レイカーズ 初のOT負け

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ 初のOT負け

Game Score
このゲームは、「コービー・ブライアントとドウェイン・ウェイドの対決」ということで、今日は全国中継になりました。この対決以外にも、「パレスの乱闘」の"戦友"同士、ロン・アーテストとジャメイン・オニールの対決でもありました。そして、今日の解説は、この二人の当時のチームメイト、レジー・ミラーでした。

得点を見て分かる様に、前半は接戦でした。というより、レイカーズが又軽率なパスでターンオーバー繰り返した上、フリースローをよく外して、接戦にしてしまいました。ターンオーバーは前半を終えてマイアミが5に対して、レイカーズが10の+5。フリースローは、マイアミが9-11に対し、レイカーズはマイアミより1本多い12だったのに、決めたのが3本少ない6本。その結果、FG%はレイカーズが50%に対しマイアミが38.1%と大差だったにも関わらず、得点は47-44の僅か3点リードで前半を終えました。

3Qは、半ば過ぎまでは、同点、逆転の繰り返しで接戦だったのですが、前半から3ポイントを良く決めていたマイアミのクエンティン・リチャードソンに連続で3ポイントを決められ、点差を付けられます。このコーターのマイアミのシュートは、13-18という効率の良さでした。4Qは、放されずに着いていって、終了間際に同点に持ち込み延長へ。アーテストが残り約2分で、フリースローを2本共外したのが痛かったです。どちらか1本でも入っていれば、違った展開になっていたかも知れません。ウェイドからスティールした後ファウルされてのフリースローだったのですが、2本共外したのでは、スティールした意味が全くありませんでした。

オーバータイムに入るとコービーが3本連続でシュートを決めました。ところが、ディフェエンスで全くマイアミを止められず、3点差の痛い負けとなりました。レイカーズは、これまでオーバータイムでは、4勝0敗で、これが初のオーバータイム負けです。

マイアミは、オーバータイムにシュートを1本も外しませんでした。レイカーズはコービー以外からも得点できるチームなのに対し、マイアミはウェイドだけのチームというイメージがあります。ところが、オーバータイムは、マイアミ15点の内、ウェイドはフリースローの2点のみで、他のプレーヤーが奮起しました。対するレイカーズは、12得点の内、コービー以外は6点のみ。しかも、その内2点は、残り約1秒、既に事実上ゲームが決まったあとの、パオのフリースローでした。オーバタイムに入って、コービーが続けて得点した後、コービーに対するディフェンスが厳しくなったのに、他のプレーヤーがステップアップできなかったのが敗因の一つです。又、そもそもオーバータイムに到ったのは、フリースローミス(15-25)と、ウェイドを良く押さえたのに、最初から最後まで、リチャードソンに3ポイントを許したのが原因です。リチャードソンは8-11で、その内7本が3ポイントでした。同じプレーヤーに同じことをさせ続けるのは、チャンピオンらしくないです。

今日は、パオが4-11の10得点と最悪でした。ハーフタイムのインタビューは、その時点で10得点と好調なバイナムでしたが、「どうせ終わったら12~3点なんだから。」と思っていたら、やっぱり12得点のみでした。アーテストは、4Q終盤の2本と含め、フリースローを4本中3本も外しましたが、10得点、5スティールと、引き続き良ディフェンスをしています。

一つ明るい材料は、復帰後シュートが決まっていなかったコービーが、15-28の39得点と、リズムが戻ってきているようです。ジャンプシュートも良く決まっていました。これから期待できそうです。



==>バスケットボール人気ランキングへ
2010/03/05 15:22  Lakers | コメント(2)
oniさん、こんにちは。
私も、今シーズンは後半ガス欠みたいなゲームが多い気がします。前半締まりのないゲーム運びをしたのが、後半に取り返せないで、最終的に響くケースが多いです。

昨シーズンは挑戦者で、証明しないといけない立場だったのが、今年はその必要がなくなったのと、中心プレーヤーに若手がいないので、全ゲーム全力で行くのでなく、レギュラー・シーズンは流して、ポスト・シーズンにエネルギーを温存するという気分に切り替わったのでは。

昨シーズンは、よく下位チームに負けました。ボブキャッツに2敗したし、西最下位だったサクラメントにも負けました。上位チームには必死になっていって、下位チームだと気が抜ける部分があったのだと思います。

今シーズンは、挑戦者のデンバーやクリーブランドが結構下位チームに負けてますよね。レイカーズは、下位に対する取りこぼしがないけれど、上位チームに対してはあまりよくないです。実力が無いのではなく、気持ちの持ち方が違うと信じたいです。
[ 2010/03/06 05:16 ] [ 編集 ]
またFTか・・・って感じです。
なんか今年は負け濃厚の試合を奇跡的にひっくり返す試合も多いですけど、逆に勝ち試合を台無しにする試合も多いですよね(今日やトロント戦など)。
ただ2点ビハインドで残り3秒のコービーの同点シュートにはまたもや興奮しました。
本当に頼りになります。

今日シャーロットに飛んで明日すぐに試合ですし、昨年連敗したボブキャッツ相手なので明日も負ける気がして憂鬱です。
しかもその次は@マジック・・・
ガソル獲得後いまだ3連敗はないですが、今回は覚悟しておきます。
[ 2010/03/05 16:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。