*^^*)
[ 2013/03/07 22:30 ] [ 編集 ]
コービーもすごかったけど個人的にはミークスに見惚れたなぁ
入るから3ptも積極的に打ってるし、ルーズボールも飛び込んで拾いに行くし
シクサーズ時代はそんなに気にならなかったけど、結構いい選手かもしれない

それとレイカーズ関係ないんですけど、メロってどうなったんですかね?
結構痛そうだったけど
[ 2013/03/07 21:37 ] [ 編集 ]
#24って年齢詐称してるんちゃうの??って思うぐらいのパフォーマンスでしたね(^O^)
小学校でバスケを始めた時に「ジョーダンのゲームをTVで見れない世代は残念やな」って
言ってた人がいましたけど、#24を見れるなら十分過ぎます!

ジョーダンor#24とかレブロンor#24とか様々な比較がありますが、#24ほど美しくプレーしている選手はいないですね?! プレーの1つ1つが芸術的でホンマに釘付けです!!

ミークスも素晴らしい活躍だったので良かったです!これでミニッツが増えて自分主導の動きの中でボールがもらえるようになると安定した武器になりますね。

現在のNBAを席巻しているスター選手が34歳になった時、何人の選手が#24と同じレベルでプレーできるんですかね?その時に#24の凄さを改めて知ることになると思ってます!!



[ 2013/03/07 21:31 ] [ 編集 ]
ブログ更新、有難うございます!

文字盤しかみてないのですが4Q凄かったですね!文字盤に向かって叫んでましたよ!
コービーは怪我しても高熱でもプレーして活躍するので凄すぎます!しかも34歳!
毎日の自己管理を徹底していないと出来ないと思います!

POにレイカーズがいないと寂しいので、何とか頑張ってもらいたいです!

[ 2013/03/07 21:25 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です!
途中また借金生活かと覚悟しましたが、まさかの大逆転で途中で見るのをやめなくて良かったです。

4Qのコービー&ミークス本当にすごかったです。あまり調子良くなかっただけにびびってシュートを打たないかと思いましたが全く迷いがなくて、レイカーズに来てくれてありがとうと本当に思いました。

ハワードのディフェンスとスクリーンもすごく良かったです。そっちに集中してくれないですかね?アーリーウープいっぱいできると思うんですよね。

何よりもコービーが凄かったです。精神力が体力の限界を凌駕してました!
ただどんなにコービーがすごくてもミニッツの管理はしっかりやって欲しいです。
[ 2013/03/07 20:54 ] [ 編集 ]
肩も治っていないのに試合に出てチームのためにゴール下で戦うハワードの姿に私は胸を打たれます。まだまだ未熟ですが、レイカーズに来てからいくらか成長したのでは?
不要な発言は慎んでほしいですがね。

最後のインバウンドプレーはレイカーズというよりもホーネッツがなんであんなディフェンスをしたのかが不思議でした。う~ん、素人の私には分かりません・・・。
[ 2013/03/07 20:48 ] [ 編集 ]
はじめてコメントします。

今日はよく勝てましたよね。
20点差をまさか逆転できるとは思いませんでした。
この後もこの勢いで勝ってくれるといいですね。

ブログの記事やコメントなどいつも読んでて、ブログの主さんやコメントしてる方々はみなさんバスケ詳しいなと思ってたのですが、みなさんバスケの経験者が多いんですか?
自分は単にNBAが好きというだけの素人なので、戦術的なのはよくわからないです…
[ 2013/03/07 20:41 ] [ 編集 ]
実は最近ハワードの価値について疑問に思ってたんですよね…ジャパンのTVの関係上レイカーズの試合

より他チームの試合見る機会結構あるんですが見れば見るほど他チームのセンターの方がレイカーズ勝

率上がるんじゃないかってね。例えばノアとかアシックとかケガしがちで地味だけどアル・ジェファー

ソンとかね(笑)やっぱりつまんないファールとTOの多さ、フリースローの入らなさ、要は必要な時間帯

に使えない感じが僕の中ではどうもね…なんとなくノアは無理でも、アシックとアルはいけそうな気

がするなぁ(オマケ付きで)… まぁ何が言いたいかというとハワード良くなってきたんでしょうけど

もっと良くできるだろって話です。PO出場、連勝する為には誰よりもハワードがレベルアップしない

と。そういう意味では今の状況ピンチであると同時にチャンスでもあると思うんでレイカーズでプレー

する以上は頑張って欲しいと思います。久々にコメントしたらなんかおかしな感じなっちゃいましたけ

どなんとなく言いたい事は伝わると思ってます(笑)っていうかコービー最近すごすぎ!!ホント引退し

た後のレイカーズ心配ですわぁ(笑)

[ 2013/03/07 20:32 ] [ 編集 ]
ハワードはあんなこといってマジック戦生きて帰ってこれるんでしょうか?
今日は結果的には勝ちましたが、正直失望です。
あと、タイムアウト後のコービーのダンク。あんなトリックプレー始めてみました。説明しようとすると結構かかりそうです。
[ 2013/03/07 20:15 ] [ 編集 ]
文字観戦してましたが、まさか逆転勝ちするとは思いませんでした!!

コービー、34歳でこのパフォーマンスはなんですかね。。
ミークスの活躍も嬉しい限りですわ!

ちなみに最後のほうのインバウンドパスからのコービーのダンクは、狙ってたプレイだったのですかね?なかなか見ない状況だと思ったのですが。

とにかく8位のユタに1.5差ですね!
次戦ユタは敵地でシカゴ。
こちらは地元でトロントですね!
ゲーム差縮めるチャンスです、ぜひ頑張って頂きたいです!
また更新楽しみにしています
[ 2013/03/07 20:14 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。いつも楽しく拝見させてもらってます。
なので、どーかやめないでください笑。

今日は4Qから見まして、諦めモードで見てたのですが、猛反撃に久々に興奮しました。

集中力が冴え渡って、勝ちたい執念が一つになっているのが伝わりました。
今まで4Qが残念なゲームが多かったので、この集中力をキープして、是非プレイオフまでいってほしいです!
[ 2013/03/07 20:13 ] [ 編集 ]
ハワード最近は良いピックかけてますよね。

終盤のコービー任せは良いんですが、レイカーズでは長い事コービーにボール預けてみんな突っ立って見てるだけってのが多かったので、彼がこういう所で働いてくれると助かります。

それとミークスもよく働いてくれました。

ホーネッツは最後は完全にレイカーズの流れに飲み込まれてた感じだったので、一概に終盤のディフェンスが良かったとは言い切れない事もありますが。

いずれにせよ前半戦はコービーが4Qに暴れても周りが何もせず追いつかない事も多かったので、良い傾向だと思います。

今日みたいな大逆転劇は出来すぎとしても、10点差前後くらいからの逆転劇ですら1人の力だけでは不可能ですからね。

流れにのってくれると良いんですが・・・。
[ 2013/03/07 19:16 ] [ 編集 ]
お久しぶりのコメントです。
覚えてるかは微妙ですが…

正直3Q終わった時点で見るの辞めようかと思いましたが、最後まで信じて見てよかったです…
4Qはニューオーリンズの自滅っぽいところもありましたが、レイカーズのDFもかなり良かったと思います。
9点に抑えれる力があるのに、なぜ1Qからできないのか…
体力的なこと?それとも危機感?
もっというと、こういう気持ちをシーズン終盤ではなく、もっと早くやってれば今頃は順位も上だったのにと思うと残念です。
でも4Q初めの19点差がみるみるうちに縮まってくのを見てて、久々に興奮しました!
でももっと序盤から余裕を持ってゲームを運んでもらわないと心臓に悪いです(笑)

ユタとヒューストンも負けて少しずつ差が詰まってきて、プレイオフも見えてきましたね。
次のホームでのトロントとシカゴに勝って、気分よくロードに出てるといいですね。
自分は8位だろうが1stラウンドで負けようが、プレイオフにレイカーズがいないのは嫌なので最後まで応援し続けます。

最近クラークが前ほど元気ないように思いますが、怪我や疲れでしょうか?
あとコービーの昨日のオクラホマ戦で痛めてた肘は、今日のパフォーマンスからみるともう心配ないんですかね?
この人間に心配なんて無用なのかもしれませんが。
メタも無事なようで安心です。
これ以上プレイヤーが減るのはさすがに厳しいです。
[ 2013/03/07 18:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。