プリシーズンゲーム#3 対デンバー

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

プリシーズンゲーム#3 対デンバー

Game Score

レイカーズのスターターは、パオ、ナッシュ、ケイマン、ヤング、ミークスでした。スターターは、3Q途中までプレーして、それ以降は、全員ベンチでした。ファーファーはふくらはぎ、ウェスは足の怪我のため、プレーしませんでした。

デンバーのスターターは、ファリード、クインシー・ミラー、マギー、フォイ、ロウソンでした。

レイカーズのシュートの確率は39.5%、デンバーは33%、それなのにファウルはやたら多くて、フリースローはレイカーズが34本、デンバーが43本打っています。3Q終盤には、解説者とアナウサーが、「まだ3Qが終わらないのか。」と言い出すくらい、間延びしたゲームでした。最後は接戦になって、両チーム共、かなり本気になっていましたが。

=>ボックススコアー

パオ
ミニッツが少ないですが、動きは良いです。ミニッツの割りにリバウンドも多いです。ケイマンとの連携が良く、お互いにパスを出していました。長めのジャンパーも、ポストからのフックも、よく決まります。

ケイマン
パオ程の技術は無いけれど、パオよりフィジカルです。シュートタッチが良いのは、前から分っていましたが、チームメイトに良いパスを出しています。

ナッシュ
動きが良いです。去年、よくプレーできなかったのは、年齢のせいではなくて、怪我のせいだった様です。インサイドにドライブも出来ました。

ヤング
シュートを決めるだけでなくて、ボールを持って動いて、オープンのチームメイトを見つけていました。ブレイクがプレーしている時は、ブレイクがボールを持つより、ヤングが持った方が良い感じがします。得点能力があるヤングに注意が行くので、チームメイトがオープンになりやすいです。

ミークス
3ポイントを1本決めましたが、全然目立ちませんでした。

ランドリー
打てば外して、メタが戻ってきたかと思いました。元々、あまり期待されていないので、こんな物でしょう。

ウィリアムス
ディフェンスで頑張っていました。ブロックもありました。

ヒル
少ないミニッツで、16リバウンドです。ボールが上がったら、必ず取りに行きます。

ブレイク
ダントーニは、今年は、シューターとして使いたいそうです。シューターとしてなら、悪くないですが、PGだと、相変わらずドリブルしたバタバタするだけです。

ヘンリー
シュートは良くなかったですが、自分でボールを持って動けて、ファウルを取れるのが強みです。昨シーズンは、フリースローをまともにもらえるのは、故意にファウルされるハワードとコービーだけでしたが、フリースローを貰えそうです。

オフェンス
まだ、コニミュケーションが上手く行かなくて、誰もいない所にパスが行ってしまうこともありましたが、大分スムーズになって来たのと、ただバタバタと走り回るだけでなくて、落ち着いて来ました。

ディフェンス
ディフェンスそのものは、よくやっていますが、オフェンシブ・リバウンドを、22も取られました。デンバーは、シュートが決まっていないので、その分多いのは分りますが、1回のオフェンスで、6連続でオフェンシブ・リバウンドを取られたこともありました。運動能力がある、ファリードとマギーに、かなり取られていますが、それ以外のプレーヤーにも、満遍なく取られています。


ところで、ゲーム中に、コービーのインタビューがありましたが、ドイツにプラズマ治療に行ったのは、膝が痛むからではなくて、アキレス腱の怪我で、オフの間に練習ができなかったので、膝の状態が分らなくて、復帰してプレーし始めたら痛み出して、それから治療するということにならない様に、予防の為の治療だそうです。終盤接戦になった時は、タイムアウト中に、ダントーニに代わってハドルで指示を出していました。プリシーズンの、勝敗はどうでもいいゲームでも、勝ちたいのだなと思いました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/10/09 16:26  Lakers | コメント(8)
akrさん、こんにちは。
3週間というのは、コンディショニングにかかる期間のことです。コンディショニングができても、すぐプレーできる訳では無いです。

アキレス腱を切ると、切った方は、太くなって治るので、切れにくくなるけれど、リハビリができていないのにプレーすると、無意識に庇うから、反対側を切り易くなるみたいですね。
[ 2013/10/12 16:51 ] [ 編集 ]
ISMというニュースソースによると、コービーは自分であと3週間はかかると語ったとか。
今は、軽いジョギングやフクラハギのトレーニングをしてると。

。。。まだチーム練習にも参加してないのに、無理でしょう。
焦らないで欲しいです。
うちのチームで、右のアキレス腱切って、何年後かに左も切った人がいます。

とにかく、慎重に!
[ 2013/10/10 19:45 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>nさん

7フッターの間でパスを周されたら、相手も大変ですよね。その上ナッシュがいて、躊躇しないで打つヤングがいたら、結構強いです。ヤングはキャッチ&シュートより、むしろボールを持って動いて欲しいです。去年は、パスを貰って打つしか脳が無いのが多かったので、ボールを持って自分でシュートが打てる人が見たいです。


>>akrさん

体重がかからない状態で、走ったりしているので、全くトレイニングをしていないわけではないです。本人は、爆発力と持久力が戻ったら復帰すると言っています。


>>ひでさん

スタートが誰になるかだけの問題で、ダントーニは、前からパオとケイマンを一緒に使いたいと言っていたので、それ程驚きではなかったです。

コービーは、怪我からの回復は勿論ですが、コンディショニングができないと、復帰できないです。無理に開幕に合わせる必要はないと思います。


>>dub mさん

パオとケイマンなら、4、5のピック&ロールも見られそうです。

去年は重かったですよね。メタがいなくなっただけでも、軽くなりましたが、若いのが増えたのが良かったです。

ヘンリーの名前の発音は、ずっと忘れていました。ザビエーと発音するそうです。ビは勿論Vの発音ですが。ゼイビアーとか、ザビアーとか、色々間違えられるそうです。


>>山肉さん

ケイマンは、リバウンドにガツガツ行きますよ。相手だと、結構鬱陶しいです。ハワードは、オーランドで、ピックをしないで、ロールだけして、良い所取りしていたから、それが当たり前になったのだと思います。

ヤングは、もうちょっとアイソレーションをやって欲しいです。特にブレイクの時は。
[ 2013/10/10 15:58 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。

2シーズンぶりにナッシュのパスが見れてよかったです(笑)体の調子もよさそうですし。

ケイマンはパスもだせるんですね。ガソルとの相性も良さそうですし、そのガソルもガツガツやっていてよかったです。
ヤングは意外と視野が広いみたいですね。周りとバランスもとってますし。ただ、キャッチ&シュートが得意ではないのか、うてる場面でのドリブルが多いです。

プレシーズンから明らかに去年より良いですしコービーが復活したら面白くなりそうですね。

今シーズンもよろしくお願いします。
[ 2013/10/10 09:10 ] [ 編集 ]
コービーの復帰が待たれますが、いまジョギング程度が出来てたとしても、怪我以前の状態まで戻すのは半年はかかるはずなんですが。
そうは言ってられないので、早くてクリスマス前後、遅ければオールスター明けじゃないですかね。
脚の筋肉はすっかり落ちてるでしょうから、ある程度つけるのに3ヶ月。
バスケ脚にするのに、もう少し。

現在のワークアウトメニューが分からないので、何とも言えませんが。
[ 2013/10/10 08:16 ] [ 編集 ]
ガソルとケイマンはなかなか息が合ったプレイをしているので一緒にプレイさせるのは良いですね。
シーズンが始まるとスタメンはPFがヒル、Cがガソルで行くのかと思っていましたが、PFガソル、Cにケイマンでもよさそうですね。

コービーがスーツでなく、練習着を着ていたのを見て、もしかしたらプレーするのかとドキッとしました(笑)
ドイツでの治療は予防のためだったんですね。
インタビューでも100パーセントの状態になってから復帰したいというようなことを言っていましたし、万全な状態で戻ってきてほしいです。

そういえば、以前にMayさんもTwitterでおっしゃってましたが、コービーの体が少しふっくらとした感じがしますね。
まさかコービーのようなプロ中のプロがオーバーウェイトのままでプレーするわけないでしょうし、体を絞るのも含めてコンディショニングはこれからなんでしょうね。
そう考えると、開幕戦には間に合わない可能性が高いのかなと思っています。
[ 2013/10/10 03:14 ] [ 編集 ]
ケイマン良いですね。ガソルとなかなかいいコンビになってほしいです。

ヤングみたいな躊躇しないプレイヤー好きなので応援したいです。
ナッシュもケガさえなければまだまだ高いレベルのプレイできますし。

去年に比べて躍動感があるので楽しいですね。

ちなみに、ヘンリーの名前って何て読むのですか⁇
[ 2013/10/09 21:48 ] [ 編集 ]
ケイマンとパオのインサイドは面白いですね。見ていると思っていたよりケイマンってリバウンドにガツガツ絡みに行くタイプなんですね。ピックもハワードより上手いですし、OFは大丈夫そうですね。DFはやっぱり走られるとやられていましたね。でもその分、アウトサイドがしつこくDFしていて良かったです。

2戦目の試合はなぜが1Qの半分しか見れなかったのでわかりませんが、初戦で良くプレイしていたファーマーを見たかったですねー。
確実にブレイクよりP&Rは上手いし、若いし、良かったです

それとヤングからJ.Rスミス臭がプンプン匂うんですが…笑
もちろん良い意味で 笑
[ 2013/10/09 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。