コービー復帰の余韻

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

コービー復帰の余韻

コービー復帰から一夜明けた今日も、コービーのゲーム・ウィナーがスポーツ・ニュースのトップを飾っています。昨日のゲーム後、HCフィル・ジャクソンは、「コービーがゲーム・ウィナーを決め続けらるは、どうしてだと思いますか?」と質問され「とてもラッキーだから。」と応えていました。普通、HCがゲーム・ウィナー3ポイントを「ラッキーだった。」なんて言ったら、決めたプレヤーはカチンと来るでしょうが、コービーの場合は、誰もが冗談だと分かるのでフィルもこう言えるのでしょうね。ESPNでも「コービーは、痛々しい程錆付いていました。」と言ってました。あんまり凄いと、もう褒める言葉がなくなってしまって、こうなるんでしょうね。

コービーのゲーム後のインタビューです。長いインタビューですので、要約しました。向かって左は番組のキャスター、真ん中がケビン・マケール(元ボストン)、右がクリス・ウェバー(元サクラメント)。


(「今日は錆付いていましたね」。と言われ、笑いで始まりました。)
プレーできないと、どんなにバスケットボ-ルが好きかを、改めて思い知らされるね。全く脚に力を入れられない状態では、プレーできないね。チームメイトが危機感を持ってステップアップしたよ。これでサーシャとルークが戻れば、ホームストレッチは全力で戦えるね。

(ボストンとのゲームを欠場していて、クローズできなかったことについて。)
イライラしたよ。最初の3コーター半は、全員でゲームを整えて、最後の半コーターにビッグ・プレーをするのが、僕の責任だからね。チームを助けられなくて、イライラしたよ。僕がいない間、全員が危機感を持ってプレーすることが重要だったんだ。僕がいた時は、プレーオフまでは楽に行けるっていう感覚だったけど、いなくなって、みんな必死になたんだね。僕が戻っても、その危機感を持ち続けることが大事だよ。

(クリーブランドと現在、負け数で並んでいます。NBAファイナルまで、ホームコートを維持することの大切さについて。)
まず、勝てるだけ勝つことが重要なんだ。ホームコートはあった方が良いけれど、ロードでも不安はないよ。

(ゲームウィナー3ポイントについて、フィルの指示かどうか?)
2点を獲りたかったんだけど、ディフェンスを咄嗟に判断をしないといといけない状況に追い込んだら、僕がオープンになったんで、シュートしたんだ。(別のインタビューで、「本当は、残り2秒くらいでシュートしたかったけど、オープンだったからした。」と言っていました。)

(ロン・アーテストのシュートが決まっていないことについて。)
今までみたいに、20点も獲ることはまずないよ。このチームで、それは必要ないからね。それよりも、彼がディフェンスでビッグプレーをすることが必要なんだ。今日も、終盤にオフェンシブ・リバウンドを2つ獲ったし、シュートはもう少しで決まるのが結構あったし、シュートはその内決まり出すよ。

(ゲーム・ウィナーを決めることについて。)
それは良い気分だけど、まだ時間が残ってたから、すぐにディフェンスに気持ちを切り替えたよ。ゲーム・ウィナーは、何回決めても、いつも初めて決めた時みたいに、良い気分だね。

(ゲーム前に「ガゼルの様な気分。」と言っていたことについて。)
今は、この30分間、ライオンに追いかけられたガゼルみたいな気分だよ。ライオンには捕まらなかったけど、ガゼルはちょっと疲れてるね。(笑)

最後に、キャスターが、昨日のゲームがコービーの最年少での通算1,000ゲーム出場達成だったことに触れ、コービーを祝福しています。1,000ゲーム出場は、コービーが90人目とのことです。

又、コービーは、歴代通算得点で、13位のレジー・ミラーに1点差と迫っています。今日のゲームで、間違いなく単独13位になるでしょう。

バスケットボール人気ランキングへ
2010/02/25 09:13  Kobe | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。