ラリー・ナンスJr.インタビュー記事和訳

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ラリー・ナンスJr.インタビュー記事和訳

バスケットボール・インサイダーに掲載された、ナンスJr.のインタビュー記事、「Larry Nance Jr. Living His Dream」の和訳です。

2015年のNBAドラフトで、NBAコミッショナーのアダム・シルバーが、ロサンゼルス・レイカーズが全体27位で、ラリー・ナンスJr.を指名したと発表した時、22歳のフォワードは驚いた。

「僕は、名前が呼ばれたら良いとだけ思っていた。だからレイカーズから、全体27位で名前が呼ばれたのは、本当に?本当に?という感じだった。あまりにも狂っていて、信じられなかった。というのは、名前呼ばれたいと思っていただけなのに、一巡目で史上最高のフランチャイズに選ばれるなんて。これより良いシナリオを、夢にも見ることだってできなかった。」と、ナンスはバスケットボール・インサイダーに語った。

はっきりと言っておくが、ナンスは、レイカーズが正しい選択をしたと、完全に信じているし、一巡目で指名された価値があることを、証明する決意がある。しかし、その瞬間は、嬉しい驚きだったし、名誉だった。NBAの大ファンとして育って、レイカーズの豊かな歴史については、よく知っているし、パープル&ゴールドのジャージーを着ることが、どういうことかは分かっている。そして今、突然として、彼は、その高級クラブの一員となった。

『僕の最初の感情は、「これがレイカーズだ。レイカーズ!レイカーズ!」で、それが頭から離れなかった。カッコ良いとしか言い様がない。レイカーズのメンバーが僕の家族になった!僕はレイカーズ一家の家族だ!僕はレイカーだ!とても現実とは思えない。』と、ナンスは笑いながら言った。

ショックがなくなってみると、ナンスは自分の人生が変わったことを知った。彼は、レイカーズ・ネーションに紹介され、ソーシャルメディアのアカウントには、フォロワー、「いいね」、メッセージ、フレンドのリクエストが殺到した。

「本当に良い気分だ。レイカーズファンは、どこにでもいる。彼らは、自分達がレイカーズファンだと、率直に言う。コメントは急増したし、フォロワーも急増した。ファンはレイカーズを愛していて、僕はレイカーズの一員になった。」とナンスは言った。

ナンスは、ワイオミング州(大学でプレーした)だけで知られていた人から、一晩で、国中で写真撮影やサイン要求をされる人になった。そこまで有名になったことがない22歳にとって、それは間違いなく変化だった。ドラフト後の数週間で、どこの州に行こうが、ファンに絶え間なく声をかけられるので、外出するのが難しくなった。

「前とは違う。ワイオミングいいた時は、小さい州だから、何処に行っても、僕が誰かが分かっていた。ワイオミングだからね。でも今はレイカーズに入団したから、シカゴに行っても、僕が誰かが分かっている。ラスベガスに行っても、分かっていて、写真を撮られる。故郷のオハイオ州に帰っても、写真を撮られる。とても小さい州で知られているから、全国と全世界で知られているに変わった。

ナンスは今でも、人々が彼に会うと興奮するのが、変だと感じている。

『毎回、「この人達は、僕がどうだか知っているの?シカゴでも?ベガスでも?僕の写真が撮りたい?どうして?」と思う。自分がNBAプレーヤーだという実感が、まだない。』

それがNBAプレーヤーになった、一番突飛なことだ。同じ人で、ドラフト前には、みんな、殆どのプレーヤーのことが、誰かも分からなかった。ところがテレビで、紙に書かれた自分の名前が読み上げられると、一晩で突然大物になって、誰もが関わりたがる。ナンスは、まだそれに、完全に慣れきっていない。

しかし、レイカーズのルーキーは、注目されて、応援してくれる人が大勢いることには、良い面もあることに気が付いた。ナンスは、クローン病を患っていて、財団を発足して、クローン病の認識を広めるために、自分の有利な立場を利用しようと、決意している。

彼はドラフトされて、クローン病と診断された人達を、助けることができる可能性について、3月に話した。今では、ロサンゼルスという大きなマーケットの、NBAで最も人気があるチームの一巡目指名として、変化を起こすことが、実際に可能だと気が付いている。

「僕にとっても凄く良いことだが、クローン病患者にとっては、更に良いことだ。今までも、できる限り発言して、オープンになる様にしてきたが、NBA入りして、ロサンゼルスにいて、まるで大きなメガフォーンを持っている様だ。財団を発足する準備はできているし、現状では脇に追いやられているクローン病について、認識をもっと高めることができる。クローン病の認識を高めて、できるだけ多くの人々と接したい。」と、ナンスは言った。

『(ドラフトされてから)、ツイター、フェイスブック、インスタグラム経由で、「君のことを聞いたよ。私もクローン病持ちだ。頑張れ。君はインスピレーションだ。」という様なメッセージを貰っている。そういうちょっとした事を言われる。そういうのを全部見て、そういうコメントを読むのは最高だ。それが一番の目標だ。僕ができるなら、誰でもできる。ドラフトから今に至るまでの経験で、そういう反応が得られるのは、本当に嬉しい。』

クローン病について、より多くの人々に伝えたいという、メッセージのためには、NBAで成功して、有名なプレーヤーにならないといけないと、ナンスは分かっている。プレーの幅を広げて、ルーキーシーズンに備えるために、この夏、彼は努力をしている。レイカーズのコーチ陣と連絡を取り合い、今シーズン、ローテーション入りしてミニッツをもらえると確信している。

「自分の役割については、それ程コーチとは話していない。コーチからは、しっかり練習し続けろ、という様なことを言われている。若手中心のこれからのチームなので、努力して、最善を尽くせば、ミニッツがもらえると理解している。」と、ナンスは言った。

このオフシーズンに、ナンスが最も集中しているのは、シュートの改善だ。大学時代には、シュートの確率は51.4%で、3ポイントは33.3%だったが、NBAでも、確実に高確率で決められて、強い相手に対しても、一定にプレーできる様にしたい。ナンスは最近、有名なティム・ガーグリッチのキャンプに参加し、NBAのシーズン開幕後に成果が出る様に、シュートを改善した。

「オフシーズンに、やっておきたい最大のことは、シュート練習だ。ベガスのティム・ガーグリッチのキャンプに行ったのは、とても大きかった。そこで大勢のコーチに指導してもらって、僕のシュートフォームを少し変えた。今では、もっと機能的になった感じだ。それを完成して、確実に決められるシューターになるように、練習をしている。今シーズンはミッドレンジ。来シーズンは、3ポイントや、フロアーの他の場所からも打てる様に。そういう感じだ。シュートは間違いなく、練習している最大のことだ。」と、ナンスは言った。

ナンスが、この夏にラスベガスに行った、もう1つの理由は、NBAのサマーリーグに出場するためだった。サマーリーグは、ナンスがレイカーズ球団を代表する、初めて機会だった。ナンスは、5ゲームに出場し、よくプレーした。彼の最高のゲームは、対フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ戦で、8得点、5リバウンド、3スティール、2ブロックの活躍だった。ソーシャルメディアでも出回ったハイライトプレーを、彼は量産し、その中には、バックボードにボールを叩き付けた凄まじいブロックと、力強いプットバックのスラムダンクがあった。

『凄くいい気分だった。あんなステージに上ったことは、今までにはなかったから。トーマス&マックセンターで、実際にレイカーズファンが、僕の名前を連呼するのを聞いて、鳥肌が立った。寒気がした。「わー、NBAにやって来た。2万人がここにいる。」という感じだった。正直言って、又同じ経験をするのが、待ちきれない。』と、ナンスはサマーリーグでプレーしたことについて語った。

サマーリーグは、ナンスにとって、レイカーズの同僚のルーキーで、今年のドラフトで、全体2位指名された、ディアンジェロ・ラッセルと一緒にプレーする、最初の機会だった。2人のプレーヤーは、直ぐに気が合って、良い友人になり、コート外でも、よく一緒に過ごす様になった。ナンスは、ラッセルが19歳としては、成熟していて自信に満ちていることに関心している。

『ディアンジェロは良い奴だ。19歳だなんて信じられない。僕は「さあ、4年間の大学生活後、準備はできているし、できる。」という感覚で、リーグにやって来たのに、「さあ、1年やったからできる。」という感覚。奴は凄い。』と、ナンスは言った。

「彼は楽しむ事が上手で、何でも楽しむ。何をするかは関係ない。モールに行ったり、ゴルフの練習場に行ったり、ミニゴルフに行ったり。何であれ、いつでも動いているし、いつでも何かをしている。だから、彼に着いて行くのが、とても楽しい。彼は、何でも経験しようとして、僕は着いて行っている。」

ナンスは、シーズン開幕が待ちきれない。数千人のファンの歓声に囲まれて、NBAのコートに脚を踏み入れ、レイカーズのメンバーとして、彼の最初の本当のゲームをプレーすることが。

現実とは思えないかもしれないが、これが今ではナンスの日常だ。彼の一番突飛な夢が、現実になり、彼は、その旅の1秒1秒を楽しんでいる。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2015/08/15 09:07  Lakers | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。