敗因は又同じ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

敗因は又同じ

Game Score



ヤングがスターターに周って、ウェスリーはベンチになりました。ダントーニによると、理由は、「ウェスリーをストレッチ4で使いたい。」からだそうです。

1Q
序盤は、オフェンスでは、パオが以外が全く決まりません。ディフェンスでは、フェルトンに3ポイントを1本決められた以外は、全部メロに決められました。解説者が、「6-11(211センチ)のケリーが、メロをガードできるはずがない。もう少し小さくて速いプレーヤーでないと。」と言っていました。リバウンドで負けていて、1-3が足りなくて、ビッグマンが余っているのに、ウェスリーを4で使うことがよくあったのに、ウェスリーを4で使うべき時に使わないのは、納得が行きません。ケリーは、①経験が少ないルーキーで、②ディフェンスに定評がある訳でもなく、③サイズが大きくてスピードないのに、ウェスリーよりメロをガードするのに向いていると判断した理由を訊いてみたいです。解説者がそう言った直後に、ケリーに代わってウェスリーが登場します。ウェスリーはメロに対して、まずまずのディフェンスをして、メロは、ジャンパーとレイアップを、続けて外します。

序盤で僅差のリードを奪われますが、半ばにヤングのジャンパーで、同点に追いつきます。直ぐに、フェルトンに続けて決められて、再びリードを奪われると、パオのジャンパーとマニーのレイアップが続けて決まりますが、ディフェンスでは、ベンチから登場したスミスに3ポイントを決められると、ジャンパーを打ったメロに、ウェスリーがファウルをし&1を与え、6点ビハインドにされます。ここで、ヤングい代わり、ベンチからヒルが登場し、ヒルが、ウェスリーに代わって、メロをガードします。ここからのヒルのメロに対するディフェンスが良かったです。ペリメターでも、抜かれないで前に立って、パスさせたり、無理なジャンパーを打たせて、メロが外していました。ニックスは、最後の3分間に、無得点でした。その間に、まず、ジョディーがジャンパーを決めると、マニーがドライブしてレイアップ&1を決め、自分より身長が低いメロにカバーされていたヒルが、ペイントからフックショットを決め逆転します。終了間際には、ヒルがメロからスティールし、ファーストブレイクで、ウェスリーがダンクを決め、25-22の3点リードで、コーターを終了します。

2Q
ジョディー、マニー、ウェスリー、ヒル、サクレでスタートします。序盤は、サクレが、自分がNo.1オプションと勘違いしていた様で、時間が残っているのに、打ちまくっては外します。ディフェンスでは、開始直後に、プリジオーニが3ポイントを外してるのに、ハーダウェイにリバウンドを取られて3ポイントを決められますが、マニーのスティールもあり、その後はしっかり守ります。オフェンスでは、マニーがスティールから走って、ファウルされてフリースローを決めたり、ジョディーの3ポイントや、ヒルのジャンパーが決まり、サクレ以外が打つと、順調に決まり、半ばには、5点リードにします。

ところが、その後、パオとマーシャルが、サクレとマニーに代わって戻ると、ショットクロック違反と、ヒルの3秒ルール違反で、連続ターンオーバーをし、その間に、続けて決められて、あっという間に同点に追いつかれます。半ば過ぎには、ここまで静かだったヤングが、ミドルのジャンパーを決め、パオもレイアップを決めますが、ヒルに代わってケリーが登場した直後に、ケリーにカバーされたメロがジャンパーを決めると、次はドライブされて、ケリーがファウルをします。ウェスリーとヒルは、メロに良いディフェンスをしているのに、メロがベンチの時にケリーを出さないで、そのままヒルを使って、コーター終盤に、ケリーを出す意味が分りません。メロのフリースロー中に、サイドラインで憮然としているダントーニが映りましたが、ファウルをしないで良いディフェンスをしているウェスリーとヒルを出さないからこうなると、どうして気が付かないのでしょうか。しかも、1Q終了後のインタビューで、ダントーニは、「ヒルがメロに良いディフェンスをしている。」と言っていました。それが分っているのに、どうしてヒルにメロをカバーさせないのか、理解できません。結局、ケリーは2分半程プレーしただけで、残り2分ちょっとで、ウェスリーに代えています。このメロのフリースローで、同点に追いつかれます。終盤に入った所で、ジョディーが3ポイントを決めて、再びリードを奪いますが、スミスとシャンパートに連続3ポイントを決められて、逆転されます。一旦、ヤングのフリースローで追いついたものの、メロの3ポイントで、リードを奪われます。パオとマーシャルで、メロをダブルチームし、ウィークサイドにパスさせたのに、ペリメターを一回りパスされ、ローテーションをしている内に、肝心のメロががら空きになりました。その後も、メロにジャンパーを決められたり、ファウルをしてフリースローを与え、51-47の4点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、メロに3ポイントを決められて、点差を7点にされますが、その後はよく守り、オフェンスでは、ジョディーとマーシャルが、まず交代で3ポイントを決めると、次は、ジョディーがファウルを取ってフリスローを決め、マーシャルがドライブしてレイアップと、この2人が頑張ってくれました。このマーシャルのレイアップで、一旦1点リードながら逆転しますが、直ぐにチャンドラーのダンクで、再逆転されます。半ば前からは、打ち合いになります。簡単にドライブされてレイアップを決められたり、アウトサイドをオープンにして、フェルトンに3ポイントを決められたりしました。幸いオフェンスでは、ファーストブレイクでヤングがダンクを決めたり、ジョディーの2本の3ポイントを挟んで、ケリーが3ポイントを決め、3連続で3ポイントを決め、離されないで付いて行きます。

半ばには、ニックスが続けて外しているのに、レイカーズも付き合って外しているので、なかなか逆転できないでいましたが、パオがフリースローとジャンパーで得点して逆転すると、ケリーがトランジションで、端から端までドリブルして、ニックスが自分の担当のプレーヤーに気を取られている隙に、バスケットまでドライブしてダンクを決め、3点リードにします。バックコートで、マーシャルにパスしたかったのに、カバーされてできなかったのが、幸いしました。折角逆転したのに、終盤が良くなかったです。まず、メロが、ケリーにカバーされているのを良い事に、1オン1からジャンパーを決め、スミスが3ポイントを外しているのに、リバウンドを取られて、ハーダウェイに3ポイントを決められ、同点に追いつかれます。オフェンスでは、ジョディーがジャンパーや3ポイントを決め、一旦は逆転しますが、ヒルとジョディーの連続ターンオーバーから走られて、ハーダウェイの3ポイントと、メロからハーダウェイへのアリーユープを決められて、あっさり逆転され、4点ビハインドにされます。終了間際には、マーシャルがドライブしてレイアップを決め、83-81の2点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
マーシャル、ジョディー、マニー、ウェスリー、ヒルでスタートします。序盤は、オフェンスでは、マニーが頑張ってくれました。開始直後には、スティールしてダンク、1オン1からドライブしてダンク、3ポイントも2本、1本はスポットアップして、1本は自分で動いて打ちました。レイカーズの前半の得点は13点で、その内11点がマニーでした。ディフェンスでは、相変わらずオフェンシブ・リバウンドを取られて得点されたり、スミスに続けてドライブされてレイアップを決められます。それでも、マニーが頑張っていたので、離されないで付いて行きます。

ところが、半ばにフェルトンにフローターを決められて、3点ビハインドにされると、直後には、ジョディーがターンオーバーします。ここで、ケリーが出てきます。直後にチャンドラーにアリーユープを決められたものの、直ぐにマーシャルが3ポイントを返し2点差とし、まだチャンスがありました。ところが、ここからが悪かったです。ニックスは、毎回メロにボールを集めて来ます。最初は、パオがブロックしたのに、メロ自身にリバウンドを取られて決められ、その後も2本続けて外しますが、その間、シュートが決められないので、追いつけません。終盤に入った所では、メロにジャンパーとレイアップを続けて決められて、7点ビハインドにされます。終盤は、パオが2回フリースローラインに行ったのに、どちらも1本ずつしか決められず、ターンオーバーもあり、離される一方でした。それでも、残り1分半で、パオがジャンパーを決めて、6点差に詰めた時には、多少はチャンスがあるかと思いましたが、ディフェンスでは、ファウルをしてフリースローを与えるし、オフェンスでは3ポイントが決まらないし、僅かな望みを残した終了間際には、ヤングが単にボールを失ってターンオーバーにするしで、追いつけませんでした。

=>ボックススコアー

パオ
リバウンドをよく取っています。マーシャルがスターターになってから、ポストでボールを貰うことが増えたので、シュートの確率が上がっています。ミニッツが39分と多いです。最近、30分代後半のミニッツのことが多いです。ケイマンを少しでも使って、パオの負担を、もう少し軽くして欲しいです。

ケリー
メロをカバーできないのは、ケリーの責任ではないです。NBAのPFで、SFのメロがカバーできる人なんて、殆どいません。21分プレーしているのに、リバウンドが1つしかありません。リバウンド争い自体をしていないことが多いです。

ヤング
いつも程、積極的ではなかったです。スターターに周って、一緒にプレーするプレーヤーが代わったら、リズムが狂うと思います。ゲーム後の番組では、「ローテションが変るから、ケミストリーができない。」と言っていました。

ジョディー
マーシャルがベンチの時は、ボールハンドルもやっていて、シュートもこれだけ決まっていて、頼りになります。これだけよく決まっていて、43分もプレーしているのに、13本しか打っていない、というより、打たせていないです。オープンなら、誰でも打って良いという冗談の様なオフェンス・システムなので、ホットな人にボールが行く前に、そうでない人が打っています。成り行き任せのオフェンス・システムなので、ホットな人にボールを集められないです。

マーシャル
久しぶりに、アシストが一桁になりましたが、よくプレーしています。

ウェスリー
ロードに入ってから、全然存在感がないです。ディフェンスでのストッパーだったはずなのに、その役割も果たせません。オーランドでのゲームの後は、ジェイムス・ワージーが、「積極的でない。ヤングやミークスは、ステップアップしているし、Dリーグから来たマーシャルやハリスだって、頑張っているのに。高校や大学じゃないんだ。」と言われていました。

マニー
2回目の10日間契約をしたばかりです。今までは、やり過ぎない所が良かったですが、積極性を欠く面もありました。今日は、1オン1から仕掛けたり、ドライブしたり、積極的にプレーしていました。ディフェンスでも、スティールが2つあった上、ウィークサイドからやって来て、メロをブロックする良いプレーがありました。ゲーム後のインタビューでは、「慣れて来て、プレーしやすくなった。」と言っていました。

サクレ
5分半しかプレーしていないのに、3本もシュートを打って、全部外しています。リバウンドは、ワージーが言う通り、周りに誰もいなくて、頭の上に落ちてきたものしか取れません。前半だけのプレーで、後半はプレーしませんでした。

ヒル
メロに対し良いディフェンスをするだけでなく、サイズのないメロが、ディフェンスでヒルをカバーすることになり、ヒルにファウルをしていました。メロをカバーするのに、もっとヒルを使ったら、面白かったと思います。

オフェンス
シュートは、39-75の52%、3ポイントは11-23で、103得点しているので、問題はオフェンスではないです。

ディフェンス
ディフェンスそのものは、良いとは言いませんが、悪くもないです。ローテーションが遅くて、アウトサイドがオープンになったりと、相変わらず同じミスをしてますが、それが敗因ではないです。フリースローの数は、ニックスと全く同じ18本、ターンオーバーもニックスと同じ11ですが、オフェンシブ・リバウンドを16本も取られているので、打ったシュートの本数が、レイカーズの75本に対して、ニックスは90本も打っています。フリースローの本数が同じで、相手のシュートの本数が15本も多かったら、勝てるはずが無いです。ニックスのセカンド・チャンス・ポイントは、16オフェンシブ・リバウンドから21点です。それで、7点差で負けています。毎回敗因が同じです。ディフェンスの際のリバウンドで、ペイントに、レイカーズはパオ1人しかいなくて、ニックスのプレーヤー3人に囲まれて、リバウンドを取っていたこともありました。ディフェンシブ・リバウンドが取れないのは、個人の実力の問題もありますが、リバウンドを取っていないのに、パオとヒル以外は、オフェンスに移動してることが多いです。ダントーニのオフェンス・システムが、ファーストブレイク中心で、リバウンドも取っていないのに、さっさとオフェンスに移動しているのが原因で、ディフェンシブ・リバウンドが取れないのだと思います。

今日は、ABCテレビで全国中継でしたが、ハーフタイムの番組で、「ライアン・ケリーがメロをカバーしていたら、80得点はするだろう。マイク・ダントーニは、それが見たいのでは。」と嫌味を言われていました。それを聞いて、みんな笑っていました。ダントーニが、業界でリスペクトされていないのが、よく分かりました。前半、メロは20得点で、内訳は、ヒルがカバーしていた時間帯は無得点、ウェスリーがカバーしていた時間帯は9得点、6分弱しかプレーしていないケリーがカバーしていた時間帯は11得点です。それでも3Qは、ケリーがスタートしました。1Qは早目に代えて、2Qも出したと思ったら、メロに続けて決められて、直ぐにベンチに戻しているのに、後半になったら、突然メロをカバーできるとでも思ったのでしょうか。ダントーニは、ゲーム後のインタビューで、「終盤、どうして、ケリーにメロをガードさせたのですか?」という質問に、「ケリーは頭が良いから」と答えていました。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2014/01/27 14:53  Lakers | コメント(18)
ヒルを使わないのは来期構想外だからでしょうか??
[ 2014/02/12 22:58 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>トーレスさん

ダントーニのインタビューを聞いていると、采配の意味がよく分ります。何が問題かが分っていないので、対策ができないから、采配が意味不明になります。私も、今となっては、POは絶望なので、順位を上げても何も良い事がないから、むしろダントーニで、負けまくって欲しいです。


>>ハルヒマさん

気分悪いですよね。勝敗の問題ではなくて、ローテーションが意味不明過ぎます。


>>1人さん

パオは、トライアングルには最適です。トライアングルは、パスが上手いビッグマンが必要です。シャックも、パワーばかりが注目されましたが、パスはPG並みに上手かったです。

フィッシュが、OKCでも+/-が良いとは知りませんでした。やっぱり何か良いことをしているはずですよね。移籍してもそうなるという事は。ナッシュはよく分からないですが、ブレイクは、個人スタッツが良くても、+/-が異常なくらい悪いです。
[ 2014/02/04 15:11 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます
皆さんご指摘の通りダントーニの采配は全く意味不明です(--;)


実はタンキングを狙ってるんではないか?とすら思ってしまいます


若手が成長しつつ、ダントーニが今年で解雇されフィルが戻り、ドラフト上位指名取れたら私からしたら開き直り気味ですが大成功です(苦笑)


今年はジョディやザビエ、マーシャルあたりの成長だけを楽しみにしたいです・・・
[ 2014/02/02 16:24 ] [ 編集 ]
ダントーニだからと分かりきっていてもケイマン出さないで、サクレ出して、ヒルもちょっとしかださないでペイント内荒らされるなんて我慢できません!
[ 2014/02/01 14:31 ] [ 編集 ]
非常にどうでも良いコメントなのですが、優勝した年の動画を見てて、トライアングルオフェンスの抜群の機能性やディフェンスローテの良さが僅か数年前まであったんだと思うと、残念でなりません。
パウも必死になってリバウンドを取りに行ってる姿が写ってました。
ディフェンスの穴だと、散々言われてたフィッシュでしたが、ブレイクやナッシュよりも圧倒的にディフェンス、そしてPGとしてのゲームコントロールが優れていました。
それにコービーがクラッチタイムにスリーを打たせる選手ですからね。
OKCではロールですがKDが-の時ですら+/-が+になってるのは、トライアングルの恩恵ではなく、やはり優秀な選手の証ですよね。

毎度毎度おんなじことの繰り返しで勝っても負けたようなもんなので、今年はもう、過去を振り返ってあれは良かったなー、と思うことくらいしかもうないです。
[ 2014/02/01 14:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントを下さった皆様、こんにちは。

>>ゆ~すけさん

こんな発言、毎日ですよ。みんな怒っています。ケリーなんて、レイカーズ以外のチームなら、スターターは絶対無理、ローテーションに入れるチームも、少ないです。リバウンドで二桁負けるのは、いつもバウンスのせいにしているし。


>>ロンロン大好きさん

お久しぶりです。私も、9位の方が15位より良い理由なんて1つもないので、ダントーニのままで、負けまくったら良いと思っています。でも、勝って欲しいと思わなくなったら、見る価値ないですね。フィラデルフィアとかオーランドの様に、今いるプレーヤーがチームの将来なら、それでも見て応援しますが、今年のレイカーズにいるのは、来年は殆ど残らないので、個人を応援する気にもなりません。


>>T.N.さん

初めまして。ダントーニは、ロールプレーヤーからは好かれるそうですよ。他のHCだったら、シュートを打ち過ぎたら怒られたり、ベンチに下げられたりするのに、ダントーニだと、Dリーグレベルのプレーヤーでも、オープンなら打って良いので。でも、勝っている時は良いけれど、負けだすとプレーヤーへのモチベーションを上げるのが上手くないそうです。
[ 2014/01/31 14:34 ] [ 編集 ]
最後の一言で笑った後情け無くなりました。
あかんわこりゃ…
来期ヒル出てくとか言わないかなぁ…
[ 2014/01/31 14:03 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してました。亡きバスオーナーのダントーニのHC起用でのショータイム復活の目論みは失敗だったようですね。まぁでもこうなったら中途半端に勝っちゃうより、負けて少しでもロッタリーの順位が上がってくれれば、この悲惨なシーズンにも意味があるってもんです。一番怖いのは来期もダントーニ続投です。
[ 2014/01/30 00:35 ] [ 編集 ]
初めまして。
コービーをはじめとするレイカーズの選手達はダントーニのことをどう思ってるんですかね… ダントーニの勝ちにつながらない指示を特にコービーは許すわけがないと思うのですが( ;´Д`)
[ 2014/01/29 11:35 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

そうなんですよ。リバウンドで負けている原因は、ダントーニによると、「バウンスもある」だし。毎回、毎回、レイカーズに不利なバウンスばかりのはずがないですよね。

相手のPFが本格派なのに、ウェスリーを4で使って、リバウンドでボコボコにされているのに、ガード3人でSFのメロが4のニックス相手に、ウェスリーをベンチに下げている理由が分りません。


>>('-'*)さん

指示しなくても、負けますよ。


>>敦志さん

口ではディフェンスと言うけれど、リバウンドを取るまでがディフェンスだと分っていないです。口先だけなのがよく分ります。


>>モンテエリスさん

フィルの話しを長年聞いてきたレイカーファンは、ダントーニの話しなんで、馬鹿馬鹿しくて聞いていられないですよね。パオなんか、ダントーニが話しているのを聞いていたら、チャンチャラおかしくて噴出すのではと、私は常々思っています。


>>こーへいさん

「どうしてケリーにメロをカバーさせたのか?」も、充分意地悪な質問だと思いますよ。今日は、ラジオで散々からかわれていました。「デュラントはケリーがガードするから大丈夫」といった調子です。シーズン序盤に、ヒルが出てきて活躍すると、記者会見で、必ず誰かが「ヒルの活躍をどう思いますか?」と訊いていましたよ。


>>dub mさん

ファンをバカにしているのではないけれど、自分が馬鹿だけれど、それに気が付いていないから、ファンも同じレベルだと思って、筋の通らないつまらない言い訳をします。

今シーズンは、どうせ駄目なので、ダントーニで負けた方が良いのかもしれません。その点では、最高のHCですよ。シカゴファンが、羨ましがっていると思います。


>>up tempoさん

パオは、オーランド戦の後で、ロッカールームでシューズを投げたそうです。


>>輻射波動さん

馬鹿だと思いますよ。パオは勿論、ケリーやマーシャルの方が、ずっとHCらしいことを言っています。
[ 2014/01/28 16:45 ] [ 編集 ]
結局のところ、ダントー二のエゴですよね。
敗因はいつも同じなのに、改善する気もなく、自分の思うがままに采配をしている。
試合中の様子を見て臨機応変な対応もできない。
こんなにクビになってほしいと思ったコーチは初めてです。
今年どんなに成績が悪くても、クビにはならないと思っているので、自分がしたいようにコーチングしているんだろうなと思ってしまうほどです。

このタイミングでヤングとジョンソンを入れ替えるわけが分かりませんよね。
それなら、ケリーとヤングを入れ替えて、ジョンソンを4番にしてメロにつかせたらいいのにと多くの人が思っているのではないでしょうか。
ケリーがメロにマッチアップして、70点くらい取られなくてよかったと本気で思います。

不満を言い出したらきりがありませんね。
とりあえず、ケガ人に早く帰ってきてほしいなと思います。
ミークスが足を痛めているらしいので、これ以上ケガ人が増えてほしくないなと思います。
[ 2014/01/28 13:29 ] [ 編集 ]
ダントーニですが,密かにタンク指示が出ているんじゃないかと疑ってます.
[ 2014/01/27 23:36 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございますm(_ _)m。

もうちょっと、、もうちょっとディフェンスリバウンドに気を入れてほしいですね。
相手にセカンドチャンスを与えないだけではなくて自分達のオフェンスにも良い影響を与える、、こんなのプロのコーチが知らないはずないので、これがダントーニの戦術なんでしょうね。
取る前から複数人走ってるなんて違和感大ありです。

フリーであれば誰でも打っていいというのは、コービーが戻ってくれば一本芯が入ってバランスが良くなる可能性もあると思ってます。

今シーズン成長した選手や楽しみな選手も多いので、今後もレイカーズに残ってもらう為にもリバウンドの意識は植え付けてほしい所ですが、、難しそうですね。。
[ 2014/01/27 22:37 ] [ 編集 ]
ダントー二は頭が悪いから…
[ 2014/01/27 22:24 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。ほんと毎試合毎試合毎試合リバウンドで10コ前後負けてるのにヒルが10分台しか使われてないってのが…
試合後のインタビューでバカなボロが出て恥をかいてくれるように、もっと意地悪な質問してくれてもいいと思うんですけどねぇ。陰湿な考えかもしれないけど、もうそれぐらいしか楽しみがないです。
リバウンドとディフェンスのヒルよりもフロアの4人以上がスリー打てることのほうがよっぽど大事な監督さん、もう勘弁してほしい。
[ 2014/01/27 22:06 ] [ 編集 ]
こんな試合内容なのに更新ありがとうございます。
ホントにあきれます。ファンをバカにしてるようにしかみえません。

今シーズンは諦めてるからってこんな試合毎回見せられるのはイヤになります。
相手がやりたい事をどうぞとやらせてるもんですね。

愚痴ばっかですいません。クビにしてくれませんかね〜。
[ 2014/01/27 21:25 ] [ 編集 ]
ほんと、ダントーニチェンジでww

監督のせいで負けてるようなもんですが、選手はがんばってると思います。
ヤング、ミークス、マーシャル、ヒル、ガソルあたりは、来季も残って欲しいです。

ガソルがマジック戦後ロッカールームでキレたという情報がありますが、来季残ってくれるか心配です。
ガソルは、来季必要でしょうか?
[ 2014/01/27 17:01 ] [ 編集 ]
記事お疲れ様です。
最初の2行で溜息がでました笑
最後のインタビューの返答は面白いですねー。自分が馬鹿だって言ってるんでしょうか笑
[ 2014/01/27 16:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。