粘ったけれどガス欠

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

粘ったけれどガス欠

Game Score



スターターは、昨日と同じで、ブレイク、ジョディー、ウェスリー、ヒル、パオでした。

1Q
出足に、デンバーがジャンパーを続けて打っては外している間に、レイカーズが8-0と飛び出します。ヒルが、インサイドに入って、ファウルをされてもレイアップを決めたり、ブレイクが3ポイント1本を含むジャンパーが3-3と好調な出足だったり、パオが2本決めたりと、良い出足でした。その後、好調なブレイクが、珍しく続けて打ちますが、ジャンパーを外すと、レイアップをローソンにブロックされます。これは、腕を叩かれている様にも見えましたが、ファウルになりませんでした。8-0になった後、デンバーはインサイドに入って来て、レイアップを決めたり、ジャンパーでも近い距離のものを打ち始めます。又、ドライブして来たプレーヤーに、レイカーズがよくファウルし、フリースローを与えます。徐々に点差を詰められて、半ばには逆転されます。その後も、ローソンにブレイクが簡単に抜かれて、楽々レイアップを決められたり、センターのモズコフにレイアップを続けて決められたり、ペイントからの確率の高いシュートを決められます。半ば過ぎには、9点ビハインドにされますが、終盤、ディフェンスで続けて止めて、終了間際には、ヤングの3ポイントで追い上げ、33-28の5点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ファーマー、ザビエー、ヤング、ウィリアムス、ケイマンでスタートしますが、1分半で、ケイマンに代わってヒルが登場します。出足が悪かったです。ケイマンが、折角オフェンシブ・リバウンドを取っても、近くからのシュートを決められません。その後も、ザビエーがブロックされたり、ファーマーのターンオーバーもあり、最初の2分ちょっとを無得点でした。この間に、12点ビハインドにされます。10分を切った所で、ヤングがジャンパーを決めますが、その後も、ヤングがブロックされたり、ウィリアムスがオフェンシブ・ファウルをしたりで、得点できません。その間、デンバーも、ロビンソンのターンオーバーがあったり、ファリードがフリースロー2本の内1本を外したりともたついてくれたので、点差を13点に広げられただけで済みました。半ば前には、ヒルがしつこくオフェンシブ・リバウンドを取ってファウルされ、フリースローを2本共決め、次のオフェンスでも、ヒルがオフェンシブ・リバウンドから、バスケットを決めて、点差を9点に縮めます。そこからが悪かったです。ディフェンスでは、毎回ドライブされて、毎回ファウルをして、フリースローを与えます。その上、デンバーがフリースローを外しているのに、リバウンド争いでファウルし、リミットを越えていたため、又、フリースローを与えます。デンバーは、序盤から半ば過ぎまでの5分以上、バスケットが1本も無かったのに、フリースローが7-12でした。オフェンスでは、ジャンパーを打っては外します。半ばには、パオ、ジョディー、ヒルが決めて、順調に得点していたので、勿体なかったです。終盤に入っても、ファウルをしてフリースローを決められ、逆に、レイカーズは、パオがフリースローをもらっても、両方共外します。又、ドライブされるので、ディフェンスがペイントに吸い込まれていって、アウトサイトのチャンドラーがオープンになり、3ポイントを2本決められました。1分を切った所では、パオのレイアップで4点差に迫りますが、その後のディフェンスで、フォイが外しているのに、モズゴフにオフェンシブ・リバウンドを取られて、そこからロウソンにドライブされて、レイアップを決められます。その時点で、25秒残っていたのに、何をやりたいのか、目的が分からないオフェンスをして、ショットクロック違反になり、シュートを放つこともできません。60-54の4点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
序盤は、ブレイクのジャンパーと3ポイントがあり、順調に得点しますが、ディフェンスで毎回決められるので、点差が少しずつ広がります。序盤から、又フリースローを与えました。半ばには、続けてオフェンシブ・リバウンドを取られて、ファリードに決められ、10点ビハインドにされます。その間、レイカーズは、ジャンパーを打っては外していました。その後、ディフェンスでは、オフェンシブ・リバウンドを取られてもよく守り、半ばを過ぎた所で、ヤングのレイアップとザビエーの3ポイントで、4点差に迫ります。そこからが悪かったです。モズゴフに続けて決められ、直ぐに点差を8点に戻されると、オフェンスでは、パオとケイマンがターンオーバーし、ブレイク、ヤングがジャンパーを打っては外します。終盤にも、モズゴフにフリースローとダンクを決められ、一旦点差を10点に戻されますが、終了間際に、ヤングがジャンパー&1を決め、3ポイントプレーにすると、ウェスリーが、スティールからファウルされ、リミットを越えていたのでフリースローをもらい、2本共決めます。その間しっかり守り、点差を縮め、83-79の4点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
序盤は、ジャンパーばかり打っては外します。ケイマンがドライブしても、カバーしていたモズゴフを押しのけてオフェンシブ・ファウルを取られます。レイカーズの、このコーターの最初のバスケットは、8:36のザビエーのジャンパーでした。この後も、ジャンパーは外す、フリースローは2本の内1本しか決められないと、得点に苦労します。その上、得点された後のインバウンドパスで、サイドライン近くにブレイクがいるのに、ヤングが目の前のパオにパスしようとします。パオはまさか自分に来ると思っていないので、パスを出した瞬間に、後ろを向いてしまい、背中にボールが当たり、ブレイクをカバーしていたロビンソンにスティールされ、楽々とレイアップを決められます。これで、11点ビハインドにされます。ところが、これで張り切り過ぎたロビンソンが、インバウンドする前にブレイクにファウルをし、ブレイクがフリースローを2本貰い、両方共決めます。その後のディフェンスでは、ヒルのブロックがあり、オフェンスでは、パオのジャンパーと、その際のリバウンドの位置取りで、ヒルがファウルをされ、フリースローを決めて、6点差に追い上げます。この後、ガタガタになります。まず、ザビエーがバッドパスでターンオーバーすると、ジョディーがファーストブレイクでレイアップに行って、ファウルを貰ったのに、フリースローを2本共外します。バックトゥーバックの高地でのゲームの4Q、端から端まで全速力で走った後のフリースローだったので、疲れが脚に来ていたのかもしれません。この後も、ジャンパーを外したり、パオが、ポストプレーから必死にレイアップを打ちますが、モズゴフにブロックされたりで、レイカーズは、2分以上無得点でした。この間、チャンドラーの3ポイント2本を含み、デンバーに着々と得点され、半ば過ぎには、15点ビハインドにされます。終盤には、1回のオフェンスで、3回オフェンシブ・リバウンドを取っているのに、近くからのシュートを交代で外します。終盤は、長めのリバウンドに対する反応も遅く、疲れが出ていました。追い上げたけれど、ガス欠で追い上げ切れませんでした。ディフェンスでは、折角守って、ウェスリーがリバウンドを取っているのに、不注意なパスをブレイクに出し、ロウソンにスティールされて、楽々とレイアップを決められます。これで、残り2分半、14点ビハインドにされ、ゲームを決められました。

=>ボックススコアー

パオ
シュートの確率は、ビッグマンとしては良くないですが、決まらなくても、積極的に打って行ったのが良かったです。終盤、疲れていた様ですが、ポストでボールをもらって、最初から自分で打つと決めた様なプレーが幾つもありました。

ブレイク
シュートは、最初の3本を決めた後、あまり良くなかったです。ヒルはシュートの本数は打っていますが、昨日のニューオリンズ戦とは違い、殆どが自分のオフェンシブ・リバウンドからで、ピック&ロールは、殆ど無かったです。パオとのピック&ポップや、ポストのパオにボールを入れるプレーが多かったです。ディフェンスでは、ローソンを後ろから追いかけていました。

ジョディー
今シーズン初めての悪いゲームでした。スポットアップしていても、ブレイクがドライブできないので、ボールが貰えません。1コーターに1本くらいしか打たなかったら、調子も出ないです。

ヒル
相変わらず、リバウンドはよく取るし、オフェンスのポストムーブのフットワークも悪くないです。エネルギーを維持するためには、15-20分のミニッツがいいだろうと言われていましたが、30分プレーして、しかもバックトゥーバックの高地でのゲームなのに、4Q終盤でも、全く疲れが見えませんでした。ファウルトラブルで、5つファウルをしているのに、4Q残り8分には戻っています。ダントーニは、あんなに使いたくなかったプレーヤーに頼っています。

ウェスリー
5ブロックはキャリアハイです。ジャンパーが多いです。もう少し、バスケットにカットがあってもいいと思います。

ヤング
シュートの確率は悪かったですが、この位打った方が良いです。解説者は、「ヤングはキャッチ&シュートのプレーヤーではない。ドリブルして打つプレーヤー。」と言っていました。

ケイマン
ジャンパーが多いです。もう少しリバウンドを取って欲しいです。

ザビエー
後半は、アーサーの頭が当たって、頭を切って、ロッカールームに戻ったりと、出入りもあったので、まあまあでした。

ファーマー
アシストが少ないですが、パスを出した相手が、オープンを決めないのではアシストが付かないので、ゲームメイクができていないのではないです。

ウィリアムス
どうして出ているのか分からないです。今日はバックトゥーバックなので、まだ分りますが、ストレッチ4と言っても、1ゲーム平均2本ちょっとしか打っていないし、ファウルは多いし、リバウンドは少ないし。前半だけのプレーだったので、ダントーニも使えないと分っているのかもしれませんが。


オフェンス
以前程酷くないですが、ジャンパーが多かったです。ハーフタイムの番組では、ワージーが「ジャンパーでゲームに勝てない」と言っていました。疲れもあるのか、後半、折角オフェンシブ・リバウンドを取っているのに、近くからのレイアップが決まりませんでした。

ディフェンス
ローテションは、遅かったり、甘かったりということもありましたが、全般的にはよくやっていたし、アウトサイドはよくクローズしていました。インサイドに入られると、ファウルばかりでした。特に2Qは、早々とリミットを越えてしまったので、シューティングファウルでないのに、フリースローになってしまいました。デンバーは、フリースローを36本も打っています。これでは勝てないです。

ファーストブレイクで、走り負けが何回かありました。それも、リバウンドからならまだ仕方が無いですが、得点した後のインバウンドパスから走られます。

スティールが4しかなく、ウェスリーが3、ヒルが1です。ドライブしてシュートを打ちに来た際のどさくさのスティールばかりです。ガードのスティールが、1つもありません。スティールがなかったら、必ずしもディフェンスが甘いということにはなりませんが、それにしても、ガードにはもう少し何とかしてもらいたいです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/11/14 17:48  Lakers | コメント(8)
一人の旅人さん、こんにちは。
仰る通り、始まる前から腹を立てることがなくなりました。ドアマットチームではないと思います。少なくてもファンはそう思っていないです。

ブレイクはドライブしてレイアップが決められないし、ドリブルで動いてジャンパーが打てないです。どちらもできないのは、PGとしては致命的です。

デンバーでバックトゥーバックもありますが、今シーズンは、勝敗はあまり問題ではないです。ヒルがゲームを通して活躍できるし、スタミナがあることも分かったし、パオにあの意気込みが残っていることがわかったし。
[ 2013/11/16 09:00 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
この2試合、やっと試合前からスターターで腹をたててた気持ちがなくなりました。
恐らく、レイカーファン、ダントーニ以外のHCはこうすれば良い方向になるということがわかっていたでしょう。というか、mayさんの仰る通り、それぞれのポジションに配置すれば、NBAレベルの、ましてやドアマットチームでないチームがまともにならないはずがないです。もしや、現地ではドアマットチームみたいになってるんですか・・・?

ブレイクにはドライブインするというこの一点だけできれば、スポットアップシューターは間違いなく活かせるんですけど、やはり厳しい。。
ヒル、それからパウのインサイド陣があれだけ攻めてくれると、アウトサイドもフリーになり易いものですね。

結果負けてしまったものの、デンバーでBtoBであればしょうがないものと考えれますし、あの環境下でヒルがあの活躍、パウも意地で頑張ってました。やっぱりパウは20本ほしいですね。
コービーがいたとはいえ、20点近く取る時が多かった気がします。
2010年のファイナル7戦のパウの勇姿は忘れたことがないので、あれだけのパワーとエナジーをこれからも見せてもらいたいです。パウ頑張ってくれ。
[ 2013/11/15 23:35 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>dub mさん

パオがあれだけ積極的に行ったら、相手が少しずつペイントに吸い込まれてくるので、アウトサイドも打ちやすくなりますよね。

ヤングはベンチの方が良いですが、ブレイクがPGで、スターターにスポットアップシューターが2人だと、使いこなせないから勿体無いです。PGは、NBAのスターターレベルの人が欲しいですよね。


>>ひでさん

デンバーは、ナゲッツも、NFLのブロンコスも、4Q逆転が多いです。高地だから仕方がないです。

私も、パオについては、弱気にならないで打って行ったのが、良かったと思います。パスする相手がいないもあるとは思いますが。

パオは、年齢からいって、ディフェンスではエネルギーをセーブできた方が良いので、その分ヒルが頑張ってくれると助かります。

離されそうになっても、その都度盛り返して、最後まで付いて行ったので、良かったです。


>>Penny1さん

お久しぶりです。

ヒルは、今は一番人気があるのでは?ダントーニに冷遇されていたので、それで余計に人気が出るというのも、あったかもしれません。


>>マルショウさん

日本のテレビだと、人気に関係なく、昨シーズンの成績で選ぶのでは?

ヒルは、ディフェンスとリバウンドだけやってくれたら、それでも充分なので、オフェンスはおまけみたいなものですが、かなり良いおまけです。私もヒルには残ってもらいたいし、ビッグマンを活用できるHCに代わってもらいたいです。


>>akrさん

リピートのシーズンも、バックトゥーバックでデンバーでのゲームで、ブローアウトで負けたことがあります。4Qの頭には決まっていました。

仰る通り、今シーズンは、オーディションだと思っています。それでも、勝てば嬉しいし、上手く行かないことが分かっているローテーションだと頭に来ます。

サクレは、このオフに3年契約しましたが、3年目はチームオプションです。自分のチームのプレーヤーと1年契約すると、プレーヤーの承諾なしではトレードできないです。2年以上あるとトレードできるので、それもあって単年契約にしなかったのだと思います。
[ 2013/11/15 15:55 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。

ヒル絶好調ですね。ガソルがこれぐらい積極的に打ってくれたら周りも各自仕事しやすくなります。ケイマンと3人でまわせば十分ですね。あと1人いたら助かりますが。

ヤングはN.YのJRスミスみたいにベンチから出てきてアイソレーションばっかやってもいいと思います。ワラ

PGは今はブレイクがまぁまぁですがやはり補強してほしいです。
ファーマーはスタートにしては少し安定しないので。

[ 2013/11/15 13:25 ] [ 編集 ]
3クォーターまでは離されそうになっても頑張ってついていっていたのに、4クォーターで離されてしまったのが残念でしたね。

ガソルは積極的にシュートを打っていたのでよかったです。
ガソルが27本もシュートを打つなんて、過去にそんなに打ったことあったかな?ってほどです。
ポストでのプレーも多かったので、シーズン当初のジャンパーばかり打っていたときからするとかなり改善されたと思います。

ヒルはリバウンドで本当に頼りになります。
オフェンスリバウンド8本は素晴らしいの一言に尽きます。
ファウルトラブルだけ気をつけてほしいですが、ガソルとのインサイドコンビはかなり安定しているのではと思いました。

オフェンスとしては、ドライブが少なかったですね。
おっしゃる通り、試合の終盤になるほどジャンパーに頼ってしまっていたので、もう少しドライブしてほしいです。
疲れもあったのかもしれませんが。

バックトゥーバック、しかも高地ということで、レイカーズには不利でしたが、3クォーターまでは頑張っていたので、よかったと思います。
次の試合からホームでの試合が続くので、頑張ってほしいです。
[ 2013/11/15 10:07 ] [ 編集 ]
久々に投稿します
いつも更新ありがとうございます、毎回楽しみにしています。

今年の1月にロサンゼルスに観戦に行った時はヒルは怪我で欠場中で観れなかったんですが、情報を見るにヒルはコービー不在の中、レイカーズファンを盛り上げてくれているんですかね?

生ヒルを観れなかったことが今更ながらに残念です(汗)

しかしコービー不在だからか日本ではレイカーズの試合の放送があまりないので、これまた少し残念です。

コービーにはしっかりコンディションを整えて戻ってきてほしいです。

これからも無理をなさらずマイペースな更新を楽しみにしています(^-^)
[ 2013/11/14 21:08 ] [ 編集 ]
家のTVは最近レイカーズ戦入らないんですが(スパーズVSジャズとか誰見るんだよ?って試合

は入る)ヒルすごいですね…リバウンドとディフェンスはともかくオフェンスでのこの活躍は

予想外ですわ。フリースローも結構入るみたいだし…このままスタメン定着して活躍し続け

て来年もレイカーズいてくれないかなぁって感じです。…最近見てて気持ちのいいゴリゴリ系

ハッスルビッグマン少ないですからね…まぁでもコービー復活するか来年スター引っ張って来

ないと我が家のテレビでヒルの活躍見ることないかも…
[ 2013/11/14 19:53 ] [ 編集 ]
このメンバーでバックトゥバックなら、良くやった方ですね。
今シーズンで契約が切れる選手ばかりの中から、コービーが復帰したとき、それから来年のチームに誰を残すべきか?という視点でMayさんも見てると思いますが。
ファーマー、ヒル、ヤング、ザビエ、ジョディ、バウは残して欲しいですね。
サクレは契約が残ってましたよね。
勝ったり負けたりが続くと思いますが、見方を変えれば、ヤングやザビエが長いプレイタイムを貰って成長できる時間と捉えればいいですかね。
オールスター明けくらいから、コービーと若いプレーヤーで活気のある楽しい試合を見せてくれるのを期待しておきます。
[ 2013/11/14 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。