又負けた!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

又負けた!

Game Score

今日は、2ゲーム欠場したコービーが出場しました。ティップオフは12:30なのに、コービーは、9:20にはステープルセンターで、一人でシュートの練習をしていました。今更驚きはしませんが、やっぱりさすがです。

前半は、レイカーズがちょっと放すと僅差に追いつかれの繰り返しでした。課題のデフェンスは、ポートランドにオフェンシブ・リバウンドを8も許したのがちょっと気になりましたが、それ以外は、前半を通して良かったです。このところシュートが不調だったラマー・オドムは、6-8の12得点と絶好調。いつものことですが、どっちのラマーが現れるか分からないのが難点です。ラマーとは逆に、コービーのいない間、オフェンスでも貢献していたロン・アーテストは、1-7の3点のみ。ロンロンの場合は、ディフェンスをしっかりしてくれればいいので、得点が低いのは構わないのですが、シュートの確率が悪いのは困ります。前半を46-45の1点リードで終了しました。

3Qに入っても同じ調子でした。前半に膝を痛めたポートランドのブランドン・ロイが後半全くプレーしなかったので、ここで引き離して、4Qは楽をしたいところでしたが、得点リーダーのいないポートランドを突き放せませんでした。

4Qに入ると、オフェンスが更に酷くなりました。最初の得点を決めたのが、何と残り約7分を切ったところ。これでは勝てるはずがないです。残り1分を切ってから、コービーが3ポインと2点+1フリースローを連続で決め、1点リードしますが、その後ラマーカス・オルドリッジが外したシュートをマーカス・キャンビーがリバウンドして決め、再逆転。今日は、キャンビーに散々オフェンシブ・リバウンドを許しました。その後、コービーが、フリースローを2本共外し、リバウンドを獲って今度はフィッシャーがフリースローでしたが、彼も1本外します。チームとしては、3本連続のフリースローミス。その後のプレーで、残り3秒ちょっとからの、苦し紛れのマーテル・ウェブスターの3ポイントをファウルし、彼をフリースローラインへ送ります。ウェブスターは3本きちんと決め、ポートランドの3点リード。ここで、レイカーズは3ポイントを決めても同点でオーバータイムという、苦しい状況になりました。最後は、コービーにボールをインバウンドできず、コート上では最悪の3ポイントシューターのパオがシュートをして外す羽目になりました。

コービーは、2ゲーム欠場前から引き続きシュートが不調。ジャンプが出来ていないので、バスケットにドライブして行っても、シュートが決まらない上、ファウルが取れないのが目立ちました。いつもなら、2点+1フリスローのところを、シュートを外すだけ。ゲーム後、最後のフリースロー2連続ミスについて、「指の影響か?」と訊かれ、「そうじゃないよ。ビル・ウォルトン(ルークの父)の幽霊のせいじゃない。」と冗談で返答していました。コービーは、フリースローが短いのが目立ちます。それも、リングの手前に当たる、極端に短いやつ。本人は、間違っても怪我のせいにはしないでしょうが、それ以外に理由が考えられないです。残り2ゲームはプレーするそうです。「休むと、関節が硬くなる。」そうです。ちなみに、ビル・ウォルトンは、生きてますよ。

前半、6-8の12得点と絶好調だったラマーが、後半、2-7の4点のみと、いなくなってしまったのも厳しかったです。又、キャンビーに7オフェンシブ・リバウンドを含む17リバウンドも許したのも、敗因の一つです。とは言っても、ポートランドの得点が91点なので、何より得点できなかったのが、一番の敗因でしょう。ゲーム後の記者会見で、フィル・ジャクソンは、「ポートランドが勝ってくれと言っているのに、ゲームをあげた。」と言っていました。その通りだと思います。

ベンチは今日も散々でした。ロイが後半プレーしなかったので、ポートランドのベンチのプレータイムが長く、単に得点だけを比べるのは意味がないですが、プレーした4名のベンチ(DJ、サーシャー、ジョーダン、シャノン)で、3-15(20%)の8得点。3ポイントに到っては、0-7。単に、「ラマーがスタートに回っているから」では片付けられないです。ベンチがこんな状態だと、優勝どころか、ファイナルに行くのも厳しいです。

唯一の良い材料は、昨年、シーズン終盤からプレーオフにかけてシュートが絶不調だったフィッシャーのシュートが決まっていることです。今日も6-11の14得点。ポストシーズンに期待できそうです。




==>バスケットボール人気ランキングへ

2010/04/12 09:19  Lakers | コメント(2)
奈穂美さん、又々こんにちは。
ロイは、ゲーム中に右膝を捻ったみたいです。ベンチに戻った後、右膝の横(外側)を触っていました。ハムストリングじゃないみたいです。

ルークは、もう子供らしさが完全に抜けてきて、お父さんに益々似てきたんでしょうね。ところで、マイク・ダンリービー親子もそっくりだと思いませんか?
[ 2010/04/13 06:13 ] [ 編集 ]
こんばんはー、Mayさん。

今日はリキャップしか観てないのですが、レイカーズ、波がありますねー。一勝したと思ったら、又負ける…(Mayさんの記事のタイトル通りです!)。ここのところ、そんな状態が続いています。

B.ロイは、今年始めくらいに確かハムストリングを負傷して休場した経緯があり、大事を取って休ませたのでしょうか。彼がプレイしないのは、絶好のチャンスだったのに…。

それにしても、ルークは最近、益々お父さんにそっくりになってきましたねぇー。
[ 2010/04/12 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。