ヒルがキャリアハイ21得点で牽引

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ヒルがキャリアハイ21得点で牽引

Game Score




ザビエーのダンク



ケイマンに代わりヒル、ナッシュに代わりジョディー、ヤングに代わりウェスリーが、パオ、ブレイクとスタートしました。

1Q
序盤はジャンパーが決まりませんでしたが、ジョディーがトランジションで走ってレイアップを決めたり、パオ、ヒルが、インサイドに入って決めたりと、ジャンパーばかりにならなかったのが良かったです。ディフェンスでは、スターターに周ったヒルのブロックやスティールがあり、まずまずでした。半ばまで、僅差で進みます。半ばに、ケイマンとヤングが、パオとウェスリーに代わり登場します。ヤングは、アイソーレーションから、ドライブして決めると、ジャンパーも決めます。終盤登場した、この所不調だったザビエーは、最初に放ったシュートの3ポイントを沈めます。ヤングは終盤にもファーストブレイクで、ファーマーが3ポイントラインの遥かに後ろから上げたロブから、アリーユープを決めると、次のオフェンスではレイアップを決め、絶好調でした。22-19の3点リードで、コーターを終了します。

2Q
ファーマー、ザビエー、ヤング、ウィリアムス、ケイマンでスタートします。開始直後にファーマーがジャンパーを決め、ザビエーも、1Qに続き、2連続で3ポイントを沈めます。ウィリアムスも、今日1本だけ放ったシュートの3ポイントを沈め、リードを9点にします。ディフェンスでは、ファーマーがホリデーをよくカバーしていました。ザビエーとケイマンのスティールもありよく守り、半ばにはファーマーのジャンパーで、13点リードにします。半ばにスターターが戻ると、ほぼ毎回の様に、ブレイクとヒルのピック&ロールが、面白い程決まります。あまり続けてやるので、ニューオリンズも分かってきて、カバーに来るのですが、ファウルをするのが精一杯で、ヒルがフリースローをきちんと決めます。終盤には、ニューオリンズにシュートを決められたり、ファウルをしてフリースローを与えますが、レイカーズも、オフェンスで毎回決めるので、点差が縮まりませんでした。55-39の16点リードで、ハーフへ。

3Q
出足にバスケットを交換します。開始2分ちょっとで、デイビスがヒルにファウルし、これが4つ目のファウルとなり、ベンチに戻ります。半ば前には、前半は1Q序盤に2本打っただけで、打つチャンスがなかったジョディーが、3ポイントを決め、パオがジャンパーで続き、23点リードにします。半ばには、又、ブレイクとヒルのピック&ロールからのバスケットが決まり、ジョディーがディフェンシブ・リバウンドから、物凄い勢いで走りレイアップに行き、ファウルを取って、フリースロー2本を決めます。リバウンドから、1人ファーストブレイクがきる人がいると助かります。その後、ケイマンとパオが、お互いのバスケットをアシストし合い、ブレイクとパオのピック&ポップからのバスケットで、26点リードにします。終盤少し追い上げられますが、パオからケイマンへのパスでケイマンが決めると、ジョディーがスティールから走り、レイアップを決め、点差を26点に戻します。その後、ザビエーのダンクもあり、86-62の24点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に少し追い上げられますが、今日好調のヤングとザビエーが、バスケットを返します。共に、点差を20点に縮められた直後のバスケットでした。その後、ジャンパーを続けて打っては外し、点差を17点に縮められます。ここでもヤングが3ポイントを決め、点差を20点に戻しますが、大差で気が緩んだのか、雑になったのか、慌しく動き回った後、ザビエーがターオーバーし、一時は15点差にされます。ここで、今日はジャンパーが、ここまであまり決まっていなかったケイマンが、ミドルのジャンパーを決めると、ファーマーがドライブしてフローターの様なレイアップを決め、点差を18点に広げます。この後しっかり守り、半ばには、止めとなる3ポイントを、ジョディーが決め、21点差をして、ゲームを決めました。

=>ボックススコアー

パオ
シュートタッチが戻って来ました。ジャンパーばかりでなく、ペイントに入っていますが、3ポイントを1本打っているので、止めてもらいたいです。パオが3ポイントを打ってくれたら、相手大喜びです。開幕当初から、左足が痛くて、先週MRI検査を受けた結果、軽い肉離れであることが分りました。昨シーズン中、右足の脚底筋膜炎を患ったので、それを庇って左足に負担がかかったのが、原因ではないかと、本人が言っています。

ヒル
21得点は、キャリアハイです。ヒルがスタートすると、パオがリバウンドとピックで楽をできるので、その点でも助かります。ピックしたら、必ずロールするので、ファウルをもらえ、フリースローを8本打っています。シュートの本数が多かったのは、ピック&ロールしかできないブレイクのお陰もありますが、ポストプレーから、デイビスにカーバーされて、フットワークを使って打ってファウルを取ったり、良いタイミングでアウトサイドにパスを出したり、色々出来ます。オフェンスで活躍していても、リバウンドやディフェンスが疎かにならない所が良いです。マッチアップしていたアンソニー・テイビスのシュートが6-11と、確率こそ悪くないですが、本数を打っていないです。これは、ヒルにファウルし続けて、ファウルトラブルでミニッツが少なかったこともあります。リバウンドでは、デイビスに5本しか許していません。

ウェスリー
スポットアップシューターにとっては、ドライブ&キックができないPGだと、本数を打てないので辛いです。その代わり、バスケットにカットして決めたのが1本ありましたが。

ブレイク
できないのに抜こうとして時間を使わないで、直ぐにピック&ロールに入ったり、バスを早めに出したのが良かったです。

ジョディー
ウェスリー同様、スポットアップしていても、ボールが周って来ないです。スティールしてファーストブレイクから決めたり、スティールの際に先行してボールを貰って決めているので、本数はそこそこ打っていますが。

ヤング
やはりセカンド・ユニットの方が、アイソレーションがあるし、自分らしくプレーしています。外も決まりましたが、それ一本やりにならなかったのが良かったです。

ケイマン
シュートはまあまあでしたが、少ないミニッツの割りにはリバウンドを取っているし、インサイドでボールを持って、相手のディフェンダーを引きつけてのパスから、アシストを稼いでいます。7フットもあるのに、ペリメターでのスティールもありました。

ザビエー
出足に決めて波に乗った感じです。

ファーマー
ドライブして、自分でも決められるし、パスも出せるので、ウィングプレーヤーが活きます。

ウィリアムス
アウトサイドに突っ立っているだけのことが多いです。そこでリバウンドも少ないです。


オフェンス
スターターは、ブレイクとヒルのピック&ロールが多かったです。パオとナッシュの、スローモーションの様なピック&ポップより、よく決まります。毎回ピック&ロールという時間帯があって、ヒルが決めたり、ファウルを貰ったりしましたが、ニューオリンズが相手だから通用するので、ディフェンスが良い上位チーム相手に、毎回同じことをしても、通用しないと思います。ブレイクもナッシュも、ピック&ロールしか出来ないので、ウィングプレーヤーが活きないです。ここまで、スターターに周ったウィングプレーヤー、ヤング、ジョディー、ザビエー、ウェスリーは、みんなベンチの時の方が良いです。

セカンド・ユニットは、ファーマーが、ピック&ロール有り、ドライブあり、ドライブしても、自分でも打てるし、キックアウトも出来るし、オフェンスに幅があります。スターターとセカンド・ユニットの得点だけ比べて、セカンド・ユニットが良いというのは、相手が違うので、公平な評価とは言えないですが、セカンドユニットの方が、オフェンスのパターンが多いです。

ジャンパーが減って、ペイントからの得点や、同じジャンパーでも、近い距離のものが増えてきています。3ポイントは20本打っていますが、ゲームがほぼ決まった4Qに9本打っていて、3Qまでは11本です。


ディフェンス
スターターは、ナッシュがいなくなって、バックコートの最初のディフェンスが良くなりました。ローテーションが早く、アウトサイドには、よくクローズしていました。ヒルがスターターに周り、フロントラインにスピードがあり、ファーストブレイクでも、走り負けしないです。

ナッシュがいなくなったお陰で、スターターもセカンド・ユニットも、全員が自分の本来のポジションでプレーしています。PGはPGで、SGはSGで、SFはSFです。そんな当たり前のことですが、それでリバウンドでも負けないし、プロのバスケットボールチームらしく見える様になりました。ただでさえディフェンスが良くないブレイクが、サイズで負けているSGをカバーしたり、SGのザビエーがSFをカバーしたり、SFのウェスリーがPFをカバーするのでペイントからフックショットを放たれたら、ファウルするしかないという様な、素人でも始まる前から起こることが分かっているプレーがないので、見ていて気分が悪くないです。このローテションは、シーズンが始まる前から、ファン、メディア、解説者が、こうするべきと言っていたローテションです。「ヒルを使え」、「ブレイクのSGで使うな」、「ウェスリーを常にPFで使うな」と、何度言われたか分かりません。中継中にアナウサーが、「ファンは、開幕1日目から、ヒルを使えを叫んでいた。」と皮肉を言っていました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2013/11/13 19:06  Lakers | コメント(12)
LAXさん、こんにちは。
ヒルのスタメンは良いのですが、ベンチがその分元気がなくなります。

ナッシュに対しては、完全に引退を期待ですね。ロサンゼルスタイムスにまで、そんな記事がありました。Vino Blancoの賞味期限は、2週間くらいある時もあるけれど、1日の時もあるし、見当がつきません。そういう人に頼れないです。でもナッシュよりはましですが。

ザビエーは、才能はあるし、頭も良さそうなので楽しみです。
[ 2013/11/14 17:59 ] [ 編集 ]
Hillはずっとスタメン起用してほしいと思ってたのでよかったです。
昔のTrevorやBarnesみたいに、エネルギープレイヤーが一人いると全然違うと思うので。

もはや、Who needs Nash状態ですね。
ラジオやオンラインでも引退推しの声が多いのもうなずけます。

でも、VinoBiancoは賞味期限が不安定なので、Farmerのミニッツ増やして、
きちんとMeeksとWesleyの3ptをうまく使えるようになってほしいです。

そして、Xavierのダンク、はんぱなかったですねー。VinceCarterが重なりましたよ。
この調子で、ドラフト順位に恥じないプレイヤーに昇華してほしいものです。
[ 2013/11/14 10:15 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>かずさん

ブレイクがPGだと、できることがP&Rだけなので、単調になりますよね。ダブルチームされる人がいないからきついというのは、よくゲーム前後の番組でも言われています。

パオはヒルと一緒にプレーできると、楽できるから良いですよね。それに、PFはリバウンドを取ってくれないと。

ナッシュとブレイクを一緒に使うのも変ですが、ガードを5人も無理して使うのが変です。そのために、SFがPFでプレーしたりして、リバウンドを犠牲にしています。それでディフェンスに厳しさがないとか、粘りがないとか言ったって、サイズが大きいのを相手にしているから、当たり前です。


>>70年代からの、レイカーズファンさん兼頑張れレイカーズさん

ヒルのことは、ジェイムス・ワージーは、デニス・ロドマンとタイプが似ていると言っています。ロドマンは、最初からリバウンドがどこに来るか分っているかの様にプレーして、リバウンドは全部取りに行った所が、似ているそうです。実際にロドマンと対戦している人が言っているので、近いのだと思います。

ウィギンズやパーカーは、ドラフト上位なので、無理でしょう。レイカーズは、良くも悪くも、そこまで勝てなくないです。コービーにあと2-3年頑張ってもらって、ケビン・ラブやウエストブルックがFAになるのを待つとか。


>>H-martさん

ピック&ロールだけでは、上位チームは勿論、中堅チームが相手でも、あんなに決まらないです。それに、仰る通り、計画通りのピック&ロールもありましたが、苦し紛れが決まってしまったというのも、結構ありましたよね。

ヒルがスタメンに定着すると、スカウトされるから、毎回こんな調子とは行かないと思いますが、リバウンドは取れるはずです。


>>かぼちゃケーキさん

記事を書く前に、ちょっと横になったら、1時間近く寝てしまいました。(笑)

ヒルは、リバウンドがどこに飛んで来るか分ると言っています。ラマーもそんな様なことを言っていました。ヒルは、フットボールプレーヤーみたいにプレーすると言われています。怪我が心配ですが、スターターに周って、ミニッツが増えたら、ペース配分を考えないといけないので、怪我のリスクが減るかも知れません。

ミークスは、レイアップの精度が、去年と全然違います。オールラウンドなプレーヤーになって来ました。


>>トーレスさん

ヒルは、自分の能力外のことを無理にしようとしないで、できることを常に全力でやるから、たまたま結果が悪くても、見ていて気持ちが良いです。

スターターの実力があるPGが欲しいですが、ナッシュはトレードできそうにないし、無理でしょう。ファーマーをスターターで使うと、ベンチがおかしくなります。ミークスをPGで使うのは、コービーが戻ったらできると思います。ダントーニがしないと思いますが。


>>ひでさん

今までの勝ちは、クリッパーズ戦はベンチの活躍のみが勝因だったし、ヒューストン戦は、相手のミスに助けられたし、スターターもベンチも両方活躍して、リバウンドを取って、ディフェンスも良くて勝ったのは、これが初めてですよね。

意地になってスモールを続けていた様にも見えましたよね。それが、リバウンドでボコボコにされたり、相手のビッグマンに大活躍されて、変えない訳には行かなくなったのでしょう。

ブレイクも大したことないですが、ナッシュと比べるから良く見えます。

セカンドユニットは、安心だし、見ていて楽しいです。スターターが出ていると、ベンチが出てくるまで、点差を保ってくれという感じで、ベンチがプレーしていると、もう直ぐスターターが戻るから、その前にもう少し点差を広げてくれという感じですよね。ゲーム後の番組で、「スターターは恥ずかしいと思え」と怒られています。


>>yori24さん

ナッシュは、怪我で最低2週間は欠場なので、その心配はないです。


>>らーはーさん

各自が自分のポジションでプレーしていたら、落ち着きますよね。ちっこいのが、バタバタ走り回っているのと違って。

ナッシュには、主力の一角になってもらうはずだったのに、いない方が良くなるなんて、期待を裏切られました。
[ 2013/11/14 09:32 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様でした!
今シーズン初のブローアウト勝ちで大満足です。

3Pにそこまで頼らないで勝てたのは嬉しいです。MAYさんの言うとおりブレイクにはキックアウトがないため、ミークスがかわいそうでかわいそうで、コービーがいるとダブルチームで対応したりするため、ミークスがフリーになってもっと活きてくると期待しています。
残念ながら今のレイカーズにダブルチームをする必要のある選手はいませんからね。

この試合の主役は間違いなくヒルですね、パオは年寄りなのでアグレッシブにインサイドで活躍するプレイヤーと組むと良いです。

まだ一試合なのでわかりませんがナッシュがいない方がいいゲームが出来るなら潔く勇退して欲しいです。
やはりナッシュとブレイクを同時に起用するダントーニはアポです
[ 2013/11/14 09:01 ] [ 編集 ]
昨日の、戦いを、見た所、かなり 期待出来るように、思いました!コービーが、帰ってきたら、eliteteam,にも、勝てるような、きがします!ただ、コービ〜も、良くて、後、二、三年 でしようから、 コービーの、 後継者と、して、 じぶんなりに、この人が、いいかなと、考えてます!本当は、ジヨウジが、良いでしようけど、デモ、無理でしようね!次は、今、大学にいる、ウィギンス" か、パーカーが、良いですね!どう思われますか?
[ 2013/11/14 08:19 ] [ 編集 ]
頑張れ、レイカーズ
去年あたりから、ずーと フォローして毎日、たのしみにしてます!アメリカに、20年以上住んでいて、根っからの、L.A ファンです!余り、ヒルの、ことは、 知らないのですか、かなり良い、選手、らしいですね!N.B.A で、比較 すると、誰に、似てますか?
[ 2013/11/14 07:50 ] [ 編集 ]
ようやく勝ちを掴み取りましたね!!ただ、今日は本当に「基本的なピック&ロール」を使って勝った印象があります。基本的な技術が大事なのはわかりますが、カンファレンス上位に行くためにはまだ何か足りないような気がします。ピック&ロールしても、ブレイクはバウンスパスを出すか苦し紛れのパスを出すかで。。

次の試合からまたヒルはベンチなんてこともダントーニならありそうですね。。にしても、スタメン初起用でしっかり結果出して、ホント素晴らしいです!!スタメンで起用し続けたら、フリースローも決めれますし、ダブルダブル量産するんっじゃないですかね(期待を込めて)。
[ 2013/11/14 03:01 ] [ 編集 ]
深夜の更新お疲れ様です。楽しみにしてはいますが、あまり無理はなさらないでくださいね。

ヒル出番増えて来ましたね。平均17.2分で7.9P、7.1Rは堂々たる成績だと思います。サイズもウイングスパンも身体能力もズバ抜けたものはないですが、何というか、うまいですね。何度も飛んでリバウンドをもぎ取る姿は逞しいですし、チームにとってもありがたいです。オフェンスでも、ムーブなど幅が出てきたんじゃないですか?充実してるからこそ、ケガには注意して欲しい。

ミークスもトランジションで相手がいても強引に行ってましたね。特訓の成果もあり、相当自信を持ってるんでしょう。スリーも安定感も素晴らしい。

今日はストレスなく見られました。明日は厳しいかもしれませんが、若いメンバーも増えたし、去年のロード・デンバー戦よりは戦えることを期待してます。
[ 2013/11/14 00:33 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます
毎回更新楽しみにしております、最近のレイカーズを見ているとコービー不在ならNo.1プレイヤーはヒルなんじゃないかとさえ思えてしまいます(スターターでなかったりするので、フェアな評価ではないかもしれませんが)。


正直特にPGのスティーブ×2が何だか使えないので、誰かスターターのPGを連れてきてくれないでしょうか?ファーマーをスターターで使ったりミークスをPGで使ったりではやはり苦しいでしょうし
[ 2013/11/13 23:56 ] [ 編集 ]
久しぶりにすっきりとした勝ち方ができて良かったです。

このように、スターターやローテーションの変更で、ゲーム内容がゴロっと変わるのを見ると、やはりヘッドコーチの采配は本当に重要だなと思います。
ヒルをやっとスターターとして使うようになりましたが、開幕してすぐなんてほとんど出場時間がありませんでしたよね。
スモールラインナップは所詮、コーチのエゴだと思うので、ちゃんと機能しているのかなどをコーチにはちゃんと見てから判断してもらいたいです。

ヒルをスタメンで使うことで、リバウンドでかなり優位になれますし、いいですね。
スモールラインナップではどうしてもリバウンドに不安が残りますし。
しばらくはヒルがスタメンでいってほしいと思います。

今日はジャンパーの割合もかなり少なくなり、バランスのいいオフェンスが出来ていたと思いますが、ジャンパーが多かったのは、やはりナッシュがまともにゲームメイク出来なかったのが要因だったのかなと思いました。
ブレイクも悪いと思っていたのですが、今日はうまくパスを出せていましたし。
ナッシュだと、こうはうまくいかなかったのではとどうしても思ってしまいます。

今年のセカンドユニットは見ていて安心です。
昨シーズンまではスターターで点差を開けても、セカンドユニットで点差を縮められるというお決まりがありましたが、今年は縮められることも少ないですし、逆にセカンドユニットの方が調子がよかったりするので良いですね。
コービーが戻ってきたら、スタメンも安定するだろうし、セカンドユニットもこの調子ならかなり戦えるのではないかと思っています。

バックトゥーバックで敵地デンバーというのは、良い力試しになると思うので、ぜひとも頑張ってもらいたいです。
[ 2013/11/13 23:43 ] [ 編集 ]
ヒル大活躍ですね!嬉しいです。
明日はナッシュ、ブレイク二人同時につかわない事を願います。
[ 2013/11/13 22:29 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。

ようやく満足のいくローテーションしてくれましたねー。
今日はディフェンスもなかなかよく、いつもより楽しくみれました。
ナッシュいなくなってチームよくなるってなんか嫌ですけど、まぁ…
最近ブレイク調子いいですねー。このままでいてくれたらいいですけどねー、
ザビエーすごいことなってますね笑笑!

とりあえず明日のバックトゥーバックもこのローテーションでかてたらなんか安心できそーなので、明日がんばってもらいたいです!
[ 2013/11/13 20:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。