ヒルのオフェンシブ・リバウンドで勝った

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ヒルのオフェンシブ・リバウンドで勝った

Game Score




ザビエーがスターターに周り、ヤングがベンチになり、パオ、ナッッシュ、ブレイク、ウィリアムスでスタートしました。

1Q
相変わらず出足から、ジャンパーばかりでした。スターターに周ったザビエーが、レイカーズの最初の5点を得点しました。その後ジャンパーが続けて決まり、半ばには早くも7点リードになっていました。半ばに、ザビエーとウィリアムスに代わり、ケイマンとヤングが登場します。ヤングは、登場すると直ぐに、ジャンパーを決めます。その後、ブレイクの今日唯一決めたジャンパー、パオ、ケイマン、ウェスリー、ヤングと、交代でジャンパーを決め、二桁得点差を保ちます。たまたま決まっていたから良いですが、ジャンパーばかり、それも5-6メートルの長めのものばかりでした。33-22の11点リードで、コーターを終了します。

2Q
ファーマー、ジョディー、ヤング、ウェスリー、ケイマンでスタートします。出足に、ヤングがジャンパーを決めると、ジョディーがレイアップと3ポイントを決め、序盤で18点リードにします。開始1分ちょっとで、ケイマンが3つ目のファウルをし、ヒルが登場します。ヒルが出てくると、観客から歓声が上がりました。ベンチになると、同じジャンパーでも、比較的距離が近い物が増えました。一時は21点リードになります。その後、アトランタに続けて決められ、半ばには、ファーマー、ヤング、ヒルに代わり、パオ、ナッシュ、ブレイクが戻ります。この時点で、17点リードでした。ところが、この3人が戻ると、途端にバスケットが決まらなくなり、半ばには12点差に詰められます。そこから、アトランタのホーフォードが、フリースローを2本共外してくれるラッキーもあり、ナッシュが、久しぶりにナッシュらしいドライブしてレイアップを決め、一旦は、点差を17点に戻します。ここから、一気に点差を広げたい所でしたが、パオが、相変わらずジャンパーを打っては外します。終盤に入って、ザビエーが、やっとドライブを繰り返し、ファウルを2回貰って、フリースロー4本の内3本を決めます。ドライブするのが、ザビエーしかいません。この後のレイカーズは、決めても外してもジャンパーばかりで、最後の1分40秒は、無得点でした。62-49の13点で、ハーフへ。

3Q
出足にしっかり守り、最初の2分近くを無得点に抑え、点差を17点に広げます。ナッシュがドライブして、ファウルを取ったり、パオも近くからのシュートを打っていました。ここからが、又ジャンパーを続けて打っては外し、点差を詰められます。序盤に、ナッシュ、パオがインサイドに入ったために、アトランタは、8分51秒で、早くも4つ目のファウルをします。ところが、その後も、ザビエーがカットしてレイアップを決めた以外は、ジャンパーを打ち続け、ファウルが取れません。半ばに、パオ、ナッシュ、ウィリアムスに代わり、ファーマー、ケイマン、ウェスリーが登場した時には、9点差でした。ベンチが出てくると、レイアップがあったり、同じジャンパーでも、ケイマンが近い距離からのを打って決めます。特に、半ば過ぎからは、ケイマンを中心にオフェンスをしていて、終盤に入った所では、リードを17点に戻していました。ところが、ここから、前半は良かったヤングが続けて外し、点差を少しずつ詰められます。そして、残り8分51秒で、アトランタが4つ目のファウルをして以来、初めてのフリースローを、残り1分42秒で、ウェスリーが貰います。結局このコーター、アトランタがリミットに達した後、フリースローは、この1回だけでした。いかにインサイドに入っていないかが、よく分ります。終了間際には、ファーマーが続けてターンオーバーし、ウェスリーのフリースロー後は、無得点に終わり、88-76の12点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に、ファーマー、ジョディーが続けてジャンパーを外すと、ジョーダンが、又バッドパスでターンオーバーにします。その後、ヤングが久しぶりにレイアップを決めますが、コーバーをオープンにして3ポイントを決められ、点差を久しぶりに一桁にされます。この直後に、シュローダーに決められ、7点差にされますが、そこから、ディフェンスで、ファーマーとヤングが、チャージを取ったり、ケイマンの5つ目のファウル後に登場した、ヒルのブロックがあったりと、しっかり守ります。アトランタのシュローダーが、ドリブルを自分の足に当てて、アウトオブバウンズにする、不注意なプレーにも、助けられました。ところが、折角よく守っているのに、オフェンスでは、ひたすらジャンパーを打っては外し、得点できません。レイカーズは、半ばに戻ったザビエーが、ジャンパーを決めるまで、約2分半、無得点でした。終盤に入ると、ザビエーがドライブして、チャージを取られたり、パオがフリースローを貰っても、1本外したりと、得点に苦労します。残り2分で、ティーグにドライブされて、楽々とレイアップを決められ、3点差に追い上げられ、次のオフェンスで、パオが外しますが、長めのリバウンドが、運良くブレイクの所に飛び、そこから更にパオが外しますが、今度は、オフェンシブ・リバウンドを取りに行ったヒルがファウルされ、フリースローを貰います。ヒルは2本共決めて、5点差にしますが、そこから、コーバーを、又がら空きにし、3ポイントを決められ、2点差に追い上げられると、ナッシュが又々ジャンパーを外し、直後には、ホーフォードのバックコートパスでのターンオーバーに助けられますが、そこからザビエーがドライブしてのフローターを外します。そして、残り35秒に、ミルサップに、エルボーからのジャンパーを決められ、遂に同点に追いつかれます。ここからのオフェンスで、パオがフックショットを外しますが、ヒルが、ミルサップとホーフォードに、前後からサンドイッチにされながら、オフェンシブ・リバウンドを取ります。この時点で、残り17秒でした。ここでリバウンドを取られていたら、アトランタはタイムアウトを取って、ボールをフロントコートに進めて、残り16-17秒からのオフェンスになっていました。ここからナッシュがドリブルして時間を使うと、パオにパス。パオが正面からドライブして、ミルサップとぶつかりながら、ヒルにパスをすると、ヒルがレイアップを決めます。ところが、ミルサップがブロッキング・ファウルをしたために、バスケットはカウントされずに、パオのフリースローになります。パオは、2本をきちんと決め、残り6秒で、アトランタのオフェンスになります。ここから、インバウンドパスをもらったコーバーが、ジャンパーを放ちますが、パオが、指先でかろうじてボールに触れ、ボールが逸れます。ホーフォードが、それを何とかセーブしますが、そのボールがミークスに行き、ゲーム終了となりました。パオは、ゲーム後のインタビューで、「コーバーも気をつけていたけれど、ホーフォードがバスケットにカットすることも気にしていた。コーバーにボールが行ったので、コーバーだけに集中した。」と言っていました。

=>ボックススコアー


パオ
ジャンパーばかり打っているので、確率が悪いです。ハーフタイムの番組で、マイケル・クーパーから、「もう少し、ローポストに行くところを見たい。」と言われていました。リバウンドは、前半11だったのに、後半は2しかありませんでした。但し、まだ風邪が治らなくて、ゲーム後のインタビューでは鼻声だったので、かなりきついと思います。後半息切れして、リバウンドが取れなくなったのは、仕方が無いですが、ジャンパーが多いのは、風邪のせいではないような気がします。

ナッシュ
今までが酷すぎるので、良く見えました。ドライブは仕切れなくて、苦し紛れにパスはありますが、今日はバスケットまでドライブできたのが、何回かありました。

ザビエー
スターターに周っても、最初から積極的に打っていました。今日の得点リーダーです。他が、ジャンパーばかりを放つのに対し、バスケットにドライブしていました。そのため、フリースローも4回8本打っていて、チームで一番多いです。

ブレイク
シュートを5本しか打たなかったので、善しとしないと仕方が無いです。

ウィリアムス
やっと3ポイントが決まりました。3ポイントが1-2で、ストレッチ4と呼ぶのでしょうか。

ケイマン
パオよりも、ペイントに入ります。近くから打っているので、当然確率も高いです。パオ同様、オフェンスで基点になれるので、ウィリアムスよりも、ケイマンがいると、オフェンスが落ち着きます。

ヤング
ベンチに周って、伸び伸びとプレーしていた様です。出足は良くて、4-5でしたが、その後が1-4と良くなかったです。アシストが4と、ファーマーより多かったです。

ファーマー
開幕戦では良かったのに、その後あまり良くないです。シュートは決まらないし、ボールを長く持ち過ぎることがあります。

ミークス
引き続き、ジャンパーだけではなく、レイアップも決めています。何故か、ヒルの次に少ないミニッツでした。

ヒル
ミニッツが14分で、一番少ないです。2Qと4Q、共に開始数分後に登場しましたが、2Qは、ケイマンの3つ目のファウルの後、4Qは、同じくケイマンの5つ目のファウルの後で、まるでファウルトラブル要員です。それでも、ゲーム終了までプレーしました。僅差のゲームで、最後までプレーさせる人を、何故もっと使わないのか、理解できません。中継中の解説者やアナウサー、ハーフタイムとゲーム後の番組でも、「どうしてヒルをもっと使わないのか?」と言われています。レイカーズの最後の4得点は、ヒルとパオのフリースローですが、どちらも、ヒルのオフェンシブ・リバウンドからです。その前には、ディフェンスでブロックしています。最初のリバウンドは、記録ではチームリバウンドになっていますが、リバウンド争いをしていたヒルが、ファウルをされてフリースローを貰ったので、ヒルが取った様なものです。ヒルのオフェンシブ・リバウンドがなかったら、その後アトランタが無得点でも、2点差で負けていました。他にも、ヒルがリバウンドを取っていないですが、リバウンド争いでプレッシャーをかけたために、アトランタのプレーヤーが、ボールを手に当てて、アウトオブバウンズにし、レイカーズボールとなったプレーもありました。他にも、長いリバウンド以外は、ほぼ全てのオフェンシブ・リバウンドに絡むので、取れなくても、相手のファーストブレイクポイントを防げます。ゲーム後の番組で、ジェイムス・ワージーが、「今日のゲームボールはヒル」と言っていました。

ウェスリー
シュートをやたら打ちまくらなくなって来ました。ディフェンスでのブロックと、リバウンドで頑張っています。現時点で、レイカーズのブロックリーダーは、ウェスリーです。リバウンドもよく取り、ジャンプ力が凄く、負けそうなリバウンドでも取ります。


オフェンス
相変わらずジャンパーばかりです。点差が開いては縮められるの繰り返しでしたが、ゲーム後の記者会見で、その理由を訊かれたダントーニは、「点差が広がると、ディフェンスが厳しくなくなって、オフェンスはセルフィッシュになって、ボールを動かさなくなった。」と言っていました。それもあるとは思いますが、インサイドに行かないことの方が大きいと思います。アウトサイドでボールを動かして、ジャンパーさえ打っていれば良いというオフェンスです。3Qまでは、それが決まっていたのに、4Qになったら、決まらなくなっただけです。4Q半ばには、ボールをよく動かして、がら空きのブレイクが、3ポイントを外しています。ハーフコート・オフェンスも何もあったものではなく、ただボールを動かして、成り行き任せのオフェンスです。インサイドに入らなかったら、3ポイントシューターを集めて、フロアーを広げる意味がないです。

ディフェンス
良い時は良いのに、それが持続できないです。特に終盤、一番気をつけないといけないコーバーを、アウトサイドでがら空きにして、3ポイントを決められました。今日のコーバーは、3ポイントが6-6です。コーバーがドライブしてくれた儲け物なので、くっついて守れば良いのに、それができません。

ファーストブレイクポイントは、今シーズンはまだあまり許していないですが、スターターがプレーしている時に、バスケットを決めた後のインバウンドから、ファーストブレイクで得点されるプレーがありました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/11/04 17:52  Lakers | コメント(16)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

アトランタは、終盤、不注意なミスがありましたよね。あれで助けられました。

今日、パオも「ヒルのミニッツを増やして欲しい。」と言っていました。

ダントーニのオフェンスは、元々行き当たりばったりです。ボールを動かせと、ピック&ロールしかないです。仰る通り、クローザーがいないのも厳しいですね。でも、そういう時こそ、パオにローポストに行ってもらいたいです。肝心な所で、ピック&ロールだから、成り行き任せです。


>>YOKOさん

ディフェンスが甘くなった部分はあると思いますが、元々、ナッシュとブレイク個人の能力では、ディフェンスができないから、そのこをつかれるのは仕方が無いですよね。オフェンスも、ボールを動かすという以外に策がないです。

ファーマーのミニッツが少ないと文句を言っている人はいません。ヒルのミニッツが少ないのと、ブレイクのミニッツが多いのが不満です。

ザビエーとミークスのSGは、良くプレーしているので、SGはこの2人を使えば、問題ないはずです。それを無理にブレイクを使って、良くプレーしている人のミニッツを奪っています。


>>かぼちゃケーキさん

同感です。その内やるのでは?


>>H-martさん

日本のガードがどんな感じかは知りませんが、確かに、ナッシュとブレイクは、見ていて面白くないです。


>>dub mさん

そうなんですよね。負けが混んだら、ダントーニが解雇になるかもしれないと思うと、負けても良いですが、勝てば嬉しいし、終盤にひっくり返されて負けたら、気分悪いです。

私も、ザビエーがスターターと最初に聞いた時は、ブレイクがベンチだと思いました。


>>一人の旅人さん

フリースローの差で負けることもありますよね。ブレイクが出ているだけでも不可解なのに、どうしてミニッツリーダーなのか、理解できません。


>>32さん

一生懸命さがあるから、人気もあるのだと思います。結果に関わらず、意欲が見えるから応援したくなります。


>>G.R.さん

パオとケイマンをスターターは、私も賛成ですが、どこが相手でもセンターができる2人を、スターターにしてしまうと、ローテーションの出入りが多くなって、やり難いのは理解できます。又、パオとケイマンは、30分くらいに限りたいし、ヒルも、あのエネルギーでプレーしてもらうためには、20分くらいがいいです。そうなると、80分しかないので、残りの16分をプレーする人が必要になります。それをウィリアムスがプレーするというなら、スターターかベンチかは、それ程問題ではないです。単に、順番の問題なので。問題は、無理にウェスリーを4で使って、ヒルのミニッツが少なくなることです。ウェスリーは、4でも行けますが、スピードがない訳ではないので、3の方が良いに決まっています。ウェスリーを無理に4で使うのは、ブレイクを無理に使っているからです。単純にブレイクを使わないで、2と3は、SGとSF4人で回して、10人ローテーションにすれば、解決します。


>>k都人さん

この試合を見なくても、リバウンドの重要性は分ります。リバウンドよりも3ポイントを優先するHCでは、レギュラーシーズンはある程度勝てても、ポストシーズンでは勝てません。「No rebounds, no rings.」


>>Takuさん

お久しぶりです。

ペイントからでもジャンパーを打っていますよ。

仰る通り、パオとケイマンは、プリシーズンでも一緒にプレーして、お互いアシストしたりと良かったのに、どうしてその組み合わせを、もっと多く使わないのか不思議です。


>>nさん

ウィリアムスとブレイクは、それしか能がないです。ザビエーとナッシュは、殆ど一緒にプレーしていないので、お互いどうやってプレーしたらいいのか、まだ分からないのでは?

パオは元々、ポストでガンガン当たったり、バスケットにドライブして接触したりするのが、好きではない方だと思います。だから、ダントーニみたいに、アウトサイドから打っていればそれで良いみたいなオフェンスシステムだと、嫌なことをやらなくなるのだと思います。去年も、コービーから「ポストに行け」と怒鳴られて、やっと行ったくらいですから。


>>山肉さん

私は、点差はあっても、点差が1Q終了時から少しも広がらないので、終盤危ないと、3Q途中くらいから思っていました。

ブレイクは今日に至らなくても、最初から殆ど決まっていないし、もっと遡って、レイカーズに来てから、安定して決めたことがないです。

仰る通り、セカンド・ユニットは面白いですよね。スターターが、退屈な上に、パオ以外は、活躍できないです。


>>らーはーさん

ナッシュやブレイクは、ドライブしたくてもできないのでしょうが、他は、HCが、ボールを動かしてさえいれば、外からジャンパー打ち続けていても満足なので、そうなるのだと思います。ダントーニは、インタビューや記者会見で、「インサイドに入れ」とは言わないです。

ウィリアムスは、まだ理解できますが、ブレイクが理解できません。

>>かずさん

バックコートがドライブできなかったら、ジャンパーばかりになります。ブレイクは、「あいつが打ってくれたら儲け物」の役割を、見事にメタから引き継ぎました。ミークスもサイズはないですが、ブレイクよりはあるし、走れます。今年は優勝が望めないから、余程悪く無い限り、シーズン中のクビはないでしょうね。


>>マルショウさん

ヒルの良さが分からないのではなくて、リバウンドを軽視しているのだと思います。ヒルが残るかどうかは、分からないですが、ブレイクが残る可能性は、皆無に近いと思います。
[ 2013/11/06 10:16 ] [ 編集 ]
前半のリードと、ヒルのおかげで勝った試合でしたね。
あと、アトランタも試合終盤なのにバックパスとか、ミスにも助けられたなと思いました。

やはりヒルの重要性が際立ちますね。
ヒルがリバウンドが重要だと教えてくれているようなものなのに、ダントー二の頭はどうなっているのでしょうか。
今後、ダントー二がヒルをどのように使っていくのかが気になりますね。
あまり使わなければ、みんな怒りますね。

あとはオフェンスですね。
やはりジャンパーが多すぎです。
コービーがいないので、オフェンスの核がなく、行き当たりばったりなオフェンス感がどうしてもありますね。
適当にボールを回していて、ジャンパー見たいな感じで。
ピックも少ないし、展開のあるオフェンスとは程遠いです。
それに、昨日みたいに終盤接戦になった場合、誰にボールを集めるのかという点です。
昨日もそうでしたが、私としてはポストでガソルに集めるべきだと思います。
まぁ、どちらの問題も、コービーが戻ってきたら解決すると思っています。

次の試合からアウェイなので、厳しくなるとは思いますが、若い人が多いし、経験になると思って頑張ってほしいです。
[ 2013/11/05 09:02 ] [ 編集 ]
迅速な更新お疲れ様です。

勝ったからよかったですが、結局また序盤のリードを後半でズルズルと失ってしまうというパターンでした。
パオは後半ミニッツも少なかったですが精彩を欠いていたので調べたら風邪で呼吸器に問題があったとか。ケイマンはもっとパオと出たいというし、ヤングは冗談みたいでしたが今年の目標はシックスマン賞だなんて言ってましたね。選手の間にもダントーニの采配に疑問が出てきているようですね。肝心のダントーニは21点リードからディフェンスが甘くなって選手達が少しセルフィッシュにプレーしてしまったのが悪かったと言っていましたが、???あまり納得のいく釈明ではない気がしました。

皆さんもおっしゃるようにヒルを出さないのは本当に理解できません。ただ、ファーマーの開幕戦以降の出来があまり良くないので(終盤にスローインからパスミスで2回もしょうもないTOも犯すし)彼のミニッツが少ないのは理解できました。やはり一流と呼ばれるには安定感がまだまだ足りない気がします。
あまり悪いことは言いたくないですが、ブレイクは今日は意識してかシュート少なかったですが相変わらずボールを持ってバタバタ動き回るだけで全く脅威ではないのでマークを外されてほかのプレイヤーがダブルチームされるシーンが結構ありました。やっぱり全員が自分で得点できるメンバーであってほしいですよね(贅沢ですが)。

今日のゲームでいい意味で印象的だったのはザビエーの活躍、ヒルのオフェンスリバウンド、ウェスリーのブロックとリバウンドですね。やっぱりNBAはエンターテインメントなので、アスレチックなプレイは観ていて楽しいです。Mayさんもおっしゃるとおり、ウェスリーはジャンプ力すごいですね。身体能力の高さを感じます。この三人にヤングを加えたアスレチックなプレイは試合をこなすにつれより噛みあってくるのではないでしょうか。アスレチックなだけに派手なケガをしないよう祈るばかりです。ナッシュも今日は良かったと思います。

これからコーチ陣がインサイドからのプレイをどうやって増やしていくのか、アウトサイドシュートが決まらないときにどう攻めるのかについて改善していってくれるのを願います。
[ 2013/11/05 01:39 ] [ 編集 ]
“ We want hill ! ”

ステイプルズ・センターの観客にぜひ合唱してもらいたいです 笑
[ 2013/11/05 00:50 ] [ 編集 ]
DUIキッドのデビュー戦見ましたが、ルーキーのオロディポ凄いですね、あれでガードなんですかって感じで(笑)日本にもあんなガードいたら面白いだろうな。今のlakersのバックコート、日本のガードみたいですよね。やっぱNBAのバックコートはハンドリングできて一対一強くないと。勝ってもつまんないです。
[ 2013/11/04 23:37 ] [ 編集 ]
結局2点差になっちゃいましたね。ワラ
負けてダントーニ解雇を願ってますが勝ってくれるとやはり嬉しいです。ワラ

こっちでヘンリーがスタートというニュースがはいったときは、てっきり2ヘンリー3ヤングだろうと思いましたが、ヤングとヘンリーの入替えと知ったときはがっかりでした。。
どんだけブレイク大好きだよ。ガソル、ケイマン、ヒルでまわしてテンポあげるときにウィリアムを使うとかしてほしい。

we want phiiコール→いや、ランビスにしよう→ってパターンなりませんかねワラ
[ 2013/11/04 22:59 ] [ 編集 ]
ザビエーは積極的にゴールにドライブしてくれるので、FTがインサイド陣以外で取れる選手が、ミークス、ヤングと3人といて、コービー復帰後も十分活躍してくれそうですね。
ブレイクがまたミニッツリーダーとはまぁ、何をどうやったらそんな評価を下せるのか、HCには去年から失望させられまくりです。
ブレイク30分出すなら、ヒルとミークスに分けろっ!って叫びたいくらいです。
今日は使うなんて言っておいて、終盤まで使わずじまいですし、しかも出した途端に結果を残すヒル!笑っちゃいますね。
なんでこんなHCがレイカーズのHCに就任したのか、疑問しか残りません。
[ 2013/11/04 22:29 ] [ 編集 ]
ヒルがACグリーンに見えてきました♪地味だけど一生懸命さがやっぱり良いですね♪皆さんが言うとおりスターターにすれば良いのに…
コービーが戻ったら意外と楽しみなteamになりそうですね♪何かコービーの情報がありましたら教えてください。

独り言

ヒューストンが強いのがムカつきます…
[ 2013/11/04 21:43 ] [ 編集 ]
なんなんですかねぇ勝った感じがしないですね。
スタメンはジャンパーばっかりで見てて退屈です。ベンチはドライブするしガムシャラだし本当にいいんですけどね。
ウィリアムス、スタートで使う必要ありますかね?ケイマンとパオをスタートにしてベンチからヒルで基本この3人で回しつつスペース作りたいときにウィリアムス出すみたいな感じでいいと思うんですけどね。
それにしてもヒルのミニッツが少ない!
とにかく少ない!
チームがジャンパーばかりなら何度でもチャンスを作ってくれるヒルを出すべきです。
ダントーニはいまいちリバウンドの重要性がわかっていないようですね。

ちょっと思ったんですけど今年は白人が多いので白のジャージーだと真っ白白ですね(笑)

[ 2013/11/04 21:05 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

記事のタイトル通り、ヒルのリバウンドで勝てた試合でしたね。
皆さんと同じ感想になってしまいますが、なぜこんなにも使ってもらえないのか・・・
ダントーニのことですから、3ポイントがないとかくだらない理由でしょうが。
この試合をみてたら、どんなに見る目がない人でもリバウンドが重要かわかりそうなものですけどね、彼に理解できているのか・・・
ストレッチ4とか色々理想としているものがダントーニにもあるのでしょうが、もっと現実的に見て使えるプレイヤーを起用してくれることを望むばかりです。

パオはこの調子で頑張ってほしい、ナッシュもこれぐらい積極的ならディフェンスは多少目をつむります。ザビエーはいうことなし、ほんと期待してます。


[ 2013/11/04 19:54 ] [ 編集 ]
以前何回かコメントさせてもらってました。

久しぶりにコメントさせていただきます。


ガソルについてこの試合ジャンパーが多かったと書かれてますが
Shot Chartを見ると18本の内2本が3Pで7本がミドル、
あとはペイントからのシュートからです。
ポストプレイからFTを何本かもらっていたので
今日はいつもよりインサイドで仕事してたと思います。

確率は悪いですが....


話は少し違いますが、ケイマンとガソルを一緒に使えば
ガソルもペイントでプレーしやすいのではないかと思ってます。

ケイマンの方がミドルは上手そうですし
なによりガソルがほとんどスクリーンに行ってるので
ケイマンが入ればその頻度を抑えて、ガソルもインサイドに働きやすいと
思いました。
[ 2013/11/04 19:29 ] [ 編集 ]
スタメンはウィリアムスとブレイクがオフェンスで突っ立ってるだけですね。ザビエーももう少しバスケットにカットしてほしいです。そうすればナッシュからのパスで、バスケットにアタックできると思うんですがね。

パオもポップばかりではなくロールしてほしいです。ドライブから良いダンクありましたからね。もっと増やせるはずです。

それから、ミークスとウェスリーをナッシュと使うとカットが増えてパオとの2対2にオプションが増えると思います。

結局ウィリアムスとブレイクだと速攻もスリーで待機なのでもったいないです。二人出さないでコービー戻るまで9人で回してほしいです。
そうすればヒルのミニッツ伸ばせます。
[ 2013/11/04 19:20 ] [ 編集 ]
いやー、勝ちましたね。
後半から観戦したのですが終盤はひやひやしながら見てました。
ナッシュ、ブレイクの同時起用はなかなか無くならないようですね。DFも下手でOFをクリエイトすることもできないし、今日に至ってはシュートも入らないブレイクを32分も使うんだったら他の選手をもっと使えばいいのによくわからないHCです。今日も終盤に2人同時に出て来て腹が立ちました。案の定、終盤の重要な場面で軽くレイアップを決められてました。
ナッシュも何度もすぐに抜かれて、バックチップを狙うだけですし。
でもその反面、ウェズリーやヒルのリバウンドやブロックの気迫があるプレイは興奮しました~!ミルサップにこれでもかってくらい攻められてましたが。笑

それと終盤にブレイク?がボールを持ってる時に「ヘンリーに渡せ!」と画面に向かって叫びました 笑
それくらい僕の中ではヘンリーに頼っています 笑
[ 2013/11/04 18:40 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
ほんとにぎりぎりでしたね笑笑
ヒル様々ですね。
ヘンリーはやはり見ていて気持ちいいですね!
それ以外のスターターはほんとに苦し紛れのジャンパーばっかりで呆れます。もっと攻撃パターンを増やさないと、ジャンパーがはいらなくなったらまけますねー

そろそろスターターをいれかれえてもいいんじゃないでしょうかねー
ウィリアムスをつかってる意図もわからないし、もちろんブレイクもですが。

[ 2013/11/04 18:32 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
なんとか勝ちましたが最後は本当にヒヤヒヤしました。

本当にドライブが少ないですね!ナッシュとブレイクを同時に使えば当然そうなりますよね。
ブレイクなんてフリーでも対して問題ないので、インサイドを固められます。
ダントーニは黒人が嫌いなんですかね?
ミークスはサイズの問題はありますが、ヒルは絶対使うべきですよ!
クビにならないですかね〜。
[ 2013/11/04 18:26 ] [ 編集 ]
ヒルも当然来年FAですよね…素人目から見てもヒル良いの分かるのにダントーニは理解できな

いんだろうなぁ…来シーズンもLALのユニフォーム着てるヒル見たいんですけどねぇ…変な連

中(主にブレイク)残って今シーズン途中で居なくなるとかだけはやめてほしいですね!ヒル

20分も出しておけば大分リバウンド違う思うんですけど、ジャンパー主体のオフェンスなら特

に!
[ 2013/11/04 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。