ディフェンスは良いのに貧打とターンオーバーで敗戦

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ディフェンスは良いのに貧打とターンオーバーで敗戦

Game Score

ナッシュが復帰して、ナッシュ、ブレイク、メタ、パオ、ドワイトでスタートしました。このメンバーは、今シーズン、1度も一緒にプレーしていません。

1Q
POは、レギュラーシーズンと比べて、ファウルを取らないので、フィジカルにプレーした方が有利なのに、ポストに殆どボールを入れないで、ジャンプシュートばかりでした。オープンだから打って入るのですが、それを外します。ディフェンスは、まずまずやっているのに、ターンオーバーから簡単な得点を許します。ダンカンに、ミドルのジャンプシュートを、次々と決められたのも痛かったです。24-15の9点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
開始直後に、ジノービリ、ジョセフにジャンプシュートを決められたものの、その後のディフェンスが良く、半ば前までの4分ちょっとを、無得点に抑えました。折角良いディフェンスをしているのに、オフェンスでは、ジェイミソンがスティールされたり、ドワイトがオフェンシブ・ファウルで、ターンオーバし、シュートを打っても、次から次へと外します。それでも、パオがボールを持って、ドワイトに良いパスを出してドワイトが決めたり、ナッシュが、自分が外したシュートのリバウンドを自分で取って決めたりして、徐々に点差を詰めます。半ば前には、パオがコーナーでボールを持って、ドワイトへのアリーユープダンクが決まります。これで4点差に詰め、その後もドワイトにボールを入れるようにしていて、半ば過ぎには、又、パオからドワイトへのアリユープ・ダンクもありました。パスが少し逸れましたが、ドワイトがそっくり返ってよく取り、ダンクを決めました。目立ちませんが、メタがバスケットの前で、ダンカンとレナードの2人を、1人でブロックしていました。ドワイトはよく決めましたが、その間のジャンプシュートが、決まりません。サンアントニオは、半ばから続けて決め始めたので、点差は徐々に広がって行きます。パーカーは、自分のシュートは、よく外していましたが、ドライブしてアウトサイドにキックアウトして、アシストをしていました。終盤には、ファーストブレイクで、危うくターンオーバーにしそうになった後、ブレイクが3ポイントを決めて追い上げ、終了間際には、早くもハッカ・ドワイトがありますが、ドワイトがフリーローを2本共きちんと決めます。この後はしっかり守ったのに、攻めあぐねて誰もシュートを打たないので、パオが珍しく3秒ルール違反を取られてターンオーバーし、シュートを打つこともできません。45-37の8点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
序盤は、よく守って、ブレイクとパオのスティールがあったり、3ポイントやミドルのジャンプシュートには、よくクローズしていました。ディフェンスはよくやっているのに、オフェンスでは、相変わらずオープンのジャンプシュートを放っては外します。レイカーズは、最初の3分間無得点でした。序盤から、ナッシュではなくて、ブレイクがボールハンドルを主にやっていました。半ば前から半ばにかけて、続けて得点し、半ばには一旦4点差に迫ります。オフェンスの仕方が変わったのではなく、相変わらずジャンプシュートを打っていましたが、それがたまたま決まりました。ところが、半ば過ぎに、ミークスとドワイトの連続ターンオーバーがあり、約2分無得点に抑えられ、終盤に入った所では、点差を7点に広げられます。この後、お互い交代でファウルして、フリースロー合戦になった後、終了間際には、ジノービリに、まずジャンプシュートを決められ、ファーストブレイクから、3ポイントを2本決められます。サンアントニのコーター最後の8得点が、ジノービリでした。70-57の13点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、ドワイトとパオが決めると、ナッシュとパオで、初めてピック&ポップから、パオのジャンプシュートが決まります。これがナッシュの2つ目のアシストでした。点差を、一桁の9点にしますが、これ以降は、最小でも10点差で、点差を広げられる一方でした。ジャンプシュートを打っては外すし、インサイドにボールを入れても、ドワイトはファウルされて、フリースロー殆ど決められないし、パオは、攻撃的に打とうという気持ちは見られましたが、パリメターが脅威ではないので、プレッシャーを賭けられて、ボールをスティールされ、このコーターだけでも、2ターンオーバーがありました。半ばに一旦10点差にしますが、直後に、グリーンとボナーに続けて3ポイントを決められて、終盤に入る前には、16点ビハインドとされ、事実上ゲームが決まりました。



ドワイト:20得点(8-12)、15リバウンド、2ブロック
ポストプレーからよく決めました。このくらい決めてくれると楽です。ドワイトがいるので、サンアントニオはジャンプシュートが多く、それを外していました。ダンカンですら、ペイント内のシュートより、ジャンプシュートの方が多かったです。ディフェンスで、数字に表れない貢献が大きいです。

パオ:16得点(7-16)、16リバウンド、6アシスト、2スティール
ドワイトがヘルプに出た後、よくカバーしてリバウンドを取りました。アシストは、全部前半です。後半は調節されて、無理にインサイドのドワイトにボールを入れようとして、スティールされる場面がありました。

ナッシュ:16得点(6-15、3PT=0-1)、3アシスト
休んでいた影響で、シュートは極端に短くて、リングの手前に当たるのもありました。シュートは仕方が無いですが、ゲームメイクらしいことはしていないです。今シーズンは、もうブレイクに毛が生えた程度と思っていましたが、ブレイクから毛が抜けた程度です。

メタ:5得点(2-9、3PT=1-5)、6リバウンド
いつもと同じです。ドリブルして動き回らなかったのと、リバウンドを取ったらナッシュに渡していた点に改善が見られたくらいです。

ブレイク:12得点(5-13、3PT=2-5)、3アシスト、4スティール、2ブロック
シュートは良くないですが、ディフェンスをよくやりました。ドライブして来るパーカーの前に立って、ボールを手からもぎ取る様なスティールや、パーカーのジャンプシュートをブロックがありました。

ミークス:4得点(1-4、3PT=0-2)
2Qに、ファーストブレイクでレイアップに行った際に、サンアントニオのプレーヤーの足を、左足で踏んで、足首を捻挫しました。後半もプレーしましたが、軽い捻挫で、足首に張りがあるそうです。

ジェイミソン:6得点(1-3、3PT=0-1)、0リバウンド
得点に苦労しているので、ジェイミソンをもっと使って欲しいですが、15分半のプレーです。よくカットしていますが、オープンにならないで、難しいレイアップを打ったり、ファウルされています。

クラーク:無得点(0-0)、1リバウンド
11分半のプレーです。ジノービリに対するディフェンスが良かったですが、使ってもらえませんでした。

モリス:無得点(0-1、3PT=0-1)
8分弱のプレーです。


オフェンス
ダブルチームを引きつけるのは、ドワイトとパオのビッグマンだけで、それでアウトサイドをオープンにしても、オープンのシュートが決められないです。そこで、ドワイトやパオにプレッシャーをかけ易くなり、ターンオーバーに繋がっています。インサイドだけしっかり固めていれば良いので、ジェイミソンがカットしても、待ち構えているので、楽なレイアップがないです。ナッシュとブレイクを合わせでも、6アシストしかないです。行き当たりばったりで、最終的には、オープンにされているアウトサイドから打って外していることが多いです。

ディフェンス
サンアントニオを、32-85の37.6%、3ポイントも7-22の31.8%に抑えているので、ディフェンスが敗因ではないです。


ロサンゼルス・タイムスの記者が、ゲーム中に、「眠い」とツイートしていましたが、私も見ていて眠くなりました。ゲーム自体より、ゲーム中にコービーがしていたツイートの方が話題になっています。リーグパス契約をしていなくて、見られない日本のファンは幸せです。「ダントーニは、Dを取り戻して、アントーニではなくなったけれど、O(オフェンス)がないので、ダントゥニ(D’Antni)だ」というジョークもあります。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/04/22 17:29  Lakers | コメント(13)
こんにちは
選手の個々の力で見れば確かにマイアミより豪華な布陣ですが、どの補強もコービーを活かす事に繋がったとは思えません。
コービー中心のチームに何故ナッシュが必要だったのか今でも疑問です。
マイアミみたいに、一つに特化した選手を取って、コービーとガソルorハワードを中心にした方が断然強い気がします。
このままレブロンが連覇、三連覇、四連覇と優勝してしまい、名実共にコービーを超えたなんて事になるのは嫌なので、ネームバリューばかりの補強ではなくて、勝てる補強をしてほしいです。
[ 2013/04/25 15:53 ] [ 編集 ]
nさん、こんにちは。
サンズは、ナッシュに合うプレーヤーを集めていたのでは?普通は、チームの主力に合うメンバーを集めてチーム作りをしますよね。チームメイトを助けていたのは事実ですが、チームメイトに助けられていた面もあると思います。

コービーがいたら4連勝もあったかも知れませんが、無理でしょうね。1勝はできると思いますが。
[ 2013/04/25 10:03 ] [ 編集 ]
ナッシュはサンズ出たら活躍できないと言われてましたが、ここまでダメだとは思いませんでした。
ハワードとのピックなんかパスする気ないですし。

試合は4連敗してもおかしくないけど、4連勝してもおかしくないと、思いました。
スパーズが調子上げれば別ですが。
[ 2013/04/24 20:51 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>LAXさん

ダントーニは、ナッシュをスタートさせたことでも、批判されています。パオやメタは、復帰した時ベンチスタートにしたのに、ナッシュだけ特別扱いしていると見ている人がいます。

「彼もファン」の発言自体より、その後に目をぐるっと回したのに気が付いて怒っている人がいます。ダントーニは、良い人なのだと思いますが、無神経な発言が多いから、余計嫌われます。

メタの発言は、地元の記者がツイートしていて、私はその1つリツイートしました。本当にそうですよね。自分で分かっているなら、いなくなって欲しいです。


>>ひでさん

全然構わないですよ。

ナッシュは怪我上がりだから、気の毒な面もありますが、怪我する前からあんなものでしたよね。

サンアントニオも、結構オープンを外していました。勝って下さいと言わんばかりにプレーしているのに、それでも勝てなかったです。

コービーがいないと、エンターテイメント性に欠けるのもありますが、コービーがいたら、少々点差が離れていても、何とかなるという期待感がありますよね。コービーがいないと、4点差くらいに追い上げても、これが精一杯という感じがしてしまいます。スパーズとピストンズのファイナルも視聴率が低かったですが、スパーズとクリーブランドが、一番酷かったみたいです。テキサスのチームが絡むと駄目です。ウェスタン・コンファレンス・ファイナルの、テレビ局にとって最悪の組み合わせは、オクラホマシティー対サンアントニオだそうです。華やかさに欠けるというより、単に人口が少ないからですが。
[ 2013/04/24 15:59 ] [ 編集 ]
せっかくのディフェンスも、オフェンスがツインタワー頼りではSASには勝てないですね。
やはり、「適材適所」のメリハリがきちんとしてるポポビッチ采配と
使うべき人を、活かすべき強みを踏まえて使えてないプリングルスは大きな差があります。

Kobeのツイートが話題になって、結局自粛しちゃいましたね。
私は全然いいと思ったのですが、プリングルスの「いまは彼もファン」は撤回したいのでは..

今朝、MWPに「Kobeのツイートで気が散るか?」という質問に対して、
"Absolutely not ... I'm a distraction."といってたのに笑いました。メタ節ですね。
[ 2013/04/24 08:49 ] [ 編集 ]
コメント出遅れてしまいました。
遅くなってしまい申し訳ないです。

ナッシュが復帰しましたが、まわりを全然生かせていないですね。
自身がフリーになってシュートを打っていても、正直単発なオフェンスになっていますね。
コービーがいない今はゲームメイクをしてほしいところですが、ここまで出来ないとは・・・
今シーズンを振り返った時にチームに1番フィットしなかったのは、ナッシュなんじゃないかと思ってしまいます。

正直、サンアントニオも全く本調子ではないように感じます。
レギュラーシーズン終盤からチームの調子がよくないみたいですし、レイカーズのディフェンスが頑張っているのもありますが、FGパーセンテージはレイカーズよりも下回っていますしね。
だからこそ、付け入るスキはあるとは思っているのですが、いかんせんこのようなオフェンスの状態では難しいと思っています。

私としてはこんなに緊張感なくレイカーズのプレーオフの試合を見るのは初めてです。
眠くなるとおっしゃっていましたが、コービーがいないと本当にエンターテイメント性に欠けますね。
ハワードのダンクは迫力はありますが、華やかさという面ではコービーに勝るものはないですし。
点の取り合いでもなく、守りあいになってしまって、プレーオフらしいといえばらしいんですけどね。
うろ覚えですが、2000年代中盤にスパーズとピストンズのファイナルがあって、日本では貴重なNBAの放送が毎試合あったのですが、ディフェンスが売りの2チームの対戦で華やかさの欠片もない試合になりそうだったので、見る気も起きなかったのを思い出しました(笑)

もしかしたらシュートが大当たりしたら勝てる試合もあるかなと期待しつつ、気楽に応援したいと思います。
[ 2013/04/23 19:43 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>天使の街の湖軍団好きさん

自力の差もありますが、コーチの差もあると思います。ジノービリなんて20分しか出ていないのに、出ている間に充分使っています。ミークスなんか、スポットアップシューターだから、打たないと意味ないのに4本しか打っていなくて、メタが9本も打っています。


>>あひるさん

これからあとは、それ程長くないと思います。

決まらないと分かっているからオープンにされているのでしょうが、もう少し何とかして欲しいですよね。


>>まめさん

ナッシュは自分はオープンになっていましたが、チームメイトの楽なシュートをアシストできないです。ダンクはドワイトの2本しかなくて、両方共パオがアシストです。

確かに、パオはダンカンにカバーされると厳しいですが、決まりもしないアウトサイドを次から次へと打つよりは、確率が高いと思いませんか?

PGですら、シュートを自らクリエイト出来ないから、話しにならないです。出来ないのに出来ると勘違いしている人もいるし。


>>魚さん

私も、やっぱり負けたという感じでした。ブレイクは、よくやっている様に見えますが、それは基準が下がっているからです。シュートが5-13もですが、この前のゲームなんか、6-20でも、よくプレーしたというコメントがありました。ディフェンスは、実際によくやっていますが。

バンガンディーは、ペリメターが決まらないとか、ペリメターのシュートばかり打つなという様ないことを言っていました。それは、ハーフタイムの番組でも言われていました。


>>匿名の方

バンガンディーも言っていましたが、オフェンスを1人に頼っているから、その1人がいなくなったら、こうなります。


>>akrさん

アウトサイドは無視で、ペイントだけ守っていれば良いという感じでしたよね。だから、ジェイミソンのカットも活きないです。
[ 2013/04/23 11:50 ] [ 編集 ]
正直スパーズも良くはなかったですが地力の差が見えてしまいましたねー
誰かがステップアップしないと勝ちは無いですよね。

ポスト主体ならシューターをならべてスペースを作るとか工夫が欲しいですね。
[ 2013/04/23 00:37 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます!(*^-^*)
いつもお疲れ様です‼

レイカーズ、プレーオフには出場できましたがこの行き当たりばったりなオフェンスのままでこれからあとの戦い大丈夫なのでしょうか。
でもディフェンスはよかったと思います。

私もコービーのツイートみてました‼
WOWOWでは4月27日に放送があるみたいなのでそれを見ようと思います‼

すべてをいれろとは言いませんが、オープンにされているアウトサイドからはずすのはもったいないです‼( ;∀;)
[ 2013/04/22 22:37 ] [ 編集 ]
個人的にはナッシュのゲームメイクはそこまで悪かったとは思いません。自分自身をフリーには出来ていました。ただ、それを決め続けられる(打ち続けられる)選手ではないので、コービーよりは明らかに劣ってましたが。コービーとパオのピックは単調でしたが、きちんとギャップを作れる、それを主軸に出来るような単調さでした。今のレイカーズは悪い意味で単調です。

パオはミドルが入らないとキツイですね。相手のマッチアップが変わってダンカン相手だとほとんどローポストから決められません。だから、オレはパオのポストを主軸にするのは若干反対です。スプリッターやボナー相手なら良いですが。それにそもそも、パオは42分も出ていて、そいつにオフェンスの主軸になって、かつDFをやれというのは無理があります。ここはダントーニが酷すぎです。

これも毎回毎回言って申し訳ないんですが、なぜこれほどまでにボールハンドル出来てシュートを自らクリエイト出来る選手がレイカーズにはいないんですかね。ボブキャッツにだって、ケンバ・ウォーカー、ベン・ゴードンと(一応セッションズ)といるのに。つまり獲得出来ないほどリーグに少数という訳ではないのに。LACなんて4、5人いますよ。。
[ 2013/04/22 21:37 ] [ 編集 ]
 更新お疲れ様です。
 負けるべくして、負けたのであまりショックはないです、ツインタワーはよくやっていた
印象があります、まあ給料からすればこれくらいは当然といえば当然ですが、 後は印象に残ったのはブレイクですかねー 彼の活躍はちょっと諸刃の剣みたいなところがあり(来シーズンのことを考えると) よくやってるけどなー とつい思ってしまいます。 ナッシュはこのまま劣化したままでしょうか。 オールタイムアシストランキング入るような人が不良債権化は悲しいです。

 Mayさんが、バンガンディーの解説を聞いていたか、分かりませんがしきりにペリメーターと言っていたような??、確かにその部分を全てコービーが担っていたといっても過言ではないので、いなくなると今日みたいにディフェンスをよくやっても、アウトサイドがバカ当りしないと勝ち目がないような気がしました。
 フィルよりダントーニを選んだのは、ShowTime時代のようなバスケをもう一度! という目的があるようなことを聞きましたが、ブラウン以上に地味なのは皮肉な結果ですね!? 
[ 2013/04/22 21:27 ] [ 編集 ]
いつも更新みてます!ありがとうございます。
コービーのツイートのpost!連発してるやつが印象的でした。

コービーいなくなる前もちょっとそうでしたけどオフェンスほんと単調ですよね。コービーがいなくなってごまかしが効かなくなったというか。。
[ 2013/04/22 18:46 ] [ 編集 ]
ブレイクに毛が抜けたやつは笑いました(笑)
リーグ屈指のツインタワーなんですが、計算出来るシューターが居ないと負けますよね。
複雑なモヤモヤした時間をすごしています。
このシリーズが終わるまで、こんな感じですかね。。。
[ 2013/04/22 18:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。