又もやターンオーバー量産で逆転負け

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

又もやターンオーバー量産で逆転負け

Game Score



1Q
開始直後に、リンに決められますが、その後はしっかり守り、ウェスリーの3ポイントとジョディーのレイアップで、リードします。開始2分で、ジョディーが早くも2つ目のファウルで、代わってヤングが登場します。ヤングは、背中の痛みが心配されましたが、よく動いていました。その後、一旦追いつかれますが、パオが、自分が外したフリースローのリバウンドを、自分で取ってダンクを決めて、変形3ポイントプレーになり、リードを奪います。直後のディフェンスでは、パオがジョーンズをブロックし、ショットクロック違反を誘います。半ば前から半ばにかけて、ヒューストンに続けてバスケットを許しますが、ウェスリーのジャンパー、マーシャルの3ポイント、パオのダンク、ヤングのレイアップと、4連続で得点し、点差を7点にい広げます。

半ばには、ハーデンとリンが、続けてジャンパーを外してくれているのに、ウェスリーのバッドパスと、マーシャルのオフェンシブ・ファウルでの、連続ターンオーバーで、点差を広げられません。それ所か、ジョーンズとリンにドライブされ、レイアップを決められ、終盤には、パオがハワードに対して良いディフェンスをして、ジャンパーを外しているのに、リバウンドを取られて決められます。直後には、パオがポストプレーから、ドリブルしているボールをスティールされ、ハーデンにダンクを決められ、1点差に追い上げられます。ここからよく踏ん張って、ディフェンスでは、ジョディーがスティールし、ファーストブレイクで、ウェスリーが、ブルックスを飛び越えてレイアップを決め、直後には、今度はウェスリーがスティールし、ヤングがフリースローを取り2本共決め、点差を広げます。最後の2分ちょっとを、ハワードのフリースローによる1点だけに抑え、28-24の4点リードで、コーターを終了します。

2Q
ジョディー、ヤング、ウェスリー、ケリー、ヒルでスタートします。出足に、ジョディーが3ポイントを決めると、序盤は、ヤングが、ドライブしてのレイアップやフローター、アイソレーションから時間切れギリギリにジャンパーと、絶好調でした。ディフェンスがまずまずで、ヒューストンは、時間切れギリギリになってシュートを放って外すことが何回かあり、点差を8点に広げます。半ば前には、ターンオーバーもあり、多少追い上げられますが、ディフェンスでは、マーシャルのスティールや、サクレのブロックもあり、2分近くを無得点に抑え、リードを保ちます。

半ばには、マーシャルがドライブしてレイアップを決め、8点リードに戻しますが、ディフェンスで、サクレが、ハーデンからチャージを取ろうとして、ブロッキングファウルになり、レイアップ&1を決められて、5点差に追い上げられます。その後、シュートが決まらなくなり、終盤に入った所では、4点差に追い上げられますが、1ポゼションで続けて3つオフェンシブ・リバウンドを取って後、パオがティップする、しつこいプレーもありました。直後にも、ウェスリーがオフェンシブ・リバウンド取り、バスケットの目の前でがら空きのヒルにパスを出し、ヒルがレイアップを決めて、解説者が「レイカーズは、1歩速い」と、いつもとは反対のことを言っていました。この後にも、まずヒルがオフェンシブ・リバウンドを取って、フックを打ったのに外して、そのリバウンドを、今度はパオが取りレイアップを決めて、オフェンシブ・リバウンドで、頑張っていました。残り2分を切った所では、ジョディーがスティールからダンクを決め、11点リードにしますが、その後が良くなかったです。ハーデンやブルックスを、オープンして3ポイントを決められたり、パスを周されている内にディフェンスが崩れて、キャスピにレイアップを決められたりで、追い上げられます。終了間際には、パオがペイントのヒルを見つけてヒルがジャンパーを決め、7点リードにしますが、ハーデンにブザービーターのジャンパーを決められ、57-52の5点リードで、ハーフへ。

3Q
開始早々、パオがポストプレーでドリブルしていてボールを失い、ターンオーバーにします。その後も、前半だけで4ターンオーバーがあり、そこからのファーストブレイクで、ダンクやレイアップを楽に決められたり、ファウルをしてフリースローから得点を与えます。序盤に、ウェスリーが3ポイントを決めて、一旦は点差を保ちますが、ターンオーバーや、外したシュートのリバウンドから走られて、楽なバスケットを決められ、序盤で逆転されます。序盤には、ジョディーのダンク、半ばにはヤングの3ポイントでリードを奪い返しますが、直後にハーデンに3ポイントを返されて、再逆転されます。これ以降、レイカーズがリードを奪い返すことはありませんでした。

半ば過ぎには、ヒルがオフェンシブ・リバウンドから得点したりと、何とか食いついて行きますが、その後もターンオーバーを多発して、点差を広げられるばかりでした。折角良いディフェンスをして、時間切れギリギリに、苦し紛れのキックアウトをさせても、ブルックスに、ブザービーターの3ポイントを決められたりと、運もありませんでした。最大16点ビハインドにされますが、終了間際に、ヒルとヤングが決めて、85-72の13点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
ジョディー、ヤング、ウェスリー、ヒル、ケイマンでスタートします。開始直後に、ヒルがキャスピにファウルをし、フリースローを与えて、点差を広げられます。その後、ウェスリーのスティールや、ケイマンがハワードをブロックしたりで、2分近く無得点に抑えますが、ヤングとウェスリーは、3ポイントを放っては外し、ケイマンはフリースローを取っても、1本しか決められないので、追い上げられません。それ所か、半ば前には、リンに3ポイントを決められて、点差を20点に広げられます。

半ばにスターターが戻ると、前半は好調だったのに、後半はここまで無得点だったパオが、やっとシュートを続けて決め、ジョディーも3ポイントを決めて、点差を13点縮めますが、半ば過ぎから、ヒューストンは、得点源のハーデンにボールを集めて、ハーデンが着実に得点します。レイカーズは、ジョディーがよくドライブして、ファウルを取り、フリースローを決めますが、毎回得点されるので、点差が縮まりません。そして、ハッカ・ハワードが始まります。計8回ファウルして、フリスローは7-16と、成功でしたが、最初は、ケイマン、パオ、ヤングが得点して、点差を11点にまで詰めますが、その後は、ハワードが2本共外しているのに、ジャンパーを打っては外し、点差を広げられます。残り2分ちょっと、最後のハッカ・ハワードでは、2本目を外しているのに、ジョーンズにリバウンドを取られてファウルし、ジョーンズも1本目は外しますが、2本目を決めて、結局2点を取られて14点ビハインドにされ、直後には、マーシャルのターンオーバーから、ジョーンズにレイアップを決められ、ゲームが事実上決まりました。

=>ボックススコアー

パオ
ポストプレーからドリブルをしていて、スティールされたり、単にボールを失うプレーが目立ちます。気が付いただけでも、3回ありました。前半は、5-7の15得点、フリースローも5-6と、絶好調でしたが、後半3-6の6得点、フリースローは、1本もありませんでした。3-6なら、確率は悪くないですが、3Qは無得点です。最近、前半は良いのに、後半行方不明になることが多いです。今日は、バックトゥーバックの疲れもあったので、仕方がない面もありますが、4Qは、ポストには殆ど行かないで、ペリメターでスクリーンをセットしているだけでした。気合が入っている時と、そうでない時の差が激しすぎます。

ウェスリー
3ポイント以外のシュートが増えているのは良いのですが、折角ドライブしても、近くからのシュートが決まりません。ディフェンスは、スティールも多いし、ファーストブレイクで走れるのが助かります。

ジョディー
スティールが2あり、これで14ゲーム連続でスティールをしています。これは、現在続いている連続スティール記録では、最長だそうです。シュートの確率は良くないですが、バスケットにアタックして、ファウルを取れるので、フリースローを10本も取っています。

マーシャル
シュートが決まりませんでした。いくら若いといっても、Dリーグから来て、スターターで40分近いミニッツをプレーして、バックトゥーバックなので、疲れがあるはずです。ターンオーバーが又、多いですが、いくつかは、マーシャルの責任ではないものもあります。チームのシュートの確率が、40%ちょっとなのに、8アシストは、立派です。

サクレ
ディフェンスは良くやっていますが、オフェンスで全く期待できないです。4Qは、全くプレーしませんでした。サクレは、これの繰り返しです。30プレーヤー以上プレーさせたと思ったら、ベンチ暖めだったり、極端にミニッツが少なかったり。スターターで30前後をプレーできる実力がないことは、分っているはずです。一体いつになったら、ローテーションを確定するのでしょうか。

ヤング
バスケットにドライブもできて、よく動いていました。少々体勢が悪くても、レイアップが決められるのが強みです。

ヒル
ケリーがファウルトラブルだったので、ヒルとしては多い22分のプレーでした。このミニッツにしては、8リバウンドと良くやっています。毎回、ゲーム前後の番組が、「もっとヒルを使え」特集になっています。

ケイマン
ケリーがファウルトラブルだったので、渋々使ったのだと思います。サクレを同じミニッツで、スタッツは、ブロック数が同じですが、他はケイマンが良いです。確かに、サクレの方が若いので、動きは多少良いですが、ディフェンスではそれ程差が無いし、リバウンドは、むしろケイマンの方が取ります。その上、アシストもできるし、オフェンスでは、数段上なのに、どうして使わないのか疑問です。

オフェンス
ジャンパーが多いです。特に、追い上げようという時に、3ポイントやミドルのジャンパーを放って外すことが多いです。オフェンスの核がいないのが、厳しいです。ヒューストンは、後半に入った所や、終盤では、これでもかというくらい、ハーデンがボールを持っているのに、レイカーズは、何をしたら良いのか、誰がボールを持ったら良いのかが分らなくて、4Q後半でも、1Q前半でも、同じオフェンスです。折角、ハッカ・ハワードが上手く行っているのに、落ち着いてオフェンスをしないで、バタバタとパスを周して、ジャンパーを外しています。

ディフェンス
前半は良かったです。ハーデンにはそこそこやられましたが、他をしっかり抑えていました。ファースブレイクポイントも、少なかったです。後半は、ディフェンスその物が悪いというより、ターンオーバーが多過ぎました。3Qだけで、7もありました。各コーターの得点を見ると、大幅に負けているのは3Qだけです。ターンオーバーをしなくても、外したシュート、特に、リバウンドが長くなる3ポイントのリバウンドから走られて、戻りが遅くて、楽なシュートを決められました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2014/01/09 17:03  Lakers | コメント(7)
はじめまして
ガソルには具体的なトレード安とかでてるんですか?
今のところコービー以外で、トレードの駒として使えるのはガソルだけかと思います。
なんだかんだ言われていますが、ガソルならまだまだ欲しいと思うチームは多いと思うんですが。
[ 2014/01/12 16:00 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>up tempoさん

全盛期のマックス契約プレーヤーが、35歳のプレーヤーより上なの当たり前なのに、そんなことが嬉しいなんて、幸せな人です。8月にロサンゼルスに来て、晴れていると喜んでいる様な物です。

ターンオーバーは、始めから死に物狂いだから、後半になると、集中力が持続しないのもあると思います。リバウンドは、ローテーションで、少し改善できるのに、しないです。


>>ひでさん

レイカーズが強かった時は、逆だったのでよく分ります。ハーフに二桁近くビハインドなのに、3Qを終わったらリードしていて、4Qはコービーもパオも、全くプレーしないなんてことがありました。3ピートの時は、特にそういうことが多かったです。

スティールは、ジョディーが個人的に多いけれど、他は殆どないですよね。ウェスリーもちょっとありますが。


>>ゆ~すけさん

↓の人は、丸紅の人ですよ。残業してこんなことしているなんて、良い身分ですね。

サンズのブレッツォが怪我したので、ナッシュを引き取ってくれないですかね。見返りは、2030年の二巡目か、サボテン1本で良いです。


>>若社長さん

今シーズンは諦めていますが、来シーズンは、絶対に代えて欲しいです。
[ 2014/01/10 18:12 ] [ 編集 ]
↓の人は目立ちたがりですかね?ww
ほっとくに限りますねwww

他の方のツイートの通り問題はターンオーバーとリバウンドですよね。

この状態をダントーニは、なんとも思ってないのですかね?
[ 2014/01/10 16:22 ] [ 編集 ]
Mayさんもツイートされていましたが、後半、特に3クォーターにつき放されるあたりが今の実力なんでしょうね。
前半から全力を出し切るので、後半には何も残ってないんだなと感じてしまいます。

ジョディーがインタビューで、『毎試合同じ展開の繰り返し』と言ってたみたいですが、同じ悪夢を繰り返し見せられているようでプレイヤーたちは辛いでしょうね。

最近は敗因は同じでターンオーバーとディフェンスとリバウンドですよね。
ディフェンス面では、チームとして、スティールを奪うような積極的なディフェンスがあまり見られないので、そのようなディフェンスをしてほしいなと思いました。
この試合もヒューストンのスタメンはリン以外はほぼターンオーバーをしていませんよね。
レイカーズにいた時はよくターンオーバーをしていたハワードでさえゼロなので、もっとプレッシャーをかけるようなディフェンスをして、そこから流れを変えてほしいと思いました。

状況は厳しいですが、ケガ人が帰ってくるまで頑張ってもらいたいです。
[ 2014/01/10 04:06 ] [ 編集 ]
↓はいつものですので相手にしないように。
『コービーがいない方が強い』
が全くの見当違いのくだらない駄文となったのでなんとか必死に探し出したネタが怪我してプレイできないコービーとの比較なんですからww
いや、まさかと思うけど試合見てないからコービーが怪我だと言うことも忘れてるかもwwww




しかしこう光が何もない状態ですね。
何かしら工夫無いのかな…
ほんとにナッシュトロントとかサンズとかに売り払ったり出来たらいいのに…
[ 2014/01/10 01:15 ] [ 編集 ]
やはり采配に納得できません。。。せめて来シーズンは監督を交代して欲しいです。。。

[ 2014/01/09 20:19 ] [ 編集 ]
ハーデン>>>>>>>>>>>>>>>>>>(笑)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ブライアント
[ 2014/01/09 19:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。