クリス・ダグラス-ロバーツがコービーについてインスタグラムに投稿

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

クリス・ダグラス-ロバーツがコービーについてインスタグラムに投稿

昨シーズン、レイカーズのキャンプ要員で、今オフのサマー・リーグでも、レイカーズでプレーし、レイカーファンから人気があった、クリス・ダグラス-ロバーツが、インスタグラムに、コービーについて投稿しています。尚、ダグラス-ロバーツは、本日、ニックスからカットされました。

A lot of ppl wondered why Bean spoke so highly of me last yr. First day of camp Mike Brown tried to throw me in the fire right away. Made me & Bean 1 on 1 partners for the whole first practice. What Mike Brown didn’t know is that’s what I was waiting for. That whole day we went head up. At one point it damn near came to blows bc Bean will do anything for an edge. So he was elbowing me on the low for separation & I couldn’t let that go as a competitor. As a man. The refs were too scared to call the foul bc he was intimidating them all practice. But at then end it was all love. The respect is mutual. Gave me some pointers that are priceless. It’s a misconception on Bean. Ppl think he’s a sucker…hard to play with. It’s just that he expects the most of his teammates bc he works so hard. Easily realist hooper I’ve met. He never lies and I respect that. #ClosestThingtoJordan #HeNeverSleepsEither#ImOut

「大勢の人達が、去年、ビーン(コービーのミドル・ネイム)が、どうして僕のことを、賞賛したのかと思っている。キャンプ初日に、マイク・ブラウンが、直ぐに僕を炎に放り込もうとした。最初の練習の間ずっと、僕とビーンを、1オン1のパートナーにした。マイク・ブラウンが知らなかったが、僕はそうしたかった。丸一日、僕達は対決した。ビーンは、少しでも有利になるためには、何でもするので、一時は、爆発しそうな時があった。彼は、スペースを空けるために、こっそりとエルボーしたけれど、僕は、競争相手として、男として、それを許さなかった。審判は、練習中ずっと、コービーを怖がっていたので、ファウルを取らなかった。でも、練習が終わったら、愛しかなかった。尊敬は共通のものだった。彼は、かけがえの無いアドバイスを、幾つもしてくれた。ビーンについては、誤解がある。彼は、嫌な奴で、一緒にプレーするのが難しいと思っている人達がいる。彼が、物凄く努力するから、チームメイトにも、持っている力を最大限に発揮することを求める。僕が出会った、現実的なバスケットボール・プレーヤー。彼は絶対に嘘をつかないし、僕はそれを尊敬する。」


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/10/28 15:52  Kobe | コメント(6)
この時点で108-91、mayさんの推してた面子が躍動してました。
ジョーダンヒルの頑張りに感動してしまいました。
PO…あるといいですね。ガソルやケイマンも上がってきてほしいです。

開幕戦ブログ楽しみにしてます。
ちなみにはじめまして、です!
[ 2013/10/30 14:08 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

パウエルとは、今でも付き合っているみたいですよ。夏のコービーのバスケットボールキャンプに、招待していました。サーシャやシャノンとも、今でも付き合っているみたいだし。努力する人は、誰でも面倒を見るみたいです。


>>こーへいさん

全く同感です。その方が、見ていて楽しいです。ブレイクとナッシュを出して、CDRとシャノンが欲しいです。


>>ゾロリせんせさん

実力のレベルや結果ではなくて、最大限に努力をして、各自の実力を出し切ればそれで良いのでしょう。


>>dub mさん

ナッシュとブレイクに、ダントーニを付けてトレードできないですかね?(笑)
[ 2013/10/29 16:11 ] [ 編集 ]
コービーは実力に関係なく練習熱心な選手や、自分に臆せずに立ち向かってくる相手には最大限の敬意を払いますよね。
以前チームに居た、ジョッシュ・パウエルやなどと仲が良かったのは、パウエルたちが練習熱心だったからなのかなと思いました。

たとえ、控え選手だったり、CDRのようにNBAの世界に残れるかギリギリの選手でも、努力を認め、自分のスキルを教えてあげたりするところがコービーの素晴らしいところだと思います。

確かに、コービーが誤解されている部分はあると思いますね。
シュートを打ちすぎだとか、パスをしないとか。
実際には味方がシュートを打たないからシュートせざるを得なかったり、パスだって、よくしますからね。
イメージで損している部分はありますよね。

プレーしているところしか主に見れない私たちにとって、こんなエピソードが知れるのはうれしいですね。

Mayさんも、翻訳して記事にしてくださって、ありがとうございます。
[ 2013/10/29 08:24 ] [ 編集 ]
ブレイク使い続けるぐらいならもっかいCDRでもミニマムで連れてきてくれたほうがよっぽどマシですわな。少なくとも試合観ててイライラする頻度は減りそうです。
[ 2013/10/28 22:52 ] [ 編集 ]
まぁストイックですよね、コービーは。ただゲーム観るくらいしかできない俺ですらそういう印象を受けるわけですから、一緒に練習しているチームメイト達は、どうなんですかね。

以前、ファーマーも、「コービーは普段から誰よりも努力しているから、ゲームで彼がどんな凄いプレイを見せても、俺は驚かない。」とか言ってましたよね。自分に相当厳しい人間なのでしょう。恐らく周りにも。

ただ、エルボーは危ないからダメです!封印してください。
[ 2013/10/28 19:35 ] [ 編集 ]
CDRは確かファンからは評価は良かったほうでしたよね⁇彼のコメントは何故かこっちも嬉しくなりますね。コービーぐらいになると賛否両論ありますが、このような現場のコメントをみると、全てチームメイトやチームを思ってなんだと感じますね。
プロ中のプロです。

ナッシュとブレイクいい加減どうにかしてほしいです。それを起用する監督をまず交代してほしいです。
彼らが出場して、ヒルやヘンリー、ミークス等が干されるなんて状況だけにはなってほしくないです。

[ 2013/10/28 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。