レイカーズ 気合無しでも勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


レイカーズ 気合無しでも勝利

今日のフィラデルフィア対レイカーズは、99-90でレイカーズが勝ちました。

前半、フィラデルフィアが好き放題にレイアップやダンクを決めまくります。レイカーズのディフェンスが甘いというより、常に一歩出遅れていました。今日のレイカーズは、脚が重そうで、魂の抜け殻がプレーしているようでした。2Q半ばに2点リードの時があったのですが、解説者が「リードしているのが不思議ですね。」と言っていました。

後半も同じ調子でした。今日は奇妙なゲームでした。なんで勝ったか不思議です。ハーフタイムのコーチからの支持も、「もっとエネルギーを持て。」と「気合を入れろ。」だったそうです。負けても見ごたえのあるゲームもあるし、勝ってもつまらないゲームもあります。今日は勝っても、全然面白くないゲームでした。

レイカーズのダレがフィラデルフィアにも伝染したのか、4Qにはオープンだったアンドレ・イゴダラが、リムにかすりもしないエアボールを打ったりしていました。コービーがフリースローをすると、通常観客は「MVP」の大合唱をします。ダレは観客にも伝染。4Q終盤にコービーがフリースローをした際には、声もバラバラで、「合唱」になっていませんでした。今日のゲームより、カーリングの方がよっぽどエキサイティングです。

HCフィル・ジャクソンは「危機感がない。」と言っていました。コービーによると「みんな疲れが溜まっている。」そうです。解説者も「情熱が感じられない。」「やる気がない。」と散々でした。結果を知らないでゲーム後のインタビューや解説を聞いたら、負けたと思ったでしょう。今日はハイライトも貼りません。

バスケットボール人気ランキングへ
2010/02/27 17:06  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション