自慢にもならないけれどカズンズがいないサクラメントに楽勝

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

自慢にもならないけれどカズンズがいないサクラメントに楽勝

コービーが欠場し、ミークスがスタートしました。コービーは、足首の腫れがあり、痛みも激しいので、ゲーム前に試してみることもしませんでした。その上、インフルエンザの為、ゲーム中は、ロッカールームで休んでいて、“コーチ・コービー”もしませんでした。

サクラメントは、センターのデマーカス・カズンズが、太腿の怪我のため、欠場でした。

1Q
序盤は、お互い、ディフェンスが良かったというより、シュートが決まりませんでした。ドワイトが、ミークスが外した3ポイントをティップして決めたり、フリースローを2本共決め、先行します。半ば前から半ばにかけて、パターソンとエバンスの3ポイントで、逆転されます。半ばにクラークに代わって登場した、絶好調のジェイミソンは、最初の3ポイントを外しました。この後よく守ると、メタのジャンプシュートと、ジェイミソンの3ポイントで逆転します。半ば過ぎに、やはり絶好調のブレイクが、ミークスに代わって登場すると、直後に3ポイントを決め、5点リードにします。終盤に入ると、毎回の様に決められ、点差を詰められ、同点に追いつかれますが、ブレイクが外した3ポイントのリバウンドを、クラークがジェイミソンにティップし、ジェイミソンが、バスケットの側でがら空きのメタにパスし、メタがレイアップを決め、リードを奪います。ジェイミソンのリバウンドになっていますが、クラークの良いプレーでした。この後は、ブレイクの、このゲームでは数少ない悪いプレーで、バウンスパスをスティールされたり、ドワイトがベンチなので、トーマス、エバンズにレイアップを決められますが、ジェイミソンが3ポイントとレイアップ、ミークスが3ポイントを決め、33-27の6点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足にバスケットを交換した後、ここでも又ジェイミソンが、3ポイントを決め、リードを広げます。その直後には、ミークスのスティールから、クリアーパス・ファウルをされますが、ミークスがフリースローを1本外した上、その後に得点できなくて、1点に終わったのが勿体無かったです。1Qにフリースローを2本共決めたドワイトが、序盤に又2本共決め、順調に点差を広げます。半ばにソーントンに、3ポイントとレイアップを続けて決められ、2点差に追い上げられますが、トランジションとファーストブレイクで、ドワイトがアリーユープ・ダンクを2連続で決め、直ぐに点差を6点に広げます。その後お互い外しますが、半ば過ぎにはメタのレイアップで、8点リードとします。ここからが悪かったです。半ば過ぎから終盤にかけて、3ポイント3ポイント3本を含む、5連続でシュートを決められます。3ポイントのディフェンスは、ローテーションが悪かったり、ヘルプからの戻りが遅かったです。この間、クラークとナッシュが決めますが、5連続で決められているので、2分を切った所で、同点に追いつかれます。ここで締めて欲しかったのですが、ドワイトがベースラインを踏み出してターンオーバーにすると、ナッシュがペイントにドライブして、苦し紛れに出したパスをスティールされ、2連続でターンオーバーにします。その後、ヘイズにレイアップを決められ、リードを許しますが、直後の終了間際に、ナッシュがジャンプシュートを決め、56-56の同点で、ハーフへ。

3Q
出足はまずまず守り、オフェンスでは、メタが3ポイントとジャンプシュートを続けて決めますが、トーマスに爆発されます。レイアップを挟んで3ポイントを2本決められ、8連続得点されます。その間、クラークがターンオーバーの後、ジャンプシュートを外し、序盤で5点ビハインドにされます。この後、ミークスとクラークがベンチに下がり、ジェイミソンとブレイクが登場します。1週間前には、こんなことを言うとは思いませんでしたが、ジェイミソンは兎も角、ブレイクが出てくると、期待感があります。ジェイミソンは、登場すると直ぐにジャンプシュートを決め、ブレイクも3ポイントと、ファーストブレイクでのジャンプシュートを続けて決めます。ジャンプシュートは、バスケットのすぐ側でナッシュからボールを貰ったのに、ブロッカーが来たので、ドリブルでベースラインを動いて振り向きざまに打った、判断の良いプレーでした。これで、半ばには逆転するとよく守り、ファーストブレイクでメタが先行してレイアップを決めたり、ジェイミソンがアントワン・スペシャルを決め、終盤に入った所で、7点リードにします。終盤も、ジェイミソンとブレイクが踏ん張りました。ジェイミソンは、3ポイントを決めたり、フリースローを取り、ブレイクは、終了間際に3ポイントを決め、86-76の10点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に、ドワイトがフリースローを2本共外します。ドワイトは、最初の4本を決めたので、期待したのですが、その後1本も決まりませんでした。その後、絶好調のブレイクがフェイダウェイを決め、クラークがフリースローを2本共決め、リードを12点に広げますが、そこから、ミークスが続けてしくじります。まずディフェンスで、ドワイトがいるのに、ペイントに吸い込まれて行って、ソーントンをペリメターでがら空きにし、3ポイントを決められます。直後のオフェンスでは、サイドラインでボールを落としてアウトオブバウンズにしターンオーバーし、ディフェンスでは、ソーントンを一瞬見失い、ドライブされると後ろから追いかけてファウルし、&1にします。直後には、クラークも続いて、ドライブしてトラベリングし、ターンオーバーにします。これで序盤で、あっという間に4点差に詰められます。この直後にクラークとミークスは、ベンチに下げられて、ナッシュとメタが登場します。ところが、ナッシュは登場した直後に、ペイントにドライブして、苦し紛れに後ろにパスを出し、バックコート違反でターンオーバーします。ここからのディフェンスでは、ドワイトがエバンスのレイアップをブロックしますが、ボールを親の敵の様な勢いで叩いたので、アウトオブバウンズになり、そこからソーントンにジャンプシュートを決められ、2点差に追い上げられます。この直後には、今度はブレイクがターンオーバーし、4連続ターンオーバーになりますが、ブレイクはよく走って、チャージを取って、自分のミスを取り返します。この後、メタが3ポイントを外しますが、ここからが圧巻でした。まずナッシュがジャンプシュートを決めると、ブレイク、ナッシュ、ジェイミソンが、交代で3連続で3ポイントを決めます。この間よく守り、ドワイトが、ソーントンのフローターをブロックする場面がありますが、今度は軽く叩いて、ジェイミソンがリバウンドを取りました。これで半ばには、13点リードにします。この後、オフェンシブ・リバウンドからの得点を許したり、続けて得点されますが、ジェイミソンが良いカットをして、続けてファウルを取り、フリースロー4本を全部決め、点差を詰められません。終盤に入った所では、点差が開いたので、雑に攻めたのと、軽率なインバウンドバスからスティールされたりで、点差を一桁の9点に詰められますが、その後続けて得点し、危なげなかったです。




ドワイト:12得点(4-6)、17リバウンド、5ブロック
シュートの本数が少ないですが、ボールを触っていないのではなく、特に4Qに、ポストでよくボールを貰って、ディフェンスを引きつけては、キックアウトしていました。パスを貰ったプレーヤーが、更にパスして決まったのが多かったので、ドワイトのアシストになっていませんが、ドワイトの良いプレーでした。4Qは、暫く打っていないし、点差も離れてきているのに、メタの様な「次は自分の番」が全く無く、ディフェンスを引きつけては、パスを繰り返していました。スタッツシートに残らないですが、良いプレーでした。

クラーク:11得点(4-10、3PT=0-3)、8リバウンド
3ポイントが決まらないですが、他はよくプレーしています。相変わらず、良いカットをするし、27分のプレーで、これだけリバウンドを取ってくれていれば充分です。3ポイントは、リングの手前に当たる、極端に短いのがありました。足の怪我と、足首の捻挫が影響しているかもしれません。

ナッシュ:19得点(7-12、3PT=1-2)、12アシスト
シュートタッチが戻ってきたのと、ここで1本欲しいという時に決めてくれます。ペイントにドライブして行くと、囲まれて苦し紛れのパスをスティールされることが目立ちます。

メタ:22得点(10-13、3PT=1-3)、0リバウンド
不思議なことに、コービーがいなくなったら、シュートの本数が減りました。3ポイントも、今日は3本のみ、インディアナ戦では後半に1本もなく4本でした。コービーがいたアトランタ戦では、9本打っています。今シーズン、メタが3本しか3ポイントを打たなかったなんて、記憶にないです。コービーがいなくて、ダブルチームされる人がいなくなったので、メタがオープンにされないで、まともにカバーされていて、打ちまくれないのが原因だと思います。相手チームが、メタをカバーして、メタの無駄打ちを止めてくれています。3ポイントラインの後ろでボールを貰っても、クローズされるので、横にパスしています。

ミークス:6得点(2-6、3PT=1-5)
折角のスターターでしたが、あまり良い所が無かったです。クラークがベースラインをドライブした時に、バスケットにカットしてボールを貰ってダンクを決めたプレーが、唯一良かったです。

ジェイミソン:27得点(8-14、3PT=5-8)、9リバウンド
カットのタイミングが絶妙です。ボサッと突っ立ているふりをして、いきなりカットしたり、スクリーンをセットすると見せかけて、自分をカバーしている相手が一緒に走ると、直ぐに方向を変えてバスケットに走ったり、油断も隙も無いという感じです。

ブレイク:16得点(6-11、3PT=4-7)、8アシスト、5リバウンド
シュートも決まっていますが、ゲームメイクも良いです。前半は、ナッシュがボールハンドルをしている時より、ブレイクがやっている時の方が、リズムが良かったです。あれ程、何をやっても、ドリブルで絶対に抜けなかったのに、横に動いたり、スピードを変えたりして、上手く抜いています。

オフェンス
サクラメントのディフェンスは、リーグで最低だそうです。その上、カズンズが欠場だったので、113点取っても自慢にもならないです。ブレイクとジェイミソンの3ポイントが、合わせて9-15の60%です。こんな調子で決まり続けるはずがないです。逆に、クラークとミークスの3ポイントは、合わせて1-8と、酷いことになっています。ジャンプシュートは、スランプがあるので、全員絶好調で、全員絶不調になるより、交代の方が良いですが。

ディフェンス
ペリメターのディフェンスでのローテーションや、ヘルプ、ヘルプからの戻りが、あまり良くなかった時間帯がありました。個人のディフェンスは、よくやっていました。


今日は、ゴールデンステート対ヒューストンがあり、ゴールデンステートが勝ちました。これで、ゴールデンステートは30敗のまま、ヒューストンは31敗、レイカーズは32敗です。消化ゲーム数が違うので、レイカーズが明日のフィニックス戦に勝つと、ヒューストンを抜いて7位になります。今の時期に、順位が1つ上がったの下ったのといっても、仕方が無いですが。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/03/18 16:48  Lakers | コメント(19)
ゆ~すけさん、こんにちは。
クリッパーズが、昨日サクラメント負けたので、自慢すれば良かったです。
[ 2013/03/21 14:59 ] [ 編集 ]
プレイオフを、そして優勝を望むチームにとって例えチームの柱がいなかったとしてもプレイオフ圏外で数年低迷しきりのキングス相手にしかもインサイドの格もいないんだから楽勝しても自慢にもなりませんなと…例え文字通りであっても何かおかしいかな?
hageさんは1-1だから~ってあるけど、チーム状態が良くてプレイオフも視野に入ってる現在と怪我だヘッドコーチ変わっただ連携煮詰まって無いだの色々ある時じゃないんだから今はキングスに負けてられないってことですよ。
まぁ前でも負けていいわけじゃないけどw


アンチではないさん>
コービーがうまく回したらそれだけで勝てます?
周りがノーマークでバシバシ決めまくるヒートの、例えばバティエやレイアレンなんかをブレイクやメタに置き換えたらどこのチームだって苦労してますよ…
どんなにボール回りがよくノーマーク作っても正面からのフリーの3Pエアボールばっかりしたりレイアップ外したり…
周りをフリーにさせりゃ勝つんなら毎年スパーズが優勝してるんじゃない?
コービーがああやって攻める人だから大事なとこでもぽっかり他が空いてイージーなバスケットに繋がるわけで…

試合終盤とかでやるのは理解できるがコービの場合は2Qぐらいからポストでごりごりを何回もやっている>
これなんかはマークについてる選手がミスマッチなら点取れそうな所から攻めるのは普通じゃないですか?
ボール回してりゃ点決まるもんでもないんだし、そこでコービーにダブルプレイ来たらボールさばいてアシストとかしてると思いますけどそこには触れないのかな?
あ、まぁ確かにたまには自重しろと思うとき昔からありましたけどねw
でもそれこそ8の頃から較べたら今は別人ですよほんと。
あんなに回りに気を使ってるのになぁ…ドワイトよりもオーランドで気を使ってたりねw


まぁレイカーズアンチの方では無くてキングスファンの方かな?
一般的な日本人のNBAブログから較べるとMayさんは結構きつめのことはわりと前から書いてるし(すいません笑)結構ブラックジョークみたいな部分もあるし少し目線は違うとこ見てるので見方変えてみるとおもしろいかもしれませんよww
[ 2013/03/19 08:32 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>家鴨さん

>>一言がながいな。

そう言われてみればそうですね。それにこの人は、「通りすがりさん」なんです。今までも、名前を変えて投稿して来ている人が、何人かいますが、同一人物と知られたくないのは、何か後ろめたい気持ちがあるからですよね。そういうコメントを相手にする必要ないです。こういうのは、閲覧禁止にするからいいです。

ブレイクは、別人の様です。リバウンドに対する反応は、反射神経が良いからだと思います。いつも、最初の1歩目が、両チームを含めて、誰よりも早いです。集中力もあると思います。MWPは、やる気はあっても、実力が伴わないです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

AJは、ずっと3ポイントがスランプだったのに、コービーがいなくなるのと同時に、絶好調になってラッキーでした。アトランタで入りだしたと思いますが。ドワイトは、コービーがいなくなってから、オフェンスでは苦労していますよね。インディアナでは、確率が悪かったし、昨日はシュートの本数が極端に少ないです。インディアナはヒバートがいるし、コービーがいないと、ドワイトに集中できるのでしょうね。

4月は、ずっとロサンゼルスですが、相手がきついですね。3月は逆ですが。


>>まなぱるさん

ガソルは痛みが再発したので、まだ分からないですよ。

サンズは、「わざと負けモード」に入っているみたいです。若手を優先して使っていて、シャノンは使ってもらえないみたいです。

そんなに観戦暦が浅かったんですか。ヒルは、夏頃まではプレーできないと言われていたのですが、4月末か5月頭に戻れるかもしれないと言い出しています。でも、5月頭ということは、POに行くのは勿論、2回戦に進出しないといけないです。


>>ひでさん

ジェイミソンは、他のプレーヤーだったら「あんな雑なシュート打つな」と言われる様なのを決めてくれるから助かります。

ブレイクは、ダントーニのコーチが大きいのでは?同じポジションだった人が、HCになると、急に伸びる人がいます。ブレイクの場合は、伸びるという年齢ではないですが、調節したのでは?

コービーがいなくなるら、スケジュール的に、最高のタイミングですよね。私も、休めてかえって良かったと思います。来週も、ゴールデンステート以外は、コービーがいなくても勝って当然だし。


>>shim@さん

04-05シーズンだったか、コービーが捻挫をして、長い間欠場したことがありました。その時に会社で、「レイカーズのチケット欲しいか?」と訊かれても、誰も欲しがらなかったです。コービーがいたら、抽選になるのに。


>>hageさん

サクラメントに負けたのは11月で、まだドワイトが並みのセンター以下の状態の時でした。ナッシュは欠場中で、モリスがスタートしていました。パオは、両膝の腱鞘炎で、ディフェンスでは勿論、オフェンスでもまともに動けなかったし、ジェイミソンは干される前でしたが、5分程度しかプレーしていないです。オフェンスは、良かったという程でもなかったですが、悪くなはなかったですが、ディフェンスが悪くて負けました。今のチーム状態とは、全然違います。

インディアナ戦は、大きい勝利ですよ。コービーがいても厳しいと、誰もが思っていました。逆に、サクラメントは、コービーがいなくいても負けられないと、誰もが思っていました。勝って良かったと喜んでいる人なんか、私の周りには1人のいないです。それ所か、ブローアウトにして、4Qをガーベッジタイムにしなかったを、怒っている人がいます。口には出さないけれど、内心ホッとしている人はいると思いますが。(私も含めて)大体、カズンズのいないサクラメントに勝って自慢しているようなら、POに行く資格はないし、まして優勝を目指すなんて言う資格はないと思いませんか。そうでなくても、勝率50%以上のチームのファンで、サクラメントに勝ったと自慢する人はいないと思いますよ。


>>akrさん

サクラメントのエース抜きもありますが、これだけ3ポイントが決まったら、たいていの相手には勝ちますよ。でも、こんなのは実力ではなくて、絶好調なだけです。レイ・アレンだって、年間通してこんな調子で決まりません。ブレイクとジェイミソンは、あと1本ずつ外していても絶好調ですよね。でもそうだったら、4Q半ばに、5-6点ビハインドになっていました。その状況で、落ち着いて同じ様にプレーできたかと言ったら怪しいです。


>>ppidさん

ドワイトが上手く1in4outをしていましたね。でも、意識して引きつけていたのか、自分で打とうとしたのに、ダブルチームされたからキックアウトしたのかは、分からないですが。あれは、3ポイントが決まらないと意味無いので、少々カバーされても、ドワイトが打って決められないと、厳しくなります。

サンズは唯でさえ負けが混んでいるのに、球団は勝つ気がない様なので、絶対に勝たないといけないです。

モリスにもチャンスを上げて欲しいですが、ガーベッジタイム以外で出てくることはないと思いますよ。


>>LAXさん

そうなんですよ。勝っても威張れる様なことではないので、「自慢にもならないけれど」をタイトルにつけました。最初は「サクラメントに楽勝」だったのですが、当たり前だろうと言われそうでカッコ悪いから、頭に「自慢にもならないけれどカズンズがいない」を付けて、自己申告しました。

ケミストリーもですが、ジェイミソンのカットの使い方を憶えてきたのが大きいと思います。それもケミストリーの内ですが。オフェンスが手詰まりになった時にしてくれるので助かります。でも、ジェイミソンのカットは、ナッシュよりブレイクの方が、上手く使うと思いませんか。


>>アンチではないさん

アンチではないですが、通りすがりさんですよね。名前を変えても、IPアドレスで分ります。名前を変えて別人のふりをしてコメントして来る人にまで、一々返信している程暇ではないです。


>>ローラさん

2人共長続きした試しがないですからね。今の内に楽しみましょう。


>>レイカーズらぶ☆シンさん

ブレイクは、過去にも凄く良いゲームがあったことがあるのですが、長続きしなかったです。だから、期待したいですが、あまり期待できないとうい感じです。


>>ラッパさん

全員バスケは、平均的なプレーヤーしかいないからそうなるので、全員バスケが面白くないのではなくて、見て面白いプレーヤーがいなから、面白くないのだと思います。

ブレイクは、コービーがいる内から良かったですが、MWPは、コービーがいなくなった途端に、シュートの本数が減って良くなりました。

一回戦敗退なら、解雇はし易いですが、二回戦以降に行っても、解雇できないということはないと思います。ドワイトが、ダントーニだったら移籍すると言って、レイカーズを脅かしてくれたら良いのですが。


>>スノーマンさん

ブレイクは、ちょっと前から、明らかにプレースタイルが変わりました。ダントーニのコーチのお陰だと思います。それと、コービーがいなくなって、一番死に物狂いでプレーしているのが、ブレイクだと思います。

点差が空くと、雑なプレーが目立ちますよね。連続ターンオーバーとか。それに、ここで締めて欲しいという時に、ナッシュがターンオーバーします。

コービーは、フィニックスには行っています。パオもインフルエンザか風邪だそうです。オーランド戦辺りから、チーム内で流行っているそうです。


>>?さん

ディフェンスがリーグ最低のチーム相手に、あれだけ3ポイントが決まれば、100はコービーがいなくても楽だと思いますよ。


>>だいちさん

ジェイミソンのミニッツが多いのは、コービーの欠場とは関係ないと思います。今までも、調子が良い時は、ミニッツが多かったです。ブレイクのミニッツは、コービーがいないから増えていますが。でも、これだけ良くプレーしていたら、ミニッツを減らす意味がないですよね。確かにバックトゥーバックなので、もう少し減らして欲しかったですが、4Qに追い上げられているから、代えられなかったです。

セントパトリックス・デーは、アイルランドの祝日です。ラテンナイトは、NBAがラテン系ファンへの感謝のために、勝手にやっているイベントで、祝日でも何でもないです。アメリカは移民が多いので、国の祝日でなくても、祝われている祝日があります。ユダヤ系の祝日だと、休みになる会社も多いので、フリーウェイが空いています。

アイルランド系の人は、東の大都市に系の人多いです。ニューヨークは勿論ですが、ボストンとシカゴに多いです。セルティクは、アイルランド人のことですよね。ボストンやシカゴでは、パレード等があって、大々的にお祝いをします。シカゴは川に染料を入れて緑にします。オバマ大統領は、長いことシカゴに住んでいたので、その習慣にならって、昨日、ホワイトハウスの噴水を、緑にしました。NBAのプレーヤーでは、この日に緑のシュートを履く人も多いですが、レイカーズは、緑のシューズは禁止です。理由は説明する必要ないと思いますが。ドワイトはセントパトリックスデー用の緑のシューズを履く予定だったのに、球団から禁止されて、白にしたそうです。球団関係者も、普段から緑は禁止だそうです。レイカーズのゲームのラジオのアナウサーをしている人は、2シーズン前までは、ゲーム中のフロアーリポーターだったのですが、アイルランド系の人なので、セントパトリックス・デーに、緑のネクタイをしていたら、サーシャがやって来て、「外せ」と言われ、ネクタイなしで、中継したそうです。
[ 2013/03/19 08:07 ] [ 編集 ]
一言が長いな。
理解に苦しんでいる方がいらっしゃるようですが、記事中で否定的と取れる部分はオフェンスの総評のところでしょうか?
それならきちんと「リーグ最低のディフェンス」で「先発センター不在」の相手から何点取っても評価に値しないって書いてありますね。
格選手の総評は勝ち試合らしく褒める内容ばかりですし、ディフェンスも普通の内容ですし他に否定的なところは見当たらない気がしますが。
タイトルに関してはレイカーズファンどころかキングスファン、サクラメントの選手でさえ同じこと思ってるんじゃないでしょうか。

「自慢にもならない」を「勝って当然」にすり替えてる人はわざとなのか本気で読解力が無いのかどっちなんでしょう。


ここ2試合のブレイクのオールスターっぷりには驚きですね。
身体能力で売ってる選手じゃないのにリバウンドもそこそこ拾ってるのは相変わらずの玉ぎわの強さですかね。
それに比べてMWPのリバウンドときたら・・・
[ 2013/03/19 06:54 ] [ 編集 ]
AJとSBのアウトサイドが絶好調ですねー
それで、ペイントにスペースが出来て、
ドワイトにスムーズにボールが入り、
そこからのキックアウトが綺麗に決まる好循環ですね。

3月はこのままコービーを休ませて、だましだましイケると助かります。

来月は本当に地獄なんで。
エリートチームとの対戦が目白押しですから。
[ 2013/03/19 03:26 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!

みなさんのコメントを見てるともうすぐガソルが戻ってくるみたいですね!これでクラークが楽になるのでよかったです!

明日のサンズ戦はCのゴータットが怪我でいないのでドワイト暴れ放題なんじゃないですかねー(笑)凱旋試合のナッシュにも期待してます( ´∀`)

とこらで僕はNBAを好きになってまだ半年ほどなので長期離脱をしている選手を見たことないのですがヒルなどはいつ頃復帰とかわかりますか??
[ 2013/03/19 00:46 ] [ 編集 ]
ジェイミソンとブレイクがチームを助けていますね。
ジェイミソンは、ボールをもらったらシュートを狙うところが良いですね。
得点してほしいところで得点を取ってくれるので助かります。
最近はスリーも良く入るし。
カットも素晴らしいですし、おっしゃる通り、相手ディフェンスは守りづらいでしょうね。

ブレイクも最近見違えるようにプレーしていますね。
積極的にシュートを狙うようになったし、フロアもよく見えていると思います。
このような状態が続けばいいんですけどね。

ハワードは、オールスター明けごろから、ディフェンスとリバウンドと、スクリーンという自分の役割をしっかり理解してプレーしているのが良いと思います。
今日もディフェンスは素晴らしいですし、ポストで無駄にシュートを狙いにいかず、ボールを回していましたよね。
ボールを要求したりせず、チームプレーに徹している所が良いです。

コービーは捻挫にインフルエンザと、悪いことが重なってしまい、しんどいでしょうね。
まるで神様が強制的にでもコービーを休ませようとしているのかなと思えるくらいです。
今のところチームも勝っていますし、コービーも焦って復帰しなくても大丈夫なので、治療に専念してほしいです。
それで、万全な状態でプレーするコービーが見たいですね。

苦手のバックトゥバックですが、(おそらく)コービー抜きでどこまでできるか心配な面もありますが、ぜひとも勝ってほしいです。
[ 2013/03/19 00:07 ] [ 編集 ]
やっぱり仕方ないですけど自分としては2000年ごろからコービーのレイカーズを見てきたのでコービーが休んでるレイカーズは少し寂しいですね!
早くよくなってコートで暴れてほしいです!
[ 2013/03/18 23:58 ] [ 編集 ]
エース抜きだからと言ってもkobeが居ても1-1だったわけで
SACは決して8位のLALにとって甘いチームではないですよ。
kobeがいたら勝って当然とは言いすぎではないかもしれませんが
いないのに勝って当然だとはおかしいと思います。
IND戦にしてもすごく大きい勝利だと思いますけどね。
普通に自慢して良いくらいですよ(笑)
そこまで意固地になる必要もないじゃないですか。
[ 2013/03/18 23:24 ] [ 編集 ]
コービーが居なくて勝っちゃうと、こういう反応が出てくるのは仕方ないのでしょうが(苦笑)
サクラメントのエース抜きだから勝てた訳であって、記事のタイトル通り。
勝率五割以上のチームだったら、負けてたと思いませんか?
ポストでファンブルするドワイト、ドリブル付くだけのナッシュ、シュート確率3/18だったりするメタ。
それが勝率五割以上のチームとやるときに、見られてた姿ですよ。
最弱に近いチーム状態のサクラメントだから、見違えて見えたわけであって。
もし、このゲームにコービーが健康で出ていたら、前半は得点一桁で5アシストくらいですよ、きっと。
それは、チームメイトをステップアップさせる良い練習相手だから。
よくあったでしょ、そんなゲーム。
コービーが前半からゴリゴリ行くのは強豪相手か、チームメイトが調子悪く仕方なくの時ですよ。

もう34歳、引退間近のスーパースターがエゴなプレーはしないでしょ。
ドワイト含め後輩を育てて、自分なきあとのレイカーズを考えてると思いますが。

色んな見方があっていいし、当然だと思いますが、私はそう思います。
[ 2013/03/18 23:09 ] [ 編集 ]
ようやく噛み合ってきた感じですね。
やはり、エースを経験してきた3人は、苦しい場面で、キッチリ仕事をしてくれて頼もしいです。
Dwightのポストプレー時はマジックの時代のような1in4outで綺麗に動いていました。
スモールならハイPNRだけではなくこういう選択肢も混ぜて行ければ更によくなりそうです。

LAXさんの仰る通り、迷いの無いプレーが出来ていると思います。
やはりNashもDwightも、Kobeがいるからという事で、多少なりとも遠慮があったのでしょう。

明日はBtBなので疲れが気になりますが、Suns相手に負けるわけにはいかないでしょう。
Nashもホームなので、ファンに元気な姿を見せてあげて欲しいですね。

コーチ・ブライアントといえば、この前の試合ではモリスの隣に座り、付きっ切りで何か指導していましたね。
彼の出番があるかは分かりませんが、貴重なDF要員ですし、成果を期待したいです。
[ 2013/03/18 22:03 ] [ 編集 ]
いい勝利でしたね。
でも、KobeとPauがいないことに目がいきがちですが
Kings相手なら、Dwight/Nash/Jamisonがいるだけで勝って当然です。

Kobeの欠場がそうさせているのか、ケミストリーが高まってきてるのかはわかりませんが、
少なからず、「それぞれが自分の役割を全うする」が徹底できてる気がしますね。
その分、迷いのないプレーができているのかなと。

金曜のWAS戦にはおそらくPauも復帰できそうですから、これで2ndUnitのCも落ち着き、
Earlも元通りのポジションに戻ってプレイできるので、ますます期待が高まります。
[ 2013/03/18 21:19 ] [ 編集 ]
一言・・・
ブログを拝見しますとこのブログの主が好きなのは「LALではなくコービ」ではないのかな
POなどでエースの力というのは大事な場面があるのは否定しない
そういう場面でたとえ少しばかりタフなショットでもコービに打ってもらって構わない
ただ,チームにとって必ずしも「絶対的エースが常に活躍する(スコアリング)のは好ましくない」
コービがいたときのLALの試合を見ると他が動いていないというよりコービが味方にまわさず積極的にアイソやポストをやっている気がする
あれでは周りは動きが少なくても仕方ないのではないだろうか?
試合終盤とかでやるのは理解できるがコービの場合は2Qぐらいからポストでごりごりを何回もやっている
これはチームにとって健全ではない
何よりもナッシュやハワードを活かせない
今日の試合だけで即断は出来ないけど比較的ボールがスムーズに回ったと思うしそれぞれが役割に徹するなど好材料があったと思うが主がなぜ否定的なのか理解に苦しむ
現在強いチームでボール離れが悪いところはちょっと思いつかない
スパーズやナゲッツは言うまでもなく、ヒートもレブロンの保持時間が長いが必ず味方に打たせる
サンダーはウェストブルックの暴走があるが彼の年齢考えればまだ理解できるし、デュラントがその分抑えている
[ 2013/03/18 21:09 ] [ 編集 ]
メタとブレイクがいつまで好調かわからないけど2試合活躍してくれたのはなんだかうれしいです。^^格下チームですが(^_^;)
[ 2013/03/18 20:26 ] [ 編集 ]
コービー不在の中で素晴らしい勝利だと思います!

正直ブレイクの最近の貢献度は素晴らしいと思いますね。。

なぜだかのびのびプレイしてますね、
シュートも積極的だし。

ここにコービーガソルが戻るとかなり層は厚いですね。

シーズン終盤にこの勢いは期待が持てます!
頑張って欲しい
[ 2013/03/18 19:11 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

相手がSacramentoでさらにCousins抜きという状況でしたが、まずは勝てて良かったです。あまりLakersには見られない、全員バスケでの勝利でしたね。正直私は全員バスケは好きではないですが、Kobe抜きのRegular Seasonならこれが一番でしょう。
できればBtoBなので3Qまでに勝負を決めてNash、Dwightは休ませたかったですが…

MWPとBlakeが何故か絶好調ですね。正直、Kobeが抜けてMWPは暴走をBlakeはミニッツが増えてよりDFでの弱点になることしか予想してませんでしたが、ここ2試合が良い意味で期待を裏切ってくれてます。特にBlakeはここまでやってくれるとは…でも以前も何試合か絶好調が続いて元に戻ることがあったので、せめてKobeが戻るまで続けてほしいです。

ふと考えたのですが、D'AntoniはPlayOff一回戦敗退なら解雇ですかね??正直来年は違うHCが良いのですが、どうなんでしょう(もちろんPhilが希望ですが)
来年も続投ならRSは勝てるかもしれませんがPlayOffを勝てるチームが作れるとは思えないんですよね…
[ 2013/03/18 18:43 ] [ 編集 ]
更新お疲れさまです。

ブレイク-ジェイミソンのセカンドユニットのコンビは最近冴えてますね!
自分もブレイクはあまり好きではないですが、最近はダントーニのシステムにもマッチしているように感じます。
スティールは多いし相手を抜けない、止めれないブレイクですが最近のプレーは確実にチームに貢献していますよね。
キングス相手に今日のゲーム運びはやってくれないと困りますが。

10点差引き離しては詰められての繰り返しでしたね今日のゲームは。
マイアミはここぞというときに畳み掛けて、一気にゲームを決めてしまいますけど、レイカーズはそれがないですよね。油断か知りませんけどちょっと点差ついたらすぐ追いつかれて、これじゃプレイオフでも勝てないと思います。
連覇狙うマイアミとプレイオフ進出ギリギリのラインのレイカーズを比べるのはどうかと思いますが。

1月下旬の@サンズでは最後に逆転されて痛い敗戦があったので明日はリベンジしてほしいですね。
コービーはインフルということで遠征には帯同しないんでしょうか?
サンズなら大丈夫だと思うんで少し療養してほしいです。
あと数試合はまだコービーいなくても機能すると思うので。

とりあえず明日勝って7位浮上してほしいですね!
[ 2013/03/18 18:30 ] [ 編集 ]
コービーがいなくて
100点ゲームわ凄いとおもいます。
明日のサンズ戦わナッシュにガンバッてもらいたいです。
[ 2013/03/18 18:28 ] [ 編集 ]
楽勝でしたね。lakersはTVゲームのような爽快なプレイをしていたと思います。(特にアウトサイドで)

しかし、ローテーションが7人というのはベテランチームにはどうでしょう?
ダントーニは昔このスタイルでやっていましたが、あの時とは年齢層が違いますしね。

セントパトッリクスdayとういのはラテンナイトのアイルランド系?verという捉えかたでいいですか?green weekなどNBAでは一風変わった演出をしてくれるので、そういう楽しみ方も好きです。
[ 2013/03/18 17:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。