又3Qに逆転負け

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

又3Qに逆転負け

Game Score




サクレに代わり、ヒルがスタートしました。サクレは、全くプレーしませんでした。

1Q
序盤は、レイカーズの悪いパターンでした。ジャンパーを打っては外す、ターンオーバーは、バッドパスが2つ、ムービングスクリーンとトラベリンで、最初の4分で、4つもありました。ディフェンスでは、相変わらずオフェンシブ・リバウンドを取られますが、長めのリバウンドで、ドラギッチやグリーンのバックコートに取られました。序盤で10-2とリードされますが、半ば前から、続けて決めて追い上げます。

ところが、半ばに入ると、レイカーズは続けてジャンパーを外し、ディフェンスでは、続けて決められて、点差を8点に戻されます。そこから、ベンチから登場したヤングが、ジャンパーやドライブしてのレイアップを決め、ファーストブレイクでのウェスリーのダンクもあり、終盤に入った所で、4点差に詰めます。その後、ジャンパーを外したり、ターンオーバーがあったりで、再び点差を8点に戻されますが、終盤、ベンチから登場したケイマンが、ポストプレーから、アシストが無いバスケットを、3連続で決め、逆転します。ディフェンスではよく守り、27-26の1点リードで、コーターを終了します。

2Q
マーシャル、ジョディー、ヤング、ケリー、ケイマンでスタートします。開始直後に、ケイマンがジャンパーを決めて、リードを広げます。その後序盤は、バスケットの交換になり、逆転を繰り返します。オフェンスでは、ファーストブレイクでの、ヤングのダンクや、ジョディーのレイアップが決まりました。半ば前に、ファーストブレイクで、マーカス・モリスにダンクを決めれ、1点ビハインドになった直後、そのインバウンドパスから走って先行したヤングが、ダンクに行きますが、そこで、上のハイライトの最初の部分のプレーが起こります。審判がビデオを見て判定した結果、ファウルをしたレンは、フレイグラント2で退場、ヤングは、ドラギッチにパンチをしたとして退場、ヤングを突き飛ばしたマーカス・モリスは、フレイグラント1となり、フィニックスがフリースロー2本、レイカーズが3本の後、レイカーズのボールとなります。フィニックスは、ドラギッチが1本外したのに対し、レイカーズは、ジョディーが1本、ウェスリーがヤングに代わり2本決め、1点リードとなった後、ケイマンがファウルをされてフリースロー2本を決め、5本連続のフリースローで、3点リードとします。

半ばに入ると、ケリーが、まず、リバウンドを取っているのに、持っているボールを、マーカス・モリスにもぎ取られる、パオの物真似の様なプレーでターンオーバーし、次は、チャージを取られて2連続のターンオーバーで、得点できません。幸い、ディフェンスでは、ケリーのブロックが2つあり、しっかり守ります。ケリーが、オフェンスでのミスを、ディフェンスで取り返していました。その後、フライにジャンパーを決められて、2点差に追い上げられますが、マーシャルとジョディーの連続3ポイントがあり、点差を8点に広げます。終盤に入った所では、グリーンにジャンパーを決められますが、その後、パオがジャンパーを決めたり、ファウルを取ってフリースローを決め点差を広げ、マーシャルの3ポイントで、13点リードにします。ところが、リードを更に広げるのは勿論、守ることさえできないのが、今年のレイカーズです。この後、残り2分ちょっとで、ヒルのフックショットがあったものの、その後はコーター終了まで、ジャンパーを打っては外し、バスケットが1本もありません。ディフェンスでは、ファウルをするのが精一杯で、フリースローを与えます。残り1分では、フライがフリースローを2本共外しているのに、長めのリバウンドを、ウェスリーが、プラムリーをボックスアウトしなかったために、リバウンド取られ、プラムリーにファウルをし、フリースローを2本共決められます。そして、残り21秒からのオフェンスでは、マーシャルが時間を充分使わないで、3秒ほど残して3ポイントを打って外し、ドラギッチにリバウンドを取られて走られ、先行したタッカーに、バスケットのすぐ近くから、ジャンパーを決められます。ディフェンスには、ジョディーしか戻っていなかったので、1対2になってしまいました。解説者は、「マーシャルが悪い」と言っていました。58-54の4点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤に、立て続けに決められて、逆転されます。レイカーズも、マーシャルがジャンパーを決めたり、ヒルが3連続で決めたりと、順調に得点しましたが、ディフェスで止められないので、あっさりと逆転されてしまいました。ドライブされると、みんなペイントについて行ってしまい、ペリメターでスポットアップしているプレーヤーが、がら空きになりましhた。それでも、半ばまでは、離されないで付いて行き、同点や、1点ながらリードすることもありました。

ところが、半ばから、シュートが決まらなくなり、ターンオーバーもあり、得点が止まり、ディフェンスでは、ファーストブレイクからレイアップを決められたり、相変わらず、ペリメターをオープンにして決められます。終盤に入った所では、7点ビハインドにされ、一旦は、ケリーとケイマンのジャンパーで、5点差に追い上げます。その後、フィニックスが、ジャンパーを打っては外してくれているのに、レイカーズも付き合って、ジャンパーを打ってはずしているので、点差が縮まりません。それ所か、ターンオーバーや、外したシュイートのリバウンドから走られて、ダンクやレイアップを決められ、点差を9点に広げられます。終了間際に、ウェスリーが3ポイントを決めて、その後、しっかり守って、ブザーが鳴る前にシュートを打たせないで、88-82の6点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
マーシャル、ジョディー、ウェスリー、ケリー、ケイマンでスタートします。開始直後に、ジョディーがレイアップを決めると、又、ケイマンが、頑張ってくれます。ポストプレーから、ファウルを取ってフリースローを決めたり、レイアップを決めたり、ディフェンスを引きつけて、アウトサイドのウェスリーにキックアウトし、3ポイントのアシストをしていました。序盤で、ケイマンのフリースローで、同点に追いつきますが、その後が悪かったです。ドラギッチ、フライ、スミスに、ファーストブレイクでもないのに、3連続でレイアップを決められて後、フライにダンクを決められます。インテリアディフェンスが、存在しませんでした。オフェンスでは、ケイマンに代わって登場したパオが、いきなりバッドパスでターンオーバーし、その後、マーシャルとケリーが、続けてジャンパーを決めたもの、ジョディーとウェスリーが、続けてターンオーバーします。そして、半ばには、フライに3ポイントを決められて、10点ビハインドにされます。

半ばからは、3Qまでは、シュートがあまり決まっていなかったパオが、3連続で決めますが、ディフェンスでは、相変わらず、ドライブされてレイアップを決められたり、ジャンパーを外しているのに、長めのリバウンドを取られ、そこから得点され、点差が縮まりません。その後、ジョディーとパオが決めて、5点差に追い上げるのが精一杯で、後は、離される一方でした。

=>ボックススコアー

パオ
3Qまでは、シュートが5-13と散々でしたが、4Qは5-7でした。但し、その内1本は、ゲームが決まった終了間際、数秒の意味のバスケットですが。ボールハンドルをしないビッグマンとしては、ターンオーバーが5と、かなり多いです。最近、ドリブルしていたり、ドライブしてスティールされるのが、目立ちます。

ウェスリー
今日も、解説者が、「3ポイントの割合を減らして、カットしろ」と言っていました。シュートタッチは良いので、3ポイントにこだわらないで、ミドルのジャンパーを増やしたら良いと思います。

ジョディー
3ポイントが、あまり決まっていませんが、4本しか打っていないので、何とも言えません。3ポイントは、マーシャルが6本、ウェスリーが5本、ケリーが4本打っていて、ジョディーも4本です。この中で、ケリーと並んで、ジョディーの本数が一番少ないのはおかしいです。自分のチームの、一番確率が良い3ポイントシューターに、3ポイントを打たせようという意図がないです。

マーシャル
シュートが決まりませんでした。たまたまなのか、これが実力なのかは、まだゲーム数がすくないので分りません。アシストは、相変わらず多いです。1月の平均アシスト数では、リーグトップだそうです。

ヒル
22分のプレーで、10リバウンドです。このリバウンドだけでも充分です。ヤングの小競り合いの際は、ビデオには映っていませんが、ヤングを助けに行こうとして、一瞬コートに入った様です。コーチにすぐ連れ戻されましたが、小競り合いの際に、ベンチのプレーヤーが、コートに入ると、自動的に1ゲーム出場停止になります。

ヤング
退場になるまでは、よく走って先行して、楽なバスケットを決めていました。ドラギッチにパンチをしたとして退場いなっていますが、パンチというよりは、手が開いていない状態で、ドラギッチの顔を押しのけた感じです。ドラギッチの頭が、右に動いていますが、全く痛そうにしていないです。それに、ヤングは、掴み合いのお輪から離れようとしているのに、フィニックスのプレーヤー5人が、追って行っています。それでも、手が開いていないので、パンチと取られても仕方が無いので、出場停止になる可能性があります。但し、ヤングは、退場はこれが初めてだそうです。リーグからの処分には、前科も考慮されるので、初犯の場合、罰則が軽い可能性があります。

ケイマン
シュートは1本しか外していないし、決めたシュートは、殆どが、ダントーニが嫌いなポストプレーからの、アシストがないバスケットでした。フリースローは、パオの半分位のミニッツで、パオより1本多い6本を打って、全部決めています。

ケリー
3ポイントは、あまり決まっていないですが、3ポイントをフェイクを入れて、内側に入って、ミドルのジャンパーを打ったりしています。ディフェンスでは、ブロックやスティールがあるし、チャージを3回も取っています。

オフェンス
相変わらずジャンパーが多いです。3ポイントは、パオやケイマンにボールを入れて、インサイド・アウトが何回かありましたが、外でボールを周すだけで、打つことの方が目立ちます。ポストプレーが決まるから、ディフェンスを引きつけて、ペリメターがオープンになり、3ポイントが決まるし、3ポイントが決まるから、ポストプレーヤーにダブルチームしにくくなります。それが、ダントーニオフェンスだと、3ポイント一辺倒です。

ディフェンス
ローテーションが遅いというより、ペイントに引き込まれてしまって、ペリメターをがら空きにすることが目立ちました。インテリア・ディフェンスも、相変わらず悪いです。レイアップに来ているのに、ハードファウルの1つもしないと、ゲーム後の番組で、ワージーが怒っていました。

リバウンドでは、又負けています。全体で53-43の-10、オフェンシブ・リバウンドでは16-8の-8ですが、今日は、ビッグマンの責任ではないです。フィニックスは、ジャンパーが多く、ペイントの外に行く長めのリバウンドが多かったです。フィニックスのリバウンドリーダーは、PGのドラギッチの10本、SGのグリーンも7本取っています。それに対して、レイカーズのスターティングPGマーシャルと、SGのジョディーは、2本ずつ、合わせて4本です。スターターのバックコートで、-13です。バックコートが、リバウンドでこれだけ負けるのは、意識の問題が大きいと思います。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2014/01/16 18:31  Lakers | コメント(15)
ボストン戦は、いつもと違い逆転勝ちだったのでよかったです。
負けていてもズルズルいかなかったです。
ケリーが調子が良かったのもあるとおもいますがケイマンのミニッツが少なかったですよね?
サンズ戦でポストプレーでの3連続得点があったのでボストン戦もたくさん出すのかなと思っていたのですが…
ケイマンがいるとインサイドアウトが少しでも増えてくれると思うのできたいしています。
[ 2014/01/19 14:52 ] [ 編集 ]
ボストンに勝ちました。勝敗に関心がなくなっていましたが昨日の勝ちは気持ち良かったです。
[ 2014/01/19 14:21 ] [ 編集 ]
遅いかもしれないがダントーニに愛想が尽きた。
私は嫌いだが現在成績上位のポポビッチHCでさえ選手やチームの為に抗議して退場した。成績下位でスターターも定着しないチームのHCが止めにも入らず抗議もせず、挙句の果てに喧嘩はよくないやるべきではないと逆にヤングを批判するコメントと態度をとる。厳しい訳でもなくただ自軍選手にきつく吠えているだけの態度に怒りを覚え愛想が尽きた。 ヤングの楽しそうなプレーが好きなだけにチームプレーできる信頼を持てるのかが心配だ。
[ 2014/01/18 21:55 ] [ 編集 ]
ヤングの退場に対するダントーニのコメントがひどいですね。
[ 2014/01/18 21:24 ] [ 編集 ]
マーシャルはNBAのスタータークラスの実力はありそうですか?
[ 2014/01/18 17:38 ] [ 編集 ]
そうです、ティバドーです。
相手を60ー70点に抑えて勝つレイカーズを見てみたいのです。
4Q残り9分位残っているのに100テンを安々と突破される守備は
もう見たくないのです。
でもティバドーにとって、現在のレイカーズ美味しくないですかね。
ダントーニのこの体たらくの後はプレッシャーが少ないという利点もありますが(^^)
[ 2014/01/18 01:27 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

サクレもですが、ウィリアムスも、こんな感じでしたよね。スターターや、ベンチでも、長々と使ったと思ったら、DNPだったり。それで、又長時間使い出したり。いい加減、使い物にならないと、気が付いて欲しいです。ウィリアムスは、ダントーにが気が付かないから、球団が解雇しましたが。何時までたっても、ローテーションを試している状態です。だから、みんな、自分が何時出ていくかも、何分プレーするかも分からないから、やり難いです。

ダントーニが、自分で「テープを見ないと分からない」と、翌日言うことがあるので、本当かどうかは知りませんが、少なくとも本人がそう言っています。何故か、リバウンドについて訊かれると、いつもこう言います。リバウンドで負けているという現実を、受け入れられないし、その対策をしたくない様です。

10日間だと、ザビエーが帰ってくる頃あたりでしょう。


>>KO8Eさん

私も、勝てないのは分っているから、勝敗は気にならないのですが、やるべきことをやらないで、HCの采配が、敗因の一つになって負けているから、気分が悪いです。


>>魚さん

ランビスがディフェンスのシステムを作っても、それができるローテーションをしなかったら、できないですよね。口で言うだけで、実際にディフェンスを重視していないから、こういうことになるのだと思います。リバウンドで二桁負けていても、全く気にしていないです。

ブルズのコーチは、ティバドーですか?ニックスが狙っているという話ですが。


>>一人さん

ヒルは、見逃してもらったみたいです。ヒルのミニッツが少なくて、ケイマンがベンチ暖めで、サクレが30分なんて、いい加減にしてもらいたいです。

小競り合いの時は、ファーストブレイクで、みんなバックコートにいたから、出遅れたのは仕方が無いですが、間に入って欲しかったですね。メタは、レイカーズに来てからは、自分は腕が絡んだくらいで、目くじらを立てていましたが、チームメイトが小競り合いになると、仲裁に入っていました。


>>こーへいさん

オフェンス一辺倒もありますが、まず自分のシステム有りきで、ロスターに合わせて、システムを調整することができないです。3ポイントが決まらないストレッチ4を使い続けたり。リバウンドで負けていて、1-3のプレーヤーが足り無いのに、3のウェスリーを4で使ったり。


>>ゆうさん

そうなると思いますよ。


>>up tempoさん

ヤングは、レイカーズのリーディングスコアラーですから、響きました。

どうしてサクレが出なかったかは知りません。ケイマンやヒルが出なかったら、メディアが質問しますが、サクレが出なくても、出なくて当たり前のプレーヤーなので、誰も質問しないです。


>>輻射波動さん

私も、ダントーニの間は、記事を書くのをやめようかと思っています。全然楽しくないです。ケイマンが、ダントーニの嫌いなポストプレーから、続けて決めると良い気分ですよね。
[ 2014/01/17 17:07 ] [ 編集 ]
ダントー二の采配は相変わらず極端ですよね。
スターターだったサクレの出場時間がいきなりゼロになるなんて。
もっとうまい使い方をしてほしいものです。
ケイマンを良く使っただけでも良しとしないといけないですね。
ケイマンは良い活躍をしていたと思います。

ゲーム展開も、敗因もいつもと同じなので、コーチの責任でしょう。
Mayさんが『ダントーニは試合のフィルムを見ていない』とよくツイートされていますが、本当なのでしょうか。
NBAのヘッドコーチで、これだけ負けが込んでいるのに試合のフィルムを見て敗因を分析しないとか本当にあり得ないですよね。
はじめはダントーニのジョークかと思っていたのですが、これだけ同じ展開、同じ敗因だと、本当なんだと思ってきました。

マニー・ハリスと10日間契約を結びましたね。
コービーやザビエ―が帰ってくるまでのガード不足解消のためでしょうね。
10日間契約の人に期待するのもなんですが、得点力はあるみたいなので、頑張ってほしいです。
[ 2014/01/17 12:28 ] [ 編集 ]
試合見てないんですが、もはやHC勝つ気なくてわざとやってるんじゃないですか(笑)選手ががんばってるだけで。今年は勝たなくていいから、せめて見てて気持ちいいゲームにしてほしいです
[ 2014/01/17 11:17 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
ダントーニがダントーニらしくあるのは、もうしょうがないと思ってますが、ランビスは何にも
できないのでしょうか?
ブラウンもオフェンスのACに色々持ってきましたが、結局ブラウンの器以上のチームにはならず、
ダントーニはこれぞある意味ダントーニシステム以外の何ものでもなく、ブラウン+有能なオフェンスのアシスタントが
機能しないのと同じなのでしょうか。
だとすると、片方のみのコーチは基本役に立たないというのをここ数年でレイカーズは証明した感じですね。
ショータイム時代私は知らないので、オフェンス地味でいいので、勝つコーチが個人的にはほしいです。
ブルズがリビルドに入ったとの話があるので、緑のアシスタントでしたが連れてこれないでしょうか?
[ 2014/01/17 00:07 ] [ 編集 ]
ヒルはいろいろホットですね。出場停止は残念ですが、こう簡単に数字を残し続けているのに、ケイマンもそうですが、起用されない意味がわからないです。

選手云々ではなく、もう何をどう考えてもHCの指示が悪いので、選手自身はコービーに言われる以外、何をどうすればいいか、自分のすべきことが何なのか、恐らく何も分からないのではないのでしょうか。
今後もこういう戦い方が続くんでしょうね、レイカーズとして情けない試合ばかりです。

ヤングが小競り合いになったとき、独りにされていて悲しくなりました。
ほかの4人には助けてほしかったですね。暴力というほどの競り合いでもなかったですが、いい意味でメタの闘争心が欲しかったです。
[ 2014/01/16 23:52 ] [ 編集 ]
フィル以降、ディフェンス一辺倒でオフェンスは選手任せな監督だったり現在はその逆だったり。もっとオールマイティなHC雇ってほしいっすわ。
まぁシュート上手い選手が多いぶん、負けると分かっててもそこそこ見てる分には楽しめてますけどね。これでアウトサイドのない布陣だったとしたらと考えたらゾッとしますわな。
[ 2014/01/16 23:21 ] [ 編集 ]
ドラフトに期待
正直今年は無理。負けるだけ負けて、ドラフトに期待したい。
ウィギンス、パーカー等、次代のフランチャイズプレーヤー
を獲得して欲しい。
[ 2014/01/16 21:28 ] [ 編集 ]
前半にヤングが退場したのが後半ひびいているとおもいます。
先日のキャブズ戦でもクラッチタイムにスリーポイントやドライブで点をかせいでくれていたので…

サクレを出さなかったのはケイマンのミニッツを増やすためだと思うのですが、
ダントーニがそんなことしないですよ
ねww
だれかの指示でしょうか?
それともただ休ませるために出さなかったのしょうか?
[ 2014/01/16 19:18 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。最近は怪我人が多すぎるのとHCの采配が気に入らないのでハイライトしか見ません笑。
HCさんが嫌いなケイマンとヒルが仕事してくれたみたいなので良かったです。
リバウンドで毎回のように-10以上になってませんかね?HCはどう考えてるんでしょう笑


[ 2014/01/16 19:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション