8連敗を脱出したばかりのデンバーに大敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

8連敗を脱出したばかりのデンバーに大敗

Game Score



ヤングがベンチに戻り、マーシャル、ジョディー、ウェスリー、サクレ、パオでスタートしました。

1Q
序盤は、デンバーの3ポイントを含むジャンパーが、よく決まりました。レイカーズのターンオーバーや、外したシュートのリバウンドから走られて、比較的オープンで、ジャンパーを決められました。序盤で6点ビハインドにされますが、半ば前から、パオの連続ブロック、パオとサクレのスティールと、ディフェンスが締まり、デンバーを3分近く無得点に抑え、その間、マーシャルが、オフェンスを組み立てて、フリーのチームメイトを見つけて、毎回の様に得点し逆転します。パオが、ボールを貰うと、躊躇しないで打っていました。

半ばには、続けてオフェンシブ・リバウンドを取られた挙句に、フォイにレイアップを決められて、同点に追いつかれますが、パオが、得点とアシストの両方で活躍し、マーシャルも、引き続き、オープンのチームメイトを見つけ、終盤に入った所では、7点リードにしていました。その後もよく守り、残り2分ちょっとでは、パオがジャンパーを決めて、9点リードにします。ここで、一気に離したかったのですが、ウィリアムスが、続けてがら空きの3ポイントを放っては外し、そのリバウンドから走られて、ローソンとフォーニエーに、レイアップを決められます。終了間際も、ヒルとヤングが、ジャンパーを外したのに対し、モズコフとチャンドラーに、ペイントから決められ、29-26の3点リードで、コーターを終了します。

2Q
ジョディー、ヤング、ウィリアムス、ケリー、ヒルでスタートしますが、開始直後に、ウィリアムスが2つ目のファウルで、ウェスリーに代わります。開始直後に同点に追いつかれ、その後、同点、逆転を繰り返します。ベンチから出て来た、ロビンソンに、2連続で3ポイントを決められ、その後も、3ポイントラインの後ろでファウルをして、フリースロー3本を決められ、調子付かせてしまったのが痛かったです。序盤は、マーシャルがベンチなので、ジョディーがPGの役割をやっていましたが、一旦オフェンスに入ると、ヤングがボールを持つことが多かったです。

半ばに、デンバーが続けてジャンパーを外してくれている間に、ジョディーとヤングが決めて、再びリードを奪いますが、マーシャルとパオの、連続ターンオーバーから走られて、オープンで決められて、逆転されます。終盤は、外したシュートのリバウンドからは勿論、決めているのに、インバウンドパスから走られ、ファーストブレイクで得点を許すことが目立ちました。終了間際は、マーシャルが時計をギリギリまで使って、ウィリアムスにキックアウトし、ウィリアムスが、今日唯一決めた3ポイントを沈め、61-60の1点リードで、ハーフへ。

3Q
サクレの代わりに、ウィリアムスがスタートしますが、全く良い所がありませんでした。最初の約3分で、サクレに代えられるまで、3ポイントは打っては外す、ファウルはする、バッドパスでターンオーバーにすると、脚を引っ張るために出て来た様なもので、ベンチに下げられた以降は、最後まで出番がありませんでした。それでも序盤は、何とかついて行きますが、ウィリアムスのターンオーバー後に、ヒクソンにファウルをしてフリースローで得点され、リードを奪われると、ファーストブレイクで、ペイントに走ったローソンに気を取られて、アウトサイドのチャンドラーをがら空きにし、3ポイントを決められて、リードを広げられます。結局、これ以降、レイカーズは、一度もリードしませんでした。レイカーズは、続けてジャンパーを打っては外し、ファーストブレイクで、ジョディーが走っても、レイアップが決められませんでした。

半ばには、モズコフとチャンドラーに、インサイドから決められ、ローソンには3ポイントを決められ、あっという間に、12点ビハインドにされます。それでも、いつもより早く、ヒルが半ばに登場すると、オフェンシブ・リバウンドから決めたり、リバウンド争いでファウルを取ってフリースローを決めます。終盤には、ヤングが、アイソレーションからジャンパーを決め、4点差に詰め、その後も、ヒルとケリーが、ファウルを取って、フリースローで得点しますが、デンバーが続けてジャンパーを決めるので、点差が詰まりません。折角のファーストブレイクでも、ジョディーがローソンに追いつかれてブロックされ、得点に結びつきません。終了間際には、モズコフにペイントから決められると、フォーニエーに3ポイントを決められて、再び点差を二桁にされます。直後のオフェンスでは、ジョディーが3ポイントラインの後ろでファウルを取り、フリースローを3本共決め、点差を8点にしますが、ディフェンスでは、ドライブして来たローソンに、ファウルをするしかなく、スリースローで2点を返されて、93-83の10点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
マーシャル、ヤング、ウェスリー、ヒル、パオでスタートしますが、1分ちょっとで、ヒルに代わってサクレが登場します。出足が悪かったです。まず、ヤングがアイソレーションのプレーから、ダブルチームされて、苦し紛れに出したパスをスイティールされます。次は、ウェスリーが3ポイントを外し、1Qには積極的だったパオが、ミッドポストでボールを貰って、自分で打ちに行けば良い物を、ウィークサイドに長いパスを出して、スティールされます。この間、モズコフのフックショットを挟んで、ロビンソンに3ポイントとレイアップを決められ、始まって1分ちょっとで、点差を17点に広げれれます。この後も、パオがペイントから1本決めたものの、マーシャルとジョディーは、3ポイントを外し、パオは、又消極的になって、パスを出してスティールされ、点差を19点に広げられます。半ば前からは、バスケットが決まり始めますが、ディフェンスで止められないので、点差が縮まりません。終盤に入った所では、20点差を付けられて、ゲームが決まりました。

=>ボックススコアー

パオ
1Qは、かなり積極的に打っていて、結果も6-10の12点と良かったのですが、2Qと3Qは、それぞれ1バスケット、4Qも2バスケットだけでした。ブロックも前半3、終わってみたら3と、出足に飛ばしすぎて、ばてたのでしょうか?

マーシャル
シュートが決まりませんでしたが、これだけアシストがあったら、充分です。3ポイントは、リングの手前に当たる短いものがありました。ターンオーバーが3ありますが、その内2つは4Qで、点差が開いていたので、ギャンブルしてのターンオーバーです。ピック&ロールからでも、ドライブ&キックでも、とりあえずやってみて、苦し紛れのパスではなく、最初から、あそこにパスを出す意図があったというのが分かります。

ウェスリー
シュートのスランプに逆戻りです。ゲーム前の番組で、ジェイムス・ワージーが「おとなしい。自信を持ってプレーしろ。」と言っていました。存在感がないです。

ジョディー
3ポイントは、全く決まりませんでしたが、2ポイントが8-12と良かったです。チームメイトがディフェンシブ・リバウンドを取った後、先行して走ったり、バスケットに頻繁にカットしたりと、よく動きます。2ポイントの確率が良いのは、レイアップが多いからです。

サクレ
マーシャルの恩恵を受けて、ペイントからの楽なバスケットが多いです。マーシャルに、一方的に助けてもらっているのではなく、バスケットにしっかりロールするので、自分自身がペイントからの楽なシュートが打てるだけでなく、デンバーのビッグマンがサクレに付いて来てしまい、パオが、フリスローライン辺りで、フリーになることもありました。

ウィリアムス
ストレッチ4と言う程、3ポイントは決まらないし、軽く当たられる程度のファウルでも、バスケットの近くからのレイアップが決められません。リバウンドは、依然として、そこそこ取っていても、楽に取れるものが殆どです。昨シーズンは、NBAのどのチームとも契約できなかったプレーヤーに、多くを望むことはできないです。それを使っているダントーニが悪いです。

ヤング
オフェンスで、ベンチを引っ張っています。シュートはよく決まりました。外した3ポイント1本は、コーター終了間際に、バックコートから放ったものです。慾を言うと、ベンチはPGがいなくて、ボールを持つことが多いので、アシストがもう少しあると良いです。

ヒル
リバウンドになっていなくても、リバウンド争いをしてファウルされ、フリースローをもらうことがありました。12分しかプレーしていないのに、フリースローの数では、33分プレーしているジョディーと同じ、37分プレーしているパオより1本多いです。オフェンシブ・リバウンドからのバスケット&1もありました。ファンに人気があるのは、気迫あるプレーが見たいからです。3ポイントが決まらないストレッチ4を使うなら、ヒルを使って欲しいです。

ケリー
ローテーション入りしてからは、シュートはそこそこ決めているし、オープンのチームメイトも見つけているし、オフェンスはよくやっていますが、リバウンドが寂しいです。サイズはあるので頑張って欲しいです。

オフェンス
3ポイントは、3-21と悪かったですが、全体では42-89の47.2%、フリースローも36本取っているので、それ程悪くはないです。115点取っていたら、敗因はオフェンスではないです。

ディフェンス
トランジションディフェンスが悪いです。リバウンドから走られるのはまだしも、決めた後のインバウンドパスから走られて、楽に決められています。

ペリメターのディフェンスは、ローソンにドライブされて、ディフェンスがインサイドに収縮してしまってオープンになったこともありましたが、1オン1から決められたり、しっかりカバーしているのに決められたジャンパーも多かったので、必ずしも、ディフェンスが特別悪かった訳ではないです。

問題は、毎回言っているリバウンドです。全体で58-38の-20、オフェンシブ・リバウンドでは、17-9の-8です。リバウンドで20も差をつけられたら、ディフェンスが良くても勝てるはずがないです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/01/06 17:24  Lakers | コメント(10)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>トーレスさん

実力がないのは分っているので、勝敗は気にならないです。気分が悪いのは、リバウンドで負けているので、3ポイントが決まらないストレッチ4を、使い続けていたりと、采配が敗因になっている所です。

マーシャルは、ギャランティーではないですが、2年契約なので、レイカーズが欲しければ、来年は残留です。ヒルはサラリー額次第、ファーマーは、ロサンゼルスに自宅があるから、少々の差なら残留、ジョディーとザビエーは、両方いらないでしょう。


>>ひでさん

それが、今のレイカーズの実力だと思います。実力がないチームでも、前半は何とか付いて行かれますが、後半になったら持たないです。

ダントーニをクビにしても、サラリーを支払わないといけないので、余程のことがない限り、ないでしょう。

コービーがいないのはきついですが、マーシャルが良いので、パオがコービーがいる時と近い状態でプレーできます。


>>up tempoさん

クリーブランドに行ったデンがFAです。後は大したのはいないです。ゴタットくらいでしょうか。パオは、トレード期限まで分からないです。


>>一人の旅人さん

ヤングと契約した時に、ミッチが、「契約は1年だけれど、長くいてもらいたい」と言っていました。仰る通り、ファウルが取れる、ましてやフリースロー2本ではなくて、&1が取れるプレーヤーは貴重です。

ウィリアマウスがウェブされたので、ストレッチ4をやりたくてもできないです。ガードは、ヤングをガードと数えても3人しかいないし、SFはウェスリーだけです。1-3ポジションが4人しかいないから、ストレッチ4をやりたかったら、その4人を、全員一緒にプレーさせないといけないです。

今シーズンは優勝する可能性がないから、HCは代えないと思います。


>>敦志さん

落ち着いてプレーしています。チームのことが、まだよく分からないのに、これだけやれるのはたいしたものだと思います。ナッシュは、レイカーズに来てから、17アシストなんてないですよね。二桁でさえ稀でした。少なくとも、ナッシュ以上です。


>>こーへいさん

「ムキになって」が良いですね。(笑)私も、ファンに人気があるヒルを使わないのは、ファンに対する嫌がらせと思う様になってきました。


>>ニコピョンさん

Dリーグなら、間違いなく優勝です。MVPはサクレ。


>>asapmobさん

良いローテションですね。HCが代わらないことには、しょうがないですが。
[ 2014/01/08 09:49 ] [ 編集 ]
ショーンの、ウェイブはフロントの考えですかね?
このままダントーニもウェイブしてほしい。
いくら今年の優勝はないからと言ってもううんざりです。
けどこれでダントーニはヒルを出さざるをえない状況になりましたね!
[ 2014/01/08 07:53 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにさせて頂いております
更新ありがとうございます!


今年のレイカーズは正直プレーオフも危ういですが、伸び盛りの若手が頑張っている時は、全力出したら負けてもまぁ仕方ないかな?と感じられます


少し心配なのはジョディ、ザビエー、ヒル、マーシャルにファーマーあたりが来期引き抜かれてしまうのではないかと不安です


致し方ないですかね・・・
[ 2014/01/07 20:35 ] [ 編集 ]
デンバーってつい最近まで8連敗してたんですね。
昨日の内容だと8連敗するようなチームには見えませんでした。
そんなデンバーにやられるレイカーズの方が良くないのかと思ってしまいますね。

前半は良くやっていたと思ったのですが、後半が良くなかったですね。
やはりリバウンドが取れないですね。

リバウンドが原因で何試合も負けているのに、そんなことも分かっていないのか、リバウンドを重視したラインナップを組まないコーチはいらないです。
これだけ負けが込んでいるついでにクビになればいいのにと思ってしまいます。
今季中はクビにならないのだろうと思いますが・・・

今季はケガ人が多いので、なかなか安定した試合運びが出来ないのも痛いですね。
ジャンパー任せの試合だったり、たまにリバウンドを良く取ったりと。
1番安定していると思ったのが、コービーやガソルを中心としたオフェンスをしている時が安定していると思ったのですが、今はコービーがいないですし。
コービーがいないレイカーズの試合を見るのにやっと慣れてきたところですが、本当に痛いなと思ってしまいます。

今は怪我やコーチの理解不能な采配など、いろいろな意味で我慢の時期かなと思います。

次の試合からロードだらけですが、今シーズン1番の山場かもしれないですね。
なんとか頑張ってもらいたいです。
[ 2014/01/07 12:26 ] [ 編集 ]
波に乗れると思ったのですがこの大敗は痛いですね。
なんとか、連勝して欲しいですね。

ところで、来シーズンのFAでlakersにきてくれそうな人はいますか?
結局パウは、どうなるんですか?


[ 2014/01/07 10:29 ] [ 編集 ]
ヤングやジョディは毎回観ていて期待させられます。
ヤングはコービーの後釜には厳しいものがありますが、優秀なアイソレーションができるプレイヤーなので、このままずっとレイカーでいてもらいたいくらいなのですが。
ジョディもそうですが、AND1がよく取れるプレイヤーですから、ゲームの流れへの影響も強いはずです。
でもチーム事情や、やりたい放題のHCとかね、出ていってしまう要素がたくさんあるので不安です。

もうストレッチ4諦めてくれませんか、ダントーニはバイナムのついでに解雇されてしまえばいいのに。
リーグでも屈指のリバウンダーをロールプレイヤー以下にしか扱わないHCは今まで見たことがないです。
ベンチレベルにも満たないプレイヤーをスターターに使うHCを見たことがないです。
本当に腹が立って仕方がないです。無能過ぎて怒りを通り越して笑いが出そうですが、それすらも超えてしまっている次第です。

本当に前述もそうですが、なにより、強力なリバウンダーであるヒルが出ていってしまいそうでなりません。
現地じゃダントーニの解雇の噂なんて流れてませんか?
[ 2014/01/07 00:21 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございますm(__)m

17アシスト!!
試合見てないので全然分からないのですが、マーシャルはかなりいい選手なんですか??

マーシャルに目処が立つと今後も相当期待が持てますね!
[ 2014/01/06 23:32 ] [ 編集 ]
ムキになってスモールラインナップ押し通してたと思えば、比較的サイズはないけど走りまくるチームに対して運動能力あるヒルを使わないとか…なんでいつも逆な起用法ばかりなんでしょ?笑
もはやファンに嫌われたくてワザとやってる風にしか思えないっすわ。
[ 2014/01/06 23:04 ] [ 編集 ]
最強チームだ!
PG ナッシュ
SG ブレイク
SF ウィリアムス
PF ケリー
C サクレ
こんなスタメン見てみたいです。
ネタとして。
このブログは僕の生き甲斐です。
いつもありがとうございます。
MAYさん大好きです。
[ 2014/01/06 22:39 ] [ 編集 ]
相変わらずダントーニのローテーションは狂っているので、むしろ負け続けてドラフト上位を狙って欲しいです。
UCLAのZach Lavine あたり取ってくれないかなぁ。
そしてメロを連れて来て、ファーマー、ヒル、ケイマン等と再契約、コーチを変更すれば、
二年後の優勝も見えるのでは?

PG Zach/Marshall/Farmer
SG Kobe/Jhonson
SF Camelo/Young
PF Hill/Kelly/Someone
C Kaman/Sacre

[ 2014/01/06 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。