又もや2Qからガーベッジタイム

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

又もや2Qからガーベッジタイム

Game Score

1Q
開始直後は、ナッシュとブレイクで、お互いドリブルして苦し紛れのパスをし合って、最後はブレイクが3ポイントを打って外すという、レイカーズの何が悪いかの見本の様なオフェンスでスタートします。ダラスは、ノビツキーが決まりませんでしたが、カルデロンとエリスがよく動いて、レイカーズのディフェンスを崩し、ダレンベアーが、バスケット近くからのシュートをよく決めます。エリスには、決められるか、ファウルをするかのどちらかでした。徐々に点差を広げられ、半ばには既に8点ビハインドにされていました。その後も、ドライブされディフェンスを崩され、アウトサイドからがら空きのジャンパーを決められたり、近い距離からオープンで楽にジャンパーを決められました。オフェンスでは、ケイマン、ファーマーのターンオーバーもあり、点差を広げられ、35-22の12点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ヒルが開始から登場して、ファーマー、ジョディー、ヤング、ウェスリーでスタートしますが、開始1分ちょっとで、ウェスリーに代わり、パオが登場します。開始直後は、ディフェンスではヒルのブロックもありよく守り、オフェンスではファーマーがファウルをされながらもレイアップを決めて、フリースローも決め、追い上げます。一旦、10点差にしますが、そこから、ディフェンスで、バスケットの近くから、楽なシュートを決められたり、アウトサイドからオープンのジャンパーを決められ、点差を元に戻されます。オフェンスでは、ジョディー、ヤング、ヒルが決めて、ほぼ毎回得点するのですが、ディフェンスで止められないので、点差が縮まりません。半ばに、ブレイクのバッドパスから、カーターに3ポイントを決められると、続けて得点されますが、オフェンスでは、ブレイク、パオが3ポイントを続けて打っては外し、ケイマンもミドルのジャンパーを打っては外し、レイカーズは、半ばから終盤までの2分半に無得点でした。これで、20点ビハインドにされます。ここからパオが、ポストプレーから決め、パオからケイマンへのアリーユープ、ケイマンが2連続で、オフェンシブ・リバウンドから決めますが、その間に、ダラスにも続けて決められるので、点差を縮められません。67-48の19点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
ウィリアムスに代わり、ヒルがスタートしました。相変わらず、レイカーズは、ジャンパーばかりでした。その上、ナッシュのターンオーバーがあり、ダラスの9-2のスタートになります。レイカーズの2点は、ヒルのオフェンシブ・リバウンドからのシュートでした。これで、序盤で26点ビハインドにされます。ここで、前半は無得点のナッシュが、ようやく3ポイントを決めますが、その後も、パオがバスケット近くのヒルを見つけて、ヒルが楽に決めたバスケット以外は、殆どがジャンパーで、その殆どを外していました。半ば過ぎには、30点ビハインドにされ、ゲームが決まりました。その直後に、ダラスは気が緩んだのか、バッドパスが続き、レイカーズは、その間得点しましたが、焼け石に水でした。それでも終盤追い上げて、94-77の17点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足に追い上げれば、まだチャンスはあったのですが、折角得点しているのに、ディフェンスで止められないので、点差が縮まりません。それ所か、クラウダーに、2連続で3ポイントを決められて、点差を21点に戻されます。その後も点差を広げられる一方で、半ばには、27点ビハインドにされます。その後は、ガーベッジタイム要員の登場でした。

=>ボックススコアー


パオ
31分プレーしているのに、シュートを9本しか打っていません。レイカーズで、スターターの実力があるのは、パオだけです。31分プレーしたら、最低でも12-13本は打ってもらいたいです。打った本数が少ないので、ジャンパーばかりという感じはしませんでしたが、又3ポイントを打っています。リバウンドは、そこそこ取っていますが、オフェンシブ・リバウンドが1本もありません。ゲーム後の番組で、ジェイムス・ワージーから、
「パオはパオだけれど、オフェンシブ・リバウンドがない。ジャンプ・シュートが多過ぎる。」と言われていました。ジャンパーが多いので、フリースローも少ないです。今日は1回2本だけ、ここまでの5ゲームでは、19本で、ザビエー、ヤングより少ないです。

ゲーム前のインタビューで、「ケイマンとヒルのミニッツを増やして欲しい。ケイマンと僕が一緒にプレーすると、フロントラインが強くなる。ヒルは、システムには合わないのかもしれないけれど、エネルギーがある。」と、ケイマンとヒルのミニッツ増加を、公に要求していました。

ナッシュ
シュートが決まらないのは、そういう時もあるので仕方が無いですが、ドライブしきれなくて、苦し紛れのパスが多いです。

ブレイク
エリスに好きな様にやられました。エリスは、得点は多くても、シュートの確率が低いことで知られています。それが、11-14です。その上、アシストが9もあります。プレッシャーをかけていないから、シュートを打つのも、パスを出すのも楽です。向き合ってカバーして、しかも、距離をあけて守っているのに、簡単に抜かれました。エリスをブレイクにカバーさせたら、こうなることは、ダントーニ以外は、みんな分っています。オフェンスでは、3ポイントがよく決まりましたが、打ったシュートが全部3ポイントです。それ以外に、何もできません。PGだというのに、ここまで5ゲームで、フリースローが1本もありません。ブレイク以外で、レイカーズでフリースローが1本も無いのは、ライアン・ケリーとエリアス・ハリスだけです。

ウィリアムス
1Qの最初の5分だけで、その後全くプレーしませんでした。

ザビエー
アウトサイドが全く決まりませんでした。シュートの本数も少ないし、ドライブも少なかったです。ボールを持つチャンス自体が少ないです。ヤングがベンチに行って、活き活きとプレーしているのとは逆です。

ヤング
ドリブルして時間を使うだけの、ナッシュとブレイクから開放されて絶好調です。得意のアイソレーションもありました。

ケイマン
ミニッツは増えないですが、パオと一緒にプレーする時間帯が多かったです。ミニッツの割りに、リバウンドが多いです。エリスのダンクを左手でブロックする、良いプレーがありました。

ファーマー
オープンのチームメイトを見つけているし、まずまずプレーしているのですが、ターンオーバーが多いです。それさえ減らせば、セカンド・ユニットのPGとしては、言う事ないです。

ジョディー
ヤングやザビエーの様に、物凄く良いゲームがないので目立たないのですが、実は、ジョディーが一番安定しています。何時も、50%より少し上か少し下です。5ゲームを消化して、シュートが19-40、3ポイントが8-19です。打ったシュートの半分近くが3ポイントのプレーヤーにしては、かなり良い確率です。3ポイントが多い割りには、それ以外は、バスケットににアタックしていることも多いので、フリースローの本数では、5ゲームで13本、チームで4番目です。

ヒル
右膝に痛みがあって、検査を受けていたため、ダラスにはチームのチャーター便では行かないで、今日、商業便で行きました。骨挫傷だそうです。骨挫傷は、痛みが酷いらしいですが、動きが悪いことも無かったです。オフェンシブ・リバウンドを取る確率では、リーグトップだそうです。リバウンド数は、ヒルとしては少ない方ですが、殆どのリバウンドに絡んでいました。

ウェスリー
オフェンスでは、あまり目立ちませんでしたが、リバウンドを安定して取れます。


オフェンス
やはり、ジャンパーが多いです。ゲーム後の番組で、ジェイムス・ワージーが、「始めから、ジャンプシュートばかり。フットワークが良い7フッターがいるのだから、ローポストに行け。」と行っていました。ゲーム後のダントーニへのインタビューで、「ジャンプシューとが多過ぎないか?」という質問に対し、「フィルムを見ないと分からない。」と答えていました。ハーフタイムやゲーム後番組では勿論、ファンの間でも、「ジャンプシュートが多すぎる」と言われ続けているのに、HCが気が付いていない様です。又、同じ3ポイントを打つのでも、ダラスはドライブしてキックアウトからがありますが、レイカーズは、3ポイントライン上で、ボールを動かすだけが多いです。

今日も、ベンチ得点の方が多かったです。それも、104点の内72点がベンチです。4Q半ば以降はガーベッジタイムで、ベンチがプレーした時間帯が長かったのもありますが、3Q終了時でも、77点の内52点がベンチでした。

ウィリアムスは、1Qだけのプレーで、ミニッツも少なかったですが、いまだに11人ローテーションです。これについて、ワージーは、「良くプレーしているプレーヤーがいたら、そのままプレーさせれば良いのに、どうしてベンチに戻すのかが理解できない。パット・ライリーは、常に7-8人のローテーションだった。私の個人的な意見だが、11人ローテーションは、成功しないと思う。」と言っていました。ライリーのと時のメンバーは、殿堂入りプレーヤーが3人もいたのと、今のレイカーズは、パオ、ケイマン、ナッシュのベテランのミニッツを制限しないといけないので、同じ様には行きませんが、それでも、11人をプレーさせたら、同一ポジションで3人プレーしていることになるので、どう考えても不合理です。バイロン・スコットは、「ミニッツが短いと、活躍できない。9人ローテーションが、一番良いと思う。」と言っていました。

ディフェンス
ゲーム後の番組で、スコットが、「最初のディフェンスがソフトで、ローテーションが遅い。」と言っていました。ナッシュ、ブレイクが、最初のディフェンスが、簡単に抜かれるので、毎回ヘルプに行かないといけないです。そのヘルプがあっても、更にヘルプに行った人のヘルプが無いか、遅れるので、バスケットの近くからの、ダンク、レイアップを散々決められました。

リバウンドが、50-35と、-15です。これについて、ダントーニは、「うちは外した本数が多いから、ダラスのリバウンドが多くなって当然。ダラスは外さなかったから、うちのリバウンドは少ない。」と言って、気にしている様子もありませんでした。確かに、ディフェンシブ・リバウンドは、その通りですが、その理屈なら、レイカーズは外しているシュートが多いので、その分、オフェンシブ・リバウンドが多いはずです。ところが、オフェンシブ・リバウンドも、10-9のー1です。それを、ダントーニは、問題だと思っていない様です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/11/06 16:46  Lakers | コメント(18)
完全に出遅れました。

ロスター的にもただでさえ望み薄なのに、采配でさらにひどくなってる印象です。
Henryの開花はうれしいですが、BlakeとWilliamsの起用法がなぞですねー。

そしてNashは早めにトレードしたいですね。Raptorsくらいしか候補ないでしょうけど。
[ 2013/11/08 12:12 ] [ 編集 ]
明日はヒューストンなので
高さ含め対策でスタメンを
ナッシュ、ミークス、ジョンソン、ケイマン、ガソルと相手によって変わるんならわかるんですけどね
[ 2013/11/07 18:54 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

契約は3年で、4年目は球団オプションです。HCは、ランビスがやれば良いですが、ACはみんなダンターニが選んだ人達なので、ダントーニを解雇したら、入れ替えないといけないと思います。今シーズンは、余程のことがないと、途中で解雇しないと思います。ランビスは、レイカーズではHCはしていないと思います。フィルの時は、ランビスが後任と思われていました。


>>nさん

ブレイクは、使い物にならないとか、ゴミとか、散々言われています。ナッシュは引退しろと言われています。


>>ひでさん

エリスにある程度やられるのは仕方が無いですが、ブレイクで止められないことくらい、誰でも分かっているのに、そこから始めるというだけでも変です。

ブレイクは兎も角、ナッシュは、チームメイトを活かすというのが売りなのに、全然活かしていないです。

仰る通り、ベンチが良かったら、スターターは、コービーが戻ったら、コービーとパオで、勝手にやり易い様にやれば良いので、オフェンスは問題ないですが、ディフェンスが問題です。

ヒューストンも、ブレイクがハーデンとマッチアップしている時点で、絶望ですね。パーソンズも、ザビエーでは、サイズがないです。ザビエーとウェスリーがスターターなら、まだ何とかなるかも知れませんが。


>>むつさん

初めまして。私も、記事なんだか、愚痴なんだか分からないです。

去年も、コービーシステムになってから勝ちだしたので、仰る通り、コービーがHCの方が良いと思います。コービーは、ディフェンシブ・リバウンドが、一番大事だと言っています。コービーがそう言わなくても、「No rebounds, no rings.」というのが常識です。整理、修正するのに、時間がかかりすぎますよね。組み合わせを見ていると言っていますが、そのためにプリシーズンがあるのに。


>>H-martさん

これだけ嫌われて、自分のやり方を、徹底的に否定されたら、自分が正しいと証明したいという気になるのも分かりますが。


>>山肉さん

同時起用も何も、ブレイクを起用すること自体が理解できません。フィルの時には、ミニッツがジリ貧に減っていたのに。


>>空海さん

ありがとうございます。

シャノンは、永遠にレイカーですよ。ハリスやウィリアムスをカットして、シャノンと契約しろと言っているファンは多いです。でも、ガードは多いから、難しいと思います。ナッシュとブレイクを追い出して、シャノンを獲って欲しいですが。


>>gunboyさん

今シーズンは、元々期待していないので、勝敗はいいのですが、最初から、みんなが上手く行かないと分かっているローテーションだったり、Wスティーブの様に、見ていて退屈な人が、長時間プレーしているのが、不愉快です。


>>ゾロリせんせさん

コービーでなくても、解説者がHCやった方が良いくらいです。


>>dub mさん

スターターになると、バックコートの2人に、脚を引っ張られるから大変です。

ダントーニとスティーブ2人を、まとめて追い出したいですね。


>>ppidさん

お久しぶりです。

ブレイクもナッシュも、パスを出すのではなくて、苦し紛れにボールを手放しているという感じです。

シャノンは、ワシントンにトレードされて、ウェイブされて、どこもピックアップしなくて、今はFAです。シャノンと契約しろと言っているファンも多いですよ。


>>らーはーさん

ブレイクとエリスのマッチアップは勿論ですが、マリオンにザビエーも、おかしいですよね。たまたまマリオンが悪かったから良かったですが。


>>一人の旅人さん

ヤングは役割は、仰る通りです。今日ラジオで、「ヤングのアシストが4以上あったら、ベンチに下げろ。」と、冗談を言っていました。

ヒルは、常に全力でプレーするので、怪我はあるでしょうね。

私も、ブレイクのミニッツを、ミークス、ザビエー、ヤングで分けたら、結構活躍すると思います。


>>ゆ~すけさん

ディフェンスをする能力がない人を、どうやってコーチしてもできないです。それを2人同時に使ったら、どうなるかくらい、素人でも分ります。ましてエリスをガードさせるなんて。

私は、前から何度も言っていますが、パオは、ポストでぶつかり合うより、ジャンパーを打っている方が、性に合っています。それを、自分が活躍できないのは、バイナムやハワードがいて、ポストに行かれないと、言い訳に使っているだけです。


>>ガムさん

暗殺はされないと思いますが、お酒が出る所には、危なくて行けないでしょうね。

私も、このチームはミニッツを限りたいベテランと、実績がない若手の集まりなので、7-8人はちょっと難しいと思います。9人か、多くても各ポジション2人で10人ですよね。
[ 2013/11/07 18:10 ] [ 編集 ]
ダントーニの契約は2年ですかね?
解雇して新ヘッドコーチの契約することに踏ん切れるか?は現実問題どうなんでしょうか?
あーランビスが昇格すれば、新たなHCを雇うより抑えられますね。

しかし、ランビスってマジックが現役復帰したころに、一度やってませんでしたっけ?
手腕は、どうなんでしょうか?
[ 2013/11/07 10:22 ] [ 編集 ]
スタメンSGにブレイクを使う理由をダントーニはなんと言ってるんですか?
やっぱり現地でも批判でてるんですかね?

フィルは戻るとしても、リバースみたいな立場を要求するでしょうから、あり得なさそうですね。
[ 2013/11/07 03:36 ] [ 編集 ]
ダラスがよくやったというよりは、レイカーズの良くないところばかりが目立ったゲームだと感じました。

オフェンスはジャンパー頼みの単調な攻撃だし、ディフェンスは最初から最後までエリスを止められず。
ダントーニには、少しくらい対応したら?と思うのですが、それも出来ないようですね。
早くクビになってほしいです。

ヘンリーとヤングの好不調が逆になったということは、やはりスタメンのガード2人が悪いのでしょうね。
ボールを持って走り回ってるだけだったり、何の展開もないオフェンスの組み立てだったり。
結局は“生かし切れていない”ということなのでしょう。

不幸中の幸いというか、ベンチの得点は本当に多く、昨シーズンから比べたらかなりベンチ問題は良くなったのではないかと思います。
ベンチメンバーが出ている時間が長かったり、スターターがよくないのもありますが、スタメンより得点を多く取るのは良くやっている証拠だと思います。
ベンチの得点では、リーグ1位なんではないでしょうか。

次はヒューストンですよね。
なんとかひと泡吹かせてやってほしいと思います。
ロサンゼルスから逃げた人がいるので。
[ 2013/11/07 02:22 ] [ 編集 ]
初コメントです
ずっとブログは読ませて頂いていたのですが、初めてコメントさせて頂きます。
愚痴っぽくなりますがゴメンナサイ…

今シーズンから若手が多く、私の好きなファーマーも戻ってきて連覇前のような挑戦が始まるかと淡い期待をしていましたが、あれはフィルがいてこそだったのでしょうね。。

ゾロリせんせさんの言うようにコービーにHCして貰った方が勝つと思います。
ガードですがリバウンドに重きを置いてる(と以前何かの記事で見ました、実際数多いし絡むし)コービーなら間違いなくヒルは使うし、試合の中での良し悪しをしっかりローテーションを含め整理、修正、向上してくれると思います。というかコーチってそういう仕事じゃないでしたっけ?
ダントーニは選手達と試合の何を見てるのか聞いてみたいです。観客なら後ろの席に座っててほしいです・・・

9人ローテは私も賛成です、その中で好不調と相性を見極め交代をしてくれないもんでしょうかね。
[ 2013/11/07 00:12 ] [ 編集 ]
ダントーニ。。プライドが邪魔してるんですかね。普通に考えて、一般人が色んなことに気付いてるのに、世界最高峰のバスケチームの監督が気づかないわけないと思います。保身に走らず、チームが勝つためのバスケをして欲しいです。
[ 2013/11/06 22:59 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。
途中で見るのやめました。
ナッシュとブレイクの同時起用が本当に自分の中ではあり得ません。
あのHCはDFのことを何も考えていないのがよく理解できました。
愚痴っぽくなってすいません。
[ 2013/11/06 22:55 ] [ 編集 ]
初コメントです。
いつもブログ楽しみにしています。ゲームをなかなか見れない私にとってはとてもありがたいブログですm(_ _)m
レイカーズの選手以外の質問で誠に恐縮なのですが、ウィザーズをウェイブされたシャノンの獲

得は、現実味ないのでしょうか?今のレイカーズの状況がHC含めてとても不安です。忙しいなか申し訳ありませんが状況教えてもらえれば
幸いですm(_ _)m
[ 2013/11/06 21:34 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
いつもこんな試合後にもブログ更新ありがとうございます。

開幕戦後はちょっと期待してしまいましたがやっぱり酷い状態ですね…特にアウェーが...
もう関心が次のトレードになってしまいそうです。コービー無理しないといいですが、やはりそれしか希望が持てないです。wスティーブはまだシューターとしてなら…
オールスター級は無理でもブレッドソーみたいなPGが1人きてくれないですかね〜。
[ 2013/11/06 21:34 ] [ 編集 ]
怪我が完治するまで、コービーがHCしたほうが勝てそうな気がしてきました・・・
[ 2013/11/06 21:05 ] [ 編集 ]
ヤングとヘンリーが逆になっちゃいましたね。ワラ
ホント若いメンバーがいいのにもったいないですよ。
ガソルが公にいってくれたときは、たまにはやるぢゃんと思いましたが。ワラ

ダントーニにはホントあきれましたね。
ダラスのSGがエリスとわかってたので今日はエリス大活躍するだろうなと思ってましたが、やっぱりでした。

ホント監督変わってダブルスティーブどーにかしてくれー。
[ 2013/11/06 21:00 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。あまりの展開に、2Qの途中で見るのをやめました。
ブレイクとナッシュが酷いですね。ボールの押し付け合いで溜息が出ました。
あれではシュートをしないだけのメタと同じです。
もうブレイクを見るだけで目眩がします。
倒れたら治療費を請求できるのでしょうか。

これじゃコービーが折角戻ってきても、またPG役をするのが明白です。
私が知らないだけで、スターターという単語には、
老人という意味でもあるんでしょうか。
それともイタリア語なんでしょうか。

ヒルは心配でしたが、怪我してしまいましたね。
毎回2,3人に揉みくちゃにされながらリバウンドに跳んでれば仕方ない気もします。

Phxはタンク・モードだし、チームの足を引っ張る事に定評のあるブレイクと、
元ヒーローのナッシュ二人を引き取って、シャノンと交換してくれないものかと
考えています。

ブレイクは契約が切れるし、ナッシュもHC候補として引き取ってくれるなら、
個人的にはWin-Winなトレードだと思うんですけどね。
[ 2013/11/06 20:39 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
今日はエリスにフルボッコでしたね。
ブレイクがマッチアップではさすがにちょっとねー。
コービーも情けなそうな顔してましたね。
そのコービーが1115のグリズリーズ戦復帰の噂とか、、
ほんとなのでしょうか?

とりあえずロード戦全敗だけは避けてほしい。
まぁまけて、ダントーニー解雇もありですがwwwwww
[ 2013/11/06 18:43 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
LACに大差で勝ってDALに大差で負けるとはまぁ。。
LAC戦はシュートが決まりまくっただけでしたけど。
毎回毎回、ダメなポイントが同じで、HCの無能さがどんどん出てきてます。早く解任されませんかねぇ。

ヤングはコービーがいない間、1stオプションとまでは行かなくとも、アイソレーションしてもいいプレイヤーだと思います。もうちょっと安定感が欲しいですが、それでも充分オフェンスに貢献出来ます。
ヤングとザビエーとミークスでSG.SF固めてくれたらなぁ。ブレイクなんかをSGに使えば崩壊するの当たり前じゃないですか。。

他のプレイヤーもそうですが、ヒルは怪我にほんと気を付けてほしいです。
唯一の欠点と言ったところでしょうか。パウからの信頼も厚いみたいなので、怪我で休場になるのはごめんです。

ダメなところはともかく、去年からいたミークスや新加入のヤングなんかが活躍してくると嬉しいですね。
ミークスの安定感を見てるとヤングと二人で30点前後は取れるはずなので、アントーニは二人を活かせる采配をお願いしたいです。期待はしませんけど。
[ 2013/11/06 17:47 ] [ 編集 ]
見事にヤングとザヴィエーが逆になりましたねww

ディフェンスがしっかりしてるけど得点力無いならコービー戻ればまだなんとかなりそうですがこのままならどうなるやら…

しかしガソルは昨年はよく『インサイドでやらせろ』と言っていましたが今年は言いませんねww
ドワイトいなくなってインサイド空いてるのになぁ
[ 2013/11/06 17:29 ] [ 編集 ]
ここまでダントーニがバカだとあきれて何も言えないです。ダントーニがロサンゼルスのレイカーファンに暗殺されないか心配です。

ローテーションは7人だと昨季みたいになるので、9人でちょうどいいと思います。

[ 2013/11/06 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。