クローザー不在が痛い

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

クローザー不在が痛い

Game Score




ハイライトの頭に、コービーが映っています。レイカーズ球団から、赤十字に、フィリピンの台風被災者の援助の為の寄付の贈呈式です。

1Q
序盤は打ち合いになります。デンバー戦では不調だったジョディーが、ペイントのヒルからのキックアウトで3ポイントを決め、良いスタートを切ります。パオは出足から、オフェンシブ・リバウンドは取りに行くし、シュートやファウルを取ってフリースローを決めます。序盤は僅差で進みますが、開始約2分で、ヒルが2つ目のファウルをし、早々とケイマンに代わった直後からおかしくなります。パオは、暫く打たなかった3ポイントを打っては外し、ケイマンもジャンパーを打っては外します。この間、ほぼ毎回得点され、半ばには7点ビハインドにされます。半ば過ぎからは、順調に得点し、点差を少し詰めますが、終盤、ジャンパーばかりに頼っては外し、ヤングはフリースローを取っても2本共外し、最後の4分近くを無得点に終わり、24-17の7点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ファーマー、ジョディー、ヤング、ウィリアムス、ヒルでスタートします。序盤はバスケットの交換になります。ファーマーがよくゲームをコントロールしていました。着々と得点しますが、メンフィスも得点するので点差が縮まりません。半ばは、お互い、ディフェンスが良いというより、オフェンスが悪かったです。勢い余って、バタバタ走り回っているわりには、ジャンパーが多かったです。それでも、ジョディーの3ポイントで4点差に追い上げます。終盤は、ヤングが頑張ってくれました。ドライブしてレイアップ、ジャンパー、そして、終了間際のオフェンスでは、ボールを貰ってドリブルして時間を使い、アイソレーションからのプレーでジャンパーを沈めます。40-40の同点で、ハーフへ。

3Q
序盤はバスケットを交換して、同点と逆転を繰り返します。引き続き、ジョディーの3ポイントが好調だったのと、ヒルがペイントに入って得点していました。半ばには、ヒルとジョディーのレイアップで、4点リードにしますが、その後、サイドラインからのインバウンドパスを、ウェスリーがスティールされ、ファーストブレイクポイントを決められると、直後には、ブレイクが外した3ポイントのリバウンドから走られて得点されます。これで、あっさりと逆転されてしまいますが、終盤踏ん張りました。ジョディーが、ドライブしてレイアップ、セミ・トランジションでバスケットの側に走り、それをブレイクが見つけてパスからレイアップ、その後は3ポイントも決め、終盤だけで7得点します。前半0-5と不調だったケイマンも、ジャンパーを決めた後、終了間際には、ファーマーから良いパスを貰って、続けて決めます。66-63の3点リードで、コーターを終了します。

4Q
ファーマー、ブレイク、ヤング、ウィリアムス、ケイマンでスタートしますが、開始1分ちょっとで、パオとジョディーが、ケイマンとファーマーに代わって登場します。開始直後に、マークにジャンプをしないジャンパーを2本決められ、あっさり逆転されます。普通は7フッターのセンターがミドルのジャンパーを放ったら儲け物でですが、マークはシュートタッチが良いのに、ほぼオープンで打たせてしまいました。一旦、ブレイクの3ポイントで逆転しますが、そこでも又マークにミドルのジャンプしないジャンパーを決められ、同点に追いつかれます。その後、ファーマーが、ファーストブレイクで、がら空きの3ポイントを外し、がっかりして下を向いている隙に、ファーマーをカバーしていたポンデクスターに走られ、ファーストブレイクでダンクを決められます。この後、ランドルフに決められて、4点ビハインドにされますが、そこから2連続でウィリアムスが3ポイントを決め、リードを奪うと、ディフェンスで、ブレイクがポンデクスターが持っているボールをもぎ取る様なスティールをし、先行したヤングがレイアップを決め、4点リードにします。この後が良くなかったです。ディフェンスでは、ミラーが外しているのにオフェンシブ・リバウンドを取られて得点され、ランドルフにジャンパーを決められます。オフェンスでは、2連続で3ポイントを決めたウィリアムスに、3ポイントを打たせたのは良いとしても、ヤングが時計がかなり残っているのに、ステップバックのジャンパーを放っては外します。半ばからは、メンフィスは、毎回ボールをランドルフに入れ、ウィリアムスのディフェンスでは、全く相手にならずに、ドライブしてレイアップを決められ、ヒルが戻った後には、良いディフェンスをしますが、あれを決められたら仕方がないというジャンパーを決められます。オフェンスでは、半ば過ぎに、ヒルがファウルを取ってフリースローを決め、ヤングも決めますが、その後、ジャンパーばかりになり外します。その間、良いディフェンスをしても、ランドルフに決められ、良すぎるディフェンスをすると、マークにパスを出されて、マークに決められます。2分を切った所で、やっとマークが外してくれ、ジョディーが3ポイントを決めて、1点差に迫り、その後もしっかり守ったのですが、オフェンスでは、ブレイクがバスケットに正面からドライブして放ったジャンパーを外し、ランドルフには、ヒルが良いディフェンスをしますが、体勢を崩してよろめきながら放ったシュートが、バスケットに入ります。これで、残り16秒、3点ビハインドにされ、3ポイントを決めるしかなかったのですが、ブレイクが、放った瞬間短いと分るシュートを外します。この後、ランドルフに故意のファウルをして、望みをつなぎますが、ランドルフが2本共決め、残り8秒5点差となり、ゲームが決まりました。メンフィスは、半ばから毎回ランドルフにボール入れているのに対し、レイカーズは行き当たりばったり、ポストでパオにボールを入れることは一度もなく、最後のここで決めないと厳しいという場面では、ブレイクが2回打って外しています。クローザーの差というか、クローザーがいるチームといないチームの差が出ました。これで、終盤同点又はリードがあったのに負けたのは、高地でのバックトゥーバックだったデンバー戦を除いても、サンアントニオ、アトランタ戦に続き3ゲーム目です。

=>ボックススコアー

パオ
前半8得点(3-8)、11リバウンドだったのに、後半は2得点(1-4)、2リバウンドでした。弟マークとの対戦で、出足から飛ばして、後半ガス欠になったのは分かりますが、いくらなんでももうっちょっと何とかならないでしょうか?特に、後半のバスケット1本は、3Q序盤で、それ以降1本も決めていません。パオにボールが行かないのは、パオだけの責任ではないですが、ポストに行ってボールを要求して欲しいです。

ブレイク
ゲームメイクは、ファーストブレイクでは、よくチームメイトとフロアーが見えていて、良いパスを出していますが、ハーフコートになると、パオとキャッチボールになってしまったりします。ディフェンスでは、長めのリバウンドに対する動きが、相変わらず早いです。

ジョディー
不調は1ゲームだけでした。3ポイントは決まるし、フェイクを入れてドライブしてレイアップや、ドリブルでペイントに入ってレイアップと、できないことがないです。スクープショットも決まります。スポットアップしているだけでなく、バスケットにカットもあります。良かったので38分のプレーで、今日のミニッツリーダーです。ディフェンスでも、リバウンドを取られたのに後ろから追いかけて行ってスティールする、良いプレーがありました。

ヒル
ファウルトラブルに苦しみました。開始2分ちょっとで2つ目のファウルをしベンチに戻り、2Qの頭からプレーしました。普段なら、不利なリバウンドでも、何でも絡むのに、今日は最初から取りに行かないことがありました。2Q終盤に3つ目のファウルで、3Q開始2分ちょっとで4つ目、常にファウルを気にしていないといけない状態だったので、持ち味のリバウンドで実力を発揮できませんでした。

ウェスリー
ヤングが好調だったので、ミニッツを取られて15分のみ、シュートは1本しか打たせてもらえませんでした。

ヤング
3ポイントが決まりましたが、それに頼らないで、ドライブしてレイアップを決めたり、ジャンパーでも距離が違いものを打っていました。調子が良かったので、スターターとプレーするミニッツも多かったです。アイソレーションから得点できるので、ハーフコートオフェンスを上手く組み立てられないブレイクと一緒にプレーするのは助かると思います。

ケイマン
なまじジャンパーが得意なので、ジャンパーが多いです。シュートは0-5のスタートでした。

ザビエー
ジョディーが絶好調なので、ミニッツが少なく前半だけのプレーでした。ジョディーが良いから優先するのは理解できるし、当然なのですが、後半ファーマーとブレイクを一緒に使ってザビエーを使わなかったのは疑問です。

ファーマー
シュートが全く決まりません。がら空きの3ポイントも外しました。ターンオーバーが3ありますが、2はオフェンスでのチャージです。チャージを取りに来たのに見事に引っかかっています。

ウィリアムス
やっと3ポイントがまともに決まりました。ディフェンスで活発に動いていました。

オフェンス
トランジションで、相手のディフェンスがきちんとセットしていない時は、良いパスが出てペイントからのバスケットが決まりますが、ハーフコートになってしまうと、単にパスを周すだけで、決まっていても3ポイントに助けられることが多々あります。


ディフェンス
アウトサイドはクローズしているし、ブロックもあるし、全般的にはよくやっているのですが、ファーストブレイクの戻りが遅くて得点されています。決めた後に、一息入れて戻りが遅かったり、外した後にガッカリしてうつむいている間に、自分をカバーしている人が走ってがら空きで決められたりしています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/11/16 18:49  Lakers | コメント(10)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>匿名の方

コービーのSFは、止めてもらいたいです。相手によってならいいですが。例えばGSWなら、クレイでもイゴダラでもサイズは殆ど変わらないし、SGでもSFでも、イゴダラがコービーをカバーするはずなので、SFでも構わないです。でも、DALだったら、SGだとエリスにカバーされるけれど、SFだとマリオンですよね。身長があるし腕が長いです。兎に角、コービーに関わらず、本来のポジションではないポジションで、長時間使うのは止めてもらいたいです。リバウンドでもディフェンスでも不利なので。


>>ゆ~すけさん

一番響くのはザビエーでしょうね。ザビエーは好きですが、ジョディーのミニッツを削ってまで、無理に使うのは止めてもらいたいです。

パオもコービーが帰って来たら、もうちょっと良くなると思います。パオはポストプレーヤーなのに、ブレイクだとスクリーンをセットしないと何もできないから、アウトサイドに引っ張り出されるのが気の毒です。


>>Kazさん

楽しんで行ってください。
[ 2013/11/22 16:29 ] [ 編集 ]
コービーが練習復帰でSFでプレーしたようですね。怪我さえよければデュラントレブロンと互角以上にできると思うし、負けるにしてもはっきりしておもしろいかもしれないですよね。

スタメン 控え
PG ブレイク ファーマー
SG ミークス ヘンリー
SF コービー ヤング
PF ヒル ジョンソン
C ガソル ケイマン
[ 2013/11/21 19:52 ] [ 編集 ]
コービーがいつ復帰するかとかしないかとか明言しないでベンチに入って対戦相手にジリジリ威圧かければいいのにww

まぁ↑は置いといて、この数日の休みがチームとしてどうなるか…
ナッシュいなくなってコービー参加でだいぶ編成も変わるでしょうからね。
SG・SFのミークス・ザヴィエー・ヤング・ウェスあたりは出場時間等にも関わりますからね。

つうか兄ガソルいい加減ピリッとしろよ!!
[ 2013/11/21 17:44 ] [ 編集 ]
ご親切にありがとうございます。これで大分早くつけそうです。コービーの復帰が近そうですね。本当は12月に行きたかったのですが、コービーが復帰していなかったら意味ないので3月にしました。本当にありがとうございます。
[ 2013/11/21 10:08 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>1人の旅人さん

NBAのゲームは、実力差があっても、終盤まで僅差で進むゲームが結構あります。最後の2-3分に実力差が出ます。

ブレイクはヒューストン戦で決めたから、本人もダントーニも勘違いしているのでは?

PG2人出すのは、ウェストブルックやCP3がベンチPGと一緒にプレーしているというなら分りますが、ブレイク程度のプレーヤーをそこまでして使う必要はないです。ブレイクに対してのファンの風当たりが強いのは、ブレイク自身に対してイラついているのもありますが、ダントーニが使い過ぎるのもあると思います。

ダントーニがプライドを捨てるよりも、レイカーズがダントーニを捨てて欲しいです。無理そうですが。


>>KO8Eさん

悔しいし残念ですが、このメンバーなら仕方ないとも思います。低賃金プレーヤーを集めて接戦に勝てるほど、NBAは甘くないです。


>>ひでさん

私は終盤、勝つとしたら3ポイントが決まりまくるか、メンフィスがミスするしかないと思っていました。

勝ちパターンは、3ポイントが高確率で決まるしかないです。「生きるも死ぬも3次第」と、ゲーム前後の番組でよく言っています。

コービーは昨日初めて練習に参加したみたいですね。私は昨日は1日外出していたので、今日知りましたが。ジョディーとパオが、かなり良かったという様なことを言っていました。


>>Kazさん

ウィンダムは位置が良いですよね。それなら下のルートが良いです。地図をご覧になりながら見て頂かないと、訳が分からないと思います。

Colorado Ave.(東) => (右折)Main St. => (左折)Bicknell Ave.(*1) => (右折)4th St.(*2) => (左折)Rose Ave.-Beethoven St.(*3) => (左折)Palms Blvd. => (右折)Motor Ave.(*4) => (左折)Venice Blvd. => (左折)Figueroa St. => (右折)9th St. => (右折)Flower St. => 駐車場(*5)

*1:BicknellはPico Blvdの次の信号です。Main St.は1車線しかないので混みます。そこで早めに左折して4thに出た方が良いですが、信号の無い所で左折するのは不可能に近いです。それならPicoで左折しても良さそうですが、ここは左折する車が多いのと、Picoが混みます。

*2:4thは住宅地なのでStopサインが多いですが、この時間帯は大通りを走るより早いです。暫く行くと、かなり急な下り坂になって、それを下り切った次の交差点がRose Ave.で、ここはStopサインだけで信号はありません。

*3:通りの名前が、途中から代わります。Roseを暫く行くと左手にゴルフ場が見えて来て、それを過ぎて直ぐのWolgrove Ave.に信号があります。そこを過ぎると、住宅地になり、Stopサインが幾つか有ります。道が緩やかに右にカーブして行って、下り坂になってそれを下り切った所に信号がり、そこがPalmsです。

*4:Motorでなくても、他の通りで右折しても良さそうですが、広い通りの中では、Motorが一番空いています。

*5:OlympicとFlowerの交差点の北西の角にある屋外駐車場です。昼間入ると$3ですが、レイカーズ戦がある日の夜は、現在一律$5です。Flower側から入れます。このすぐ北側に5-6階建ての駐車場ビルがありますが、そこは高いし、夜は閉まっているかもしれません。ここからステイプルズセンターまで、徒歩で信号待ちを入れても7-8分程度です。

FigueroaからOlympicを通り越して、9thからFlowerに出て、一周りしてくる様になっていますが、間違いではないです。Olympicから夕方の時間帯に、左折して入るのは不可能に近いです。


>>dub mさん

終盤になったら、システムも何もなくて、この人にボールを入れておけば良いという人がいないチームは弱いです。そういうチームは、例えレギュラーシーズンで勝ててもPOでは勝てないです。

パオが自分でよこせと言うタイプではないから、ダントーニがタイムアウトを取ってそう言うべきですが、ダントーニはポストプレーが嫌いだから、そんなことは言わないでしょう。そう言えば、ゲーム後の番組で、終盤タイムアウトを取るべきだったと言われていました。

ブレイクはこの所調子が良いけれど、SGで使ってまでプレーさせる程のプレーヤーだとは思えません。

今シーズンは優勝が見込めないので、HCは、余程酷くないと、シーズン途中で代えることはないです。
[ 2013/11/18 09:55 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
日本じゃ今レイカーズの情報は、コービーがいるいないで、これだけ変わるのか、と思うほど少ないのでありがたいです。

接戦で競り負けるのは実力負けですね。
コービーさえ戻ってくれれば解決する問題。チーム練習にも復帰したみたいなので、焦らずベストの状態で引っ張ってくれることを期待します。

ボックススコア観て思わずおお!っと叫んじゃいました。
ミークス凄いですね。大活躍です。
ドリブルからのシュートなんてミークスとヤングくらいしか入らないのになぜブレイクに打たしたのでしょう。
ダントーニのお気に入りなのか、度胸があるからなのか知りませんが、今のメンバーならホットな人に打ってほしかったです。

とりあえず、ダントーニには、ポジション通りの配置をいい加減してもらわないと!すぐにでも辞めてほしいです。
PG二人出す意味がどこにあるんでしょうか、まともな返答を聞きたいところです。
少なくともスモールラインナップの場合、走り回れて攻撃力のあるチーム、ローテーションのときにするはずなんですけど、ドライブもできないPGを入れておいて何がスモールラインナップだと言うのか、笑ってしまいます。
ダントーニにはプライドを捨ててもらって、レイカーズのバスケを作っていってほしいです。
[ 2013/11/18 02:44 ] [ 編集 ]
これまでの試合で後半に詰められることが多いのが悔しいですね。ただコービーがチーム練習再開したと聞いたのでワクワクしています(笑)
[ 2013/11/17 16:00 ] [ 編集 ]
この試合も頑張って粘っていたのに、最後は残念だったと思いました。

やはり接戦になると、どうしてもクローザーがいない影響が大きく出てしまいますね。
接戦はどうしても競り負けてしまっている印象があります。
ヒューストン戦はなんとか勝ちましたが。
勝ちパターンとしては、みんなが好調で、最初から点差を広げてそのまま逃げ切る・・・というのが今シーズンの勝ち方として多いかなと思います。

コービーが復帰すればクローザーの問題も、他のいくつかの問題も解消されるかと思いますが、そのコービー、どうやらチーム練習に復帰したみたいですね。
復帰が徐々に近づいていると思うと楽しみですし、うれしいです。
ですが、100パーセントの状態になってから復帰してほしいですね。
シーズンは長いですし、故障をしないためにも。
実践に近い練習になるほど、どこまで動けるのかということも分かってくると思います。

最近負けが込んできたので、次のデトロイト戦は頑張ってほしいです。
[ 2013/11/17 10:45 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。

ホテルはウィンダムです。ピアの近くです。4時ちょっと前くらいに出先から戻って来るので、4時頃以降にしか出られません。あとステイプルズセンターの駐車場は高いと聞いたのですが、どこか近くで安いところがあったら教えてください。色色と記事に関係ないことで申し訳ありません。よろしくお願いします。
[ 2013/11/17 10:35 ] [ 編集 ]
終盤はランドルフにやられました。ヒルはナイスディフェンスでしたが、あれはランドルフを褒めるべきですね。

レイカーズはガソルに集めてもよかった気がします。ガソルがそこまで、オレによこせ、とか言わなかったかもしれませんが。

自分もブレイクとファーマーの同時起用はナシかなと。SGがあんなにいるのに何故つかわないのかなーと不思議です。

ダントーニは本気でもう辞めてほしいです。

現地では次期HCとかの噂とかありますか⁇
[ 2013/11/17 09:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。