Lakersクルーズコントロール

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

Lakersクルーズコントロール

シーズン開始から16連敗で、リーグタイ記録の17連敗に王手をかけてロサンゼルスに乗り込んできたニュージャージー・ネッツ。パオ・ガソルの復帰以来、全く危なげないレイカーズに全く歯が立ちませんでした。

レイカーズは、益々ディフェンスに磨きがかかってきましたが、ゲーム後HCのフィル・ジャクソンは、「コーターが進む毎に、ニュージャージーの得点が増えていったのが気に入らない。」というようなことを言っていました。2Qは22点とまずまずだし、4Qはレイカーズが殆どベンチプレヤーなのに対して、ニュージャージーは、スターターがプレイしていたので、得点負けしたのは納得ですが、3Qの26点はいただけない。あまりに得点差が開いたので、気が抜けるのはしょうがないけど。長いシーズン、エネルギーを節約して勝つことも必要なので、良いとしましょう。

これまで、コービーは3ポイントの確率が20%と極端に低かったのが、8本中5本を決めて、28%近くまで上がりました。3ポイントのみではなく、長めのジャンプシュートがあまり決まっていなかったのを心配していたのですが、さすがにコービー。ちゃんと調整してきたんですね。

昨日はジョーダン・ファーマーが15得点と大活躍。得点だけでなく、パスをしかけた際にファウルをされ、笛が鳴った途端ボールを投げ上げてシューティング・ファウルにしたりと、落ち着いた頭脳プレーも。ジョーダンが安定していると、フィッシャーを休ませられるので助かります。欲を言うとフリースローを2本共外したのがちょっと....PGなんだから、フリースローは決めてもらわないと。


人気ブログランキングへ

2009/11/30 12:32  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。