危なかった!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


危なかった!

Game Score

ゲーム3と4では、ディフェンスが悪かったレイカーズ。今日は、ゲーム前から、ドラゲッチ対策で、サーシャを使うとフィルが言っていました。サーシャは、オフェンスは期待できないですが、しつこいディフェンスをするのと、ドラゲッチより身長が高いので、このスロベニア人同士の対決には、期待が持てました。サーシャは、期待に応えて、よく守りました。フィニックスでは、今ひとつだったラマーも、今日は、積極的にバスケットにドライブして、大事なところでよく得点しました。最後は、又ハラハラでしたが、劇的な勝利でした。

1Qは、コービーが早々と2つ目のファウルをして、ベンチに下がります。レイカーズは全体でも、残り約8分で、すでに4つ目のファウルをして、リミットを越えました。先が思いやられたのですが、ここから引き締めて、結局この後は、1ファウルのみでした。コービーが、残り約5分で戻った時には、15-8と7点ビハインドでした。その後、盛り返して、終盤に逆転し、24-21の3点リードで終了します。このコーターは、フィッシャーが11得点と頑張りました。久しぶりに、ルークも登場。オフェンスでは、すぐ側からのレイアップを外しましたが、ディフェンスでは、スタウダマイヤーからチャージを獲る、良いプレーがありました。

2Qは、開始からサーシャの登場。3ポイントは、相変わらず、打った瞬間に外れると分かるのを2本打ちましたが、2ポイントのジャンプシュートは決めました。それよりも、しつこい、鬱陶しいディフェンスで、ドラゲッチを徹底的に抑えました。フィニックスでのゲームでは大爆発だったフィニックスのベンチを、このコーター2得点のみに抑えたのは、サーシャーのディフェンスが大きかったです。中盤に、コービーが爆発して、一時は、17点リードにまでなりますが、その後追い上げられます。それでも二桁得点差だったのに、最後の0.7秒で、ロンロンがつまらないファウルをして、グラント・ヒルにフリースローを2本与えたのが、勿体無かったです。53-45の8点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、レイカーズが着実に得点して、点差を徐々に広げ、終盤には、18点リードにまでしましたが、そこから又追い上げられます。前半にはさっぱりだった、フィニックスのベンチが、終盤シュートを決め出しました。今日も又、フライとダドリーにやられました。このコーターも、前半に続き、ロンロンのかわりに、ルークが登場しました。まずジャンプシュトを外した後、又、レイアップを外し、僅か1分ちょっとのプレーで、ベンチに下げられました。今日の、サーシャの起用は、ディフェンス面で成功でしたが、ルークは失敗です。シャノンがあまり良くないので、試しているのだと思います。78-72の6点リードで終了します。

4Qは、コービーが全く休憩なしでプレーしました。半ば過ぎまで、6-8点差を守ったのですが、終盤になって追い上げられます。このコーターのナッシュは、4-5の9得点と凄かったです。後半は、ナッシュ・ショーでした。レイカーズが、ディフェンスでスイッチして、フィッシャーではなく、パオがナッシュをカバーしていたのが目立ちました。ドリブルで抜かれたくないので、スペースを与え過ぎて、ジャンプショットを決められました。

そして、3点リード、残り約1分で、ロンロンがジャンプシュートを外します。パオがオフェンシブリバウンドを獲って、これで時間を使えるので、フィニックスには、オフェンスのチャンスを1回しか与えられなくて済むと思ったら、パオからパスを受けたロンロンが、24秒クロックに22秒も残っているのに、3ポイントを打って外し、フィニックスにリバウンドを獲られます。何と言うボーンヘッド!これで、フィニックスが2回オフェンスできることになってしまいました。こんな素人でも分かる基本的なことが、大事なゲームで分からないなんて、酷すぎます。観客からもブーが起こりました。この後のフィニックスのオフェンスで、フライが3ポイントを外し、残り約39秒で、レイカーズがリバウンドを獲ります。前のオフェンスで時間を使っていれば、残り約17秒前後だったはずで、ボールをコービーかフィッシャーにパスしさえすれば、フィニックスは、故意のファウルをするしかなく、楽に勝てたはずです。このオフェンスでは、パオがダンクを外し、リチャードソンがリバウンド。フィニックスは、ナッシュが外して、自分でリバウンド。その次は、リチャードソンが外して、フライがリバウンド。2本のオフェンシブ・リバウンドの後、最後は、リチャードソンが3ポイントを決めて、残り3.5秒で同点に。

さて、残り3.5秒で同点なら、勿論コービーです。コービーは、後半全く休憩なしでプレーしていたので、オーバータイムは嫌でした。コービーは、なんとかパスを受けることは出来たのですが、ダブルチームされ、シュートは、エアーボールに。そこへ、フィニックスのプレヤーの間をすり抜けて、ロンロンが進入し、ボールを獲ると、シュートをしました。ボールは、ブザーが鳴るのと同時に、バスケットへ。ロンロンのブザービーターで、勝利しました。

ロンロンは、ゲーム後の記者会見で、「コービーが腕を叩かれて、ファウルされたと思ったから、シュートが短くなることを予想して、走った。」と言っていました。この1分ちょっと前には、ボーンヘッドでしたが、最後は頭を使って、良いプレーをしてくれました。

コービーは、今日も、もう少しでトリプルダブルになる活躍で、30得点、11リバウンド、9アシストでした。今日は、フィッシャーが、22得点と、よく頑張りました。特に、コービーがファウルトラブルでベンチに下がった1Qと、ゲーム終盤の大事なところで、シュートを決めてくれました。パオは、21得点、9リバウンド。もう少しリバウンドを頑張って欲しいです。ラマーは、17得点、13リバウンド。

ラマー以外のベンチは、サーシャは2-4の5得点と、ディフェンスで良いプレーをしましたが、他はもう一つでした。シャノンは、1-4の2得点、ジョーダンは、0-2の無得点、ルークは、0-3の無得点。シャノンは数字だけ見ると悪いですが、4本の内2本は、24秒が時間切れになる間際に打ったので、彼だけの責任とは言えないです。ジョーダンも、いつもはシュートを打ち過ぎの感があるのですが、今日は、良いバスをしていました。3ポイントを打つと見せかけてパスしたアシスト2を含む、4アシストありました。これは、ジョーダンとしては多い方です。シュートが決まらないなりに、チームに貢献しました。

ロンロンは、ブザービーターをむくめて、2-9の4得点のみ。これを機会に、波に乗って欲しいです。ところで、コービーは、対オクラホマシティー戦で、パオが決勝のティップインを決めた時もそうでしたが、自分がブザービーターを決めたときより、チームメイトが決めた時の方が、嬉しそうだと思いませんか?今日も、本当に嬉しそうでした。ゲーム直後のプロアーでのインタビューも、かなり興奮気味でした。自分が決めた時は、結構落ち着いているのに。







manavinさん、こんにちは。
ベンチプレーヤーは、ポストシーズンを通して活躍するのは難しいので、今の内にホットにならない方が良いと思っておきます。アリーザはファイナルで3Pが50%以上だったので、ファンはその記憶が強いけれど、レジー・ミラーやレイ・アレンだって、ポストシーズンを通して、こんなに決めたことないですよね。去年のアリーザは、丁度良い時に、当たり出しました。ジョダンもシャノンもそうなることを願っています。

ガス欠は心配ですよね。だから何とか明日勝って欲しいです。それからボストンに勝って欲しいですね。そうなったら、レイカーズにホームコートがあるので。

サーシャの3Pは、入ったら儲けものみたいに思っておきます。この2年間、がっかりさせられ続けて入るので。ディフェンスで頑張ってくれればいいです。ロンロンは、もちょっと決めてくれないと、厳しいですよね。
[ 2010/05/29 07:38 ] [ 編集 ]
Venzaさん、 こんにちは。
ステープルセンター中が、「No!」って叫んでいたそうですよ。おっしゃる通り、勝ったから、結果的にはかえって良かったですよね。優勝する年って、負けているはずのゲームを勝ってますよね。

これまで、ナッシュ自身のシュートは抑えていたのに、昨日はやられました。明日は調整してくるでしょう。

フィッシャーは、去年のプレーオフ中には、「ベンチに下げろ。」とか「引退しろ。」とか言われて、散々叩かれたけれど、ファイナルで頑張りましたよね。大事な所で強いプレーヤーです。私は、去年も、ファイナルに行ったら絶対活躍してくれると信じて、友人と賭けをしました。結果は、お寿司をご馳走になりました。
[ 2010/05/29 07:09 ] [ 編集 ]
31Iscreamさん、こんにちは。
勝ったけれど、記者会見では、3ポイントを打ったことを訊かれてましたからね。ああいう図太い部分があるから、最後の大事なところで、冷静でいられるんでしょうね。まあ、ミスをするなら今のうちですね。

ファンには大変です。コービーもそんなこと言ってました。「ファンには大変だけれど、自分達には面白い。」と言っていました。この人も図太いです。
[ 2010/05/29 05:54 ] [ 編集 ]
ついに王手ですね!
長かった!笑

去年とやっぱり違うところは若手があまり良い活躍をしていないとこだと思います。
去年はアリーザが中心となってやってくれましたが、今年はシャノンかファーマーが盛り上げてくれると思っていたら、こんな感じなのは残念です。
まさかとは思いますが、コービーやガソルに負担がかかりすぎてガス欠なんてことにならなければ良いのですが・・・。

ま、とにかく今日の1勝はかなり大きいと思いますので、今日の試合をきっかけにロンロンやブヤチッチの3Pが入ったら、もっと楽な試合ができると思うので、頑張って欲しいと思います!
[ 2010/05/29 01:06 ] [ 編集 ]
終わりよければ
「なんで打つんだよー!!!」と思わずTVの前で叫んでしまいました。そのアーテストが最後にやってくれ怒りが帳消しになりました。

もっと楽に勝てた試合でしたが、こういう劇的なのも今のチームには必要かと(勝てたから言えますが)。

スイッチからのガソルとナッシュの1対1で面白いように決められてしまいました。最後はアーテストをマッチアップさせましたが。サンズは爆発力があるので10点差前後はセーフティリードじゃないですね。

それにしてもフィッシャーには頭が下がります。シーズン中はうちの会社でももう引退だなどと言われていましたが。

プレーオフもここまで来ると結果が全てだと思えてきました。いいプレーしても負けたら終わりだし、凡ミスしても最後は勝てればいいわけですから。ともかく勝ったのですからファイナル王手です。敵地3連敗はありえないと信じています。


[ 2010/05/29 00:30 ] [ 編集 ]
結果だけ見ると自ら劇的な演出をして見せたロンですが、
負けてたら戦犯扱いにもなりかねなかったんですね。

文字観戦でしたが、最後ハラハラしながら見てました。
J.リッチの3ポイントといい、見応え十分なゲームでしたね。

今日みたいなゲームをたくさん見たいですが、
両チームのファンからしたら体に悪そうです(笑)
[ 2010/05/28 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

【NBA】レイカーズvsサンズ Game5
スコアを見るたびに10点前後差が開いてて、 さすがにホームではレイカーズ強いな~と思っていたら、 第4Q残り3分位で3点差になっててびっくり...
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション