ロンロン好調の原因

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ロンロン好調の原因

昨日のゲームで大活躍のロン・アーテストですが、オールスター後、前半には見られなかった売り物の厳しいディフェンスが戻って来ています。 その原因は減量にあります。

ロンロンの今シーズン開始当初の体重は、266パウンド(約120kg)でした。彼が2004年に最優秀ディフェンシブ・プレヤーに選ばれた際は、245パウンド(約111kg)でした。自分自身でも動きが鈍くなっていることに気がついたロンロンは、オールスター休み中に、ダイエットとジョギングで、減量を開始しました。

ロンロンの動きが鈍ったんのには、体重以外にも原因があります。彼は昨シーズンからplantar fasciitisを患っています。plantar fasciitisは日本語では「足底筋膜炎」だそうですが、「ああそのことね。」という人はまずいないと思います。これは、アスリートや肥満の人に多い足の底の炎症で、主に踵の底に激しい痛みが伴います。一度患うと、完治が困難です。ロンロンによると、減量後、痛みがなくなったようです。

彼の目標は、245パウンド。一時はは240パウンド代後半にまでなったようですが、少し戻って現在は、250パウンド前半で、目標まで、後6パウンド(約3kg)です。ダイエットについては、夜遅くに食べることを止め、食事の95%を魚と野菜から摂ることを心がけています。ジョギングは、以前は30分だったのを45分に延ばしました。又、減量により、足の痛みがなくなり、頻繁に走れるようです。これで、プレーオフには、万全の体調で望めそうです。

バスケットボール人気ランキングへ

2010/03/02 10:28  Lakers | コメント(2)
NRDN21さん、こんにちは。
私も、まさかこんなコメントがあるとは思いませんでした。足底筋膜炎は、Wikipedia Japanには記事がないし、聞いたこともないので、体重の軽い日本人にはないんだと思ってました。

そういえば、まだこんな怪我があると知る前に、当時の上司が「歩きすぎで踵が痛い。」と言っていたことがありました。私は、脚が疲れた時に、土踏まずにサロンパスを貼って寝ます。上司に土踏まずと痛い部分に貼って寝たらどうかと言ったら、翌日「朝起きたら足が軽かった。良い事を教えてもらった。」と喜ばれました。試されては?

Wikipediaに、悪化すると足底筋膜の細胞が、少しずつ破壊されていくというような怖いことが書いてあります。早く治してください。
[ 2010/03/03 05:41 ] [ 編集 ]
足底筋膜炎
足底筋膜炎!
私も足の裏の痛みに1年以上悩まされていましたが、恐らくこれだと思います。
検索したところマッサージやストレッチなど色々対処法がわかりました。

まさかこんなところで、自分の足の痛みの原因がわかるとは思いませんでした。
ありがとうございました。
[ 2010/03/02 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。