レイカーズの敗因は?

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


レイカーズの敗因は?

NBAファンならどなたでも、既に昨日のクリーブランドVS.レイカーズの結果はご存知なので、ここで繰り返しません。

レイカーズの敗因は?」という論議が、スポーツ番組で行われています。誰もが挙げる敗因は、シュートの確率が低すぎた(36.5%)こと。レイカーズのオフェンスが悪かったのか?クリーブランドのディフェンスが良かったのか?私は、両方のコンビネーションだと思いますが、レイカーズは結構オープンなのに外していたので、レイカーズのオフェンスの悪さが70%だと思います。

次に論議になるのが、コービーがシュートし過ぎた(32本)こと。ここで、コービー嫌いの人達は一気に活気付きます。「クリスマスでテレビで全国中継だったから目立とうとした。」「「昨シーズンMVPだったレブロンと張り合って、自分の方が上だと示したかった。」等々....

そうでしょうか?まず、チームの得点が上がらない場合、スタープレーヤーが通常以上にシュートを打つことはどのチームでもあります。レブロン、D.ウェイド、C.アンソニー。スタープレーヤーが大量得点をすればチームは勝ち。そうでなければ負け。そういったゲームがシーズン中に何回もあります。チームメイトのシュートが決まらないゲームでは、スタープレーヤーは率先してシュートを打つべきです。そのために、高い給料を取っているのですから。レイカーズは今まで何度も、コービーがチーム全体を背中に背負って勝ったと言えるゲームがあります。昨日はたまたまそうならなかっただけです。

それから、コービーのアシスト数を見てください。彼の1ゲーム平均は、4ちょっとですが、昨日は8と、ほぼ2倍です。コービー以外のレイカーズのプレーヤーが決めたフィールドゴール数は、20本。その内2本はコービーがベンチにいた時なので、コービーがプレーしていた時の数は、18本で、半分近くの8本がコービーからのアシストで決まっています。 「コービーがボールを持ちすぎて、パスをしなかった。」という議論は成り立ちません。

私は、昨日の敗因は、ビッグマン(A.バイナム、P.ガソル、L.オドム)とベンチにあると思います。ビッグマン3人を合わせて、シュートは20本中8本決めたのみで21得点、17リバウンドは。コービーは一人で9リバウンド。ここのところ大活躍のパオは、たまにはオフのゲームがあるのは仕方ないとして、オドムとバイナムは、最近目立った活躍がありません。特に、バイナムのシャックに対するディフェンスの甘さには呆れました。シャックが決めた5本のシュートは全てダンク。力負けするのは分かりますが、動き負けです。そしてベンチの不甲斐なさ。J.ファーマーはいきなりエアーボール。S.ブエチッチは、結果を見ると5本中2本決めて1本は3ポイントと、まあまあのように見えますが、この2本は、どちらも「敗戦処理」の時間帯になってから決めたもの。肝心なところでは外していたのに、どうでも良くなってから、立て続けに2本決めるのを見て腹が立ちました。ベンチのステップアップがないと、2連覇は厳しいです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

2009/12/27 08:28  Lakers | コメント(2)
Oniさん

コメントありがとうございます。ジャッジについては、フィル・ジャクソンがOniさんと同じことを言ってました。ハーフタイムに「リードを奪われている原因は?」と訊かれ「去年、罰金を沢山取られたから言わないよ。」(去年、フィルはジャッジを批判して何回も罰金を取られてます。)ゲーム後にも「コービーがシュートに行って何度ぶつかられたけど笛が無かった。」っていうようなことを言ってました。

私も、ファンはレイカーズの不甲斐なさより、ジャッジに対して反応したんだと思います。

それにしても、4連覇を目指してたシーズンのことを覚えているなんで、Oniさんもかなりのファンですね。これからも、お立ち寄り下さい。
[ 2009/12/29 14:25 ] [ 編集 ]
初コメです

コービーのFGに関してですが
あくまでファン目線から言わせてもらえば
本来なら笛が吹かれて「FT」になる場面で吹かれず
「FG失敗」と記録された事が大きな要因だと勝手に思ってます。最低でも4,5回はあったのではないでしょうか
バイナムも同じような場面がありました
もちろんそれに対しムキになったりテクニカル取られたり、選手の未熟な面も見えましたが
一ファンとしてはとても許容できる範囲のジャッジではなかったと思います。
一部のファンがコートに物を投げる事は愚かな行為だと思いましたが、選手がふがいないだけではあのような状態になりませんよね
4連覇目指してたシーズンのマブス戦で20数点差開いた時も、ステイプルズの客は尋常じゃないブーイングをあびせはしましたが物を投げ込む事なんてしませんでした
バイナムやベンチ陣など敗因は多く挙げられると思いますが、一番の敗因は間違いなく・・・
[ 2009/12/28 09:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション