レイカーズ ロード連敗をストップ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ ロード連敗をストップ

Game Score
ゲーム前に、フィニックスのHCアルビン・ジェントリーが「コービー・ブライアントは、史上最高のクラッチ・シューター。」と発言して話題になりました。ジェントリーは、「マイケル・ジョーダンやジェリー・ウェストは?」と訊かれ「私の個人的な意見だけれど、コービーが上。」と答えたそうです。本気なのかおだてなのか?よくある「コービーかレブロンか?」の議論で、解説者のジェフ・バン・ガンディーが「レブロンは怒らせてもいいけれど、コービーは怒らせたくない。」と言っていたことがあります。おだてておいた方が得策と思ったのかも知れませんが、どちらにしても大したものです。

1Q戦半は、互角でしたが、残り約4分でコービーが早くも2つ目のファウルを獲られた後、ベンチに下がると、レイカーズの得点がピタリと止まりました。パスをしている内に、24秒が時間切れに近づいてきて、やむを得ずシュートをするのが目立ちました。コービーがプレーしていないと、一見パスがよく回っているように見えるのですが、むしろ「あなたがどうぞ。」「いえいえ、あなたが。」「そんなことをおっしゃらずに、あなたが。」とう感じがしてならないのですが....オフェンスはまあまあでしたが、トランジションで走り負けて得点されることが目立ちました。

2Qは、残り約7分で、早々とファウルのリミットを越えてしまい、この先どうなることやらと思わせましたが、その後はファウル無しでディフェンスをしました。オフェンスでは全員が満遍なく得点した上、フィニックスを15点のみに押さえ、53-46の7点リードで前半を終了しました。

前半コービーは、2-6とスターターの中ではシュートの確率が一番悪かったのですが、+/-では、+14とチームでトップでした。コービーがプレーしていると、他のプレーヤーがよりよくプレーできる証拠です。逆に、5-9と確率が一番よくて、得点も11得点と最高のアンドリュー・バイナムが、+/-では、-1とスターターでは最低でした。バイナムは、パオ・ガソルに比べ、プレータイムが常に短く、全国中継の際の解説者の中には、「フィル・ジャクソンは、どうしてバイナムを使いたがらないのか?」という人が結構いますが、これが「どうして」の答えです。

3Qの前半は、2Qの続編でした。一時は、最大15点リードにまでなりましたが、後半流れを引き戻されます。シュートが決まらない上、ディフェンスではファウルを繰り返して、フィニックスをファウルラインに送ります。このコーターだけで、フィニックスのフリースローは12本。

4Qは、出だしに少し点差を付けましたが、追い上げられて逆転されます。ここからすぐに再逆転。その後じりじりと差を広げます。残り約5分、レイカーズが91-83と8点リードの場面で、パオがルイス・アマンドソンにファウルをした際、顔を叩きましたが、フレグラントファウルになりませんでした。それに対し、フィニックスのHCジェントリーがコート内に入って激しく講義。テクニカルファウルを獲られた後も、引き続き講義し、2つ目のTを獲られて退場に。デレク・フィッシャーがフリスローを2本決め10点差としてゲームをほぼ決めました。その後は多少追い上げられたのもも、危なげなく勝ちました。

コービーは、21得点、10リバウンド、8アシスト。この3部門と+/-で(+15)チーム最高でした。パオは15得点、8リバウンド、4ブロック。リバウンドではコービー以下でしたが、4ブロックは助かりました。バイナムは、18得点、9リバウンド。ここのところシュートが不調だったロンロンは、6-13の15得点、3ポイントも3-8と好調でした。フィッシャーも今日はよくシュートが決まり、15得点。スターターが全員好調だったので目立ちませんでしたが、ラマー・オドムは、4得点、4リバウンドと振るいませんでした。他にベンチでは、シャノン・ブラウンが3-5の9得点とまずまずの働き。

左手小指の捻挫をしているジョーダン・ファーマーは、1Qに約3分プレーしただけで、後はプレーしませんでした。ジョーダンは右利き。アナウサーが「小指の怪我の影響で、最近シュートが決まっていません。」と言うのを聞いて、私は「???」 ジョーダンはPGなので、ボールハンドルに問題があるのは分かるけれど.... ジョーダンに代わってプレーしたサーシャは、無駄打ちはなかったですが、相変わらずバスケットから離れたところでの無駄なファウルが多いです。シーズン終盤、控えのPGが少し心配です。




==>バスケットボール人気ランキングへ

2010/03/13 18:13  Lakers | コメント(4)
奈穂美さん、今晩は。
ブザーギリギリでシュートしてダメだったのが続いたのでつい。コービーは、残り数秒でパスされても結構決めちゃうんで、チームメイトが甘やかされているんですよ。欠場されたりしたら、しょうがないから何とかするけれど、ベンチにいるだけだったら、「戻ってくるまで間を持たせる」くらいの気分なんじゃないですか。
[ 2010/03/14 11:40 ] [ 編集 ]
暁さん、ご質問ありがとうございます。
記事にて、ご回答しました。他にも、不明な点があったら、知らせてください。
[ 2010/03/14 11:33 ] [ 編集 ]
こんばんわー、Mayさん。

ようやくロード戦の連敗が食い止められ、ホッとしてます。4Qではハラハラさせられましたが…。

>コービーがプレーしていないと、一見パスがよく回っているように見えるのですが、むしろ「あなたがどうぞ。」「いえいえ、あなたが。」「そんなことをおっしゃらずに、あなたが。」とう感じがしてならないのですが....

仰る通り!! 私もよく思ってますよ。「早く誰か打たないと、ブザー鳴っちゃうじゃないのぉーーー」とドキドキしてます。

ジェントリーHC、怒り爆発でしたね。それにしても、アマンドソン、顔痛そうでした…。
[ 2010/03/13 18:47 ] [ 編集 ]
+/-って何ですか?
また、どういうプレーをすると+や-になるんですか?

気になったので、教えて下さい。
[ 2010/03/13 18:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。