パオとマーシャルの活躍で連敗をストップ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

パオとマーシャルの活躍で連敗をストップ

Game Score



1Q
開始直後に、ペイントのパオからのキックアウトで、マーシャルが3ポイントを決めます。序盤、パオは、ペイントから左手でのフックショットは外しますが、ミドルのジャンパーを2本決めます。チームの得点リーダー、ヤングは、前半にレイアップ2本を決めて、良い出足でした。マーシャルが、上手くオフェンスを仕切って、フリーのチームメイトを見つけていました。ディフェンスは、良かったと言うより、ユタがジャンパーを続けて打っては外す、レイカーズの物真似の様なオフェンスで、点差が徐々に開き、半ばにジョディーの3ポイントで、早くも点差を二桁の11点にすると、直後には、ジョディーのレイアップで、13点リードにします。

半ば過ぎには、ヤングが2つ目のファウルでベンチに戻り、代わりにケリーが登場します。その後も、ユタはジャンパーを打っては外し、レイカーズは、着実に得点します。パオがよく当たっていて、ペイントからのフックショットや、ジャンパーを決めます。終盤に入った所で、マーシャルのレイアップに続き、パオのジャンパーが決まり、18点リードになります。その後、オフェンシブ・リバウンドから得点されたりしますが、最近3ポイントが不調だったウェスリーが3ポイントを決め、点差を保ち、30-12の18点リードで、コーターを終了します。

2Q
マーシャル、ウェスリー、ウィリアムス、ケリー、ヒルでスタートしますが、開始後30秒しない内に、ヤングとジョディーが、ケリーとマーシャルに代わり登場します。序盤は、ヒルが自分が外したレイアップのリバウンドを自分で取って決めたり、ウェスリーがスティールからレイアップを決めたり、ウィリアムスが3ポイントを決めたりと、持ち味を出し、点差を20点広げます。ところが、その後、シュートを外したり、ブロックされたりで、得点が止まり、ディフェンスでは、ユタのジャンパーが決まりだし、半ばには、12点差に追い上げられます。

ここから、マーシャルが、よくオフェンスを組み立てて、サクレのがら空きのダンクや、ファーストブレイクでのパオのレイアップ、ピック&ポップからのパオのジャンパーと、3連続でアシストし、点差を16点まで戻します。ここから離したかったのですが、半ば過ぎから終盤にかけて、ジャファーソンとヘイワードに、連続3ポイントを決められて、13点差にまで追い上げられ、更に、残り1分を切ってから、ヘイワードに3ポイント、オフェンシブ・リバウンドを取られて、フェイバーズのレイアップ&1と、立て続けに得点され、点差を一桁の9点に縮められます。ハーフ前に嫌なムードでしたら、残り18秒からのオフェンスで、マーシャルがギリギリまで時間を使い、ペイントにドライブして、ジョディーにキックアウトし、ジョディーが3ポイントを沈め、52-40の12点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、ヘイワードにジャンパーを決められますが、直後にマーシャルがドライブしてレイアップを決めて返します。序盤は、パオとマーシャルが得点しますが、他は決まりません。サクレは、自分が外したシュートのリバウンドを、自分で取るまでは良いのですが、ペイントからのシュートが決まりません。この間に点差を10点に縮められますが、半ば前に、ベンチから登場したウィリアムスを、マーシャルが続けて見つけ、ウィリアムスが2連続で3ポイントを沈めて、点差を広げます。

半ばには、ケリーがオープンのウェスリーを見つけて、ウェスリーがジャンパーを決めたり、ウィリアムスがオープンのケリーを見つけて、ケリーが3ポイントを決めたりと、ボールがよく動きます。ディフェンスでは、ケリーがチャージを取ったり、よく守って、ユタが時間切れギリギリにジャンパーを打って外したりしました。半ば過ぎには、マーシャルのジャンパーと、ミッドポストでボールを持ったパオが、バスケットにカットしたウェスリーにパスを出し、ウェスリーがレイアップを決めて、21点リードにします。暫くは、点差を保ちますが、残り2分ちょっとから、突然ユタのジャンパーが、続けて決まり始めます。レイカーズも、ウェスリーとジョディーが決めて、打ち合いになりますが、その後、レイカーズが決まらなくなったのに、ユタが決め続けるので、点差が14点まで縮まります。残り1分を切った所で、ジョディーがレイアップを決め、83-67の16点リードで、コーターを終了します。

4Q
マーシャル、ジョディー、ヤング、ウィリアムス、ヒルでスタートしますが、開始1分弱で、パオとサクレが、ウィリアムスとヒルに代わって登場します。序盤は、ユタがよくパスを周して、続けてバスケットを決め、点差を一気に一桁の8点にされます。ここで、マーシャルがジャンパーを決めたのと、その前後に、カンターが、ポストプレーで、腕を使ってサクレを押しのけるあからさまなファールを2度してくれたのに助けられ、点差を維持します。半ば前には、出足は良かったのに、その後2Qと3Qには、シュートが全く決まらなかったヤングが、ファウルを取ってフリースローを決めたり、ジャンパーを決めたりし、点差を保ちます。

ところが、半ばに、ヤングとパオのターンオーバーもあり、2分間無得点で、その間に得点を許して、半ば過ぎには、カンターのジャンパーで、4点差に迫られます。その後のオフェンスでは、攻めあぐねた末に、サクレがミドルのジャンパーを打って外しますが、その長めのリバウンドを、パオがよく走って取り、ジョディーが3ポイントを外しますが、そのリバウンドを自分で取って、ヤングのジャンパーに繋げます。この後、バスケットを交換した後、両チーム共決まらなくなりますが、残り2分ちょっとで、バークにジャンパーを決められて、再び4点差に迫られますが、ヤングがジャンパーを返します。直後には、フェイバースに決められますが、今度はジョディーが3ポイントを返し、7点差にします。そして、ゴードンにフローターの様なレイアップを決められ、点差を5点にされると、攻めあぐねて、危うくスティールされそうになり、ジョディーが床に転がって、ボールをセーブしタイムアウトを取りますが、クロックの残りが5秒しかありません。ここから、マーシャルが、3ポイントラインの遥かに後ろで、インバウンドパスを貰うと、3ポイントを沈めて、残り45秒で、点差を8点に広げます。これでほぼ決まりましたが、バークが外した3ポイントの長いリバウンドをジョディーが取り、ボールを落として床に転がったのに、そのボールを取りに行ったヤングに転がして渡すと、ヤングが走って、ダンク&1を決め、11点差とし、勝利を確実にしました。その後、カンターに長めのジャンパーを決められて、99点目を取られましたが、次のディフェンスでは、ジョディーがスティールして得点を防ぎ、観客にタコ・クーポンをプレゼントしました。

=>ボックススコアー


パオ
体調が良くなったそうで、呼吸ができる様になったと言っていました。シュートを積極的に打っていたのと、マーシャルが、「パオは偉大なプレーヤーだから、パオにボールを渡すのが僕の仕事。」と言っていたので、プレーしやすかったと思います。リバウンドは、ユタのスターターにはセンターがいなくて、PFのフェイバースとウィリアムスがスターとしているので、その分は差し引かないといけないですが、タップが殆どなくて頑張っていました。

ジョディー
3Qまではよく決まっていましたが、4Qに苦労しました。但し、終盤の一番肝心な所で、3ポイントを決めています。ディフェンスで、前半よくヘイワードを追いかけていて、シュートを打たせないで、パスさせていました。

ウェスリー
シュートのスランプでしたが、今日は5-5でした。

サクレ
ディフェンスをよくやっていました。リバウンドは多いですが、やはりユタのスターターにセンターがいないので、あまり参考にはならないです。

マーシャル
文句の付け所がないです。アシストが多いだけでなく、41分プレーして、ターンオーバーが1つだけ、それも開始直後です。スクリーンは頻繁に使いますが、ブレイクの様に、スクリーンがないと何もできないというのではなく、ドライブしてレイアップは決められるし、ドリブルして動いてジャンパーを打つこともできます。よくフロアーが見えていて、オープンのチームメイトを見つけます。打ったシュート12本に対し、3ポイントが3本しかないのも良いです。

ヤング
3ポイントが全く決まりませんでした。2Qと3Qには、シュートが1本も決まりませんでしたが、肝心の4Qに4-7でした。

ウィリアムス
シュートも決まりましたが、ディフェンスをよくやっていて、スティールもブロックもありました。

ヒル
パオやサクレとは逆で、ユタのセンターのカンターが、ベンチの時間帯にプレーしているので、リバウンドがきつかったですが、それでもまずまず取っています。


オフェンス
正統派のPGがいると落ち着きます。ただボールを動かして、時間を無駄に使うことが少ないです。パオにポストでボールが入ることも多かったです。マーシャル本人が、「パオにボールを渡すのが僕の仕事。」と言っている様に、目的を持ってオフェンスをしているし、パオにボールが行くことが多いので、オフェンスの核ができます。問題点は、点差が開いても突き放せないで、離してはつめられるの繰り返しで、4Q頭の点差が、1Qの半ばの点差のままでした。それが原因で、4Q終盤には点差を詰められました。相手がウエスト最下位のユタなので、何とか逃げ切れましたが、まともなチームが相手だったら、危なかったです。

ディフェンス
動きが速くてボールを持つ、バックコートのバークとヘイワードに対して、マーシャルとジョディーが個人のディフェンスをきちんとしているので、毎回スイッチしたり、ローテションする必要がないです。少なくても、一瞬で抜かれないので、スイッチやローテーションをするにしても、余裕があります。個人のディフェンスができない人がいるのに、それをチームディフェンスのせいにするのは、見当違いです。ゲーム後の番組でも、「チームディフェンスの前に、個人のディフェンスをしろ」と言っていたことがあります。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2014/01/04 18:48  Lakers | コメント(13)
来期のビジョンが見えない( TДT)
来期は一体どんなチームになるんでしょうか?
現地ではどんな話が飛び交ってるんでしょうか?いまのメンバーにカーメロ入れたら結構いんじゃないですかね?ナッシュは引退して、ブレイクは誰かにつけてトレードかウェイブして欲しいです
[ 2014/01/05 22:35 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アレさん

スティールが少ないですよね。RB力がないのではなくて、RB力がある人を、ダントーニが使わないです。

ヒルが腰が良くないなんて、聞いた事ないです。去年はそうでしたが。メンフィス戦の後で、ランドルフが、「ヒルをファウルトラブルにしようとした」と言っていました。相手から、ファウルトラブルにしてベンチに座らせておきたいと思われるプレーヤーを、ファウルトラブルでもないのに、ベンチに座らせておくなんて、馬鹿げています。

バンガンディー兄弟は良いですね。現実的ではないですが。そのくらい思い切ったことをしても良いと思います。いずれにしても、ダントーニの後は、誰がなっても前任者よりは好かれるので、やり易いはずです。


>>むつさん

あけましておめでとうございます。

でも、パオは、これが長続きしないです。マーシャルは、終盤に、あんな後ろから3ポイントを打て入るのは、度胸があるからですよね。その点でも、楽しみです。Dリーグから上がって来たばかりの人が、ブレイクより数段良いということは、いかにブレイクが酷いかということですよね。ディフェンスは、それ程意識してみていませんでしたが、バークが悪かったので、良かったのだと思います。

ビッグマンのローテーションは、仰る通りだと思います。サクレが30分で、ケイマンがDNPは、どう考えてもおかしいです。


>>up tempoさん

初めまして。

ダントーニは、実力は低いけれど、走れて3ポイントが決まるプレーヤーが集まったチームをコーチするのは上手いです。でも、それではPOに勝てないです。今年は、どうせ優勝できないので、これでも良いですが、来シーズンは代えてもらいたいです。7秒以内に得点するなんて、低次元のバスケットボールは見たくないです。


>>ガムさん

ゲーム後のインタビューでも、プレーヤーがみんな嬉しそうに、マーシャルの話をしていました。

ヒルやケイマンより、サクレが良いという理由がないですよね。フィルなら、サクレを使っていないです。


>>一人の旅人さん

PGなら、これくらいやって当たり前なのでしょう。レイカーファンは、PGに対する基準が、あまりにも低くなっているから驚くだけで。DリーグにいるPGの方が、よっぽどましなのがいるということです。パオがいるのに、ただパスを周すなんて馬鹿げています。でも、ダントーニシステムの問題だけでなく、ブレイクでは、オフェンスを組み立てられないから、そうなります。

ブレイクとナッシュに帰って来てもらいたくないのは、一人の旅人さん個人ではなくて、地元のファンは大半がそう思っています。

単に、3ポイントが決まったから勝ったみたいなのは、面白くないですよね。持続性がないし。今シーズンは、これでも仕方が無いですが、来シーズン以降は止めてもらいたいです。


>>ゾロリせんせさん

こちらこそよろしくお願いします。

まずパスのPGと言われていたので、得点できないことの言い訳かと思っていましたが、うれしい誤算です。マーシャルを見て、ナッシュが戻る場所がないと、気が付いてくれたら良いです。

サクレは、ヒルより体重があるから、それを買って使っているなら、それは理解出来ますが、それならオフェンスもあるケイマンを使った方が良いですよね。

マーシャルは、スカウトされるので、毎回こんな調子という訳には行かないです。でも、ペネトレイトできるだけでも充分です。それもできないPGをこれ以上見せられるのは沢山です。


>>まかさん

記事中の「=>ボックススコアー」をクリックすると、ESPNのスタッツのページが出てきます。ツイターをしていなかった時は、ゲームを見ながら記事を書いていて、ゲームが終わると、記事が半分くらい書けていましたが、ツイートをしているから、終わってから書き始めるので、夜遅くなってしまいます。それで、リンクを貼っています。


>>ひでさん

おめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

4Qに入るまで、点差が開いていましたが、結局1Qの点差のままです。それから、全然広がっていないです。

基本通りにプレーするのが、大変なんだと思います。落ち着いているし、話しているのを聞くと、頭も良さそうだから、そこそこやれると思います。

サクレを使っても良いですが、終盤は止めてもらいたいです。


>>ローソさん

ブレイクもナッシュも、引き取り手がないと思います。ウェイブするしかないのでは?ナッシュは、引退してくれたら良いですが。


>>こーへいさん

マーシャルが、ここまでとは行かなくても、そこそこやれたら、ナッシュもブレイクも追い出せます。もうあの2人は見たくないです。


>>dub mさん

ファンに人気のあるプレーヤーを、わざと使わないで、ファンに嫌がらせをしているのではないかとさえ思ってしまいます。

2-3ゲーム前に、We want philだかWe want Hillだか、どちらか分からないですが、ありましたよ。
[ 2014/01/05 17:50 ] [ 編集 ]
マーシャル良かったですね。これが続くといいですし、ディフェンスは正直まだどうなのかわかりません。レイカーズは相手のTOを引き出すのが上手くないですし、RB力もないですし、正直ディフェンスをどうにかしてほしいですw

ヒルは腰が良くないので30分はプレーできないってどっかで見ましたが、それにしても出場時間が少ないですね。もっとヒル使って欲しいです。

ダントーニは今シーズンで終わりですよね?後任にはバンガンディー兄弟のどっちかにやってほしいなってのが個人的な希望です。
[ 2014/01/05 16:08 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。今年もMayさんのペースで気を楽に書き続けてくださると我々読者も嬉しい限りです。何卒宜しくお願い致します。

このパオを待っていた!という気持ちですね、以前こき下ろしたのを謝りたいです。続けてくれれば、ですが…。私は未だにインサイドフィニッシュとしてならパオは屈指だと思ってます。
それにケンドールがこのままなら本当に今のレイカーズに合いますね、最後の突き放しの3PはD.Fishを感じました。あれが外れてたらわからなくなってたと思います。逆に今までブレイクどんだけ邪魔してたんだって話です(笑)

ケンドールのDFが見れてないのでわからないですが、どうでしょうか?どうであれスタートとして良いんじゃないかという気がします。怪我から戻ってきて欲しいファーマーとコービー(あとのPG二人はいいです)が帰ってきたら
スターターとセカンドユニットでチームが出来る気がしているので結構期待してます!

調整すれば今季のレイカーズそこそこいけると思います!この試合のボックススコアのミニッツで言えばサクレのミニッツをケイマンにやって、サクレはショーンからミニッツ貰えば丁度いいと思うんですよねぇ…スタートはサクレにくれてやるからプレイタイムはケイマンによこせと思ってます(笑)
あとヒルに10分追加ですね。そしたら試合半分くらいのミニッツをフルパワーで!
ただ思ってしまうのが、このチームだと本当にサンダーには勝てないな。ということです…
でも間違いなく去年より良くて、向上が見受けられて、良いチームになりそうですね!正しく使われれば、ですが…(汗)
[ 2014/01/05 15:24 ] [ 編集 ]
はじめまして、いつまブログ拝見しています。
ほんとにわかりやすいブログで助かります。
なんか、フィルのようないい監督じゃなくて普通の采配ができる監督が欲しいです。
ブレイクが復帰したら先発に起用しそうな感じで怖いです。
lakers fight!!
[ 2014/01/05 10:04 ] [ 編集 ]
PGのキックアウトという言葉を久々に聞いた気がします(笑)

マーシャルのおかげでミークスやパオが活きてて嬉しいです!
それにしても2ヶ月前までベンチ温めだったサクレが30分以上プレイしてるなんて複雑ですね…ケイマンはまた怪我でもしたんでしょうか?日本でも雑誌やテレビの解説でダントーニの謎の起用法に文句を言ってる人が多くなってます。今季いっぱいで解雇だと嬉しいです。
[ 2014/01/05 09:39 ] [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
事細かに記載されているので、フルゲーム見る暇がない読者にとってありがたい限りです。

正統派PGというか、PGの仕事をしてくれるPGがいるこの安心感、そんな安心感を持つこと自体おかしいです。。
PGがオフェンスの核をパウに決めているのは、パウにとってもそうですが、他のメンバーもやり易いのではないかと思います。
大体、セカンドオプションのはずなんですから、今までがそうでないとおかしいのですが。
核もないのにオフェンスパターンがないとかダントーニ言ってもしょうがないですね。そりゃあ、P&Rしか出来ません。

行き当たりばったりのドタバタオフェンス、スリー乱発はもう見たくもないので、ブレイクとナッシュは、個人的にはもう帰ってこなくていいです。
優勝は無理なことはわかっていますが、個人レベルがそこそこ上なので、まともなオフェンス、ディフェンスをしてもらって負ける、ないし勝って日替わりヒーローが出てくるのはいろいろ納得できますし、観ていて面白いです。
もちろんシュートが決まる決まらないも、確率論で偶然だの必然だのありますが、行き当たりばったりで偶然勝って偶然ヒーローになるのはやめてもらいたいです。勝った気がしませんし、面白くもないです。少なくとも実力ではないですから。

優勝しなければ意味のないチームなんですから、あんな賭けにもなってない賭けみたいなスターターやらミニッツ管理は止めてもらいたいとずっと思っている次第です。
すみません、愚痴ばかりで。本当に、NBAレベルでまともなことをしてくれ。。ヒルをもっと出せ!!
[ 2014/01/05 05:24 ] [ 編集 ]
今年もよろしくお願い致します。
「ケンドール・マーシャルは得点力に欠けた正統派PG」と噂に聞いていたので、俺はてっきり、モリスやブレイクがそうだったように、レイカーズでは活きないタイプなのではないかと不安だったのですが・・・ 蓋を開けてみるまで、解らないものですね。好調だったにしろ、合流して間もないのに、堂々たる数字ですよ。ますますナッシュの立場が・・・

サクレは、やたらダントーニに気に入られてますね。ヒルよりはフィジカル強そうだし、サイズもあるけれど、だったら素直にケイマン使おうよ、てなりますよね。サクレはあれですよ、ベンチにいてくれるだけで貢献できますよ。ヒルやケイマンは彼ほどベンチで騒いでくれないし・・・

いずれにせよ、まずは連敗ストップに乾杯。ガソルはどうせ続かないでしょうし、マーシャルもまだまだ未知数な存在ではありますが、これでまたひとつ、予想外の掘り出し物が増える可能性はありますよね。応援しがいがあるってもんです。
[ 2014/01/05 02:30 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
細かい内容が載ってるのでいつも拝見してます♪

出来ればで構いませんが作シーズンのように個人スタッツ載せていただけるとありがたいです^^;
[ 2014/01/05 02:23 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
2014年もよろしくお願いします。

今日は安心して見ていられるかと思ったのですが、終盤は割と競った形になりましたね。
最後はつき放しましたが、安心出来る点差をキープできないのが現時点での実力なのかなと感じました。

ガソルは積極的にシュートを打っていましたね。
トレードのうわさもあるので、張り切っていたのかなと思いました。

マーシャルは『基本通り』というのがピッタリだなと見ていて感じました。
ボールを持ちすぎないし、フロアをよく見ている。
シュートも変なタイミングで打ったりせずに、基本通りのタイミングで打つ。
無駄なことはしないし、ターンオーバーも少ない。
すごく基本に忠実だと思いました。
自分の役割もしっかり理解しているようですし、良いプレーヤーだと感じました。
今日は出来すぎだとしても、安定した活躍ができれば、十分に計算できるプレーヤーになると思いました。

相変わらずダントー二の采配はよくわからないですね。
ケイマンは全く使わないし、サクレは終盤の重要な時間にプレーしているし。
見ていて不満がどうしても残りますね。

今月はアウェーでのゲームが多いですし、厳しいですが、現状の戦力でなんとか頑張ってほしいと思います。
[ 2014/01/05 01:40 ] [ 編集 ]
いつも楽しく読んでます。 マーシャルいいですね。マーシャルは球離れも早いですしガソルとの相性もいいようなのでスターターとして使って欲しいです。そうなってくるとPGが4人になってしまいますが… 何かトレードの噂はありますか?
[ 2014/01/05 00:39 ] [ 編集 ]
若手がのびのびやってる姿を見るのはほんと気持ちいいものです。
マーシャルは最初フェニックスでナッシュの後釜として期待されてたものの大した出場時間与えられず目立った活躍してませんでしたが、これならレイカーズからナッシュ追いやるようですね。まだ数試合なのでなんとも言えませんが、ブレイクみたく苦し紛れでハイポのガソルに渡すんじゃなくて、しっかりポジションとった状態で渡してくれるのは見てて安心できますね。
[ 2014/01/04 21:54 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。
マーシャル見事でしたね。僕もTOが1つなのが良いとおもいます。ナッシュ、ブレイクはますますいらないですね。

相変わらずヒル、ケイマンの起用には不満しかないです。ショーン何とかとサクレはガーベッジプレイヤーですよ。ケリーはまだ若いから分かりますが。

ヒルには個人的に来シーズンもいてほしいのにこの起用だと確実に出ていかれそうですね。

会場でさすがに今更we wanu phillコールとかありますか⁈
[ 2014/01/04 19:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。