ミッチ・カプチェクのトレード期限当日記者会見

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ミッチ・カプチェクのトレード期限当日記者会見

ミッチが、トレード期限の午後に行った記者会見の記事が、レイカーズのサイトにあります。ビデオは長いの、見ていません。記事になっている部分だけ、和訳します。

=>http://www.nba.com/lakers/news/140220mitchkupchak


スティーブ・ブレイクをトレードして、マーション・ブルックスとケント・ベイズモアを獲得した経緯について
スティーブ・ブレイクは、4年近くうちにいて、人間としてもプレーヤーとしても愛されたが、1ヶ月程前に、ポイントガード不足のため、ケンドル・マーシャルを獲得した。ケンドルとジョーダン(ファーマー)と、そしてその上スティーブ・ナッシュとスティーブ・ブレイクがいるので、ジョーダンを見る時間と、ケンドルが獲得したプレータイムのために、バックコートのプレータイムを空け、2人をよく見て、どの程度できるかを見極める必要があった。他の理由は、成長過程の若いプレーを2人獲得したこと。1人はリーグに3年、もう1人は2年いて、実力や技術のレベルが変って行っている。そこで、このトレードの見方は、その2つの部分がある。

節約したことはトレードのボーナスかについて
この組織では、この程度の節約は、大きな数字ではない。以前に何回も言っているが、経済的な面を、全く考慮しないのではないが。

この時期には、かなりの時間がかけられるのに、それ程トレードが成立しなかったことに驚いたかについて
成立したトレードの数を見ると、殆どのトレードについて聞いたことがあるし、これから1-2時間以内に、新しいトレードが成立するとは思わない。それ程沢山なかった。どうしてなのかは分からないし、大型トレードは無かった。このリーグで、トレードをするとは難しい。オーナー達は、お互いの競争が激しいし、GMも競争している。20-25年前の様に、GM同士で話しているのではない。今は、全部がスピーカーフォンで、それぞれ8-10人が聞いていて、数字を出したり、意見を言い合っている。オーナーも、かなり関わっていて、30年前に比べて、色々なことがかかっている。大きなビジネスだ。誰もが、自分自身の利益を考えて、誰もが意見を持っているので、当然のことながら、トレードがし難くなっている。どんなトレードでも。

トレードでドラフト指名権を獲得する期待について
ドラフト指名権は資産だ。指名権は常に欲しい。チームを改善するには、3通りしかない。トレードを通して、ドラフトを通して、フリーエージェンシーを通してだ。ドラフトで10年かけてチームを改善できるとは思えないので、キャップスペースを空けるようにしてきた。キャップスペースとその使い方に積極的になるし、今後かなり柔軟になれる。今年は価値がある指名権があるし、現時点では、良いドラフトになりそうだ。これから5年後振り返ってみないと、本当に良いドラフトだったかは分からないが。そこで、うちはそういう複数のやり方ができるが、新しいCBAでは、キャップやサイン&トレード、それに関連するガイドラインに、色々な制限があるので、ドラフト指名権が、以前よりもかなり価値があるものになった。以前は、二巡目は簡単に獲得できた。今では、二巡目でも、一巡目と同じくらい、獲得が難しくなった。

来シーズン、レイカーズが、プレーオフに進出して優勝を争えるチームになると感じるかについて
来シーズンは、健康なコービーがいるし、良いドラフト指名権があるし、フリーエージェントに使うお金があるので、この夏に誰を獲得するかだ。来シーズンのためのチームを造るために、キャップのお金を使うつもりはない。ロサンゼルスに、良い物を届けようと思っている。チームを造るのに1年かかるかもしれないが、それは分からない。でも、この夏にお金が沢山あるからと言って、全部を使うとは限らない。賢明に使う。もし、良いチームを造れなければ、この夏には最善を尽くして、次の夏に備える。今は、どうなるかは分からない。誰が契約できる様になるかは分からないし、誰がオプトインするか、オプトアウトするかは、分からないので、不明なことが多い。でも、できることは、良い位置につけることで、機会に向けて、良い位置にいると思う。

パオ・ガソルとの再契約の可能性について
勿論、それは選択肢だ。勿論。

チームが良くないので、フリーエージェントをロサンゼルスに連れてくるのは難しくなっているかどうかについて
この組織とこの町からの支援があるので、うちはプレーヤーにとっての行き先であり続けると思う。フランチャイズ、オーナー、レガシーと町自体があるので、常に競争して行かれる。ロサンゼルス、ファン、支援がここにあり、それは常にうちにとっての利点だ。

コービーが今シーズン中に復帰することで、フリーエージェントが健康なプレーヤーを見て、ロサンゼルスに来ることを促進すると思うかについて
コービーに復帰を急がせるつもりはない。する理由がない。コービーとは、2年間の契約をしたので、急がせる理由がない。もしコービーが準備ができて、体調が整ったと感じて、医者の許可が出たなら、復帰しない理由がない。この数日、ゲイル・グッドリッチが来ているが、彼は30年前に同じ怪我(アキレス腱断裂)をして、それはニューオリンズでの最初の年だったと思うが、比較的早く9ヶ月後に復帰したし、それは30年前だ。だから、コービーが、来シーズン高いレベルに戻れるかどうかを、推測する理由が、1つもない。それよりも問題なのは、年齢だ。でも、彼は、長年、年齢に合わせて、プレーの仕方を調節できることを、見せてきた。彼は変って行く。レイカーズのチャンネルを見ると、8年、10年、12年前のゲームをやっていて、コービーが、プレーしていて、顎鬚があって、髪型が違って、それで、怪我の前のコービーを見ると、全く違うプレーヤーだ。コービーにとっての難題は、怪我よりも年齢だ。膝の怪我の前の1週間を見た限りでは、アキレス腱の怪我は、彼が効果的にプレーするのに、全く関係ないと、完全に確信が持てた。

ジェリー・バス博士の下では大成功だったので、フランチャイズにとって分岐点だと思うかについて
今年、このチームが経験したことは、シェキールをトレードした翌年と、全く違いはない。全く同じだ。バス博士は、25年間やってきたので、存命中は、今とは違うレベルの信頼があったと思う。ファンは、もっと我慢強かったと思う。あの様なオーナーを失うと、ファンが、「どうなっているんだ?」と言うのは、自然だと思う。でも、この組織を信頼して欲しい。みんな、1つにまとまっている。うちには計画があるし、その計画を、6ヶ月か、12ヶ月か、18ヵ月かで、実行できるとは保証できないが、良い位置にいる。この組織は、バス博士のレガシーに追従することを選んだ。そのレガシーとは、優勝すること。

ラクシャリータックスライン以下になる様にトレードをしなかった理由について
うちは、一定額を節約することが目的では動かない。タックスライン以下にならないと、リピータータックスの対象になるので、戦略的な理由で、節約が必要になることもある。でも、リピータータックスは、この先1-2年、大きな問題にはならないと思う。うちは、バスケットボールのトレードをするこを気にしている。1-2件のバスケットボールのトレードをして、というのは、気に入ったプレーヤーや指名権を獲得するという意味だが、それで、タックスライン以下になるなら、喜んでやった。正直言って、タックスライン以下になる機会があったが、バスケットボールのトレードではなかった。それは、うちの球団では、受け入れられないことだ。先に向かって、良いプレーヤーや指名権を獲得したと感じるトレードがあったら、やっていた。タックルライン以下になる機会はあったが、やらなかった。

今シーズンのスティーブ・ナッシュをどう見るかと、将来ナッシュがチームの計画に合うかについて
明らかに、面倒なことになる。適当な時期を見て、ナッシュと話をす予定だが、ナッシュが決めることだ。来年もプレーする契約になっている。ナッシュの様に、動く部品が沢山ある。話し合って、ナッシュがどうするかに影響を与えるのは、倫理的ではないし、ナッシュが決めることだ。ナッシュは骨折してから、次から次へと怪我をして、この1年は、彼にとって辛い年だった。でも、彼は、毎日ジムに来て、トレイナーの所へ行き来して、何とかしようとして、頑張っている。努力して、復帰したいと熱望している人を、恨むことはできない。だから、数週間したら、復帰してプレーできるかどうかを見て、それから、夏にどうするかを決めるつもりだ。

フリーエージェントにお金を使う決定について、今年の夏か来年か、何時その決断をするのかについて
絶対にやりたくないのは、間違った決断をすること。お金が沢山あるが、複数のプレーヤーと長期間契約をして、そのために、チームが真ん中辺りにいることになるのは避けたい。柔軟性を失って、シーズンが終わったら、41勝、46勝、43勝となる様なこと。そうなったら、真ん中辺りにいて、ロサンゼルスの人達が期待していることにはならないし、やろうとしていることを、やったことにならない。それは避けたい。お金を上手く使いたいし、高いレベルで勝つことを、助けてくれるプレーヤーと契約したい。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2014/02/24 17:37  Lakers | コメント(14)
ブレイザーズに勝ちました!!!!!!
mayさんぜひ、ブログ更新お願いします。
[ 2014/03/04 14:26 ] [ 編集 ]
チームが勝ってるうちは良いですけど、負け続けると非難されるのがそのチームのエースであり、リーダーになると思います。特にプロの世界は凄い厳しい世界、特にLALは伝統のあるチームなのでもっと厳しいと思いますそれがわかっているからコービーは自分にも厳しくしていて、LALを新しく背負っていける選手を育て上げる為にも他の選手に厳しくしてるのではないでしょうか…
逆に現段階でコービー以外でLALを背負っていける選手がいないわけで、ルーキーはもちろんFAで来た選手にいきなりリーダーとしてチームを背負わせるのも酷なのかな…
あのハワードでさえ無理だったのですから…
コービーの現役の間はコービーがリーダーで良いと思いますし、その間にリーダー、エースを育て上げてくれたら良いと思います。
だからこそ才能溢れるルーキー入りませんかね♪
[ 2014/03/01 21:54 ] [ 編集 ]
レンジさんのコメント、わからなくも無いですが、
PhilもFishも厳しいリーダーではありましたよね。
その表現方法がKobeとは異なるのかもしれませんが。

個人的には、Kobeのリーダーシップに問題があるのではなくて、
D'Antoniのリーダーシップに問題があるのだと思います。
(むしろ特に若手はKobeの勝利への執念はポジティブな影響になってると思います)


Mayさん>
Julias Randle、4戦連続12+REBですね、評価が伸びすぎるとまた届かなくなりますがw
いまは切実に打倒ORLと思ってます.. 上位5位くらいが濃厚になれば希望もあります。


どうでもいい話ですが、Lamarがスペインリーグでデビューしましたね。
6minutes, 3 fouls. というのがStat Lineでした。うーん.. が、がんばれー。
[ 2014/02/28 09:14 ] [ 編集 ]
リーダーについて
まず最初に下のコメントで適切ではない文をのせたことをお詫びします。

コービーがリーダーに向かないと言ったのは今のチーム状況でのコート外のことを考えた場合です。
コービーのハングリーでエネルギッシュな姿勢と強烈な発言はコート上ではとてもたのもしくありますし、チームが好調でやる気が出てるときには良い燃料になるでしょう。
しかし、その強い個性はチームが良くないときにはうまく作用しないと考えているのです。
例えばの話ですが不安を持っている選手がチームのリーダーから攻撃的なことを言われたらその選手はがっかりするでしょうし、その選手の気持ちはチームに伝染する可能性があります。
コービーはフラストレーションがたまるといつも以上に攻撃的になる傾向が他の選手よりも強いように感じられます。その気質はあるときはたのもしいのですが、上の例のようなこと引き起こしてしまう可能性が高いと考えています。
(レイカーズはメディアの注目度が高いので調子が悪いと他のチームよりも選手や関係者を不安にさせがちだというのもあります。)

そう考えているので、上のような状況のときに選手の不安や意見を聞いて、まとめられるタイプのリーダーが必要だと考えているのです。
コービーはそういうタイプではないと思っています。(まちがっていたら、コービーにごめんなさい。)
あと、そのリーダーにはぜひともコービーの負担を軽くしてほしいですね。
ナッシュにはその役割を期待して契約したのだと思いますが、今のところよくないですね。

あと、今のチーム内のパワーバランスにおいてコービーの力が強すぎるような気がします。
コービー自身は配慮しているのでしょうがHCよりも強いようにみえます。
フィル以降のHCが悪いというのもあるのでしょうがこれはよくないと思います。
(HCを軽視してうまくいったチームを挙げられないからです。)

リーダーに関しては以上で終わります。

話が変わって外見的な能力だけを考えた場合の補強ですが、ペリメーターディフェンスのうまくて運動量のあるSFがほしいですね。
理由はコービーの負担を減らすというのもありますが、一番の理由は今のリーグで一番脅威になっている選手がそこにいるからです。優勝するためには彼らを倒さればなりません。
今夏の市場ではアリーザかシャンパートが候補だと思います。シャンパートはサイズ不足ですが・・・

まあ、なにをするにしてもまずはドラフトとHC次第ですからね。
おそらく、ドラフト順位次第でプランを考えていくんでしょうね。

今年のドラフトで自分にとって魅力的なのは月並みですがウィギンスとエンビートとジャバリ・パーカーですね。
まあ、ウィギンスはカナダ人である事とエンビートはエントリーしないかもしれないという問題がありますが自分にとっては魅力的な二人です。
三人とも試合を通して見たわけではないのでわからないところが多いのですが、
ウィギンスは身体能力と身のこなしと空中でのボディバランスがすばらしいです。
エンビートは恵まれた体格とサイズの割りにはスピードとシュートタッチのやわらかさがあります。しかし、バスケの経験が足りてないので、物になるには3年以上かかると思います。
パーカーはシュートタッチと自分からオフェンスを仕掛けられるのがすばらしいです。

3人の中でもウィギンスのガードについていけるスピードとクイックネスに注目しています。

あと、エクサムについてですがサイズがあって、それを生かしたクロスオーバーがすばらしいのですが、ひとつの大会の記録とはいえフリースロー%が低いのでシュートタッチはよくない気がします。

聞かれてもいないのに長々と失礼しました。
[ 2014/02/28 06:39 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>32さん

フィルは、HCはやらないと言っています。ダントーニより悪いのを見つける方が大変なので、何とかなるでしょう。


>>こーへいさん

今オフは、ジョージ・カール、ライオネル・ホリンズが契約できるし、バイロン・スコットもいるし、なんとかなるでしょう。ダントーニ以外なら、誰でもいいです。


>>up tempoさん

2007年にPOを逃して、翌年ファイナルに行きました。ボストンに負けましたが。当時も酷かったです。クワミやスムッシュがスターターだったくらいです。


>>LAXさん

ブレッツォも良いのですが、膝の怪我を2回しているのが、心配です。オファーするにしても、マックスは止めて欲しいです。スティーブンソンは、狙っているという噂ですが。

グレンジャーは、ペイサーズのアナウサーの話を聞いたら、もう大したことないみたいです。

ドラフトは、ケンタッキーのジュリアス・ランドルが、急上昇しています。ウィギンズは、トップ5に入らないかもしれないとも言われています。指名権を使って、トレードもあるかもしれないです。

ウエストの最下位で安心して要られないです。東のチームがまだ下にいます。ミルウォーキーと、フィラデルフィアは追い越せないと思いますが、オーランドは抜きたいです。


>>レンジさん

はじめまして。

コービーがリーダーで、3回ファイナルに行って、2回優勝したのに、どうして期待できないのか理解出来ません。


>>dub mさん

これから先数年は任せられる、PGが欲しいですよね。マーシャルでは、少し物足りないです。


>>輻射波動さん

大目にふっかけて欲しくないです。実際の価値以上に払うのは、そうでもしないと来てもらえないチームがすることです。私も、ラブ狙いで良いと思います。来シーズンに、無理にキャップスペースを使う必要ないです。


>>むつさん

お久しぶりです。

パーカーは、ディフェンスを全くしないみたいですよ。それは、プロになってから、なんとかなるかも知れませんが。ウィギンスは、フランチャイズプレーヤーにはならないのではと言われています。エクサムは、本人もお父さんもレイカーズが希望だそうです。コービーに指導してもらいたいそうです。

ゲイは安ければ欲しいですが、怪我の経歴があるグレンジャーはいらないです。怪我前より3歳年をとっているから、良くても、怪我前には戻らないですよね。悪ければ、使い物にならないです。ベテランと、怪我の経歴のある人は、止めてもらいたいです。


>>akrさん

引退してくれるのが、一番良いですよね。本人が希望しても、トロントもフィニックスも要らないと思います。レイカーズがウェイブした後に、ミニマムなら欲しいと思います。それでも、ロスタースペースを取るので、フィニックスはいらないでしょう。
[ 2014/02/27 15:58 ] [ 編集 ]
やっぱりHCですかね…将来性のある選手とかドラフトやトレードでつれてきてもコーチの良し悪しで決まりそうな…ダントニーはLALの歴代のHCの中で最も最悪なHCではないでしょうか?いずれにしてもフィルに戻って来てもらうか、カリスマ性のあるHCを連れて来てもらわないとLALの復活は無いような気がします…
来期のHCについて何か情報がありましたら教えて下さい。
[ 2014/02/27 00:59 ] [ 編集 ]
今日も大差で負けましたが、来期はできればダントーニ解雇でディフェンスに対するマインドを選手に植え付けさせられる監督が欲しいですね。ブルズのティボドーの元でなんか、今までディフェンスが最悪クラスと言われてたブーザーやコーバーまで意識してディフェンス頑張ってるわけですし。
[ 2014/02/26 16:19 ] [ 編集 ]
ついに最下位ですか…
来季は、せめてプレイオフに出れるチームをつくってほしいです。

前回プレイオフに出られなかったのが2007年だったと思うのですが(ちがったらごめんなさい)そのときよりも現在のチーム状況は、ひどいですか?


[ 2014/02/26 15:21 ] [ 編集 ]
今夏の補強よりは、来年のLoveに焦点を当ててほしいと個人的には思います。
(UCLA卒選手がもともと好きなんですよね、ArizaやWestbrook、BarnesとかFarmerとか)

理想を言えば、Bledsoe、AveryBradley、GregMonroe、LanceStephensonなどがいますが、
RFAにマッチされないだけの金額を今年使うことはリスクかなと思います。
(それこそ他にお金に余力のあるチームも同じだけふっかけてくるでしょう)
Grangerはもはや一時の運動量や安定感が無いし、もともとDが良くないのでいらないです。

とにかくいまのプライオリティは:
1. D'Antoni解雇
2. Nashの処分
3. FA(2015夏を見越した形で戦略的に.. 最悪D'Antoni続投でもRebとれる人希望w)
4. Draft
でしょうか。

JabariParkerは1位/2位指名ほぼ確実なので、Lakers入りは奇跡が起きないと無理かと。
5位~8位くらいに落ち着くでしょうから、PGかPFの有望株はとれそうですね。
Hillの再契約が難しそうなので、このままいくとPFを指名せざるを得ないかもですが。


あと、気が付けば、WESTの最下位ですね。
[ 2014/02/26 13:32 ] [ 編集 ]
はじめまして
未来のことを考えると個人的にはつらいんですが、ナッシュの契約を破棄できなければ来期も難しいでしょう。

気が早いですが、夏の補強に関してはチームの精神的なリーダーになれる人がほしいですね。正直コービーがリーダーのチームでは期待できません。彼はリーダーには向いていないと思います。
私見ですがコービーの魅力は負けん気の強さとボールを持ったときの多彩なムーヴそしてそれを完成させるのを妥協しない精神力だと感じています。
しかし、そのコービーの魅力ではコービーからチームメイトを鼓舞するという動的なことには向いていないのです。あるとすればチームメイトがコービーの姿勢を見て自分もがんばろうと勝手に鼓舞する受身的なことぐらいです。しかし、そういうチームメイトはだいたい最初からがんばりやさんです。そしてそういう人たちはどこのチームもほしいので彼らだけでロスターを埋めるのはむずかしいのです。
よってまわりを前向きにできる人材(昔はフィルとフィッシャーがその役割を担ってと思うので彼らのような)を補強するべきです。
あと、トゥリアフのようなムードメーカーを希望します。

ドラフトの話に変わりますが、今年のドラフトは豊作と聞いているので、もし3位以内の指名権が取れたらそのルーキーを大事に育ててほしいですね。コービーにもフィルが自分にしてくれたみたいに辛抱強く見守ってほしいです。
来年の指名権がないので、ここで次世代のスター選手を育てようとしないとコービーが引退したときに4,5年ドアマットに沈んでしまいそうで怖いんです。
最近、クリッパーズの調子がよいのでよりいっそう怖いです。
なので今年の夏はレイカーズにとって重要だと思います。

初めてなのに長文で失礼しました。

追伸 Mayさんやみなさんは今年の夏をどう考えていますか?
[ 2014/02/26 01:13 ] [ 編集 ]
ナッシュはもう眼中にないって感じです。

若くて即戦力なのはDETのモンロー、PHOのブレッソーあたりですかね。
勝手にスターターを妄想しました。
PGブレッソー
SGコービー
SFジャバリパーカー
PFモンロー
Cガソル

なればいいなーって感じです。
もちろんHCは変えてくれ〜
[ 2014/02/25 20:45 ] [ 編集 ]
ランスとブレッドソーに大目にふっかけて契約できないでしょうか笑。
メロもレブロンも来ないのであんまり動く必要もないというか大して動けないんじゃないですかね。ラブ狙いで良いと思います。
まあとりあえず、HC変えればもう少しは勝てるでしょ。笑
[ 2014/02/25 20:11 ] [ 編集 ]
久々コメントさせて頂きます。
フランチャイズにとって分岐点か?という質問に対してミッチの発言の
「この組織はジェリー博士のレガシーを追従する。そのレガシーとは優勝すること。」
レイカーにとって超がつく程嬉しい言葉じゃないですか!
本当に狙い続けてくれることを願います。

来季はコービー+FA+ルーキーがカギになるんでしょうね。
上位獲ったら私はジャバリ・パーカーが良いなと!
モルモン教との事でチーム信奉してくれそうだし、尊敬されるプレイヤーになりたいらしいので、コービーの下で勉強すればスーパースターは間違いないかと。
ウィギンスは欲しいけどトロント行きたいらしいので、いつかFAで出ていくと思えば指名はいいかなとw
後はオーストラリアのダンテがいいな、198cm?ですが大型PGとして台頭させたいw
コービーPGみたいなスタイルがちゃんとハマりそうな気がするんです!
ジャンプシュート安定、ハンドリング良し。との評価らしいので。これで平面DF良かったら私は今年のドラフトはダンテ推しかもしれないw
NBA国際組はしっかりした方多いので性格は心配してない。長く活躍しそうな気がします。

FAはグレンジャ希望!ルディ・ゲイでも良い。メロはきっと無理。
ランスもきっと無理。グレンジャが出されてるのでINDキープでしょう。
パオ放出であれば実現しなそうだけどボッシュが欲しい。
パオ残留でも1枚インサイド厚くするのが欲しい、モンロー、ブラッチ、オカフォーあたり。オカフォかな?
ケイマン、ザビエー、ミークス、ヒル、ヤングは是非再契約を。ヒルは絶対。まじで絶対。

ミッチもしっかり来季!って狙ってるのをこうして知れてほっとしています。
今季はしかたないかな。ヘッドコーチあれだし。悔しいけど来季ですね。
ミッチにドラフトとFAでスタート級SF獲れなかったらトレヴァー・アリーザ獲ってって直談判したい。
今年は残りの試合で再契約候補を見極めましょう。各々の底上げも兼ねてねw
悲観しないでこれから試合見れますね!嬉しいよ!
あと成立しないとは思うけど、コービー&ピアースって胸熱だと思いません?w
[ 2014/02/25 18:49 ] [ 編集 ]
ナッシュの処遇には頭を悩ませてるみたいですね。
スパッと引退してくれないかな。
もしくは、自らトロントかフェニックスにトレード志願してくれるか。
ナッシュも含め、夏の動きがフロントの腕の見せどころですねー。
しかし、今年の夏だけで無理にお金は使わないってところは頷けます。
ファンは信じて待つしかないか(笑)
[ 2014/02/25 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。