ディフェンスとリバウンドで負けた

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ディフェンスとリバウンドで負けた

Game Score




スターターは、サクレとウェスリーが外れて、ジョディーとウィリアムスが周りました。

1Q
序盤は、ブレイクの3ポイントが1本あったものの、シュートを続けて外し、出遅れます。ディフェンスでは、予想通り、PGのドラギッチを中心に得点されます。序盤で早くも、7点ビハインドにされますが、そこから、やはり頼りになるのがジョディーでした。ドライブしてフリースローを取ると、リバウンドから走って、レイアップを決め、直後にもバスケット決めて、1分程の間に、5得点します。

半ばには、コービーが1オン1からドライブしてダンクを決め、2点差に追い上げると、直後には、ファーストブレイクから、パオがダンクを決めて、同点に追いつきます。その後、ショットクロック違反を誘う、良いディフェンスもありましたが、ドラギッチにレイアップ&1を与えると、終盤は、マーカス・モリスに、立て続けにジャンパーを決められます。レイカーズは、ベンチから登場した、ヒル、ウェスリー、ヤングが決めて、離されないで付行きましたが、その後ジャンパーが決まらなくなり、26-21の5点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ジョディー、ザビエー、ヤング、ウェスリー、ヒルでスタートしますが、2分でウェスリーに代わり、ブレイクが登場します。序盤は、ヒルがバスケットにカットしてのレイアップがありましたが、他は、ジャンパーを打っては外します。ディフェンスでは、ドラギッチと、モリス兄弟に決められ、点差をあっという間に13点に広げられますが、離され始めた時に、頼りになるのは、やはりジョディーでした。

半ばには、一緒に戻ったパオとコービーの間で、パオがボールを持って、カットしたコービーにパスを出し、コービーがレイアップを決めて、点差を8点に縮めます。その後も、コービーとパオが順調に得点し、離されないで付いて行き、終盤に入った所では、5点差に詰めます。いつもとは逆のパターンで、ベンチが広げられた点差を、スターターが戻していました。終盤に入っても、相変わらずジョディーが、ドライブしてレイアップは決める、3ポイントは決めるの大活躍で、コービーもジャンパーを決めたり、フリースローを取っては決めますが、ディフェンスで止められないので、点差が縮まりません。いつものお決まりのパターンで、スピードがあるドラギッチとブレッツォに動き回られてディフェンスを崩され、楽なシュートを決められました。終了間際には、パオがフリースローラインの少し後ろから、ブザービーターのジャンパーを決め、56-51の5点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
出足は、コービーのターンオーバーが2つあったこともあり、最初の2分ちょっとに無得点でした。ディフェンスでは、相変わらず、ブレッッツォに動き回られて、ディフェンスを崩されたの後、フライにオープンの3ポイントを決められたり、ダンクを決められたりして、点差を広げられます。ここから、レイカーズのディフェンスが良くなったというより、フィニックスが、ジャンパーを続けて打っては外してくれ、オフェンスでは、ボールがよく動いて、オープンのチームメイトを見つけて、楽なシュートが決まります。

これで、半ばには、点差を9点に縮めますが、この後、ウェスリーが、続けて珍しく自分でドリブルしてからジャンパーを放ちますが、両方共外します。この間に得点され、直ぐに点差を二桁に戻されます。今日は、離されそうになっても付いて行き追い上げましたが、ある程度追い上げると、直ぐに離されて、追い上げ切れませんでした。半ば前には、コービーがベンチに下る前に、ファウルを取ってフリースローを決め、ベンチから登場した、ヒルとヤングのバスケットで追い上げます。終盤には、ヒルがオフェンシブ・リバウンドから決めて、1点差に迫りますが、この後が良くなかったです。ブレイクのバッドパスを挟んで、今日は当たっていなかったヤングが2本外し、ディフェンスでは、オフェンシブ・リバウンドを取られて得点され、終了間際には、又、ブレッツォについて行かれなくて、レイアップを決められ、79-74の5点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
ジョディー、ザビエー、ヤング、ウェスリー、ヒルでスタートします。出足にザビエーが、スティールからレイアップを決め、&1のフリースローも決め、3点差に追い上げます。序盤は、ウェスリーが今日唯一の3ポイントを決めますが、ザビエーがドライブしてもレイアップを外し、ヤングがジャンパーを外し、その上、ヤングは、フリースローを取っても、両方共外して、得点に結びつきません。ディフェンスでは、マーカス・モリスに対して、きちんとカバーしているのに、ジャンパーを決められます。半ば前には、今度はマーキーフ・モリスの方に決められます。今日は、モリス兄弟が大当たりでした。

半ばにコービーが戻ると、すぐにファウルを取り、フリースローから得点すると、直後にはバスケットを決めます。当たっていなかったヤングとザビエーも、続けて決めて、終盤に入った所で、5点に追い上げます。この間ディフェンスでは、ザビエーとヤングを交代でドラギッチのカバーにつけたのが、上手く行っていました。相手のPGをきちんとカバーできたら、それ程やられないです。ところが、終盤に入ると、又、モリス兄弟に交代でジャンパーを決められます。オープンではなかったですが、2人共当たっていたので、仕方が無かったです。残り1分ちょっと、6点ビハインドの場面では、フィニックスが外しているのにオフェンシブ・リバウンドを取られ、そこから更に時間を使われた末、ファウルをしてフリースローを与え、8点差とされ、ゲームが決まりました。

=>ボックススコアー

コービー
トロント戦から比べて、見違える様に良くなっています。「2ゲーム目でこんなに良くなるなんて」と、ゲーム後の番組でも、みんなが驚いていました。ファウルを取れるのが助かります。コービーがファウルを取るので、フィニックスがファウルのリミットを越えるのが早く、コーター終盤、つまらないファウルでもフリースローになり、チームメイトのフリースローも増えます。

パオ
シュートの確率だけ見たら、良くなって来ましたが、最近、ポストプレーからのレイアップやフックを、よくブロックされます。これは、足首の捻挫の影響で、ジャンプができないことが原因かもしれませんが。リバウンドを手に当てて取れなかったり、最初から掴む気がなくて、チームメイトにタップしようとするのが目立ちます。一歩動いてジャンプをしたら、掴めたのにと思うのを、タップして相手に取られています。

ブレイク
ドリブルして時間を使ったり、単にウィリアムスとキャッチボールをしたり、無駄が多いです。何もできないなら、ウィリアムスにパスして又返してもらうのではなくて、コービーにパスして欲しいです。それでも、オフェンスは、シュートも決まったし、まずまずやっていますが、酷いのがディフェンスです。3シーズン前から、ディフェンスがザルなのは、分っていました。ローテーションを早くしろといっても、あれだけ簡単に抜かれるのでは、限界があります。

ジョディー
ジョディーの基準としては、3ポイントが決まりませんでしたが、その分ドライブして、難しいレイアップを決めました。

ウィリアムス
いつもの通りです。ミニッツの割りには、リバウンドは取っていますが、周りに誰もいなくて、取って当たり前のものしか取りません。

ヤング
ジャンパーが、総じて短かったです。当たっていなくても、消極的いならないのが良いです。

ザビエー
ヤングと同じく、当たっていなくても、コービーと一緒にプレーしていても、臆することなく打って行きました。

ヒル
相変わらず、リバウンドを頑張ってくれます。19分のプレーですが、チームがリバウンドで負けていたので、後5分くらいプレーさせても良かったと思います。スターターに周った時は、いきなり30分代半ばのミニッツでしたが、エネルギーが売り物のプレーヤーには、多過ぎると思います。ファウルやペース配分を考えないといけないので、良さが活きないです。だからと言って、15分前後では、短過ぎます。ローテーションが、あまりにも、両極端です。解説者がよく言うことですが、プレーヤーは、どのくらいのミニッツをプレーするかが分からないと、プレーし難いそうです。ヒル本人の為だけでなく、チームのためにも、ヒルのリバウンドは貴重なので、20-25分くらいのミニッツで、安定してプレーさせて欲しいです。

ウェスリー
トロント戦から続き、当たっていなかったので、焦りがあったのか、普段はやらないアイソレーションからジャンパーを打って、外していました。ドライブしてジャンパーを打って外した時に、解説者が「ウェスリーは、いつも、接触を避けようとするから外す。向かってジャンプしたら、相手に恥をかかせられるのに。」と言っていました。


オフェンス
得点から分る通り、問題はオフェンスではないです。いつもは、ジョディーが安定していて、ヤング、ザビエー、ウェスリーの内、最低1人は大当たりするのですが、今日は3人共駄目で、合わせて12-31だったのが痛かったです。

ディフェンス
ペイントからの得点が56点もあります。最近これがパターンになって来ました。PGに簡単に抜かれて、ペイントにドライブされて、ローテーションをして、PG自身は止めても、パスを出されて決められます。ゲーム終盤、ドラギッチのカバーに、ザビエーやヤングをつけていました。2人共良いディフェンスをしていて、ドラギッチが、パスを出すのではなく、ボールを手放していました。PGに対する1オン1のディフェンスさえできていたら、それ程崩されないです。相手のPGを、自分でカバーできるPGを獲得しないことには、同じことの繰り返しです。この数年、相手のPGに対するディフェンスで、ずっと苦労してきています。プレーヤーを代えないことには、解決しないです。

もう1つの問題が、リバウンドです。-11では勝てないです。今シーズンのリバウンドは-3.4で、リーグでミルウォーキー、マイアミに次で、下から3番目です。ディフェンスは、リバウンドを取る所までと言われますが、ダントーニは、口ではディフェンス、ディフェンス、煩く言っていても、行動が伴っていないです。サクレは、スターターからベンチ暖め、ケイマンはずっとベンチ暖めで、7フッターが2人プレーしていません。サクレはスターターでは厳しいですが、ベンチ相手なら、そこそこできるし、ヒルがPFになったら、2人で取りに行かれます。リバウンドを取れるようなプレーヤー起用やローテーションをしていないです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2013/12/11 18:57  Lakers | コメント(20)
オドム獲得は冗談としても、イレギュラーなショーンは相手がスモールでよほど困るときぐらいに使って、
PFケイマン ヒル
Cガソル サクレ
でローテしたほうがよいですよね。
[ 2013/12/13 21:35 ] [ 編集 ]
あとはPFにオドムでもとって、
スタメン 控え
PGミークス ファーマー
SGコービー ヘンリー
SFジョンソン ヤング
PFヒル オドム
C ガソル ケイマン
でローテーションというのはどうだろう。なかなかいいんじゃないかな。ふはは
[ 2013/12/13 21:09 ] [ 編集 ]
ミークスはスタメンに定着するチャンスですよね。2番はコービー、サイズ的には3番でもないし1番でシューター&ディフェンスをやってくれればフィッシャーみたいな感じにはなれるのでは?
[ 2013/12/13 21:00 ] [ 編集 ]
コービーにゲームメイクを任せたら、ミークス、コービー、ジョンソン、ヒル、ガソルのスタメンはよいかもしれませんよね。災いが福になりいっそのことこれで定着してもらいたいくらいです。
[ 2013/12/13 20:49 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>Venzaさん

最低6週間なので、もっと長くなるかもしれません。これで、ファンが大嫌いな、スモールラインナップができなくなりました。それでも、ウェスリーが4でプレーなんていうのをやると思いますが。もうそんなゲームは見たくないし、記事を書きたくないです。


>>akrさん

私も、勝敗自体は、それ程気にしていないです。でも、そうせ見るなら、勝つチャンスがあるゲームでないと、楽しくないです。ガード4人が走り回っているなんて、素人のチームみたいなことをやって、リバウンドで負けていたら、楽しくないです。


>>UWさん

ミークスは、見ていて楽しいですよね。

パオも、こんな調子だったら、置いておいても仕方がないです。


>>masaさん

全部小文字のmasaさん、憶えていますよ。

コービーを知らないで見ていたら、復帰2戦目とは思わないですよね。ゲームの体力は、コンディショニングをいくらやっても、実際にプレーしないと戻らないそうなので、少しかかると思います。コービーにとっては、まだプリシーズンみたいなものですよね。

ロウリーが欲しいですが、トロントは、ロウリーとブレイクを取り替える意味は無いし、ナッシュは、ある程度まともにプレーできないと、有り得ないです。今シーズンは、最後まで、ブレイクを見せられる様な気がします。


>>LAXさん

プレーヤーの実力が劣っているから負けるは、仕方がないですが、采配で負けるのは、頭に来ますよね。リバウンドで負けているのに、リバウンドが取れるのが、ミニッツが少なかったり、ベンチ暖めだったり。

ミッチは、私が昼間聞いたインタビューでは、PGとは契約しないと言っていました。モリスなら、サイズがあるし、ディフェンスもできるので良いですよね。


>>古参者さん

ブレイクがプレーしていたら、相手のPGが、みんなオールスターに見えます。ボールを持つPGに対してのディフェンスが悪かったら、他が頑張っても、限界があります。

スリーは全く決まっていないですが、残り時間がなくて、かなり後ろから打ったり、キャッチして振り向き様に打っていたりもしているので、それ程心配することはないと思います。ターンオーバーは、トロント戦は酷かったですが、このゲームでは落ち着きました。ディフェンスは結構やっています。スティールもあったし。


>>コービーファンさん

最初のゲームからの進歩が、凄すぎますよね。

デイブ・ミラーも、ペイントのディフェンスは、ビッグマンの問題ではなくて、ガードのペリメター・ディフェンスの問題だと言っていました。


>>dub mさん

今年は優勝する可能性がないから、このままダントーニで行くと思います。今年は楽しければ良いと、球団は思っているのでしょうが、スモールラインナップで、走り回るだけが取り得のチームなんて、面白くないです。

ナッシュは、全然駄目でもプレーできれば、プレーヤーとしての価値はなくても、トロントなら経済価値はありますが、プレーできないのでは、その価値もないです。


>>ひでさん

コービーがボールを持つと、ワクワクするし、ファウルが取れないバックコートがボールを持つのは無駄です。

ヒルに、エネルギーがあるプレーをしてもらいたいのは、やまやまですが、こうリバウンドが取れなかったら、そんなことも言っていられないですよね。

リバウンドで、2桁差をつけられているゲームが、ちょくちょくあるのに、それに対して、何の対策もしないです。


>>あさん

弱いことくらい分かっています。リバウンドが取れないローテーションで、采配が敗因の一つです。ブレイクがディフェンスができないことも、フィルの最後の年から分かっているのに、フロントが何もしないで、取替えないです。分っているのにやらないことがあるから、頭に来ます。


>>和社長さん

実力があるビッグマンより、自分のシステムを優先していて、それでリバウンドが取れなくて負けているのが頭に来ます。ベンチは速くプレーすれば良いですが、スターターは、パオやケイマンがいるし、ブレイクだって速い方ではないので、無理に速くプレーする必要ないです。


>>ハルヒマさん

ブレイクは当分に見なくてよくなりましたよ。スターターかどうかは問題ないですが、ファーマーのミニッツを増やして欲しいです。


>>茶太郎さん

Venzaさん、「もうすぐクリスマスバージョン」と言われたので、代えました。

オフェンシブ・リバウンドは取らなくていいから、早くディフェンスに戻れというなら、まだ分りますが、ディフェンシブ・リバウンドが取れないし、取れるローテーションにしていないです。
[ 2013/12/13 12:40 ] [ 編集 ]
NO PG
とうとうPGが一人もいなくなってしまいましたね。

ミッチがBarbosa, Duhon, Morrisは、検討リストに載っているといってました。
LowryはKnicksがドラフト権つけたら、成立でしょうね。

速いPGを止めることは到底期待しないので
基本的なボール回しができる選手がほしいですね。

いやー、このロード4連戦はタフになりそうです。。
[ 2013/12/13 10:21 ] [ 編集 ]
ブレイク6週間out のようですね。オーガスチンかラウリーに来てもらいたかったですが、ラウリーのトレード交渉先はNY だそうで。
ブレイクが試合に出れないのは良いことですが、PGが一人もいなくなりました。これを機に誰か連れて来てもらいたいです。
[ 2013/12/13 06:52 ] [ 編集 ]
Mayさんのツイートにもあるように、今は調整段階でしょうから、コービーが何点でも、チームが負けても、さほど気にしてません。
今年のメンバーでは優勝出来ないでしょうから、レギュラーシーズンは調整でいいです。
万が一プレイオフに出たら、来シーズンに向けて本気モードでやっといて欲しいくらいです。
NBAの至宝ですから、慎重にやってほしいし、コーチも下手に長く使わないで欲しいです。
[ 2013/12/12 23:03 ] [ 編集 ]
なかなか勝てないですね(^^;;
ただミークスの成長がわかるので嬉しいです。コービーも無理せず調子あげて欲しいの一言です


カットされたオーガスティンが欲しかったなぁ…
あとガソルが優勝できるチームにいきたいみたいに言ってますね
移籍待ったなしですかね
[ 2013/12/12 22:51 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです。おぼえてますかね!?笑
さて、コービーの復帰2試合目でしたが2試合であそこまでのパフォーマンスはさすがの一言です。やっぱりレイカーズにはコービーがいないと始まらないですね。
本人も体力面は問題ないと言っていますし、あとはバスケットに必要な体力を戻すこととゲーム勘でしょうね。シュートタッチなんかすぐ戻るでしょうし(笑)
ただ気になったのが接触があったときのボディバランスがまだまだでフラフラしているかんじですね。それもトレーニングとゲームを重ねていけば戻ってくるでしょうけど(笑)
コービーの自己評価でBというのは自分のイメージに体がついてきているということだと思うので焦るとこもないと思いますし、順調にコンディションを上げていけると思うのでその辺はだいぶ安心いていられます。
あとは他のプレイヤーとどういう風にプレーを合わせていくかが一番気になりますね。まあでもここ何シーズンかのようにコービー任せのプレーは減ると思うのでコービーも楽になりますし、積極的なプレイヤーが多いのでコービーも合わせやすいと思いますけど。
でも、まずはコービー復帰で勝ちが欲しいところですね。
あとPGなんですが、もうブレイクは勘弁です。ここは是が非でもロウリーがほしいです。2シーズンくらい前からロウリーほしいと思っていたのでこのチャンスをうまく使ってもらいたいです。ただ、いくらナッシュがカナダ出身だからってプレーできるか分からないのにトレードしてくれるのかって考えるとちょっと厳しい気がしますけどね(笑)でも、ロウリー来たら一番の問題だったディフェンスは相当改善されると思いますし、オフェンスでもコービーやパオがいる分、トロントの今よりは能力出せると思います。とりあえず、ロウリーとってディフェンスの改善をしてもらいたいです。
[ 2013/12/12 21:55 ] [ 編集 ]
采配。采配。采配。それに尽きると思います。

最後のローテーションとかなんなのでしょう...
唯一好調Meeksも終盤つかってもらえないし。(4Q出だしから出てたとはいえ..)

Magicも言ってましたが、強豪でも無いチームに、
かつホームで連敗するなんてUnacceptableですよ。

Mayさん、こんな試合でも細かに記事化してくださって、本当にありがとうございます。
[ 2013/12/12 19:25 ] [ 編集 ]
また負けちゃいましたか。

コービーの復帰後まだ暇が無くハイライトやlogしか見れて無いんですけど、ブレイクが40分近くコートに立ち、ドラギッチが大暴れってだけで展開が手に取るように分かりますw

そういやドラギッチには10年のカンファレンスファイナルでも5戦、6戦と散々やられましたよね・・・。

昨シーズンもでしたが、この追い付けそうで追い付け無い感じ、つくづくディフェンス力の無さに泣かされますね。

大きなランが無いですもんね。こちらはやられてるのに。

ところでコービーはどうなんでしょう?

怪我の内容が内容だし、240日とブランクも長かったし、年齢も年齢だし、クォーターあたり7分前後の出場に留まってるのを見ても、万全には程遠いのだけは判ります。

でもスタッツ見ると、やたらTOが多いのとスリーが全く決まって無いのが印象的ですが、まだ調整段階として見れば悪くは無い。

果たしてどの程度の復活が期待出来そうですかね?

それと、この2試合コービーはディフェンスは出来てるんでしょうか?

1月の終わりくらいまでは見れない試合ばかりになりそうです・・・泣
[ 2013/12/12 12:49 ] [ 編集 ]
いつも拝見させて頂いてます。
あれだけの怪我をしているのに、復帰2試合目で20点、コービーはやっぱり別格ですね!

ブレイク、ディフェンスひどったですね。衰えたペイトン、フィッシャー、パーカー、ナッシュ、ブレイク、レイカーズのポイントガードのディフェンスはここ10年くらい並み以下ですよね。
ブレイクの価値は今はあがっているので、いいトレードに期待したいです!
[ 2013/12/12 08:24 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。

僕も若社長さんと同じでダントーにを使いつずける理由が何かしらあるのですか?
ファンからみれば明らかに采配はおかしいのに球団が彼を使う理由が分かりません。ワラ

ウィリアムスをヒルとケイマンをもう少しプレイタイム増やせばいいのに。。

トロントがタンクに入りそうなので、ロウリー欲しいですね。ナッシュはトロントで人気があると思うので交換してほしいです。
[ 2013/12/12 08:09 ] [ 編集 ]
追いつけそうで追いつけない展開のゲームでしたね。

コービーのプレイぶりは本当に良くなっていましたね。
ポストでよくボールをもらったり、トロント戦よりも積極的にオフェンスに参加していたと思います。
やはりコービーがボールを持つと、ワクワクしますし、見ていて落ち着きます。
今後も徐々に怪我前のようになっていって欲しいです。

個人的にはヒルをスタメンで使って欲しいのですが、ヒルの使い方というのも難しいですね。
ですが、スタメンでウィリアムスを出すよりはマシな感じがします。
今日はウィリアムスがスタメンでしたが、見ていてスタメンで出す意味があるのかな?と思ってしまいました。

リバウンドが取れないのは問題ですね。
というか、ダントー二のリバウンドを軽視した采配のせいですよね。
ケイマンが試合に出ていないのは怪我がまだ治っていないのかと思っていたのですが、ベンチ入りしているということは試合には出れる状態ということですよね。
なのに出ていないということは、ダントーニが彼を干しているということなのか・・
ケイマンを出して、リバウンドを強化して欲しいと思います。

次からロード4連戦ですし、この試合とトロント戦での敗戦は痛かったですね。
コービーが復帰してまだ勝てていないですし、ロード4連戦、是非とも頑張ってもらいたいです。

言い遅れていましたが、ブログでもですが、ツイッターでのご返信ありがとうございます。
よければ、今後もよろしくお願いしますね。
[ 2013/12/12 02:39 ] [ 編集 ]
いや、メンバーからして弱いでしょ。
でも西でよくやってると思う。
ダントーニの不可解な采配がなければPOでれるかもです
[ 2013/12/12 01:00 ] [ 編集 ]
ダントーニ
なぜケイマンをベンチに置いてナチュラルポジションがインサイドではない選手を起用しているのか理解に苦しみます。。。
早くランビスに替わって欲しいです。以前のサンズでの成功体験がよほど脳裏に焼き付いているのでしょうか?そのサンズ時代ですらプレーオフでは結果を残せていないのに。
今シーズンのメンバーを見る限り決して弱いチームではありませんよね。コービーに残された時間はもうあまり無いと思うのでダントーニの我儘に時間を使われるのは本当にストレスです。球団はなぜダントーニをつかいつづけているのでしょうか。。。 文句ばかりでスミマセン。
[ 2013/12/12 00:15 ] [ 編集 ]
もうブレイクを一しあい39分も見たくありません。
セカンドユニットがファーマーいなくても機能はすることがわかったので、スターターにファーマー入れて欲しいです。
[ 2013/12/11 23:44 ] [ 編集 ]
ブログ更新、有難うございます!
模様替えされたのですね!かっこいいです!!

バスケにリバウンドとディフェンスが大事なのは、ド素人の私でも分かりますがダントーニは分からないのでしょうか?
コービーが復帰したので、勝利がほしいですね!

[ 2013/12/11 23:30 ] [ 編集 ]
ブログ更新、有難うございます!
模様替えされたのですね!かっこいいです!!

バスケにリバウンドとディフェンスが大事なのは、ド素人の私でも分かりますがダントーニは分からないのでしょうか?
コービーが復帰したので、勝利がほしいです!

[ 2013/12/11 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。