3連敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

3連敗

Game Score

1Q
開始から、ドワイト、ナッシュ、パオが続けて決めて、良い出足でした。ディフェンスも悪くなく、6-2で飛び出しました。ところがそこからが悪かったです。ドワイトが、2本続けて外すと、コービー、パオ、ナッシュが交代で打っては外します。その間、トンプソンにジャンプシュートと3ポイント、カーリーに3ポイントを決められ、あっさり逆転されます。レイカーズは、半ばにコービーがフェイダウェイを決めるまで、3分半無得点でした。コービーは直後にもジャンプシュートを決めますが、その後又、誰も決められなくなり、終盤までの3分近く無得点でした。その間、引き続き、カーリー、トンプソンにやられ、リーにも参加されて、終盤に入った所で、早くも11点ビハインドにされます。直後にコービーが続けて決めて、7点差に追い上げますが、コービー以外が、全く決まりません。ディフェンスでは、エズィーリを見失って、アリーユープンを決められたり、トンプソンが外しているのに、エズィーリにオフェンシブ・リバウンドから決められたりで、残り1分ちょっとで、14点ビハインドにされます。終了間際に、ジェイミソンがフリースローを2本決め、28-16の12点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
前半は、ナッシュ以外は、打てば外す状態でした。ナッシュはそれが分かっていた様で、よく打って、序盤だけで、6得点しました。オフェンスでは、パスを周しているというよりは、プレッシャーをかけられて、苦し紛れに、パスし易い位置にいるチームメイトにボールを渡しているという感じが多かったです。それでもオープンのプレーヤーにボールが周りますが、揃って外していました。メタは、相変わらず、ドライブからできもしないフェイダウェイを放って、リングの手前に当てて外します。ディフェンスでは、バックアップPGのジャックに、好き放題されます。相手のバックアップPGが、オールスターに見える現象が、戻って来ました。半ば前には、ジャックのジャンプシュートで、19点ビハインドにされます。7分を切った所で、何故かドワイトがペイントでがら空きになり、ダンクを決め、このコーター、ナッシュ以外が、始めて得点します。半ばに少し追い上げて、17点差になりますが、その後、メタのスティールが2回あったり、ゴールデンステートが、シュートを外してくれているのに、得点できないので、点差が縮まりません。ブレイクは、がら空きの3ポイントを2本外し、ドライブしてはトラベリングにし、本領発揮でした。メタのスティールからのファーストブレイクでは、レイアップに行ったコービーが、ぶつかられているのにファウルにならなかったり、終盤に入った所では、ドワイトが、ディフェンスでバスケットの前で、真っ直ぐ立って両手を上げている所に、リーがドライブして来てぶつかっているのに、ドワイトにファウルになります。ドワイトは、このプレーで、リーの肘が口元に辺り、下唇が切れ、審判に怒ってテクニカルを取られた上、これが3つ目のファウルとなり、残り3分ちょっとあるのに、ベンチに戻ることになりました。泣きっ面に蜂とは、このことです。リーは不自然な動きをしていないので、エルボーは偶発的で、汚いプレーではないですが、真っ直ぐ立っていて、ジャンプもしていないドワイトのファウルになるのは、納得が行かないです。ドワイトがベンチに下がり、パオが登場し、その少し前にクラークはベンチに戻っていたので、ナッシュ、ブレイク、コービー、メタ、パオのメンバーになります。これでは、メタがリーにマッチアップすることになり、リバウンドでは太刀打ちできないし、怪我上がりで動きの悪いパオとメタでは、ペイントのディフェンスが皆無です。この後、コービーが、このゲームでレイカーズ初の3ポイントを決めると、メタがフリースローを含み6連続得点、ここまで打てば外す状態のパオがバスケットのすぐ前で、コービーからボールを貰い決めますが、ブレイクは、相変わらず、がら空きの3ポイントを外します。レイカーズも良く決めましたが、ゴールデンステートは、それ以上に決めました。バスケット近くのディフェンスが皆無なので、レイアップは決められるし、外しているのに、簡単にリーにプットバックダンクは決められるし、トンプソンには、3ポイントを決められます。その上、更に悪いことに、残り1.4秒からのオフェンスで、ベースラインからのロングパスを、メタがアウトオブバウンズにします。ロングパスをチームメイトがキャッチした所で、バスケットが決まる保証がない駄目元のプレーで、残り時間が少ないので、レイカーズのフロントコートでなら、スティールンされても良いですが、アウトオブバウンズにだけはしていけない場面で、唯一してはいけないことをしました。メタは、「この場面では、このプレーさけはしてはいけない」と、素人でも知っているプレーをよくします。その後、ゴールデンステートのバスケットの側からのスローインで、ボガットがアリーユープのティップを決め、63-40の23点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
出足からナッシュが攻撃的に攻め、レイカーズの最初の3本のシュートを放って、全部決めました。コービーも3ポイントで続きますが、ミークスは続けて外し、ドワイトはベースラインを踏み出したり、ボールを失って、続けてターンオーバーにします。ゴールデンステートは、最初の2本を外してくれますが、その後、ターンオーバーが2つあったものの、シュートを打ったポゼションでは、トンプソンが2本、バーンズとカーリーが1本ずつ、4連続で3ポイントを決めます。がら空きにしていたのではないですが、3人共キャッチしたらすぐに打てるので、スクリーンに引っかかったりして、1歩遅れたら、間に合わないです。これで序盤で25点ビハインドにされます。ここから、コービーがスラムダンクを決め、ナッシュのシュートが長すぎたのにバンクショットになって決まるラッキーもあり、ミークスもやっとレイアップを決めて順調に得点し、半ばには、点差を16点に縮めます。ところが、ここからも、ジャック1人にやられました。打つのが分かっていて、カバーしていない訳ではないのに、3連続でジャンプシュートを決められ、点差を20点に戻されます。半ば過ぎからは、コービーが毎回の様にファウルされ、フリースローを続けて決めて得点すると、終盤には、ジェイミソンがオフェンシブ・リバウンドからレイアップ&1を決めます。この後、コービーが再びフリースロー2本を決めると、パオのジャンプシュートで18点差にします。ところが、ここから、フリースローをよく取るのですが、殆ど決められません。まず、コービーが3ポイントラインの後ろでファウルされますが、ここまで10-10と完璧だったのに、1本だけ決めて、2本を外します。これは、確率から言って仕方が無かったとしても、そのリバウンドをパオが取り、ファウルされたのに、フリースローを2本共外します。その直後には、ハッカ・ドワイトから、ドワイトが2本共外し、そのリバウンド争いで、パオがファウルされますが、フリースローを1本しか決められません。レイカーズのコーター終盤のフリースローは、2-9でした。94-76の18点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
ナッシュ、ブレイク、コービー、ミークスのガード4人と、ドワイトでスタートします。開始から、ナッシュが積極的に打って、レイカーズの最初の6本のシュートの内4本を放ちますが、全部外します。決まるか外れるかは結果なので、ナッシュは、このくらい打ってくれた方が良いです。ガード4人でスタートすれば、その内の誰かが、リーとマッチアップしないといけないので、ディフェンスとリバウンドを犠牲にすることになります。それでもこのメンバーでスタートしたのは、3ポイントを放って決まって追い上げればゲームになるし、外れて点差が縮まらなければ、諦めてスターターを下げて、ガーベッジタイムに入る作戦なのだと思われました。ところが、3ポイントを積極的に打っているのは、コービーとミークスくらいで、ブレイクは1本打ったのみ、ナッシュは序盤に2本打って外して以降、1本も打っていません。それ所か、ナッシュがドワイトにボールを入れるプレーもありました。ファウルされるのは目に見えているし、されなくてバスケットを決めても、所詮2点です。たまたまこのフリースローを、ドワイトは2本共決めましたが、確率から言ったら1本決めたら良い方です。明確なオフェンスのプランがあったのか、あったとしたら、それをプレーヤーに徹底しているのかが疑問です。2点ずつ取って行ったら、多少は追い上げても、追いつくのは難しいです。それでも追い上げ、終盤には点差を一桁にします。レイカーズのディフェンスが良かったというより、ゴールデンステートが、時間を一杯使うことを優先して、残り時間が少ない状態でオフェンスに入って外してくれていました。残り1分半には、コービーがフェイダウェイを決め、7点差にしますが、その直後のディフェンスでは、ドワイトがカーリーをカバーするためにヘルプに出ると、ボガットのカバーがなく、バスケット真正面からドライブされてレイアップを決められます。カバーがありませんでしたが、誰かがカバーをした所で、ドワイト以外は全員ガードなので、ファウルをするのが精一杯か、下手をしたらバスケット&1だったと思います。これで残り1分ちょっとで9点差に戻され、直後のオフェンスではミークスが3ポイントを外し、次はコービーがドライブしてダンクを決めますが、この時に、トンプソンがコービーの頭のてっぺんを叩いているのにファウルになりません。これがファウルになって、フリースローを決めていれば、6点差、2ポゼションだったので、多少は望みがありましたが、7点差、3ポゼションだったので、ほぼゲームが決まりました。



コービー:36得点(11-27、3PT=2-10)、3アシスト、8リバウンド
後半休み無しで、42分のプレーです。4Qに2回、ドリブルしていて、脚が体重を支えられない様な感じでよろめきかけていました。フリースローは12-16ですが、最初の10本を全部決めて、その後2-6でした。1本は、ゲーム終盤に故意に外したのですが、それが決まっていたとしても、半分外しています。解説者は、「脚に疲れがでているのだろう。」と言っていました。後半休み無しで40分以上もプレーさせたりしたら、例えそのゲームで勝っても、必ずその後に悪影響が出て、それが原因で負けることがあるはずです。そうでなくても、34歳のプレーヤーを、オーバータイムでもないのに、42分もプレーされるなんて、馬鹿げています。

ドワイト:11得点(4-8)、15リバウンド
ハーフタイムに唇を3針縫いました。シュートの本数が少なめですが、自分でターンオーバーをしているので、ボールを入れていないのではないです。ベースラインを踏み出すターンオーバーが2回、トラベリングとボールを落としたのが1回ずつありました。

パオ:7得点(3-8)、8リバウンド
コンディショニングができていないのが、よく分かります。ジャンプシュートは決まらないし、ディフェンスで動けないです。リバウンドは、五分五分では厳しいですが、流石に身長があるので、いないよりはましです。

ナッシュ:21得点(9-19、3PT=1-3)、7アシスト
ワシントン戦からですが、1Qの半ばにベンチに下って、2Qは頭からプレーして、半ばにコービーが戻るとベンチに戻って、終盤再度登場しています。そこで、前半のミニッツは、ある程度制限できますが、4Qは全12分プレーしているので、後半は以前よりミニッツが多いです。3Qまでは、8-12とよく決まっていたのに、4Qは1-7でした。それも、決まった1本は、残り2秒でした。外したのは殆ど、普段は高確率で決めているシュートでした。負ける時は、こんなものです。37分のプレーです。39歳のプレーヤーを、37分もプレーさせるなんて、異常です。3Qまでのミニッツは25分なので、4Q序盤にシュートを外したのは、疲れが原因ではないはずですが、こんな使い方をしていたら、肝心の終盤に脚がなくて決められないです。

メタ:7得点(2-3)、0リバウンド、2スティール
膝の捻挫ではなく、肉離れだそうです。

ジェイミソン:5得点(1-5、3PT=0-1)
前半は、怪我をしている右手首にテーピングをしていたのに、後半はしていませんでした。レイアップを2本ブロックされているので、シュートが決まらなかったというのではないですが、3ポイントの他に、ジャンプシュートを外しているので心配です。調子が上がってきた時の怪我なので残念です。

ミークス:13得点(5-14、3PT=2-7)、5リバウンド、2スティール
前半は5分しかプレーしていなくて、3ポイントを1本打って外しました。クラークを使っている分、ミークスのミニッツが減らされていました。後半はメタがいないのでスタートして、19分プレーしています。3ポイントラインの内側のジャンプシュートも、あまり決まりませんでした。

ブレイク:3得点(1-5、3PT=1-4)、1アシスト
こうなることは分かってはいたものの、がっかりです。

クラーク:無得点(0-2、3PT=0-1)、2リバウンド
ハーフ約5分ずつ、10分弱のプレーです。

オフェンス
オフェンスがどうのと言うより、オープンのシュートが決められなかったです。ゴールデンステートのペースに合わせて、早打ちして、外したシュートから走られました。103得点なので、オフェンスは良かった様に見えますが、ポゼションが91と多かったからで、決まったのは31本で39.6%でした。終盤は、3ポイントを決めないと追いつけないので、3ポイントを続けて打って外したのもありますが、3Q終了時でも40%しか決まっていません。

ディフェンス
ゴールデンステートの3ポイントは、10-23でした。カーリーとトンプソンで、9-20でした。ペリメターのディフェンスが悪かったというより、2人共、キャッチと同時に打つので、決めた方を褒めないと仕方が無いです。トンプソンは、今まで、レイカーズ戦ではいつも悪く、得点はしていても、シュートの確率は良くないです。今日は、シュートは8-18、3ポイントは6-11です。今まで良くなかったのは、コービーがカバーしているからだと思います。脚の怪我をしていると、横の動きが上手く行かないのと、自分の意思で動くオフェンスは上手く行っても、相手に合わせて動かないといけないディフェンスで上手くプレーできないそうです。今日は、コービーのトンプソンに対するディフェンスが、今までより悪かったのかもしれません。リーにもよくやられましたが、マッチアップしていているのが、怪我上がりでコンディションが不十分なパオ、身長で不利なメタ、そして4Qはコービーやミークスといったガードです。良くなかった不思議です。他は、お馴染みの「相手のバックアップPGがオールスターに見える」現象が、今日も起こって、ジャックに9-16の19得点とやられました。カーリーは、シュートが9-24、3ポイントが3-9と、悪くはないですが、特に良かった方でもないです。リーとジャックにやられるのは、ゲーム前から分かっているのに、何も対策がないです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/03/26 17:58  Lakers | コメント(22)
しばらく敗因としてきたメッタ休みなんでこれで勝てますね!
[ 2013/03/27 19:10 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>神戸大学機械工学科さん

ビッグマンは、バックコートに比べて、運動量が少ないので、バックコートよりミニッツが多くても平気です。むしろ、キッドが37歳で33分の方が、多いと思います。

ナッシュのミニッツを調べたら、33.3分でした。平均したら、それ程でもないですが、リードが大きくて4Qのミニッツが少ないゲームがあるので、そうなるのだと思います。ミニッツが少ないゲームがあったら、その分次は多くて良いという訳には行かないので、平均でこれだけは、多すぎます。


>>shim@さん

今年はダンクが多いですよね。毎回あります。カーターは、それでもまだ頑張っていますが、TマックやAIは、とっくに過去の人ですね。


>>いちごさん

後半はメタがいなかったので、その分気分良く見られましたよ。

私も、今シーズンPO進出を逃すより、来シーズンになっても、ダントーニやメタがいる方が嫌なので、POが駄目なら駄目で、構わないです。


>>FJさん

ローテーションについては、仰る通りだと思います。コービーとミークスが出ていたら、オフェンスの武器は充分にあるので、オフェンスでは期待できなくても、ディフェンスが良いモリスを使った方が良いですよね。毎回そうしろというのではなくて、相手のバックコートにやられている時は、そのくらいの工夫が欲しいです。

こちらのファンも、クラークを使えと怒っていますよ。メタがいなくなって、クラークのミニッツが増えそうなので喜んでいますが。


>>ラッパさん

怪我明けでなくても、34歳を40分上なんて多すぎます。ナッシュのミニッツも、多すぎます。

メタはシーズン終了かもしれません。来シーズンはいなくなると信じている人が多いから、これでメタを見なくて済むと思っている人が多いです。

クラークを使わない理由が分からないです。怪我があるから、ミニッツを限るのは分かりますが、少なすぎます。まだブラウンの方が、ヒルがよくプレーしたら、ミニッツを増やしたり、工夫がありました。


>>akrさん

パオも万全だったら良いですが、そうではないので、今の状態なら、クラークの方が上ですよね。少なくても、ディフェンスでは、ずっと上です。

POには、感情的には行って欲しいですが、行かなければ、それはそれで、要らない人員の整理をしやすいから良いかなとも思います。HCも含めて。


>>天使の街の湖軍団好きさん

ブレイクの実験は、いい加減にしてもらいたいです。ちょっと良い時があったから、又それを期待しているのでしょうが、そんなのは1年に数回ある程度です。ジャックが特別良いのではなく、いつもの「相手のバックアップPGがオールスターに見える」現象です。


>>ひでさん

コービーは、足首の治療を、ゲーム当日にも受けています。何でもなかったら、治療を受けないですよね。

そう言われてみると、ドワイトのピックが少なかったですね。パオが戻った弊害では?

4Qの布陣は、単にオフェンス重視というより、点差がかなりあったので、3ポイントを打っていくのが目的だと思います。ディフェンスとリバウンドを犠牲にしているので、2点ずつ取っても意味ないです。それなのに、ドワイトにボールを入れたり、意図が分からないです。2点を取っていくなら、何も、ディフェンスとリバウンドを犠牲にしないで、仰る通り、ジェイミソンを使った方が、オプションが増えますよね。一体なんであんな布陣にしたのが、意味不明です。

私も、ダントーニは、目先のことしか考えていないと思います。まるで、トーナメントの様に采配をしています。


>>ppidさん

ミニッツ管理は、ブラウンと一緒です。でも、ローテーションは、ブラウンの方が、まだ良かったです。ヒルみたいに、良いと思うと、ミニッツを与えたし、メタのミニッツは少なかったです。

ディフェンスの策がないですよね。単にローテションしろというだけで。


>>マルショウさん

メタがいなくなってくれたから、少しは良くなると思いますよ。ブレイクのミニッツばかりが増えたら、±0ですが。


>>dub mさん

見切りを付けるのが遅すぎます。目先のことばかりで、先のことを考えていないですよね。フィルは「シーズンは100メートル走ではない。マラソン。」と言っていました。

メタは使えなくなってくれました。


>>ロンロン大好きさん

仰る通り、4Qに序盤に追い上げてもいないのに、そのままズルズル、スターターを使い続けるなんて、馬鹿げています。ベテランの扱いなんて、素人でも分かると思いませんか?


>>魚さん

メタは半月版だそうです。レイカーとして最後のゲームをプレーしたのではと、みんな喜んでいますよ。メタがプレーするくらいなら、イークスの方がずっと良いです。


>>だいちさん

シューターが揃っているチームは、当たり出すとこういうこともあるので、あまり悲観する必要はないとは思いますが。

ドレルライトは良いですよね。というより、SFは誰でも良く見えます。


>>淳志さん

ジャックは、平均的なプレーヤーだと思います。それ以上なら、あんなに色々なチームを渡り歩かないでしょう。毎回、レイカーズと対戦する時の様にプレーしていたら、もっと良い複数年の契約を貰っていると思いませんか?

バトラーとクワミのトレードは、悪いトレードの見本みたいに言われますよ。

ダントーニは、少なくても、クラークよりメタを信頼しているみたいですよね。


>>?さん

次は苦手なバックトゥーバックなので心配です。


>>たかあきさん

3連投の絶好調スタートだと思ったら、そういうことだったんですね。(笑)

ユタばかり気にしていたら、ダラスがユタに並びました。
[ 2013/03/27 16:34 ] [ 編集 ]
ジョン・ストックトン(37歳時)
29.7mp, 12.1pts, 8.6ast

マジック・ジョンソン(36歳時:カムバック)
29.9mp, 14.6pts, 6.9ast, 5.7reb

マーク・ジャクソン(36歳時)
28.9mp, 8.4pts, 7.4ast

ジェイソン・キッド(37歳時:咋シーズン)
33.2mp, 7.9pts, 8.2ast, 4.4reb

カール・マローン(37歳時)
35.7mp, 23.2pts, 8.3reb, 4.5ast

アキーム・オラジュワン(36歳時)
35.7mp, 18.9pts, 9.6reb

ドミニク・ウィルキンス(37歳時)
30.9mp, 18.2pts, 6.4reb

パトリック・ユーイング(37歳時)
32.8mp, 15.0pts, 9.7reb

シャキール・オニール(36歳時)
30.0mp, 17.8pts, 8.4reb

マイケル・ジョーダン(38歳:2ndカムバック時)
34.9mp, 22.9pts, 5.7reb, 5.2ast

マローンやオラジュワンは異常ですが、あの身体能力を持ったM.Jですらこのミニッツです。ナッシュは39ですよね?今のナッシュの平均ミニッツいくつなんでしょう。コービーはもっと異常ですが。
[ 2013/03/27 13:20 ] [ 編集 ]
負けたとはいえ、コービーのダンクにはしびれましたね!
彼の世代にはTマックやカーター、AIなどスーパースターがいましたが、大袈裟に言うと彼だけ年齢が止まってるように見えます!笑

自分はこの前、6年ぶりにカーターの試合を見て少し寂しくなりました(*_*)
やはりコービーだけ見てると感覚がくるいますね!
[ 2013/03/27 13:18 ] [ 編集 ]
前半で見るのをやめました。
メタのあのプレーだけで、後味が最悪になりました。

ダントーニがなぜ招聘されたのか、今では不思議でなりません。ミニッツ管理、守備の無策さ、報道陣へのコメント、何をとっても苛立たせてくれますね。

今シーズンはやはり下手に成功して欲しくなくなりました。

来シーズンの大改革に向けて、あえてブレイクメタを出ずっぱりにして、他球団にあぴーるしましょう。ハワードを持ち上げるためにも、ポストを多用させた方がいいんじゃないかと。
ベテラン達にはしっかり休んでもらって、若手に出場機会を増やしてやれば、なんて絵空事ですかね。

極端な話ですが、荒療治でもしない限り、来シーズン優勝は不可能です。
[ 2013/03/27 12:25 ] [ 編集 ]
ダントーニは、何なんですか!?

ミニッツ管理もローテーションも理解できません。
メタを使うぐらいなら、クラークを。
ブレイクを使うぐらいなら、ディフェンス要員でモリスを。
この方が、負けても仕方ないと気持ちの整理がつきます。

怪我あけのパウやメタをスターターで使うのは、どうかと思います。
メタは論外ですが、パウはベンチから奮起してもらう方が良いかと思います。
ベンチからでもスターター並みにミニッツをあげれば、そこそこ活躍するでしょう。

クラークのリバウンドとディフェンスは、結構大事だと思うのですが、どうなんでしょう。
ほんと、クラークのミニッツが少ないだけでイライラします。
[ 2013/03/27 11:42 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

今日はGolden Stateの繋ぎの3Pが高確率で決まっていたので、負けるのはしょうがないかなとは思いますが、負け方にも問題がありますよね。

みなさんおっしゃってますがD’Antoniは何を考えてるんですかね。怪我明けの34歳をオーバータイムでもないのに40分以上出場させるとかありえないです。
個人的には今日の展開なら4Qはスターターを下げてベンチプレーヤーにチャンスを与えても良かったと思います。ロード4連戦でただでさえ疲れがたまりやすいのに、工夫が全くないです。

MWPは肉離れなんですか。
復帰予定はいつ頃なんでしょう。
これでMWPなしのローテーションになりますからD’Antoniなのであまり期待できないですが、どう変わるのか見ものですね。ただNashとBlakeのPGダブル起用とかはやめて欲しいんです。ディフェンスボロボロになるし。

Clarkは少しだめでも使い続ければ経験を積めるし、来シーズンのチームのためになると思うんですが、プレータイム延びないですね。怪我ならしょうがないですが。

終始HCに対する文句になってしまいました。すみません(笑)
[ 2013/03/27 10:45 ] [ 編集 ]
バウが戻ってから負けてるイメージが。
バウが戻る、でもメッタのプレイタイムを削るのではなく、クラークが削られている。
バウは必要なプレーヤーですが、復帰はベンチスタートからで良かったのでは?
スタートにクラークが居なくなってから、出足のリズムが悪く見えます。

プレイオフ、黄色信号ですね。
ポートランドまでチャンスが出てきました。

ホント、皆さん毎回ご指摘のように、ブレイクとメタのプレイタイムを削って、先日も話題になったディフェンス要員のモリスをアクセントで使うとか。
ベンチワークに工夫が無いのが残念です。
[ 2013/03/27 10:06 ] [ 編集 ]
圧縮版の観戦のみですが、
チームボロボロですね。
相手の得点源がバックコートなのになんでブレイクをSGで最後に使うんでしょうか‥
ジャックとカーリーにナッシュとブレイクじゃ火に油です。
ジャックは凄い選手だと思って他の試合みると、こんな活躍は殆ど無いですよ。たまーにです。
LAのバックコートがジャックの引き立て役になってます。
通りで向こうは笑顔なわけだ‥トホホです。
[ 2013/03/27 02:44 ] [ 編集 ]
アウェイ4連戦を全勝で乗り切ってほしかったところですが、あっけなく初戦で負けてしまいましたね。

コービーはチームのみんながなかなかシュートが決められない中、よくチームを引っ張ってくれたと思います。
足首の影響はどうかと思っていたのですが、オフェンス面では特に影響はないように見えました。
ディフェンス面でも後半、トンプソンへのオフボールのディフェンスですごくプレッシャーをかけていやので影響はないのかと思っていたのですが、左右の動きなどにはまだ影響があるのですね。
3クォーターのリバースダンクはすごかったです。

オフェンス面で気になったのが、コービーとハワードのピック&ロールが少なかったことです。
コービーが欠場するまでは有効な武器としてよく使っていましたが、今日見ていて少ないなと感じました。あまりハワードがピックに来なかったような。
そのためか、なかなかハワードがフリーにならず、楽にフィニッシュできていないと思いました。
何かあまりピック&ロールを減らす理由でもあったのかなと思いました。

ディフェンス面ではやはりPGのところで崩されてしまうと厳しいなと感じました。
これからもいいPGのいるチームとの対戦では課題になりそうですね。

4クォーターの布陣は?でした。
確かにオフェンス重視だったのかもしれませんが、ブレイクなんか今日は全然だったのに、あんなに長く使う理由が分からないですし、4クォーターにブレイクを使うのだったらジェイミソンを使った方が明らかに攻撃のオプションが増えて良いと思いました。

おっしゃる通り、ミニッツ管理は異常ですね。
コービーが4クォーター頭から出ているのを見て、まだ復帰2試合目なのに、コービーを壊す気かと本気で思いました。たとえコービーがケガしていなくても多いですよね。
ダントーニのミニッツ管理はちょっとできている時期があったと思ったらまた元に戻ったりするので、しっかりしてほしいです。
前から思っていたのですが、目先の勝利にとらわれすぎな部分がありますよね。
今日も明らかに厳しい試合なのにコービーやナッシュを酷使させたりして。
長期的に考えてミニッツ管理をしてもらいたいです。

ロード4連戦を悪いスタートになってしまいましたが、次は相性のいいミネソタなので、確実に勝ってほしいです。

[ 2013/03/27 02:40 ] [ 編集 ]
当初はダントーニの柔軟な起用法にも理解が出来たんですが…。
OFは有効なセットを使わず無策とも思えるアイソの連続、そしてかさむ一方の主力のプレイタイムを見て、
ブラウンと同じだな、と思いながら見てました。

ハワードへのバックアップが居ないので、サグダウンするかヘッジするか迷ううちに、
PNRでサクサクと点を取られてるのを見ると、この時期に?と呆れる他ありません。

オフに期待が持てるからか、昨年ほどの絶望感はありませんが、やはり観戦しながらでも、
疑問と同時に怒りと失望が、次々に沸いて来てしまいますね。
[ 2013/03/27 00:06 ] [ 編集 ]
ボッコボコにされましたね…この先8位キープできるか心配なってきました(泣)

まぁキープできなくても来年はきっちり人員整理してシーズン通して戦えるチームにして欲しいです。

正直今日はやられすぎだ…
[ 2013/03/26 22:31 ] [ 編集 ]
最悪ですね。点差以上の敗戦なのに、主力のプレイタイムがこんなに多いなんて。HCは無能です。希望がもてたクラークも怪我があるかもしれませんがあまりにも少なすぎます。

メタなんてもう使えないのは明らかなのに、、おかしすぎる。
愚痴だけになりましたが、言葉がでませんね。
[ 2013/03/26 22:28 ] [ 編集 ]
終盤追い上げて体裁は保ちましたがスコア以上の惨敗でした。このあたりはブラウン体制の時と代わりませんね。むしろブラウンのままだった方が金がかからずによかったかもですね。これがポポビッチならば早めに負けを察して、ベテランを休ませつつ、若手やセカンドユニットのアピールの場を与えて単なる負けでも無駄な試合にはしなかったでしょう。今日のゲームは疲労の蓄積を考えたら単なる一敗以上のダメージです。ベテランの扱いの分かるコーチをつれてこないと駄目だな。今のダントーニは単なる飾り。オフェンスにも彼の色はまるっきりでてないし、正直ビッカースタッフが指揮を執ったとしてもこのくらいのチームには出来たよ。次からはマジメにコーチ選んでください。

[ 2013/03/26 22:03 ] [ 編集 ]
捻挫
肉離れ
でしたね。 失礼しました。
[ 2013/03/26 21:04 ] [ 編集 ]
せっかくMayさんが、更新してくれたのに、メタが何故後半出て来なかったのか、そこばかり探してしまいました。
捻挫ですか、頑張って次の試合も出て来そうですね。 後半追い上げたのはメタじゃなくてミークスだったから思っている人は私だけでしょうか。
ダントーニ期待してたのにがっかりです。コービーあんな酷使してしかも、負けるじゃしゃれにならないですよ。
人には器があるんですね。 we want Plilでお願いします。ジャージが売れているのだから、3人分くらいどってことないです。
[ 2013/03/26 21:01 ] [ 編集 ]
シューター中心のチームを乗せてしまうとこういうことになりますね。2011のプレーオフのダラスに、負けたときもこんな感じでしたよね。

話は変わりますが、僕はTVゲームでは、76ersのドレルライトを使っています。
現実世界でもクラークと2人で使ってみればどうかなと思いました。
[ 2013/03/26 19:37 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございますm(_ _)m。

いや、、しかし本当に今シーズンは上手くいかないですね。。
とにかくダントーニにはミニッツ配分だけ、、もうそれだけでも何とか改善してほしいです。
フレッシュにプレー出来れば、また期待感は沸くので。


ジャックは見る機会はそんなに多くはないのですが、見る度に印象に残る活躍をしている気がします。
どこかが飛びぬけている訳ではないのに、全てが平均的に良い、、そんな感じのプレイヤーでしょうか。

レイカーズの控えに是非とも欲しい。笑

「隣の芝生は青く見える」状態だとは思うのですが、最近他チームの試合を見ると毎回こう思ってばかりです。
特にバトラーなんか見てしまうと、あんなのとトレードしなければ今でもSFが安泰
だったのに、、なんて考えてしまいます。(苦笑)


ですがもうとやかく言ってられない時期ですし、選手達の奮起を期待します。


ところでクラークはダントーニの信頼を無くしたのでしょうか…??

[ 2013/03/26 19:09 ] [ 編集 ]
3連敗痛いですね。
今後の試合に注目です。
[ 2013/03/26 19:06 ] [ 編集 ]
間違って2回コメントしてしまいました。
すみません。
[ 2013/03/26 18:47 ] [ 編集 ]
3連敗ですか...
怪我のせいもありますが、悔しいですよね。
昨日はヒューストンが勝ったし、今日はユタが勝つし。
今日からロード4連戦ですね。
ぜひ頑張ってほしいところです。
[ 2013/03/26 18:46 ] [ 編集 ]
3連敗ですか...
怪我のせいもありますが、悔しいですよね。
昨日はヒューストンが勝ったし、今日はユタが勝つし。
今日からロード4連戦ですね。
ぜひ頑張ってほしいところです。
[ 2013/03/26 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。